ライティングを外注・依頼する際のポイントを徹底解説!

Web集客を活性化させるために、コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えています。特にオウンドメディアから継続的に質の高い記事を発信してGoogleで上位表示を獲得する「SEO」に多くの企業が取り組んでおり、SEOで成果が出れば多くのWeb集客を実現できます。

しかし記事などの「コンテンツ」作成には多くの労力・時間がかかります。また読者のニーズを解決する質の高いコンテンツを作成するには専門的な知識・スキル、企画力などが必要です。

自社内で質の高いコンテンツを継続的に作成するのが難しい場合も多いでしょう。その場合プロのライターにコンテンツ作成を外注するのがおすすめです。

専門的な知識・スキルを有したプロに外注することで質の高いコンテンツを継続的に作成できます。コンテンツ作成を外注することでその分空いたリソースをコア業務に充てられます。

この記事ではライティング・コンテンツ作成を外注するメリットや外注先選びのポイント、また外注する際の注意点などを解説します。ライティングを外注する際に特に悩むのが「ライティング代行会社か、クラウドソーシングサービスか」という点です。これについても徹底的に比較解説しますので、この記事を読めば自社に合った外注先選びができるようになります。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

最初に結論をお伝えしておくと、より高品質で成果の出る記事を期日までに確実に納品してほしい場合はライティング代行会社に外注するのがおすすめです。弊社シンプリックはライティング代行会社であり、プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げます。プロのノウハウを伝授しますので、ぜひ弊社の無料相談サービスをご活用ください。

ライティングの外注について


あらゆるコンテンツ作成において「ライティング」という業務は発生します。ライティングとは単純に「文字を書く」ことですが、ビジネスで成果を出すためのライティングには専門的な知識・スキルが必要です。

まずはライティングについて、またライティングの外注について理解しましょう。

ライティングの外注とは

ビジネスを成長させるために、コンテンツ作成は重要です。コンテンツとは「外部に発信する情報全般のことであり、企業はコンテンツを通じて見込み客や新規客の獲得を行います。例えば今読んでくれているこのブログ記事もコンテンツの一つです。

ライティングの外注に興味がある方にこの記事を読んでもらい価値を提供することで、ライティングの外注を検討している方からの問い合わせ獲得を目的としています。

多くの企業が自社利益につなげるためオウンドメディアからコンテンツを発信しています。しかし、読者のニーズを満たす質の高いコンテンツを継続的に作成するのは容易ではありません。どうしても時間・労力を要します。

そこで検討するべきなのが、「ライティングの外注」です。コンテンツ作成において発生するライティング業務を外部の企業や個人に委託するのです。多くの企業がライティング業務の外注を活用しており、その結果ビジネスを成長させています。

ライティングの外注とは、ビジネスを効率的に成長させるために有効な選択肢の一つです。

ライティングを外注するメリット・デメリット

この記事を読んでいるあなたはライティングの外注に興味がある、もしくは検討中でしょう。ここで、ライティングを外注するメリットとデメリットを解説します。

メリット1:質の高いコンテンツが作れる

ライティングを外注することで、質の高いコンテンツが作れます。質の高いコンテンツとは、以下3つの条件を満たしたものです。

  • ターゲット読者を満足させられる
  • 文章が読みやすく分かりやすい
  • コンテンツ作成の目的達成に効果的である

まずターゲット読者を満足させられるコンテンツでなくてはいけません。そもそもターゲット読者が明確でなければ、質の高いコンテンツは作れません。

「このコンテンツは、誰のどんなニーズを満たすコンテンツなのか」

この質問に答えられるようにしましょう。また文章が読みやすく分かりやすいことも重要です。誤字脱字がなく言い回しが冗長でない、伝えるべき情報を適切な順番で伝えているコンテンツである必要があります。

また「コンテンツ作成の目的達成に効果的である」ことも重要です。例えばこのブログ記事の目的は「ライティング 外注」もしくは「ライティング 依頼」というキーワードで検索する多くの方に読んでもらい、一部の方から問い合わせなどのアクションを起こしてもらうことです。つまり「Googleの検索結果で上位表示を実現し、問い合わせを獲得する」という目的の達成に効果的でない場合、質が高いコンテンツではないということです。

