握手するビジネスマン
  • SEO対策
  •    

SEO対策を依頼できる会社とは?メリット・デメリットや会社の選び方を紹介

Webマーケティング施策のひとつであるSEO対策は、自社Webサイトに多くの人を誘導するための重要な要素のひとつです。しかし、SEO対策を社内で行っても成果につながらず、困っている方もいるでしょう。

ここでは、SEO対策を専門の会社に依頼する際のメリットやデメリット、会社の選び方などを紹介します。SEO対策を外部に依頼したい方は、ぜひ参考にしてください。

SEO対策を依頼できる会社とは

SEO対策を依頼できる会社とは、コンテンツSEOや内部対策、外部対策を専門的に請け負っている会社のことです。主に、自社の運営するWebサイトのコンテンツ制作を代行し、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるような対策を施してくれます。

ユーザーは検索結果の1ページ目に表示されるサイトの中から情報を集める傾向にあります。 そのため自社のWebサイトが上位に表示されれば、流入者数の増加が期待できるでしょう。これによりWebサイト経由での問い合わせが増え、売上向上につながることもあります。

SEO対策とは

SEO(Search Engine Optimization)とは、GoogleやYahoo!などであるキーワードを検索したときに、自社から発信したコンテンツが検索結果の上位に表示されることを目的としたWebマーケティング施策のことです。「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。

検索エンジンは、検索ユーザーにとって有益なサイトを検索結果に表示するようプログラムされています。そのためSEO対策では、検索エンジン(主にGoogle)から有益だと評価されるようなコンテンツを制作するのが一般的です。

近年では一般的に、質の高いコンテンツを作成すると検索エンジンからの評価が上がりやすいといわれています。検索エンジンからの評価が上がれば、検索されたキーワードに応じて上位に表示される仕組みです。

SEO対策で有利とされる質の高いコンテンツとは

コンテンツの質の高さは、E-A-Tを基準に判断されるといわれています。E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のことです。評価されやすい例としては、医学に特化(専門性)したWebサイトで医者(権威性)が実名(信頼性)を使って情報を発信しているケースが挙げられます。

コンテンツSEOの場合、リスティング広告のような運用型広告のように、クリック数に応じて費用が発生することはありません。しかし発信したコンテンツを上位表示できるかどうかは未知数であり、運用側からはわかりません。また、リスティング広告と比べて結果が出るまでに時間を要することもあります。

適切なSEO対策を施すには、専門的な知識や経験が必要です。自社にコンテンツマーケティングに精通した人材がいない場合、SEO対策を専門に請け負っている会社に依頼したほうがコストを削減できるでしょう。

依頼できるSEO対策は会社によって異なる

SEO対策にはコンテンツSEOや内部対策、外部対策などがあります。会社によって行っている対策は異なるため、それぞれの内容を把握しておきましょう。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって利益となるコンテンツを制作し上位表示させる手法のことです。制作する内容は運営するWebサイトによって異なりますが、自社のサービスや商品につながる内容で、ユーザーが知りたい情報を記載するのが一般的です。

コンテンツSEOは、良質なコンテンツを増やすことで集客力が高まっていきます。また、コンテンツの量が多ければ上位表示される確率が上がるため、効率よく集客できるでしょう。

ただし、同じようなコンテンツが他社でも制作されていた場合、自社Webサイトを見てもらえない恐れがあります。また、コンテンツの情報更新を定期的に行わなければ順位が下がる可能性もある点に注意が必要です。

内部対策

内部対策とは、Webサイト内のソースコードを最適化することです。ユーザーが使いやすいように表示速度を上げたり、タイトル(h1)に対策キーワードを入れたりすることが内部対策に該当します。

内部対策はクローラーに巡回してもらいやすくすることが目的です。クローラーとは、検索エンジンがWebサイトを評価するための要素を集めるロボットのことを指します。クローラーに巡回してもらい、Webサイト内の情報を正しく伝えることができれば、検索エンジンからの評価が上がりやすくなります

内部対策を施すには、内部対策とソースコードの両方に関する知識や、クローラーが読み込みやすいコードを書ける技術が必要です。自社で行う場合、そのため人材の確保や育成が必要となるでしょう。

外部対策

外部対策とは、他のWebサイトに自社Webサイトのリンクを貼ってもらうための施策です。他のWebサイトで紹介してもらえるような、専門的でわかりやすいコンテンツを制作することが外部対策に該当します。

Webサイトに外部対策を施すことで、質の高いコンテンツであると検索エンジンから認識されやすくなります。第三者(他のWebサイト)で紹介されているということは、よい評価を受けていると判断されるためです。また、リンクを貼ることでクローラーに巡回してもらいやすくなることも、理由として挙げられます。

