howto-grow-the-business-with-local-seo-TOP
  • SEO対策

地方SEOで地元ビジネスを成長させる方法とは?

近年、働き方の多様化によって「地元に残りながら首都圏の企業でリモートワークをする」という方が増えています。「首都圏ではなく地方で暮らす」という選択肢が増えたことは、地方企業にとってビジネス成長のチャンスであり、競合との差別化方法を見直すいいタイミングでもあります。

特に飲食店や各種サービスなどを探しているユーザーは、スマートフォンやパソコンで近くの店舗を検索・比較・評価するのが当たり前になっています。そのため、SEO対策を行う際にも地域に特化した施策が欠かせません

地方SEO(ローカルSEO)は、地元の企業やサービス提供会社がオンラインで顧客を引き寄せ、地元で成功するためのカギとなるデジタルマーケティング戦略です。しかし、地方に特化したSEOの重要性を認識していない企業も目立ちます。

そこで今回は、地方に特化したSEOの重要性や戦略の要点、成功につなげるヒントなどについて詳しく解説します。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」というは、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

地方SEO(ローカルSEO)とは

地方SEO(ローカルSEO)とは、特定の地域における検索結果の上位表示を目指して、Webサイトやビジネスの可視性を向上させるマーケティング戦略です。エリアに特化して行うSEO(Search Engine Optimization)と理解するとわかりやすいでしょう。

基本的には「地域名+〇〇」というようなキーワードで検索された場合に上位表示を狙う施策を指します。

地域名+〇〇の例キーワードの例
地域名+業種「新宿 ピザ屋」「渋谷 美容院」など
地域名+業種+レビュー「池袋 居酒屋 口コミ」「赤坂 整体 レビュー」など
地域名+悩み「品川 カビ取り」「上野 自転車 修理」など

出先で利用したい飲食店、職場の近くのいいお店、自宅の困りごとを解決してくれる近場の業者など、ローカルSEOはユーザーの消費行動と直結している場合が多いため、小売業、飲食店、地域密着型サービスなどの提供業者には欠かせないマーケティング戦略です。

地域の顧客をターゲットにしたキャンペーンを計画して、ローカルSEOと店頭での告知といったオフライン施策を組み合わせれば、そのエリアでの存在感をより強化することもでき、地元市場でのビジネス成功につながりやすくなります

地方SEO(ローカルSEO)とSEOとの違い

ローカルSEOと一般的なSEOは、ユーザーの検索ニーズの満たし方に違いがあります。

SEOとローカルSEOは、いずれも検索結果で目立つ位置に表示させることを目的とした施策です。ただ、一般的なSEOが検索結果の上位に表示されることを目指すのに対して、ローカルSEOはさらに企業や店舗の情報をマップ上に表示させることも目指しています。

ユーザーが「エリアを問わない情報を検索」した場合は、一般的なSEOが有効
→知りたい情報に対する答えや解説が読めるコンテンツを用意してニーズを満たす。

(例)「シェアオフィスの良さを知りたい」といったニーズに対し、メリットデメリットを比較するコンテンツを用意する など

ユーザーが「エリアに関連する情報を検索」した場合は、ローカルSEOが有効
→どこに行けば問題が解決できるのかがわかるよう、マップや店舗情報も伝えてニーズを満たす。

(例)「新宿でシェアオフィスを探している」といったニーズに対し、新宿エリアでシェアオフィスを借りられる不動産業者情報を出す など

事業者はユーザーニーズを踏まえた上で、どちらのアプローチが有効か見定めて対策する必要があるでしょう。

地方SEO(ローカルSEO)とMEOとの関係性

MEO(Map Engine Optimization)とは、検索マップ最適化という意味で、「地域名+〇〇」で検索された際に表示されるマップ上に、自社情報が適切に表示されるように対策する施策を指します。

