記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

自社サイトを検索結果で上位表示させ、多くのアクセスを獲得するために「記事作成」は欠かせません。真剣にSEO対策に取り組んでいるほとんどの会社が、継続的な記事作成を行なっています。

しかし、記事作成には多くの時間・コストがかかります。検索上位獲得のための質の高い記事を自社内で継続的に作成し続けることが、困難な場合もあります。リソースの確保が難しく、当初予定していたペースでの記事作成を継続できないケースも少なくありません。

このような悩みは、「記事作成代行サービス」の活用で解決できます。記事作成代行サービスを使えば、質の高い記事を継続的に作成することができ、アクセスの集まるサイトに着実に育てていけます。また専門知識・スキルを持ったプロに依頼することで、ただ継続的に記事を作成するだけでなく検索結果での上位表示や、記事を通じてより多くの自社商品を販売するといった具体的な成果も期待できます。

この記事では、記事作成代行サービスを活用する前に必ず知っておきたい基本知識、外注するメリット・デメリットや費用相場、また自社に合った記事作成代行サービスを選び、期待した成果を出すためのポイントなどをお伝えします。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

記事作成代行について


記事作成代行サービスとは、その名の通り「自社の代わりに記事を作成してくれるサービス」のことです。

SEO対策で十分な成果を出すために記事作成は欠かせませんが、質の高い記事を作成し続けるためには多くの時間・コストが必要です。そのため、自社内の人員・リソースだけで安定的に記事を作成し続けられないケースは多いです。

記事作成代行サービスを使えば、サイトへのアクセス数などの目標を達成するために質の高い記事を安定的に作成し続けられます。サービスを提供している多くの会社はSEO対策やWebマーケティングにおける専門的な知識・スキルを持っているため、自社内でただ闇雲に記事を作成するよりも高い成果を得られるかもしれません。

当然ながら外注費用はかかりますが、一度作成した記事はサイトに残り続け、質の高い記事であれば中長期的にアクセスを生み出し続けてくれます。そのため、ある程度の費用をかけてでもサイトの目標を達成するために、記事作成代行サービスを活用することは良い選択肢といえます。

記事作成代行の依頼先は2種類

記事作成代行サービスの活用にあたり、依頼先は大きく分けて2種類あります。それぞれの特徴を解説します。

記事作成代行会社

「記事作成代行会社」に記事作成を依頼すれば、自社人員のリソースを最小限に抑えて、質の高い記事を安定的に作成し続けられます。

サイトのジャンルや作成したい記事のイメージから、プロのディレクター監修の元、記事のライティングだけでなくスケジュール管理や品質管理などにも対応してもらえます。質の高い記事を作成するためにライティング以外の工程にもかかわってくれますが、その分費用は次に紹介するクラウドソーシングと比べて高くなるのが一般的です。

このサイトを運営している弊社シンプリックも、記事作成代行会社の一つです。SEO・Webマーケティングに強みを持っており、「成果の出る」記事作成を得意としています。

ある程度費用をかけてでも、自社人員のリソースを最小限に抑えながら質の高い記事を安定的に作成したい場合は、記事作成代行会社に依頼するのが良いでしょう。

クラウドソーシングサービス

「クラウドソーシングサービス」とは、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をつなげる、オンライン上のマッチングサービスです。クラウドワークス」や「ランサーズ」、「ココナラ」といったサービスが代表的です。

【クラウドワークス】


仕事の依頼方法は、サービスに登録している方に対して直接スカウトを送る「スカウト型」や、不特定多数の方に対して「この条件で、この仕事を受けてくれる方いますか?」と募集をかけて応募してきた方の中から発注先を選ぶ「プロジェクト型」などがあります。

クラウドソーシングサービスに登録しているライターのスキルには、かなり上下幅があります。ライティングを専門に活動しているプロのライターや、空き時間にサクッと仕事がしたい主婦、アルバイト感覚で仕事を受けている学生など、様々なライターがいます。

