• SEO対策
  •    

SEO施策の見積もり依頼時のチェックリスト。良い発注のために意識すべきこと

SEO施策の外注で期待通りの成果を生むには、外注先選びがとても重要。しかし、初めて外注するときは、”信頼できる相手かどうか見分けにくい”のが気がかりな点です。

記事では、SEO施策の外注で失敗しないためのチェックポイントをご紹介します。SEO施策の外注を検討されている方は、ぜひ一度目を通されてみてください。

SEO施策の外注パターン

まずSEO施策の見積もりについてご説明する前に、SEO施策にはどのような外注の切り口(パターン)があるのかを整理しておきたいと思います。

総合的なSEOコンサルティング

もっとも包括的なSEO施策の外注が、「総合的なSEOコンサルティング」です。文字通り、顧客サイトのSEO施策全体を請負います。まず、現状の課題分析(獲得キーワード・競合サイト・被リンク調査など)を行ない、続いて内部施策・コンテンツSEO・外部施策の全てに対して横断的に改善を実施します。

サイトの規模感によっても異なりますが、大規模サイトで総合的なコンサルティングを依頼する場合、一般的には月50〜100万円ほどの費用がかかります。

サイト分析とSEOの戦略設計

SEO施策を成功に導くためのサイト分析と戦略設計を行なう業務です。戦略設計は、「内部施策」や「コンテンツSEO」の方針を決めるものなので、SEO施策において必須となる取り組みです。

サイト分析では、現状のサイトのキーワード獲得状況や競合サイトとの差分、コンバージョンへの貢献度が高いキーワードやページを集計します。そして戦略設計へと移り、内部施策で対応が必要な項目、新たに獲得すべきキーワードやリライトすべきページを選定します。

依頼額の相場はサイトの規模感によって異なりますが、一般的には中小規模のサイトで30万円ほど、大規模のサイトで50万円強かかります。

内部施策

内部施策とは、サイトをGoogleに評価されやすいように改善する業務です。Googleの検索エンジンがクローリング・インデックスしやすいサイトにすることで、SEO施策の効率が高まります。

内部施策のチェック項目は数十〜百ほどあり、地道な改善が必要なものから一定のWeb技術を要するものまで存在します。そのため、内部施策の課題調査から対応までを外注するケースが多いです。

依頼額の相場は、課題の数や工数によって異なり、10万円〜100万円ほどになります。月の費用を10〜30万円ほどに定め、数ヶ月かけて継続的に対応を行なう場合もあります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、SEO記事を制作する業務です。SEOキーワードの選定から依頼する場合と、キーワードは自社で選定し制作だけ依頼する場合があります。多くのSEOコンサルティング会社では、キーワードの選定から対応します。

そしてSEO記事の制作は、SEOコンサルティング会社内のライターが対応するパターンとさらに下請けのライター(制作会社やフリーランス)に依頼されるパターンがあります。

外注先の企業がSEOコンサルティングやデジタルマーケティングの会社として運営されているときは、自社内でライティングしないケースが多いです。逆に、編集プロダクションやWeb制作会社としての毛色が強いときは、自社内でライティングを行なうケースが多いです。

依頼額は獲得を狙うキーワードや求める文章の質によって異なりますが、文字単価5円以上で、1記事20,000円〜50,000円あたりが平均的な相場です。

キーワード選定

コンテンツSEOのキーワード選定のみを行なう業務です。SEO記事は社内で制作できるが、キーワードの選定を手助けしてほしい場合に適しています。

キーワード選定は、メインで対応を行なうキーワードと補足的に獲得を狙うサブキーワードをセットにして、上位表示の可能性が高く集客に繋がるキーワードを選定します。

依頼額は100キーワード以下であれば20万円以下、100〜200キーワードであれば20〜30万円ほどが平均的な相場です。

外部施策

外部施策とは、良質な被リンクを獲得しサイトのドメインパワーを高める施策です。Googleなどの検索エンジンでは、良質な被リンクを多く獲得しているサイトほど評価され、SEO効果も高まります。

