seo-brock
  • SEO対策
  •    

サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 検索順位を上げるために更新頻度より大事なこととは

SEO施策で、サイトの更新頻度はどのくらいを保つべきなのか迷われたご経験はありませんか? 「とりあえず一定の更新頻度は保ったほうがいいのでは?」と考え、制作・掲載スケジュールを一定の頻度で組んでいるという方も多いはずです。

そこで記事では、サイトの更新頻度とSEO評価の関係性について解説します。更新頻度を上げれば検索順位は上がるのか、更新頻度よりも重要な取り組みがあるとしたらそれはなにか。SEO運用の現場でよくあがる疑問にお答えします。

更新頻度とSEO評価の関係性

早速、結論からお答えすると、サイトの更新頻度とSEO評価には直接的な関係性はありません。つまり、更新頻度を上げたとしてもそれだけで検索順位が上がることはないのです。

では何が重要かというと、それは『サイト内のコンテンツの質』です。検索エンジンが評価するキーワードごとの検索ニーズを満たした高品質なコンテンツを作ることが、SEO評価を上げるうえでもっとも重要です。

サイト運営における更新の定義

サイト運営における「更新」の定義とは、以下のどちらかを満たすアクションのことです。

  • サイト内に新規ページを掲載する
  • 既存の掲載ページを部分的に修正する

前者の「サイト内に新規ページを掲載する」は、文字通り、新規コンテンツの追加を意味します。後者の「既存の掲載ページの一部を修正する」は、具体的には以下が該当します。

  • 更新頻度を保つためにページ内の一部分のデータや添付画像を差し替える
  • ページの更新日を最新にするために特に目的を持たず一部を修正する
  • 更新頻度を保つために検索ニーズを満たしていない短文のコンテンツを掲載する

上記は読んでいただければわかるように、どれもコンテンツの質を改善しようとしたアクションではなく、単に更新頻度を上げることを目的としたものです。

更新頻度そのものを目的化しない

このようにサイトの更新頻度を上げることだけを目的にしても、SEO評価が上がることは望めません。あくまで、検索ニーズを満たす高品質なコンテンツがサイト内に掲載されていることが前提です。つまり、考え方としては”質の高いコンテンツ”を”いかに更新頻度上げて掲載していくか”と捉えるべきです。

確かに、QDFアルゴリズムに該当するようなトレンド性・速報性の高いコンテンツは、質を軽視しても検索上位に上がることがあります。しかし、あくまで一時的な順位の上昇であり、長期的に見るとサイト全体の評価を下げる可能性もありますので、いずれにしても低品質コンテンツを高頻度に掲載することは推奨されません。

【QDFアルゴリズムとは】

「Query Deserves Freshness」の略称であり、直訳では「検索は新鮮さに値する」を意味する。

検索数の増減やSNSでの言及数、ニュースサイトでの話題性などを検索エンジンが抽出し、トレンド性の高いページを上位表示させる検索アルゴリズム。QDFアルゴリズムが適用されやすい検索クエリは「地震や天気に関する情報」や「芸能人の話題やスポーツの試合結果」「放送中のドラマやアニメ情報」など

コンテンツSEOで更新頻度よりも重視すべきこと

graph-touch

SEO評価を上げるには、コンテンツの更新頻度にとらわれることなくコンテンツの質と向き合うことが重要です。ここでは、コンテンツSEO施策で更新頻度よりも重視すべき主な取り組みをあげてみました。項目のなかから自社サイト運営の優先度を決め、丁寧に対応を進めていきましょう。

コンテンツの質を高める

SEO評価を高めるには、コンテンツの質を高めることがとても重要です。この記事だけでなく、SEO施策を語る多くの場面で言葉にされているので、皆さんも認識はすでにされていることと思います。では、どのように考えてSEO記事を制作すればコンテンツの質は高まるのでしょうか。

SEO担当者が向き合うべきなのは、検索キーワードごとの検索ニーズを満たすコンテンツ制作です。

SEO記事の制作では、まずはじめに対策する検索キーワードを決めます。検索キーワードが決まったら実際にGoogleで調べてみて、どんなコンテンツが上位表示されているのかをチェックし、検索ユーザーが求めている情報を整理しましょう。さらに、サジェストワードも確認し、同じコンテンツ内で構成に含められそうな内容を精査します。

