SEO分析チャートとメモ帳
  • 記事の外注
  •    

コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も紹介

オウンドメディアを運営していても、コンテンツの検索順位やコンバージョン率がなかなか上がらず苦労している会社は多いでしょう。記事を公開してしばらくしても検索順位が上がらない場合や、Googleのコアアップデートによって記事の順位が落ちた場合などに活用できるのが「リライト」です。

この記事では、リライトするコンテンツの選び方やリライトを外注・依頼する際のポイントについて紹介します。リライトを活用する方法を学び、ぜひ自社の事業に活かしてみてください。

リライトを外注・依頼するメリット

一度公開したコンテンツをリライトすると、さまざまなメリットを得られます。リライトは単に記事の内容を変更する作業ではないため、SEO対策のノウハウを持つ業者やライターに外注・依頼することをおすすめします。

ここでは、質の高いリライトによって最適化されたコンテンツに期待できるメリットや効果を紹介します。

コンテンツの品質が高まる

リライトにより細かな調整を行うと、コンテンツの品質を高められます。

コンテンツのリライトでは、古くなっていた情報を最新のものに更新したり、記事のボリュームを増やしたりします。また、構成の入れ替えや詳しい用語解説などを行うことで、ユーザーにとってより理解しやすいコンテンツにすることも可能です。

質の高いコンテンツはユーザーの満足感や納得感につながるため、ユーザーのファン化やコンバージョン率の向上に期待できるでしょう。

検索順位の向上に期待できる

リライトを行ったことでコンテンツの更新日時が最新のものになると、検索エンジンによるページの再評価が行われます。このときコンテンツの内容が以前よりよいと評価されると、検索順位が向上することがあります。

また、最新のアルゴリズムに対応したSEO対策を施せるため、上位表示の継続にも期待できるでしょう。これにより継続的な流入の確保や、サイトの認知度向上が図れます。

さらに、自社のサービス利用や商品の購入につながるキーワードで検索順位を向上できれば、見込み客からのアクセス数が増え、コンバージョン率の向上として成果が表れることもあります。

新規コンテンツ制作よりも効果をイメージしやすい

SEO対策において、新規コンテンツを継続的に増やすことは重要です。しかし、新規コンテンツの検索順位や流入数は投稿するまで未知数といえます。

一方、既存コンテンツであれば、過去や現在の順位状況や流入数が判明しており、改善すべき問題点も見つけやすいでしょう。流入数の増加やコンバージョン率の向上など、目的に合わせてリライトするコンテンツを選定できる点もメリットです。

リライトとは?

リライトは、英語で「rewrite」と表記する言葉です。和訳すると、書き直す・書き換えるといった意味になります。

コンテンツ制作におけるリライトは、すでに公開している記事を書き直すことをいいます。本文の内容を修正したり、最新の情報を加筆したりすることで記事の内容を充実させ、ユーザーに有益な情報を与えられるコンテンツにしていきます。

リライトを検討すべき記事

リライトはSEO対策として有効な方法といえます。ただし、すでに公開している全ての記事をリライトする必要はありません。全ての記事をリライトするとなると、膨大な時間と手間がかかってしまいます。ここでは、リライトを検討すべき記事の特徴を紹介します。

紹介している情報が古くなった記事

記事を公開後、数年間情報のアップデートを行っていないという会社も多いでしょう。そういった記事は、ユーザーに対して誤った情報を提供している可能性があります。

具体的には、すでに終了している期間限定キャンペーンの紹介や、休止しているサービスの訴求などが挙げられます。

検索エンジンはコンテンツの「更新性」も評価しています。誤った情報を紹介したままの状態で放置しておくと、検索エンジンから信頼性の低いサイトと判断され、検索順位が下がってしまう恐れがあります。

また、検索ユーザーは最新の情報を求めているため、更新日時の古い記事はアクセスされないケースがあります。記事の内容を最新情報に更新しておくことは、ユーザーの満足度向上にもつながるでしょう。