良質な被リンクを獲得するには、被リンクを貼りたくなるような良質なコンテンツづくりがベースとなりますが、そのほか、プレスリリースを絡めた被リンク獲得や被リンク営業などの施策が行なわれます。

外部施策の注意点は、被リンクの購入です。原則として、被リンク購入は控えてください。外部施策を受託するSEOコンサルティング会社のなかには、被リンクを販売している企業も存在しますが、販売されている被リンクは質が低くスパム判定を受ける可能性が高いので購入しないようにしてください。

外部施策は、一般的に月額5万円〜20万円ほどの範囲内で継続的に実施されます。

月次MTG・レポーティング

SEO施策を継続的に外注する場合、一般的には月1回の頻度でMTGの実施とサイトの現状を表すレポーティングが提出されます。レポーティングでは、サイト全体の流入数やページ別の離脱率、集客経路別の流入数やコンバージョン数などが報告され、MTGで次月以降どのような改善が必要か話し合いが行なわれます。

月次MTGやレポーティングの費用は、そのほかのSEO施策に合算されているケースと個別に値段が設定されているケースがあります。個別の値段は、一般的に月次MTG(1時間)が1〜3万円ほど、レポーティングが3〜5万円ほどとなります。

SEO施策の報酬発生のパターン

books-accounting

SEO施策の外注は、報酬の体系別に「固定報酬型」と「成果報酬型」に分けられます。前章では、外注の業務範囲別にご説明しましたが、次は報酬発生の体系別に解説します。

固定報酬型

固定報酬型は、サイトの成果に関わらず、固定で費用が確定するパターンです。

多くのSEOコンサルティング会社は固定報酬型を採用しています。業務別に単価が定められているケースもあれば、毎月固定の金額で包括的にSEO施策を支援するケースもあります。

成果報酬型

成果報酬型は、キーワードの順位という成果に応じて費用が確定するパターンです。

獲得を狙うキーワードの難易度によって単価は異なり、上位表示(5位以上)の場合、1万円〜30万円ほどかかります。また、上位表示(5位以内)を獲得し続けている限り、毎月費用が発生する契約形態も多く見られます。

SEO施策の外注で失敗しないためのチェックポイント

では、SEO施策の外注で失敗しないためには、どのようなチェックポイントがあるのでしょうか。ポイントを5つご紹介します。

1. 成果報酬型の外注はしない

先ほどご紹介した成果報酬型のSEO施策は、一見すると成果が出ない限り費用が発生しないため発注者に優しい印象ですが、原則的には避けたほうがいいです。理由は、成果報酬型のSEO支援ではGoogleのペナルティを受けるケースが多いためです。

Googleのペナルティを受けない本質的な成果報酬型SEO支援であれば問題ありません。しかし残念ながら、IPアドレス分散をして自社で仕込んだサイトから被リンクを設置するなど、Googleのペナルティに抵触するケースが多いとよく耳にします。

また、業界内で実績のあるSEOコンサルティング会社は、固定報酬型で受注することが多いので、その点から考えても控えることを推奨します。

2. 相見積もりを取る

SEO施策を外注する場合は、基本的には相見積もりをとったほうが良いです。なぜならば、SEO施策の見積もり額は外注先によって異なるケースが多いためです。

また、一見すると安くてお得な見積もり額だったとしても、詳しく内容を聞くと、「SEOの細かい対応ができない」「SEO記事の品質や文字数が少ない」「分析業務やレポーティングがない」など、なにかしらの事情が存在する場合があるため、複数社から同時に見積もりを取ることを推奨します。

3. 具体的な提案内容があるか

見積もり依頼前に自社サイトの集客課題を伝えた際に、どのような具体的な課題解決法や提案内容があるのかをチェックしましょう。また、SEO施策における不明点があれば質問し、即座に明確な回答があるか、回答できないとしてもあやふやな回答をしないか、などの基準でSEOに関する知識がある外注先かを判断します。