3つの条件を満たした質の高いコンテンツを作るには、専門的な知識・スキルが必要です。だからこそライティングは積極的にプロに外注するべきなのです。

メリット2:労力を抑えられる

コンテンツ作成には多くの労力・時間を要します。そのため自社内のメンバーで継続的にコンテンツを作成するには、ある程度コア業務の対応を抑える必要があります。

集客活性化のためにコンテンツを継続的に作成することは重要ですが、コア業務に多くのリソースを割きたいと思うのが普通です。ライティングを外注すれば、コンテンツ作成にかかる労力・時間を抑えてコア業務に十分にリソースを割けます。

メリット3:継続的に安定してコンテンツを増やせる

ライティングを外注することで、継続的に安定してコンテンツを増やせます。例えばオウンドメディアのSEOに取り組む場合、質の高い記事を継続的に発信することでサイト内の記事が検索結果上位を獲得しやすくなります。

質の高い記事を継続的に作成するには多くの労力・時間を割く必要がありますが、例えばお客様対応など優先して対応するべき業務が発生した場合に記事作成のスケジュールが狂い、継続的な記事作成がストップしてしまう可能性があります。

ライティングを外注すれば計画通り、継続的に安定してコンテンツを増やせます。この「継続性」というのはコンテンツマーケティングを成功させるうえで非常に重要です。

デメリット1:費用がかかる


ライティングを外注する一番のデメリットは、やはり費用がかかることです。外注の仕方次第で費用を大幅に抑えられる可能性もありますが、それでも自社内のメンバーでライティングを行う場合と比べると割高です。

企業によってはライティングの外注に十分な費用をかけられないこともあるでしょう。逆に費用さえかけられるのであれば、継続的に質の高いコンテンツを作成するためにライティングの外注は積極的に行うべきです。

デメリット2:コミュニケーションコストがかかる

ライティングを外注する場合、外注先の企業もしくは個人とのコミュニケーションコストが発生します。例えば自社の業界・事業にかかわるコンテンツを作成する場合、当然ながら外注先よりも自社のほうが業界・事業のことをよく理解しています。

外注先に質の高いコンテンツを作成してもらうためには、自社のほうが情報優位性がある様々な情報を共有する必要があります。資料にまとめて渡したり、定期的に打ち合わせを実施するなどコンテンツの質を担保するための取り組みが欠かせません。

またどんなコンテンツを作成するかの指示や納品してもらったコンテンツに対してのフィードバックなど、外注先とのコミュニケーションが発生します。

しかし外注先によっては作成したいコンテンツの分野に精通していたり、コンテンツの企画から校正・校閲まで幅広く対応してくれる場合もあるため、一概に「多くの」コミュニケーションコストが発生するとはいえません。どこに外注するかによってコミュニケーションコストは大幅に増減します。

コンテンツの種類

改めて、コンテンツとは「外部に発信する情報全般」のことです。コンテンツの作成にはライティングが必要であり、ここまでそのライティングを外注する場合のメリット・デメリットについてお伝えしました。

コンテンツマーケティングでは継続的なコンテンツの発信が欠かせませんが、ここでは多くの企業で作成される代表的なコンテンツをいくつか紹介します。

SEO記事

コンテンツマーケティングにおいて最も多く作成されるコンテンツが、この「SEO記事」です。SEO記事とは「SEOで成果を出すことを目的に作成される記事」であり、質の高いSEO記事を継続的に発信することがコンテンツマーケティングで成果を出すために重要です。

SEOとは「Googleなどの検索エンジンでサイト内のページを上位表示させる対策」であり、コンテンツマーケティングで成果を出そうとしているほとんどの企業が取り組んでいます。