MEOもエリアに特化したSEO施策ですので、MEOはローカルSEOの一部であると言えます。

ローカルSEOの種類

ローカルSEOには、主に「ローカルパック」と「ナレッジパネル」があります。 それぞれ詳しく見ていきましょう。

ローカルパック

ローカルパックとは、地域に特化したキーワードを検索した際に表示されるマップのリスト情報です。ローカルバックにはいくつかの種類があります。

1.一般的なローカルパック

地域に特化したキーワードを検索した際に、会社名や店舗名、住所、電話番号、営業時間などの情報がまとめて表示されます。

▼例:「新宿 不動産業者」の検索結果


適切なローカルSEOを行っていれば、上記画像のように地図とリストが表示されます。ウェブサイトへのリンクボタンや、Googleマップ上でルート検索できるボタンも表示されることが多いため、検索後そのまま現地へ向かえる導線づくりにもつながる重要な施策です。

2.ローカルABCパック

ローカルABCパックは、店舗が複数あるチェーン店を検索した際に「ABC」と表記される枠のことです。

▼例:「新宿 コンビニ」の検索結果


コンビニエンスストアや銀行など、特定のエリアに複数の店舗や支店を持つ事業者を検索した際に表示されます。

3.ローカルスナックパック

ローカルスナックパックは、地域名と飲食店や娯楽施設などを検索した際に表示されます。店舗名や施設名の他に、口コミ数や評価、ジャンルのカテゴリや店舗の雰囲気が伝わる画像も表示されるため、視覚的に店舗の雰囲気をイメージできるのが特徴です。

▼例:「新宿 イタリアン」の検索結果

ナレッジパネル

ナレッジパネルは、店舗名や企業名などで指名検索した際に表示される縦長の情報枠です。


外観写真、マップ、所在地や営業時間など、基本的な情報はすべて確認できるためユーザーとの接点を作りやすく、認知度や信頼度の向上にも役立ちます。

地方SEO(ローカルSEO)の順位が決まる要因

ローカルSEOの順位は、主に次のような要因で決まります。

  • 検索キーワードとの関連性の高さ
  • 検索が行われた場所からの距離の近さ
  • 知名度や評価の高さ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索キーワードとの関連性の高さ

通常のSEOで、検索キーワードとコンテンツの関連性が重要なのと同様に、ローカルSEO対策の場合も、検索キーワードと自社ビジネスの関連性は大変重要です。

ビジネスの内容だけでなく、関連性の高いキーワードがコンテンツに含まれているかどうかも、順位を左右する要因です。特定の地域やサービスに焦点を当てた戦略はビジネスの独自性も強調できるので、Googleに高く評価される可能性があります。

検索が行われた場所からの距離の近さ

「地域名+〇〇」で検索された際のユーザーの現在地に近い店舗や、検索された地域名から店舗までの距離の近さも、検索結果の順位に影響します。Googleに正しく位置を認識してもらえるよう、住所情報は正確に記載しておきましょう。

知名度や評価の高さ

サービスや店舗について検索された回数や、口コミや評価など、キーワードに関連する情報の多さが検索結果の順位を左右することもあります。絶対的な要因ではありませんが、評価の少ない店舗や企業は検索順位に悪影響を及ぼす可能性があるということは覚えておきましょう。

地方SEO(ローカルSEO)のメリット

ローカルSEOには、次のようなメリットがあります。

  • 集客に直結する
  • 自社の存在をアピールしやすい
  • 費用対効果が高い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

集客に直結する

ローカルSEO対策を実施すれば、地域の住民や訪問者に直接アプローチできます。地域特化型の事業者や中小企業にとって、ローカルSEOは非常に有益で効果的な戦略です。

検索結果から訪れるトラフィックは需要に合致しやすいため、高いコンバージョン率も期待できます。正確な情報の提供や口コミの管理などを通じて、地元市場におけるリーダーシップを築くことも可能です。

自社の存在をアピールしやすい

地域における競合度合いはそのエリアのビジネス環境に依存しますが、大きな傾向としては、人口の少ない地域やニッチな市場では競合は少なくなります。そのため近隣エリアでインターネット施策に力を入れている競合他社の存在感がない場合は、早急にローカルSEO対策を行うことで、自社をアピールする大きなチャンスになるでしょう。

ただし言い換えれば、競合他社が積極的にローカルSEO対策を実施している場合は、競争が激しくなる可能性も出てきます。地方展開を考えている企業は、各エリアでのローカルSEOの状況をリサーチしておくことも重要です。