ライターとの交渉次第では低い金額で発注できるかもしれませんが、質の高い記事を作成してくれるとは限りません。ライターの選定・手配やスケジュール管理、記事のチェックなどは自社内で行う必要があり、自社人員のリソースを割くことになります。

発注費用は記事作成代行会社と比べて低いためお得に感じるかもしれませんが、ライティング以外の業務にある程度の工数がかかることは理解しておきましょう。

自社内にディレクション能力の高い人員が存在し、個人のライターなどと定期的にやり取りしながら質の高い記事に仕上げられる自信があるという場合は、クラウドソーシングサービスを活用するのも良いでしょう。

記事の主な種類

記事には、様々な種類があります。種類ごとの記事の特徴について理解しておけば、記事作成代行サービスを活用する際に作成してほしい記事の種類を伝えて、スムーズに依頼できます。

ここでは、記事の種類を6つ紹介します。

1. 情報系コラム記事

「情報系コラム記事」とは、あるキーワードで検索してきたユーザーに対して、検索意図(悩みや知りたいこと、したいこと)を満たす情報を提供する記事のことです。

「そのキーワードで検索してくるユーザーは、どんな検索意図を持っているか」を正確に把握して検索意図を満たす情報提供を行う必要があり、質の高い記事を作成するにはある程度の専門的な知識が必要になる場合が多いです。また情報を分かりやすく整理して伝えるために「情報収集能力」が必要です。

例えば金融関連のサイトを運営している場合は、金融関連の知識が豊富なライターに記事作成を依頼するのが良いでしょう。

2. 意見発信型コラム記事

「意見発信型コラム記事」とは、単に一般的な情報を整理して伝えるだけでなく、個人的な考えや経験などの「主観」を盛り込んだ記事のことです。

単に一般的な情報を整理して伝えるのも良いですが、適度に主観表現を入れることで読者からの共感を得やすくなります。例えばダイエットに関する記事であれば、ネットや書籍で公開されている一般的な事実を伝えるだけでなく独自性の高い情報を伝えると良いです。「お客様にこのダイエット方法を実践してもらった結果、1ヶ月間で-5kgを実現しました」「一般的には〇〇のダイエット方法は良いとされていますが、自社の経験からして〇〇のダイエット方法は良くないと考えています」といった個人的見解を伝えるといったものです。

適度に主観表現を入れて読者からの共感を得ることで、自社が販売している商品に興味を持ってもらえたり、効果的なブランディングになる可能性があります。

3. ランキング記事

「ランキング記事」とは、あるテーマにおいてランキング形式で情報を整理して伝える形式の記事のことです。

例えば商品のおすすめ情報を発信している「mybest」の「パーソナルジムのおすすめ人気ランキング9選」という記事は、このランキング記事に該当します。

(引用:https://my-best.com/5055


他にも、厳密にはランキング形式ではありませんが「おすすめパーソナルジム13選」といったように、様々な情報を一覧形式で比較紹介する記事も該当します。

ランキングなど比較形式にすることで情報量の多い充実した記事に仕上がることが多く、ユーザーの検索意図を満たす情報が整理して提供されている場合、検索上位を獲得しやすい記事形式といえます。

4. 翻訳記事

「翻訳記事」とは、ある言語で書かれた記事を別の言語に翻訳した記事のことです。外国語の記事を日本語に翻訳することが多く、ライターには十分な語学力が必要になります。

記事作成代行会社に依頼する場合は、対象の言語での翻訳ができるライターが在籍している、もしくは確保できる会社に依頼すると良いでしょう。

5. リライト記事

「リライト記事」とは、より検索順位の上昇や検索結果でのクリック率が上がるように書き直す対象となる公開済みの記事のことです。

公開済みの記事に対してリライトを行うことで、検索結果で上位表示される可能性を上げられます。

より読みやすく分かりやすいように、単純に文章の順番を入れ替えたり助詞(「てにをは」)を変えたりするだけでなく、ユーザーの検索意図をより満たし、検索エンジンから評価されやすい質の高い記事になるよう適切に加筆修正を行い、不要な文章を削除します。