SEO記事では「どのキーワードで検索された際に記事を上位表示させるか」を決めなくてはいけません。キーワードを選ぶ際のポイントは「一定以上の検索回数であること」と「すでに上位表示されている記事に勝てる(質で上回れる)見込みがあること」です。キーワード選定の具体的な方法は以下の記事で詳しく解説しています。

SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

特定のキーワードで検索してきたユーザーのニーズを的確に捉え、ニーズを満たすために論理的で読みやすく分かりやすい記事を作成することが重要です。オウンドメディアからブログ記事を発信してアクセスを集めたい場合は、SEO記事のライティングを外注するのがおすすめです。

メルマガ

メルマガとは「マーケティング目的で活用されるメールコンテンツ」です。登録者に対して特定のテーマに関するコンテンツを定期的にメール配信し、自社の商品・サービスの販売などにつなげます。

以下はビジネスマンに役立つ書籍情報などを配信する「NewsPicksパブリッシング」のメルマガ登録フォームです。フォームにメールアドレスを入力してもらい、メルマガ登録が完了します。

引用元:https://publishing.newspicks.com/

メルマガは見込み客・顧客との関係性構築のために多くの企業が活用しているマーケティング手法です。定期的に配信するメールを作成するのにも当然ながらライティングが必要です。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは「自社の商品・サービスに関するお役立ち情報をまとめた資料やレポート」のことです。自社の商品・サービスに興味を持っている、もしくは今後持つ可能性が高い方に対して提供し、自社の商品・サービスを購入したくなるような情報提供を行い販売につなげます。

例えば以下はAdobe社が自社製品の特徴や基本機能を紹介しているホワイトペーパーです。

引用元:https://www.adobe.com/jp/documentcloud/resources/dc-catalog.html

フォームに連絡先等の情報を入力してもらい、多くの場合メールアドレスに対してPDF形式などで自動送付されます。

ホワイトペーパーの目的は「商品・サービスの販売」であるため、販売に結びつけるために充実した情報を掲載します。ホワイトペーパーの提供は多くの企業が行なっており、作成に多くの労力がかかることからライティングの外注がよく活用されます。

ホワイトペーパーの効果について、以下の記事でより詳しく解説しています。

ホワイトペーパーの効果を最大化!作成・配布方法で差をつけるマーケティング戦術

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)とは「コンバージョンの獲得を目的としたWebページ」のことです。コンバージョンとは商品購入や問い合わせなどの「成果」のことであり、LPでは読者をコンバージョンに誘導するための様々な工夫が施されます。

例えば以下は日本経済新聞社が公開しているLPです。

引用元:https://www.nikkei.com/promotion/collaboration/paravi/

日経電子版、日本経済新聞の購読者に「Paravi」という動画配信サービスに契約してもらうためのLPです。契約(コンバージョン)を獲得するためにメリット・ベネフィットを最大限魅力的に伝えています。

LPで成果を出すためには「デザイン」と「ライティング」が重要です。どれだけデザインが良くてもコンテンツの内容が悪ければ期待した成果は得られません。そのため成果の出るLPを作成するためにプロにライティングを外注するのは効果的です。

求人原稿

求人原稿とは「求職者の応募獲得のために作成する原稿」です。作成した原稿は求人サイトや自社の採用サイトなどに掲載されます。

求職者から興味を持ってもらえるように企業のことを魅力的に伝える必要があり、求人原稿におけるコンバージョンとは「求職者からの応募」です。企業のホームページから情報を集めたり、経営者・社員へのインタビュー内容などを掲載し魅力的なコンテンツに仕上げます。

外注先の種類


ライティングの外注先には大きく2つの種類があります。「ライティング代行会社」と「クラウドソーシングサービス」です。どちらが良い悪いというものではなく、目的や予算によってどちらを選ぶべきかは異なります。まずはそれぞれの特徴を理解しましょう。

ライティング代行会社

ライティング代行会社とは、その名の通りライティング業務を代行してくれる会社です。あらゆるコンテンツ作成においてライティング業務は発生しますが、それらのほぼ全てをライティング代行会社に依頼できます。

