「読みたい!」と思わせるコラムタイトルの付け方

コラムを書く際にタイトルの重要性を考えたことはありますか?魅力的なタイトルは読者の関心を惹き、コラムペースへのクリックを促します。

魅力的なタイトルを作成するには、適切なフレーズとキーワードの選択が不可欠です。

そこで本記事では、読者に「読みたい!」と思わせるコラムタイトルの付け方を詳しく解説します。タイトルを工夫することで、読者が読みたくなるようなコラムに仕上げましょう!

コラムタイトルの重要性

コラムのタイトルには、読者の第一印象を左右する重要な役割があります。

タイトルは、SEO対策(検索エンジン最適化)への影響も小さくありません。適切なキーワードを含めることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果で上位表示される可能性が高まり、コラムへのアクセス数の増加につながります。

またタイトルには、ブランドイメージや個人の専門性を反映することが大切です。一貫性のあるタイトルを設定すれば、コラム全体のブランディングにもなるでしょう。

良いコラムタイトルの特徴

ユーザーのクリックを促す「良いコラムタイトル」には、次のような4つの特徴があります。

  1. 簡潔でわかりやすい
  2. 読者の関心を惹く言い回し
  3. キーワードを含んでいる
  4. 具体的で明確

それぞれ詳しく見ていきましょう。

簡潔でわかりやすい

読者の関心を惹きやすくするためにも、ぱっと見ただけで内容がわかる簡潔なコラムタイトルを意識しましょう。

長くて複雑なタイトルは検索結果画面でも読者の目に留まらず、そのままスクロールされてしまう可能性が高まります。

なお、コラムタイトルの理想的な文字数は28文字〜32文字です。この文字数であれば読者にコラムの内容を簡潔に伝えられるだけではなく、PCとスマホのどちらでも検索結果に全文が表示されやすくなります。

読者の関心を惹く言い回し

センセーショナルな言い回しや、読者に呼びかける表現を盛り込むのも効果的です。言葉遊びやユーモアを取り入れるのも、ひとつの方法でしょう。

下記は、センセーショナルな言い回しや、読者の関心を惹きやすいフレーズを盛り込んだタイトル例です。

例:「インフレを乗り切ろう!食費を半分に抑える驚くべき方法とは」

  「転職で年収が2倍に!?知らないと損するスキルの活用方法」

キーワードを含んでいる

キーワードは読者への訴求に欠かせませんが、SEOの観点からもタイトルにキーワードを含めることが大切です。ただし、無理にキーワードを詰め込むのはNGです。関連するキーワードは自然な言い回しの中に盛り込みましょう。

下記は、関連するキーワードを含んだタイトル例です。

キーワードコラムタイトル例
コーヒー  見分け方「本当に美味しいコーヒーの見分け方|プロが教える選別基準とは」
SEO対策 無料「お金をかけずにできるSEO対策!無料で結果を出す裏ワザを紹介」
30代 転職 リスク「30代からの転職はもうヤバくない!リスクを最小化する賢い方法」

SEOとキーワードの関係性について、下記の記事でも詳しく解説しています。「そもそもSEOとキーワードの関係性についてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

SEO対策の成果とキーワード数の関係性を解説

具体的で明確

タイトルには、コラムの内容が明確に示されている必要があります曖昧なタイトルは読者の期待に沿えないばかりか、失望させる恐れもあるので注意しましょう。

下記の例のように具体的なトピックとベネフィットを提示して、読者の期待に応えることが大切です。

例:「エクセルで業務効率が劇的にアップ!作業時間を3割削減する方法」

  「慢性的な肩こりの悩みを解消!原因と最新の対処法を徹底解説」

コラムタイトル作成のヒント

ここからは、コラムタイトルを作成する際のヒントを8つ紹介していきます。

  1. 対象読者を明確にする
  2. 数字を入れる
  3. 印象に残るフレーズを使う
  4. 網羅性を意識する
  5. 冒頭に注目フレーズを入れる
  6. 自分の属性を前面に出す
  7. 共感を呼ぶ表現を盛り込む
  8. 簡便性を伝える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

対象読者を明確にする

まずはコラムの対象読者を明確にしましょう。対象読者が明確になれば具体的でわかりやすいタイトルを作成でき、読者の共感も得やすくなります。

また対象読者の年齢層や職業などに応じて、フォーマルまたはカジュアルの語り口を使い分けることで、さらに読者の共感を得やすいコラムの作成も可能です。対象読者が明確でなければ盛り込むべきワードも把握できません。

数字を入れる

コラムタイトルに数字を入れると、具体性が増して読者がコラムの内容をイメージしやすくなります。「3つの習慣」や「5つの方法」などと明記するだけでも、読者の興味を惹きやすくなるでしょう。

