Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り方を解説

自社商品・サービスの紹介やPRのために、Webサイトやブログで記事や文章を書く機会が増えているのではないでしょうか。Webライティングをする際に心がけておきたいことや基本的な書き方を押さえると、より読者に読まれる記事に仕上がります。また、効率の良い書き方を学べば、記事制作にかかる時間も短くなります。

本記事では、Webライティングの能力を向上させる基本の5つのステップや、本文を書くときに意識したいポイントを解説していきます。 

自社コンテンツをWeb上でアピールできるように、基本的な書き方をチェックしていきましょう。 

Webライティングは書き方のコツをつかめば上達する 

Webライティング記事には書籍や雑誌の記事とは異なる、独自の書き方のポイントが存在します。

Webサイト用の記事は、会員限定の非公開記事でない限りは、Web上に一般公開され、不特定多数が読むものです。多くの方に読んでもらうためには、読者にWeb上で記事を見つけてもらう必要があります。

Web広告で人を集めることもできますが、検索エンジンから高い評価を受け、読者がみずからサイトを訪れ、読んでくれることが理想です。つまり、「SEO(検索エンジン最適化)を意識したライティング」が求められるのです。

書き方が難しいのではと感じるかもしれませんが、基本的なポイントを把握すれば、誰でもSEOを意識した記事を書くことができます。

まずは本文を書き始める前に意識したい3つのポイントを確認しましょう。 

記事のライティング前に準備する3つのこと

記事の作成を始める際には、事前準備が重要です。

本文をいきなり書き始めても、読者にとって本当に読みたい記事には仕上がりません。読み手に満足してもらえる文章を書くためには、記事の前提条件の確認が必須です。

記事を書き始める前に、整理しておきたいことが3つあります。 

記事の目的を確認する 

まずは記事の目的を確認して、どのような内容を書くのかをはっきりさせます。 

「自社商品ページに誘導したい」「毎週連載のシリーズ記事にしたい」「企業ブランディングにつなげたい」のように目的をできるだけ明確にしましょう。そうすれば記事の構成や文体、紹介すべき事例などが見えてきます。最初に記事の目的を明確にして整理しておけば、執筆後の修正も少なくなります。

SEOキーワードを調査する 

Webに公開する記事を多くの人に読んでもらうためには、読者がどのようなキーワードで検索し、記事にたどり着くのかを想定する必要があります。 

伝えたい記事の内容やコンテンツに合わせて、ターゲットが検索するであろうキーワードをリストアップしておくことが求められます。Googleが提供しているキーワードプランナーやその他のツールを使い、ネットユーザーがどのようなワードをどれぐらいの回数検索しているのか調べましょう。

キーワードを意識して書き進めれば仕上がった後に記事の目的と、読者が読みたいこと、すなわちニーズにずれが生じることも少なくなります。 

ターゲット(ペルソナ)を確認する

記事のターゲットとなる読者を想定する「ペルソナ設定」も、ライティング前に準備しておきたい項目です。 

読み手の年齢や職業、日々の生活スタイルなどを設定し、その人に向けて記事を書くようにすると記事に具体性が増していきます。ターゲットに必要となる記事コンテンツをな情報を届けるために、ペルソナ設定は欠かせません。

Webライティングの書き方には順番がある|5つのステップを解説 

Webライティングには、基本となる手順があります。 

一度流れをつかめば、その後の執筆作業にも応用でき、ライティングの基礎能力が高まっていきます。全部で5つのステップをチェックしましょう。 

ステップ1:ライティングに必要な情報をリサーチする 

まずライティングに必要な情報をリサーチし、記事の下地となる根拠となる下地を整理していきます。

執筆するテーマの参考となる情報源を確認すると同時に、想定している検索キーワードで上位に表示される記事をチェックするのがポイント。リサーチした結果を自身の記事に反映できれば、説得力のある記事に仕上げることができます。

