SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために

SEOにおいて、作成した記事を検索上位表示させるためには「SEOライティング」について正しく理解し、実践する必要があります。正しくSEOライティングを実践して、読者に役立つ記事を作成できるようになれば、継続的に質の高い記事を作成することで莫大な数のWeb集客を実現できるでしょう。

しかしSEOに取り組む多くのWeb担当者が、以下のような悩みを抱えています。

  • SEOライティングの実践方法がわからず、なかなか記事作成に取り掛かれない
  • すでに何本も記事作成を行っているが、上位表示を獲得できない
  • SEOライティングを実践しているつもりだが、正しい方法で取り組めているかわからない

本記事では、初心者が「最高の一記事」を作り上げるためにSEOライティングの基礎知識を網羅的に解説しています。SEOライティングの定義や重要性、また記事を上位表示させるために重要なことや実際の手順・方法なども解説しているため、本記事の内容を理解して実践すればSEOで成果を出せるはずです。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEOライティングとは


SEOライティングとは「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために行う、記事のライティング方法」です。そして狙ったキーワードで記事を検索上位表示させるためには、検索ユーザーの検索意図を満たす必要があります。

このSEOライティングの定義を間違いなく理解できているという方は、本パートはスキップして次のSEOライティングで成果を出す鍵は「キーワード選定」にあり!からお読みください。

実際のところ、SEOライティングの意味をわかっている「つもり」なだけで、実はわかっておらず間違った方法で記事作成を行っている方が多いです。SEOライティングの意味を正確に理解できていない状態で記事作成を行っても、成果の出る記事を作れる可能性は低いため、まずは普通の「ライティング」との違いを確認してSEOライティングの意味を理解しましょう。

普通の「ライティング」との違い

普通の「ライティング」と「SEOライティング」には、以下の3点で大きな違いがあります。

  • 誰を対象に書くか
  • 何を目的に書くか
  • 自分の伝えたいことを伝えるだけかどうか

普通の「ライティング」について、例えば今日の出来事などを記した日記形式のブログ記事をイメージしてみてください。このようなブログ記事は、「誰かに読んでもらえればいいな」という漠然とした意識のもと、基本的に自分の伝えたいことを自由に伝えるものがほとんどです。「誰を対象に、どんな目的で書くか」ということを明確に言語化したうえで日記形式のブログ記事を書くような方は、あまりいないでしょう。

しかしSEOライティングでは「誰を対象に、どんな目的で書くか」が明確に決まっています。

  • 対象者:検索ユーザー
  • 目的:狙ったキーワードで検索上位表示を獲得すること

検索ユーザーとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで何かキーワードを入力して検索し、検索結果に表示された自社サイトの記事に訪れる人のことです。

そして目的は、「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得すること」です。SEOライティングを施して記事作成を行う際は、必ず「その記事を、どのキーワードで検索された際に上位表示させるか」を決めます。この際に決めるキーワードが、「(上位表示を)狙ったキーワード」です。

狙ったキーワードで検索された際に、例えば検索結果の一番上に表示されれば、そのキーワードで検索した人のうち多くの人が記事に訪れてくれます。その結果、一部の検索ユーザー(読者)が自社の商品・サービスに興味を持ち、購入してもらえれば売上が向上します。

改めて、SEOライティングの定義は「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために行う、記事のライティング方法」です。SEOライティングを施した記事を作成して検索上位表示を獲得できれば、自社の売上・利益の向上につながるため、SEOで成果を出すためにSEOライティングは重要なのです。

そこで気になるのが、「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するためには、具体的にどんな記事を作れば良いのか」という点です。これは先ほどもお伝えした通り、検索ユーザーの検索意図を満たす記事を作成することで上位表示を獲得できます。


検索ユーザーが何かキーワードを入力して検索する際、その裏には必ず何かしらの「検索意図(ニーズ)」が存在しています。例えば「トイレットペーパー 肌に優しい」というキーワードで検索する人には、「肌に優しいトイレットペーパーを買いたい」という検索意図があるでしょう。また「歯が痛い 解消方法」というキーワードで検索する人には、「歯が痛くて悩んでいるため、すぐにでも解消したい。解消方法が知りたい」という検索意図があるでしょう。

本記事は「SEO ライティング」というキーワードでの検索上位表示を目指して作っていますが、このキーワードで検索する人には「SEOライティングとは何か知りたい」「SEOライティングのコツ・方法が知りたい」という検索意図があると推測できます。

このように検索キーワードをもとに検索意図を推測し、検索意図を満たす記事を作成して、検索結果において記事を上位表示させることがSEOライティングの目的です。SEOライティングを正しく実践して記事を作成できるようになれば、さまざまな検索キーワードにおいて記事を上位表示させ、サイトに莫大な数のアクセスを集め、ビジネスを飛躍的に成長させられる可能性があります。

SEOライティングで成果を出す鍵は「キーワード選定」にあり!


