コンテンツマーケティングって記事の上位表示のこと?コンテンツSEOとの違いを解説

コンテンツマーケティングを成功させて記事を上位に表示させるためには、コンテンツSEOの知識が欠かせません。しかし、コンテンツマーケティングとの違いや、その重要性について正しく理解できていない方もいるかもしれません。

そこで本記事では、主に下記について解説します。

  • コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い
  • コンテンツSEOの手順
  • コンテンツSEOの効果

記事の上位表示に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの手法のひとつ

コンテンツSEOは「コンテンツマーケティングの手法のひとつ」です。コンテンツマーケティンに内包される施策と考えれば、わかりやすいでしょう。コンテンツSEOとコンテンツマーケティングを混同すると、狙った効果は期待できません。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは「見込み客に対するマーケティング施策」です。自社の情報を見込み客に認知させて、サービスや商品の購買へと繋げます。なお、コンテンツを直訳すると「中身」や「内容」となりますが、コンテンツマーケティングにおいては「情報の中身」を指します。

見込み客は、下記の4タイプに分かれます。

  • 今すぐ客
  • お悩み客
  • そのうち客
  • まだまだ客

従来は「今すぐ客」をターゲットとした手法が主流でしたが、コンテンツマーケティングでは、ニーズが顕在化していない「まだまだ客」に対して訴求します

コンテンツマーケティングの流れを見てみましょう。

1.見込み客(リード)をサイトへ引き寄せる

2.リードの獲得

3.リードの購買意欲を高める

4.成約

5.リピーター化

上記のように、顧客獲得の単一的な手法ではなく、マーケティングプロセスを構築していくための「概念」がコンテンツマーケティングです。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOは、コンテンツマーケティングに内包されるひとつの手法です。コンテンツマーケティングではリードを引き寄せるコンテンツの提供が主でしたが、コンテンツSEOは「自社サイトやサービスを知らないリード」の流入数増加を主目的とします

質の高いリードの獲得には、自社サイトの上位表示が必須です。しかし、Googleなどの検索エンジンにサイトを評価されなければ上位表示は望めません。そこで、戦略的なSEO対策を行いながら、コンテンツの質を高めていくコンテンツSEOが重要になります。

コンテンツマーケティングで記事を上位表示させる方法

上位表示に必要な知識は、主に下記の5つです。

  • キーワードの選定
  • 内部リンクの最適化
  • キーワードの配置
  • コンテンツ追加と更新の継続

それぞれ詳しく見ていきましょう。

適切なSEOキーワードを選定する

キーワードの選定には専用のツールを使います。まずは、自社の商品やサービスに関連する語句を入力して、上位表示させたいキーワードを選びましょう。

なお、キーワードの選定では、下記の3点に注意してください。

1.キーワードの検索回数を調べる

「Googleキーワードプランナー」などのツールを使い、キーワードの検索回数を調べます。検索回数の多さはニーズの高さに直結するので、検索ニーズの高いキーワードの選定は不可欠です。

検索数が「0」といったキーワードは需要がないので、上位に表示されても検索流入数の増加は見込めません。

2.競合の多さをチェック

ニーズの高いキーワードは競合サイトも狙ってくるので、上位表示の難易度は上がります。上位表示が不可能というわけではありませんが、多大な時間とコストが必要です。

SEOの初期段階なら、月間の検索数が「10~100」から「100~1000」程度のスモールキーワードの選定が無難でしょう。検索回数が少ないキーワードでは、大幅な流入数の増加は期待できませんが、記事の内容や戦略によっては、流入数が増加するコストパフォーマンスの高い記事の作成も可能です。

3.キーワードの関連性にも注目

検索エンジンに評価されるには、関連キーワードに基づいた記事を作成して、サイト全体の専門性を高める必要があります。ただし、関連性にだけ注目しても流入数は増えません。流入数を上げるためには、関連キーワードの検索数と競合性も確認しておきましょう。

ユーザーが求めている記事コンテンツを作成する

ユーザーのニーズを満たす記事の作成で重要なのは「検索意図の把握」です。自社サイトへの流入数を増やすためには、ユーザーの検索意図とコンテンツの内容を合致させる必要があります

検索意図の正確な把握には、上位表示されているサイトの調査が欠かせません。上位のサイトはGoogleに評価されているので、コンテンツを参考にすれば検索意図を掴みやすくなります。

とくに、下記の3つは要チェックです。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 見出しのテキスト

ここから、ユーザーの具体的な検索意図を分析します。

  • そのキーワードで検索した理由は何か?
  • 知りたいこと、解決したいことは何か?

検索意図を把握したら、オリジナルのコンテンツを盛り込みながら、網羅性と専門性の高い記事に仕上げます。ただし、上位サイトを真似しただけでは質の高い記事とはみなされないので、注意が必要です。

キーワードは記事内の適切な場所に設定する

検索結果が目に入ったとき、検索意図に合致したキーワードが左側にあるとクリックされやすくなるので、タイトルや見出しの一番左にキーワードを置きましょう

キーワードによっては左側に寄せると不自然になることもありますが、その場合は「自然な日本語」を優先してください。文章が不自然な記事は説得力が低下します。

なお、Googleの検索結果ではタイトルが32文字までしか表示されないので、タイトルは30文字から35文字で設定しましょう

内部リンクの最適化

サイト内のページをつなぐ「内部リンク」の最適化は、クローラビリティの向上に繋がります。主なメリットは2つです。

  • 新規ページのインデックスが早まる
  • 既存ページの更新が認識されやすくなる

内部リンクの最適化の方法には、主に5つの方法があります。

  • 高品質なページへのリンク
  • パンくずリストの設置
  • サイトマップの活用
  • リンクにはアンカーテキストを使用
  • 共通ナビゲーションからのリンク

自サイトのページ年齢を考慮して対策をする

検索順位とページ年齢には、相関関係があります。一般的に1位に表示されるページの平均年齢は約3年、トップ10の平均は約2年とされています。

いずれにしても、サイトを上位表示させるには、コンテンツの追加と更新を長期的に継続させるしかありません。最短では1ヶ月から2ヶ月でSEOの効果を実感できることもありますが、検索回数の大きいキーワードは、効果が出るまでに8ヶ月以上かかることもあります。

ただし、質の低いコンテンツを継続更新しても評価はされません。検索結果で上位表示されるためにも、高品質なコンテンツの提供を続けていきましょう。

上位表示(SEO)は良質なコンテンツを届ける手段

コンテンツSEOは、ユーザーが疑問を解決できる良質コンテンツの作成が基本です。即効性はありませんが、正しい施策を続けてれば検索順位の上昇や流入数の増加が見込めます。

コンテンツマーケティングでは技術論も大切ですが、事業者観点ではなくユーザーファーストの視点から記事を作成していくことが何よりも重要です。コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いを意識しながら、上位表示されるための戦略的な記事の作成を目指していきましょう。

関連記事

  1. コンテンツマーケティング導入のメリットとは?すぐできる始め方・やり方を…

  2. BtoBにおけるコンテンツマーケティングの手法と成功事例5選を紹介

  3. コンテンツマーケティングのライターに必要なスキルと選考のポイント

  4. コンテンツマーケティングのおすすめ本を紹介|SEOやライティングも学べ…

  5. コンテンツマーケティング運用の成功セオリー|どの業務をいくらで外注でき…

  6. コンテンツマーケティング記事の作成手順を解説 読了される文章の書き方と…

PAGE TOP