man-pc
  • SEO対策
  •    

【2021年最新】SEOで最適なタイトル(title)の文字数とSEO効果を高めるつけ方のコツとは?

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、閲覧するデバイスによって異なります。SEO効果を高めるためには、異なるデバイスを意識してタイトルの文字数を調整する必要があります。

記事では、コンテンツSEOにおいて必ず抑えておきたいSEOとタイトル文字数の関係性を解説。また、SEO効果を高めるタイトルのつけ方も合わせてお伝えします。

Webページにおけるタイトル(title)タグとは

SEOで最適なタイトルの文字数を解説する前に、Webページにおけるタイトルタグについて触れておきたいと思います。なお、基本的な内容ですので、HTMLについてすでに理解されている方は読み飛ばしていただいて構いません。

Webページのタイトルとは、HTMLでマークアップされたタイトルタグ(<title>〜〜</title>)で囲まれた部分のことを指します。

原則的には、このタイトルタグに記述した内容が検索結果画面に表示されます。稀に、Googleが検索結果に表示するのは適していないと判断した場合、Googleによって別のタイトルが自動生成されることもあります※1。

Googleの公式ブログには、タイトルタグに関して以下のように書かれています。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です※2。

このように検索ユーザーが自身の検索ニーズを満たすために、どのページが適しているか判断するうえでタイトルタグの内容は重要となります。

※1 参考元:Google 検索セントラル「Google によるウェブページ検索結果のタイトル生成方法の詳細」

※2 引用元:Google 検索セントラル「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する」

SEOとタイトルタグの関係性

pc-typing

検索のユーザビリティを高めるためにタイトルタグが重要であることは先ほど述べた通りです。では、SEO効果(検索上位表示)とタイトルタグにはどんな関係性があるのでしょうか。

タイトルタグは、SEO効果にもとても大きな影響を与えます。タイトルタグに含まれているキーワードをもとに、検索エンジンはどの検索キーワードに紐付け上位表示させるかを決めます。そのため、SEO対策を行なうメインキーワードやサブキーワードをタイトルタグに含めることが重要なのです。

タイトルを検討する際は、実際に対象のキーワードを検索エンジン(シークレットモード)で調べてみましょう。検索上位のページタイトルはどのようであるか、共通する傾向や差別化できる点をチェックし、検索ニーズを満たすタイトルを記述しましょう。

SEOに最適なタイトルの文字数

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、閲覧するユーザーのデバイスによって異なります。事前にデバイス別の表示文字数を把握していないと、対象キーワードが省略して表示されてしまい、検索ユーザーのクリック率は低下する恐れがあります。

そのため、全デバイスで大きな悪影響が出ないようにバランスを意識してタイトルを設定しましょう。

PC(デスクトップ)で検索した場合のタイトル文字数30〜35文字ほど
スマホ(モバイル)で検索した場合のタイトル文字数36〜41文字ほど

上記の表に記載の通り、PCとスマホで比較した場合、ややスマホのほうがタイトルの表示文字数が多くなります。スマホの機種によって若干の差はありますが、概ねこのような傾向だと認識してください。

よって、PCとスマホの両方でバランスよく表示させるには、『35文字以内』にSEOキーワードを含めるようにしましょう。

SEO効果を高めるタイトルのつけ方のコツ

では、より具体的なSEO効果を高めるタイトルのつけ方を解説したいと思います。

ここでは、4つのコツをご紹介します。タイトルのつけ方に不安のある人でも、以下のコツを意識するだけでSEO効果の高いタイトルをつくることができます。

タイトルの前半にSEOキーワードを含める

タイトルにSEOキーワードを含める必要があることは先ほどもお伝えした通りです。

加えて意識していただきたいのが「タイトルの”前半”にSEOキーワードを含める」ということです。かつ、「seo ●●」のような2つ以上の掛け合わせキーワードの場合、その順番通りタイトルに使用します。

タイトルの前半にSEOキーワードを含めたとしても、必ずしも検索上位が約束されるわけではありません。なかには、キーワードがタイトル前半に含まれていないにも関わらず、検索上位に表示されるケースもあります。

しかし、一般的にはタイトルの前半にSEOキーワードを含めたほうが検索上位に表示されやすいため、原則として則るようにしてください。

簡潔でキャッチーな言葉にする

検索ユーザーは検索画面に表示された多くのページタイトルのなかから、自身の検索ニーズを満たしてくれると思ったタイトルをクリックします。検索ユーザーの目に留まらない平凡なタイトルではスルーされてしまうのです。

クリック率を上げるために、タイトルはついクリックしたくなるようなキャッチーな言葉にしましょう。難しい表現で伝えるよりも、簡潔で目に留まりやすい言葉にまとめるほうが検索ユーザーのクリックを誘いやすくなります。

【】などの括弧でインパクトをつくる

強調して伝えたい内容を【】括弧に含めることで、検索ユーザーへ強いインパクトを伝えることができます。【】をタイトルに使用する際は、最前部に用いるのが効果的です。以下のように、定量的な成果や情報を【】に含めると、検索ユーザーの目をひきます。

▼ 使用例

・【2021年最新】SEO対策とは? 最新のGoogleアルゴリズムをもとに徹底解説!

・【30%売上増】美容室の集客を一気に改善した驚きのマーケティング施策とは?

SEO効果を狙ったタイトルをつける際の注意点

pc-work

タイトルをつける際には、注意しなければならない点がいくつかあります。不適切なタイトルによってSEO効果を損ねてしまわないために、以下のポイントに注意してください。

SEOキーワードの語順は入れ替えない

記事の前半でも一度説明しましたが、SEOキーワードの語順は入れ替えずにそのままタイトルに含めるようにしてください。

語順を入れ替えてしまうと、狙っているSEOキーワードでは検索上位に入りにくくなる恐れがあります。

同ドメイン内でタイトルが重複しないようにする

同じドメイン内(サイト内)で、タイトルが重複しないようにしてください。タイトルの重複はブログ形式の記事ページではなく、静的ページ内で発生するケースが多いです。

タイトルの重複は、Googleサーチコンソール等のGoogleの無償ツールでは表示されないため、Ubersuggest等の有償ツールを用いて、定期的にチェックされることを推奨します。

また、現時点でサイト内のページ数が少ないのであれば、一度全てのページをGoogleスプレッドシートに洗い出し、タイトルをつける際に確認できるようにしておくとよいでしょう。

タイトルは検索ユーザーへの伝達速度を意識する

ネットで情報を調べると、検索結果には多くのページタイトルが表示されます。

そのなかから、検索ユーザーの目をひきクリックを誘うには、”いかに一瞬で魅力を伝えるか”がポイント。「自分が求めている情報が見つかりそう」「良いコンテンツな気がする」とタイトルから感じ取ってもらうことが重要です。

実際に新規コンテンツを作成しタイトルをつける際には、記事で紹介したポイントを意識してみてください。少しの工夫でSEO効果が発揮され、サイトへの流入数に現れてくることと思います。

関連記事

  1. web-search

    Google検索結果に表示されるタイトルはどのように生成される? 最新…

  2. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  3. ページ エクスペリエンスによってSEOのランキング方式が変更。21年8…

  4. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  5. seo-brock

    サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 検索順位を上げるために更新頻…

  6. women-typing

    SEO記事制作のおすすめ代行会社8選!外注するメリット・デメリットや相…

  7. search-engine

    SEOとリスティング広告の違いや運用の判断基準。リスティング広告はSE…

  8. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

PAGE TOP