SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解説

ウェブで記事や文章を書く際に注力しておきたいことにSEO対策があります。SEO対策を考えて記事の制作を行えば、ウェブ検索で上位にランクインできる可能性が高まります。SEO対策を行う上での重要項目として「キーワードの選定」があります。

検索需要のあるキーワードを選定をし上位表示できれば、サイトのアクセス数を増やすことができます。ただし、どのようにSEO効果のあるキーワードを選定すれば良いか、わからないという人もいるでしょう。

本記事では、集客につながるSEOキーワードの選定をする際のポイントを解説していきます。

キーワード選定に欠かせない3つの観点

キーワードを選定するにあたり、欠かすことができないポイントが3つあります。この3つの観点を意識しておくことで、キーワードの選定がスムーズに進みます。

1.検索ニーズ(市場性)があるキーワードを選ぶ=検索回数を調べる

自社サイトへの流入数を増やすためには、検索ニーズのあるキーワードを選定する必要があります。「Goolgeキーワードプランナー」などのツールで、キーワードの検索回数を調べましょう。検索回数が多ければ、それだけそのキーワードを検索している人が多い、つまり市場性高いキーワードであることが分かります。検索回数の調べ方については、記事の後半で紹介します。

2.競合性が低いキーワードを選ぶ=競争相手がいるか調べる

月間の検索回数が多いキーワードは、集客につながるキーワードであることが多いため、複数の競合サイトが上位表示を狙ってSEOに注力している可能性があります。後発でSEO対策を始めても、上位表示が不可能だというわけではありませんが、しっかりと作り込んだ記事を複数作成するなど、長い期間のチューニングが必ず必要になります。

そのため、比較的競合性の低いキーワードをまずは選定することがアクセスアップへの近道といえます。また、競合性の低いキーワードだからといって、顧客獲得につながらないというわけではありません。たとえ検索回数がそこまでなかったとしても、検索ニーズをとらえた良質な記事コンテンツを用意していきましょう。

3.関連性があるキーワードを選ぶ=商売につながるか調べる

選定したキーワードで仮に上位表示ができたとしても、求めているユーザーの集客につながらないと意味がありません。自社のターゲットユーザーを来訪させることができる”関連性”の高いキーワードを選定する必要があります。

ピックアップしたキーワードで実際に検索をかけ、上位表示されている記事内容をチェックします。上位表示されている記事は、キーワードに対する回答性が高いと検索エンジンが評価をしている記事です。つまり、検索ユーザーが必要としている内容が記載されていると考えられます。上位記事の内容を見て、自社のターゲットをイメージできるかチェックをしましょう。

SEOキーワード選定の進め方

こちらでは具体的なSEOキーワードの選定方法をステップに分けて紹介していきます。

ステップ1:思いつくキーワードを洗い出す

まずは自社の商品、サービスに関連性がありそうなキーワードをできる限りリストアップしましょう。キーワードを洗いだす際は、検索するユーザーの立場に立って色々と類推してみましょう。競合商品の名前を検索しているユーザーが自社の見込み顧客かもしれませんし、悩みや感情をあらわしたキーワードが自社サービスに関連するかもしれません。

ステップ2:ツールを使って「関連語」を調べる

ステップ1で洗い出せるキーワードはどうしても限られるため、ツールを使ってピックアップしたキーワードの「関連語」を調べることで、キーワードリストを増やすことができます。同様に「同義語」「同意語」などを調べることも有効です。

検索エンジンが提案してくれる「サジェストワード」を利用すると、スムーズに関連後のリストアップが進みます。サジェストは、検索窓で検索する際に関連する言葉として検索エンジンが提案してくれるキーワードです。提案されるキーワードは、検索がされやすいものであるため、検索ニーズがあるものを効率よくピックアップすることができます。

関連語を調べらえれるツールを2つ紹介します。

Googleのサジェストワードとは?

Googleサジェストは、Google検索エンジンが特定のキーワードにを用いてあるキーワードを調べた際に関連する言葉として表示されたものになります。

Googleザジェストで、提案されるキーワードは、過去に「そのキーワードと併せて検索した人が多いもの」や「検索回数が多いもの」「検索回数が急激に上昇したもの」などです。Googleサジェストを用いることで、キーワードの幅を広げることができます。

・Googleサジェストの使い方

Googleサジェストの使い方は非常に簡単です。Google検索窓にキーワードを入力することで関連語(サジェスト)を表示してくれます。

・関連キーワード取得ツールの使い方

関連キーワード取得ツールは、Googleのサジェストキーワードを網羅的に調べられる使い勝手の良いツールです。1回1回、検索窓にキーワードを入力する手間を減らすことができます。また、「教えて!goo」や「Yahoo知恵袋」の質問内容の確認もできるので、ユーザーの検索ニーズを確認することができます。