特に、最新のSEOトレンドや専門的な内容も交えて話ができるかを注視すべきです。すぐにネットで調べればわかるような回答内容や、担当者の過去の経験が垣間見れない場合は実力を疑ったほうがいいかもしれません。

4. 過去の実績と実績に至った経緯を聞く

過去にどんなSEO施策の実績があるのかを事前に聞いておきましょう。また、その実績(成果)を出すためにどんな取り組みをしたのか、なぜ成果が出たと考えているのかもヒアリングします。

SEO施策において大切なのは、再現性と精度の高い仮説構築力です。そのため、なぜ成果が出たのかを明確に説明できることは、SEO施策の示すひとつの指標となります。

5. 口コミやSNSの評判をチェックする

最後に、ネットの口コミやSNSの評判を事前に確認しておきましょう。サービスの質が悪いSEOコンサルティング会社の場合、ネットの口コミやSNSにネガティブな投稿がされているケースがあります。

ただし、口コミやSNSに現れていないこともありますし、一部のクレーマーのような過去の顧客によって、ネガティブな投稿が強調されている場合もあるので、バランス感覚をもって判断するようにしてください。

SEO施策の見積もり額を抑えるには

estimate

見積もりを提出してもらった後「少し高いな」と思ったとき、見積もり額を抑えるにはどのような点を心がければよいでしょうか。

1. 外注する業務を絞る

SEO施策の費用を抑えるには、外注する業務を絞り、それ以外は自社内で対応することが大切です。SEO施策は細かい業務まで含めると多岐に渡りますが、ネットや書籍等で自ら勉強すれば、ある程度の基準までは自社内で対応可能です。

そのため、実務は自社内で行ない、定期的なコンサルティング(相談)のみ社外の専門家に入ってもらうかたちでコストを抑えることを検討してみてください。

2. 無駄な作業を洗い出す

SEOコンサルティング会社が出す見積もりは、作業にかかる工数をおおよその概算で考えている場合がほとんどです。そのため、詳しく各工程の作業を質問したり、業務を進めていくなかで無駄な業務を洗い出し、それらを省く提案を行なうことが重要です。

また、外注先の慣例で必要のない定例MTGや自社サイトに適していない分析業務などが加えられているケースもあるので、その点を細かく精査し、価格交渉を行なうことも効果的です。

3. 対策キーワードの見直し

コンテンツSEOでは、どのキーワードを対策するかによって難易度やかかる工数が大きく異なります。検索ボリュームは大きいものの、難易度の高いキーワードを集中的に対策するあまり、費用が膨らんでいるケースもあります。

そのときは、検索ボリュームの大きいビッグワードの対策を減らし、検索ボリュームの少ないテールワードの対策を増やすことで、SEO記事全体の単価を下げることができます。

外注先の検討は慎重に

インターネットで調べると数多くヒットするように、SEO施策を外注できる企業はとても多く存在します。

それ故に、”どこに外注すれば良いアウトプットを出してくれるか”、なかなか判断に迷う点かと思います。ぜひともSEO施策を外注する際は、慎重に依頼先を選ぶようにしてください。

弊社シンプリックでは、『Web集客に強い編集プロダクション』としてSEO記事制作に対応することが可能です。「一度お話を聞いてみたい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. wordpress

    WordPress(ワードプレス)のSEO対策で抑えるべきこと。基本的…

  2. SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解…

  3. 記事のリライトとSEO|効果を上げるためのリライトのコツ、方法とは?

  4. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  5. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  6. 【事例有り】コンテンツSEOとは?記事を継続して公開し集客資産をつくる…

  7. SEOキーワードはどこに設定するべきか?キーワード選定方法も解説

  8. UX指標のコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)とは? SEO順…

PAGE TOP