スキルの高いライターを多く抱えている場合が多く、また長年のコンテンツ作成経験により蓄積されたノウハウを駆使して質の高い成果の出るコンテンツを作成してくれます。次に紹介するクラウドソーシングサービスと比べて費用はやや高めですが、その分高品質なサービスを受けられます。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチングするWebサービスです。代表的なのは「クラウドワークス」や「ランサーズ」です。

【クラウドワークス】

引用元:https://crowdworks.jp/

【ランサーズ】

引用元:https://www.lancers.jp/

得意分野の異なる様々なライターがサービスに登録しており、ライティング代行会社と比べて費用が安くスピーディーに依頼できます。経験豊富な専業ライターから、お小遣い稼ぎが目的の学生、副業で取り組んでいる主婦など様々なレベル感のライターが登録しているのが特徴です。

スキルが高く経験豊富なライターが低単価で仕事を受けている場合もあり、自社に合った良いライターとマッチングできればコストパフォーマンスが高くなる可能性もありますが、ライティング代行会社に依頼する場合と比べて品質面は安定しないことが多いです。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

徹底比較!代行会社 VS クラウドソーシングサービス


ライティング代行会社とクラウドソーシングサービスの概要をお伝えしましたが、どちらを活用するべきかは予算や目的などによって異なります。「とりあえず品質が高いほうがいいから、ライティング代行会社に頼もう!」「外注費を安く抑えたいから、クラウドソーシングサービスでいいか。。」など安直に考えて依頼すると、後悔するかもしれません。

ここでは、ライティング代行会社とクラウドソーシングサービスを6つの項目で比較します。それぞれの特徴をしっかり理解することで、自社に合った外注先を選べるようになります。

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
費用高い安い
品質高い不安定
依頼側の労力比較的低い高い
依頼のしやすさ費用が高いため、若干依頼しづらいスピーディーに依頼可能
対応範囲広い場合が多い基本的に狭い
大量案件への対応力高い低い

費用

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
費用高い安い

ライティング代行会社は比較的費用が高く、クラウドソーシングサービスは費用が安いです。しかしあくまで全体的な傾向に過ぎず、コンテンツの種類や求める品質、ライターのレベルによって費用は大きく変動します。

記事作成の場合は「文字単価」の費用形態になる場合が多いです。「1文字◯円」といったように文字単価を決定し、1記事あたりの費用は「文字単価 × 文字数」で決まります。例えば文字単価が2.0円で文字数が20,000文字であれば費用は「40,000円」になります。

2.0円(文字単価)× 20,000文字(文字数)= 40,000円(報酬)

一般的にライティング代行会社に依頼した際の文字単価は5.0円以上など比較的高く、クラウドソーシングサービスは0.5〜3.0円程度と比較的低いです。

費用が増減する要因として、主に以下のようなものがあります。

  • コンテンツの種類(インタビュー・取材記事など工数がかかるものは高くなる)
  • ライターのレベル(ライター初心者とベテランでは文字単価が大きく異なる)
  • ライターの対応範囲(ライティング以外の企画やキーワード選定なども依頼する場合は高くなる)
  • コンテンツの専門性(医療や法律、金融などは高くなる。旅行や食事など一般的なテーマの記事は安い場合が多い)
  • 求める品質(量産目的の記事であれば安い、品質重視の記事であれば高い)

品質

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
品質高い不安定

ライティング代行会社は総じて品質が高いコンテンツを作成しますが、クラウドソーシングサービスで依頼する場合は品質が不安定であることが多いです。

ライティング代行会社は多数のライターを抱えており、依頼側が作成したいコンテンツの分野や種類に合ったライターを的確にアサインしてくれます。またライターが記事を作成した後に複数人がチェックを行い校正・校閲に対応するなど、高い品質を担保するための体制構築が行われている場合が多いです。

クラウドソーシングサービスでは個人に依頼することになるため、ライティング後の校正・校閲などには対応してくれないことが多いです。また品質は個人の力量や熱量に左右されるため、継続的に品質の高いコンテンツを作成するのが難しい場合もあります。

