stepbystep-guide-of-seo-outsourcing
  • 記事の外注

SEO対策の依頼で失敗しないためのステップガイド

Webサイトを検索結果の上位に表示させるSEO対策には、複雑で戦略的なアプローチが必要です。そのため、専門業者への依頼を検討している企業担当者の方も多いのではないでしょうか。

近年ではオウンドメディアを運営する企業も増えていますが、自社内で不適切な対策や誤った手順での戦略を展開してしまい、コストと時間を浪費しているケースは少なくありません

費用対効果を重視するなら、SEO対策の外部依頼は効率的な選択と言えるでしょう。ただし、悪質な業者やおすすめできない業者があるのも事実です。

そこで本記事では、SEO対策を依頼する際の注意点や、依頼するまでのステップなどについて詳しく解説していきます。

SEO対策を依頼する際の注意点

効果の高いSEO対策を実現するためにも、まずは依頼する際の注意点を確認しておきましょう。

  • 成果が出るまでには時間がかかる
  • 業者の種類によって対策範囲が異なる
  • ブラックハットSEOは違反
  • 丸投げは厳禁
  • Web広告とSEOの違いを理解しておく

それぞれ詳しく解説していきます。

成果が出るまでには時間がかかる

SEO対策の効果はすぐには現れません。少なくとも数ヵ月から半年以上の期間がかかることを想定しておきましょう。

検索エンジンはWebサイトを定期的に巡回してHTML情報を読み込み、データベースに登録しています。しかしWebサイト上の変更が即座に反映されるわけではありません。コンテンツの品質や信頼性などを評価した上で検索ランキングに反映させます。

そのため、SEO対策を外部に依頼したとしても、成果が出るまでの期間が急激に短くなることはありません。SEO対策を成功に導くためには、継続的で計画的なアプローチが必要不可欠です。

業者の種類によって対策範囲が異なる

提供されるサービスと対策範囲は業者の種類によって異なります。代表的な依頼先の例と対策範囲を見ていきましょう。

SEOコンサルタント

SEOコンサルタントは、Webサイトやオンラインプレゼンスを最適化して検索結果のランキング向上を図る専門家です。相談だけではなく、分析結果に基づいた改善施策の実務にも対応している場合が多いです。

主な対応業務は次のとおりです。

・キーワードの選定
・コンテンツの最適化
・技術的な改善
・リンクの構築
・ユーザーエクスペリエンスの向上 など

SEOコンサルタントは検索エンジンのアルゴリズムや最新の動向にも詳しく、Webサイトの現状を分析した上で改善点の提案をしてくれます。

弊社シンプリックでもWebコンテンツ診断サービスを提供しており、プロのSEOコンサルタントが、お客様のご要望や悩みに対して最適な提案をしています。検索順位やセッション数などの課題を抱えている方は、お気軽にご相談ください。

コンテンツ制作会社

オウンドメディアやSNSプラットフォーム向けのコンテンツ制作に特化している業者もあります。テキスト、画像、音声、動画など、多彩な形式のコンテンツを制作します。

主な対応業務は次のとおりです。

・コンテンツの制作
・記事の執筆
・クリエイティブの制作
・コンテンツ公開後の管理や更新 など

スキルとレベル、テイストなどは業者によって大きく異なるので、依頼する前に過去の実績や評判をしっかり確認しておきましょう。

なお、弊社シンプリックには、コンテンツ制作に関する豊富な実績とスキルがあります。コンテンツマーケティング内製化支援サービスもありますので、「ゆくゆくはSEO対策を自社で行いたい」とお考えの方も気軽にご相談ください。

