優秀なライターに依頼・外注したい!探し方や選び方を徹底解説!

記事作成を外注して成果を出すためには、「優秀なライター」と出会う必要があります。なぜなら優秀なライターは、記事作成を発注する側の以下のような悩みを解消してくれるからです。

  • ライターに記事作成を外注しても、品質の高い原稿が納品されず、外注費が無駄になってしまう
  • 外注したライターとコミュニケーションが取りづらく、手間と時間がかかってしまう

サイトに多くのアクセスを集めるために記事作成は必須ですが、もちろん「ただ適当に」記事を作成してもサイトに多くのアクセスを集められません。そのため外注を活用する場合は必ず、優秀なライターに依頼する必要があります。

あなたは、優秀なライターの探し方・選び方を理解できていますか?

「クラウドソーシングサービスで募集すれば、優秀なライターと出会えるだろうからそれで十分。」

もしこのようにお考えであれば、考えを改めたほうがいいかもしれません。優秀なライターを探して依頼し、最終的に品質の高い記事に仕上げるためには理解しておくべきことがいくつかあります。

本記事では、優秀なライターの定義と探し方・選び方、またライターへの依頼前に準備しておくべきことを解説します。本記事を読めば、自社とマッチした優秀なライターを探して依頼できるようになるでしょう。

また記事作成の外注先は、ライターだけではありません。記事作成代行会社に外注すれば高品質な成果の出る記事を確実に期日までに納品してもらえます。弊社シンプリックは記事作成代行会社であり、SEO記事制作サービスではプロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げます。現在無料相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

優秀な外注ライターの定義


本記事では外部のライターのことを、社内のライターと区別して「外注ライター」と呼んでいます。まずは「優秀な外注ライターの定義」を確認しましょう。

優秀な外注ライターとは、「成果の出る記事を作れるライター」です。ここでいう「成果」は、記事作成の目的によって異なります。代表的な成果としては、「指定の検索キーワードで、検索上位を獲得すること」や「記事に一定数のアクセスを集めること」などがあります。

逆に、成果の出る記事を作れないライターは、いくら博識で執筆スキルが高く、国語のテストで高得点を取れるような人だったとしても、優秀な外注ライターであるとはいえません。

例えば以下2人の外注ライターがいて、あなたがどちらかのライターに記事作成を依頼する場合、どちらを選ぶでしょうか。

【Aさん】
非常に綺麗な文章が書けて、論理的に筋が通った記事を作れるが、狙った検索キーワードで検索上位を獲得できたことがない

【Bさん】
ライティング力が極めて高いわけではないが、想定読者の知りたいことを適切に伝えられて、今までに狙った検索キーワードで検索上位を獲得できた実績がたくさんある

基本的に、記事作成の目的は「Googleなどの検索エンジンで検索上位を獲得して、サイトにアクセスを集めること」です。そのため、ただ綺麗な文章が書ける「Aさん」よりも、実績がある「Bさん」に依頼したほうが目的を実現できる可能性が高いといえます。

優秀な外注ライター = 成果の出る記事を作れるライター」という、この原理原則はしっかり覚えておきましょう。

成果の出る記事の作り方について、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために

優秀な外注ライターに依頼するメリット


記事作成は、優秀な外注ライターに依頼する以外にも、以下の方法で対応できます。

  • 自社のメンバーで対応する
  • 「優秀でない」外注ライターに依頼する

「優秀でない」外注ライターは、多くの場合単価が低いです。外注費を抑えられるという点にメリットを感じて活用する企業もありますが、おすすめしません。

ここでは上記2つの方法と比較した、優秀な外注ライターに依頼するメリットを2つお伝えします。

  • 「成果の出る」記事を作れる
  • 記事作成にかかる自社リソースを抑えられる

「成果の出る」記事を作れる

先ほど「優秀な外注ライターの定義」のパートでもお伝えした通り、優秀な外注ライターとは「成果の出る記事を作れるライター」です。そのため優秀な外注ライターに記事作成を依頼することで、「成果の出る」記事を作れます。

