コンテンツマーケティングの本24選!ジャンル別に基本から実践まで

近年、Web集客の効果的な手法として注目を集めているコンテンツマーケティングですが、ただ適当に取り組んでも成果は得られません。コンテンツマーケティングには適切な手順があり、見込み客から喜んでもらえる、また自社商品の購入に誘導するためのコンテンツ作成にはコツがあります

コンテンツマーケティングの実践にあたり必要な情報をネット記事などから断片的に集めて理解するのは大変です。そのため短い時間で体系的にコンテンツマーケティングについて理解するために「本」を読むのは有効な選択肢の一つです

この記事ではコンテンツマーケティングを基本から実践まで理解するためにおすすめの本をジャンル別に紹介しています。評価が高く確実に有益な本を24冊紹介しているため、コンテンツマーケティングについて学びたいのであればこの記事で紹介する本の中から選ぶことをおすすめします。

最後にコンテンツマーケティングを入門レベルから学びたい人におすすめの本を5冊紹介しているため、本による学習を通じてコンテンツマーケティングの「はじめの一歩」を踏み出してみてください。

目次

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは「コンテンツを通じたマーケティング手法」のことです。コンテンツとはブログ記事やSNS投稿、YouTube動画、メルマガなどの様々な「情報」のことです。コンテンツを通じて自社商品を購入してくれる可能性がある人とつながり、有益なコンテンツ提供により見込み客からの信頼を獲得し、最終的に商品の購入に結びつけます

コンテンツマーケティングは「SNS」や「メルマガ」、「ホワイトペーパー」といったような単一の手法を差し示すものではありません。情報という名の「コンテンツ」を通じて利益を生み出すあらゆる手法の総称であり、基本の理解や実践方法に悩む人も多いでしょう。

コンテンツマーケティングに継続して取り組むことで中長期的に安定した集客が実現でき、ビジネスの成長に大いなる成長をもたらせる可能性があります

コンテンツマーケティングについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの本24選!ジャンル別に紹介

それではコンテンツマーケティングの理解を深めるためにおすすめの本を24冊紹介します。コンテンツマーケティングを学習するにあたり、「コンテンツマーケティングとは」「コンテンツマーケティングの実践方法」といったコンテンツマーケティングと名のつくものだけを学べば良いわけではありません。

コンテンツマーケティングの実践にはビジネス・マーケティングに関する幅広い知識が必要であり、周辺知識をいかに精度高くインプットして戦略立案や施策の実行につなげられるかがポイントです。

ここでは以下9つのジャンルごとに、実際に読者からの評判が高いおすすめの本を紹介します。

基本から実践レベルまで幅広く学べる本を紹介しているため、ぜひ気になる本があればAmazonの購入ページから詳細を確認してみてください。

コンテンツマーケティングの基本

コンテンツマーケティングの基本を理解するのにおすすめの本を8冊紹介します。いずれも「コンテンツマーケティングとは」という基本から、現場で役立つ実践的な方法論・テクニックを解説しています。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

引用元:Amazon

いわずと知れた「いちばんやさしい教本」シリーズのコンテンツマーケティング版であり、コンテンツマーケティングについて入門的な知識から現場で役立つ実践的な方法論にまで踏み込んだ一冊です。

定義が抽象的であり、施策の範囲が広いコンテンツマーケティングを基本から理解するために、「絶対に挫折しない」をコンセプトに図解付きで分かりやすく解説しています。Webマーケティング自体の理解が深くない人にも読みやすく、最新のコンテンツマーケティングに関する幅広い情報を網羅的に解説しています。

コンテンツマーケティングにおける基本的な考え方から、戦略構築、コンテンツ制作、そして制作したコンテンツをターゲットに届けるためのあらゆる実践的な方法論が記されています。

コンテンツマーケティングを理解するためには、まずコンテンツマーケティングならではの基本的な考え方を理解する必要があります。この一冊を読み込めば、基本的な考え方を確実に理解でき、なおかつ現場で実践するにあたり必要な知識・スキルを習得できます

タイトルいちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本
定価1,860円
著者宗像 淳、亀山 將
出版社インプレス
出版日2015年10月
ページ数200ページ