6. 取材・インタビュー記事

「取材・インタビュー記事」とは、お店や会社、個人などあらゆる対象者に対して取材・インタビューを行い、得られた情報を元に作成する記事のことです。

お店の紹介、社員インタビュー、専門家による意見、お客様の生の声など、臨場感やリアルタイム性のある情報をを届けられます。

記事を作成するライターには、相手の本音・意見を引き出す質問力や傾聴力、撮影スキルなどが必要です。記事作成代行会社に取材・インタビュー記事の作成を依頼する場合は、この記事形式に強みを持つライターを抱えているか、もしくはこの形式に特化した会社に依頼をするのが良いでしょう。

記事作成において大切なこと


質の高い記事を作成し続けるには多くの時間・コストが必要です。自社人員のリソースだけで安定的に記事を作成し続けることは困難な場合が多いため、「記事作成代行会社」の活用がおすすめであることをお伝えしました。

記事作成代行会社に記事作成を依頼するメリット・デメリットについて解説する前に、記事作成において大切なことをお伝えします。

自社で記事作成を内製化する場合でも、記事作成代行会社に外注する場合でも「質の高い記事を作成すること」が大切です。いくらコストをかけて質の低い記事を量産したところで、期待した成果を得られる可能性は低いです。

質の高い記事とは、「検索ユーザーの検索意図を満たす記事」のことです。検索エンジンで何かキーワードを入力して検索するユーザーには、「何かを知りたい、何かの悩みを解決したい」といった検索意図(ニーズ)があります。Googleは検索意図を最も満たす記事を上位表示させようとするため、検索意図を満たす記事を作成することに注力しましょう。

記事作成代行会社の中には、「質よりも量」を謳い文句にしている会社もあります。しかし質を追求しない会社に記事作成を依頼しても、期待した成果を得られる可能性は低いことを理解しておきましょう。

記事作成代行会社に外注するメリット・デメリット


記事作成代行会社に記事作成を依頼(外注)するメリットとデメリットを知ることで、内製化するか、もしくは外注するかを納得して決められます。

それでは、メリットとデメリットを順に紹介します。

メリット

より多くの記事を作れる

記事作成代行会社に記事作成を依頼することで、自社内のリソースだけでは作れない本数の記事を作れます。

Webサイトの目標を達成するためには、質の高い記事をいかに多く作成するかが重要です。Webサイトの目標とは、例えばアクセス数やコンバージョン数(商品の購入や資料請求、問い合わせなどの数)のことです。サイトへのアクセス数が増えれば、その分コンバージョン数も増える可能性が高いです。

質の高い記事の本数を増やせば、より様々な検索キーワードからアクセスを獲得できます。コンバージョン数はそのまま企業の売上に直結するため、記事作成代行会社に依頼して多くの記事を作成することでWebサイトの目標のみならず、企業の目標を達成することにもつながります。

安定的に一定本数の記事を作れる

記事作成代行会社に記事作成を依頼すれば、指定の期日までに確実に記事を納品してもらえます。例えばクラウドソーシングサービスを活用して個人のライターに記事作成を依頼する場合、ライターによっては指定の期日までに記事を納品してもらえないことがあります。

そうなると記事作成のスケジュールが狂い、予定していた記事作成の目標を達成することができなくなるかもしれません。

内製化する場合も、別業務の状況によっては忙しくて記事作成に手が回らず、継続的な記事作成ができなくなる可能性があります。安定的に一定本数の記事を作成し続けられるというのは、記事作成代行会社に依頼するからこそ確実に実現できることといえます。

プロだからこその質の高い記事が作れる

記事作成代行会社には、プロのディレクターが在籍しています。ディレクターは質の高い記事を作成するために、サイトのジャンルや記事の内容に適したライターを手配します。そしてライターの作成した記事を十分にチェックしたうえで編集を施し、質の高い記事に仕上げます。

