benefits-of-rewrite-outsourcing

SEO記事のリライト代行をおすすめする理由と費用相場を解説

コンテンツSEOに関連してよく目にする「リライト(rewrite)」という言葉。直訳すると「書き直す」という意味ですが、SEO対策においては「記事の修正・改善」という意味合いで使われます。

コンテンツSEOに取り組む場合は、「一度記事を公開したらそれで終わり」とはいきません。検索ニーズやGoogleのアルゴリズムは常に変化しているため、記事の内容もそれに合わせて変えなければ効果がなくなってしまうおそれもあるからです。しかし、効果的にリライトを行うためには様々な工程が必要です。そのためノウハウを持っていない企業は自社対応が難しく、順位が下がった記事があっても放置してしまっているケースが散見されます

そのような状況を回避するのに役立つのが、リライト代行サービスです。コストはかかりますが、効率的なリライトとパフォーマンス改善が期待できます。

今回は、SEO記事におけるリライトの重要性や、リライトの対象となる記事の選び方などについて詳しく解説します。リライト代行を依頼する際の注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「そもそもSEO対策についてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEO対策における記事リライトの重要性

SEO対策における記事のリライト(rewrite、書き直し)とは、既存記事の内容を見直して再構築するプロセスです。言葉や表現を変えるだけでなく、場合によっては新しい情報を追加して記事の構成からアップデートを図ります

Googleなどの検索エンジンのアルゴリズムは不定期にアップデートされています。一度検索上位を取れた記事も、アルゴリズムが変われば評価基準が変わるため順位が変動する可能性があるのです。そのため、検索上位を維持するには、定期的なモニタリングとその結果に応じたリライトが欠かせません。

また、Googleはユーザーニーズに適したコンテンツを優先的に表示します。そのため検索結果で上位表示を狙うには、検索ニーズを考慮した記事の最適化が重要です。世の中のトレンドや状況が変われば、それに応じてユーザーの検索ニーズも変わるので、ニーズの変化に敏感に対応したリライトをしなければ上位の維持はできません。

なお、検索順位には情報の鮮度も大きく影響します。特にニュースやイベント関連の記事は、情報を定期的に更新しないと順位が下がる可能性が高いので注意が必要です。

リライトの対象となる記事

リライトが必要な記事とは、下記のような記事です。

  • 検索順位が低い記事
  • 読みにくい記事
  • 情報が古い記事
  • コンバージョン率が低い記事

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索順位が低い記事

SEO対策を行う最大の目的は、検索順位を上げることによる認知度アップやブランディング効果を得ることです。そのため検索結果の表示順位が低いSEO記事は、リライトによって検索順位を上げる必要があります。

検索順位の向上を目指す場合は、次のようなポイントに注意してリライトを行います。

● 適切なキーワードを使用できているか?
記事のタイトル、見出し、ディスクリプション(検索結果に表示される、記事の概要を説明する文章)を中心に、想定するキーワードを適切に盛り込んで自然な文章に仕上げます。過度なキーワードの使用は厳禁です。

情報の充実度と質はユーザーニーズを満たしているか?
元記事に不足している情報を補完して内容を深掘りします。検索エンジンの評価を上げるために信頼性の高い情報源から得たデータを追加することも大切です。

画像や動画などを使用したわかりやすい記事になっているか?
記事には文章だけでなく、内容を補足する適切な画像や動画も組み込みましょう。視覚的要素があるとユーザーが内容を理解しやすくなり、記事の品質が高まります。

他の上位記事と内容を比較することも忘れないようにしましょう。他記事にはないトピックを盛り込めば記事の独自性が高まります。

読みにくい記事

検索順位を上げるには、読み手にとって理解しやすく魅力的な文章の執筆は重要です。冗長な表現や複雑な言い回しが多い記事はユーザーの離脱率を高め、Googleからの評価も下げてしまいます

読みにくさを感じる記事は、ユーザーがスムーズに情報をイメージできるような文章へのリライトを意識しましょう。文章の構成を見直す具体例を導入するなどは説得力を高めるのに良い方法です。

情報が古い記事

情報が古い記事は検索エンジンの評価を下げるため、最新の情報にアップデートします。特に次のような分野は情報の鮮度に注意が必要です。

・テクノロジーとソフトウェア
デジタルマーケティング
・医療
・建設
・環境と再生可能エネルギー

他にも、「YMYL」に関するコンテンツも情報の正確性が問われるため、最新情報へのアップデートが必要な分野です。「YMYL領域とは?対象ジャンルやサイトの質を高めるポイントを解説」の記事もぜひチェックしてみてください。