検索順位が20位前後の記事

検索順位が低い記事はリライトしても検索順位が上がらない傾向にあります。検索順位が50位以下の記事をリライトで10位以内にすることは、難しいといえるでしょう。

おすすめの方法は、検索順位が20位前後の記事を積極的にリライトすることです。検索順位が20位前後ということは、ある程度コンテンツとして評価されているといえます。リライトを行い内容を充実させることで、上位表示を狙えるでしょう。

CTRが低い記事

CTRとは「Click Through Rate」の略語で、検索ユーザーにページが表示された回数のうち、検索ユーザーがクリックした割合を表したものです。CTRは以下の計算式で導き出すことができます。

検索順位が上位の記事であっても、CTRが低い場合には商品やサービスの成約数増加は期待できません。上位表示できているのにCTRが低い記事がある場合、リライトすることをおすすめします。

この場合、特にタイトルとディスクリプションを見直す必要があるといえます。ディスクリプションとは、検索結果に表示される記事の概要を説明した文章のことです。ディスクリプションを読むことで、ユーザーはその記事で自身の求める情報が得られるかどうかを把握しています。

CTRが低いということは、タイトルやディスクリプションの時点で検索ユーザーの心を掴めていないということです。リライトでキャッチーなタイトルをつけたり、ディスクリプションの内容を工夫したりすることでCTRを向上させられるでしょう。

リライトは外注・依頼した方がよい?

リライトを外注せずに、自社で行うことを検討している会社もあるでしょう。自社内にコンテンツ制作に精通した担当者がいる場合は、自社でリライトを行うことが可能です。しかし、専門知識を有する担当者が自社内にいない場合、外注・依頼することをおすすめします

「元の記事を修正するだけだから、自社でできるのではないか」と考える人もいるでしょう。しかし、情報の修正だけではリライトの効果を十分に得られない可能性があります。

リライトは、競合サイトの調査や構成案の見直しなど、専門的な知識を必要とする作業です。それらの作業方法をひとつひとつ調べながらリライトするとなると、手間も時間もかかりすぎてしまうでしょう。SEO対策の経験が豊富な業者やライターに依頼した方が効率がよいといえます。

リライトを外注・依頼する主な方法

リライトを外注する方法はいくつかあるため、自社の予算に合わせて適した方法を選択することが大切です。ここからは、リライトを外注・依頼する方法を紹介します。

クラウドソーシングサービスを利用する

リライトを外注する方法のひとつとして、クラウドソーシングサービスを活用することが挙げられます。クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい人と、仕事を受注したい人とをつないでくれるサービスのことです。有名なものとして、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

クラウドソーシングサービスを利用しているライターは多く、リライトを依頼することもできるでしょう。一方で、クラウドソーシングサービスに登録する必要がある点や、ライターと逐一やり取りをする必要がある点などはデメリットといえます。

SEO対策専門の業者に依頼する

リライトの効果を高めたい場合や、クラウドソーシングサービスへの登録・ライターとのやり取りといった業務に時間を割きたくない場合には、SEO対策専門の業者に依頼するのがおすすめです。

先ほど紹介したように、リライトは専門的な知識を要する作業です。さまざまな業種のコンテンツ制作やSEO対策を手がけている専門の業者に依頼することで、より高い効果が期待できます。

クラウドソーシングサービスを利用する場合と比較して、費用がかかる傾向にある点はデメリットといえます。しかしリライトで上位表示を達成することで、かかった費用よりも大きな利益を得られる可能性もあるでしょう。

弊社シンプリックは、Web集客(SEO)に強い編集プロダクションです。リライトをはじめ、SEO対策を施したコンテンツ制作を得意としております。さまざまなジャンルの専門家を含むライターと提携しているため、あらゆる企業様のニーズや目的に寄り添うご提案が可能です。

「オウンドメディアのコンテンツ数が増えてきたので、リライトを検討したい」「リライトをしたいが効果のある方法がわからない」。そのようなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

リライトを外注・依頼する際のポイント

リライトの効果を高めるためには、気をつけておくべきポイントがあります。ここでは、リライトを外注する際のポイントを紹介します。

依頼相手と打ち合わせをする

リライトを外注する際、まずは依頼相手としっかり打ち合わせを行うことが大切です。

しかし、クラウドソーシングサービスを利用する場合、ライターとのやり取りはチャット形式の文章が中心となります。これからリライトを依頼するライターがどういった人なのか、疑問に感じている部分がないかどうかなどは、文章では読み取りづらいといえるでしょう。