依頼側の労力

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
依頼側の労力比較的低い高い

継続的にコンテンツを作成するにあたり、依頼側の労力がどれくらいかかるかは重視するべきです。ライティング代行会社に依頼する場合、依頼側の労力は比較的低くなることが多いです。一方クラウドソーシングサービスを活用する場合は基本的に高くなります。

ライティング代行会社は長年のコンテンツ作成により蓄積してきたスキル・ノウハウを活かし、コンテンツ作成を「主導」してくれる場合が多いです。例えば作成するコンテンツの企画や構成を考えてくれたり、継続的にコンテンツ作成を行うためのスケジュール・プランを作成してくれたりします。

またライターの確保や契約作業、指示出しなどディレクション業務まで対応してくれる場合が多く、依頼側はライターと個別にコミュニケーションを取る必要がありません。多くの場合担当のディレクターがついてくれるため、ディレクターに要望を伝えることでそれに合ったライター確保やスケジュール調整、体制構築やライターへの指示出しを行ってくれます。

しかしクラウドソーシングサービスを活用する場合、ライター探しや契約作業、指示出しからコンテンツの企画・構成作成などを依頼側が行う必要があります。そのためどうしても依頼側の労力は高くなります。

依頼側の労力を最小限にして継続的に質の高いコンテンツを作成したい場合は、ライティング代行会社を活用するのがおすすめです。

依頼のしやすさ

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
依頼のしやすさ費用が高いため、若干依頼しづらいスピーディーに依頼可能

ライティング代行会社は費用が高いため若干依頼しづらいところがありますが、クラウドソーシングサービスはお試しでまずは1記事から作成を依頼するといったことができます。

ライティング代行会社に依頼する場合もまずは1記事だけテストで依頼するといったことができる場合もありますが、それでもやはりクラウドソーシングサービスの依頼のしやすさと比べると劣ります。

クラウドソーシングサービスでは「ライターを募集する → 依頼する」という短いシンプルな手順で依頼できます。契約作業もサービス上でスピーディーに行える場合が多く、ライターを募集してから3日後には依頼してライティングの作業に入っていただくといったことも可能です。

対応範囲

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
対応範囲広い場合が多い基本的に狭い

ライティング代行会社はライティングのみならず企画や構成の作成、また校正・校閲や複数回の修正対応など対応範囲が広い場合が多いです。しかしクラウドソーシングサービスで個人に依頼する場合はライティングのみの対応であることがほとんどです。また複数回の修正対応も依頼しづらいです。

コンテンツの質を最大限上げるためにプロにライティング以外の業務も対応してもらったり、一つのコンテンツに対して質を最大化するために納品物に対して複数回の修正対応を依頼したいような場合は、ライティング代行会社に依頼するのがおすすめです。

大量案件への対応力

ライティング代行会社クラウドソーシングサービス
大量案件への対応力高い低い

大量にまとめてコンテンツ作成を依頼したい場合は、ライティング代行会社を活用するのがおすすめです。例えば「1ヶ月以内に記事を100個作成したい」という場合でも、ライティング代行会社に依頼すればスピーディーにライターを確保してくれることが多いです。

しかしクラウドソーシングサービスで個人に依頼する場合は、当然ながら一人に100個の記事作成を依頼することはできないため、複数人のライターを探して個別に契約する必要があります。これには想像以上に多くの労力がかかります。

納品される成果物の品質はバラバラであることが多く、チェックや修正、品質を担保するための執筆レギュレーションの作成やそれを遵守してもらうためのディレクションにも多くの労力がかかります。

大量案件への対応力はライティング代行会社に圧倒的に軍配が上がるため、大量案件を依頼する場合はライティング代行会社を活用しましょう。

弊社シンプリックはライティング代行会社であり、「成果の出る」記事制作を得意としています。プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げます。プロのノウハウを伝授しますので、ぜひまずは資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

ライティング外注先選びのポイント

ライティングを外注する際は、「限られた予算内で目的を達成すること」が重要です。例えば「最高品質のコンテンツを一本作成する」「質の高いコンテンツを毎月15本作成する」などが目的にあたります。