本記事のメイントピックの一つである「SEOライティングの定義」をお伝えしましたが、SEOライティングで成果を出す、つまり狙ったキーワードにおいて検索ユーザーの検索意図を満たして、記事を検索上位表示させるための鍵は「キーワード選定です。

キーワード選定とは「何のキーワードで検索された際に、記事を上位表示させるかを決めること」であり、検索上位表示を目指して記事作成を行うにあたりキーワード選定を行わないというのは、論外です。

しかしSEOライティングを実践している「つもり」の多くの方が、キーワード選定を行っていません。キーワード選定を行わない場合、以下のデメリットを被ることになるため、必ずキーワード選定を行いましょう。

  • キーワード選定ができていない記事は、一定数検索されるどのキーワードにおいても、上位表示される可能性が極めて低い。そのため記事に多くのアクセスを集められない
  • キーワードを決めないと、記事に訪れる人がどんな人で、どんな検索意図を持っているかの想像ができないため、誰の課題も解決できず、心に残らない質の低い記事になる
  • 「どのキーワードで何位以上を獲得し、どれくらいのアクセスを集めるか」という目標を持たずに記事を作成することになるため、記事作成の効果について振り返りができない

通常記事を作成するにあたり、「このキーワードでの上位表示を目指す!」といったようにメインキーワードを一つ設定します。特に初心者のうちは一つの記事を作成するにあたり、二つ以上のキーワードで上位表示を目指すことはNGであるため注意しましょう。

キーワード選定を行わないと、単純に「どのキーワードでも上位表示されず、アクセスを集められない」結果となる可能性が高いです。本記事を読むまでキーワード選定の重要性を理解できていなかったという方は、本記事を通じて最低限「SEOのために記事作成を行う際、必ず上位表示を目指すキーワードを1つ設定しなければいけない」ということだけでも理解しておきましょう。

でも実際のところ、キーワード選定を行わずに記事作成を行っている方の多くが、「キーワード選定をしなければいけない」ということを理解しています。それなのになぜキーワード選定を行わないかというと、原因として以下の3点が考えられます。

  • キーワード選定には時間がかかるから、面倒でやっていない
  • キーワード選定の方法がわからない
  • キーワード選定が「本当に」重要であることを理解していない

キーワード選定が「本当に」重要であり、時間がかかったとしても「必ず」行わなければいけないことは。ここまでの説明で理解できたかと思います。しかしキーワード選定の方法がわからなければ、当然ながらキーワード選定はできません。

キーワード選定の方法については以下の記事で詳しく解説しているため、選定方法がわからないという方はぜひお読みください。

SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

また弊社シンプリックのSEOコンサルティングサービスでは、キーワード選定に特に力を入れています。キーワード選定はシンプルな作業ですが、成果を出すためには高度な知見が必要な分野であり、SEOの高いノウハウを持っていない自社メンバーだけで対応するのが難しい場合もあります。「キーワード選定を手伝って欲しい」「効果的なキーワード選定の方法について詳しく知りたい」とお考えであれば、ぜひまずはサービス資料をダウンロードしてご確認ください。

SEOコンサルティングサービス
20年以上のSEO経験により培ってきたノウハウ・成功法則を
駆使して、お客様のSEOを成功に導きます

【6選】SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴

SEOライティングを施し作成した記事で、狙ったキーワードにおいて検索上位表示を獲得するために、「最終的にどんな記事に仕上げれば上位表示を獲得しやすいのか」を理解しておいたほうがいいでしょう。

ここではSEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴を「6つ」お伝えします。

その1:検索ユーザーの検索意図を満たす記事

まず何よりも重要なのは、検索ユーザーの検索意図を満たす記事に仕上げることです。上位表示を目指すキーワードにおいて、検索する人はどんな人で、どんな検索意図を持っているか、そしてどうすれば検索意図を満たせるかを深く考えて言語化し、構成を練る必要があります。

記事作成の際、検索意図の言語化ができたらすぐに執筆に移る方がいますが、これはおすすめしません。まずは「何をどんな順番で、どのように伝えるか」という構成案を作成するべきです。これにより、検索意図を網羅的に満たすために伝えるべきことを的確に整理でき、執筆の際は「執筆だけ」に集中できます。

そしてもう一つ重要なことがあります。それは「狙ったキーワードですでに上位表示されている記事よりも、さらに検索意図を満たす記事に仕上げる必要がある」ということです。仮に検索意図を満たす記事に仕上げられたとしても、すでに上位表示されている記事(競合記事)のほうがより検索意図を満たす、素晴らしい記事であればそちらのほうが上位表示されるに値する記事であるといえます。

検索順位はあくまで他の記事との相対評価で決まるため、「これから作成する記事が、競合記事よりも上位表示されるに値するものであるかどうか」という観点を重視して構成案を練り、執筆に移りましょう。

SEOライティングを施した記事作成の具体的な手順・方法については、「SEOライティングの具体的な手順・方法」のパートで詳しく解説しています。

また以下の記事では「検索意図」についてより深堀って解説しているため、ぜひ併せてお読みください。

SEOにおける検索意図の重要性|キーワード選定からUX最適化まで詳しく解説

その2:読みやすくてわかりやすい記事


狙ったキーワードで記事を上位表示させるために、「読みやすくてわかりやすい」記事を作成しましょう。

まず「読みやすい」記事の特徴として、以下のようなものがあります。

  • 誤字脱字がない
  • 一文が長すぎず、表現が冗長でない
  • 適切に句読点や改行が使われている
  • 適宜、画像や図表などの視覚要素が使われている
  • 知りたいことを結論ファーストで伝えている

そして「わかりやすい」記事の特徴として、以下のようなものがあります。

  • 理解が少し難しいトピックについて、例えなどを用いて具体的に説明している
  • 同じトピックについて複数の項目を伝えるにあたり、リスト(箇条書き)を活用して整理された形式で伝えている
  • 普段使うことが少ない単語・言い回しや、読者が理解できない専門用語を使っていない
  • 見出しの順番が適切で、内容がすんなり入ってくる

「読みやすさ」と「わかりやすさ」は重複する部分が多いです。「読みやすくてわかりやすい」記事になっているかどうかを、構成案の作成や執筆、記事内容のチェックの際などにしっかり確認しましょう。

その3:最後まで読み進めてもらえる記事

多くの人に最後まで読み進めてもらえる記事は、検索上位表示を獲得しやすいです。検索エンジンは「ある検索キーワードに対して、検索意図を満たす記事」を上位表示させるような検索順位決めのアルゴリズムとなっています。