費用対効果が高い

ローカルSEOは特定の地域に焦点を当てるため、限られた予算でもターゲットに対する的確なアプローチが実現します。地元の潜在顧客に直接リーチでき、必要最低限の費用で大きな成果が得られるのもメリットです。

データ分析を通じて成果を測定すれば戦略の改善もしやすくなります。チラシのポスティングやハガキでのダイレクトメールといったオフライン施策は効果測定がしにくいですが、Webマーケティングはデータが取りやすいため、無駄なコストを削減して効率的に戦略を強化できます。

また、ローカルSEOの効果は時間とともに蓄積され、持続的な結果をもたらすこともあります。一度効果を上げると長期的にビジネスの可視性と信頼性が向上して「自社のWebサイトそのもの」が資産になります。

弊社シンプリックでは現在、SEOで成果を出したいWeb担当者様向けに「SEOの無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「SEOで成果を出すために重要なこと」をお伝えしますので、紹介したメリットを享受して事業を成長させたいとお考えであればぜひお申込みください。

地方SEO(ローカルSEO)対策のポイント

ローカルSEO対策をする際には、次のようなポイントを押さえる必要があります。

  • Googleビジネスプロフィールに登録する
  • NAP表記を統一させる
  • ビジネス情報の詳細を記載する
  • コンテンツに地域名を入れる
  • レビューや評価を適切に管理する
  • SNSを活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Googleビジネスプロフィールに登録する

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)は、ローカル検索結果におけるビジネスの可視性を向上させ、地元の顧客に情報を提供するための無料ツールです。


登録した内容はナレッジパネルに表示されるので、必ず登録しておきましょう。Googleマップ上にも情報が表示されるようになるため、ユーザーがアクセスしやすくなります。

登録をスキップできる項目もありますが、ユーザーに詳細な情報を提供するためにも、すべての項目を記入するようにしましょう。検索キーワードと関連が高い情報をGoogleビジネスプロフィールに登録すれば、検索結果に反映されやすくなりますので、アピールになる情報は漏れなく登録することをおすすめします。

NAP表記を統一させる

NAPとは、「Name(名称)」・「Address(住所)」・「Phone(電話番号)」の表記です。ローカルSEOの効果を最大化させるには、「株式会社」と「(株)」、「三丁目」と「3丁目」といった表記のゆれ(同じものを表す際の表記が複数ある状態)がないように統一させる必要があります。不一致な情報があると検索エンジンから信頼性が低いと判断され、検索結果に表示されにくくなるので注意が必要です。

NAP情報を統一させる際には、次のポイントに注意しましょう。

・NAP情報を正確に掲載するだけではなく、必要に応じて更新する
・Webサイト上の情報とGoogleビジネスプロフィールの情報を一致させる
・口コミサイトやSNS(Yelp、Facebookなど)の情報も一貫性を保つ

ユーザーもビジネスの正確な情報を求めています。一貫性のないNAP情報は混乱を招き、信頼性を損なう恐れもあるので、表記の統一は欠かさないようにしましょう。

ビジネス情報の詳細を記載する

ビジネスの基本的な情報だけではなく、詳細もWebサイトに記載しましょう。飲食店であれば、営業時間、メニュー、座席数、駐車場の有無、店舗の外観、人気のメニューなどは記載しておきたいところです。ビジネスやサービスに関する詳細な情報は、ユーザーの意思決定に大きな影響を与えます。

コンテンツに地域名を入れる

地域名を含むコンテンツは、地元の顧客をターゲットにしたキーワードでの検索順位を向上させます。企業情報の所在地情報やキャッチコピーだけではなく、タイトルや見出しにも地域名を含めるとより効果的です。

ただし、キーワードの過剰使用や無意味な挿入は避けましょう。コンテンツは読みやすく自然な内容でなければいけません。不自然なキーワードの詰め込みはGoogleからの評価が下がるだけでなく、ペナルティの対象になる恐れがあります。

