募集されているWebライターは女性(主婦)におすすめ!在宅、副業に向いている?内容や報酬について解説

空いた時間にできる在宅の副業として「Webライター」を考えている主婦や女性も多いのではないでしょうか。近年では、Webライターの募集を目にする機会も多くなりました。

Webライターは未経験でも取り組める魅力的な仕事ですが、応募する前に具体的な仕事内容や報酬の目安を確認しておくことも大切です。

そこで今回は、主に下記について詳しく解説していきます。

  • Webライターの仕事内容
  • Webと紙媒体のライターの違い
  • 在宅副業ライターの報酬目安

Webライターという仕事に興味がある主婦や女性は、ぜひ参考にしてください。

最近よく募集されているWebライターってどんな仕事?

Webライターとは「インターネット上の文章を書く人」のことです。

新聞や雑誌などの紙媒体に掲載する記事ではなく、企業が発信する記事やブログの執筆や、日常の話題をまとめたメディアでの活動などが主な仕事になります。

特定の会社に所属しない限り、執筆する記事のジャンルは多岐にわたるのが一般的です。

Webライターは自分で書きたいジャンルの記事を書くのではなく、クライアントから出されたテーマや文字数、内容に沿った記事を執筆して納品します。そのため、記事の執筆中に不明点が生じた場合は、ネットで検索したり本を読んだりして知識を得なければいけません。

Webライターと紙媒体ライターの違いって?

women-work

Webライターと紙媒体ライターには、主に次のような違いがあります。

  • 記事の書き方
  • SEO対策の重要性

それぞれ詳しく見ていきましょう。

記事の書き方 

Webライターが書いた記事は基本的にネット上で公開されますが、検索=探し物をしながら読まれることがほとんどです。短い文章で簡潔に書き、結論を冒頭に持ってくるなどの工夫が必要です。

また、近年ではスマホから記事を読む人が増えているため「画面を下にスクロールしながら読んだときの読みやすさ」を意識して記事を書く必要もあります。

一方、紙媒体は、見開きでどこからでも自由に読むことができるため「最初から最後まで順を追って読んでもらう」ことはさほど意識しません。文章も読者が読み込むことを目的として書かれます。

SEO対策の重要性

SEO対策とは、特定のキーワードで検索したときに、執筆した記事が検索結果の上位に表示されるようにすることです。

一般的に検索上位とは「1ページ目の1位から10位」のことを指します。ほとんどのユーザーは検索上位の記事にアクセスするので、上位表示への対策は大変重要です。

そのため、Webライターはキーワードの選択や競合記事のチェック、各見出しの作成方法、全体的な構成の流れなど、さまざまな要素を検討しながら記事を執筆しなければいけません。一方、紙媒体のライターには、SEOに関する知識は不要です。

主婦がWebライターとして働くメリット・デメリット

mouse-hand

ここからは、主婦がWebライターとして働く主なメリットとデメリットをそれぞれ詳しく紹介していきます。

Webライターとして働くメリット

Webライターには、主に次のようなメリットがあります。

働き方が自由で完全在宅が可能

Webライターは稼働する時間帯が決まっていないので、自分の都合に合わせて仕事をすることができます。完全在宅での仕事も可能です。

パソコンとネット環境があれば簡単に始められる

Webライターは、パソコンとネット環境さえあればすぐにでも始められます。仕事が上手くいかずにすぐ辞めたとしても、起業するための費用はほとんどゼロに近いので、金銭的な損害を被ることもありません。

経験を活かしやすい

主婦になる前に銀行や飲食店などで仕事をしていた経験がある方は、その経験を活かした記事を書くことができます。個性的な経験を持つWebライターは執筆料が高く、仕事を取りやすくなる傾向があるため、積極的に自分の経験をアピールしていきたいところです。

主婦としての育児や家事の経験も執筆に活かせます。自分が悩んだことや家事で工夫していることなどを活かせるジャンルの記事を執筆すれば、記事を読んだ主婦や女性から共感を得られるでしょう。