最後まで読み進めてもらえたということは「熟読されている」ということであり、熟読されているということは「検索ユーザーの知りたい情報が載っている = 検索意図を満たしている」と検索エンジンから判断されるため、検索上位表示を獲得しやすいのです。

最後まで読み進めてもらえる記事というのは、つまり「読者に長い時間読まれている」ということであり、これは「平均エンゲージメント時間」という指標において定量的に測定されています。検索エンジンはこの指標を順位決めの一つの判断材料としているため、最後まで読み進めてもらえる記事になるようできる限り工夫しましょう。

ちなみに平均エンゲージメント時間は「Googleアナリティクス」という、サイトのアクセス解析ツールで確認できます。


記事を最後まで読み進めてもらうために、まず重要なのは「導入文」です。これは記事の一番冒頭の文章であり、記事に訪れた読者が記事を読み進めてもらうかどうかを判断するところです。

導入文を読んで「この記事はあまりためにならなそうだな」「この記事では知りたいことを知れなさそうだな」などと思われてしまうと、記事から離脱されてしまいます。

導入文で興味を引きつけられたら、その後も記事の途中で離脱されないよう、最大限工夫する必要があります。例えば文字ばかりの記事だと途中で飽きられてしまう可能性が高いため、適宜画像や図表などの視覚要素を入れるのも一つの手です。当然ながら、記事の内容が検索意図を満たすものでない場合、最後まで読み進めてもらえず離脱されるでしょう。

その4:「E-E-A-T」の要素を満たした記事

「E-E-A-T」の要素を満たした記事は、検索上位表示を獲得しやすいです。

「E-E-A-T」とは、それぞれ以下の英単語の頭文字を取ったものです。

  • Experience:経験
  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

この4つの要素を満たす記事を作ることが重要な理由は、検索エンジンのシェアの大半を占めるGoogleが、公式にE-E-A-Tの重要性について明言しているからです。

Google の自動システムは、さまざまな要因に基づいて優れたコンテンツをランク付けするように設計されています。関連するコンテンツを特定した後、最も役に立つと判断されたコンテンツに高い優先順位を付けます。そのために、どのコンテンツが、エクスペリエンス(Experience)、高い専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)、すなわち E-E-A-T の面で優れているかを判断するための要素の組み合わせを特定します。

引用元:Google公式ドキュメント

上記の引用文だけでは、少し理解するのが難しいかもしれません。要するに、「Googleは質の高い記事(検索意図を十分に満たす記事)を上位表示させようとするが、その際に経験(Experience)と専門性(Expertise)、また権威性(Authoritativeness)と信頼性(Trustworthiness)を重視している」ということです。

まず「経験」についてですが、これは実際の経験にもとづいた、独自性があり具体性のある記事であるかということです。例えばダイエット方法について紹介する記事であれば、筆者自らのダイエット経験をもとにした記事は、独自性かつ具体性があり、納得感のある記事であるといえます。「経験」は読者の満足度を引き上げる要因となるため、重要です。

次に「専門性」ですが、これは記事のテーマについて筆者が専門的な知見を有しており、記事の内容も専門家ならではの専門性の高い記事であるかということです。また記事単体だけでなく、発信元のサイトがある特定の分野に特化しており、専門性の高い内容を発信しているかも重要といえます。

権威性」とは、発信元のサイトや筆者の権威性、つまり社会的な承認の度合いがどれだけあるかということです。これは単純に「誰が発信している情報か」であり、例えば発信元のサイトが公的機関や大企業が運営しているものであったり、筆者が界隈で広く知られている人だったり、豊富な知見・経験を持つような人だったりすると、記事が上位表示されやすいです。

最後に「信頼性」とは、記事から発信されている情報の正確性や誠実度のことです。掲載されている情報に誤りが多かったり、公序良俗に反する情報が掲載されていたりする場合は信頼性が高いとはいえません。

これら4つの要素の中で特に重要なのは、「専門性」です。Googleも公式に、専門性が最も重要であることを明言しています。

中でも、信頼性は最も重要なものです。その他の項目も信頼性の一因となるものですが、必ずしもすべてにおいて優れている必要はありません。

引用元:Google公式ドキュメント

4つの要素について、全てを網羅的に満たした記事を作成しないと、上位表示を獲得できないわけではありません。例えば誰が作成した記事なのか明記されていなかったり、記事の中で経験に関する情報提供が行われていなかったとしても、実は問題ありません。

重要なのは「狙ったキーワードにおいて、検索ユーザーの検索意図を満たすこと」であり、これら4つの要素はあくまで「読者の満足度を高めるために意識しておいたほうがいいですよ!」とGoogleが提案しているだけのものです。Googleも、「E-E-A-T」は検索順位に直接影響するわけではないと公式に明言しています。

E-E-A-T 自体はランキングに直接影響する要因ではありません

引用元:Google公式ドキュメント

E-E-A-Tについては以下の記事でより詳しく解説しているため、理解を深めたい場合はぜひお読みください。

E-E-A-Tとは?Googleの評価基準と評価の高め方を徹底解説!