記事作成代行会社に在籍しているライターが執筆を担当する場合もあれば、執筆は外注する場合もあります。外注する場合でも、質の高い記事を作成するために適したプロのライターを手配してくれるため、プロだからこその質の高い記事に仕上がります。

自社の工数を削減できる

記事作成を外注することで自社人員の記事作成にかかる工数が削減でき、別の重要な業務に工数を割けるようになります。

自社の工数を最小限に抑えながら安定的に記事を作成し続けられるのは、記事作成代行会社を活用する大きなメリットです。

デメリット

外注先が自社ターゲットの理解に乏しい場合がある

質の高い記事を作成するには、検索ユーザーのことをよく理解し、検索意図を満たす情報を整理して伝える必要があります。検索ユーザーのことは、外注先の記事作成代行会社よりも自社のほうがよく理解しているはずです。そのため、自社ターゲット(検索ユーザー)のことを十分に理解できず、検索意図とずれた記事が納品される可能性もゼロではありません。

これを回避するためには、自社の事業や自社ターゲットのことを外注先の会社に伝えきる必要があります。

一般的な傾向とは異なる自社ターゲットならではの特徴や、お客様の生の声などを共有することで外注先の会社が自社ターゲットのことをよく理解してくれます。その結果、検索意図を十分に満たす質の高い記事を作成してくれる可能性が上がります。

外注費用がかかる

外注するわけですから、当然ながら外注費用がかかります。これが外注する場合の最も大きなデメリットといえます。

外注して安定的に記事を作成するために資金の余裕が十分にある会社なら良いですが、記事作成の外注にかけられるだけの資金の余裕がない場合もあるでしょう。

記事作成を行っても、短期的に大きな効果が出るわけではありません。しかし継続的に記事を作成し続けることで、中長期的に大きな効果が期待できます。中長期的なリターンを考慮して、記事作成の外注という将来への投資を必要な分だけ行うようにしましょう。

もちろん、場合によっては内製化も検討すると良いです。

社内にノウハウが貯まりづらい

記事を作成し続ければ、「どのような方法で記事を作成すれば検索上位を獲得しやすいか」が分かってきます。しかし記事作成代行会社に記事作成を一任した場合、自社内に検索上位を獲得するための記事作成ノウハウが貯まりづらい可能性があります。

自社内にノウハウを貯めるために、記事作成代行会社から細かく情報共有を受けるようにしましょう。対策キーワードの選定方法や記事作成のマニュアルなどを可能な範囲で共有してもらえれば、自社内の人員で質の高い記事を作成できるようになります。

記事作成代行会社に記事作成を一任するのではなく、一部の記事作成を自社人員で取り組むことにより記事作成代行会社のノウハウを効率よく吸収するといった方法も有効です。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

外注費用の相場


記事作成を外注するにあたって、外注費用の相場を知っておきましょう。特に記事作成代行会社に依頼する場合、発注側が費用の相場を知らなければ不当な高い金額を提示され、その金額で契約成立となる可能性があります。

また外注費用の相場を知っておけば具体的に何本の記事作成を外注できるかの試算ができ、作成する記事の本数に応じたWebサイトのアクセス数などの目標も立てやすくなります。

一般的に、外注費用は記事の「文字単価」で決まります。例えば「1文字1円」の文字単価の場合、5,000文字の記事を作成するのにかかる費用は5,000円です。

文字単価 × 文字数 = 記事単価

文字単価は、記事の種類や専門性、ライターのスキルや納期などによって異なります。

例えば記事の種類が「取材・インタビュー記事」であれば、取材・インタビューに要する交通費や宿泊費、また取材内容を整理して分かりやすく記事にまとめるために多くの時間を要するため、文字単価は3円以上など高くなる傾向にあります。

また記事の「専門性」についてですが、専門性が高くなるほど文字単価は高くなります。例えば法律や医療などの専門性の高い分野であれば文字単価3円以上、記事の内容によっては10円以上になることもあります。一方、ダイエットや食事などの多くの人が馴染みのある専門性の低い分野であれば、文字単価は0.5円〜といったように低くなります。