コンテンツマーケティングの教科書

引用元:Amazon

BtoBの企業がコンテンツマーケティングに取り組むにあたり必要な知識を、これからコンテンツマーケティングに取り組みたい初心者、またコンテンツマーケティングの実践に悩む中級者に向けて網羅的に解説している実用書です。

1章の「コンテンツマーケティングを理解しよう」を読み込むことで、まず自分の言葉で「コンテンツマーケティングとは、何か」を説明できるようになります。ペルソナの設定やカスタマージャーニーマップ、マーケティングファネルなど、コンテンツマーケティングのみならずWebマーケティング全般で活用機会の多い手法を解説しており、まさに「実用性」に富んだ一冊です。

コンテンツマーケティングにおける実際の企業事例が各章ごとに紹介されているため、「ただのお勉強」ではなく現場での実践を常にイメージしながら読み進めていけるよう工夫されています

タイトルコンテンツマーケティングの教科書
定価1,980円
著者コンテンツコミュニケーション・ラボ(日経BPコンサルティング)
出版社日経BPコンサルティング
出版日2016年4月
ページ数152ページ

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

引用元:Amazon

「現場の教科書」とのタイトル通り、コンテンツマーケティングの概念や作り方を解説しているほか、成功事例やQ&Aも盛り込んだ一冊です。

マーケティングの世界では、自社サイトに記事を載せて終わりではありません。本書では「制作・拡散・チューニング」の手法を説明し、作ったコンテンツをどのようにターゲットに届けるかをアドバイスしています。

PVを上げるだけでなく、コンバージョン(成果)につなげる方法も解説しており、購買や問い合わせにつなげる方法も紹介しています。コンテンツマーケティングを幅広く学びたい方におすすめの一冊です。

タイトルWebコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書
定価2,200円
著者株式会社日本SPセンター
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2015年12月
ページ数192ページ

KPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングの概要はもちろん、コンテンツ制作において悩む機会が多い「ネタ不足」への対処法などピンポイントに現場で役立つ知識が紹介されています。

さらに実際にコンテンツマーケティングに成功しているWeb担当者へのインタビューなどをもとに「コンテンツマーケティングを成功させるためのノウハウ」を独自的な視点から解説しており、本書を読めば自社にとって最適な戦略立案・施策実行を進めていけるようになります

コンテンツマーケティングにはじめて触れる人でも分かりやすいよう、難しい専門用語を使わずに豊富な図解付きで取り組みやすい手順を解説しています。本書はコンテンツマーケティングの基本を徹底的に理解し、実践の足掛かりとするのに役立ちます。

タイトルKPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド
定価2,420円
著者敷田 憲司、徳井 ちひろ
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2019年10月
ページ数208ページ

できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88

引用元:Amazon

本書では「ターゲット見込み客に刺さるコンテンツ制作の方法」について解説しています。本の名前から分かる通り、コンテンツマーケティングで役立つあらゆる手法が網羅的に解説されており、取り組めそうな手法から小さく取り組んでみるという「できるところからのスタート」が可能です

BtoB、BtoCそれぞれに向けたライティング術や、検索順位上位化を狙うSEOを意識したソースコードの強化ポイントなどテクニカルな内容にも触れています。これからコンテンツマーケティングを始めようとしている初心者も、またすでにコンテンツマーケティングに取り組んでおり、効果を上げるための良い手法・施策を探している中級者も必ず実践に役立つ効果的な手法を新たにインプットできます

継続的にコンテンツを制作しながら見込み客との関係性を構築し、利益を生み出していく一連の流れ、またWebサイトの効果的な運用方法についても解説しており、この本一冊でWebサイトを活用した集客戦略の構築から中長期的な運用までカバーできます

タイトルできるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88
定価2,200円
著者敷田 憲司、岡崎 良徳、岸 智志、納見 健悟
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2018年11月
ページ数240ページ