その5:運営元サイトとのテーマに一貫性のある記事


作成する記事は、運営元サイトとのテーマに一貫性のあるものとしましょう。例えば弊社シンプリックは、本サイトを通じてWebマーケティングに関する情報発信を行っていますが、「トライアスロン 初心者 道具」というキーワードで記事を作成しても、上位表示を獲得できる可能性は極めて低いです。

先ほどE-E-A-Tのパートで「専門性」が最も重要であるとお伝えしましたが、運営元サイトのテーマと一貫していない記事を作成したとしても、それは専門性が低い記事であるとみなされます。

そもそもキーワード選定の段階で、運営元サイトのテーマに関連したキーワードを選べば、サイトテーマと一貫性のない記事を作成するといったことを防げます。

その6:適切にキーワードを活用した記事

SEOライティングにおいて「キーワード選定」が欠かせないことをお伝えしましたが、選定したキーワードを記事の中で活用しなくてはいけません。もし活用しなかった場合、キーワード選定を行った意味がほとんどなくなります。

例えば本記事は「SEO ライティング」というキーワードでの上位表示を目指して作成していますが、タイトルや見出し、本文のいたるところで「SEO ライティング」のキーワードを活用しています。

● タイトル
SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために
● 見出し ※大見出しのみ
SEOライティングとは
SEOライティングで成果を出す鍵は「キーワード選定」にあり!
【6選】SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴
SEOライティングの構成要素
SEOライティングの具体的な手順・方法
SEOライティングで成果を出すために重要な意識
本記事の内容を参考に、正しいSEOライティングを実践してみよう!

記事で選定キーワードを活用しなくてはいけない理由は、主に以下の2点です。

  • 検索エンジンにキーワードと記事の関連性を示すため
  • タイトルを見て、検索ユーザーに記事を開いてもらうため

このうち特に重要なのは、「検索エンジンにキーワードと記事の関連性を示すため」です。これについて理解するためには、検索エンジンがどのように記事の検索順位を決めるか理解しておく必要があります。

記事を作成した後、検索エンジンのロボットが記事を見つけてくれて検索結果に表示させる準備をし、検索キーワードに応じて関連性が高く質が高い記事であると判断されれば、検索結果の上のほうに表示してくれます。検索キーワードとの関連性が高いかをロボットが判断する際、「タイトルや見出しに検索キーワードが含まれているか」を確認します。

なぜなら、記事の中に検索キーワードが含まれていれば、検索エンジンのロボットは簡単に関連性を判断できるからです。そのため狙ったキーワードで検索上位表示を獲得したいのならば、「必ず」選定したキーワードを記事で活用しなくてはいけません。

キーワードの具体的な活用についてですが、タイトルには必ず含めましょう。また大見出しにも不自然にならないよう積極的に入れるべきです。多くの場合、本文にも自然とキーワードが含まれることになるかと思いますが、本文のいたるところに無理に入れる必要はありません。

タイトルにキーワードを入れる際の注意点については、次のパートの「タイトル」で紹介します。

選定したキーワードの活用方法については、以下の記事でより詳しく解説しているためぜひお読みください。

SEO検索キーワードの設定方法を解説!「入れ方」と「選び方」を理解しよう

またここまで、SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴を紹介しましたが、知識をインプットしたからといって実践できるとは限りません。しかし実践できないことには、狙ったキーワードで記事を上位表示させることができません。弊社シンプリックでは現在、「上位表示を獲得できる記事の作り方」をプロのSEOコンサルタントが伝授する「無料のSEO相談」を受け付けております。企業のWeb担当者でご興味ある方は、ぜひお気軽にお申し込みください。

SEOライティングの構成要素

SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴について解説しましたが、これらの特徴を満たす記事をいざ作成しようと思っても、適切な手順・方法を理解していなければ、なかなか手が動かないでしょう。

手順・方法については次の「SEOライティングの具体的な手順・方法」のパートでお伝えしますが、その前に「SEOライティングの構成要素」を理解しておくべきです。記事がどのようなパーツの組み合わせで成り立っているかを理解することで、SEOライティングの全体像をつかみやすくなります。

以下が、SEOライティングの構成要素です。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 見出し
  • アイキャッチ画像
  • 導入文
  • 目次
  • 本文
  • まとめ

各要素について、特徴や注意点などを解説します。

タイトル


記事には「タイトル」が必要です。例えば本記事のタイトルは「SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために」であり、このタイトルを考えるのに実は結構な時間をかけています。

なぜ結構な時間をかけたかというと、タイトルが狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために、また記事に興味を持ってもらい検索ユーザーを引き付けるために重要だからです。

タイトルは、検索エンジンの検索結果にそのまま表示されます。そのため狙ったキーワードで記事が上位表示されたとしても、タイトルが検索ユーザーの興味を引くものとなっていなければ、クリック率(検索結果に表示された数のうち、記事のリンクがクリックされた割合)が低くなり、アクセスを取りこぼすことになります。

例えば月間で「10,000回」検索されるキーワードにおいて、作成した記事が検索順位1位を獲得できたとします。seoClarityというアメリカの調査会社によると、日本ではGoogleで検索順位1位を獲得した場合、検索結果に表示された回数のうち「13.94%」の割合で記事のリンクをクリックしてもらえます。
(参照:seoClarity「CTR Research Study」 ※2021年の調査結果)

計算しやすいように、1位に表示されると「15.0%」の割合でクリックしてもらえるとした場合、月間の検索数が「10,000回」であれば「1,500件」のアクセスを獲得できることになります。

10,000回(検索数)× 0.15(クリック率)= 1,500件(アクセス数)

仮にタイトルが検索ユーザーの興味を引くものとなっておらず、クリック率が「5.0%」だとした場合、同じ条件だと月間のアクセス数は「500件」となります。

10,000回(検索数)× 0.05(クリック率)= 500件(アクセス数)

仮に500件のアクセスに対して、記事の運営元サイトが1件の問い合わせを獲得できるとした場合、クリック率が「5.0%」だと1件しか問い合わせを獲得できませんが、「15.0%」だと3件の問い合わせを獲得できます。

これはあくまで1つの検索キーワードにおける差にすぎませんが、タイトルを適当につけてしまったことにより複数のキーワードで低いクリック率だった場合、大きな機会損失を被ることとなります。

