points-of-seoconsultant-selection

コンテンツマーケティングを成功に導くSEOコンサル会社の選び方

オンラインビジネスの競争が激化する近年では、顧客の興味関心を引きつけて集客するコンテンツマーケティングの知識が不可欠です。しかし、次のような悩みを抱えている企業は少なくありません。

「コンテンツを作成しても集客につながらない」
「適切なキーワードの選定方法を知りたい」
「ユーザーニーズを把握できない」
「ターゲットがわからない」

自社での対策が難しい場合は、専門的な知識があるSEOコンサルティング会社に依頼をしたほうが効率的なこともあります。

そこで今回は、SEOコンサルティング会社の重要性や依頼するメリット、選び方などについて詳しく解説します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに有益なコンテンツを提供することによって自社の認知度を高めたり、見込客との関係性を構築したり、資料請求や問合せやサービス購入などにつなげたりする施策です。

近年は自社サイトでメディアを運営するなどオンラインを中心としたコンテンツマーケティングを行う企業が増えているため、Webマーケティングと混同されがちですが、コンテンツマーケティング自体は、オンラインでの施策とオフラインの施策の両方があります。下図のとおり、コンテンツマーケティングの一部がWebマーケティングに含まれているという関係性を押さえておきましょう。なお、本記事ではWebマーケティングの一部としてのコンテンツマーケティングについて解説していきます。

戦略の策定

コンテンツマーケティングには、戦略的なアプローチが大変重要です。採るべき手法は目的に応じて下表のような種類があります。

目的戦略の例
リードの獲得・SEO対策
・ホワイトペーパーやガイドの提供
・ニュースレターやメールキャンペーン
・ウェビナーやオンラインイベントの開催
ブランディング・定期的なコンテンツの作成と配信
・インフルエンサーと提携した積極的な宣伝
顧客ロイヤルティの向上・チュートリアルやFAQなどの提供
・ストーリーテリングによるコンテンツ制作
販売促進・セールやキャンペーン関連のコンテンツ作成
・レビューやテスティモニアル(お客様の声)を通じた購買意欲の喚起
・特別割引やクーポンコードの提供

ターゲットの特定と分析

ターゲットの特定と分析も欠かせないプロセスです。戦略を決めても、自社サービスに合致しないターゲットに対して施策を実行しても効果は期待できません。

次のような方法でターゲットの特定と分析を行いましょう。

・ユーザーインタビューやアンケートからニーズを把握する
Google Analyticsなどの分析ツールを使って自社サイトを見に来たユーザーの行動パターンを理解する
・競合他社のWebサイトや戦略を分析する
・SNSやGoogle トレンなどで世の中の関心事や話題を確認する
・ペルソナを作成してニーズの詳細を把握する
 など

コンテンツの企画・作成

戦略とターゲットが決まったら、コンテンツを企画・制作していきます。ターゲットのニーズに合致するキーワードなども考慮した上で、最適なコンテンツ形式を選択しましょう。

例えば、ユーザーが特定のトピックについて深く知りたいと考えている場合は、テキストベースのコンテンツが有効です。反対に、サービスの特長や直感的な体験を直感的にわかりやすく伝えたいときには、動画コンテンツが適しているでしょう。幅広いターゲットにリーチしたい場合は、拡散性の高いSNSの活用が効果的です。

なお、コンテンツを企画する際には、ターゲットにとって有益な情報を提供するように意識する必要があります。具体的なアクションプランや実践的なアドバイスを提供できればユーザーの興味関心が高まり、自社の信頼度も上がります。

コンテンツの最適化

コンテンツの制作後は、検索結果でより高い順位に表示されるように最適化を行います。これがSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)です。一般的に、検索順位の上位に載っている記事ほど多くのトラフィック(ページへの流入)を獲得できるため、SEOは常に意識することが重要です。

コンテンツの内容がユーザーニーズを満たすものであることは大前提ですが、内部・外部リンクやメタデータの最適化といったテクニカル面での対策も、検索順位の向上には欠かせません。