デジタルマーケティングエージェンシー

オンラインプラットフォームやデジタルメディアを活用して販促を行う業者です。インターネット広告の最適化やソーシャルメディアマーケティングも依頼できます。

主な対応業務は次のとおりです。

・インターネット広告の展開
SNS広告の展開
・Webサイトのデザイン改善
・ユーザーエクスペリエンスの向上
・コンバージョン率の向上 など

ブラックハットSEOは違反

ブラックハットSEOとは、不正な手段で検索結果の順位向上を狙う悪質な施策のことです。

▼ブラックハットSEOの例
・キーワードスタッフィング
サイトのコンテンツに多くの検索キーワードを詰め込む

・隠れたテキストやリンク
サイトの背景色と同じ色や透明なテキストを使って不自然なテキストやリンクを仕込む

・クローキング
検索エンジンやユーザーごとに異なるコンテンツを表示する

・リンクスパム
大量の低品質な被リンク数を不自然に増やす

このようなブラックハットSEOは、検索エンジンのガイドラインに違反します。

一時的に順位は上昇するかもしれませんが、発覚すれば「検索結果からの除外」や「順位の大幅な低下」などのペナルティを受けるので絶対に避けましょう

短期間で成果を上げるためにブラックハットSEOを多用する業者も存在します。信頼性の高い業者を選び、ガイドラインに則った手法で対策できるようにしましょう。

丸投げは厳禁

SEO対策に関する知識が自社内になかったとしても、業者への丸投げは避けましょう。

SEO対策は中長期的に継続する施策です。丸投げをすると業者への費用が継続して発生します。また将来的に自社内での対応を行うことも難しく、コストの削減も実現しません

こと細かに指示出しをする必要はありませんが、ノウハウを社内に蓄積させながら外注依頼を活用していけば、次第に自社内でもSEO対策を行えるようになります。

Web広告とSEOの違いを理解しておく

Web広告とSEOは目的とアプローチなどが異なります。両者の特徴を理解し、うまく使い分けることが大切です

SEOWeb広告
目的検索エンジンの結果ページで有機的なランキングを向上させ、Webサイトのトラフィックを増加させる直接的に製品やサービスを宣伝し、購買行動を促進する
費用支払いは施策の内容によって決まり、クリック数や表示回数とは直接関連していないクリック数や表示回数などに応じて料金を支払う
表示場所検索結果としてランキング形式で表示検索結果ページの上部や右側など、特定の広告スペース
期間時間がかかるため持続的な取り組みが必要即効性が高い

Web広告とSEOは相補的な役割があるため、メディアの開設当初は併用するのが一般的です。SEOの成果が表れてきたら、広告戦略の縮小を検討してみましょう。

SEO対策依頼のよくある失敗例

SEO対策を外部に依頼すれば必ず成功するわけではありません。安易な依頼は逆効果になる恐れもあります。依頼をする前に、よくある失敗例を確認しておきましょう。

  • 過度な期待と短期間の目標設定を行った
  • 不適切な戦略を展開した
  • キーワードの選定を誤り検索順位が上がらない
  • ユーザーエクスペリエンスを無視した
  • 競合分析を怠った
  • 費用感を間違えた
  • 業者の選定に失敗した
  • 失敗した原因がわからない

それぞれ詳しく解説していきます。

失敗例1.過度な期待と短期間の目標設定を行った

急いで結果を求めたい、成果を上げたいという焦りから不適切な業者に依頼してしまうケースです。

SEO対策は、成果が出るまでに時間がかかります。特にメディア開設当初は短期間での目標設定は避けたほうがいいでしょう。検索エンジンに対する信頼性が築かれていない場合、結果を得るまでに3ヵ月~半年以上の時間がかかります。

すでにメディア運営歴が長い場合は比較的早い結果を得られる可能性もありますが、それでも数ヵ月はかかると思ったほうがいいでしょう。不明点がある場合は、依頼先におおまかな対策期間を聞いておくと安心です。

失敗例2.不適切な戦略を展開した

SEO対策には様々な戦略がありますが、適切な戦略を選ばずに施策を展開すると逆効果になります。

▼不適切な戦略で失敗した例
・Webサイトの構造整理よりも外部SEOを優先した
・施策を展開するメディアの選択を誤った など

不適切な戦略を展開しても検索結果の順位向上は望めません。戦略の選定は慎重に行い、自社の特性に合わせて計画を決定しましょう。

失敗例3.キーワードの選定を誤り検索順位が上がらない

対策キーワードの選択を誤ったケースです。

競争率が高いキーワードやWebサイトのコンセプトに合わないキーワードを選ぶと、効果的な対策は難しくなります。ユーザーが検索した際に表示される可能性も下がるため、トラフィックの増加は見込めません。

ユーザーの検索意図を理解した上で適切なキーワードを選定することが成功の鍵です。業者からキーワードを提示された場合は、そのキーワードを選択した合理的な理由を聞いてみるのも良いでしょう