そのため、「たかがタイトルだから適当につけていいだろう」という考えがある場合は、捨て去りましょう。

またタイトルは、以下6つの要素を満たしたものにする必要があります。

  • 上位表示を狙うキーワードを、左端に詰めて入れる
  • 文字数を30文字程度に収める
  • 検索結果に表示された際、検索ユーザーの興味を引くものにする
  • タイトルから記事の内容が推測できるようにする
  • 記事の内容に合わせたタイトルとする
  • 不要なキーワードを詰め込みすぎない

改めて、本記事のタイトルは以下です。

SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために

まず上位表示を狙っている「SEO ライティング」のキーワードを左端に詰めて入れており、文字数は30文字程度です。また「最高の一記事」というキャッチーで興味を引きそうなキーワードを入れており、端的に記事の内容を表現しています。

これが以下のようなタイトルだったら、どうでしょうか。

SEOで成果を出したい方は必見!SEOの定義や取り組むメリット、注意点、また成功事例などを徹底解説!

まず「SEO ライティング」というキーワードが含まれていないため、この時点で論外といえます。さらに文字数が50文字と長く、記事の内容に合ったタイトルとなっていません。

ちなみに文字数を30文字程度に収めるべき理由は、30文字程度しか検索結果の画面に表示されないからです。また端的に記事の内容が伝わるようにすることで、タイトルを一目見て瞬時に「自分の知りたいことが知れるかもしれない」と思ってもらいやすくなります。

実際のところ、上位表示されている記事でもタイトルの文字数が50文字以上のものはあり、必ずしも30文字程度に収めなければいけないわけではありません。しかし文字数が長い場合でも、後半部分は省略されてしまうため、最初の30文字以内に上位表示を狙うキーワードを入れて、端的に記事の内容を伝えることは欠かせません。

SEOに効果的なタイトルの付け方については、以下の記事でも詳しく解説しています。

SEOに適したタイトルの文字数は?AIを活用した付け方も解説

ディスクリプション

記事のディスクリプションとは、検索結果画面に表示される以下エリアの文言です。


検索ユーザーは検索画面で、タイトルと一緒にディスクリプションを見て、記事のリンクをクリックするか判断します。タイトルほどではありませんが、クリック率に影響する部分であるためしっかり設定しましょう。

ディスクリプションは、以下4点を満たしたものを設定する必要があります。

  • 文字数は100〜120文字程度にする
  • 上位表示を狙うキーワードを含める
  • 記事の内容や得られるものを端的に伝える
  • 前半の50文字以内で、記事の内容がわかるようにする

ディスクリプションに上位表示を狙うキーワードを含めることで、キーワード部分が太字で表示されます。そのため検索ユーザーにキーワードと記事内容の関連性を示せて、クリック率を向上させられるかもしれません。

またディスクリプションはPC画面では100〜120文字程度表示されますが、スマホでは50文字程度しか表示されないため、前半の50文字以内で記事の内容がわかるようにしましょう。

ディスクリプションについては、以下の記事でより詳しく解説しています。

ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高める書き方を解説!

見出し

記事には、「見出し」が欠かせません。例えば先ほども紹介しましたが、本記事の見出しは以下のようになっています。

● 見出し ※大見出しのみ
SEOライティングとは
SEOライティングで成果を出す鍵は「キーワード選定」にあり!
【6選】SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴
SEOライティングの構成要素
SEOライティングの具体的な手順・方法
SEOライティングで成果を出すために重要な意識
本記事の内容を参考に、正しいSEOライティングを実践してみよう!

見出しが全くない、もしくは文章量の割にあまりにも少ないと、記事がかなり読みづらくなります。通常記事では複数のトピックを扱うことがほとんどですが、見出しは各トピックのタイトルの役割を持っており、トピックの内容を簡潔に伝えられるため、見出しを適切に活用することで記事の読みやすさ・わかりやすさを上げられます。

例えば本記事に見出しがなかった場合、どれくらい読みづらくなるかをお伝えします。以下のボタンをクリックすると「10秒間だけ」見出しが非表示になるため、クリックして画面をスクロールし、読みづらさを体感してみてください。

また見出しは記事の目次として機能するため、読者にとっての利便性を上げられます。検索ユーザーである読者の全員が、記事の内容に全て目を通すわけではありません。例えば本記事は「SEO ライティング」というキーワードで検索した人のさまざまな検索意図に対応できるつくりとしていますが、読者の中には「SEOライティングの方法だけ知りたい」という人もいるでしょう。

そのような読者のために記事の上部に目次を用意することで、読者は自分が知りたい情報にピンポイントにアクセスできます。また仮に記事の上部に目次を用意しない場合でも、見出しは通常太字で大きく表示されるため、ページをスクロールすれば記事内のどこにどんな情報が書かれているかを簡単に確認できます。

さらにこの見出しですが、必ず記事の執筆前に用意しましょう。執筆前に、検索ユーザーの検索意図を推測し、検索意図を満たすために「何をどんな順番で伝えるか」を見出しレベルで整理することにより、的確に検索意図を満たした記事構成を作れます。見出しが作れたら、執筆はスムーズに進められるはずです。

そして見出し作成の際は、以下の5点を意識しましょう。

  • 上位表示を狙うキーワードを、不自然にならない程度に積極的に含める(特に最初のほうの大見出しに)
  • 見出しを見ただけで、記事の全体像を正確に把握できるようにする
  • 適切に見出しの階層構造を活用する
  • 文字数が多くなりすぎないようにする
  • あるトピックについての内容を、端的に表現する