逆に、単価が低くて実績が乏しく、スキルが高くないライターに記事作成を依頼しても、成果が出ないのであれば依頼する意味がありません。記事作成の本来の目的は「成果を出す」ことであるため、これではいくら安いとはいえ外注費をドブに捨てるようなものです。

もちろん、単価が低くて実績が乏しく、スキルが高くないライターに依頼した場合でも、成果の出る記事を作成してくれる可能性は十分にあります。「単価が低い = スキルが低い」というわけでもなければ、「実績が乏しい = 実績を出せない」というわけでもありません。しかしある程度単価は高いが実績が豊富なライターと比べて、この傾向があることは事実です。

記事作成にかかる自社リソースを抑えられる

優秀な外注ライターに依頼すれば、記事作成にかかる自社リソースを抑えられます。ここでいう「自社リソース」とは、手間や時間のことです。

自社のメンバーで十分な時間をかけて記事作成に取り組むのが理想ではありますが、多くの企業では、コア業務(本業)に取り組みながら記事作成に十分な時間をかけたり、記事作成のみに注力するメンバーを配置したりするのは難しいでしょう。

優秀な外注ライターに依頼することで、会社としては費用こそかかりますが、自社メンバーの記事作成にかかるリソースを抑えてコア業務に注力してもらえるようになるため、メリットが大きいといえます。

「優秀でない」外注ライターに依頼してしまうと、納品された記事の修正やコミュニケーションに多くの自社リソースがかかるかもしれません。その点でも、依頼する外注ライターは優秀でなくてはいけません。

優秀な外注ライターの必須要素


「優秀な外注ライターとは、成果の出る記事を作れるライターである」といっても、まだ十分にピンときていない人もいるかもしれません。

「成果」とは、基本的に「検索上位を獲得して、アクセスが集まる」ことですが、このような成果の出る記事を作れるライターとは、以下2つの要素を満たしたライターです。

  • 仕事に取り組む姿勢がしっかりしている
  • 能力が高い

この2つの要素について、順に解説します。

仕事に取り組む姿勢がしっかりしている

ライターとして「仕事に取り組む姿勢がしっかりしている」とは、つまり「プロ意識を持っている」ということです。ライターはプロとして仕事を受けるわけですから、例えば以下のようなことは当たり前にできなければいけません。

  • 納期を守る
  • 不明点があれば執筆前に確認し、自分の思い込みだけで執筆を進めない
  • 連絡に対してのレスポンスが早い
  • オンラインで話す際や、チャットでやり取りする際の言葉遣い・コミュニケーションが丁寧
  • 品質に一切妥協しない
  • 執筆を進める中で不足している知識があれば、積極的にキャッチアップする

これらはライター自身の能力とは関係なく、誰でも「意識するだけ」でできることです。しかし案外、このような当たり前のことをできないライターは多いです。これは仕事に取り組む姿勢が甘く、プロ意識に欠けているからです。

優秀な外注ライターは、このようなプロ意識を当たり前に持っています。仕事に取り組む姿勢がしっかりしているため、安心して記事作成を依頼できるでしょう。

能力が高い


仕事に取り組む姿勢と同じくらいに、ライターとしての「能力の高さ」も重要です。どれだけ意識が高く丁寧に仕事に取り組む人だったとしても、能力が低いライターであれば期待した品質の記事に仕上げてもらえない可能性が高いです。

ライターとしての能力とは、例えば以下のようなものです。

  • 基本的な文章力・国語力
  • SEOライティングのスキル
  • 基本的なSEOの知識を保有している
  • 想定読者のニーズをイメージし、適切な見出し・文章構成を考えられる
  • 執筆に必要な情報を的確に収集するリサーチ力
  • 読者の内容理解を助けるための図表作成力

他にも場合によっては、以下のような能力が必要となることもあります。

  • 画像作成・選定力
  • 取材力(取材・インタビュー記事の場合)
  • WordPressなどのCMSの操作知識
  • GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートの活用スキル

仕事に取り組む姿勢については、依頼単価や指示の出し方、コミュニケーションの取り方などによってカバーできる可能性が高いです。しかし能力面、特にライティングスキルについては、適切に指示を出したからといってカバーすることは難しいです。

