ライティング単価の相場とは|外注先の選定前に記事や作業の値段をチェックしよう

自社サイトのコンテンツの充実をはかるために、ライティングを外注するのも一つの方法です。

しかし、外注費用の相場が分からなければ、見当違いの依頼をしてしまい、予算を無駄遣いしたり、品質の低い記事の修正に時間を取られたりといった状況になりかねません。

本記事では、ライティングを外注する際の費用相場が「記事の内容」や「記事の形態」、「依頼先」「依頼内容」によって、どのように変わってくるのかを整理して解説していきます。

ライティングの外注相場を項目別で調査

まずはWEBライティングにおける見積りの考え方を押さえておくことが大切です。

ライティング費用の算出方法は「文字単価」と「記事単価」の2種類

見積の算出方法には、以下2つのパターンがあります。

  • 文字単価
  • 記事単価

依頼する記事内容によって、単価は変動しますが、まずはそれぞれの考え方を押さえておきましょう。

1 「文字単価」について

文字単価とは「1文字=〇円」というように1文字あたりの金額で費用を算出する方法です。

1文字あたりの単価×文字数×記事数で見積金額が計算されます。

<例>文字単価0.5円で2,000文字の記事を5記事ライターに依頼する場合

→(計算式)1文字0.5円 × 2,000文字 × 5 = 5,000円

文字単価は、安価なもので0.5円〜数十円と幅広く、記事内容や専門性、ライターレベルによって異なります。

文字単価での取引は、幅広く利用されており、初心者や未経験ライターに相談する際にも頻繁に利用されています。

2 「記事単価」について

記事単価とは「1記事=〇円」というように、文字数の厳密な規定を設けず、1記事あたりの単価で見積を計算する方法です。

<例>1記事5,000円の記事を5記事ライターに依頼する場合

→(計算式)1記事5,000円 × 5 = 25,000円

文字数は関係ないので3,000文字でも5,000文字でも、1記事の値段で金額が決まります。ただし、3,000〜5,000文字といったように、緩やかに文字数の規定がされるケースがほとんどです。

記事単価での取引は、実績・経験が豊富なプロのライターやライティング会社などに依頼する場合に利用されています。

ライティングに関連する作業費にはどのようなものがあるか

記事の制作では、ライティング以外の作業が発生することがあり、自社で対応することもできますが、ライターなど外部に委託をすることもできます。

例として、以下のようなものが挙げられます。

  1. 企画費  :記事の企画・構成の作成費用
  2. 取材費  :インタビュー記事を作成する際などに発生する取材費用
  3. 調査出張費:現地に赴き調査や取材などが必要な場合の出張費用
  4. 撮影費  :記事内にオリジナル写真を掲載する場合の撮影費用

ライティングを依頼する際には、上記のような費用がどのように発生するかを確認しておきましょう。事前に精査しておかないと、依頼先の選定後に「思った以上に費用がかかる」ことになってしまいます。

記事内容で異なる費用相場

記事の内容によって、どのように相場が変わってくるのでしょうか。

当然ですが、簡単な内容と専門性が高い内容では大きく異なります。

1.調べなくても書ける記事:0.5〜5円/文字

主に自分の体験談や経験を書く記事です。

ネットで調べずに済むのでライターの労力は執筆のみです。レビューや口コミをイメージして頂ければと思います。「転職経験」や「商品の使用感」など自分の体験を自由に書くようなものが該当します。

2.ネットで調査して書く記事:1〜5円/文字

ライターの経験だけでは不十分なのでネットで調査して書いていく記事です。

例えば「転職サイトの比較記事」などが該当します。転職サイトの比較記事では、会社ごとの強みや実績、評判、メリット、デメリットなどを調べる必要があります。調べる時間がかかるため、調べなくても書ける記事より必然的に相場が上がります。

3.専門性の高い記事:5円〜/文字

医療関連の記事やテクノロジー記事、エンジニア向けの記事など、専門性の高い記事の相場は上がります。

執筆分野に関する専門的な知識やライターの実務経験などが求められるため、執筆できるライターの数が限定されます。専門的な知識のある方の人件費は高いため、ライティングを依頼した際の単価ももちろん高くなります。

「専門性が高い=文章レベルが高い」とならないケースがあることに注意

記事内容による相場感のイメージは持てたでしょうか?

注意が必要なのは専門性が高くなっていくにつれて、相場は上がっていきますが「高単価=文章レベルが高い」とならないことがあるので、注意しましょう。

専門分野の知識があるからといって、ライティング能力が高いとは限りません。過去の執筆記事やライターとしての実績を事前にチェックしてから依頼者を決めていきましょう。

記事形態で異なる費用相場

続いては記事の形態でどのように費用相場が変わってくるのか見ていきましょう。なぜなら、記事形態によって「専門性」が必要になる場合があるからです。

1.インタビュー・取材記事:10円〜/文字

インタビューや取材記事を依頼する際には、ライターの執筆力に加え、コミュニケーションスキルや的確な答えを導き出す取材力が必要になってきます。そのため、記事単価の相場は高くなっていきます。また、取材エリアによっては、交通費などの経費が別途発生する場合があります。

2.コラム記事:0.8〜5円/文字

コラム記事のジャンルは「料理、ファション、ビジネス、格安SIM」など多岐に渡ります。ライターにはそれぞれのテーマに沿った記事を執筆するためのリサーチ力が必要になります。難解な分野ほどライティング力が求められるため単価が高くなります。

