benefits-of-seo-outsourcing-TOP
  • SEO対策

コンテンツSEOを外注する意義と成功のポイント

集客を図る上で、今やオンラインの施策は欠かせない要素になっています。中でも多くの企業が取り組んでいるのが、自社サイトなどにコラムやブログを掲載して認知拡大を目指すという方法です。

しかし、多くの記事が溢れる今、戦略がないままに記事を量産し続けても効果は出にくいのが現状です。そこで重要になるのが、SEOを意識したコンテンツ制作を行う「コンテンツSEO」です。

ただ、コンテンツSEOには専門性や継続的な取り組みに関するリソースが欠かせません。自社での展開が難しい場合は、コンテンツSEOを外注するのもひとつの方法です。

そこで本記事では、コンテンツSEOを外注するメリットや信頼できる外注先の選び方などについて詳しく解説していきます。外注によって企業が抱えていた問題が改善した事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

以下の記事では、コンテンツSEOについて解説しています。

コンテンツSEOとは?メリットや手順を徹底解説!

なぜコンテンツSEOの外注が重要なのか

自社サイトにインターネットユーザーを呼び込むために、SEOを意識したコンテンツを掲載する「コンテンツSEO」。一見すると「Webサイトにユーザーの興味を惹きそうな記事を載せるだけ」という施策にも感じられるかもしれません。そのため「自社サイトにブログを載せるのは、そんなに難しいことではないのではないか」「社員に記事を書いてもらえれば、わざわざ業者に外注する必要はないのではないか」と考える方も少なくないと思われます。

しかし、コンテンツSEOと純粋なコンテンツ制作はまったく別物です。

コンテンツSEOでは、

「自社ビジネスとインターネットユーザーのニーズが合致するキーワードを選ぶ」
「ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを制作する」
「コンテンツの内容にテクニカル面でのSEO施策を盛り込む」
「自社ビジネスへのニーズを高めてコンバージョン(問合せ、資料ダウンロード、成約など)につなげる」

といった、専門知識を交えた制作工程が必要です。

そのため、ただ「ユーザーの興味を惹く文章が書ける」「わかりやすいライティングができる」だけでは不十分で、SEOの専門知識が豊富にある専門業者に依頼することが重要なのです。

コンテンツSEOを外注するメリット

コンテンツSEOの外注には、次のようなメリットがあります。

  • 専門的なスキルを活用できる
  • 生産性が向上する
  • 費用対効果が上がる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

専門的なスキルを活用できる

コンテンツSEOを外注する最大のメリットは、SEOの専門的なスキルを活用できる点にあります。

検索結果の順位を決める指標となる検索エンジンのアルゴリズムは、不定期に変更されます。そうした際に、検索順位の変動に対して迅速な対応を行うには、常にアップデートされた最新のSEO知識が必要です。SEOサービスを提供している外部の専門家は、このような知識に長けているだけでなく他社の事例も豊富に持っているため、最新の手法を活用した効果の高い戦略を展開できます。

また外部の専門家には、様々な業界やプロジェクトに携わってきた経験から、異なるニーズに対しても柔軟に適応できるスキルもあるはずです。特定の業界や市場に適した戦略の展開も可能です。

生産性が向上する

外部にコンテンツSEO施策を委託すれば、自社内のリソースを自分たちのビジネスに集中させられます。特に中小企業やリソースが限られている会社の場合は、本来のメイン業務ではないところにリソースを割くよりもずっと効果の高い手段になるでしょう。

自社ビジネスの生産性を上げながら、認知拡大や集客にかかる部分についてはプロフェッショナルなサービスを効率的に受けられる点は、コンテンツSEOを外注する大きなメリットです。必要なときに必要なスキルを活用できるため、限られた人材でもパフォーマンスを最大化できます。

費用対効果が上がる

コンテンツSEOを外注すると、費用を抑えながら必要なサービスを得られます

外部の専門家には、SEO対策に必要なツールやソフトウェアが整っているため、自社で専用のツールを購入する必要はありません。また、専門スキルを持つ人材が社内にいなくても、採用や育成にかかるコストは不要です。

「自社サイトに何らかのコンテンツを掲載する」という点だけ見ると、記事の内製や個人ライターなどへの外注も可能かもしれません。しかし、コンテンツ制作には企画・執筆・校正・編集など、多くの工数がかかります。時間的・金銭的コストを総合的に考慮すれば、初めから外注したほうが安く済むことも多いのです。

コンテンツSEOを外注するデメリット

コンテンツSEOを外注するデメリットも確認しておきましょう。

  • 料金が発生する
  • 自社にノウハウが蓄積できない
  • コミュニケーションコストがかかる

それぞれ詳しく解説します。

料金が発生する

コンテンツSEOは、施策を始めてすぐに効果がでるわけではありません。記事制作や運用は中長期的に展開する必要があるため、外注料金の支払い期間が長くなる可能性は十分にあります