自社サイトの記事のライバルとなる記事をチェックしておき、他の記事と異なる独自性を持った内容を盛り込むことも意識します。まずは検索上位に表示される記事を基準にしながらリサーチを進めましょう。

ステップ2:タイトル・見出しなど全体の構成を作成する 

次に、記事のタイトルや見出しなど構成を作成し、全体像をイメージします。 

先に定めた記事の目的に沿う見出しを考え、記事のゴールとずれが生じていないかを確認します。さらに見出しごとの文字数を想定し、文章全体の文字数とそれぞれの見出しのバランスが取れているか確認します。見出しの流れも確認し、全体を通してユーザーが理解しやすい構成になっているか、気を配りましょう。 

見出しを作り執筆に入る前に、企画構成案を社内メンバーに確認してもらい、見出しの抜け漏れがないか、展開に違和感がないか確認してもらいましょう。 

ステップ3:リード(書き出し)を書く 

構成が完成した後には、記事の書き出しとなるリード文を作ります。 

リード文は読者が最初に目にするものです。書き手から読み手への「挨拶」ともいえるものであり、記事の紹介文でもあります。読者は自分が求めている内容がリードの後に書かれているのか、書き出しを読んで判断します。

リードを書くときには、読み手がどのようなシチュエーションにいるかを想像し、「こんな状況ではありませんか」と問いかけ、読者の立場に寄り添うことが大切です読み手が共感できる書き出しを用意し、リードが終わった後も違和感なく読み進めてもらえるように工夫しましょう。 

ステップ4:まとめを書く 

リードの後に、本文ではなく先にまとめ部分を書くのも、Webライティングのコツです。 

着地点を先に決めておくと、リードとまとめ部分を除いた本文を書くときに、記事の目的からずれが生じずに済みます。読み終えたユーザーに「記事を読んだ経験を活かし、どのように行動してほしいか」を伝え、具体的なアクションを促して締めくくると、読み手の満足度が向上します。 

ステップ5:記事の本文をライティングする 

以上のステップを踏んでから、ようやく本文のライティングに進みます。  

ライティングの技術論はちまたに多くあふれていますが、その中でも簡潔で分かりやすい文章を構成する「PREP法(プレップ法)」は取り入れやすい技法です。 

文章をPoint(要点)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(要点)で構成するこの手法は、はじめに文章の結論を書き、続いてその理由と具体例を記載します。

最後に、もう一度確認の意味を込めて結論を整理する流れをとります。ライティングの技法は、PREP法のほかにもいくつかあります。PREP法を軸にしながら、複数取り入れてもいいかもしれません。

次の章では、どのように文章内容を考えるのかを細かく解説していきます。

記事本文のライティングで意識しておきたい3つのポイント 

内容のある本文にするために、チェックしておきたいポイントを解説します。

記事を書き、読んでもらう本来の目的は「読者が必要とするコンテンツを用意し満足してもらうこと」です。記事の内容が充実したものになっているかを執筆後にも繰り返し確認することで、ライティングのレベルアップにもつながります。

1.分かりやすい言葉や表現を使ってライティングする 

読者にとって分かりやすい言葉を用いることは、良いコンテンツに欠かせない要素です。 

難解な言葉や表現はなるべく避けて、平易な表現を重ねることを意識します。「分かりやすい文章」はすなわち「読みやすい文章」であることを意味します。読み手が理解しやすい文章でなければ、読者は最後まで読むことなくサイトから離脱してしまいます。

