howto-outsource-blogwriting

【ブログ記事外注は投資対効果をみよう】外注成功のコツを解説

インターネットの利用が日常化している近年では、多くの企業や個人がブログを活用して情報を発信しています。

しかし、コンスタントに高品質なコンテンツを提供し続けるのはそう簡単ではありません。自社のリソースの中で割ける時間やスキルに限りがあることから、ブログ記事制作の外注を検討している方も少なくないでしょう。

外注を活用すればコンテンツ制作のプロにブログ記事の作成を委託できるため、オンラインでの存在感を高めることも可能になります。とはいえ、外注に失敗してしまうケースも決して珍しくありません。

そこで今回は、ブログ記事制作を外注するメリット・デメリットや失敗例、外注を成功させるポイントなどについて詳しく解説していきます。

またブログ記事の制作と関係性が深い「SEO」について、以下の記事で網羅的に基礎を解説しているため、興味があればぜひお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

ブログ記事制作を外注するメリット

howto-outsource-blogwriting

ブログ記事の制作を外注すると、次のようなメリットがあります。

  • 時間を節約できる
  • 専門知識を活用できる
  • コンテンツの多様化が実現する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

時間を節約できる

外注を利用すれば、ブログ記事制作にまつわる各種業務にかかる時間を他の業務に割り当てることができます。社内の人的リソースに限りがある場合は特にメリットが大きいでしょう。

ブログを運営するには、コンテンツの執筆だけでなく、記事のトピックに関する調査や学習の時間、定期的な更新作業を行う時間も必要です。外注を利用することで、これらの時間を削減することができます。

専門知識を活用できる

自社サービスに関連する分野で活躍しているライターや、実務経験や資格を持ったライターを外注先に選べば、その専門性を活用できます。外部ライターとの連携や記事としての品質管理は必要になりますが、ブログの信頼性と読者の満足度を高められるメリットは大きいでしょう。

作りたい記事のテーマによっては、自社内の人材が専門知識をもっていないようなケースも考えられます。そのようなときに専門知識がある外部ライターに依頼すれば、ユーザーニーズを満たせる完成度の高い記事を作成できます。

コンテンツの多様化が実現する

外注先を使い分けることによって、コンテンツの多様化も実現します。

異なる業界や専門分野、文化背景の経験がある外部ライターを登用すれば、テーマに合わせて幅広い視点から記事を提供することも可能です。それぞれが持つ独自の視点を活かし、経験を踏まえた上での記事の切り口を企画してもらったり、新しい考え方やアイデアを盛り込んだ記事を読者に提供したりすることもできます。

ブログ記事制作を外注するデメリット

ブログ記事の制作を外注するデメリットも確認しておきましょう。

  • 信頼できる外注先を見つける必要がある
  • 品質コントロールの手間がかかる

それぞれ詳しく見ていきます。

信頼できる外注先を見つける必要がある

ビジネスを行う上で、品質、納期、セキュリティ、コミュニケーションは非常に重要です。ブログ記事の制作を外注したとしても、情報発信元としての責任は自社にありますので、信頼できる外注先を見つけることは必要不可欠です。

しかし、信頼できる外注先を探すためには時間と手間がかかりますし、選定に失敗するリスクもゼロではありません。

品質コントロールの手間がかかる

ブログ記事の品質を保つためには、外部ライターに対して適切な指示を行う必要があります。その際は、記事のテーマ、目的、ターゲット、スタイルなども含めた品質基準について、認識のズレがないようにしっかりと伝えなければいけません。

複数のライターに外注をする場合は、工程管理や品質管理が負担になることもあります。当初の指示内容がうまく伝わらなかった場合は、修正や訂正依頼が増え、効率的なブログ運営は難しくなるでしょう。

ブログ記事制作の外注で失敗するケース

ここからは、ブログ記事の外注で失敗するケースを紹介していきます。成果につながる外注を実現させるためにも、事前に確認しておきましょう。

  • 外注先に丸投げ
  • コミュニケーション不足
  • 予算不足

それぞれ詳しく解説します。

外注先に丸投げ

完全な丸投げは、認識のズレや品質期待値の不一致といった問題を引き起こす可能性が非常に高いです。ブログ記事を制作する目的やこだわりたいポイントは明確に伝えましょう。