なお、タイトルの数字は「資格取得の壁を超える3ステップ」のように、作業手順や量を表す言葉としても効果的です。

印象に残るフレーズを使う

印象に残るフレーズやキャッチコピーを使うのも有効です。読者が思わず読みたくなるような言葉を心がけましょう。

ただし、過大に期待させると、読者の期待を裏切る恐れがあります。内容と合致したフレーズで読者を惹きつけられるような「バランス」を意識しましょう。

網羅性を意識する

特定のテーマに関する網羅性をアピールすれば、読者からの信頼を得やすくなります。「完全版」「〇〇まとめ」「徹底解説」といった言葉は、網羅性を連想させる表現です。

ただし、網羅性を求めすぎると内容が薄くなる恐れがあるので、読者に伝わるコンパクトさと情報量のバランスが重要です。

冒頭に注目フレーズを入れる

タイトルの冒頭は目につきやすいため、インパクトのある言葉を入れましょう。質問形式や感嘆形式も読者の注目を集めることができます。注目してもらうためにも読者の欲求に訴えかける言葉を選びましょう。

例:「ストレス解消に効く!自宅で出来る簡単エクササイズ」

上記の例では「ストレス解消に効く」という前置き自体がコラムの魅力になり、読者の興味を惹きつけます。

自分の属性を前面に出す

執筆者の専門性や職業を活かすことで内容への信頼度が高まります。「〇〇のプロ」「○○歴〇年」など、自分の強みを前面に出してインパクトを与えましょう。

例:「プロのスタイリストが教える~」

  「投資20年の経験者が解説する~」

共感を呼ぶ表現を盛り込む

読者から共感を呼ぶ表現も効果的です読者の悩みや関心事をタイトルに盛り込むだけでも、読者に「自分に関係のある内容だ」と感じてもらうことができ、コラムを読んでもらいやすくなります。

例:「毎日の通勤が辛い人必見!ストレスを軽減する5つの方法」

  「子育てに悩むママへ|イライラを和らげる簡単なテクニック」

簡便性を伝える

何かと多忙な現代人は、手軽に実践できる情報を求めています。そのため、コラムのタイトルに「簡単」「手軽」「○分でできる」といった表現を入れ、簡便性を扱ったコラムであることを伝えましょう。

共感を呼ぶ表現と簡便性を組み合わせれば、読者が「自分に役立つ情報が手軽に得られそう」と感じてくれるようになります。

例:「忙しい朝でも5分で作れる!栄養満点の簡単レシピ」

  「初心者でも手軽に始められる!週末の趣味にオススメのDIY」

ジャンル別!読者を惹きつけるコラムタイトル例

ジャンルに合わせたタイトルの付け方を知っておくと、読者のニーズに沿ったコラムタイトルを作成できます。

ここでは「ビジネス」「自己啓発」「ライフスタイル」「テクノロジー」の各ジャンル別のコラムタイトル例を紹介します。

ビジネス

ビジネスジャンルのコラムタイトルは、仕事の悩みや課題を解決する内容や、キャリアアップに役立つ情報などを盛り込むのが一般的です。具体的な数字や事例を含めると説得力のあるタイトルになります。

例:「トップセールスマンが教える!営業成績を30%アップさせた秘訣」

営業職の読者にとって関心の高い内容であり、具体的な数字を提示することで記事の価値も伝えています。

例:「【新入社員必見】ベテラン社員から学ぶ仕事で失敗しないコツ3つ」

新入社員の悩みに寄り添いつつ、先輩社員の経験談と実践的なアドバイスを期待させるタイトルです。

自己啓発

自己啓発ジャンルのコラムタイトルは、読者の自己成長や目標達成をサポートする内容にすると効果的です。読者の感情に訴えかける言葉を使えば強いインパクトも与えられます。

例:「今の自分を変えられる|自己肯定感を高める5つの習慣」

自信のなさに悩む読者の心に響くタイトルです。具体的な習慣の紹介も含めることで、読者の行動変容を促しています。

例:「成功者に共通する朝の過ごし方とは?1日の生産性を上げる方法を教えます!」

成功者の事例を通じて、読者の自己啓発への意欲を高めるタイトルです。

ライフスタイル

ライフスタイルジャンルのコラムタイトルは、日常生活で役立つ情報や、楽しい時間の過ごし方のヒントを提供する内容にすると、読者への訴求力が高まります。読者の興味を惹く話題や流行も取り入れればタイトルの魅力が増すでしょう。

例:「今年の夏はこれで決まり!インスタ映えする話題のビーチスポット5選」

読者の興味を惹く旬の話題を取り上げながら、友達との楽しい夏の過ごし方を提案するタイトルです。

テクノロジー

テクノロジージャンルのコラムタイトルは、専門用語を避け、わかりやすい言葉で記事の内容を伝える必要があります。

例:「スマホ1台で本格的な動画編集!初心者でも使えるおすすめアプリ3選」

趣味やビジネスで動画編集に興味がある読者に向けて、手軽に始められることをアピールしています。

コラムタイトル作成の実践手順

コラムタイトル作成の実践手順は、下記の4ステップです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ステップ1:ブレインストーミング

コラムのキーワードをふまえながら、自由にアイデアを出していきます。制限をかけず思いつくままに列挙してみましょう。

【キーワード】
ダイエット簡単
【考えられる対象読者】
・ダイエットに挑戦したいが努力は続けられそうにない人
・生活習慣の中で取り入れられるダイエット法を探している人
・短期間で痩せたいと思っている人
【含めたいフレーズ
理想の体重、健康的、ストレスフリー、続けられる など