能力の高さは「優秀な外注ライターかどうかを判断するポイント」のパートで見極め方を詳しく解説していますので、そちらを参考にして十分に能力が高い優秀な外注ライターに依頼しましょう。

優秀な外注ライターの探し方6選

記事作成を外注して成果を出すためには、優秀な外注ライターに依頼する必要があります。しかし優秀な外注ライターの探し方がわからなければ、依頼できません。

多くの人は優秀な外注ライターの探し方がわからないため、とりあえず「ライター 外注」などのキーワードを入力して検索エンジンで検索するでしょう。そこで「クラウドソーシングサービス」と呼ばれるものを見つけて、個人のライターに依頼することを選択する企業は多いです。

もしくは「記事作成 会社」などのキーワードで検索して、記事作成を会社に依頼しようと考えるかもしれません。

優秀な外注ライターの探し方にはさまざまな方法がありますが、本記事を読んでいるあなたはラッキーです。なぜなら、これから優秀な外注ライターの探し方を網羅的に理解できるからです。どんな選択肢があるかを幅広く知り、自社に合った方法で優秀な外注ライターを探してみてください。

専門業者に依頼する

優秀な外注ライターに依頼したいのなら、記事作成の専門業者に依頼するのが一番手っ取り早いです。例えば弊社シンプリックは、記事作成のスペシャリストが揃っている実績豊富な編集プロダクションであり、膨大なライターネットワークを保有しています。

弊社のように膨大なライターネットワークを保有しており、実績が豊富な専門業者に依頼することで、記事作成を「確実に」優秀な外注ライターに任せられます。

専門業者に依頼することで、以下のメリットを得られます。

  • 成果の出る記事が作れる
  • ライターとのコミュニケーション等にかかるリソースを抑えられる
  • 継続的に記事作成ができる

個人のライターに直接依頼した場合、相手がどれだけ優秀なライターだったとしても、発注側の依頼内容が曖昧で的確に意図を伝えられなければ、最終的に出来上がる記事が品質の低いものになる可能性があります。

しかし専門業者に依頼すれば、優秀なディレクターが発注側の要望を適切に汲み取り、ライターと密にコミュニケーションを取りながら記事作成を進めてくれます。そのため、ライターと直接コミュニケーションを取るリソースを抑えつつ、成果の出る品質の高い記事に仕上げられます。

専門業者に依頼すると、個人のライターに直接依頼する場合と比べて多少費用は高くなりますが、それでも成果の出る記事を作れることは大きなメリットです。得られた成果によって専門業者への外注費を回収できることは十分に考えられるため、可能であれば記事作成は専門業者に依頼するべきです。

とはいえ、「どの専門業者に依頼すればいいかわからない」と悩むかもしれません。その場合はぜひ、弊社シンプリックにご相談ください。「すぐの依頼は検討していないが、まずは話だけでも聞いてみたい」という場合でも構いません。相談には無料でお乗りしますので、お気軽にお声がけをいただけますと幸いです。

専門業者の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

クラウドソーシングで探す

引用元:https://crowdworks.jp/

個人のライターへ依頼する際に多くの企業が活用しているサービスの一つに、「クラウドソーシングサービス」があります。これは仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人がマッチングできるサービスであり、手っ取り早く記事作成に対応してくれるライターを探したいのなら、うってつけです。

クラウドソーシングサービスには、フリーランスや副業に取り組む人、また学生や主婦など、さまざまな「ワーカー」が登録しており、その中に「ライター」も登録しています。

代表的なサービスとして「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」などがあり、各サービスに発注者側で登録すれば、すぐにライターにアプローチできます。

注意点として、クラウドソーシングサービスに登録しているライターの仕事の姿勢や能力は、かなり千差万別ということを理解しておきましょう。お小遣い稼ぎのために片手間で取り組んでいるライターから、専業のプロとして取り組んでいるライターまで登録しています。ライター選びを間違えると品質の低い記事を納品されるだけでなく、言いがかりをつけられて面倒なことになる可能性もあるため、十分注意しましょう。

またクラウドソーシングサービスのユーザーは、プロフィール欄にスキルや経歴を記載して発注者側にアピールしています。発注者側はこのプロフィールを参考に、ライターの力量を推測できます。