外注先を間違えると限られた予算内での目的達成ができません。そのためここで外注先選びのポイントをしっかり押さえておきましょう。

代行会社かクラウドソーシングサービスか

ライティング代行会社とクラウドソーシングサービスのどちらを活用するかはまず判断するべきポイントです。先ほど以下6つの項目で比較しながらそれぞれの特徴を詳しく解説しました。

  • 費用
  • 品質
  • 依頼側の労力
  • 依頼のしやすさ
  • 対応範囲
  • 大量案件への対応力

コンテンツマーケティングで成果を出すために、コンテンツの「品質の高さ」は重要な要素です。ある程度費用をかけてでも品質の高いコンテンツを継続的に作成したいのであればライティング代行会社に依頼するべきです。

実績が豊富か

外注先の実績が豊富であるに越したことはありません。特に自社が作成を予定しているコンテンツの分野・種類の実績は必ず確認しましょう。実績が豊富でない外注先には安心して依頼できません。「成果が出るコンテンツ」と「それっぽい良い感じのコンテンツ」は全く異なります。

コンテンツを作成する目的は成果を獲得することです。商品購入や資料請求、問い合わせ、店舗予約や求人応募などの成果を獲得するためには、ターゲット読者と抱えているニーズを明確にして満足してもらえるコンテンツを作成する必要があります。また「どうすれば成果(コンバージョン)につなげられるか」を常に意識してライティングすることも重要です。

実績が豊富な外注先のほうが「成果が出るコンテンツ」を作成してくれる可能性が高いです。実績の豊富さは、高いスキル・ノウハウを所有していることの証明になります。

可能であれば実績を確認したうえでテストライティング(お試しのライティング)を依頼し、成果物の品質や納品までのスピード、またコミュニケーションの取りやすさなども確認するべきです。

費用は問題ないか

質の高いコンテンツを継続的に作成してコンテンツマーケティングで成果を出すためには、ライティング代行会社に依頼するのがおすすめです。しかし費用は若干割高であるため必要に応じて交渉などを行い、外注費用が予算内に収まるようにしましょう。

またどのライティング代行会社に依頼するかによって費用は大きく異なります。提示された見積もり額に不安がある場合は相見積もり(複数の代行会社に同じ条件で見積もり依頼)を行いましょう。

ライティング以外の全ての業務を依頼側で行い、外注先にはライティングのみ依頼するなど対応範囲を変えることでも費用を抑えられます。

SEOに精通しているか


ライティングの外注の多くはSEO記事に対して行われます。SEO記事のライティングを外注する場合は、外注先がSEOに精通しているか必ず確認しましょう。

改めて、SEO記事とは「SEOで成果を出すことを目的に作成される記事」のことです。Googleなどの検索エンジンで記事を上位表示させたり記事を通じてコンバージョンを獲得するためには、SEOに関する知見が欠かせません。

SEO記事では「文章の綺麗さ」よりも「ターゲット読者のニーズを満たすこと」が重要です。文章が綺麗であれば質が高い記事に見えるかもしれませんが、それがターゲット読者のニーズを満たすことを第一に考えていない記事であれば文章が綺麗でも意味がありません。

質の高いSEO記事を作成するには専門的な知識・スキルが必要です。そのため必ず外注先がSEOに精通しているか確認しましょう。

品質担保のための体制構築ができているか

ライティング代行会社に外注する場合、品質担保のための体制構築ができているか確認しましょう。ここまで「ライティング代行会社は品質が高いコンテンツを作成してくれる」と伝えてきましたが、外注先によっては品質担保がされておらず品質レベルがバラバラのコンテンツが納品される可能性があります。

実績を元に、作成してくれるコンテンツの品質が高い代行会社であると判断しても、品質担保のための体制構築をどのように行なっているかは確認するべきです。確認の際、以下の3つの質問が有効です。

  • ライティングは誰が担当するのか?
  • ディレクションは誰がどのように行うのか?
  • 誰が完成物をチェックし、どのようなルールのもと校正・校閲が行われるのか?