効果の分析と改善

コンテンツの公開後は、定期的に効果を分析し、必要に応じて改善も行いましょう。

具体的には、分析ツールを使ってトラフィックの動向やコンバージョン率などを把握します。A/Bテストを実施して効果の高い要素の特定をすることも大切です。

効果の分析と改善は繰り返し行います。PDCAを回し続けることによってコンテンツマーケティング戦略を最適化でき、目標達成に向けた持続的な成長が狙えます。

コンテンツマーケティングについて、以下の記事で基礎知識を網羅的に解説しているため、コンテンツマーケティングの理解が浅いと感じている場合はぜひお読みください。

コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

コンテンツマーケティングにおけるSEOコンサル会社の重要性

SEOコンサルティング会社とは、SEO対策の専門企業です。

近年では多くのインターネットユーザーが検索エンジンを利用して情報を探しています。逆を言えば、検索結果に表示されず読んでもらえないコンテンツは存在していないのと同じと言ってもいいでしょう。コンテンツマーケティングを行う以上、サイトの構造やリンクなどを最適化して露出を増やし、トラフィックを増やすことが必要です。

コンテンツマーケティングを行う上で、こうしたSEO対策は必須な対策のひとつですが、自社にSEOに関する専門的な知識や経験がなく、リソースが不足している場合はSEOコンサル会社のサポートを受けるのがおすすめです。SEOコンサル会社には、検索結果の表示順位を向上させる戦略のノウハウがあります。検索エンジンのアルゴリズムや動向にも詳しく、業界のベストプラクティスにも精通しています。自社サイトを多くのインターネットユーザーに読んでもらうための頼れるパートナーになるはずです。

コンテンツマーケティングをSEOコンサル会社に依頼するメリット

コンテンツマーケティングをSEOコンサル会社に依頼すれば、次のようなメリットがあります。

  • 知見がなくてもコンテンツを最適化できる
  • 競合を考慮した戦略の立案ができる
  • 効率よくアクセス数とリードの増加が見込める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

知見がなくてもコンテンツを最適化できる

SEOコンサル会社には、コンテンツマーケティングの実行と最適化を効果的に行うノウハウがあります。コンテンツを企画する際の適切なキーワード選定から、メタデータの最適化やコンテンツの構造化まで依頼できれば、自社の負担を抑えながらコンテンツを最適化できます

特にキーワードはSEO対策における大きな要素となるため、初めからSEOコンサル会社に依頼したほうがいいでしょう。適切なキーワードを選択できれば、内外部リンクも含めたコンテンツ全体の最適化もしやすくなります。

実際、ターゲットは把握できていても、コンテンツを企画する際にキーワードの選択を誤っている企業は少なくありません。キーワードが適切でなければ、いくら検索順位が上位でも最終的な集客にはつながらないので、専門家に任せることをおすすめします。

競合を考慮した戦略の立案ができる

SEOコンサル会社は、競合他社の状況を考慮した上で戦略を立案します。

自社の環境を正しく理解して市場での競争力を強化するためには、競合の調査が必要不可欠です。社内にマーケティング部門がある場合などは自社での分析も可能かもしれませんが、Webマーケティング分野に特化した分析という意味では、専門性や正確性に欠けてしまいます。

SEOコンサル会社は、SEOに特化した専門ツールや知見を持っているため、すでにSEO対策を強化している競合に対するアプローチや、まだコンテンツマーケティング戦略が広まっていない業界でどのように優位性や権威性を確立していくかといったプランも企画してくれます。

効率よくアクセス数とリードの増加が見込める

SEOコンサル会社は、効果的なキーワード戦略やコンテンツの最適化、リライト戦略などを通じてWebサイトの検索順位を向上させます。検索結果の順位向上は多くのトラフィックを獲得でき、リードを増やすための基本戦略です。

自社で「とにかくコンテンツを毎日発信し続ける」といった力技のSEO対策をすることでもある程度掲載順位を上げることは可能ですが、なかなか期待した結果が得られず時間と費用を無駄にするケースも散見されます。効率よく成果を出したい場合は、SEOコンサル会社に依頼するほうが安心です。