失敗例4.ユーザーエクスペリエンスを無視した

ユーザーが使いやすいWebサイトを作成できなかったケースです。検索エンジンの評価とユーザーエクスペリエンスは連動しています。

例えば、ページの読み込み速度の遅さはユーザーの不満を招き、サイトの質と検索エンジンの評価を下げます。このような場合は、画像の最適化やキャッシュの活用、軽量なコードを使用するなどして、読み込み速度を向上させなければいけません。

ユーザーが目的のページにアクセスしやすくするためのナビゲーションも設計する必要があります。パンくずリストや内部リンクを設置してサイト全体の構造をわかりやすく明示するのは基本です。

コンテンツの拡充も重要ですが、外部に依頼する際には「ユーザーの満足度につながる施策が含まれているかどうか」を必ず確認してください。

失敗例5.競合分析を怠った

競合のキーワードやターゲットなどの分析を怠ったケースです。本来であればWebサイトの構造やユーザーエクスペリエンスの評価だけではなく、SNS戦略なども含めて総合的な分析をする必要があります。

競合他社の成功要因と課題を理解できなければ、自社の戦略の最適化は不可能です。競合分析を行わずにSEO対策を展開する業者の利用は避けましょう。

失敗例6.費用感を間違えた

費用の安さだけで業者を選び、質の高い施策を展開できないケースです。

SEO対策を依頼する場合は費用感の理解が大変重要になります。契約内容や報酬体系を事前に確認して、適切な費用で依頼できる業者を選びましょう。

安価な業者に依頼すれば費用は抑えられますが、品質や成果に悪影響を及ぼす可能性が高まります。逆に料金が高額すぎる業者にも注意が必要です。

Webサイトの規模によっても異なりますが、施策別の費用相場は下表が目安になります。

施策費用相場
(月あたり)
費用相場
(総額)
コンテンツSEO
※記事単価や月あたりの制作本数によって異なる
3~8万円20~50万円
テクニカルSEO3~8万円20~50万円
内部SEO5~12万円30~70万円
外部SEO3~8万円20~50万円
総合的なSEO6~16万円40~100万円

SEO施策は検索エンジンのアルゴリズムの関係でスポットで成果を出すのが難しいため、コンサルティングを依頼する際は契約期間を半年程度からと設定している業者が多いです。

また、記事制作(コンテンツSEO)の場合は、記事単価や月の制作本数によっても費用が異なります。

総額だけを見て高いか安いかを判断するのではなく、月あたりの費用がどれくらいなのか、その費用にどんな施策が含まれているのかを踏まえて業者を選ぶのが良いでしょう。

▶SEOの依頼費用については「SEOコンサルティングの費用相場と効果を解説」の記事も参考にしてみてください。

失敗例7.業者の選定に失敗した

業者の選定に失敗するとSEO対策の成功は期待できません。具体的な失敗例を見ていきましょう。

インハウス支援をしてくれなかった

インハウス支援をしない業者は戦略の透明性が低くなり、進捗と成果の適切な評価ができません。

自社のニーズやビジネスモデルに合わせた協力体制を構築できなければ、目立った成果は得られないでしょう。インハウス支援があれば業者との連携がスムーズに進み、将来的な自社内対策の準備にも役立ちます

ただし、業者との双方向のコミュニケーションが確立されている場合、インハウス支援の度合いが低くても成功する可能性は高くなります。

追加費用を請求された

契約内容とは別の追加費用が発生する業者は注意が必要です。追加費用を請求されたら、悪質業者の可能性を疑いましょう。優良な業者は契約前に追加費用に関する説明を行い、透明性を保つよう心がけています。

Googleからペナルティを課せられた

不適切な施策を展開する業者を利用してGoogleからペナルティを課せられてしまったケースです。

ガイドラインに違反するブラックハットSEOは論外ですが、質の低いコンテンツも「価値がない」と判断されて検索結果に表示されなくなります。

▼質の低いコンテンツの例
・他サイトからの引用だけで構成されている
・サイト内にあるコンテンツの内容がほぼ同じ
・独自性がない

近年では特に「独自性」が重視されています。独自性がなければ「このサイトのサービスを利用する必然性がない」「このサイトを選ぶ理由がない」とユーザーに思われてしまうため、ペナルティを受けなかったとしても成果は得られません。

重要なのは、ユーザーニーズとコンテンツのテーマを理解した上で「独自の意見と考察を加えること」です。

他記事の内容をわかりやすく書きかえるだけでは「独自性がある」と判断されないでしょう。テーマを正しく深く理解していなければ、独自の意見や考察は生まれません。しかし、専門性のないライターを多く抱えて浅い記事を量産する業者は少なからず存在します。

