subdomain_seo
  • SEO対策

【サブドメインにSEO効果は引き継げる?】サブディレクトリとの違いを解説

WebサイトのSEO(検索エンジン最適化)戦略において、”ドメイン内のサブディレクトリ”と”サブドメイン”のどちらを選択すべきか、悩む方は多いのではないでしょうか。

Webサイトの目的やテーマなどによってベストな選択は変わってくるため、まずはサブドメインの特徴を確認しておくことが大切です。

そこで今回は、ドメインとサブドメインの違い、選択する際の考慮ポイントを詳しく解説していきます。サブドメインと混同されがちな「サブディレクトリ」との違いも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

サブドメインとサブディレクトリ、SEO上の影響は?

SEOにおけるサブドメインとサブディレクトリの影響に大差はありません。

サブドメインは本ドメインとは「別サイト」として扱われますが、本ドメインの評価はサブドメインにも影響します。一方、本ドメインに紐づいているサブディレクトリも、本ドメインと強い相乗効果が生じやすくなります。そのため、どちらを選んでもSEO対策の観点で有利・不利に違いはありません

本ドメインが検索エンジンから高い評価を受けているのであれば、新たにドメインを取得するよりもサブドメインやサブディレクトリで運用するほうがメリットは大きいでしょう。逆に、本ドメインの評価が低い場合は、新たにドメインを取得したほうが有利になる可能性があります。

サブドメインとサブディレクトリはいずれも本ドメインの評価の影響を受けますので、どちらを選ぶべきか、また、新たにドメインを取得すべきかは、あくまで「本ドメイン」を基準にするのがよいでしょう。

サブドメインとは

サブドメインとは、本ドメインに対して任意に設定できるドメインのことです。

提供するサービスなどによってドメインを分ける際に便利で、Webサイトの構造化や特定サービスの識別化にも有用です。本体ドメインが「example.com」の場合、サブドメインは「sub.example.com」のように、本ドメインの前に文字列を付加して設定できます。

主なサブドメインの例
本ドメインが「example.com」の場合、

メールサービス・・・・mail.example.com
ブログコンテンツ・・・blog.example.com
オンラインストア・・・store.example.com など

サブドメインとドメインの関係

本ドメインが「example.com」である場合のサブドメインとドメインの関係は、下図のとおりです。


サブドメインは本ドメインに含まれる形で存在していますが、それぞれが独立しているため、異なるテーマやサービスのコンテンツを作成できます。

また、ドメインとは本来、Webサイトを特定するために欠かせない要素であるため、ドメイン取得サービスなどを利用して独自のドメインを取得するのが一般的ですが、サブドメインは本ドメインを分割して利用するので、新たにドメインを取得する必要がありません。サブドメインは取得するのではなく、ドメインを管理するサーバーで設定します。

サブドメインとサブディレクトリの違い

サブドメインと似ているものとして、サブディレクトリがあります。サブディレクトリとは、ドメイン名の後のスラッシュ(/)で区切られた部分のことです。ドメイン内に別のディレクトリ構造を作成する際に使用されます。

example.com・・・・・ドメイン
sub.example.com・・・サブドメイン
example.com/sub・・・サブディレクトリ

本体のドメインが「example.com」であれば、「example.com/recruit」や「example.com/work」のように、サイト内のコンテンツを整理するためにサブディレクトリを設定するのが一般的です。

サブドメインのメリット

サブドメインには、主に次のようなメリットがあります。

  • 運営のコストを省ける
  • 管理が容易になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

運営のコストを省ける

通常、テーマの異なるサイトを立ち上げる際には別ドメインでの運用を検討しますが、ドメインを取得するにはコストが発生します。

一方、サブドメインは本ドメインの管理画面から設定するだけで運用できるため、新たにドメインを取得するコストは発生しません。ただし、プロバイダーによってはサブドメインの追加費用が発生するので、事前に確認しておきましょう。

管理が容易になる

複数のコンテンツをそれぞれ別のドメインで管理すると、更新ルールや作業内容が整理されず、運営の煩雑化を招きます。

一方、サブドメインは本ドメインを分割して設定・運用していくため、管理画面が1つで済みます。異なる部門や機能別に発生する作業がある場合も、運用体制が明確なため、更新忘れや管理の不備などを防げるようになります。