そのためリライトの外注・依頼をする際は、ビデオ会議ができるツールを活用して打ち合わせすることをおすすめします。ライターの人柄を把握することで、お互いに仕事を進めやすくなるでしょう。

また、SEO専門の業者に依頼する際にも、定期的に打ち合わせを行いましょう。打ち合わせを重ねることで、リライトした記事の成果を確認しながら、お互いの認識をすり合わせてさらなる施策を検討することも可能です。

リライトの目的を明確に伝える

リライトする目的はひとつではありません。各会社によってリライトする目的は異なります。目的が明確に伝わっていなければ、望んだ成果を得られるリライト記事が納品されない可能性があります。

リライトをする主な目的として挙げられるものをいくつか紹介します。

  • 文章をもっとわかりやすくしたい
  • 専門性の高い文章にしたい
  • 成約につながるような記事にしたい
  • 似たような記事を公開するため、コピーコンテンツにならないよう調整してほしい

文章をもっとわかりやすくしたい場合には、説明のない専門用語を極力除き、ていねいな解説を入れる必要があります。一方で、専門性の高い文章にしたい場合には、専門用語を多く入れ込むことになるでしょう。

このように、リライトする目的によって修正方法が変わってきます。外注先にはリライトする目的を明確に伝えるようにしましょう。

リライト時の注意点を漏れなく伝える

コンテンツ制作において、独自のルールを設定している会社も多いでしょう。具体的には、他社のサービス紹介をしないことや、h4の見出しを使用しないことなどです。このような独自のルールは、外注先に漏れなく伝えておく必要があります。

外注後しばらくして独自ルールの伝え漏れに気づいた場合、業者やライターによっては追加料金が発生することもあります。予算の浪費を避けるためにも、注意点は事前に漏れなく伝えておくようにしましょう。

また、こうした伝え漏れを防ぐためにも、打ち合わせをしっかり行うことが重要といえます。

参考資料を用意して外注・依頼先へ提供する

リライトの目的やリライト時の注意点を伝えることが大切だとわかっていても、どうしても抜け漏れが発生してしまうこともあるでしょう。その防止策として有効な方法が、リライトで活用できる参考資料を事前にまとめておくことです。

リライトの目的や注意点はもちろん、文体や参考にしてほしいサイトなどの要望がある場合には、参考サイトのURLもまとめておくとよいでしょう。参考資料を外注先へ共有することで、質の高い記事にリライトしてもらえる可能性が高まります。

外注・依頼して効果の高いリライトを行いましょう

リライト記事の選定基準や、外注先へリライトを依頼する際のポイントについて解説しました。

リライトはやみくもに行えばよいというものではありません。リライトの効果が見込める記事をピックアップし、的確な施策方針を定めてから行うことが大切です。こうした質の高いリライトを行うためには、競合サイトの調査や構成案の見直しなど、専門知識が必要になるという点も覚えておきましょう。

自社に専門知識を持った担当者がいない場合には、リライトを外注・依頼することをおすすめします。弊社シンプリックでもSEO対策の効果を高めるリライトのご依頼を承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 記事制作の外注は「ライティング会社/クラウドソーシング」の2択から!特…

  2. 記事作成代行会社の活用メリット・選び方を解説|おすすめの代行会社をご紹…

  3. 優秀な外注ライターに依頼したい!良い記事が書けるライターの見つけ方

  4. Webライティングの外注費の相場は?原稿料の考え方やオプション料金を詳…

  5. “記事外注の失敗パターン”から学ぶ記事作成を依…

  6. アウトソーシングと委託の意味の違いは? 派遣との違い、アウトソーシング…

  7. 記事外注を成功させるマニュアルの作り方&ライターとの良好な関…

  8. ライティングを外注する際の注意点とは?代行会社に依頼した場合とクラウド…

PAGE TOP