ライティング代行会社の社員がライティングを担当する場合もありますが、契約している個人のライターに代行会社から外注する場合もあります。いずれにせよ作成予定のコンテンツの分野や種類に強く、実績が豊富なライターであることが望ましいです。

またライターに対しての指示出しなどのディレクション業務を誰がどのように行うのか確認しましょう。ディレクターについても実績が豊富であるに越したことはありません。また執筆レギュレーションがある場合は確認させてもらい、品質担保のためにディレクション業務をどのように工夫しているかも聞いてみるべきです。

完成物のチェック体制についても確認しましょう。校正・校閲を誰がどれくらい労力をかけて行うかは納品物の質に大きく関わります。

自社と相性が良いか

どれだけ長く運営しているライティング代行会社だったとしても、自社と相性が悪ければ質の高いコンテンツを作成してくれる可能性は低いです。自社との相性の良さは、主に以下の2点で判断できます。

  • 同業他社におけるコンテンツ作成実績は豊富か
  • コミュニケーションが取りやすいか

ニッチな分野や専門性の高い分野のコンテンツ作成を依頼する場合は、特に相性の良さが重要です。例えば法律や医療、金融などの分野は専門性が高いため、同じ分野のコンテンツ作成実績が豊富でない代行会社に依頼するべきではありません。「ドローンパイロット」などニッチな分野のコンテンツ作成でも同様です。

またコミュニケーションの取りやすさも重要です。質の高いコンテンツを継続的に作成するためには綿密にコミュニケーションを取り、細かく情報共有を行う必要があります。コミュニケーションを取る際にどうしても不快感を感じてしまったり、コミュニケーションにおける齟齬が多い会社には外注するべきではありません。

対応範囲について

外注先がどこまでの範囲を対応してくれるのか確認しておきましょう。コンテンツ作成のライティングを外注するといっても、「どんな内容のコンテンツを作成するかが構成も含め、明確に固まっている状態からライティングのみ行う」場合もあれば「企画や構成、また記事の装飾まで含めてライティングを行う」場合もあります。

自社内に企画や構成を考えてライターに指示を出し、校正・校閲まで対応できるメンバーがいて十分にリソースを避けるのであればライティングのみの依頼でも良いでしょう。しかしライティング以外にもコンテンツ作成に関わる業務を幅広く依頼したいのであれば、対応範囲が広い外注先に依頼するべきです。

「どこまで対応してくれるか」は外注前に決めておかないと後々トラブルに発展する可能性があります。そのためしっかり確認しておきましょう。

ライティングを外注する際の注意点


ライティングの外注には費用がかかります。せっかく費用をかけてコンテンツ作成を依頼するのであれば、できる限り質の高いコンテンツを作成したいと思うのは普通です。

外注先に質の高いコンテンツを作成してもらいコンテンツマーケティングで成果を出すためには、外注前・外注時に注意しておくべき点があります。

外注先への情報共有を徹底する

コンテンツ作成におけるライティングを外注する際は、外注先への情報共有を徹底しましょう。共有するべき情報は様々です。例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 外注の経緯や目的
  • 自社の事業、商品やサービス、業界に関すること
  • 競合他社や顧客に関すること
  • どのような品質・テイストの完成物をイメージしているか
  • どのようなスキル・経験を持つライターに対応してほしいか

自社の業界に関するコンテンツ作成を行っていきたい場合、基本的に外注先よりも自社のほうが業界のことをよく理解しています。また顧客はどのようなニーズを持った人なのかなど、自社の内部の人間にしか知り得ない情報も多々あるでしょう。コンテンツ作成に役立つと思われる情報は、外注先に積極的に共有するべきです。

コンテンツの品質やテイストに関すること、求める品質を実現するためにどんなライターに対応してほしいかなど、要望を細かく伝えるべきです。情報を整理して共有するのには多少の手間がかかりますが、情報共有を疎かにすると期待した品質の成果物が納品されないだけでなく、様々なトラブルに発展する可能性があります。