しかし、評価されるのは自然に獲得されたリンクのみです。自作自演で他のWebサイトからのリンクを増やすと、Googleからペナルティを受ける恐れがあります。ペナルティを受けたWebサイトは検索順位が下がったり、検索しても表示されなくなったりするため注意が必要です。

SEO対策を依頼するメリット

SEO対策を専門の会社に依頼するメリットは主に以下のとおりです。

  • 上位表示されやすい
  • 本来の業務に集中できる
  • 最新のアルゴリズムに対応しやすい

詳しく見ていきましょう。

上位表示されやすい

SEO対策専門の会社に依頼すれば、自社のWebサイトやコンテンツが上位に表示される確率が高くなるのはメリットといえます。

SEO対策を施すには正しい知識が必要です。その点、SEO対策を請け負っている会社であれば専門的な知識があり、他社の案件を引き受けた経験からSEO対策に関するノウハウを蓄積している可能性が高いといえます。

またSEO対策の実績が豊富な会社であれば、経験にもとづいた施策を提案してくれることもあります。さまざまなSEO対策の手法の中から自社に合うものを提案してもらえれば、よりよい結果を得られる確率が高まるでしょう。

本来の業務に集中できる

SEO対策を専門の会社に依頼すれば、本来の業務に集中できるのもメリットのひとつです。

自社のコンテンツを上位に表示させるには、コンテンツを制作・更新したり、ユーザーが見やすいWebサイトになるよう変更したりする必要があります。いずれの作業も時間と手間がかかるため、マーケティング担当者は本来の業務に集中できない可能性があるでしょう。

しかし、SEO対策を専門の会社に依頼すれば、マーケティング担当者のSEO対策関連業務は打ち合わせや納品されたコンテンツのチェックのみとなります。SEO対策に費やす時間を本来の業務に充てられるため、業務効率化につながるでしょう。

最新のアルゴリズムに対応しやすい

SEO対策専門の会社に依頼することで、検索エンジンを構成しているアルゴリズムに対応しやすくなるのもメリットでしょう。

Googleの検索エンジンには数多くのアルゴリズムが使用されていますが、その中核を担うものは「コアアルゴリズム」と呼ばれます。検索ユーザーのニーズに沿うコンテンツを提供できるよう、コアアルゴリズムは過去に何度も見直され、不定期にアップデートを重ねています

SEOでは、コアアルゴリズムがアップデートされるごとに新たな対策を施す必要があります。アップデート前までは上位表示されていても、アップデートによりコンテンツの評価基準が変わり、順位が下がる可能性があるためです。

最新のアルゴリズムに対応するには、日々最新の情報を集めておくことが重要です。SEO対策専門の会社に依頼すれば、リライトをはじめ適切な手法で対応してくれるでしょう。

弊社シンプリックでも、最新のアルゴリズムに対応した良質なコンテンツ制作から、古くなったコンテンツのリライトまでご相談を承っております。企業様の工数・ご負担をなるべく減らすことで、効率的なコンテンツマーケティングをサポートさせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

SEO対策を依頼するデメリット

魅力的なメリットが多いですが、SEO対策を依頼することにはデメリットもあります。デメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 確実に上位表示される保証はない
  • コストがかかる
  • 悪徳業者に引っかかる可能性がある

順に解説します。

確実に上位表示される保証はない

SEO対策を専門の会社に依頼しても、確実に上位表示される保証はない点はデメリットと感じる方もいるでしょう。

SEOでは常に最善の方法を行っていても、検索エンジンから評価されない可能性があります。評価されない理由には、コンテンツの質が低かった、内部対策が不十分であったなどさまざまなケースが考えられます。

また、ドメインパワーの弱いWebサイトの場合、結果が出るまでに時間がかかるケースがあります。PV獲得のためには記事数も重要な要素となるため、一次的な赤字が痛手となる企業もあるでしょう。

SEO対策を専門に請け負っている会社であっても、100%に近い上位表示を叶えたり、即効性のある集客を行ったりすることは容易ではありません。評価を上げるためにはWebサイトのどこが悪いのか検証し、トライ&エラーで対策を講じる必要があります。

SEO対策には確実な方法はなく、時間もある程度かかります。これは、自社で行う場合も専門会社に依頼する場合も同じといえるでしょう。長い目で見る必要があることを認識したうえで依頼を検討することが大切です。

コストがかかる

SEO対策を外部の会社に依頼するにはコストが必要です。費用をかけたくない会社にとってはデメリットといえます。

SEO対策を請け負う会社の料金体系には、主に成果報酬型と固定報酬型があります。固定報酬型はコンテンツ制作そのものに費用が発生します。一方の成果報酬型は、「依頼したキーワードで制作したコンテンツが検索結果の10位以内に表示されれば費用が発生」といった取り決めを事前に交わし、取り決めと結果にもとづいて支払いを行う仕組みです。