商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

引用元:Amazon

「商品を売るな」というキャッチーなコピーが目に留まる良書です。

「売る」のではなく「見つけてもらう」ことを重視したコンテンツを作り、マーケティングを成功に導くためのノウハウが詰まっています

現在は、単に広告や文章を流すだけではアクセスが取れない時代です。従来のマーケティング手法が通用しない情報過多の時代にあえて「売る」のではなく、コミュニケーションを生むコンテンツマーケティングの重要性を強調し、そのための手法を解説しています

具体的には、サイトを通して商品を売るべきではない8つの理由を説きながら、ソニー、NEC、SAPなど国内外の有名企業が取り入れるコンテンツマーケティングの優良事例を解説しています。ゴール・ペルソナ設定、コンテンツ設計の例も学ぶことができる、実践しやすい本です。

タイトル商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる
定価1,650円
著者宗像 淳
出版社日経BP
出版日2014年12月
ページ数160ページ

エピック・コンテンツマーケティング: 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書

引用元:Amazon

海外のコンテンツマーケティングにおける第一人者が著者であり、普遍的なコンテンツマーケティングの本質・原理原則を学べる一冊です。

方法論は時代により変わりますが、本質は変わりません。コンテンツマーケティングの考え方やコンテンツの制作方法、届け方や見込み客・顧客との関係構築など、マーケティング全般における普遍的な考え方をインプットできます

コンテンツマーケティングに取り組んでいるあらゆる企業のWeb担当者が本書から学びを得ており、実践に活かしています。これからコンテンツマーケティングに取り組もうとしている人も、すでに取り組んでおり新たな知識・スキルを獲得したいと考えている人も、本書を通じて「本質」に深く触れ、コンテンツマーティングに関する理解を確実に深められます

タイトルエピック・コンテンツマーケティング: 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書
定価2,200円
著者ジョー ピュリッジ 、郡司 晶子 (翻訳)
出版社マグロウヒル・エデュケーション
出版日2014年6月
ページ数334ページ

沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—

引用元:Amazon

オーダー家具の販売会社がWebサイトで集客できなくなり、利益を大幅に落としてしまう状況からWebマーケティングの力を駆使していかに復活し、継続的な成長を実現するかがストーリー形式・漫画形式で書かれています。

コンテンツマーケティングは、Webマーケティングの一手法に過ぎません。そのためコンテンツマーケティングを理解するためには、そもそもWebマーケティングで成果を出すための考え方や様々な手法を理解することが効果的です。

Webサイトへの集客を増やすためのテクニカルな手法についても解説されており、基本から実践まで学べる本です。特にSEO対策をメインに解説していますが、SEO対策はコンテンツマーケティングにおいて中核ともいえる施策です。SEO対策を成功させ、Webマーケティングで多くの集客を実現するために必要なこと(ライティングやデザイン、SNS活用など)を網羅的に解説しており、「楽しく、深く」学べるのが本書の特徴です。

タイトル沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—
定価2,420円
著者松尾 茂起
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2020年9月
ページ数496ページ

SEOの基本

コンテンツマーケティングでは「SEO」が重要です。SEOとは「Googleなどの検索エンジンでページを上位表示させるための施策」です。検索エンジンでサイト内のページが上位表示されれば多くのアクセスを集められ、コンテンツを活用して見込み客と接点を作るコンテンツマーケティングと相性が良く、SEOに取り組む企業は非常に多いです。

ここではSEOの基本を理解するのに役立つ本を紹介します。

10年つかえるSEOの基本

引用元:Amazon

アルゴリズムの変化に左右されない良い記事を作り、集客につなげるための「SEOの基本」が学べる本です。

検索エンジンが検索順位を決定する仕組みを紹介しながら、特定のキーワードを上位表示させるためのポイントを解説しています

変わることが多いトレンドの情報はあえて紹介せず、初心者でも分かりやすいようにSEOの普遍的な考え方を解説した一冊です。コンテンツマーケティングで行き詰まっている方やSEOで成果が出ていない人にとっては、基本に立ち返り解決策を得るヒントになるでしょう。