言葉選びや表現はペルソナにもよりますが、書き方に迷ったときは、小学生の高学年から中学生くらいの人でも理解できる文章を心がけて表現を考えてみましょう。

普段の生活で使われる言葉を選んだり、簡潔で長すぎない文章を作成したりすることもポイント。例え話や具体例を提示することも、文章を分かりやすくするコツです。 

また、画像や図表を使い、読み手の視覚に訴えるのも有効です。読者が話の内容を読者がイメージしやすく、また流れを把握しやすくなります。必要に応じて用意しましょう。

2.共感につながるシーンや具体例を読者に提示する 

「最後まで読みたい」「この記事を参考にしたい」と思わせるには、書き手が読者との間に友好な関係を築き、好感を持たれる文章にするのが大事です。 

執筆内容に対する根拠を細かく提示して記事の信頼性を保ち、悩みに対して共感していることを伝えることで、読者との間に信頼関係が生まれます ほんの少しの気遣いが、読者の心を引き付け、記事の途中で離脱することなく最後まで読ませることにつながります。常に読者視点に立ち、より役に立つ内容を書く癖をつけましょう。 

反対に個人的な感想ばかりを書き、自分の意見を押し付けるような記事は、読者の反感を買うことがあります。 ライター自身の意見を書く場合は、実際に起きた「事例」を用い、情報のひとつとして提供にとどめましょう。 

3.悩みや疑問を解決する記事内容を用意する

Webライティング記事の最終目標のひとつに、読者に良い読後感を与えることがあります。 

「この記事を読んでためになった」「また読みたいからブックマークしておこう」と思ってもらえる記事を書くことが、執筆におけるゴールなのです。

読み手に「この記事を読んでよかった」と思わせるには、読者が抱える悩みや疑問を解決し、記事を読み終わってからとるべき行動を示すことが大切です。そのために豊富なリサーチをもとに、読者の立場になって課題を考え、有効な解決策を用意しましょう。そうすれば継続的に読んでもらえるファンの獲得にもつながります。 

読みやすい記事に整える校正のコツ 

記事のライティングが完了した後は、読みやすい形に整えるための校正を行う必要もあります。 

誤字脱字がないか、特定の文章の前後で論理が矛盾していないか、最初に決めた記事の方向性からずれていないかなどを確認して、完成度を高めていきましょう。

しかし、慣れないうちは「具体的にどこをどう修正したらいいのかわからない」という人もいるかもしれません。

そんなときは、以下を参考に自分の書いた記事の校正にチャレンジしてみましょう。

書いた記事は声に出して読んでみる 

記事の校正に自信がないときは、執筆した記事を声に出して読み上げることがおすすめです。 

実際に声に出してみると、文章のリズムやテンポが感覚的に理解しやすく、読みづらいフレーズや違和感のある場所を発見することが容易になります。 

文章の音読は、誤字脱字のチェックにも有効です。文章を読みながら自分自身で記事全体を添削し、細かな見落としがないか確認しましょう。

誤字脱字が多い文章があると、それだけで記事全体の信ぴょう性が疑われる原因になります。時間をかけたリサーチや執筆がむだにならないように、書いた記事は一度声に出して読み、修正する流れをとりましょう。

可能であれば、できればチーム内のメンバーや上司、ディレクターに最終的なチェックをしてもらうのも有効です。複数の人で確認することでミスを見逃す確率が減り、記事のクオリティもアップしていきます。 

基本の書き方を押さえ継続して取り組もう

Webライティングをするにあたって必要な「事前準備」「書き方の順番」「内容の作り方」を解説してきました。

初めてWebライティングに取り組む人でもポイントを押さえて記事を書けば、読者の求める内容に合わせた記事に仕上げることができます。 

ただし、Webライティングを上達させるのは一朝一夕にはいきません。継続的にライティングを繰り返すことがレベルアップにつながります。ライティング力を向上させると、自社のマーケティングに活かせるほか、ライターとして独立するチャンスも出てきます。地道にコツコツと実践していきましょう。

関連記事

  1. 募集されているWebライターは女性(主婦)におすすめ!在宅、副業に向い…

  2. Webライティング

    Webライティングでは構成案を意識しよう!作成方法やコツを紹介

  3. 集客できるSEO記事の書き方|ユーザーファーストな文章/コンテンツとは…

  4. 主婦でもwebライターになれる?気になる収入やメリットを解説!

PAGE TOP