PCの前で悩むビジネスマン
  • SEO対策
  •    

SEO対策の費用対効果は?SEO対策の種類や料金体系についても解説

SEO対策は、成功すれば長期にわたって自社のWebサイトへの流入者を増やすことができます。しかし、SEO対策に取り組むにあたり、費用対効果が気になる方もいるでしょう。

この記事では、SEO対策の費用対効果や料金体系、依頼する会社の選び方などを紹介します。社内のSEO担当者の方をはじめとしたSEO対策を外部の会社に依頼したい方はぜひ参考にしてください。

SEO対策の費用対効果は対策方法によって異なる

SEO対策の費用対効果は、Webサイト内で行った対策方法によって異なります。SEO対策にはいくつか種類があり、それぞれどれくらいの期間で結果がでるか差があるためです。

また、SEO対策を請け負っている会社ごとに料金体系が違うことも、費用対効果が異なる理由として挙げられます。SEO対策会社の料金体系には、コンテンツが上位表示できた時のみ料金が発生する「成功報酬型」や毎月一定の料金が発生する「固定報酬型」があります。

しかし、SEO対策はリスティング広告のようにクリックごとに費用が発生するわけではありません。SEO対策に関する知識がある場合は、全て社内で行うことで外注するよりも費用対効果が高まる可能性もあるでしょう。

検索結果の順位を上げるには、Webサイトそれぞれの課題に適した対策が必要です。SEO対策を外部の会社に依頼する場合は、対策方法に対して費用が見合っているか検討してから依頼しましょう。

SEOとは

そもそもSEOとは、ユーザーが検索したキーワードに応じて、自社のWebサイトやコンテンツが検索結果画面の上位に表示される施策のことをいいます。主にGoogleやYahoo!の検索結果画面で上位に表示されるように対策を行います。

ユーザーは検索結果の上位のページを閲覧する傾向があります。そのため、検索順位を上げるほどアクセス数の増加が期待できるでしょう。

狙ったキーワードでページが上位に表示されるには、検索結果の順番を決めている「検索エンジン」からの評価を上げる必要があります。評価を上げるための方法には、コンテンツSEOや内部対策、外部対策の3種類があります。

どのSEO対策を行うべきかはWebサイトの状況によって異なるため、SEO対策を行っている会社に相談するのがおすすめです。

SEO対策の種類別の費用対効果

外部の会社に依頼できるSEO対策にはコンテンツSEO、内部対策、外部対策の3つがあります。ここでは、それぞれの内容と費用対効果についてご紹介します。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成しGoogleやYahoo!などの検索結果画面からのアクセス数増加を図る施策です。有益なコンテンツとはユーザーの疑問を的確に解消できるようなコンテンツが該当します。

コンテンツSEOは、Googleの検索エンジンアルゴリズムに沿った工夫をすることで、評価を上げて上位表示を狙うことができます。そのため、Googleペナルティの対象になりにくいのが特徴です。

コンテンツSEOの費用対効果

コンテンツSEOの効果が表れるまでの期間は3ヶ月~1年程度といわれています。作成したコンテンツを公開し、上位表示を継続することで自動的に集客してくれるため費用対効果は高まるでしょう。

特にコンテンツSEOの費用対効果が高まるケースとして、ビッグキーワード(検索される回数が多いキーワード)で上位を獲得できた場合が挙げられます。ビッグキーワードの中には、月間検索回数が数十万以上のキーワードもあるため、競合に勝ち上位表示できれば、高い費用対効果が見込めるでしょう。

内部対策

内部対策とは、Webサイトのソースコードを書き直したり、ユーザーが使いやすいように作り変えたりすることです。内部対策を行うことで検索エンジンのクローラーに巡回してもらいやすくなります

クローラーとは、検索エンジンがWebサイトを評価できるように情報を集めてくるロボットのことを指します。ソースコードを綺麗に書き換えることで、クローラーがWebサイトを読み込みやすくなるため、評価が上がる可能性が高まります。

内部対策の費用対効果

内部対策の費用対効果は、対策を行う内容によってさまざまです。内部対策の効果がでるまでには1年程度かかるといわれています。

長期的に見れば内部対策も費用対効果が高いSEO対策といえます。しかし、依頼する内容が大規模であるほど元を取るまでに時間がかかるため注意しましょう。

外部対策

外部対策とは、外部のサイトに自社Webサイトのリンクを貼ってもらうための施策のことです。外部のWebサイトに紹介してもらえるようなコンテンツを作成する必要があります。

外部のWebサイトに自社のWebサイトのリンクを貼ってもらえれば必ずGoogleに評価されるというわけではありません。良質なWebサイトに自然に貼ってもらったリンクが評価されます。良質なWebサイトとは、自社サイトと関連性が高いWebサイトや有名な企業や人物が運営しているWebサイトなどが該当します。

外部対策の費用対効果

外部対策の費用対効果は比較的高いといわれています。また、効果がでるまで6ヶ月かかるといわれているため、結果が分かるまでの時間は他の対策方法に比べて早いほうだといえるでしょう。

しかし、外部対策の方法によってはGoogleからのペナルティを受ける可能性があります。例えば、リンクを貼るためにWebサイトを量産して、リンクを人為的に増やすといった方法はペナルティの対象になりやすいでしょう。