失敗例8.失敗した原因がわからない

「そもそも失敗した原因が分からない」というケースです。

「SEO対策 方法」のようなキーワードで検索すれば多くの手法が見つかります。しかし、そのとおりに実践すれば成功するわけではありません

世間に出回っている対策方法を全員が実施すれば「全サイトが検索結果上位」になるはずですが、そのようなことは物理的にもあり得ません。

実際には1位と2位のサイトにも明確な差はありますが、違いを見つけるのはなかなか難しいものです。そのため、経験のない業者はネットで調べればわかるような対策に終始します。実績豊富な業者は、新しい視点や洞察、分析によって施策の失敗理由と適切な対策方法を提示することが可能です。

なお、弊社シンプリックでは豊富な経験を基にした「集客改善につながるWebコンテンツ診断サービス」を実施しています。以前依頼したSEO施策がうまくいっていないと感じる場合などに、セカンドオピニオンとして使っていただくのに便利です。

SEO対策を依頼するステップ

SEO対策を依頼する際には、次のような手順で行います。

  1. 予算の設定と合理的な目標を設定する
  2. ターゲットとキーワードを決める
  3. 適切なSEO戦略を策定する
  4. 定期的なモニタリグと改善を行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.予算の設定と合理的な目標を設定する

SEO対策は長期的なプロセスです。成果を得るまでに時間がかかるため、外部にSEOを依頼する際には事前の予算計画が欠かせません。施策の内容によっては、広告費や新たなコンテンツの制作費なども考慮する必要があります。

実現可能な目標の設定も成功を左右する大きな要素です。目標の例としては「トラフィックの増加」「検索結果のランキング向上」「コンバージョン率の向上」などが挙げられるでしょう。

検索順位の目標は「5位以上」を目指すのが基本ですが、アクセス数やコンバージョン率などの目標は「平均値」を目安にすると実現可能性が高まります。

例えば、Ruler Analyticsが2022年に実施した調査によると、BtoBの平均コンバージョン率は2.7%です。そのため、「10%」のような数値は非現実的であるとわかります。また、2.7%を下回るようであれば、依頼先のSEO対策レベルが低いと考えられます。

2.ターゲットとキーワードを決める

目標を決めたら、ターゲットとなるユーザー層を明確にします。ターゲットの年齢や性別、地域、興味関心なども考慮してニーズに応えられるキーワードを選定しましょう。

キーワードのリサーチには「Googleキーワード プランナー」のようなツールが有用です。キーワードの選定は外部に依頼しても構いませんが、外注を利用しつつ自社内にもノウハウを貯める意味でも、より自社ビジネスに近しいキーワードを見つける意味でも、依頼先とコミュニケーションを取りながら決めることをおすすめします

またWebサイトの開設当初は一般的なキーワードでなく、ニッチなテーマに対応する「ロングテールキーワード」を中心に対策したほうがいいでしょう。競争性が低くなり、市場を絞ってユーザーにアプローチできます。

3.適切なSEO戦略を策定する

目標やキーワードを設定したら、Webサイトの現状に適したSEO戦略を策定していきます。

内部SEO

内部SEOは、Webサイト内部の要素を最適化して、検索結果の順位向上を図る施策です。

▼内部SEOが必要なWebサイトの例
・不適切なキーワードやタグを使っている
・ユーザーエクスペリエンスが低い
・内部リンクが設置されていない
・クローラビリティが低い
・コンバージョン率が低い

外部SEO

外部SEOとは、他サイトからのリンクやSNSにおける拡散・共有などを活かして、検索結果の順位向上を目指す施策です。

権威性があるサイトからの被リンクは、自社サイトの品質と信頼性を大きく高めます。レビューサイトや口コミプラットフォームにおけるポジティブな評価の獲得も、外部SEO対策の一環です。近年では、Webサイトの知名度向上やバズ効果を生み出すSNSの活用も欠かせません。

▼外部SEOが必要なWebサイトの例
・被リンクが少ない
・知名度が低い
・ローカルSEO対策をしたい

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを継続的に発信して検索結果の順位向上を図る施策です。

Googleは「ユーザーファースト」を掲げているため、ユーザーに価値のある高品質なコンテンツを提供することによってWebサイト全体の評価を底上げしていきます。

成功すればアクセス数やコンバージョン率の向上が期待できるだけではなく、「サイトそのもの」が資産となり集客に活用できます。継続的な広告費用が発生しないため、費用対効果は高めです。