外注先はあくまでも自社サービスの「サポート」をしてくれるパートナーです。そのため、記事制作の計画を行うだけではなく、外部ライターとの協力体制を適切に管理することが成功のカギとなります。

コミュニケーション不足

丸投げではないとしてもコミュニケーションが不足している場合には、外部ライターに記事の要件や品質について正確に理解してもらえません。その結果、品質の低いコンテンツや期待に沿わない記事が納品されてしまいます。

記事の方向性やスタイルに誤解があると、納品後に再度修正や再作業が発生してしまい、自社にとっても外部ライターにとっても無駄な時間と労力が発生してしまいます。

予算不足

低予算にこだわりすぎると外部ライターに支払う報酬が制限され、外部ライターのモチベーション低下や品質の低下を招きます。専門知識のあるライターとの契約にも制限が生じ、記事の専門性が損なわれます。依頼できる記事の量が減り、ブログの更新頻度やテーマの多様性に悪影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

コストを優先しすぎて品質が犠牲になるのは大きな問題です。低品質な記事によってGoogleの評価やユーザーからの信頼度が下がれば、ブログだけでなく会社全体の信用問題にも影響が出て、取り返しのつかない事態になる可能性もあります。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

ブログ記事制作の外注を成功させるポイント

points-of-outsourcing

ブログ記事制作の外注を成功させるポイントは、次のとおりです。

  • ブログサイトを運営する目的を明確にする
  • 適切な外注先を選ぶ
  • 予算管理と効率化を徹底する
  • コミュニケーションとフィードバックは丁寧に行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ブログサイトを運営する目的を明確にする

ブログ記事の内容とブランドのメッセージ・ビジョンに一貫性を持たせるためにも、ブログサイトを運営する目的はあらかじめ明確にしておきましょう。目的が明確であれば、ライターが望ましい結果に向かって効果的なブログ記事を書けるようになります。一貫性のあるコンテンツの提供は、ユーザーやGoogleからの信頼を高めるためにも欠かせません。

目標を定めれば、ブログサイトや個々の記事を評価する指標も明確になります。定量的な評価ができるように、KGI(重要目標達成指標)やKPI(重要業績評価指標)を設定して外注の成果を把握しやすくしておくことも大切です。

適切な外注先を選ぶ

記事のクオリティと信頼度の両方を満たす適切な外注先を探す際には、次のようなポイントに注目してみましょう。

レビューと評判

ビジネスマッチングサービスを利用する場合は、外注先の過去の仕事や顧客の評判を確認しましょう。口コミのチェックも必須です。

ポートフォリオ

ライターのポートフォリオ(携わってきた仕事や実績をまとめた作品集)に載っている記事のサンプルを見て、自社のコンテンツが求めるレベルに合った執筆を依頼できそうか確認しましょう。具体的な過去の実績や記名記事が掲載されている外注先であれば、安心感はさらに高まります。

コミュニケーション

正式依頼の前に、外注先のコミュニケーション能力を見ておくことも大切です。メールやチャットなどのテキストコミュニケーションだけでなく、可能な範囲でオンライン面談を行うのも良いでしょう。迅速かつ適切なコミュニケーションが取れる相手であれば、安心してブログ記事制作を任せられます。

予算管理と効率化を徹底する

ブログ記事制作の外注を成功させるには、予算内でプロジェクトを遂行し、同時にプロセスを効率化して品質を維持する必要があります。

適切な予算管理

外部ライターへの報酬は計画的に管理して、無駄な支出や予算超過を防ぎましょう。

報酬を決める際には、ブログサイトを運営する目的や、その目的を達成するための費用対効果を考慮することが重要です。1リード獲得にかけられる単価は、何をコンバージョン(メールマガジン登録、問い合わせ、サービスの購入などの成果)と定義するかや、業界の利益率の高さ、各企業の経営戦略などによっても異なり、数千円〜十数万円と大きな幅があります。1本の記事から何件のコンバージョンを生み出したいのかという観点から、1記事あたりの外注費を設計するのがよいでしょう。