サブドメインとサブディレクトリの選び方

サブドメインとサブディレクトリの選び方は、Webサイトのニーズや目標などによって異なります。

サブドメインサブディレクトリ
・テーマを分けても信頼性を担保できる
・新規ドメインよりもコストと手間がかからない
・専門性を高められる
・コンテンツの量を増やしやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

サブドメインを選んだほうが良いケース

異なるテーマやサービスを提供する場合は、サブドメインを使ったほうがいいでしょう。各サービスをサブドメインで分割すれば、管理もしやすく、かつコンテンツが関連性を持ちながらも独立するというメリットもあります。

コンテンツがメインサイトの内容と大幅に異なる場合も、サブドメインを使ったほうがいいでしょう。サブディレクトリは本ドメインの下位に該当します。そのため、本ドメインのテーマと大きく異なるとサイトの統一性が失われてしまい、SEOの評価に悪影響を及ぼす恐れもあるので避けたほうが安全です。

サブディレクトリを選んだほうが良いケース

コンテンツ同士が密接に関連している場合は、サブディレクトリを選択したほうがいいでしょう。サブドメインを使えば、コンテンツが本ドメイン内で連結されます。関連するコンテンツを本ドメイン内にまとめたい場合にも有効です。

インデックスの量を増やしたい場合も、サブディレクトリを使ったほうがいいでしょう。サブドメインを使うと、本ドメインのインデックス数に含めることはできません。インデックスの数はSEOの評価にも影響します。サブドメインを利用してコンテンツの数が減ってしまうような場合は、初めからサブディレクトリを使ったほうがいいでしょう。

SEOにおけるドメインパワーの影響

ドメインパワーとは、Googleからの信頼度を示す指標です。Webサイトのドメインパワーが強ければ検索結果で上位表示されやすくなります。

ただし、Googleはドメインパワーを公開しておらず公式指標もないため、ドメインパワーの測定には外部ツールが必要です。また、外部ツールの測定結果はあくまでも非公式のため、目安として参考程度に見ておくのがよいでしょう。

近年では、ユーザーの金銭や生命に重大な影響を与える「YMYL領域」のコンテンツに関して高い信頼性が求められているため、ドメインパワーが強いWebサイトが上位に表示される傾向にあります。

ドメインパワーの強いサイトにはメリットが多いですが、ドメインパワーの蓄積には時間がかかるので注意が必要です。すでに上位表示されているサイトを運営しているなら、新規ドメインを取得せずにサブドメインやサブディレクトリで運営したほうがいいでしょう。

ドメインパワーの上げ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクについて解説

サブドメインとサブディレクトリはテーマや運用面から判断しよう

Webサイトの構造を決める際には、サブドメインかサブディレクトリを適切に選択する必要があります。選び方で迷った場合は、テーマや運用面から検討するようにしましょう。SEOに有利かどうかで決めるのは得策ではありません。

サブドメインは異なる機能やテーマを独立して提供するのに適しており、各テーマの管理が容易になるという利点があります。一方、サブディレクトリは関連するコンテンツを本ドメイン内にまとめたいときなどに役立ちます。

Webサイトの目的やコンテンツ同士の関連性などを考慮して最適な判断を行ない、効率的なWebサイトの運用を目指しましょう。
「どのようにWebサイトを構築すればよいかわからない」とお困りの方は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. seo-consulting-cost

    SEOコンサルティングの費用相場と効果を解説

  2. SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

  3. wordpress

    WordPress(ワードプレス)のSEO対策で抑えるべきこと。基本的…

  4. 【SEO対策に取り組もう!】問い合わせを増やすための原則と方法

  5. outline-of-SEO-outsourcing

    SEO対策を業務委託する際のポイントや成果指標、費用相場を解説!

  6. SEO外部対策とは?実践方法をどこよりもわかりやすく解説!

  7. keyword-strategy-for-seo

    SEO対策でキーワード選定が重要な理由と料金相場を解説

  8. ロングテールキーワード探し方

    ロングテールキーワードの探し方を解説|成果目標に合わせてどうキーワード…

PAGE TOP