3.SEO記事:5円〜/文字

GoogleやYahooなどの検索結果における上位表示を目的とした記事がSEO記事です。

SEOで上位表示させるためにも、読者が望んでいる情報をは何かを分析し、記事内容を企画し、キーワード選定を行うといったSEO分野での専門性が必要なります。

記事が上位に表示されれば、アクセス数の増加が見込めるため、高額な記事単価を払う価値があるケースもあります。どの業種のキーワードであるか、問い合わせや注文に直結するかどうかによって文字単価は変動します。

4.専門記事:5円〜/文字

専門記事とは先述したような「医療記事、テクノロジー記事、エンジニア向け記事」などです。専門的な知識や経験が執筆の際に必要となるため、執筆するライターが限定され、記事単価も上がります。

依頼先で異なる費用相場

記事の内容や形態によって、ライティング相場が異なることを解説してきましたが、「どこへどのように依頼するか」によっても単価が変わってきます。

ライティングを依頼先としては、以下のようなものがあります。

  1. クラウドソーシング
  2. 編集プロダクション
  3. ライティング会社
  4. プロライター

1.クラウドソーシング

クラウドソーシングは、個人がワーカー(ライター)として登録をしているサービスです。「クラウドワークス」や「ランサーズ」などが代表的なサービスですが、プラットフォーム上で個人ライターの募集ができます。フリーランスで働くライターや副業ライターと直接コミュニケーションを取り、ライティングの依頼ができます。

プラットフォーム手数料が20%前後かかりますが、個人へ直接発注できるため、単価は法人を通す場合より安価です。1文字1〜2円で良質なコラム記事の制作ができる場合もあります。

2.編集プロダクション

編集プロダクションは、文章を専門的に扱っている制作会社で、記事の企画や編集を強みとしていたり、専門性の高いライターを抱えていたりします。

文字単価にすると、10円以上はかかるケースが多く、1記事1~5万円程になりますが、高品質な記事を提供してくれる安心感が魅力です。

3.ライティング会社

ライティング会社とは、WebマーケティングやSEOなどの知見を持ち、主にWebサイトやWebメディアの記事制作を行っている会社です。

社内でライターを雇用してる会社もありますが、フリーランスを数多く束ね、案件ごとに担当をアサインして、大量の記事を制作できる会社もあります。Webマーケティングの知見を持っているという特徴を生かした記事内容の提案ができたり、サイト自体のデザインや制作、記事公開などの作業受託ができる会社もあります。集客を重視した記事制作では頼りになる委託先です。

会社によって費用感は異なりますが、SEO記事を中心に提供をしていることが多く、文字単価3〜5円ほどから依頼できる企業が多くなります。

4.プロライター

ライター業をメインに活動しているフリーランスの方と直接契約し、ライティングを依頼することもできます。

ライターの中にはブログを運営していたり、SNSで頻繁に発信している人もいますので、直接コンタクトを取り、ライティングの相談をすることも可能です。ライターとして実績があったり、専門分野の執筆にひっぱりだこの方もいるため、クラウドソーシングと比べると、単価は高く、クラウドソーシングのように安い単価で相談できるとは考えないほうが良いです。

依頼する項目によって異なる費用相場

ライターやライティング会社にどこまでの範囲の業務を依頼するかによっても費用は変わります。一般的にはどのような項目があり、費用感はどれくらいか確認していきましょう。

1.ペルソナ作成

ペルソナとは想定読者のことを指します。

作成した記事をどのような読者(例:性別、年齢、家族構成、出身、年収など)に読んでもらうかを設定する作業です。どれくらい細かくペルソナを設定するかによって費用感は異なります。また、構成案とあわせて依頼することもあります。

2.企画/構成(構成案)の作成

企画/構成とは記事の骨子を作ることです。

記事の軸となる企画がしっかりとしていないと良い記事はできあがりません。そのため、企画作成には、リサーチや競合調査の時間も含めると、数時間〜数日かかります。

費用感としては、1記事あたり5,000円〜10,000円ほどはかかるケースが多くなります。

3.記事公開・CMSアップ作業

自社のウェブサイトに直接入稿をしてもらい、記事の装飾まで依頼する場合は、もちろん追加費用がかかります。

具体的には画像の選定及び挿入、HTMLのタグ付け、メタディスクリプションの作成などの作業が発生します。

作業量によって異なりますが、1記事あたりの作業相場は、1,500~5,000円程度です。

社内作業がどれだけ残るかによって高い安いは判断しよう

ライティングを外注した際の費用相場が、記事内容や依頼先によってどのように変わってくるかを見てきました。

記事内容や記事形態によって相場が変わってくることを前提に、どれくらい社内の工数が発生するかを見ながら、外注先や外注業務内容を決めていきましょう。外注費が高くても社内工数が削減できればトータルコストで安いというケースもあるからです。

関連記事

  1. “記事外注の失敗パターン”から学ぶ記事作成を依…

  2. 記事作成代行会社の活用メリット・選び方を解説|おすすめの代行会社をご紹…

  3. 優秀な外注ライターに依頼したい!良い記事が書けるライターの見つけ方

  4. ライティングを外注する際の注意点とは?代行会社に依頼した場合とクラウド…

  5. 記事外注を成功させるマニュアルの作り方&ライターとの良好な関…

  6. 記事制作の外注は「ライティング会社/クラウドソーシング」の2択から!特…

PAGE TOP