外注前に準備物を揃える

ライティングを外注する前に、いくつか準備しておくべきものがあります。準備物を揃え、万全の体制で依頼できるようにしましょう。

1. 執筆レギュレーション

執筆レギュレーションとは「ライティング時のルール」のことです。ライターによって成果物の品質にばらつきが出ないよう、執筆レギュレーションは準備するべきです。以下、執筆レギュレーションに盛り込む項目の一例です。

  • 基本的な文体(ですます、である調など)
  • 表記ルール(数字の半角全角、改行位置など)
  • 見出しの文字数や数に関する指定
  • リンクの貼り方や引用元の明記方法
  • 画像の取得先
  • 納品形式(Wordなど)
  • NGワードや避けるべき表現

2. 参考情報や資料

コンテンツ作成に役立つ参考情報や資料があれば、積極的に共有しましょう。「品質やテイストはこの記事に合わせてほしい」「競合のこの会社のサイトを見て、業界の特徴について理解してほしい」など細かく指定することで、コンテンツの質が上がります。

多くの参考情報・資料を共有する必要がある場合は、情報過多によりライターが混乱しないよう重要度で優先順位を付けるのがおすすめです。

3. 委託契約書

クラウドソーシングサービスを活用する場合は、個人のライターと正式な書類で委託契約を結ぶのがおすすめです。契約内容や仕事の進め方、成果物の品質に関することなどを細かく記載しておくことで、契約後のトラブル防止につながります。

以下、委託契約書に記載する項目の一例です。

  • 業務内容
  • 報酬額や支払い方法
  • 納期
  • 再委託の有無
  • 著作権の譲渡について
  • 禁止事項

ライティング代行会社に外注する場合も、細かい取り決めに関して記載した契約書を用いて契約することで発生しうる様々なトラブルを防止できます。

ライティング代行会社を活用しよう!

この記事では、ライティングを外注するメリットや外注先の種類、外注先を選ぶ際のポイントなどをお伝えしました。ライティングを外注することで「成果の出る」質の高いコンテンツを継続的に作成できるため、コンテンツマーケティングの成功確率が上がります。

特にオウンドメディアから記事を発信してSEOで成果を出すためには、コンテンツの質の高さが重要です。Googleは検索ユーザーが満足するコンテンツを検索結果の上から順に表示させようとするため、質の低いコンテンツをいくら量産しても意味がありません。

質の高いコンテンツの作成には多くの労力・時間を要するため、ライティング代行会社を活用しましょう。自社のメンバーはコア業務に注力し、ライティング代行会社にコンテンツ作成を依頼すれば事業で十分な成果を出しながら、着実にコンテンツを蓄えていき中長期的に大きな成果の獲得が期待できます。

「質の高いコンテンツ作成のためにライティングを外注したい!」とお考えであれば、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。弊社は「成果の出る」質の高いコンテンツ作成を得意としています。コンテンツマーケティングにおいてあらゆる業種・業界の会社に対して長年の支援実績があり、すぐの依頼を検討していない相談の段階からでも弊社が培ってきた経験・ノウハウを惜しみなくご提供いたします。

弊社一度、ご相談やご依頼を心からお待ちしております。

×

関連記事

  1. howto-outsource-blogwriting

    【ブログ記事外注は投資対効果をみよう】外注成功のコツを解説

  2. 記事作成の外注を成功させるための方法を徹底解説!ポイントは外注先選び!…

  3. 優秀なライターに依頼・外注したい!探し方や選び方を徹底解説!

  4. consult-experts-about-blog

    オウンドメディアブログにおけるコンサル導入の重要性

  5. SEO分析チャートとメモ帳

    コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も…

  6. stepbystep-guide-of-seo-outsourcing

    SEO対策の依頼で失敗しないためのステップガイド

  7. 記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

  8. ライティング外注の費用相場を完全解説!「何にいくらかかるか」を理解しよ…

PAGE TOP