Webライティング

Webライティングでは構成案を意識しよう!作成方法やコツを紹介

Webライティングをする際、いきなり書き始めるのは効率のよい方法ではありません。書き始める前に構成案を作成することで、スムーズに執筆を進められます。

この記事では、Webライティングにおける構成案の重要性や、構成案の作り方、コツなどを紹介します。オウンドメディアを運営している会社にとって参考になる内容ですので、ぜひご覧ください。

Webライティングでは構成案が重要

構成案とは、その名の通りライティングする記事の構成をまとめた案のことです。検索ユーザーのニーズを解決するための情報や、内容を伝える手順などを執筆前に考えてまとめます。Webライティングの構成案は、プロットと呼ばれることもあります。

Webライティングにおいて、構成案は非常に重要です。構成案を作ることで、情報を届けたい対象や記事のコンセプトが明確になります。また記事の流れを把握しながら執筆できるため、検索ユーザーに有益な情報をわかりやすく提供できるでしょう。

また、SEO対策を施した構成案を参考にしてライティングすることで、検索エンジンから評価されることも期待できます。オウンドメディアで発信した記事をユーザーに読んでもらうためには、検索エンジンからコンテンツを見つけてもらう必要があります。

検索エンジンから評価されれば記事が検索結果の上位に表示されるため、より多くのユーザーに記事を読んでもらえる可能性が高まるでしょう。

構成案作成時はユーザーのニーズ調査が大切

構成案を作成する際は、ユーザーのニーズ調査をすることが重要です。例えば代表的な検索エンジンのひとつであるGoogleでは、ユーザーに対して有益なコンテンツが評価される傾向にあります。つまり、ユーザーのニーズを満たす記事は上位表示されやすいということです。

もちろん、キーワードを見出しや文中に盛り込むことも大切ですが、それだけで上位表示を実現するのは難しいといえるでしょう。また、たとえ上位表示できたとしても内容がユーザーのニーズを満たしていなければ、ユーザーに読み進めてもらえず離脱率の上昇につながってしまいます。

記事を上位表示させ、かつ内容を充実させるためには、構成案作成の段階でユーザーのニーズ調査をしっかり行うことが重要です。その上で構成案を作成することで、記事の内容を充実させられるでしょう。

Webライティングの構成案の作成方法

ユーザーのニーズを満たす記事の構成案は、どのような手順で作成すればよいのでしょうか。ここからは、Webライティングにおける構成案の作成方法を紹介します。

構成案は、主に以下のような手順で作成します。

  1. ユーザーのペルソナ設定
  2. キーワードの選定
  3. 検索ニーズの明確化
  4. 競合サイトの調査
  5. 見出しの作成

順に確認していきましょう。

ユーザーのペルソナ設定

構成案を作成する際には、まずペルソナの設定を行いましょう。Webマーケティングにおけるペルソナとは、自社の商品やサービスを利用するユーザー像のことです。

ペルソナを設定する際は、可能な限り詳細に設定するようにしましょう。具体的な項目の例は以下の通りです。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 居住地
  • 家族構成
  • 趣味

ペルソナを詳細に設定することで、執筆時にユーザー視点の情報の精度を向上させられます。また、ライティングに携わる関係者間での認識の相違も生まれにくくなるでしょう。

キーワードの選定

次にキーワードを選定します。例えば、ケーキの作り方を紹介する記事であれば「ケーキ」がキーワードになります。

しかし、キーワードが「ケーキ」だけでは競合するサイトや記事が多く、上位表示させることは難しいでしょう。そこで、いくつかのキーワードを組み合わせて記事の内容を細分化します。「ケーキ 作り方」「ケーキ 作り方 簡単」のように複数のキーワードを組み合わせると、上位表示できる確率を上げられるでしょう。

キーワードのボリュームや競合数は、ツールや検索コマンドを活用することで調べられます。各ツールを活用して上位表示を狙えるキーワードを選定しましょう。

検索ニーズの明確化

キーワードの選定が完了したら、検索ニーズの明確化を行います。キーワードで検索したユーザーが知りたい情報は何か、またどういった情報が有益かなどを深堀りしていく作業です。

その際に大切なことは、検索ユーザーの目線で考えるということです。情報発信側が伝えたいことを羅列しただけの記事が、必ずしも検索ユーザーにとって有益な記事とはいえません。選定したキーワードで自分が検索した場合、どういった情報が載っていたらうれしいかを考えてみるとよいでしょう。

競合サイトの調査

競合サイトの調査をすることも、構成案を作成する上で大切な手順のひとつです。例えば検索上位に表示されている記事は、すでに対策キーワードで検索エンジンに評価されているものです。つまり、ユーザーのニーズを満たしている記事だと判断できるでしょう。

構成案を作成する上で参考になるため、上位表示されている競合サイトの記事がどのような構成になっているのか確認しておきましょう。

見出しの作成

検索ニーズの明確化や競合サイトの調査などが完了し、執筆する内容が固まったら、記事の骨組みとなる見出しを作っていきます。見出しは検索ユーザーに記事の内容を認識させる役割を担っています。また、検索エンジンに自社のサイトを認識させる役割もあるため、作り込みが重要です。

見出しを作る際、ひとつの見出しの中で説明することが多くなりすぎないよう注意しましょう。ひとつの見出しに主張を複数入れてしまうと、ユーザーが混乱してしまう可能性があります。ひとつの見出しにひとつの主張を入れることを心がけましょう。