優秀なライターほど、「ライター歴〇年」「〇〇という媒体で執筆実績あり」と、豊富な経歴・実績をアピールしている場合が多いです。

さらにランサーズやクラウドワークスなどの大手サービスでは、過去の実績や評価を数字で確認できます。受注実績が10件以下、もしくは過去に発注したクライアントが悪い評価を付けている場合は注意が必要です。

Twitterで探す

優秀な外注ライターを探すにあたり、Twitterを活用するのもおすすめです。多くのライターがTwitterアカウントを持っており、自身の実績や得意分野、仕事内容などをTwitterで発信・公開しています。 また「〇〇@金融ライター」などのように、アカウント名からどのジャンルに強いライターであるかがわかったりするため、探しやすいです。

プロフィール欄にも豊富に情報を記載している場合が多いため、Twitterで「ライター 〇〇(ジャンル)」などと検索すれば、依頼したい分野に強いライターを見つけられる可能性が高いです。

また投稿で、普段どのような仕事に取り組んでおり、どれくらいの量の仕事を受けているかなどを確認できることもあります。それ以外にも仕事に取り組む姿勢が推測できるような投稿をしていることもあるため、優秀な外注ライターかどうかの判断材料になるでしょう。

検索エンジンで探す

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを活用し、ライターを探す方法も効果的です。

例えば金融の分野に強い記事作成を依頼したい場合に、「クレジットカード おすすめ」などと検索してヒットしたサイトを確認し、それが個人ブログであれば運営者に直接問い合わせて記事作成に対応できるか確認してみるといった方法があります。

個人ブログではなく企業が運営しているサイトであったとしても、記事に執筆者情報が掲載されていることがあるため、その人の名前で直接検索してTwitterアカウントや運営しているブログサイトなどから問い合わせができます。

【記名記事の例】


検索エンジンを使ってライターを探す方法は、多少難易度が高いといえます。なぜなら、良い記事を見つけたとしても執筆者情報が載っていないかもしれませんし、検索キーワードを十分に考える必要もあります。

またTwitterや運営サイトなどから直接問い合わせても全く反応がないかもしれません。探し方・連絡の取り方次第では外注費を抑えつつ、本当に優秀な外注ライターに依頼できる可能性もありますが、難易度が高いことは否めません。

特にはじめて記事作成を外注する場合、検索エンジンでライターを探すこの方法は適していないといえます。

ライター向けの勉強会やイベントなどで探す

近年はライターの需要が高まっていることもあり、ライター向けの勉強会やイベントが全国各地で開かれています。

このようなイベントに参加してライターと交流し、直接仕事の相談をするのも一つの手段です。イベントでは参加者のライターだけでなく、講師として登壇しているライターにも接触できるかもしれません。講師はライター経験が豊富であり、優秀なライターである可能性が高いです。

またライター向けの勉強会やイベントに参加し、一参加者として勉強するのも良いでしょう。記事作成を外注するにあたり、発注側のライティング等の知識・スキルが乏しくうまく意思疎通が取れなかったり、ライターに丸投げしてしまうのは好ましくありません。

ライター向けの勉強会やイベントは、以下のようなサイト・サービスを使って探せます。

自社サイトで募集し、応募してもらう

もしある程度のアクセスが入っているようであれば、自社サイトで募集するのも効果的です。

自社サイトで「〇〇分野に強いライター募集!」と、単価や依頼本数、必須経験・スキルなどの情報と共に掲載することで、自社にマッチした優秀なライターに応募してもらえるかもしれません。自社サイト経由で応募してくれたライターは、すでに自社のことを理解しており募集内容に納得したうえで応募してくれているため、モチベーション高く記事作成に取り組んでくれる可能性が高いといえます。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

優秀な外注ライターかどうかを判断するポイント


改めて、優秀な外注ライターとは「成果の出る記事を作れるライター」です。ここでいう成果とは基本的に「検索エンジンで検索上位を獲得して、アクセスを集められる記事」であり、優秀な外注ライターの必須要件として「仕事に対しての姿勢」と「能力の高さ」があることをお伝えしました。