実際の料金はWebサイトの規模や対策内容や業者によっても異なりますが、予算と効果を考慮した上で利用を検討するようにしましょう。

自社にノウハウが蓄積できない

業務を外注すると、当然ながらその業務に関して自社の従業員が新しいスキルを習得する機会は制限されます。SEOの専門知識やオンライン上での認知拡大・集客ノウハウに関する理解が自社内で進まず、企業の独自性や業界特有の要素を効果的に外部へ発信できないままになる恐れもあるでしょう。

内部のメンバーに実務経験の機会を提供して成長を促さなければ、ビジネスの成長も進みません。外注を利用する際には、内製(インハウス化)とのバランスを重視しましょう。もしくは、外注先とのコミュニケーション窓口を担当させるだけでも、概要知識を習得するのに役立つでしょう。

コミュニケーションコストがかかる

外注先とのコミュニケーションが不足すると、期待した品質のコンテンツが作成されないこともあります。不要なトラブルを避けるためにも、適切なコミュニケーション手段やツールも活用しながら、円滑な情報共有を図りましょう。

企業のブランドメッセージやトーンの一貫性を維持するために、明確なガイドラインやフィードバックプロセスを確立して品質を保つ工夫も必要になってきます

コンテンツSEOの外注を成功させるための流れ

外部にSEOの外注で成功を収めるには慎重な戦略が不可欠です。外注戦略を成功させる流れを確認して、効果的なアプローチを確立しましょう。

  1. リサーチと選定
  2. 期待値の共有
  3. ターゲットの理解
  4. コミュニケーションの最適化
  5. 定期的な進捗報告
  6. 効果的なフィードバックの伝達

それぞれ詳しく解説します。

1.リサーチと選定

外注先の専門性とスキルは、戦略の成否を左右する大きなポイントになります。過去の実績やポートフォリオを詳しく調査して、業界やニーズに適した経験の有無を確認しましょう。

コンテンツSEO以外の実績を確認しておくことも大切です。コンテンツSEOはデジタルマーケティングの一環に過ぎません。状況によっては他の戦略が適していることもあります。そのような場合に、積極的に様々な戦略を提案してくれる会社なら安心です。

2.期待値の共有

プロジェクトの目標と期待値を外注先と共有しましょう。明確なゴールが設定されていれば、外部のパートナーも同じ方向に向かって作業できます。

最低でも次のような期待値は共有しておくとよいでしょう。

・検索結果の順位
・トラフィック数(Webサイトへのアクセス数)
・取得予定のリンク数
・進捗報告の頻度
・SNSのシェア数
・目標達成までの期間 など

3.ターゲットの理解

外注先がコンテンツSEOで集客したいターゲットを理解していなければ、施策の効果は高まりません。

企業のブランドメッセージや目標顧客層について十分な情報を提供し、外注先が的確なコンテンツを制作できるよう、事前の打合せは入念に行いましょう。

4.コミュニケーションの最適化

記事コンテンツに対する期待値の共有やコンテンツSEOの対象となるターゲットへの理解を深めるために、クリアで詳細なコミュニケーションを図りましょう。お互いのコミュニケーションを最適化するには、次のような方法が考えられます。

▼コミュニケーションを最適化する方法(一例)

・タスク管理や進捗追跡に対応したツールを導入して情報を共有する
・重要な情報やプロジェクトの詳細をまとめた共有ドキュメントを作成する
・チャット、メール、ビデオ会議など、柔軟なコミュニケーション手段を使う
・週次または月次の進捗ミーティングをスケジュール化する など

5.定期的な進捗報告

実際にコンテンツの制作段階に入った後も、外注先からの進捗報告は定期的に受けましょう。

選定キーワードや記事構成案が自社ビジネスとマッチしているかという点や、制作スケジュールの進み具合などについて、進行表を用意したりミーティングや報告の機会を設けたりしておくことで、進捗や問題点について常に共有します。プロジェクト全体の透明性を確保しておくことで、問題や課題が見つかった場合にもスムーズに対応できます。

6.効果的なフィードバックの伝達

外注先から記事コンテンツが納品されたら、公開前に必ず社内でも確認しましょう。そのクオリティについて具体的で建設的なフィードバックを提供すれば、その後の作業の効率化にもつながります。

▼良かった点をフィードバックする際のコメント例

・「コンテンツの構成と流れは素晴らしかったです。読者が興味を持ちやすい形になっています。このようなアプローチを継続してください」

・「具体的な事例を複数入っていて非常にわかりやすかったです。引き続きユーザーがイメージしやすい事例を盛り込んだ記事制作をお願いします」

など

▼改善してほしい点をフィードバックする際のコメント例

・「記事の導入部分が少し冗長でした。読者を引き込むために、もう少し簡潔で興味を引くような内容に修正できますか?」

・「画像の選定が記事のコンセプトに合致していないように感じました。読者にとって強い関連性のある画像を選んでいただけますか?」

など

コンテンツSEOの外注先を選ぶ際のポイント

コンテンツSEOの外注先を選ぶ際には、次のようなポイントを意識しましょう。

  • 専門性とスキルを確認する
  • レビューやフィードバックを調査する
  • サービスと価格の透明性をチェックする
  • コミュニケーションスタイルも事前に確認しておく