コンバージョン率が低い記事

記事の目標に対するユーザーの反応が低い場合、コンバージョン率向上のためにリライトをします。

記事のトンマナ(トーン&マナー。文章やデザイン上でのルール)には特に注意が必要です。プロフェッショナル感が薄い文体は、ユーザーの信頼度を損ねます。個人が書く一般的なブログであればそうした文体がむしろ親近感につながる場合もありますが、企業の公式ブログで砕け過ぎた表現や略語、口語表現を使ったカジュアルな文体を使用するのは避けましょう。

また、正しい日本語表現であることも意識する必要があります。読みづらい文章や日本語の誤りが多い記事は信頼感を損ねるからです。

どちらも「検索上位なのに、コンバージョン率が低い」という記事に多く見られる問題です。このような問題を改善するだけでもコンバージョン率は上がります。

さらに魅力的なCTA(Call To Action, ユーザーの次の行動を促す目的で設置するリンクボタンなど)の追加や、ユーザーニーズに沿った提案、メリットの強調など、コンバージョンに直結する要素の強化も大切です。

リライトの際には文章の書き換えだけではなく、ユーザーが望ましい行動につながるような改善を意識しましょう

一般的なリライトの流れ

一般的なリライトは、次のような流れで行います。

  1. リライトする記事を決める
  2. リライトの目的を決める
  3. 目的に沿ってリライトする
  4. Googleにインデックスをリクエストする
  5. 効果の測定と改善を繰り返す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.リライトする記事を決める

まずはリライトの対象となる記事を選定します。検索順位が低い、読みにくい、情報が古い、コンバージョン率が低いなどの原因が考慮されるでしょう。競合他社の記事と比較して差別化できるポイントを探ることも大切です。

記事を選ぶ際には、「Google Analytics」や「Google Search Console」などの専用ツールを活用すると良いでしょう。

2.目的を決める

次にリライトの目的を設定します。

▼目的の例

古いコンテンツのアップデート
ユーザーに最新の情報を提供できれば、検索結果のランキング向上も期待できます。

ユーザーエンゲージメントの向上
ユーザーニーズを意識して元記事に欠けている情報を補完します。ユーザビリティを重視したデザインや構造を心がけましょう。

● キーワードの最適化
関連キーワードやフレーズを組み込むとパフォーマンスが向上します。ただし、カニバリゼーション(「共食い」の意味。同類のキーワードで複数のコンテンツを用意することによって、ユーザーニーズを取り合ってしまう状態のこと)には注意が必要です。本文の内容を変えすぎるとリライトの効果が現れないだけではなく、他記事の順位も下がる恐れがあります。

3.目的に沿ってリライトする

目的に基づいてリライトを行います。冗長な表現の修正や新しい情報を組み込み、コンテンツを最適化しましょう。文章の改善だけではなく、ユーザーの関心を引く工夫と構造の変更も検討します。

4.Googleにインデックスをリクエストする

リライトが完了したら、再度クローリングしてもらうためのリクエストを行います。「Google Search Console」にログインした後で「URL検査→URL入力→インデックス登録をリクエスト」と進みましょう。コンテンツは、Googleに正しくインデックスされて初めて検索エンジンの結果に表示されるようになります。

5.効果の測定と改善を繰り返す

リライトの効果を定量的・定性的に評価し、必要に応じて追加の修正や調整を行います。解析ツールのデータ分析やユーザーのフィードバックを活用しながら、コンテンツのパフォーマンスを向上するための継続的な改善サイクルを確立しましょう。

記事は一度公開したらそれで終わりではありません。せっかく用意したコンテンツをより効果的にコンバージョンに活かすために、定期的なメンテナンスを行いましょう

▶より詳しいリライトの流れについては「【具体例有】ブログ記事のリライトのやり方を徹底解説」でお読みいただけます。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

リライト代行のメリット

専門的な分野や高度な文章の場合、専門業者にリライトの代行を依頼したほうが効率的です。専門業者はSEO対策に関する知識も活用して文章をリライトするため、質の高い結果が期待できます

リライト代行の具体的なメリットは次のとおりです。

  • 自社のリソースを節約できる
  • 高品質な記事を提供できる
  • ドメイン全体のクオリティ向上も狙える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社のリソースを節約できる

リライト代行を利用する最大のメリットは、企業や個人が時間とリソースを割かずに記事を改善できる点です。他の業務やプロジェクトに重点を置けるため、効率的な業務の遂行も期待できます。