しかし優秀な外注ライターがどんな人かを理解しただけでは、優秀な外注ライターかどうかを判断できません。人はいくらでも経歴を盛ったり、優秀であるかのごとく振る舞えるからです。

ただし以下の2点を確認・実施することで、優秀な外注ライターかどうかを高確率で判断できます。

  • 「実績」を確認する
  • 「テストライティング」を依頼する

それぞれについて、順に解説します。

「実績」を確認する

まずは依頼前に「実績」を確認しましょう。実績は「仕事に対する姿勢がしっかりしていること」と「能力の高さ」の裏付けであり、「信用・信頼」の裏付けです。

「実績はないけど、人柄が良いし、なんとなく頑張ってくれそうだし、伸び代がありそうだから依頼してみよう!」

このような思いで実績のない人・乏しい人に依頼するのがダメなわけではありませんし、実際に実績のある人よりも品質の高い記事に仕上げてくれる可能性は十分にあります。しかしそれは運に頼っている状態であり、好ましい状態であるとはいえません。

人はいくらでも人柄が良さそうに見せられますし、伸び代がありそうと思わせられます。しかし実績は嘘をつきません。特に記事作成の外注がはじめての場合は、よっぽど信頼できる知り合いなどでない限り、実績が豊富な専門業者、もしくは個人ライターに依頼するべきです。

専門業者に依頼する場合はホームページをよく確認するだけでなく、問い合わせて直接詳しい話を聞いてみましょう。その際、実際に成果の出た記事を見せてもらうべきです。もし「直接見せることはできない」と言われた場合は、その会社に依頼しないほうがいいです。

個人ライターに依頼する場合は、過去に作成した記事を見せてもらうだけでなく、作成にあたり工夫した点や、その記事を公開するまでのどの工程を担当したのかを聞きましょう。

一口に記事作成といっても、キーワード選定や構成案の作成、執筆、校正・校閲、公開作業などさまざまな工程が存在します。キーワード選定や構成案の作成から対応した経験があれば、十分な能力を有しているライターである可能性が高いです。

「テストライティング」を依頼する


実績を確認しただけでは、本当に優秀な外注ライターであるかどうかわかりません。実績として見せてもらった品質の高い記事を「今も」作成できるとは限りませんし、実際は執筆原稿に対して、他の人に大幅な加筆修正を施されたものを「全部自分で作成しました」といってアピールしている可能性もあります。

「実績を見ても十分でないのなら、どうすれば優秀な外注ライターであると見抜けるのか」と思うかもしれませんが、この疑問への回答はシンプルで、「直接依頼してみれば良い」です。

外注ライターへ本格的な依頼をする前に多くの企業が行っているのが、「テストライティング」です。これは文字通り「お試し」であり、外注先の「仕事に対する姿勢」や「能力の高さ」を判断するために、本格的な依頼の内容と同じ、もしくは似たような条件でお試しで依頼します。

実際に依頼することで、連絡に対するレスポンスのスピードやコミュニケーションの取りやすさだったたり、納期をしっかり守ってくれるか、不明点があった際に質問してくれるかだったりを確認できます。仕事に対する姿勢が申し分なく、納品された記事の品質が十分であると感じたら、本格的に依頼をするといいでしょう。

なおテストライティングはお試しとはいえ、作成してくれた記事に対して報酬を支払うのが普通です。報酬を支払わずに「タダ働き」をお願いすると、ライターが十分な力を発揮してくれないだけでなく、悪い評判が出回る可能性もあります。そのためテストライティングに対しての報酬は「必ず」支払いましょう。

ライターへの依頼前に準備しておくべきこと

優秀なライターの探し方と選び方が理解できたところで、次に「依頼前の準備」について解説します。準備が不十分な状態で依頼してしまうと、成果の出る記事を作れないどころか、外注しているにもかかわらず自社リソースを大きく割くことになる可能性があります。

依頼前の準備をしっかり行うことで、優秀な外注ライターの能力とポテンシャルを最大限引き出し、自社リソースを抑えながら成果の出る質の高い記事を作れるでしょう。

目的・目標を明確にする

まずは「記事作成の目的」と「記事を通じて達成したい目標」を明確にしましょう。目的・目標が明確になっていない状態で記事作成を外注してしまうと、品質が「高そうな」記事に仕上がるだけで、「成果の出る」記事に仕上がる可能性は低いです。