タイトル10年つかえるSEOの基本
定価1,628円
著者土居 健太郎
出版社技術評論社
出版日2015年4月
ページ数136ページ

いちばんやさしい SEO 入門教室

引用元:Amazon

SEOの「超」入門書としておすすめなのが本書です。「SEOってなに?」「検索エンジンの仕組みってなに?」という初歩の初歩から解説しており、またサイト設計やコンテンツ作成、サイトの運用に至るまで実践的な内容についても触れています。

コンテンツマーケティングで必須のSEOですが、まずは本書で基礎固めを行い小さく実践を始めてみるのがおすすめです。実際のところ、SEOに「入門」や「初球」「中級」「上級」といった線引きはありません。最低限「SEOとはなにか」が分かれば、あとは実践を始めて継続しながら改善を繰り返し、「成果を出す」ことを目指してコミットするだけです。成果さえ出されば、たとえSEOのテクニカルな方法論を熟知していなくても問題ありません

超入門者だからといってSEOの経験者には役立たないかというとそうではなく、成果を出すために必要なキーワード選定の方法や検索ユーザーの検索意図の捉え方など、SEO対策における本質的かつ重要な項目が多数盛り込まれています。

タイトルいちばんやさしい SEO 入門教室
定価2,035円
著者ふくだ たみこ、株式会社グリーゼ
出版社ソーテック社
出版日2017年12月
ページ数256ページ

SEO内部対策

SEOには「内部対策」と呼ばれる、サイトの内部構造をGoogleから評価されやすいように改善することで検索上位化を狙う施策があります。

コードを一切書けないWeb初心者でも手っ取り早く取り組める内容が載っている本をいくつか紹介します。

これからのSEO内部対策本格講座

引用元:Amazon

SEO対策で成果を出すために重要な「内部対策」について、基本から実践まで網羅的に解説しています。その網羅性からSEO経験者もリファレンスとして活用可能であり、内部対策の特に重要なポイントをいつでも確認できます。

Googleは検索結果のページのランキングを決めるプログラムを頻繁に更新しており、SEOの最適解は時代によって変わります。しかし本書で紹介しているSEO内部対策の基本はGoogleのランキングプログラムが更新されても普遍的に重要なものが多く、SEOに真剣に取り組むのであれば是非とも手元に置いておきたい一冊です。

タイトルこれからのSEO内部対策本格講座
定価1,980円
著者瀧内 賢
出版社秀和システム
出版日2017年3月
ページ数264ページ

これからのWordPress SEO 内部対策本格講座

引用元:Amazon

サイトを簡単に構築・運用できるツールとして「WordPress」を利用している人は多いです。本書ではWordPressを利用しているサイト運営者に役立つ、SEO内部対策の知識を解説しています。

著者は先ほど紹介した『これからのSEO内部対策本格講座』の著者と同一人物であり、WordPressを利用しているサイト運営者に特化した本です。SEOにはじめて触れる人から現場ですでにSEOに取り組んでいる経験者にまで、幅広いレベルの人に価値があります。

一般的な調べれば分かる情報ばかりでなく、著者の経験に基づいた実践的かつ独自性のある内容が多く、入門者から上級者まで多くの有益な発見を得られる本です。

タイトルこれからのWordPress SEO 内部対策本格講座
定価1,760円
著者瀧内 賢
出版社秀和システム
出版日2022年2月
ページ数224ページ

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

引用元:Amazon

スマホの普及によりあらゆる人々がインターネットでの調べ物などをスマホで行うようになり、現在のサイトは「モバイルファースト」の時代となっています。モバイル(スマホ端末)などから見やすいサイトがGoogleから評価され、検索上位化を実現しやすくなっています

本書ではモバイルファーストの現代において押さえておくべきSEOの基本から実践までを解説しています。リンクビルディングやサイテーション、AMP対応、サイトの表示高速化など現場で役立つテクニカルで実践的な内容が多く解説されており、入門者よりも初級者から中級者に適した本といえます。

すでにSEOに取り組んでいるがなかなか成果が出ていないというサイト運営者にはうってつけです。「SEOで成果を出すためにはそのようなポイントにも対処しなくてはいけないのか」など新たな発見を得られること間違いなしです。