上位表示を狙うキーワードを見出しに含めるのは必須ではありませんが、不自然にならない程度に含めることで、キーワードと記事の関連性をより検索エンジンに伝えられる可能性があります。

また見出し作成にあたり、適切に階層構造を活用しましょう。見出しには大小関係があり、「大見出し > 中見出し > 小見出し」といったように見出し内でさらにトピックを分けることで、より読者にとって読みやすい記事に仕上げられます。

本記事でもこの見出しの階層構造を活用しています。

見出しの作成については、以下の記事でより詳しく解説しています。

Webライティングの構成(見出し)の作り方を公開!ユーザーの理解から興味を引き出す6ステップ

アイキャッチ画像

上位表示される記事の特徴のパートでも紹介しましたが、最後まで読み進めてもらえる記事を作成することが上位表示を獲得するためには重要です。そのためにまず記事の導入文でいかに検索ユーザーに興味を持ってもらい、その先を読み進めてもらえるかが重要ですが、その前段階で、記事を開いた瞬間に「注意」を引き付ける方法があります。

それが「アイキャッチ画像」の活用であり、これは画面を開いた際に一番最初に表示される画像であるため「FV(First View)画像」とも呼ばれます。例えば本記事では、以下のアイキャッチ画像が設定されています。


アイキャッチ画像は、本記事で活用しているようなイメージ画像だったり、記事の内容を端的に伝えるために画像編集でテキストを挿入したものなど、さまざまです。しかしあくまでアイキャッチ画像の目的は、記事を開いた際に読者の「注意」を引き付けることであり、アイキャッチ画像を通じて何か情報を伝える必要はありません。

アイキャッチ画像の設定は絶対に必要というわけではありませんが、いきなり記事がテキストから始まる場合と比べて、記事ページを開いた際にすぐ離脱される確率を減らせる可能性が高いため、活用するべきです。

画像を無料配布しているサイトは数多く存在するため、記事のイメージに合ったアイキャッチ画像は簡単に見つけられるでしょう。以下、画像の無料配布サイトの一例です。これらのサイトから取得した画像は、もちろんアイキャッチ画像以外に記事内に埋め込む画像としても使えます。

導入文

アイキャッチ画像の次に目に移るのが、導入文です。導入文によって記事の本文を読んでもらえるかが決まるため、入念に作成する必要があります。

そもそも検索結果画面に表示された記事のタイトルを見て記事ページにアクセスしている時点で、タイトルに関する情報に多少なりとも興味を持ってくれているわけです。そこで記事の内容を読んでもらえるかは、導入文にかかっています。

導入文が良ければ記事を長い時間読んでもらえる可能性が高くなり、それにより記事の閲覧時間を示す「平均エンゲージメント時間」という指標の数値が良くなり、検索上位表示されやすくなります。

平均エンゲージメント時間が短くなる原因の多くが「導入文を適当に書いてしまっている」ことにあります。そのため以下の3点を満たした導入文を作成しましょう。

  • 記事の内容を簡潔に伝える
  • 読者の抱えているであろう悩み・課題を提起し、記事を読むことで解決できることを伝える
  • 興味を引き、とにかくページを下にスクロールさせる

目次

記事には「目次」が必要です。見出しのパートでも説明しましたが、見出しを目次化して用意することで読者が知りたい情報にピンポイントにアクセスできるため、読者の利便性が上がります。また目次を見ることで記事の全体像を把握できるため、読者が記事を読み進めるかどうかの判断材料にもなります。

実は本記事では、わざわざ目次を手動で作成するといったことはしていません。本サイトはWordPressと呼ばれるCMS(コンテンツ管理システム)により運営されていますが、プラグイン(拡張機能)を導入しているため、見出しを設定したら自動で目次が記事の上部に表示されるようになっています。

目次が自動で作成されるかどうかは使っているシステムによって異なりますが、手動で用意する場合でも見出しをコピペしてリンクをつけるだけですので、可能であれば目次はつけるべきです。

本文


記事のメインである「本文」を作成します。通常本文を作成する前の段階で、上位表示を狙うキーワードで検索するユーザーの検索意図を推測し、その検索意図を満たすための見出し案を作成して、導入文が作成済みであるため、作成した見出しに沿って検索意図を意識しながら執筆を進めていきます。

本文の執筆を進めるにあたり、「読みやすくわかりやすい」ことを前提に、検索意図を満たすことを常に意識しましょう。どれだけ国語のテストで高得点を取れるような綺麗な文章を書いたとしても、検索意図を満たせなければ意味がありません。

また各見出し内では「結論ファースト」を意識しましょう。例えば本記事に「SEOライティングとは」という見出しがありますが、結論ファーストを意識しているため、以下のように「SEOライティングとは〇〇です」といったようにまず結論を伝えています。

SEOライティングとは、「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために行う、記事のライティング方法」です。そして狙ったキーワードで記事を検索上位表示させるためには、検索ユーザーの検索意図を満たす必要があります。

そして結論を伝えた後は、結論の根拠を伝えたり、根拠に説得力を持たせるために具体例を提示したりします。このように「結論 → 根拠 → 具体例」、そして最後に「結論」を伝える流れで文章を作成する方法を「PREP法」と呼びます。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

PREP法は読者にわかりやすく情報を伝えるためによく活用される文章作成方法であり、PREP法を意識するだけで綺麗な構成で文章を執筆できます。しかし全てにおいてPREP法を意識する必要はないため、適宜必要に応じて活用しましょう。

また執筆の際は、以下のようなポイントも意識するべきです。

  • 誤字脱字がないようにする
  • 一文が長くなりすぎないようにする
  • 句読点や改行を適切に使う
  • 途中で飽きないように、画像や図表などの視覚要素を適宜活用する
  • 声に出して読んだ際に、違和感を感じないような文章にする

