• 編集・校正
  •    

「Web特化型編集プロダクション」に記事制作を依頼するメリットとは?

Webサイトのコンテンツ制作は骨の折れる仕事です。手間暇がかかるため、社内リソースを割けない場合は、「外注」が有力な解決策となってきます。

記事制作の外注先のひとつに「編集プロダクション」があります。編集は文章の校正や内容のチェックが主な業務と思われがちですが、実は依頼できる内容は多様です。今回のメールマガジンでは、編集プロダクションに記事制作を依頼するメリットをお伝えします。

Web特化型編集プロダクションの強み

1. 短納期に対応できる

編集プロダクションには、「紙媒体の編集プロダクション」「Web特化型編集プロダクション」があります。前者は本や雑誌などの出版、後者は速報性を重視した記事の作成を主に行います。そのため、Web特化型編集プロダクションは、短納期に対応する体制を整えている場合が多いです。

2. Webでの「集客」を意識した記事作りができる

集客を重視したコンテンツ作成も、Web特化型編集プロダクションの強みです。検索エンジンでの上位表示(SEO)を目的とした記事制作のノウハウは、紙の編集プロダクションにはないものです。なおWeb特化型編集プロダクションでは、公開後も記事をリライトし、さらに集客効果を高める施策も可能です。

Web特化型編集プロダクションに記事制作を依頼するメリット

1. 人件費と時間の削減につながる

自社内で高品質な記事の制作を継続するためには、多額の人件費と教育費がかかります。この費用は記事の制作数を問わない「固定費」となるため、予算の都合でメディア運営を断念する企業が少なくありません。その点、編集プロダクションを利用すれば、必要なときに必要な数だけプロに記事制作を依頼できるため、固定費の大幅な削減につながります。

2. 企画から丸投げが可能

オウンドメディアを社内で運営している場合、最も頭を悩ませるのが「企画」ではないでしょうか。編集プロダクションは、オウンドメディアなどで特集企画を数多く経験してきているプロフェッショナルの集まりです。特にWeb特化型のプロダクションでは、SEOの要素を盛り込み、集客にも寄与する特集/企画案を作成可能です。

3. 校正/校閲などの編集作業が不要

編集プロダクションは、執筆だけでなく、校正/校閲などの編集作業も引き受けてくれます。校正/校閲には執筆と異なるスキルが必要です。自社ですべてをこなすためには、専門的な知識がある編集者を雇わなければなりません。人件費や編集作業の負担を軽減したいと考えている方には、全ての工程を依頼できる編集プロダクションの利用をおすすめします。

4. 記事の品質を担保してくれる

記事内の誤字脱字や事実確認も大切ですが、「ユーザーが求めているコンテンツの把握」「ユーザーに役立つ情報の提供」があって初めて「質の高い」コンテンツと言えます。機械的な校正と校閲だけでは、価値のある記事は制作できません。

集客に寄与する記事作成はWeb特化型編集プロダクションへ

Web特化型編集プロダクションを活用すれば、自社で制作が難しい高品質な記事を、効率的に仕上げられます。また良質なコンテンツは、集客に寄与するばかりか、ときに貴社の優秀な営業マンとなります。自社Webサイトからの売上増加を進めている担当者は、Web特化型編集プロダクションへの相談をご検討ください。

関連記事

  1. 文章の校正と校閲の違いとは?依頼できる外注先の種類や費用相場について

  2. 校正を外注する際の相場とは? 校閲との違いや編集・翻訳・執筆の相場もあ…

  3. Web編集プロダクションの強みは何?Web集客を成功に導くスキルとは

  4. 編集作業を代行してくれる外注先はドコ?依頼先による特徴や外注費用を解説…

PAGE TOP