• SEO対策
  •    

ページ エクスペリエンスによってSEOのランキング方式が変更。21年8月末までに全ユーザーに展開完了

ページ エクスペリエンスとは、2020年5月にGoogleより発表された「Core Web Vitals」の内容を受けて、新たにSEOのランキングに影響を与えることとなった指標のこと。2021年6月中旬から段階的な導入が始まり、8月末までに全ユーザーへの展開が完了するとGoogleより報告されています。

本記事では、そんなタイムリーなページ エクスペリエンスの概要と同行について解説します。

ページ エクスペリエンスとは?

ページ エクスペリエンスとは、ページのコンテンツ情報以外にGoogleが評価の指標とするシグナルのことです。Google 検索セントラルの「ページ エクスペリエンスの Google 検索結果への影響について」に記載されている、シグナルは以下の通りです。

ウェブに関する主な指標Largest Contentful Paint(LCP): 読み込みパフォーマンスの尺度。優れたユーザー エクスペリエンスを提供するには、ページの読み込み開始から2.5秒以内にLCPを実現するようにする
初回入力遅延(FID): インタラクティブ性の尺度。優れたユーザー エクスペリエンスを提供するには、FIDを100ミリ秒未満に収めるようにする
Cumulative Layout Shift(CLS): 視覚的安定性の尺度。優れたユーザー エクスペリエンスを提供するには、CLSスコアを0.1未満に収めるようにする
モバイル フレンドリー該当のサイト/ページをモバイル フレンドリーにする
セーフ ブラウジング該当のサイト/ページにマルウェアなどの悪意あるコンテンツや不正なコンテンツ(ソーシャル エンジニアリングなど)が含まれないようにする
HTTPS該当のサイトをHTTPSの通信プロトコルにする
煩わしいインタースティシャルがない該当のサイト/ページにユーザビリティを低下させるインタースティシャル広告を設置しないようにする

21年8月末までにSEOランキングに組み込まれる

ページ エクスペリエンスはGoogleのランキングシステムの一部として、2021年6月中旬より段階的に組み込まれています。Googleが発表している情報によると、8月末までにグローバルな全ユーザーへの反映が完了するとのことです。

なお、ページ エクスペリエンスのランキングシステムへの影響は一部であり、SEOの評価基準が抜本的に変わるということではありません。これまで通りもっとも重要なのは、各検索クエリごとに検索ニーズを満たした”コンテンツの質”であることは忘れないようにしてください。

どのページもトップニュース カルーセルの表示対象に

carousel

そのほか、Google検索時のトップニュース カルーセル機能についての変更も報告されています。トップニュース カルーセル機能は、上記画像の箇所です。

これまでは、全てのニュースコンテンツがカルーセル機能の表示対象となるわけではありませんでしたが、21年8月末以降はGoogleニュースのポリシーを遵守している限り、全てのニュースコンテンツが表示対象となります。つまり、AMP形式(Accelerated Mobile Pages)でページを生成しなくても、カルーセル機能の表示対象になるということです。

サーチコンソールに新たに「ページ エクスペリエンス レポート」が導入

page-experience-report

画像はGoogle 検索セントラル ブログより

加えて今回のアップデートにより、Googleサーチコンソールに新たに「ページ エクスペリエンス レポート」が導入されます。このレポートでは、最新のSEOランキングシステムで重要視されるページ エクスペリエンスやその他の要素を指標化し、評価を行なってくれます。

今後のSEO施策で、重要な指標のみ簡潔にチェックしたい際に便利なレポートですので、ぜひ運用でご活用されてみてください。

関連記事

  1. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

  2. SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解…

  3. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  4. UX指標のコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)とは? SEO順…

  5. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  6. SEOキーワードはどこに設定するべきか?キーワード選定方法も解説

  7. Search Console Insights(サーチコンソールインサ…

PAGE TOP