それぞれ詳しく見ていきます。

専門性とスキルを確認する

過去のプロジェクトや実績を確認して、専門性とスキルを評価しましょう。特定の業界や技術の最新トレンドにキャッチアップできているかどうかもチェックします。変化の激しい今の時代に、最新知識を活用できていない外注先に依頼しても効果は期待できません。

正式な依頼の前には、プロジェクトの理解度も必ず確認しておきましょう。実際のスキルをテストするタスクや課題を提供して、能力を客観的に評価するのもひとつの方法です。

レビューやフィードバックを調査する

過去のクライアントから届いたレビューやフィードバックを調査して、評判を確認しましょう。業者が自社のホームページに掲載している評判は自作自演の可能性もあるので、外部のWebサイトで確認することが大切です。Googleマップの評価や口コミも参考になります。

サービスと価格の透明性をチェックする

提供されるサービスと価格の透明性を確認して、他の外注先と比較検討を行いましょう。コストを抑えたいからといって価格だけを判断基準にするのはあまり良い選択とは言えません。コストと品質をバランスよく考慮した上で、費用対効果の高いパートナーを見つけましょう。

コミュニケーションスタイルも事前に確認しておく

コミュニケーションのスタイルやプロセスについても確認し、プロジェクトの円滑な進行に支障をきたす恐れがないかをチェックしましょう

用意した質問やプロジェクトに関する疑問への対応を見れば、大まかなコミュニケーションのスタイルは把握できます。

本契約前の面談やビデオ会議も非常に有効です。その際に過去のプロジェクトと成功事例を尋ねれば、外注先が柔軟で協力的なコミュニケーションをとれるかも確認できます。

▶コンテンツSEOの外注先を選ぶ際のポイントについては、「Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び方を解説」の記事も参考にしてみてください。

コンテンツSEOの外注で成功した事例

弊社シンプリックでも、様々な業界でコンテンツSEOをサポートした実績があります。その中からいくつかご紹介します。

事例1:テクノロジー分野における記事制作実績「タクトシステム」様

デジタル改革をキーワードに、業務効率化支援事業やマーケティング支援事業などを行っているタクトシステム様。中小企業向けに運営しているオウンドメディア『タクトシステムブログ』で、検索経由での集客増と、記事コンテンツにおける検索上位の獲得を目的とし、競合調査やキーワード選定も含め、月2本の記事コンテンツ制作をサポートしました。

継続した取り組みによって、課題としていた制作記事における検索結果上位を達成し、競合他社に対する競争力の向上に貢献しました。

▶弊社シンプリックがコンテンツSEOの制作をサポートした『タクトシステムブログ』はこちらからお読みいただけます。

事例2:テクノロジー分野における記事制作実績「日本コンピュータビジョン(JCV)」様

高度なコンピュータビジョン・ソリューション(画像認識)事業を展開している日本コンピュータビジョン(JCV)様。自社サイトコラムを通じて、自社ソリューションの訴求とコンバージョンの獲得を強化したいというニーズがあったことから、競合調査やキーワード選定をはじめとし、継続した毎月の記事コンテンツ制作をサポートしました。

月5本というボリュームでの取り組みによって、サイトへの流入数の増加はもちろん、目標とされていた「定期的な商談の獲得」というコンバージョンの増加にも貢献しました。

▶弊社シンプリックがコンテンツSEOの制作をサポートした『日本コンピュータビジョン株式会社(JCV)コラム』はこちらからお読みいただけます。

コンテンツSEOは外注を活用して成果と費用対効果を向上させよう

外部協力を活用できれば、コンテンツSEOの成果最大化と費用対効果の向上が実現します。専門的なSEOスキルを利用して生産性が高まるのもメリットです。

ただし、競争力を強化するには信頼性のある外部パートナーとの協力が鍵になります。そのため、外注先の慎重な選定と円滑なコミュニケーションは欠かせません。今回ご紹介した成功させるための流れや選定方法を参照しながら、自社に適した外注先を見つけましょう。

「コンテンツSEOに取り組みたいけれど、自社での対応が難しい」「外注先選びで迷っている」とお困りの方は、ぜひ一度コンテンツSEOの経験と実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

関連記事

  1. disital-marketing

    ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高め…

  2. seo-for-beautysalon-business-TOP

    美容室経営を成功に導くSEO対策のポイント

  3. E-E-A-Tとは?Googleの評価基準と評価の高め方を徹底解説!

  4. howto-avoid-excessive-SEO-TOP

    過剰SEOを回避してサイトの価値を高めるためのポイントとは

  5. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

  6. SEOで得られる効果とは?効果が出る期間と方法を徹底解説!

  7. SEOキーワードの選び方を9ステップで解説!効果的な選定方法とは

  8. Search Console Insights(サーチコンソールインサ…

PAGE TOP