集客できるSEO記事の書き方|ユーザーファーストな文章/コンテンツとは?

「SEO記事」の書き方をマスターし、ユーザーの求めるコンテンツ提供を行えば、自社サイトの集客数を増やすことができます。 

SEO対策を考慮した記事の作成は、多くの企業が取り組んでいますが、ポイントをしっかりおさえておくことで、効果に差が出てきます。 

本記事では、高い集客効果を得るために、SEO記事を作成する上での基本的な考え方を解説し、どのように文章を用意していけば良いか解説します。 SEO記事を書く上での基本となる考え方をマスターしておけば、今後様々な実務現場で活用できますので、ぜひチェックしてみてください。

SEO記事を書くときの基本的なポイント

SEO記事の書き方として、常に心がけておきたいのが、「ユーザーファースト」の意識です。 

コンテンツを読むユーザーを一番に考えて記事を作成することが、SEO記事においても最重要な要素です。 Googleをはじめとした検索エンジンは、「ユーザーが必要としている情報を提供すること」が使命だからです。

本章では、ユーザーファーストな文章を作成するためのポイントを整理していきます。

SEO記事とは検索ユーザーに「答え」を提供する記事のこと 

検索するユーザーは、「知りたいこと」「探しているもの」があるから検索行動を行います。

ユーザーファーストなコンテンツとは、SEO記事内に読者のための「答え」を用意することです。 ユーザーの目的=「検索意図」に回答性の高い情報を提供することが、SEO記事には求められているのです。

ユーザーがどのような情報を求めているか確認するためには、 実際に検索を行い、上位表示されている記事内容をチェックします。また、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで検索を行い、どのようなニーズがあるか確認するのもおすすめです。事前調査をした上で、記事内容の企画を進めていきましょう。

検索クエリをタイトルや文章に組み込む 

ユーザーが記事コンテンツに到達するための道標となるのが、検索クエリです。 

検索クエリをSEO記事の「タイトル」や「見出し」に盛り込むことで、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツであることを伝えてください。なるべく前方に配置し、視覚的にユーザーに「どういった記事なのか」が伝わりやすくしましょう。

また、タイトルや見出しは、検索エンジンが優先的にチェックをする項目のため、対検索エンジンという視点でもキーワードを盛り込むことが重要となります。

嘘はダメ!信頼性のあるデータを活用 

ユーザーにとって有益な記事に仕上げるためにも、嘘や曖昧な情報の記載は避けましょう。 

信頼性のある機関が公表しているデータなどを活用したり、信頼できるソースを提供することで、SEO記事の論旨を組み立てていきましょう。

SEO記事を作成するためには、事実確認を徹底できるリサーチ力が重要となります。どういった点を重視して事実を確認すべきなのかを理解して、クリーンな記事を作るように努めましょう。 

また、当然のことですが、他サイトのコンテンツをコピペすることは絶対にしないようにしましょう。 

読みやすく理解しやすい文章を書く 

ユーザーファーストなSEO記事の要素として、「読みやすい文章」も重要なポイントになります。 

難解な言葉をなるべく避け、理解しやすい語順や文脈を意識して文章を作成しましょう。「中学生でも理解できる文章」が理想と考えてください。 

視覚的な分かりやすさを追求するために、図表や画像の用意も積極的に行いたいもの。文章よりも絵や写真の方が伝わりやすいケースでは、積極的に文章以外を使いましょう。動画の利用もおすすめです。 

また、見出しを上手に活用して、記事全体の構成を読みやすく整えることも重要です。 大見出し、中見出し、小見出しを有効に配置して、話の流れや区切りを明確にすることを意識しましょう。

情報量に見合った文章量を用意する 

SEO記事を作成する時は、「回答性の高いコンテンツにはどの程度の情報量が必要か」という観点から、文字数を設定することが大切です。 

「文字数が多い=完成度が高い」というわけではなく、ユーザーが知りたいことをわかりやすく簡潔に伝える記事こそが、良質なコンテンツと判断されます。 まずは全体の構成を作成して、どのくらいの文字数が想定されるのか把握することが大切です。 

文字数が多い文章は、読了に時間がかかるため、読みやすさにこだわって文章を整形する必要があります。適切な改行を行なったり、適宜画像を挿入したりして、読んでいて苦にならない構成を心がけましょう。 

ユーザーファーストなSEO記事の作成を

SEO記事の書き方を追求していくと、ライティングテクニックよりも、ユーザーファーストの意識が重要となります。

この機会に記事作成の方向性を見直して、ユーザーの求める内容になっているか、ユーザーが読み進めやすい構成になっているか確認してみてください。

 検索結果で上位表示きれば、自社のサイトへの集客数を増やすことができます。SEO記事にまとめられる要素を改めてチェックし、ユーザーと接触できる機会を増やせるような文章の作成や修正を進めていきましょう。

関連記事

  1. SEO対策において「記事の文字数が多いほど上位表示できる」は本当なのか…

  2. Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り…

PAGE TOP