SEOキーワードはどこに設定するべきか?キーワード選定方法も解説

自社の記事コンテンツをSEO(検索エンジン最適化)を目的として、上位表示させるためには、適切なキーワードを設定をする必要があります。 

対象ユーザーにとって検索ニーズのあるキーワードを選び出し、ユーザーが求める記事コンテンツを作成するなど適切な対策を講じることができれば、検索エンジンからのアクセス数を増やすことができます。 

本記事ではSEOにおけるキーワードの重要性と、設定のコツを解説します。SEO対策用の記事を作成する際は、キーワード選定の基本をおさえて、検索結果での上位表示を目指しましょう。 

正しいSEOキーワードの設定は上位表示への近道 

検索結果での上位表示を実現するために、企業はさまざまなSEO対策を実施していく必要があります。 

特にユーザーの検索意図をおさえた「キーワード設定」はSEO対策には欠かせません。 上位表示を目指すために、まずはSEOにおけるキーワードの重要性をおさらいしましょう。 

SEO対策にキーワード設定が重要である理由  

検索エンジンというツールをユーザーに提供するGoogleは、各Webページとキーワードの関連性を様々な指標から判断し、順位づけを行っています。(検索アルゴリズム)

キーワードを記事内に記載することが、Googleにキーワードとページの関連性を伝える第1歩です。キーワードを”適切な箇所に”、”適切な分量”記載することで、最低限の土俵に乗れるというイメージです。 もちろんそれだけは不住bんで、適切なキーワード設定をした上で、ユーザーが必要としている有用なコンテンツを用意しなければなりません。 

検索クエリとは 

キーワードと意味が似ている「検索クエリ」という言葉があります。

検索クエリとは、ユーザーが実際に検索エンジンに入力した言葉を指します。人の手で検索窓に入力された単語、フレーズなどにあたるため、検索クエリを意識したキーワード設定、コンテンツ作りがSEO対策には求められます。

検索クエリは、ユーザーの知りたいことが表出するため、複数の単語で構成されていることが多いのが特徴。ユーザーごとに変化する複数の検索クエリを想定し、キーワード設定を進めましょう。

SEOキーワードの設定をするべき項目とは 

Googleは、大量のページを日々チェックしているため、機械的にページとキーワードの関連度合いを判断する必要があり、HTML内の主要となるタグの中に、キーワードが記載されているかどうかをチェックしています。

具体的には、Webページ内のタイトル、ディスクリプション、見出し、本文に対し、適切なSEOキーワードの設定が必要です。各項目ごとの設定方法を紹介していきますので、1つずつ着実にキーワード設定を行っていきましょう。 

タイトルに設定するときのコツ 

記事の顔となる「タイトル」、HTMLにおいてもタイトルタグ<TITLE>として重要です。 

選定したSEOキーワードを含めることは、ユーザーの検索ニーズの回答となるようなキャッチーなタイトル設定が求められます。検索したユーザーが一目で記事の内容を把握できるように整え、キーワードは可能な限りタイトルの前方に設置し、認識されやすくするのがコツです。複数のキーワードを盛り込みたいケースもあると思いますが、分かりやすさやキャッチーさを失わないように気をつけましょう。

<ポイント>

・ユーザーの検索意図に回答するタイトルを用意

・クリックしたくなるキャッチーなタイトルに

・記事内容が明確にわかるタイトルを

・メインキーワードはなるべくタイトルの前方に設置する

・30文字前後を基本とし、長くても40文字に

ディスクリプションに設定するときのコツ 

記事コンテンツを要約した「ディスクリプション」にも、キーワードの設定が必要です。HTMLにおいてはヘッドタグ<HEAD>内のメタタグ内にあり、メタディスクリプションと呼ばれます。

<meta name=”description” content=”ディスクリプション内容”>

メタディスクリプションは、スニペットとして検索結果に表示されるため、正しいキーワードを盛り込んで、ユーザーの興味を引きたいものです。 検索クエリと一致したキーワードは、スニペット内でハイライト(太字表示)されるため、キーワード設定をしておくと誘導率がアップします。一般的にディスクリプションの文字数は100〜140文字程度、2〜3文程度となります。 簡潔な内容を意識しつつ、キーワードを散りばめていくことが、ポイントです。

<ポイント>

・メタディスクリプションには、記事の要約を記載
・検索結果にスニペットとして表示される

・検索クエリと一致したキーワードは太字表示される

・文字数は100〜140文字に設定(スマフォでは50-70文字が表示される)

見出しに設定するときのコツ 

記事を読みやすく構成する「見出し」にも、関連するキーワードを優先して取り入れていくのがポイントです。

 HTMLでは、<H1><H2><H3><H4>と階層構造になっています。H1には記事タイトルを設定し、H2に大見出し、H3に中見出し、H4に小見出しを設定しているページが一般的です。

キーワードを入れることを意識しすぎて、似通ったり、不自然になったりしないように注意しましょうキーワード設定も大切ですが、コンテンツを的確にあらわす見出し作成を心がけましょう。

<ポイント>

・見出しタグ(H)では、数字が小さいものほど重要→H1/H2にはキーワードを設定したい

・H2が複数ある時は、50%にメインキーワードを入れる

・コンテンツ内容にあった見出しを用意する

本文に設定するときのコツ 

SEO記事の本文にもキーワードを含めて、検索されやすく整えるのがコツです。HTMLでは、<P><DIV><SPAN><LI>などのタグ内に記載されることになります。

