編集プロダクションとは?記事制作を依頼するメリットはどこにあるのか

記事制作の外注先のひとつに「編集プロダクション」があります。「編集」は文章の校正や内容のチェックが主な業務と思われがちですが、実際に依頼できる内容は多様です。

そこで今回は、主に以下について解説していきます。

  • 編集プロダクションの概要
  • 編集プロダクション、編集者、出版社、それぞれの違い
  • 編集プロダクションに依頼できる業務内容
  • 編集プロダクションに記事制作を依頼するメリット

編集プロダクションについて詳しく知りたい方や、編集プロダクションへの外注を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

編集プロダクションとは

ますは、編集プロダクションの概要について解説していきます。

  • 編集プロダクションの役割
  • 業務内容
  • 出版社との違い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

編集プロダクションの役割

編集プロダクションには、「紙媒体の編集プロダクション」と「WEB系編集プロダクション」があります。紙媒体の編集プロダクションは本や雑誌などの出版が主な役割ですが、WEB系の編集プロダクションは、「速報性」を重視した記事の作成を主に行います。紙媒体は企画から出版まで最低でも半年程度の期間を要しますが、作業工程が少ないWEB媒体は当日中の入稿も珍しくありません。

「集客」を重視したコンテンツの作成も、WEB系編集プロダクションの役割です。検索エンジンでの上位表示「SEO対策」を目的とした記事制作は、紙媒体の編集作業にはない業務といえるでしょう。なお、WEB系の編集プロダクションでは、クライアントの要望に応じ公開後の記事のリライトを相談できるケースもあります。

編集プロダクションが請負う業務

WEBも紙媒体も、企画立案から納品までの流れはほとんど変わりません。記事の内容に応じた取材やカメラマンの手配、ページのデザイン制作から原稿の作成までを行います。即効性を意識したニュース記事やネット広告の制作はWEB系編集プロダクションならではの業務といえるでしょう。企業が所有するオウンドメディアの運用も、WEB系編集プロダクションが得意としています。

編集プロダクションと出版社の違いについて

「読み物を制作する」という点では、出版社と編集プロダクションに違いはありませんが、出版社は発行物を複製したり販売したりする出版権と版権を有します。一方、編集プロダクションは版元ではなく、あくまでも「編集」を主体とした業務形態なので版権をもちません。

期待できる編集プロダクションの特徴

質の高い制作物が期待できる編集プロダクションの主な特徴を紹介します。

  • 情報のアンテナを常に張っている
  • マネジメント能力に長けている
  • 人脈が豊富

それぞれ詳しく見ていきましょう。

情報のアンテナを常に張っている(企画力に繋がる)

優れた編集プロダクションは、情報のアンテナを張り続けています。新しい情報や知識に基づく斬新な発案は、記事や制作物の成功を左右する重要なポイントです。また、何事にも好奇心と探求心を持って取り組む姿勢は、高い企画力に繋がります。

マネジメント能力に長けている

クリエイターのマネジメントも編集プロダクションの大切な仕事です。プロジェクトを滞りなく進行させるためには、ライターやイラストレーターに的確な指示を与え、品質とモチベーションを維持しなければいけません。想定していたクオリティを実現できなかった場合には、早急に代替策を立てて新たな人材を確保し、期限内に仕上げる柔軟性の高さも必要です。

リスクマネジメント能力も編集プロダクションの優劣を決める要素といえるでしょう。SNSの普及で、個人の発言が「炎上」に発展するケースは少なくありません。リスクマネジメント能力に不足がある編集プロダクションを利用した場合、予算と労力をかけた制作物が瞬時に水の泡となる可能性もあります。

豊富な人的コネクション

案件に適した人材を確保できるかどうかも、編集プロダクションの能力を決定づけます。記事の内容に関する知識と経験が豊富なライターにコネクションがある編集プロダクションと、人脈がない編集プロダクションでは、出来上がった記事の質に大きな差が生じます。