タイトル現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル
定価3,278円
著者西山 悠太朗、小林 睦、丸山 弘詩 (編集)
出版社マイナビ出版
出版日2018年7月
ページ数432ページ

ライティング

コンテンツマーケティングは、コンテンツを通じて見込み客に自社のことを見つけてもらい、商品購入へと誘導する手法です。コンテンツの作成にはライティングが不可欠であり、ライティングの質がビジネスの成長を大きく左右といっても過言ではありません

ここでは綺麗な文章ではなく、「成果の出る文章」を作成するためのライティングに関する知識・スキルを解説している本を紹介します。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

引用元:Amazon

SEOライティングの書籍として、定番なのが『沈黙のWebライティング』です。

2016年に出版された本書はSEOやライティングを学ぶ入門書として多くの読者から評価されています。集客に悩む旅館を舞台にしたストーリー調の構成に仕上げ、会話形式でSEOやライティングが理解できる本です。

SEOを意識しながら読み手に理解されやすい文章を書くコツを解説したほか、ライターの育て方など自社サイトを成長させるためのノウハウを包括的に説明してくれています。オウンドメディアなどWebサイトでのライティングに限らず、ビジネス文書にも活用できる内容が網羅されています。

タイトル沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
定価2,200円
著者松尾 茂起
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2022年4月
ページ数640ページ

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

引用元:Amazon

Webライティングの内容により、商品が売れるかどうか、サイトにアクセスを集められるかどうかが大きく変わります。本書ではライティングによりサイトに人を集め、商品を購入してもらうための実践的な知識・スキルを解説しています。

「どうやったらもっと伝わるか」「どうやったら問い合わせや商品購入などのアクションを起こしてもらえるか」などサイト運営を通じて成果を出したい多くの人に最高におすすめの本であり、Amazonでの評価も非常に高いです

SEOの基本についても説明しているため、この一冊でSEOの基本から成果を出すためのライティングスキルの獲得まで実現可能です。ライティングには、ビジネスを激変させる威力があります。ライティングの威力を軽視している人にこそ是非読んでほしい一冊です。

タイトルSEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
定価2,178円
著者ふくだ たみこ
出版社ソーテック社
出版日2016年8月
ページ数296ページ

10倍売れるWebコピーライティング

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングの権威である「バズ部」が著者の超実践的な本です。タイトルには「Webコピーライティング」や「ランディングページの作り方」と書かれていますが、決してライティングやランディングページに限って知識付与を行う本ではありません。Webマーケティングやコンテンツマーケティング全般における普遍的かつ絶対に押さえておきたい重要な内容を網羅的に解説した実用書です。

ページ数は144ページと比較的少なく、難解な専門用語が一切使われていないためスラスラ読み進められます。本書の内容に沿ってライティングを実践することで「成果の出るライティングスキル」を習得できます

コンテンツマーケティングにおけるライティングでは「綺麗な文章」よりも「成果の出る文章」が求められます。「成果の出る文章ってなに?」と気になる人は、ぜひ本書を手に取り実践してみることをおすすめします。

タイトル10倍売れるWebコピーライティング
定価1,628円
著者バズ部
出版社技術評論社
出版日2014年4月
ページ数144ページ

分析と改善

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、「分析と改善」が欠かせません。サイトの現状を分析して課題を明確にし、課題に対処する(改善する)ことで中長期的にコンテンツマーケティングを成功させられます

ここではサイトの分析と改善に役立つ本をいくつか紹介します。

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

引用元:Amazon

Webサイトを成長させるために、分析と改善は欠かせません。本書はWebサイトの集客を活性化させるために効果的な施策や分析方法、改善の考え方を現場のプロが分かりやすくまとめた良書です。

分析方法には様々なものがあります。また適した分析方法はサイトの状況や運営目的によって異なります。またWebサイトを運営していくには目標設定も必要です。本書では方法論を幅広くたくさん解説していますが、方法論のみならず分析と改善の基本的な考え方を深く丁寧に解説しているため、分析と改善における土台作りを行ったうえで様々な分析方法・改善方法を学べます。この順番で学ぶことにより、方法論の理解度や実践する際のスムーズさに大幅な違いがあります。