▼コンテンツSEOが必要なWebサイトの例
・検索結果の順位が低い
・競合他社との差別化が見られない
・トピックや業界における権威性がない
・コンバージョン率が低い
・アクセス数が少ない

4.定期的なモニタリグと改善を行う

Webサイトのトラフィックや検索結果の順位を定期的にモニタリングして、SEO戦略の効果を確認します。成果が期待通りでない場合は、原因を特定して改善策を検討しましょう。

SEO対策の結果は常に変化します。そのため、一度対策しただけで終わりではなく継続的に取り組まなければいけません。競合他社もSEO対策を行っていれば、順位の変動はより激しくなります。

定期的に変更される検索エンジンのアルゴリズムに対応できるよう、最新情報を確認しておくことも大切です。

モニタリングと改善を通じて検索順位を維持しながら、サイトのパフォーマンスを向上させていきましょう。

SEO対策を依頼する前に確認しておくべき業者の特徴

信頼性が高く効果的なSEO対策を実現させるためにも、業者を選ぶ際には次のようなポイントを確認しておきましょう。

  • 業者の規模と費用相場
  • 使用できるツール
  • 過去の実績とスキル
  • コミュニケーション能力

それぞれ詳しく見ていきます。

業者の規模と費用相場

一般的には、対策が必要なWebサイトの規模が大きければ大手に、中小企業や個人事業主のWebサイトであれば中堅や小規模業者の利用が適しています。

業者の規模大手業者中堅業者小規模業者
費用相場月額30万円~月額5万円~月額5万円~
対策のレベル高め普通業者による
最低契約期間1年6ヵ月~1年業者による

ただし、費用相場や対策のレベルはあくまでも「目安」です。複数の業者に見積もりを依頼して比較・検討しましょう。

使用できるツール

SEO対策には、様々なツールが活用されます。無料で利用できるツールもありますが、業者が使用しているツールは機能性や信頼度が高いため、無料ツールには不可能な分析や対策も可能です。

最低でも、下記のような専用ツールを導入しているかどうかはチェックしておきましょう。

・内部外部対策ツール
・キーワード選定ツール
・検索順位確認ツール
・ヒートマップ
・競合調査ツール

業者が使用しているツールの種類は事前に確認し、信頼性の高さと最新トレンドへの対応能力を評価します。

過去の実績とスキル

業者の過去の実績やスキルも重要なポイントです。過去のプロジェクトやユーザーの満足度を確認した、多くの実績がある業者を選びましょう。

スキルについてはSEOに関する専門知識だけではなく、最新のアルゴリズムやガイドラインに関する理解もチェックしておく必要があります。

コミュニケーション能力

業者とのコミュニケーションはプロジェクトの成功に直結します。

納得できる施策を展開してくれるか、質問に対するレスポンスが適切かなどを正式に依頼する前に確認しておきましょう。

正式な依頼後は、報告書や進捗状況の共有頻度などをチェックしてください。

失敗例と成功ポイントを確認して効果の高いSEO依頼を実現させよう

SEOの外注依頼で効果的な結果を得るためには、失敗例と成功ポイントを把握しておくことが大切です。事前に過去の実績・評判や見積もりの内容などを確認しておけば、費用対効果の高い施策を展開してくれる優良業者を選べます。

自社での対応だけでは競合他社との差別化を図るのはなかなか困難です。効果の高い施策を短期間で行うためにも、キーワードの選択やニーズの調査から外部依頼してみることをおすすめします

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

関連記事

  1. 記事外注を成功させるマニュアルの作り方&ライターとの良好な関…

  2. consult-experts-about-blog

    オウンドメディアブログにおけるコンサル導入の重要性

  3. ライティングを外注・依頼する際のポイントを徹底解説!

  4. ライティング外注の費用相場を完全解説!「何にいくらかかるか」を理解しよ…

  5. 記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

  6. 記事作成の外注を成功させるための方法を徹底解説!ポイントは外注先選び!…

  7. 優秀なライターに依頼・外注したい!探し方や選び方を徹底解説!

  8. SEO分析チャートとメモ帳

    コンテンツのリライトを外注・依頼するメリットとは?対象記事の選定基準も…

PAGE TOP