関連キーワード取得ツールの使い方も非常に簡単です。関連キーワード取得ツールにアクセスし、キーワードを検索するだけで関連語を調べることが可能です。

https://www.related-keywords.com/

ステップ3:ツールを使って「検索回数」を調べる

関連キーワードを調べ、キーワードリストの充実が進んできたら、各キーワードの検索ニーズをあらわす、「検索回数」を調べましょう。

ステップ3からはキーワードを絞り込んでいくステップです。自社のマーケティングに有効だなと思ったキーワードだとしても、検索回数が全くないものであれば、対策の優先順位は下げる必要があります。検索回数が調べられるツールを3つご紹介します。

(1)Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが公式に出しているツールになります。Googleキーワードプランナーを使うことでGoogleの検索エンジン内での競合性や検索ボリュームについて調べることができます。

また、Googleキーワードプランナーでは対象とするターゲットの地域などを絞って検索することが可能なので、自社の商圏に絞って検索回数を確認することが可能です。

>Googleキーワードプランナーの使い方

1. Google Adwordsにて、アカウントを作成しログイン

2. グローバルナビゲーションバーの「ツールと設定」をクリックし「キーワードプランナー」を選択

3. 「検索のボリュームと予測のデータを確認する」というエリアに、調べたいキーワードをコピーし検索する

https://adwords.google.co.jp/

(2)Aramakijake

Aramakijakeも検索回数を調べることができるツールになります。Aramakijakeの場合はGoogleキーワードプランナーとは異なり、GoogleとYahoo両方の検索エンジンの検索回数を調べることが可能です。

>Aramakijakeの使い方

Aramakijakeにアクセスをして、キーワードを入力・検索することで検索ボリュームを調べることができます。また、チェック結果のところには関連語も表示されます。

http://aramakijake.jp/

(3)Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggestも他のツールと同様にキーワードを入力するだけで検索回数を調べることが可能なツールです。Ubersuggestでは、関連語の検索回数を同時に調べることができるため、効率的にキーワード選定を行うことが可能です。

>Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方

Ubersuggestにアクセスし、キーワードを入力するだけで簡単に検索ボリュームを調べることができます。

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

ステップ4:検索上位サイトの記事をチェックし関連性を確認する

ステップ3で検索回数のないキーワードを除外したら、次は、自社との関連性を検索結果上で確認します。各キーワードで上位表示されている記事内容が自社と関連しているものであるかチェックをし、関係のないキーワードはリストから除外していきましょう

ステップ5:自社サイトの運営歴やページ数などを元にキーワードを選定する

Webサイトは、運営歴が長く定期的に更新が行われているほど検索上位に表示される可能性が高くなります。ドメインパワーとも呼ばれ、検索エンジンからの信頼度が構築されている指標の1つになります。

上位表示を達成するためには、自社サイトのポジションを客観的に評価し、レベルにあったキーワードを狙う必要があります。あくまでも1つの考え方ですが、運営歴を基準に狙うべきキーワードを整理していきたいと思います。

・サイト運営歴半年以内の場合

サイト運営歴が半年以内の場合は、検索回数が3桁台(数百回)のキーワードを狙いましょう。月間検索回数が3桁台のキーワードは、競合が少なかったり、、ドメインパワーが弱くても検索上位に表示させることが可能なケースがあります。

・サイト運営歴1年以内の場合

サイト運営歴半年〜1年の場合は、検索回数4桁台(数千回)のキーワードで上位表示できる可能性が出てきます。月間検索回数4桁のキーワードは、競合が多いケースが多いですが、1年ほどしっかりサイト更新をしていれば、ドメインが育ち競合に競り勝つこともできるようになります

・サイト運営歴2年以上の場合

サイト運営歴2年以上の場合は、検索回数5桁(数万回)のキーワードを狙うことができるかもしれません。「既に数万回のキーワードで上表示できている」「毎月定期的に記事コンテンツの更新をしてきており、競合サイトに対するコンテンツ数も負けていない」など、運営歴が長いだけではなく、競合サイトに対しての優位性が伴ってきて、はじめて5桁のキーワードで勝負できると考えてください。

検索回数5桁のキーワードは、大手サイトをはじめライバルが多く、ドメインパワーの強いサイトが検索上位を占めています。自社サイトがそれなりに成長してはじめて狙っていけるキーワードと考えてください。

終わりに

SEOキーワードの選定方法について、具体的に紹介をしてきました。あくまでも弊社で通常行っている方法ですので、独自のツールを利用したりするなど、自社なりの選定方法を作り上げていくことをおすすめします。

関連記事

  1. SEOキーワードはどこに設定するべきか?キーワード選定方法も解説

PAGE TOP