コンテンツマーケティングにおけるSEOコンサル会社を選ぶ際のポイント

SEOコンサル会社を選ぶ際のポイントは、次のとおりです。

  • 自社に適した企業規模か
  • 対応可能な範囲はどこまでか
  • 最新のトレンドと技術への対応力があるか
  • 戦略の柔軟性はあるか
  • 費用に不透明な点がないか
  • 専門知識と実績のレベルはどうか
  • SLAはあるか
  • 利用できるツールの種類はどれくらいか
  • コミュニケーション能力はどうか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社に適した企業規模か

SEOコンサル会社の規模は様々です。それぞれにメリットとデメリットがあるので、事前に確認した上で自社に最適な依頼先を選びましょう。

大手企業の場合

  • メリット

・豊富な実績・知見で対応してもらえる
・大規模サイトの中長期戦略に強い

  • デメリット

・小回りが効きづらい
・費用が高額になりがち

  • おすすめなケース

大規模なサイトを運営していて継続的なサポートを希望する場合や、予算に余裕がある場合には、大手企業に依頼するのが安心でしょう。

中小・独立系企業の場合

  • メリット

・大手に比べて費用が安い
・専門知識が豊富

  • デメリット

・実績が少ないことがある
・実力にバラツキがある

  • おすすめなケース

予算に限りがある場合には、自社と近しい業界でのコンサルティング実績がある中小・独立系企業に依頼するのが効果的です。

個人事業主(フリーランス)の場合

  • メリット

・融通が効く場合が多い
・費用が抑えられる

  • デメリット

・実力にバラツキがある
・法人に依頼する場合と比べて安定感が低い

  • おすすめなケース

スポットでコンサルティングを行いたい場合には、個人事業主やフリーランスにフレキシブルな対応をお願いするのがおすすめです。

制作会社の場合

  • メリット

・対応業務の幅が広い
・多様な戦略に長けている

  • デメリット

・実力にバラツキがある
・コミュニケーションレベルに差がある

  • おすすめなケース

ゼロからコンテンツマーケティングを始める場合には、コンテンツの企画・制作から公開、SEO対策までワンストップで依頼できる制作会社への依頼がおすすめです。

対応可能な範囲はどこまでか

コンテンツの制作方法は会社によって異なります。一式丸ごとお任せできるのか、自社で用意すべきことがあるのかなど、先方の対応可能な範囲を事前に確認しておきましょう。

ツールを使ったアクセス解析や改善案の提案はできても、その案を実践するためのコンテンツ制作には対応していないというコンサルティング会社もあるので注意が必要です。反対に、既存コンテンツの分析はできないけれど、新規コンテンツの企画・制作だけに特化して対応しているという会社もあります。

コンテンツの企画・制作からすべて依頼する場合は、ライターや編集者のレベルなども事前に確認しておきたいところです。

最新のトレンドと技術への対応力があるか

マーケティング戦略やSEO対策は常に変化しており、新しいアルゴリズムやトレンドが定期的に導入されています。そのため、最新のトレンドと技術への対応力がないコンサル会社では結果が期待できません。

近年では、ユーザーニーズが変化するスピードも速くなっています。対応力の高いコンサル会社に依頼すれば、様々な状況の変化に素早く対応しながら、最適なソリューションを提供することが可能です。

戦略の柔軟性はあるか

自社が抱えている課題に対して柔軟な戦略を提案してくれるコンサル会社であることも重要です。中にはテンプレート的な対応しかしてもらえなかったり、自社の課題とは関連性の低い戦略を提案したりするコンサル会社も存在するので注意が必要です。

「課題」と「解決して欲しい内容」はコンサル会社が決めることではありません。自社の悩みを丁寧にヒアリングして、実現性のある最適な戦略を提案できるかどうかは、コンサル会社の実力を左右する大きな要素と言えます。

トライアルサービスなどがある場合には、正式な依頼をする前に受けてみると良いでしょう。

費用に不透明な点がないか

費用の内訳が不透明なコンサル会社は、予期せぬ追加費用や隠れたコストが発生するおそれがあります。不要なトラブルを避けるためにも、契約内容と費用は事前に明確にしておきましょう。