編プロに記事制作を依頼した場合のメリット

編集プロダクションに記事の制作を依頼する主なメリットを3つご紹介します。

  • 人件費と時間の削減につながる
  • ライター管理の手間軽減
  • 自社内での編集作業は不要

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1:社員に高いライティングスキルを求めなくてよい

自社内で高品質な記事の制作を継続するためには、多額の人件費と教育費がかかります。この費用は記事の制作数を問わない「固定費」となるため、予算的な理由でメディア運営を断念する企業が後を絶ちません。編集プロダクションを利用すれば、必要なときに必要な数だけプロに記事の制作を依頼できるため、社員の教育費や固定費の大幅な削減につながります。

メリット2:ライターの探索や管理が不要

レベルの高いフリーライターの探索や記事に対するフィードバックの実施など時間的な負担は、円滑な業務の進行に影響を及ぼします。編集プロダクションでは、依頼内容に則したライターを手配してくれるため、ライターの選出やプロジェクト管理の手間がかかりません。費用面だけではなく、時間的な余裕が生まれるのも外注の大きなメリットといえるでしょう。

メリット3:校正・校閲などの編集作業が不要

編集プロダクションでは、執筆だけではなく校正や校閲などの編集作業も引き受けてくれます。校正や校閲には執筆と異なるスキルが必要です。自社ですべての行程をこなすためには、専門的な知識がある編集者を雇わなければいけません。人件費や編集作業の負担を軽減したいと考えている方には、全ての工程を依頼できる編集プロダクションの利用をおすすめします。

編集業界にも存在するピンとキリ

編集プロダクションは玉石混交なので、選定には注意が必要です。予算と時間を無駄にしないためにも、期待を裏切られる可能性が高い編集プロダクションの体質や傾向を知っておきましょう。

企画力

企画会議や企画書の作成が苦手な編集者も少なくありません。また、「発言することに意義がある」ことを理解していない編集者も存在します。たとえ些細なひらめきでも、それぞれのアイデアが化学反応を起こして新たな企画が誕生するのです。企画力があり、積極的に提案をしてくれる編集プロダクションに相談をしましょう。

ディレクション力

ライターや校正者に的確な指示ができないと、制作物の質が向上しません。プロジェクトの専門分野に対するリサーチや経験をもとに、的確なディレクションが求められます。依頼者の質問に対して「その場しのぎ」の返事をする編集プロダクションには注意が必要です。

アイデアの提示

こちら側の依頼を忠実に実行するだけの編集プロダクションも、期待を裏切る可能性があります。要求したレベルの記事は仕上がるかもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもありません。第三者の視点から新たなアイデアを提案してくれる編集プロダクションなら、自社内では思いつかなかった企画が生まれ、新たな道を開いていけるでしょう。

人脈

記事の企画内容に合ったキャスティングは、編集プロダクションの大切な仕事です。内容を問わず常に同じクリエイターが制作に携わっている編集プロダクションは、リソース不足を疑ってください。

品質の管理

記事内の誤字脱字や事実確認も大切ですが、「ユーザーが求めているコンテンツの把握」と、「役立つ情報の提供」があってこそ質の高さに結びつきます。機械的な校正と校閲だけでは、価値のある記事の制作はできません。

企画力と人脈に強みを持つ編プロ

編集プロダクションを活用すれば、自社での制作が難しい高品質な記事を効率的に仕上げることができます。年間コストの大幅な削減も、編集プロダクションを利用する大きなメリットです。しかし、依頼先の選定を誤ると、時間と予算の両方を無駄に失う可能性があります。各編集プロダクションの特徴や体制を見極めたうえで、自社に最適な外注先を探してみてください。

関連記事

  1. Web編集プロダクションの強みは何?Web集客を成功に導くスキルとは

  2. 編集作業を代行してくれる外注先はドコ?依頼先による特徴や外注費用を解説…

PAGE TOP