Webライターとして働くデメリット

Webライターは多くの主婦に人気がある職業なので、競合との差別化が難しいというデメリットがあります。執筆に活かせるような経験がある方は別ですが、そうでない場合には構成力や文章力、調査能力が他のライターよりも優れていることをアピールしていかなければいけません。

他のライターと差別化を図るために資格を取得するという方法もあります。Webライターに有利な資格例をご紹介します。

日本語検定一級

文部科学省が後援している資格です。語彙力や文法、敬語など、さまざまな内容から出題されるため、実践的なライティングスキルを習得することができます。

7級は小学生レベルですが、1級は実践的な日本語力がないと合格できないため、他のライターと差別化を図るためには1級の取得を目指しましょう。

ビジネス著作権検定

著作権に関する民間資格です。

記事の執筆では、著作権を侵害しないために写真や画像の使用や文章の引用などに関する知識を得ておく必要があります。資格を取得しておけば、知識の裏付けとしてアピールできます。

その他専門資格

金融や不動産などの専門資格を持っていると、執筆料が高めの記事を依頼されることがあります。ファイナンシャルプランナーや宅建などがその代表例です。

応募条件が「FP資格所有者限定」となっている金融系の記事も少なくありません。

在宅の副業ライターがもらえる報酬ってどれくらい?

Webライターの執筆料は、一般的に「1文字あたり〇円」といった文字単価で決められます。たとえば、文字単価1.0円で3,000文字の記事を書いたときの執筆料は3,000円です。

ライターの経験別文字単価は下記が目安となります。

経験値文字単価
未経験ライター駆け出しライター0.1円~0.5円
初心者ライターある程度の文章力がある0.5円~1.0円
中級ライターSEO対策ができる1.0円~3.0円
上級ライター専門的な知識もある3.0円~5.0円
有名ライター名前でアクセスを稼げる6.0円~

副業ライターの場合も、文字単価0.1円~0.5円からスタートするのが一般的です。経験を積んでライターとしてのレベルが上がれば同じ文字数を書いても執筆料が高くなるので、コツコツと実績と信頼を築き上げていきましょう。

女性目線の感性が必要な仕事も多数!Webライターの募集を探してみよう

women-work-pc

Webライターは文章力に自信があり、短時間で文章を仕上げられる人に向いている職業です。ライターとして活動するまでのハードルは高くないので、気軽に応募してみてはいかがでしょうか?

なお、Webライターは下記のようなクラウドソージングサービスで募集されています。

ランサーズ

大手のクラウドソーシングです。一般的な記事の執筆だけではなく、ブログや取材記事、校正、体験談など、さまざまな内容の仕事があります。

初心者でも執筆できる低単価案件だけではなく、専門的な知識が求められる高単価案件も選べるため、経験や資格がある方にも適しているでしょう。

仕事の取り方は、自分から見積もりを提示して応募する方法と、クライアントから直接指名を受ける方法があります。

クラウドワークス

ライティングだけで11万件近い案件がある大手クラウドソージングで、国内シェア・取引額・ユーザー数No.1の実績を誇っています。

ランサーズ同様に仕事の内容は幅広く、報酬に対する手数料の設定も同率となっていますので、初心者の方はまずこの国内2大大手といえるクラウドソーシングのいずれかから登録してみてはいかがでしょうか。

ココナラ

スキルをやり取りするサイトです。記事やブログの執筆のほか、小説やシナリオの作成、文章校正などの仕事があります。

ビジネスだけではなく、プライベートでの利用も可能です。自分のスキルや経験を「サービス」として出品したい方は利用してみるといいでしょう。

メディアサイトのライター募集ページ

独自にライターを募集しているメディアもあります。募集要項を確認したうえで専用フォームから応募してみましょう。なお、シンプリックでもライターを募集しているので、まずは気軽にお問合せください。

弊社シンプリックでも、随時ライター募集を行なっております。弊社ですが、継続してクライアントサイトの記事制作を請け負うケースがほとんどのため、毎月何本というように定期的なご依頼が可能でございます。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

関連記事

  1. SEO対策において「記事の文字数が多いほど上位表示できる」は本当なのか…

  2. 集客できるSEO記事の書き方|ユーザーファーストな文章/コンテンツとは…

  3. Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り…

PAGE TOP