一般的に成果報酬型のほうが安価にSEO対策を依頼できるといわれていますが、いずれの場合も完全な内製や一部作業のみの外注と比較すると、SEO対策にかける予算を高く見積もっておく必要があるでしょう。

悪徳業者に引っかかる可能性がある

SEO対策を請け負っているとうたう会社の中には、悪徳業者もいることがあるため注意が必要です。

SEO対策の中には、ペナルティの対象となる恐れがあるような手法も存在しています。大量の外部リンクを自作自演で用意したり、コンテンツ内に表示されないようにキーワードを詰め込んだりして、検索エンジンからの評価を一次的に上げる方法が代表例です。

これらの悪質な方法でも、一時的に上位表示される可能性があります。しかし一度ペナルティを受けると、場合によっては該当のページが検索結果に表示されなくなるため、それまでの費用が無駄になることも考えられるでしょう。

その他にも、以下のようなトラブルが考えられます。

  • 検索ボリュームが少なく流入数増加を見込めないキーワードを提案される
  • 他社サイトのコピーコンテンツが納品される
  • 質の低いコンテンツを量産される

SEO対策を請け負っている会社の中には、上記のような手法でコンテンツ制作を行っていたり、それにより獲得した数字だけを実績として提示していたりするケースがあります。

こういった業者に引っかからないためには、契約前に入念な打ち合わせを行ったり、資料を請求して不審な点がないか、根拠のある数字が示されているかどうかなどを精査したりし、十分に注意することが大切です。

SEO対策の依頼先を選ぶ基準

SEO対策を専門会社に依頼したいと考えている方の中には、何を基準に依頼先を選べばよいかわからないという方もいるでしょう。ここでは、SEO対策の依頼先を選ぶ際の目安を紹介します。

実績を確認する

SEO対策の依頼先を選ぶ際は、過去の実績を確認するのがおすすめです。具体的には、上位表示できたキーワードの検索回数や、どういったジャンルやキーワードで上位表示できたのかなどを確認しましょう。

実績の調査は依頼先の得意分野を知ることにも役立ちます。自社が作成したいWebサイトやコンテンツに、依頼候補となっている会社が適しているかどうかも判断できるでしょう。

また、検索回数を知ることで、自社のWebサイトへの流入数を試算することも可能です。事前に試算してから資料請求や打ち合わせを行い、堅実なSEO対策を行ってくれる会社かどうかを判断するのもよいでしょう。

SEOの対策方法を確認する

依頼を検討している会社がどのようなSEO対策を行っているのか、具体的な方法を確認するのもおすすめです。

SEO対策にはコンテンツSEOや内部対策、外部対策などいくつかの方法があり、運営するWebサイトに応じて適切な手法を選ぶことが大切です。例えばコンテンツ制作を依頼したいと考えていても、内部対策や外部対策を得意としている会社に依頼してしまうと望むような結果につながらないかもしれません。

また、具体的な方法を確認することで、不正な手法を用いる悪徳業者でないかどうかを確認することもできます。

SEOの他にどのような支援ができるか確認する

SEO対策以外の支援についても確認しておきましょう。

商材によってはSNS広告やリスティング広告などのほうが適している可能性もあります。SEOは長期的には費用対効果の高いマーケティング手法のひとつですが、他のWebマーケティングと組み合わせることでより効果を発揮するケースもあります。

SEO以外の方法も依頼したい場合、総合的に支援できる会社を選ぶのもよいでしょう。

SEO対策はプロに依頼して効率化を図りましょう

自社のWebサイトを検索結果の上位に表示させるためには、SEOに関する専門的な知識や経験が必要です。しかし、本来の業務が忙しく時間が取れない担当者もいるでしょう。時間や経験が少ない場合は、SEO対策を専門に請け負っている会社に依頼するのがおすすめです。

弊社シンプリックは、15年以上のSEOコンサルティングで培ったノウハウをもとに、良質なコンテンツ制作に尽力しております。金融や不動産、教育、人事などさまざまな業界のコンテンツを、各分野に精通したライターと提携して制作してきた経験があります。SEO対策を依頼したいとお考えの企業様は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. SEOのよくある失敗例を公開!失敗しないための対策とは

  2. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  3. seo-brock

    サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 検索順位を上げるために更新頻…

  4. UX指標のコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)とは? SEO順…

  5. 【事例有り】コンテンツSEOとは?記事を継続して公開し集客資産をつくる…

  6. disital-marketing

    ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高め…

  7. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  8. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

PAGE TOP