レビューや評価を適切に管理する

レビューや評価は、新規ユーザーの集客に役立ちます。ポジティブなレビューと評価を多く受ければ、ビジネスの信頼性が高まりますし、検索結果で上位に表示されやすくなる傾向もあります。潜在的な顧客は、ポジティブなフィードバックを見て利用を検討する可能性もあります。


またレビューや評価には、ビジネスの改善点や要望に関する有用な情報も含まれています。ユーザーからのフィードバックを受け入れて改善策を講じれば、顧客満足度を高めてビジネスの成長につなげることも可能です。

レビューや評価に対する迅速かつ適切な対応も必須です。ポジティブなレビューに感謝の意を示すのはもちろん、ネガティブなレビューに対しては問題を解決する姿勢を見せることで、ユーザーからの好感度を高められます。

SNSを活用する

SNSは、地元顧客とのコミュニケーションを強化してビジネスの可視性を高めるメディアです。地域のコミュニティに参加する機会にもなります

SNSでコンテンツを共有すれば認知度が高まり、検索結果の順位向上にもつながります。地元のイベントやニュース、トピックに関連するコンテンツを積極的にシェアして関心を引き付けることも可能です。

SNS上のレビューや評価を受け入れて管理することも欠かさないようにしましょう。ポジティブなフィードバックを共有し、悪い評判には適切に対応することで信頼性を高められます。

ただし、今は様々な種類のSNSがありますので、ターゲット層の特徴に合致した適切なプラットフォームの選択や戦略の計画、定期的な更新は成功に不可欠です。

自社サイトで完結する地域SEO(ローカルSEO)対策

ローカルSEOにも様々な手法があることを解説してきましたが、「Googleビジネスプロフィールの新規登録まで手が回らない」「手を広げすぎると管理や運用が行き届かない」という方もいるかと思います。そこでここからは、自社サイトの中で今すぐ取り組めるローカルSEO対策を紹介します。

  • タイトルタグの改善
  • メタディスクリプションの改善
  • コンテンツの充実
  • 分析ツールの導入
  • モバイルフレンドリーへの対応

それぞれ詳しく見ていきましょう。

タイトルタグの改善

地域のビジネスをプロモーションする際は、「タイトルタグ」に地域名を含めて特定エリアでの検索結果に表示される可能性を高めましょう。

タイトル(title)タグはWebサイトの内容を伝える重要な役割を果たします。ローカルビジネスのニーズに合わせた特有のキーワードを活用すれば、独自性を出して競合他社との差別化が図りやすくなるでしょう。

▼ローカルSEOを意識した「タイトル」の例


例えば「宇都宮 シェアオフィス」で検索した場合、検索結果の1ページ目には上記のコンテンツが表示されました。タイトルにはエリア名の他に「2023年」「口コミランキング」「バーチャル」など、最新情報が得られそうなイメージのキーワードが並んでいます。

SEOに効果的なタイトルタグの付け方について、以下の記事でより詳しく解説しています。

SEOに適したタイトルの付け方

メタディスクリプションの改善

メタディスクリプションとは、Webページの概要を要約した短い文章のことで、検索結果ページに表示されることがあります。

ローカルビジネスの場合は、メタディスクリプションを活用して地域の特長や提供するサービスに焦点を当てましょう。ユーザーは検索結果から特定のページを選択する際に、メタディスクリプションを重視する傾向にあるため、魅力的なメタディスクリプションを作成すればクリック率の向上が期待できます。地域のユーザーが知りたいと思える情報を強調すれば、アクセス数の増加につなげられます。

▼ローカルSEOを意識した「メタディスクリプション」の例


先ほどの「宇都宮 シェアオフィス」の検索結果のメタディスクリプションでは、「担当者が実際におすすめポイントをまとめている」「地域密着のきめ細やかな対応」など、「中の人」のイメージが浮かびそうな表現とともに記事のポイントや自社の特徴が説明されています。

メタディスクリプションの付け方は、以下の記事でより詳しく解説しています。

ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高める書き方を解説!