ライターの「スキル・経験」によっても文字単価は異なります。実績が豊富なライターの場合は文字単価が低くても3円、ベテランライターでスキルが高い方であれば10円以上になることもあります。

納期」によっても、文字単価は異なります。例えば記事作成の納期が1週間以内などの場合は「特急料金」として文字単価が高くなることが多いです。そのため、納期はなるべく余裕を持って依頼するようにしましょう。

ここで紹介した外注費用の相場はあくまで目安にすぎません。個人のライターに依頼する場合は交渉次第で相場よりもかなり低い金額で外注できることもありますし、求める完成物の質によっても費用にかなりの上下幅があります。もちろん、外注先の会社によっても大きく異なります。記事の執筆だけでなく、構成案を作成したり監修者を入れる必要がある場合などは、より外注費用が膨らみます。

相場はあくまで目安であることを理解し、実際に記事作成を外注する際は複数の記事作成代行会社に見積もりを出してもらい、費用やサービス内容、完成物の質などから総合的に判断して自社に合う記事作成代行会社を選びましょう。

記事作成代行会社を選ぶ際のポイント

記事作成代行会社を活用することで、自社の工数を最小限に抑えながら質の高い記事を安定的に作成し続けられます。

しかし依頼する記事作成代行会社を間違えると、全く成果が出ずにかけた費用が無駄になってしまいます。中には適当に作成した記事を納品して、不当に高い金額を請求してくる悪徳会社も存在します。

ここでは記事作成代行会社を選ぶ際のポイントを5つ紹介します。これらのポイントを踏まえて、自社に合った質の高い記事作成代行会社を選ぶようにしましょう。

弊社シンプリックのSEO記事制作サービスでは、プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げます。プロのノウハウを伝授しますので、ぜひまずは資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

実績が豊富である

「記事作成代行会社は記事作成のプロだから、どこに頼んでも質の高い記事を作成してくれるだろう」

このように考えているのであれば、その考えは改めるべきです。記事作成代行サービスは、多くの業種と比べて始めやすい(法人化しやすい)サービスといえます。「文章を作成する」というのは多くの人が当たり前にできることであり、何か事業を立ち上げようと思った際にライティング領域での起業というのは多くの人が考えるところです。

そのため、記事作成代行会社のサービスの質や力量はピンキリといえます。質の高い会社に安心して依頼するためには、実績を確認するのが一番です。実績が豊富な会社であれば、悪徳会社のように不当に高い金額を請求されたり、明らかに適当に作成した記事を無責任に納品されるようなことはない可能性が高いです。

会社のホームページを見れば実績が掲載されていることもありますが、中には嘘の実績を掲載している会社もあります。そのため実績が確かなものであるか口コミや評判を検索して確認してみたり、直接問い合わせて実績を見せてもらうことをおすすめします。

もし「社外秘なので」と言われて実績を一切見せてもらえない場合は、依頼しないほうが良いです。実績を見たうえで、「この会社であれば信頼できる!」と思った会社に依頼するようにしましょう。

高い専門知識・スキルを持っている

記事作成代行会社を選ぶ際は、質の高い記事を作成するための高い専門知識・スキルを持っている会社を選びましょう。

特にSEOについての高い専門知識・スキルを持っているかは必ず確認するべきです。SEOとは、「Googleなどの検索エンジンでサイトのページを検索結果の上位に表示させるための対策」です。

例えば「SEO 記事数」というキーワードで検索すると、弊社のブログ記事が検索結果の上から3番目に表示されます。


記事作成を行う際は、ほとんどの場合SEOのために行うでしょう。そのため、ただ「それっぽい」記事を作成する会社ではなく、SEOの知識・スキルを活用して検索エンジンで上位表示を獲得しやすい記事を作成してくれる会社に依頼するべきです。

担当者がSEOについての高い専門知識・スキルを持っているかは、過去の実績を見せてもらい、その実績を出すためにどのような工夫を行ったかを詳しく語ってもらうのが良いです。そこで自分の言葉で語れない場合は、SEOについての理解が深くない可能性が高いです。