「自分が同じ検索キーワードで調べたとき、どんな情報を読みたいか」という目線で読者視点に立つ意識も大切です。そのほか、SEO記事を執筆し終えたらすぐ掲載するのではなく、できれば1日以上寝かせることも効果的です。第三者に必ず推敲してもらう体制を作るのもよいでしょう。

誤った情報や古い情報をリライト

SEO記事は掲載したら終わりではありません。検索ユーザーは常に最新であり、かつ正しい情報を求めています。そのため、掲載から日数がたち、事実と異なっている情報や古くなってしまった情報はリライトを行なうことが大切です。検索アルゴリズムも、年次が古い情報は検索順位を下げる傾向にあります。

掲載したSEO記事は、掲載日が分かるかたちでGoogleスプレッドシートなどで一つずつ管理し、一定頻度で情報を確認するルーチンを日々の運用に組み込みましょう。SEO運用者のなかには、新記事の制作・掲載ばかりにリソースを割く方がいらっしゃいますが、サイト全体の評価を上げるためには、過去に掲載したコンテンツの見直しにも同じくらいリソースを割きたいところです。

検索順位が低いページのコンテンツの見直し

SEO記事は対策する検索キーワードにもよりますが、掲載からおよそ3〜6ヶ月で検索順位が安定してきます。なお、検索ボリュームが多く競合性の高いビッグワードほど検索結果に反映されるまでに時間がかかります。

掲載から3ヶ月ほどが経過したら、各コンテンツの対策キーワードで検索順位の何位を獲得できているか確認しましょう。

何位以下をリライト対象とするかはSEO運用者の方針によりますが、競合上位のコンテンツと比較して不足していると思われる情報を加筆する、ユーザーの理解を深める図解を挿入するなどの見直しを行ないます。

低評価コンテンツを削除またはnoindexにする

過去に掲載したSEO記事のうち、検索順位が極めて低いコンテンツ(100位前後)は、リライトするのではなく削除またはnoindexにすることもひとつの選択肢です。SEO評価はドメイン自体の評価を示す「ドメインパワー」にも影響を受けます。

ドメインパワーは権威性のある良質な被リンク獲得のほか、ドメイン内にどれだけ良質なコンテンツが多く含まれているかに左右されます。つまり逆にいうと、低評価なコンテンツが含まれているとドメインパワーを引き下げる要因になってしまうのです。

そのため、リライトしても検索上位が望めないと判断されるコンテンツはサイトから削除するか、検索エンジンのクローラーが巡回しないようにするnoindex設定を行なうのがよいでしょう。SEO評価の点ではマイナスでも、サイトの純粋なコンテンツとして必要、またはCV(コンバージョン)獲得のために必要であればnoindex設定をするのがおすすめです。

SEO記事は高品質を保ったうえで更新する

記事では、サイトの更新頻度とSEO評価にどのような関係性があるのかについて解説してきました。

お伝えした通り、サイトの更新頻度を上げること自体に直接的なSEO効果はありません。もし現在、SEO評価を狙ってコンテンツの質の改善とは関係ないサイト更新を行なっているのであれば、残念ながら意味はありませんので今後は控えましょう。
ただし、高品質なSEO記事を制作できているのであれば、更新頻度は高いほうがより早く検索エンジンに評価されるためSEO評価に繋がります。いずれにしても、SEO記事制作で重要なのは『コンテンツの質』です。検索ユーザーが求めている情報に寄り添って、丁寧にSEO記事を制作していきましょう。

関連記事

  1. women-office

    あなたのSEO知識は正しい? 検索エンジンのクロールに関する誤った認識…

  2. women-typing

    SEO記事制作のおすすめ代行会社8選!外注するメリット・デメリットや相…

  3. UX指標のコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)とは? SEO順…

  4. search-engine

    SEOとリスティング広告の違いや運用の判断基準。リスティング広告はSE…

  5. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  6. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

  7. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  8. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

PAGE TOP