記事作成の目的は、掲載元のメディアや記事の種類によって異なります。例えば掲載元のメディアの目的が「問い合わせの獲得」であれば、記事の読者を問い合わせに誘導することが重要になります。

また記事の種類が例えば本記事のような「ノウハウ系」であれば、読者の知りたいことを教えてあげたり、悩みを解決してあげるような記事に仕上げる必要があります。

「なぜ、その記事を作成するのか」

単純にこの質問に対しての回答を深堀ることで、記事作成の目的が明確になります。

また「記事を通じて達成したい目標」とは、例えば以下のようなものです。

  • どの検索キーワードにおいて、検索順位で何位を目指すか
  • どんな人に記事を読んでもらい、読者のどんな悩み・課題を解決できれば望ましいか
  • 最終的に読者にどんな行動を起こしてほしいか(問い合わせや商品購入、資料請求など)

特に記事作成においては、「検索エンジンでどのキーワードで検索された際に、上位表示されると望ましいか」を決めることが重要です。検索上位表示を目指すキーワードを決めることを「キーワード選定」と呼びますが、キーワード選定の具体的な方法は以下の記事で解説しています。

SEOキーワードの選び方を5つのステップで解説!

個人のライターに依頼する場合は、このキーワード選定を発注側で行う必要があります。しかし弊社のような記事作成の専門業者に依頼する場合は、キーワード選定まで任せられます。

作成する記事の方向性を決める


記事作成の目的・目標を明確にできたら、作成する記事の方向性を決めましょう。記事の方向性とは、単純に「どんな感じの記事を作成するか」ということです。

例えば本記事は「記事作成をライターへ外注するにあたり、探し方や選び方を誰でも理解できる記事に仕上げよう」と方向性を決めてから作成に取り掛かっています。

また想定読者は「記事作成をライターへ外注するにあたり、具体的な方法が知りたい企業のWeb担当者」としています。記事の方向性を決めるためには、このように「そもそも誰に向けた記事なのか」という想定読者を先に決めなくてはいけません。

想定読者が決まれば「どんな記事に仕上げれば喜んでもらえるか」を想像できて、これが記事の方向性となります。

さらに個人のライターに依頼するのであれば、多くの場合「構成案」と呼ばれるものを作成する必要があります。これは文字通り「記事の構成案」であり、主に見出しの配置と、各見出しごとにどんな情報を伝えるかを決めるものです。専門業者に依頼すれば、構成案の作成まで対応してくれます。

依頼内容・作業範囲を明確にする

作成する記事の方向性が決まったら、依頼内容・作業範囲を明確にしましょう。

「だいたいこんな感じでよろしく!」と曖昧な依頼をしてしまうと、納品された記事がイメージとあまりにも違いすぎるものになってしまうかもしれません。発注側の修正にかかる手間・時間を抑えながら、優秀な外注ライターにしっかりと能力を発揮してもらうためにも依頼内容は必ず明確にするべきです。

また依頼内容と併せて、作業範囲を明確にすることも重要です。記事作成にはさまざまな工程が存在するため、具体的にどこまでの範囲を外注し、どこまでを自社で対応するかを決めなくてはいけません。例えば本記事の作成にあたり、以下のような工程が発生しています。

  • キーワード選定
  • 記事作成の目的・目標の明確化
  • 想定読者の設定
  • 構成案の作成
  • 執筆
  • 画像挿入、装飾等の調整
  • 原稿のチェック・修正
  • 公開作業

仮に執筆のみを依頼する場合、それ以外の工程については自社で対応する必要があります。個人ライターに依頼する場合は、基本的に「執筆のみ」もしくは「構成案の作成と執筆」を依頼することになります。しかし専門業者に依頼すれば、多少費用はかかりますが全ての工程を対応してもらえます。

求めるライターの要件を明確にする


ライターに依頼する前に、求めるライターの要件を明確にしましょう。「ライターの要件を明確にする」とは、「どんなライターに記事作成の対応をしてもらいたいかを言語化すること」です。これにより、手間と時間を抑えて効率的に自社にマッチした優秀な外注ライターを探せます。