GoogleアナリティクスやGoogle Search Console、Googleタグマネージャーなどサイトの分析・改善に欠かせない必須ツールの効果的な活用方法を紹介しているため、この一冊でサイトを成長させるための基本的な分析・改善スキルを習得できます

タイトル現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
定価3,278円
著者小川 卓
出版社マイナビ出版
出版日2018年6月
ページ数352ページ

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本

引用元:Amazon

サイトの分析・改善に欠かせない「Googleアナリティクス」に特化した本です。Googleアナリティクスは世界中のサイト運営者の多くが活用しており、個人が運営している小規模なブログから企業が運営している大規模なオウンドメディアまで、規模問わず必ず導入・活用するべきツールです。

正直Googleアナリティクスの基本的な使い方さえ理解しておけば、サイトの分析・改善のほとんどは事足ります。「いちばんやさしい教本」シリーズであり、豊富な図解と分かりやすい構成によりGoogleアナリティクスに触れるのがはじめての人でもスムーズに理解を進められます。

これからGoogleアナリティクスを導入しようと考えている人、またGoogleアナリティクスを効果的に活用して適切な改善サイクルを回し成果を出したいと考えている人など、様々なレベル感・状況の人におすすめの一冊です。

タイトルいちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本
定価2,178円
著者山浦直宏、村山佑介、コガン・ポリーナ、高田和資
出版社インプレス
出版日2018年5月
ページ数256ページ

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260

引用元:Amazon

Googleアナリティクスの様々な活用方法・テクニックを260の項目で網羅的に解説しており、サイトの運営担当者であれば手元に置いておきたい一冊です。

Googleアナリティクスの使い方を順序立てて紹介しているというよりかは、目的に応じて必要なページを開き、すぐに活用できるテクニックをピンポイントで習得できるまさにリファレンス特化型の本です。

「Web解析の上級者になりたい」「もっとGoogleアナリティクスを効果的に活用したい」「高い成果を出すためのヒントやアイデアがほしい」といった要望に応えてくれます。Googleアナリティクスの導入方法など「はじめの一歩」から解説してくれているため、入門書としても適しています。

タイトルできる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260
定価2,480円
著者木田和廣、できるシリーズ編集部
出版社インプレス
出版日2017年11月
ページ数432ページ

オウンドメディアの基本

コンテンツマーケティングで活用する配信メディア(情報を届ける媒体)の一つに「オウンドメディア」があります。オウンドメディアとは「自社所有のメディア」であり、自由にコンテンツ(情報)を発信できます

オウンドメディアはコンテンツ発信の中核となるものです。ここではオウンドメディア集客の基本を理解できる一冊を紹介します。

オウンドメディアのやさしい教科書

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングの中でも、「オウンドメディア」に特化して解説した本が『オウンドメディアのやさしい教科書』です。

多くの企業がオウンドメディアを制作・運用していますが、ブランディングやユーザーとのコミュニケーションに苦労している企業が多いのが現実です。

また、オウンドメディアを新規プロジェクトとして始めたいが社内の理解が得られない、メディアを作ったものの効果測定の方法が分からないなど、各企業が抱える課題を解決するためのアクションを解説しています。

オウンドメディア構築において失敗しがちなことや成功事例、Google Analyticsを用いた効果測定など、実践的な内容に仕上がっています

タイトルオウンドメディアのやさしい教科書
定価2,420円
著者山口 耕平、徳井 ちひろ
出版社エムディエヌコーポレーション
出版日2018年3月
ページ数192ページ

カスタマージャーニーマップ

コンテンツマーケティングではコンテンツの届け先である見込み客の理解が重要であり、見込み客理解のために役立つツールの一つに「カスタマージャーニーマップ」というものがあります。

ここではカスタマージャーニーマップの作成に役立つ一冊を紹介します。

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、見込み客のことを深く理解し、見込み客が自社のことを見つけてから興味関心を持ち、購買に至るまでの一連のプロセスを考えて各段階ごとに適切なコンテンツを届けることが重要です。