Webライティングの構成案を作成する際のコツ

ここからは、Webライティングの構成案を作成する際のコツを紹介します。ここで紹介することを意識して構成案を作成することで、よりよいコンテンツを制作できるでしょう。

オリジナルの要素を入れる

構成案や記事の内容を充実させるためには、上位表示されている競合サイトの研究を行うことが大切です。どのような記事が検索エンジンに評価されるのかの参考になります。

ただし、上位表示されている競合サイトの真似をしただけでは、自社サイトの記事を上位表示させることは難しいでしょう。上位表示されている競合サイトを参考にしつつ、オリジナル要素を入れることが重要です。

競合サイトを読んでみて、「こんな情報があったらよりわかりやすい」「この部分の説明をより詳しく記載してほしい」など、気づいた点を取りまとめて、構成案作成に活かすとよいでしょう。

ユーザーの検索意図から逸れない

先述の通り、Webライティングでは検索ユーザーのニーズを満たすコンテンツを制作することが大切です。構成案の見出しや内容がユーザーの検索意図から逸れたものになっていると、ユーザーを満足させることはできないでしょう。

また、ユーザーの検索意図から逸れた内容になっていると検索エンジンからも評価されないため、上位表示も難しくなってしまいます。構成案の内容がユーザーの検索意図に合うかどうか、逐一確認するようにしましょう。

結論を最初に述べる構成にする

検索ユーザーは何か知りたいことがあるから検索エンジンを利用します。そのため、読者が知りたい結論をなるべく前半に持ってくる構成にするのも、有効な方法のひとつです。

例えば「ケーキ 作り方」で検索したユーザーが知りたい情報は、ケーキの作り方です。ケーキという言葉の意味やケーキが生まれた歴史などを知りたいわけではありません。ユーザーが求めていない情報を長々と前半で紹介している記事の場合、ユーザーは知りたい情報がないと判断して途中で離脱してしまうでしょう。

ユーザーの離脱を防ぐためにも、ユーザーが知りたい情報、つまり結論を前半部分に持ってくることが重要です。前半でユーザーのニーズを満たすことができれば、そのまま記事を読み進めてもらえる可能性が高くなるでしょう。

構成案がうまく作成できないときの対処法

構成案の作成に苦戦している会社も多いでしょう。構成案はWebライティングの骨組みとなるため、力を入れて取り組んでおきたいところです。ここでは、構成案がうまく作成できない場合の対処法を紹介します。

キーワードを変更する

構成案がうまく作成できない場合は、キーワードの変更を検討してみましょう。もしかすると、構成案作りやライティングが難しいキーワードを選定しているのかもしれません。

検索ボリュームや競合数はキーワード選定において大切な要素ですが、検索ユーザーを満足させられるような記事が作れないのでは意味がないといえます。検索ボリュームや競合数だけでなく、検索ユーザーの満足感につながる記事を作れるかどうかも考慮してキーワードを選ぶことが大切です。

競合サイトを参考にする

競合サイトを参考にするのも対処法のひとつです。検索エンジンに評価されている記事を読むことで、どういった構成が評価されているのかが見えてきます。

競合サイトを参考にしつつ、不足分を補う内容を追加したり、独自の内容を追加したりすることで、検索エンジンに評価される構成案を作成できます

プロに外注する

構成案作成を社内で行う余裕がない、質の高い構成案を希望するなどの場合は、構成案作成をプロに外注するのがおすすめです。

外注する主な方法として、以下の2つが挙げられます。

  • クラウドソーシングサービスを活用する
  • SEO対策専門の業者に依頼する

クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人をつないでくれるサービスのことです。代表的なものとして、クラウドワークスやランサーズなどが挙げられます。

クラウドソーシングサービスを活用すると、比較的リーズナブルな価格で構成案作成を依頼することが可能です。ただし、サービスに登録したり、依頼者とこまめに連絡をとったりする手間が発生します。また、質の高い納品物が期待できる依頼相手を探すことも手間となるでしょう。

対して、SEO対策専門の業者に依頼すればそういった手間は発生しません。また、SEO対策専門の業者はさまざまなジャンルの構成案作成やコンテンツ制作を請け負っており、独自のノウハウを確立させています。そのため、質の高い構成案を作成してもらえる可能性が高いといえます。

Webライティングでは構成案作成に力を入れて質のよい記事を公開しよう

ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを制作するためには、構成案作成に力を入れてWebライティングに取り掛かることが大切です。構成案作成時は競合サイトを確認して、どのような記事が検索エンジンに評価されているのか把握しておきましょう。

また、構成案作成がうまくいかない、自社で構成案を作成する時間がないなどの場合には、構成案作成を外注するのがおすすめです。クラウドソーシングサービスを活用して依頼することも可能ですが、時間や手間がかかる場合があります。

手間なく高品質な構成案作成を希望する場合は、SEO対策専門の業者への依頼を検討しましょう。弊社シンプリックでも豊富なSEO知識をもとにした構成案作成を承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 募集されているWebライターは女性(主婦)におすすめ!在宅、副業に向い…

  2. 主婦でもwebライターになれる?気になる収入やメリットを解説!

  3. Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り…

  4. 集客できるSEO記事の書き方|ユーザーファーストな文章/コンテンツとは…

PAGE TOP