求めるライターの要件を明確にする際は、「優秀な外注ライターの必須要素」のパートでお伝えした通り「仕事に対する姿勢がしっかりしているか」と「能力の高さ」の2つの要素を満たすようにしましょう。

そして「優秀な外注ライターかどうかを判断するポイント」のパートでお伝えした通り「実績」を確認し、「テストライティング」を実施して要件を満たすか確認するべきです。

記事作成のルールを用意する

執筆を依頼する前に、記事作成のルールを用意しましょう。記事作成のルールとは、例えば以下のようなものです。

  • 語尾の統一(「ですます」か「である」か)
  • 引用の表記ルール(「引用元:〜〜〜」か「参照元:〜〜〜」かなど)
  • 装飾の仕方や画像挿入の基準
  • NG表現(「絶対に痩せられます!」など)

記事作成のルールを決めておくことで以下のメリットを得られます。

  • 複数のライターへ依頼する際に、納品物の品質を統一させられる
  • 修正や手戻り等でかかる手間・時間を抑えられる
  • ライター独自の癖をできる限り排除し、発注側の期待通りの品質に仕上げられる

いきなり完璧な記事作成のルールを作る必要はないため、まずは最低限叩き台レベルのものを作成してライターに使ってもらい、納品物の品質や発注側の修正にかかる工数などを確認したうえで、徐々に完璧に近づけていくといった進め方が望ましいでしょう。

優秀な外注ライターに依頼したいなら、専門業者の活用がおすすめ!

本記事では、優秀な外注ライターの定義と探し方・選び方、またライターへの依頼前に準備しておくべきことを解説しました。

優秀な外注ライターとは「成果の出る記事を作れるライター」であり、「仕事に対する姿勢がしっかりしている」ことと「能力が高い」ことが必須要件です。

また優秀な外注ライターを選ぶ際は「実績」を確認するのはもちろん、「テストライティング」を実施することが重要です。

「記事を作成してサイトに多くのアクセスを集めるための鍵は、優秀な外注ライターに依頼することである」

このことを肝に銘じ、優秀な外注ライターを探しましょう。しかしクラウドソーシングサービスやSNS、検索エンジンなどを活用して優秀な個人のライターを探し、依頼して実際に品質の高い記事に仕上げることは、案外難しいものです。多くの企業が個人ライターに記事作成を依頼した結果、思うような品質に仕上げられず、一向に成果が出ないという体験をしています。

もしあなたがこのような体験をせずに、サイトに多くのアクセスを集めるための記事作成を行いたいとお考えであれば、記事作成の専門業者を活用するべきです。なぜなら、専門業者に依頼すれば「確実に」優秀なライターに記事作成を対応してもらえて、自社リソースを抑えながら継続的に記事作成に取り組めるからです。

専門業者への依頼を少しでもお考えであれば、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。弊社は「成果の出る質の高い記事作成」を得意としている編集プロダクションであり、ご依頼主にマッチした優秀なライターを手配して記事作成に取り組みます。

  • 個人のライターに記事作成を依頼するのは、ちょっと不安
  • 本記事の内容について、もっと詳しく知りたい
  • 「SEO」と呼ばれるものに取り組もうと思っているが、方法がいまいちわからない

記事作成について少しでも気になること、相談したいことがあれば、ぜひお気軽にお声がけください。

関連記事

  1. ライティングを外注・依頼する際のポイントを徹底解説!

  2. howto-outsource-blogwriting

    【ブログ記事外注は投資対効果をみよう】外注成功のコツを解説

  3. 記事作成の外注を成功させるための方法を徹底解説!ポイントは外注先選び!…

  4. 記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

  5. stepbystep-guide-of-seo-outsourcing

    SEO対策の依頼で失敗しないためのステップガイド

  6. アウトソーシングと委託の意味の違いは? 派遣との違い、アウトソーシング…

  7. SEO分析チャートとメモ帳

    コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も…

  8. ライティング外注の費用相場を完全解説!「何にいくらかかるか」を理解しよ…

PAGE TOP