見込み客の理解と適切なタイミングでのコンテンツ提供に役立つものの一つに「カスタマージャーニーマップ」があり、これは見込み客が自社と出会ってから購買に至るまでの考えや行動、心情の変化を「カスタマージャーニー(顧客の旅)」にたとえて可視化したものです

本書ではカスタマージャーニーマップの効果的な作成方法を深く解説しており、読み進めながら手を動かしてカスタマージャーニーマップの作成を進めることで、マーケティングの基本的・重要な考え方をインプットしながらカスタマージャーニーマップの作成ができます

見込み客を理解することは、コンテンツマーケティングのみならずあらゆるビジネス施策の企画立案・実行にあたり重要です。カスタマージャーニーマップの作成を通じてビジネス成長のヒントを得るために、ぜひ本書を手に取ってみてください。

タイトルはじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ
定価2,200円
著者加藤 希尊
出版社翔泳社
出版日2018年9月
ページ数136ページ

コンバージョン率アップ

コンバージョンとは「問い合わせや商品購入などの成果」のことであり、コンテンツを通じていかに多くのコンバージョンを生み出せるかが利益創出のために重要です。

コンテンツに触れた人のうちコンバージョンしてくれる人の割合をいかに増やせるか、つまりコンバージョン率を上げられるかがコンテンツマーケティング成功の鍵といえます。ここではコンバージョン率を上げるための様々な手法を紹介した本を2冊紹介します。

いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本

引用元:Amazon

ブログやSNS、メルマガなど様々な施策を駆使して集客できたとしても、それをコンバージョンに結び付けられなければ意味がありません。本書ではコンバージョンを最適化・最大化するための基本的な考え方や方法論を網羅的に解説しています

コンバージョンを上げるための要素は様々です。コンバージョンを上げたいと思っても何から手を付ければ良いか分からず、コンバージョンを上げるための施策の実行に踏み出せていないWeb担当者は多いでしょう。本書を読めば、コンバージョンを上げるために何から始めれば良いか、どのような手順で進めていけば良いかが分かります

タイトルいちばんやさしいコンバージョン最適化の教本
定価1,958円
著者深田浩嗣
出版社インプレス
出版日2017年2月
ページ数216ページ

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングにおいて、コンテンツを通じて見込み客と出会い関係性を構築し、最終的に商品を販売するために「ランディングページ」がよく活用されます。ランディングページとは商品を販売することに特化した一枚型のWebページであり、ランディングページから多くコンバージョンを獲得できるようになればビジネスを大きく成長させられます。

本書ではランディングページに人を集め、効果の出るランディングページを作成し、改善を繰り返してコンバージョン率の最適化・最大化を実現するためのあらゆる手法を解説しています。

ランディングページの鉄板の構成やライティングのコツ、顧客心理を理解するための方法などWebマーケティング全般で成果を出すために役立つ内容であるため、成果を出したいあらゆる人におすすめの一冊です。

タイトル現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ
定価1,848円
著者相原 祐樹
出版社ソーテック社
出版日2018年5月
ページ数224ページ

WordPress

コンテンツマーケティングの中核であるオウンドメディアの構築にあたり、多くの個人・企業がWordPressを活用しています。ここではWordPressの基本理解に役立つ一冊を紹介します。

1冊ですべて身につくWordPress入門講座

引用元:Amazon

コンテンツマーケティングへの取り組みを始めるにあたり、まだWeb集客用のサイトが用意できていない、また用意できているが効果的な運営方法が分からないという人は多いでしょう。本書ではサイト構築に最も使われているツールである「WordPress」について、具体的なサイト構築から集客活性化に役立つ様々な知識・スキルを提供しています

WordPressを使えば、「サイトを作ったことがない」「コードを一切書けない」という人でも手軽に簡単にサイトを作れます。WordPressの基本的な使い方からサイト編集、コードを活用したオリジナルテーマの作成方法など、基本から実践まで幅広く網羅的に解説している一冊です。

豊富な図解で入門者にも読みやすく分かりやすい本であり、ぜひサイト構築・運営を本格的に始めるにあたり最初の一冊としてお選びください。

タイトル1冊ですべて身につくWordPress入門講座
定価2,200円
著者Mana
出版社SBクリエイティブ
出版日2022年3月
ページ数344ページ

コンテンツマーケティングを入門レベルから学びたいなら、この5冊!