予算設定に役立つ指標のひとつに「CPA(Cost Per Action/Cost Per Acquisition、顧客獲得単価)」があります。CPAとはコンバージョン1件あたりにかかったコストのことで、「コスト÷コンバージョン件数」で求められます。

(例)
・記事制作に1万円のコストをかけた。
・この記事からのコンバージョン数(問い合わせ件数)が5件だった。
CPA(顧客獲得単価)は10,000円÷5件=@2,000円

この場合、「問い合わせ1件あたり2,000円」をどう捉えるかによって、外注費を検討しましょう。

また、ブログサイト運営の目的が「ブランディング」である場合には、コンバージョンではなく検索結果の順位を指標とすることもできます。経営戦略の中でブログをどう活用したいかを踏まえて予算管理を行いましょう。

プロセスの効率化

ブログサイトを運営する上で、外注プロセスの効率化は非常に重要です。タスクの自動化やワークフローの最適化を行えば、時間とリソースを抑えつつも生産性を向上させることができます。プロジェクトがスムーズに進まない場合は、スケジュールを守りつつ、品質を維持できるようにプロセスの見直しやフローの改善を行いましょう。

各種ツールの活用もプロセスの効率化に役立ちます。GoogleスプレッドシートやGoogleカレンダーなどで進捗状況やスケジュールをシェアするのもいいですし、「Notion (ノーション)」や「Redmine」といったプロジェクト管理ツールを導入するのも効果的です。様々なサービスがありますので、ニーズに合ったものを選んで効率化を図りましょう。

Notion (ノーション)

Notionは「オールインワンワークスペース」をコンセプトにしたサービスです。タスク管理、ドキュメント管理、データベースとしての機能など、プロジェクト遂行に必要な各種ツールの機能を一括管理できます。

Redmine

Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。プロジェクト全体の進捗や、各メンバーが抱えているタスクの進み具合をチームで共有し、プロジェクトの進行を支援します。

コミュニケーションとフィードバックは丁寧に行う

コミュニケーションとフィードバックの強化は、外部ライターとのやりとりをスムーズにし、ブログ記事の品質担保と計画的な運営に役立ちます

コミュニケーションとフィードバックを軽視する傾向もありますが、ブログ記事の外注には欠かせない要素です。誤解や不確実性の減少にもつながり、プロジェクトの効率化も図れます。

特に中長期的に依頼を継続したい場合、フィードバックはライターに対して的確な改善策を伝える重要な機会になります。ただし、フィードバックは双方向のプロセスであることが望ましいでしょう。ライターからのフィードバックも歓迎し、共同作業として取り組むことでブログ全体の品質向上が期待できます。

ブログ記事制作の外注はビジネスの成長につながる重要な戦略になる

ブログ記事制作を外注するには、依頼前の事前準備や適切な進行管理の手間がかかります。しかし、信頼のおける外注ライターを見つけて取引を継続できれば、記事制作に使っていた社内のリソースを他の業務に充てられるだけでなく、社内にはなかった専門性や多様な視点をブログサイトに取り入れることもできます。ツールの導入やワークフローの効率化を図りながら適切なディレクションを行い、ブログサイトをビジネス拡大の一手としましょう。

「ブログ記事を始めたものの継続するリソースがない」「外注先がうまく探せない」とお悩みの方は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. 記事作成の外注を成功させるための方法を徹底解説!ポイントは外注先選び!…

  2. アウトソーシングと委託の意味の違いは? 派遣との違い、アウトソーシング…

  3. consult-experts-about-blog

    オウンドメディアブログにおけるコンサル導入の重要性

  4. 記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

  5. stepbystep-guide-of-seo-outsourcing

    SEO対策の依頼で失敗しないためのステップガイド

  6. 記事外注を成功させるマニュアルの作り方&ライターとの良好な関…

  7. ライティングを外注・依頼する際のポイントを徹底解説!

  8. SEO分析チャートとメモ帳

    コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も…

PAGE TOP