SEOライティングにおける執筆にはさまざまなテクニックが存在しますが、やはり最も重要なのは「検索ユーザーの検索意図を満たすこと」です。これに勝るテクニック論は存在しないため、記事の読者に合わせた言葉づかいで、読みやすくわかりやすい文章を作成することに注力しましょう。

まとめ

必須ではありませんが、記事の最後に「まとめ」の見出しを用意することで読者の満足度を上げられる可能性が高いです。

まとめの見出し内では、記事の内容を要約したり、改めて記事の中で重要なトピックや主張を強調したりすることで「記事内容の振り返り」を行うことが多いです。読者は記事を最後まで読み進めたとしても、内容を全て覚えているわけではないため、振り返りを行うことでインプットした情報の定着度を上げられます。

これにより読者の記事に対する満足度が上がり、それにより発信元のサイトに好感を持ってもらえるかもしれません。そうすれば他の記事も読んでもらえたり、問い合わせや商品購入などの売上につながるアクションを起こしてもらえたりする可能性があるため、まとめのパートは是非とも用意しておきましょう。

さらにまとめの見出しには、読者の次なるアクションを喚起する役割もあります。SEOライティングの目的は「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得し、最終的に売上・利益を上げること」であるため、売上・利益につながるアクションを起こしてもらえるようボタンなどを用意するといいでしょう。

SEOライティングの具体的な手順・方法

SEOライティングで上位表示を獲得できる記事の特徴や、SEOライティングの構成要素を理解できたところで、いよいよSEOライティングの実践です。具体的な手順・方法を理解して、実践してみましょう。

以下が、SEOライティングの具体的な手順・方法です。


● 手順1:上位表示させる検索キーワードを決める
選定候補となるキーワードを大量に洗い出し、その中で検索数などをもとに自社の見込み客が検索しそうなキーワードを選びます
● 手順2:上位表示されている記事をしっかり確認する
選定したキーワードにおいて、すでに上位表示されている記事は「検索エンジンから検索ユーザーの検索意図を満たしていると評価されている記事」であるため、これから作成する記事において大いに参考にします
● 手順3:検索ユーザーについて深く考える
選定したキーワードで検索するのはどんな人で、どんな検索意図を持っていて、記事を読み終わった後に疑問や課題が解決されてどんな状態になってほしいかを深く考え、言語化します
● 手順4:どんな記事を作るか決める
検索意図を満たすために「何を、どんな順番で、どのように伝えるか」を、見出しを作成しながら考えます
● 手順5:タイトルを決める
選定したキーワードで検索上位表示を獲得するために、また検索結果に表示された際に検索ユーザーの興味を引き付けるために、タイトルを決めます
● 手順6:執筆する
「検索ユーザーの検索意図を満たすために、読みやすくわかりやすい文章を作る」ことを最大限心掛け、作成した見出しに沿って執筆を進めます
● 手順7:校正する
執筆後、文章を一通り声に出して読んでみるなどして、不備があれば修正します。

SEOライティングでは、執筆の後に「校正」という作業が必要です。校正については以下の記事で詳しく解説していますが、記事作成のの最終段階で記事の質を上げるために重要な工程ですので、しっかり理解しておきましょう。

文章の校正と校閲の違いとは?依頼できる外注先の種類や費用相場について

SEOライティングの具体的な手順・方法については以下の記事でより詳しく解説しています。SEOライティングを実践して成果の出る記事を作るために、ぜひお読みください。

SEO記事の書き方を【7ステップ】で完全解説!

SEOライティングで成果を出すために重要な意識

先ほど紹介したSEOライティングの具体的な手順・方法に沿って記事作成に取り組めば、狙ったキーワードで上位表示を獲得できる可能性を大幅に上げられます。さらにSEOライティングで成果を出すためには、持っておくべき重要な意識があります。

この意識を持って記事作成に取り組むことで、検索ユーザーの検索意図を満たす質の高い記事を継続的に作成し、さまざまなキーワードで検索上位表示を獲得してサイトに莫大な数のアクセスを集められるようになるでしょう。

「ユーザーファースト」に勝るものはない!

記事作成にあたり、「ユーザーファースト」に勝るものはありません。ユーザーファーストとは「検索ユーザーを第一に考える」ということであり、これは「検索ユーザーの検索意図を満たすことを第一に考える」ことともいえます。

SEOにはさまざまなテクニックが存在しますが、「ユーザーファーストの意識を持って記事を作成すること」こそが一番重要なテクニックであり、それ以外のテクニックはあくまでおまけにすぎません。

Googleも公式で、以下のように明言しています。

Google 検索で上位に表示されるようにするには、検索エンジンでの掲載順位を引き上げることを主な目的として検索エンジンを第一に考えて作成されコンテンツではなく、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成に注力することをおすすめします。

引用元:Google公式ドキュメント

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。

引用元:Googleが掲げる10の事実

Googleはどんな記事・コンテンツを検索結果の上位に表示させるかについてガイドラインを公開しており、このガイドラインに沿って記事作成を行わなくてはいけません。しかしガイドラインの全てに目を通す必要はないです。なぜなら、ユーザーファーストの意識で記事を作成すれば、自然とガイドラインの各種項目を遵守することになるからです。

またユーザーファーストを考えた時に、一度公開した記事をずっと放ったらかしにせず、必要に応じてリライト(書き直し)を行うことも重要です。リライトの重要性や具体的な方法は以下の記事で解説しているため、ぜひお読みください。

リライトでSEOを強化する!リライトの手順・ポイントを徹底解説

執筆前の事前準備で、勝負が決まる!