提供されるサービスの詳細や支払いスケジュール、キャンセルポリシーなども確認しておくと安心です。

専門知識と実績のレベルはどうか

これまでにどんな企業との取引実績があるのかや、具体的にどんなサービスを提供してきたのかといった点もチェックしておきましょう。

実績をチェックする際には、自社と類似した業界や競合環境における成功事例を重視しましょう。レビューや評判を確認し、満足度や信頼性に関する情報を収集することも大切です。

SLAはあるか

SLA(Service Level Agreement)とは、提供されるサービスのレベルを両者で認識するための保証契約です。対応する業務範囲や期間、コンサルティングの質を測る指標、目標未達の場合の補償や対応などが記載されています。

コンサルティングは形のないサービスのため、認識の相違がトラブルに発展するケースもあります。しかし、契約前にSLAを確認しておけばサービスレベルが明確になり、返金や解約などの際のトラブルを防げます。

利用できるツールの種類はどれくらいか

利用できるツールが多いコンサル会社は、高品質な分析が期待できます。Google AnalyticsGoogle Search Consoleのような無料ツールの他に、独自に開発した解析ツールを使用しているコンサル企業もあります。

ただし、使用するツールが複数になる場合、Webサイト内にも計測用の設定が必要になるケースが多く、別途費用がかかる場合もあります。使えるツールと、そのツールを使うことによってどんな分析と課題解決を期待するのか、よく吟味した上で導入するのが良いでしょう。

コミュニケーション能力はどうか

コンテンツマーケティングで集客を成功させるには、ある程度の期間が必要です。そのためコンサル会社のコミュニケーション能力が低いと、効果的なプロジェクト管理や戦略実行に問題が起こる恐れがあります。進行管理に支障が生じると効果的な戦略の実行ができない上に、自社にも負荷がかかってしまいます。

正式な依頼をする前にメールや電話の返信スピード、質問に対する回答の迅速さなどをチェックしておきましょう。オンラインミーティングも一般的になりましたが、可能であれば契約前に一度対面で打合せを行うのも見極めには効果的です。

ここまで、SEOコンサル会社を選ぶ際のポイントを説明しましたが、記事制作を外注する際のポイントについては「記事作成の外注を成功させるための方法を徹底解説!ポイントは外注先選び!」の記事でも詳しく解説しています。併せてチェックすることで、さらに効率良いコンテンツマーケティングが目指せます。

SEOコンサル会社選びのポイントを押さえてコンテンツマーケティングを成功させよう

効果的なコンテンツマーケティングを展開して競争力を高めるためには、SEOコンサル会社への依頼がおすすめです。

コンサル会社の選択する際は、専門知識と実績を確認するだけではなく、費用やサービスレベル、口コミなどをチェックしてサービスレベルを把握しておきましょう。変化する市場環境に適応できる柔軟性があるかどうかも、長期的な成功における重要なポイントです。

弊社シンプリックでも、複数の業界の企業様へコンサルティングサポートを行ってきました。「これから本格的にコンテンツマーケティングに取り組みたい」「すでにコンテンツマーケティングには取り組んでいるけれどなかなか成果が出ない」という方は、ぜひ一度無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. pillarpage-writing

    まとめ記事の書き方を基礎から実践まで解説

  2. コンテンツマーケティングの運用手順・ポイントを徹底解説!

  3. コンテンツマーケティング記事作成のコツ・手順を徹底解説!外注メリットも…

  4. コンテンツマーケティングの本24選!ジャンル別に基本から実践まで

  5. ways-for-topic-selection

    コラム記事のネタ切れ回避と成果につながる話題選びのポイント

  6. コンテンツマーケティングに適したライターの特徴と探し方・選び方

  7. advantage-of-whitepapaers

    ホワイトペーパーの効果を最大化!作成・配布方法で差をつけるマーケティン…

  8. コンテンツマーケティングで上位表示させる方法を徹底解説

PAGE TOP