対象サイトの分野と相性が良い

実は、全ての会社にとって最適な記事作成代行会社というのは存在しません。それぞれの会社に強みや得意分野があり、相対的に苦手な分野というのが存在します。そのため、例えば「記事作成代行会社 おすすめ」とGoogleで検索してヒットした会社だからといって、自社との相性が良くて期待した対応を取り続けてくれるとは限りません。

記事作成代行会社を選ぶ際は、SEO対策を行う対象サイトの分野と相性が良い会社を選ぶようにしましょう。例えば対象サイトの分野が「医療」であれば、医療の分野について実績が豊富にあり、医療分野に強いライターを抱えている、もしくは確保できる会社に依頼するべきです。

「その記事作成代行会社がどの分野に強みを持っているのか」をしっかり確認し、対象サイトの分野を強みとしている会社を選びましょう。

料金システムが明瞭かつ適正である

料金システムが分かりづらい会社は、最初に見積もりで提示した金額から何かと理由を付けて金額を上乗せして請求してくる可能性があります。

会社のホームページを見たときに料金システムを全て開示していなかったり、問い合わせてはじめて分かるような場合は、特に問題ありません。しかし直接料金システムを聞いているにもかかわらずそれでも不明瞭であったり、はぐらかされていると感じるような場合は危険です。

良い会社は、料金システムが明瞭です。どのような場合にどれくらいの金額が発生するのかを明確に分かりやすく提示してくれます。

また料金について複数の会社を比較する際は、ホームページで確認するだけではいけません。直接問い合わせて確認するべきです。また、ライティング以外の業務を依頼した場合にどれくらい追加費用がかかるかも確認しておきましょう。特に、以下の業務を依頼した場合の費用は確認するべきです。

  • キーワード調査、選定
  • 構成案の作成
  • 画像の選定
  • 記事の公開作業
  • レポーティング

記事作成にあたり依頼したい業務内容がライティングだけでない場合は、依頼したい業務範囲を全て含めた見積もりを複数の会社から出してもらい、比較して外注先を選定しましょう。

質の高い記事を作成するための努力を怠らない

SEOで成果を出すためには、質の高い記事を継続的に作成する必要があります。せっかく時間とお金をかけて記事を量産しても、どれも質が低ければ全く意味がありません。要した時間とお金が無駄になってしまいます。

記事作成代行会社を選ぶ際は、自社の事業とターゲット顧客のことを理解するために入念にヒアリング・調査をしてくれて、一本一本の記事を手を抜かずに質の高い記事を作成するために努力してくれる会社を選ぶべきです。

適当に文章を並べるのではなく「なぜこの順番で、この情報を伝えているのか。なぜこの言い方で伝えているのか」など、細部に至るまでこだわり抜いて記事を作成してくれる会社に依頼できれば、外注費用をある程度要した場合でもそれを大きく上回るリターンを得られる可能性が高いです。

代行会社と協力して、質の高い記事を作り続けるために

記事作成代行会社に依頼して質の高い記事を継続的に作成するためには、代行会社と協力して密に連携する必要があります。安心して任せられる代行会社に依頼したからといって、こちらから自社事業や自社の顧客に関する情報を詳しく伝えずに丸投げしてしまっては、質の高い記事が作成できません。そうすれば当然ながら、SEO対策に失敗します。

ここでは、記事作成代行会社と協力して質の高い記事を継続的に作成するために重要なポイントを3つ紹介します。

記事作成の目的を明確にする

記事作成代行会社を活用して質の高い記事の作成に取り掛かる前に、記事作成の目的を明確にしておきましょう。

どんな目的で、何を目標に記事を作成するのですか?