コンテンツの充実

ローカルSEOを実際の集客につなげるには、検索結果の順位やクリック率を上げるだけでなく、コンテンツそのものを高品質で有益な内容にすることも欠かせません。

質の高いコンテンツはWebサイトを見に来たユーザーの関心をつかみ、滞在時間を延ばしてサイト全体の価値を高めます。コンテンツを通じてビジネスの専門知識を示せば、業界内の信頼度も上がるでしょう。

地域やサービスに関する記事の提供だけではなく、情報を図解で伝えるインフォグラフィックや、動画、イメージ画像などの多様なコンテンツ形式を組み合わせて提供するのも有益です。

コンテンツは定期的に更新して、新しい情報やトレンドに対応しましょう。SNSでシェアされやすいコンテンツを作成し、地域のコミュニティやユーザーに広めることも大切です。

分析ツールの導入

Webサイトへのトラフィック(流入)の実態を把握したり、パフォーマンスを最適化して検索エンジンからのトラフィックを向上させるためには、Google Search Consoleが役立ちます。


Google Search Consoleを使えば、WebサイトがGoogleに正しくインデックス(登録)されているかどうかを監視できるようになります。問題があった場合も早期の検出・修正対応が叶いますし、検索クエリに関するクリック率や検索順位の分析にも役立ちます。

モバイルフレンドリー対応

モバイルフレンドリーへの対応は、現代のデジタルマーケティング戦略において不可欠な要素です。特にローカルSEOについては、出先や移動中にスマートフォンやモバイルデバイスを使って近隣店舗情報を検索するユーザーも多いため、しっかりと対応しておく必要があります。

Googleはモバイルフレンドリーに対応しているWebサイトを優先的にインデックスして検索上位に表示する傾向にあります。モバイルフレンドリーに対応していないサイトは直帰率が高まり、サイト全体の評価が下がる恐れもあるので注意が必要です。

地元のビジネス情報へスムーズにアクセスできるようなサイトを作成すれば、新規顧客の獲得にもつながります。

モバイルフレンドリーの重要性については「モバイルファーストインデックス(MFI)とは?SEOへの影響と注意点」の記事でも詳しく解説しています。

地域に特化したコンテンツSEOの重要性

ローカルSEOをさらに有力なマーケティング施策にするには、コンテンツSEOも役立ちます。

コンテンツSEOは大手企業が行う戦略というイメージがあるかもしれませんが、地方の中小企業が取り組むべき理由と利点は大いにあります。検索エンジンからのトラフィック増加と新規訪問者の獲得は特に大きなメリットです。

ただ、コンテンツSEOは成果が出始めるまでに1年前後の期間がかかり、継続した取り組みも必要な施策のため、適切な戦略と施策を自社のリソースだけで継続して展開するのが難しいケースも多く見られます。ローカルSEO対策も含め、自社で取り組むのが難しい場合は、外注してみるのもひとつの方法です。

コンテンツSEOについては、以下の記事で詳しく解説しています。

コンテンツSEOとは?メリットや手順を徹底解説!

地方SEOに取り組んで集客力を高めよう

充実したコンテンツは、ローカルSEO戦略でも特に基盤となる重要な要素です。最低限Googleビジネスプロフィールに登録・記載しておくべき情報はありますが、それだけで検索上位をキープし続けられるわけではありません。

ビジネスの可視性を高めて新規顧客の獲得を図るためにも、魅力的なコンテンツと価値を提供しましょう。SNSやレビューを活用して知名度と信頼性を高めることも大切です。

社内のリソースが不足している場合には、ぜひ一度弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. utilize-smallwords

    検索ボリュームの少ないキーワードでSEO対策をするべきか?

  2. SEO対策のやり方を徹底解説!基本を網羅的に理解しよう!

  3. SEO対策の費用対効果について徹底解説!費用相場や会社選びのポイントま…

  4. 「検索流入が増えない」ときの対処法|適切なキーワード選定と記事内容の深…

  5. Search Console Insights(サーチコンソールインサ…

  6. 【一問一答】Googleのコアアルゴリズムアップデートを解説

  7. SEO外部対策とは?実践方法をどこよりもわかりやすく解説!

  8. リライトでSEOを強化する!リライトの手順・ポイントを徹底解説

PAGE TOP