ここまで記事を読んできた方ならよく理解できているかと思いますが、SEOライティングにおいては執筆前の事前準備で、すでに勝負の大半が決まっています。

まずそもそも、キーワード選定を行っていない場合は論外です。選定候補となるキーワードを大量に洗い出したうえで、上位表示を狙うキーワードを一つの記事につき一つ選定します。

そして選定したキーワードで検索する人はどんな人で、どんな検索意図を持っているかを深く考え、すでに上位表示されている競合記事を参考にしながら見出し案・構成案を作成しましょう。

これらの事前準備を入念に行えば、執筆は本当に簡単かつスムーズに進められます。逆に事前準備を適当に行ってしまうと、いくら時間をかけて執筆を行ったとしても、「成果の出ない」記事に仕上がってしまいます。執筆をかける時間を意味のあるものにするためにも、執筆前に事前準備にどれだけ真剣に取り組めるかが勝負の鍵であることを理解しておきましょう。

SEOライティングは、クリエイティブ性の高い作業である!


SEOライティングを施した記事作成について、誰でもできる単純作業だと思っている人が多いようです。しかしただ単に自分の伝えたいことを自由に伝えるような記事を作成するのと違い、SEOライティングを施した記事作成はクリエイティブ性の高い作業です。

クリエイティブ性の高い作業・仕事としてよく例に挙げられるのは、エンジニアやデザイナーの仕事です。システムの裏側の仕組みをプログラムを組んで実現するエンジニアの仕事や、コンテンツに触れる相手のことをよく考えて目的達成のために効果的なデザインを考えるデザイナーの仕事は、確かにクリエイティブ性・創造性が高いといえます。

しかしSEOライティングも、十分にクリエイティブ性が高い作業です。

SEOライティングはまず適切なキーワードを選定するところから始まりますが、なんとなく適当に選定したキーワードに対して記事を書いても、上位表示を獲得して多くのアクセスを集められる可能性は低いです。

キーワード選定は機械的にできるものではなく、各キーワードについて最大限想像力を働かせて「このキーワードで検索した人は自社が作成する記事に訪れ、商品購入や問い合わせなどのアクションを起こしてくれそうか」、またすでに上位表示されている記事を確認したうえで「自社の作成する記事が競合記事に勝てる理由」を考え、最終的に一つのキーワードを選定します。

さらに選定したキーワードについて「誰が検索するか。どんな検索意図を持っているか」を考えるわけですが、これも決して単純作業ではありません。SEOのプロであっても、検索者や検索意図を正確に推測するのは骨が折れる作業です。場合によっては選定したキーワードで検索しそうな人に対して、直接インタビューを実施するようなこともあります。

その後の見出し・構成案の作成や執筆、さらには記事公開後の効果測定(検索順位やクリック数、アクセス数などの確認)に至るまで、単純作業は少なく、成果を出せる確率を1%でも上げるために頭をフル稼働させる必要があります。

「所詮、単純作業だから」と適当に記事作成に取り組むと、多くの時間を無駄にすることになってしまうため、「SEOライティングはクリエイティブ性の高い作業である」ということを肝に銘じましょう。

本記事の内容を参考に、正しいSEOライティングを実践してみよう!

本記事では、初心者が「最高の一記事」を作り上げるために必要なSEOライティングの基礎知識を網羅的に解説しました。SEOライティングとは「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために行う、記事のライティング方法」であり、上位表示を獲得するためには検索ユーザーの検索意図を満たすことが最重要です。

またSEOライティングの具体的な手順・方法は、以下です。

手順1:上位表示させる検索キーワードを決める
手順2:上位表示されている記事をしっかり確認する
手順3:検索ユーザーについて深く考える
手順4:どんな記事を作るか決める
手順5:タイトルを決める
手順6:執筆する
手順7:校正する

特に重要なのは、一番はじめの「キーワード選定」であり、多くの企業がSEOライティングを施した記事作成に取り組み、成果を出せない理由はキーワード選定を行っていない、もしくは適当にやっているからです。もし今までに記事作成に取り組んできたが成果が出ておらず、キーワード選定を行っていなかった場合は、今後必ずキーワード選定を行いましょう。

しかし各工程に入念に取り組み、「最高の一記事」を作るためには多くの時間をかける必要があります。企業の中にSEOに精通している人物がいて、SEOチームを作り記事作成に専任で取りかかれるメンバーを確保できる場合などは別ですが、ほとんどの企業ではリソースもしくはノウハウ不足が原因で、継続的に記事作成に取り組むのは難しいでしょう。

そのような場合は、ぜひ弊社シンプリックにお声がけください。弊社はSEOライティングを施した記事作成に強みを持っている会社であり、あらゆる業界における膨大な数の企業に対してSEO支援を行ってきた実績をもとに、お客様のビジネスを成長させるために継続的に記事作成をご依頼いただけます。

もしSEO記事作成の外注に少しでも興味があったり、本記事で解説した内容についてより詳しく知りたい場合は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。お客様の現在抱えている課題や今後取り組もうとしていることなどをヒアリングしたうえで、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. 【初心者向け】SEOに強いブログコンテンツの作り方-7ステップ-

  2. Webライティング

    Webライティングの構成(見出し)の作り方を公開!ユーザーの理解から興…

  3. Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り…

  4. 主婦でもwebライターになれる?気になる収入やメリットを解説!

  5. 「読みたい!」と思わせるコラムタイトルの付け方

  6. Webライターは女性(主婦)におすすめ!在宅、副業に向いている?内容や…

  7. re-writing

    【具体例有】ブログ記事のリライトのやり方を徹底解説

  8. blogwriting-techniques

    読者を引き込むコラムの書き方を”例文付き”で解…

PAGE TOP