この質問に対して明確な回答ができない場合は、記事作成の目的が明確とはいえません。記事作成はSEOのために行う場合もあれば、「有益な情報を提供するメディアを運営している」と認識されるための企業ブランディング目的で行う場合もあります。その他にも様々な目的があるでしょう。

また、できる限り目標も明確にしておきましょう。作成する記事の本数や各記事における検索順位、サイトへのアクセス数などの目標を明確にします。それにより記事作成代行会社も「この目標を達成するためには、このような記事を作成しないといけない」といったように具体的な戦略を立てて記事作成に取り掛かってくれるでしょう。

「ユーザーファースト」の意識を持ち続ける

質の高い記事を継続的に作成するためには、ユーザーファースト」の意識を持ち続けることが重要です。ユーザーファーストとは、つまり「読者第一」で記事を作成するということです。

作成した記事は、Googleでいかに検索結果の上位表示を獲得して多くのアクセスを集められるかが重要です。Googleはあるキーワードで検索したユーザーに対して、検索意図を最も満たす記事・ページを一番上から順に表示させようとします。

検索ユーザーの検索意図を満たす記事を作成するためには、「ユーザーファースト」の意識で検索意図を満たすことに注力する必要があります。「時間がかかるし手間だし、この部分の説明は適当でいいか」などと投げやりな気持ちで記事を作成しても、Googleで上位表示されません。なぜなら、それはユーザーファーストではないからです。

「どんな順番で、どんな情報をどんな文章・言い回しで伝えれば検索ユーザーの検索意図を最も満たせるか」を本気で考えなくてはいけません。

担当者が「質の高い記事の作り方」を理解する

記事作成代行会社に依頼すれば、プロのライターが必ず質の高い記事を継続的に作成してくれると思うかもしれません。しかし自社の事業と顧客のことを一番理解しているのは自社のメンバーであるため、場合によっては作成してくれた記事を直したくなることもあるでしょう。

そのためには、発注側企業のWeb担当者が「質の高い記事の作り方」を理解し、適切な方法で書き直す必要があります。

また発注側の担当者が質の高い記事の作り方を理解していれば、記事作成を依頼する際に必要な共有すべき情報を的確に共有することができ、それによってライターの作成する記事の質も高くなります。

自社に合った記事作成代行会社を選ぼう

全ての会社に最適な記事作成代行会社は存在しません。そして、中には悪徳会社も存在します。せっかく費用をかけて記事作成代行会社に依頼するのですから、当然ながら成果を出したいところです。

自社に合った記事作成代行会社を選ぶことで、成果の出る可能性が格段に上がります。質の高い記事を継続的に作成してくれて、それによりGoogleの検索結果で記事が上位表示され、多くのアクセスが集まるようになります。

自社のメンバーで質の高い記事を作成することもできるかもしれませんが、一本の記事を作成するのには多くの時間がかかりますし、質の高い記事を作成するためにはある程度の知識・スキルがないといけません。そのため、質の高い記事を継続的に作成するためにはやはり記事作成代行会社を活用するべきです。

弊社シンプリックは、SEO・Webマーケティングについて高い専門知識・スキルを保有している実績豊富な記事作成代行会社です。常に「ユーザーファースト」の意識を持ち、なおかつご発注いただきました企業様のことを深く理解するために丁寧にヒアリングを実施し、質の高い記事を作成するための努力を怠りません。

記事作成代行会社をお探しなら、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。

関連記事

  1. howto-outsource-blogwriting

    【ブログ記事外注は投資対効果をみよう】外注成功のコツを解説

  2. stepbystep-guide-of-seo-outsourcing

    SEO対策の依頼で失敗しないためのステップガイド

  3. 記事外注を成功させるマニュアルの作り方&ライターとの良好な関…

  4. SEO分析チャートとメモ帳

    コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も…

  5. ライティングを外注・依頼する際のポイントを徹底解説!

  6. 優秀なライターに依頼・外注したい!探し方や選び方を徹底解説!

  7. consult-experts-about-blog

    オウンドメディアブログにおけるコンサル導入の重要性

  8. アウトソーシングと委託の意味の違いは? 派遣との違い、アウトソーシング…

PAGE TOP