ペナルティを受けた場合、自社のWebサイトやコンテンツがGoogle上に表示されないことがあるため注意しましょう。

SEO対策の料金体系も費用対効果に影響する

SEO対策を外注する場合の料金体系には月額固定型と成果報酬型があります。それぞれ料金を払うタイミングが違い、費用対効果に影響する可能性があるため内容を把握しておきましょう。

月額固定型

月額固定型は、毎月一定額を支払う料金体系です。外注先の会社によっては検索順位やアクセス解析、目標設定を行ってくれます。契約期間は3ヶ月の会社もあれば、6ヶ月や1年の会社もあります。

月額固定型は、毎月固定された金額を支払うため予算を立てやすい料金体系といえるでしょう。早い段階で上位表示できれば費用対効果が高まります。

しかし、SEO対策は結果がでるまでに時間がかかる傾向にあります。上位表示できるまで毎月支払う必要があるため注意が必要です。

成果報酬型

成果報酬型は、クライアントが決めたキーワードで上位表示できた場合に報酬が発生する料金体系です。請求額は、上位表示できた日数で決められる場合や順位で決められる場合などがあります。

成果報酬型は、上位表示できた時のみ料金が発生するため無駄なく予算を使うことができます。しかし、上位表示できたからといってアクセス数やWebサイトからの問い合わせ件数が増えるという保証はありません。また、一時的に上位表示できた場合でも、その後順位状況が下がってしまえば費用対効果が低くなる可能性もあるため注意しましょう。

100%上位に表示されるSEO対策はない

SEO対策には、さまざまな手法があります。しかし、必ず上位表示できるSEO対策はありません。

日本人のユーザーが何かを調べるために利用するのは、主にGoogleとYahoo!といわれています。Yahoo!の検索エンジンもGoogleの検索エンジンを使用しているため、日本でのSEO対策はGoogleの検索エンジンに向けて行うのが一般的です。

確実なSEO対策がない理由には、Googleの検索エンジンのアルゴリズムは日々アップデートされている上に、Googleは上位表示されるアルゴリズムを公開していないことが挙げられます。

そのため、SEOを専門としている会社でも試行錯誤を繰り返して上位表示するための対策を行うのが一般的です。SEO対策は結果がでるまでに時間がかかることは覚えておきましょう。

SEO対策を依頼する際のポイント

SEO対策の外注を検討する際、どの会社を選べばよいのか迷っている方は多いでしょう。ここでは、SEO対策を依頼する会社を選ぶ際のポイントを紹介します。

ポイント1:SEOの対策方法を確認する

SEO対策を依頼する会社を選ぶ際は、外注先の対策方法を聞くようにしましょう。

ご紹介したように、SEO対策にはコンテンツSEOや内部対策などさまざまな対策方法があります。例えば、コンテンツ作成を依頼したいのに、内部対策を請け負っている会社に依頼しても依頼したい内容が逸れてしまいます。

また、検索エンジンのアルゴリズムは定期的に変動します。一時的に順位が上がっても下がる可能性があるため、長期的に成果がでる対策を行っている会社を選ぶのがおすすめです。

ポイント2:SEO対策の料金を確認する

SEO対策を依頼する際は外注先の料金も確認しておきましょう。

SEO対策は成果がでるまでに時間が必要です。しかし使える予算が限られているケースもあるでしょう。そのためにも料金の確認は行う必要があります。

また、SEO対策を請け負っている会社の料金体系には月額固定型と成果報酬型の2種類が多い傾向にあります。どちらの料金体系が自社に合っているか検討してから選ぶようにしましょう。

ポイント3:SEO対策の実績を確認する

SEO対策の実績を確認することも依頼先選びの大切なポイントです。具体的に確認するポイントとしては、「どのようなジャンルのコンテンツを上位表示してきたのか」「年間のコンテンツ製作数はどのくらいか」「キーワードの上位表示率はどのくらいか」などが挙げられます。

これまでに上位表示できたキーワードを確認することは、依頼したいキーワードでも成果を出してくれそうか判断する材料の1つになります。得意なジャンルを知ることで効率よく依頼できるでしょう。

また、これまで年間でどの程度のコンテンツを製作してきたのかを確認することも大切です。実績が豊富な会社のほうがさまざまな種類のWebサイトに応じた対策を行った経験が豊富な傾向にあるため、できるだけ実績数が多い会社に依頼するようにしましょう。

費用対効果の高いSEO対策はプロの会社への依頼がおすすめ

SEO対策を依頼する際に費用対効果が気になる会社は多いでしょう。しかし、対策方法や順位が上がらない原因はさまざまなため、費用対効果は一概にはいえないでしょう。

しかし、SEO対策は正しい知識と経験があれば高い効果が見込めるWebマーケティングといえます。知識に不安がある方は、SEOに関する専門的な知識をもった会社に依頼するのがおすすめです。

株式会社シンプリックは、金融や教育などさまざまな業界で実績の残しているSEOを専門的に請け負っている会社です。各分野に精通したライターや15年以上にわたりSEOに携わってきたノウハウを活かして、良質なコンテンツを作成しています。SEO対策を外部の会社に依頼したいとお考えの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクにつ…

  2. man-pc

    【2021年最新】SEOで最適なタイトル(title)の文字数とSEO…

  3. wordpress

    WordPressのテーマ変更はSEOに影響する? メディア運営者が知…

  4. SEOコンテンツの質は何で決まる?改善例を具体的に解説

  5. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  6. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  7. seo-brock

    サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 検索順位を上げるために更新頻…

  8. SEO対策において「記事の文字数が多いほど上位表示できる」は本当なのか…

PAGE TOP