ここまでコンテンツマーケティングの基本から実践に役立つ評価の高い本を24冊紹介しました。紹介数が多かったこともあり、どの本を選べば良いか悩む人もいるでしょう。

基本的にはどの本を選んでも外れはないですが、「コンテンツマーケティングとは」というコンテンツマーケティングの基本を理解したうえで次に何を学ぶか決めたいという場合は「コンテンツマーケティングの基本」ジャンルの中から一冊、もしくは複数冊を選ぶのがおすすめです。

またコンテンツマーケティングを入門レベルから実践レベルまで網羅的に学びたい人におすすめなのが、以下の5冊です

この順番に学ぶことで、コンテンツマーケティングの基本からSEOの基本を理解し、成果を出すためのライティングスキルを習得してサイトの分析と構築・運用を効果的に進めていけるようになります

いずれも読者からの評価が特に高く優れた良書であるため、これからはじめてコンテンツマーケティングに触れるというレベルの人でもスムーズに理解し、実践に向けて有益な知識・スキルを得られるでしょう。

コンテンツマーケティングを理解して実践しよう!

この記事ではコンテンツマーケティングの学習に役立つ本を24冊紹介しました。コンテンツマーケティングを理解するためには周辺知識についてもインプットする必要があり、複数の本を購入して読むのがおすすめです。

もちろんコンテンツマーケティングを学習する方法は本だけでなく、ネット記事や動画サイトでも有益な学習コンテンツが多いためうまく組み合わせながら学習を進めるのも選択肢の一つです。以下の記事を読めばコンテンツマーケティングの基本と全体像を理解できるため、一通り読んだうえで本を購入してより体系的に学ぶのも良いでしょう。

コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

コンテンツマーケティングは最初の戦略設計が重要であり、また継続的にコンテンツ作成を行うためには多くのリソースを投下する必要があります。そのためコンテンツ作成に取り組み成果を出せる確率を上げるために、多くの企業が一部外注を活用しています

コンテンツマーケティングの外注・代行については以下の記事でも詳しく解説しています。

コンテンツマーケティングのおすすめ代行会社 5選!サポートを依頼するメリットも解説

弊社シンプリックはコンテンツマーケティングの支援を行なっており、特にSEOで成果を出すためのコンテンツ作成を得意としています。戦略設計からサポート可能であり、コンテンツマーケティングの成功確率を上げるために最大限の支援を行います。

本を読んでコンテンツマーケティングの学習を進めるのも良いですが、取り組みを強く検討しているのであればまずはプロからコンテンツマーケティングの全体像や取り組む際の適切な手順、成功させるためのポイントを聞くのがおすすめです。それにより本から得られる効果もより高くなるでしょう。

すぐにコンテンツマーケティングの支援を受けることは検討していないが、まずはコンテンツマーケティングについてプロから情報提供を受けたうえで導入・実施を検討したいという場合、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。相談・質問の段階から必ず価値を提供し、コンテンツマーケティングに関する悩みを解説します。

弊社一同、お声がけを心よりお待ちしております。

関連記事

  1. BtoBのコンテンツマーケティング事例を徹底紹介!成功法則をつかめる

  2. importance-of-customerjourneymap

    カスタマージャーニーマップの目的と効果的な作成方法

  3. ホームページのアクセス数を増やす改善策とは?Web担当者がすぐに取り組…

  4. benefits-of-rewrite-outsourcing

    SEO記事のリライト代行をおすすめする理由と費用相場を解説

  5. pillarpage-writing

    まとめ記事の書き方を基礎から実践まで解説

  6. 中小企業こそコンテンツマーケティングに取り組むべき理由と成功事例、コツ…

  7. contents-marketing

    集客につながるコンテンツとは?オウンドメディアの活用方法も解説

  8. digital-marketing

    コンテンツマーケティングの代行会社5選!会社選びのポイントを徹底解説

PAGE TOP