記事の冒頭(書き出し)や末尾(まとめ)では、特に意識してキーワードを入れ、検索クエリへの回答性を検索エンジンにアピールしましょう。

本文全体では、設定した対策キーワードに関連する「共起語」もあわせて利用していきたいものです。共起語とは「一緒に使用される頻度の高いキーワード」のことで、意識して利用することで、本文とメインの対策キーワードとの関連性をあげることにつながります。

こちらでも同様、キーワードを使いたいがあまりに、文章がおかしくなってしまわないよう注意しましょう。あくまで自然な形でキーワードにたどり着く文章を作成し、情報源という本来の目的を見失わないように気を付けましょう。

<ポイント>

・記事の冒頭である「書き出し」や末尾の「まとめ」に積極的にキーワードを入れる

・「共起語」をあわせて利用し、対策キーワードと記事の関連性を高める

・あくまでも内容を重視し、キーワード利用を意識しすぎない

SEOキーワードの選定方法

ここまでSEOキーワードをどこに設定するかについて解説してきましたが、SEOキーワード自体の選定も非常に重要な作業になります。

誤ったキーワードを選んでしまえば、SEO対策としての効果は見込めず、かけてきた工数や費用が無駄になってしまいます。こちらでは、基本的なキーワードの選び方を紹介します。

SEOキーワード選定の流れ

スムーズにキーワード選びを進めるために、基本となる手順を確認し、作業を進めていきましょう。 

手順1:検索キーワードの調査 

まずは自社コンテンツに関連するキーワードを調査し、どのような言葉によって検索される可能性があるのかを確認します。 思いつく限りにキーワードを洗い出し、リストアップしてまとめてみてください。 

リストアップをしたキーワードをもとに調査を行う際は、Googleが提供しているキーワードプランナーをなどの無料ツールを使って、リストアップしたキーワードに関連したキーワードを調べましょう。自分で思いつかなかったキーワードが調べられますので、より集客できそうなキーワードの発見にもつながります。

しっかりと時間を確保の上、キーワードを調査し、自社のキーワードリストを充実させることをおすすめします。キーワードリストは随時更新や追加を行い、自社のWebマーケティング資産として有効活用しましょう。

Googleキーワードプランナー

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

手順2:検索ボリュームの調査 

SEO対策の候補となるキーワードをリストアップしたら、それぞれのキーワードの検索ボリュームを確認し、対策するキーワードを絞り込んでいきます。 

Googleが提供しているキーワードプランナーや有料のSEOツールを使うことで、月間検索数を調べることが可能です。

検索ボリュームが数万回もあるキーワードで上位表示できれば、多くの集客が見込めますが、その分ライバルが多く競争は激しくなります。逆に、検索回数がほとんどないようなキーワードを狙って、記事コンテンツを作成しても、サイトのアクセスアップは見込めません。

開設してまもないサイトやメディアにおいて、まず狙っていきたい検索ボリュームは、「月間1001,000回」を目安としてください。運営歴が長く、既に数千回・数万回のキーワードで上位表示を実現できていれば、検索ボリュームの大きなキーワードも狙っていきましょう。

おまけ:Googleのキーワードプランナーを上手に使う方法

Googleのキーワードプランナーでは、Googleアドワーズ(Adword)という検索エンジン広告を利用してれば、詳細の検索回数の調査が可能です。利用していない場合、「数十回」「数百回」など、おおよその検索回数しか分かりません。「200回」「60回」など詳細の検索ボリュームが確認できたほうが、キーワード選定をスムーズに進めることができるので、ぜひとも利用したいものです。

このような場合は、アドワーズに少額の出稿を行いましょう。広告出稿の際は、広告ごとの予算や1日の予算が設定できるので、広告費を大きく使ってしまうということはありません。費用を1日数十円で済むようにして、詳細のデータを取得し、キーワード選定に生かしましょう。

手順3:競合性の調査 

自社サイトが検索エンジンにどの程度評価をもらっているかは、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどのアクセス解析ツールで把握することができます。数千回・数万回のキーワードで上位表示ができていれば、そのようなキーワードを対策キーワードに選定し、対策を進めていっても良いと思いますが、成長途上のWebサイトであれば、100〜1,000回のキーワードの中から、競合性が低いキーワードを選定し、上位表示を目指すのが得策です。

競合性の判断には、以下のポイントを参考にしてください。

<ポイント>

・検索結果上位ページが大手の運営サイトばかりではないか?→個人サイトが多い場合は狙い目

・検索結果上位ページのタイトルに対策キーワードが入っているか?→入っていない場合は狙い目

・検索結果上位ページの見出しがしっかり用意されているか?また文章量がしっかり用意されているか?

・(専門的)上位サイトの「インデックス数」「被リンク数」「更新頻度」などを自社と比較する

SEOキーワードの適切な設定が上位表示のカギ

検索結果で上位表示を目指すには、Webページのしかるべき場所に適切にSEOキーワードの設定が必要です。また、対策キーワードは、自社のサイトパワーに応じた適切なキーワードを選定する必要があります。 

これからキーワード選定を行う、既にキーワード選定を済ませている、いずれの場合でも、この機会に一度キーワードの再調査を行い、自社サイトの適切な場所にSEOキーワードの設定を行ってください。 

キーワード調査は、ターゲットとなるユーザーのニーズを知ることにもつながります。ニーズをもとに新たなコンテンツの方向性を見出し、適切なSEO対策キーワードを見出していきましょう。

本コラムの執筆・監修は、「株式会社シンプリック」が行っています。
弊社、様々な業種の記事制作を担い、クライアントの見込み顧客獲得に貢献しております。コンテンツマーケティング、コンテンツSEOなど、「記事による集客」をご検討の方は、ぜひ以下までお問い合わせ下さいませ。
株式会社シンプリック:お問い合わせフォーム

関連記事

  1. SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解…

PAGE TOP