コンテンツマーケティングを行う場合、「記事執筆だけ」「リライトだけ」といったスポットでの依頼では効果が出にくいことも多いです。定期的なメンテナンスが必要となると、特に記事数の多い中小企業のオウンドメディアや専門性の高い記事を扱うメディアは、リライトすべき記事の選定から実際のリライトまで、トータルで代行を依頼したほうが効率的になるケースも少なくありません

高品質な記事を提供できる

経験豊富で専門的なスキルを持ったプロのライターがリライトを行うため、検索結果の順位向上につながる高品質な記事を提供できます。

Googleが評価するのは記事の本文だけではありません各見出しや適切な画像の利用、内部リンクなど、ユーザーの情報理解度をサポートする様々な要素が考慮されます。

このようなテクニカルSEOを自社で対応するのは困難です。SEOに特化したスキルを持つ人材が社内にいない場合は、リライトの代行を検討してみましょう。

ドメイン全体のクオリティ向上も狙える

リライトによって自社ドメイン内の各記事の価値が高まれば、メディアやWebサイト全体のクオリティを改善する効果も期待できます。

どの記事をリライトするべきか、内容面とテクニカル面の両面を含めたどんなリライトが必要かといったプロの視点によるアプローチによって、個々の記事の価値が高まるだけでなく、サイト全体の価値も総合的に高まります

リライト代行のデメリット

リライト代行のデメリットも確認しておきましょう。

  • コストが発生する
  • 依頼先によってクオリティに差がある

それぞれ詳しく見ていきます。

コストが発生する

リライト代行を利用する際には料金が発生します。大量の記事を依頼する場合は大きな負担になる可能性もあるので、期待できる費用対効果は事前に確認しておきましょう。

依頼先によってクオリティに差がある

リライト代行業者のレベルはそれぞれ異なります。業者選びに失敗すると期待したクオリティは得られません。安易な選択によってコンテンツの質を低下させないためには、適切な業者を選択する必要があります。

リライト代行の依頼先とそれぞれの特徴

リライト代行の主な依頼先は次の3つです。

  • クラウドソーシングサービス
  • 個人ライター
  • 記事制作専門会社

それぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスは、大規模なネットワークを活用して多様なライティングニーズに対応するプラットフォームです。ライターは自分のスキルセットや対応可能なメニューを登録しているため、依頼主はその中から自社のニーズに合ったライターとマッチングすることができます。

依頼する前に価格帯やスキルセットを比較できるのもメリットです。予算内で効果的な結果を得たいときには役立つでしょう。ただし、品質のレベルには差がありますので、レビューを確認したり本契約より少し安価な値段でテストを実施したりといった吟味も必要です。

個人ライター

プラットフォームを通さず、個別のWebライターに直接依頼する方法です。特定のライターと直接やり取りできるため、コミュニケーションがスムーズで要望を柔軟に反映できますし、手数料も省けます。

しかし、ライターの得意分野やスケジュールによっては依頼内容が限定的になります。クオリティや適時性に関する事前確認も必要です。

記事制作専門会社

記事制作専門の会社への依頼も選択肢のひとつです。専門会社は複数のライターを抱えて管理をしているため、品質が安定しているというメリットがあります。

ただ、クオリティが安定している分コストは比較的高めです。大規模なプロジェクトや予算に限りがある場合は、複数社に見積もりを依頼して費用を比較したほうがいいでしょう。

リライト代行に対応している多くの記事制作専門会社は、リライトのみならずコンテンツの企画や構成案作成、ライティングまで幅広く対応してくれます。以下の記事では自社に合った記事制作専門会社の選び方を解説しています。

記事作成代行会社を活用するなら必見!費用相場や選び方を解説

リライト代行の費用相場

リライト代行の費用相場は、作業の内容によって下表のように異なります。

作業内容費用相場
一部リライト通常記事:1,000~3,000円
専門家の判断が必要な記事:3,000~3万円
全面リライト1記事:1万~10万円
構成案作成 :5,000~1万円
図版の追加イラストや図表の追加:3,000~1万円
動画の追加:5万~30万円

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一部リライト

一部リライト代行の費用相場は内容や文字数によって異なります。専門知識を必要としない一般的な内容であれば1記事1,000~3,000円程度です。専門家の判断が必要な内容は、1記事3,000~3万円程度が相場になります。

タイトルの見直しや見出しの追加など、一部リライトでは「情報の最新化」や「不足している一部情報の追加」などをピンポイントで行います。定期的なメンテナンスと考えていいでしょう。