ステップ2フレーズの組み合わせ

ステップ1のアイデアを組み合わせてラフなタイトル案を作成します。

  • 「誰でも続けられる簡単なダイエットの習慣」
  • 「手間なし&我慢ゼロの簡単ダイエットテクニック」
  • 「手軽に続けられる簡単なダイエットの習慣を詳しく紹介」

ステップ3:改善とブラッシュアップ

ラフ案を改善していきます。改善する際には下記5つのポイントを意識しましょう。

  1. 簡潔でわかりやすいか
  2. 冗長な部分はないか
  3. キーワードが適切に使われているか
  4. 共感を呼び関心をひくか
  5. アクションを促せるか

ここでは、ステップ2で作成したタイトル案を改善してみます。

「手軽に続けられる簡単なダイエットの習慣を詳しく紹介」

改善ポイントは下記です。

  • フレーズを入れ替えて簡潔でわかりやすくする
  • 対象の読者を明確にする

ブラッシュアップ後

「痩せられない人必見!理想の体型を手に入れる簡単ダイエット」

ステップ4:複数案の比較

タイトル案は複数作成し、客観的に比較検討しましょう。

  1. 「忙しい人でも続けやすいダイエット!誰でも簡単に痩せられる方法とは」
  2. 「痩せられない人必見!理想の体型を手に入れるための簡単ダイエット」
  3. 「時間がなくても簡単に続けられる!ストレスフリーなダイエット術」

上記のタイトル案はどれも魅力的ですが、1つ選ぶなら「時間がない人でもラクラク続けられる!ストレスフリーダイエット術」が最も読者を惹きつけるコラムタイトルと言えます。

このタイトルを選択した理由は下記のとおりです。

  • ターゲット層が明確化されている
  • ダイエットが面倒ではないことが強調されている
  • 「ダイエット術」とあり、具体的な方法が紹介されると期待できる
  • 前半は長め、後半が短くまとまっておりリズム感がよい

①は冗長さがあり、②は「痩せられない人」と対象が限定されすぎている印象があります簡潔さと親しみやすさの点でも、③が際立っているでしょう。

生成AIを使ってコラムのタイトル案を出す方法

生成AIを使ってコラムのタイトル案を出したい場合には、下記のようなプロンプト(命令文)を入力します。

例:「健康的な生活習慣」に関するコラムのタイトル案を5つ考えてください

ChatGPTが作成した上記の1〜5の中で、このまま使えるタイトルはひとつもないので、自分でアレンジする必要があります。

なお、生成AIの回答レベルはプロンプトによって全く異なります。今回ご紹介した命令文は「Zero-Shotプロンプティング」と呼ばれる基本的な方法です。

出力を絞り込む「Few-Shotプロンプティング」や、補足知識から高レベルな回答を導き出す「知識生成プロンプティング」などもありますが、本格的な学習と入力には時間がかかります。

初心者やブロガーが気軽にタイトルを作成したいのであれば、Zero-Shotプロンプティングで出力された内容を自分なりにアレンジしたほうが早いでしょう

プロンプトの作成・入力が面倒な場合は「ラッコキーワード」の利用もおすすめです。

1、検索窓にキーワードを入力し、右側のプルダウンから「記事タイトル生成(AI)」を選択します。

2、有料プランはAIモデル「GPT-4.0」も選択できます。選択後は「タイトル生成」をクリックしましょう。

3、タイトルが生成されます。

読者を惹きつけるコラムタイトルを作成しよう

本記事では、コラムタイトルの重要性や作成のヒント、ジャンル別の読者を惹きつけるコラムタイトル例などを紹介しましたが、いかがでしたか?

コラムタイトルは、コンテンツの入り口として重要な役割を担っています。ユーザーの関心を惹くタイトルを付ければ、本文を読んでもらえる可能性が格段に高まります。本記事で紹介したどれか1つをコラム作成時に意識するだけでも、より多くの人から読んでもらえるようになるでしょう。

ぜひ今日から記事作成の際に実践して、効果を実感してみてくださいね。

「コラムのアクセス数が伸びない」とお悩みの方は、ぜひ一度実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

Webコンテンツ診断サービス
300サイト以上の集客改善経験を駆使し、SEO視点でサイトの課題を洗い出してWeb戦略を構築します

関連記事

  1. SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために

  2. Webライティング

    Webライティングの構成(見出し)の作り方を公開!ユーザーの理解から興…

  3. blogwriting-techniques

    読者を引き込むコラムの書き方を”例文付き”で解…

  4. 【初心者向け】SEOに強いブログコンテンツの作り方-7ステップ-

  5. Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り…

  6. 主婦でもwebライターになれる?気になる収入やメリットを解説!

  7. Webライターは女性(主婦)におすすめ!在宅、副業に向いている?内容や…

  8. re-writing

    【具体例有】ブログ記事のリライトのやり方を徹底解説

PAGE TOP