特に変化の大きな業界では軽微なリライトであっても定期的な更新は欠かせません。他社も上位を狙って記事の更新を続けているため、わずかな遅れが順位の大幅下落につながることもあります。

全面リライト

全面リライト代行の費用も内容や文字数によって異なりますが、1記事1万~10万円が目安になります。構成案の作成も依頼する場合は別途5,000~1万円が必要です。

リライトの目的にもよりますが、新規作成と内容が変わらない場合は費用が高額になることもあります。そのため、全面リライトを依頼する際には、リライトと新規執筆の費用対効果を慎重に検討しなければいけません。

場合によっては、リライトするよりも類似のキーワードで新たな記事を作成したほうが効率が良い場合もあるため、方針の見極めが重要です。

図版の追加

イラストや図表の追加費用は3,000~1万円です。動画は専用ツールによる編集なども入る場合が多いため5万~30万円が相場になります。基本的には、テキストの内容をイラストや図表、動画に仕上げ、視覚的に理解を促します。

図版や動画を追加するとユーザーの滞在時間やコンバージョン率、直帰率が改善しやすくなるので、積極的にリライトを検討したいところです。

リライトの外注先を選ぶ際のポイント

リライトの外注先を選ぶ際には、次のようなポイントに注意する必要があります。

  • 依頼先の実績を確認する
  • 作業範囲は事前に決めておく
  • 記事の評価基準を共有する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

依頼先の実績を確認する

外部にリライトを依頼する際には、依頼先の実績を必ず確認しましょう。過去の類似プロジェクトやクライアントの評価をリサーチすれば信頼性や品質がわかります

オンラインのレビューと評判のチェックも欠かせません。ただし、業者のホームページに記載されている「お客様の声」は自作自演の可能性もあります。レビューを確認する際には、第三者が運営するポータルサイトも参考にすると良いでしょう。

作業範囲は事前に決めておく

外部にリライトを依頼する前に、作業範囲を決めておきましょう。リライトの対象となる記事のスタイルやキーワードの選択など、具体的な作業範囲を共有することで、依頼先との認識の齟齬を避けられ、余計な手間とコストを省けます。

ライターによる執筆と編集の作業内容も確認しましょう。編集の入った記事のコンバージョン率が低い場合には、執筆内容よりも編集内容に問題がある可能性もあります。特にコンバージョンにかかるクロージングの部分では、コンテンツの内容とサービス内容とをうまく結び付けた表現が必要です。サービスを利用するメリットを違和感なくアピールするために、最終的な記事の検閲・編集は、事業内容を最もよく理解している自社で行うというのもひとつの方法です。

記事の評価基準を共有する

品質を確保するためにも、依頼先との間で記事の評価基準を共有しましょう。文章の読みやすさ、キーワードの適切な使用、図版のレベルなど、具体的な基準を伝えておけば、期待した質の高い記事を得られます。明確な評価基準はリライト方針に関する認識のすり合わせなど円滑なコミュニケーションにも欠かせません

費用対効果を考えるならプロによるリライト代行がおすすめ

プロによるリライト代行は、費用対効果を最大化する方法のひとつです。

定期的なモニタリングによってリライトが必要な記事をピックアップするのは、自社のビジネスの片手間で行うには難易度が高いため、専門業者に依頼するのがおすすめです。また専門のライターが行うリライトは、文章のクオリティ向上やオリジナリティの確保など多くのメリットが期待できます。

コストはかかりますが、ビジネス全体での費用対効果を考えるならリライト代行を活用するのがおすすめです。

「社内で作ったコンテンツをリライトしてもらいたい」「問合せや成約につながる記事にブラッシュアップしてほしい」とお困りの方は、ぜひ一度コンテンツSEOの経験と実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます
×

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに適したライターの特徴と探し方・選び方

  2. contents-marketing

    集客につながるコンテンツとは?オウンドメディアの活用方法も解説

  3. コンテンツマーケティングの運用手順・ポイントを徹底解説!

  4. points-of-seoconsultant-selection

    コンテンツマーケティングを成功に導くSEOコンサル会社の選び方

  5. ways-for-topic-selection

    コラム記事のネタ切れ回避と成果につながる話題選びのポイント

  6. advantage-of-whitepapaers

    ホワイトペーパーの効果を最大化!作成・配布方法で差をつけるマーケティン…

  7. webmarketing_with_webcontents

    Webマーケティングのコンテンツ活用事例と作成方法を解説

  8. コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

PAGE TOP