keyword-strategy-for-seo
  • SEO対策

SEO対策でキーワード選定が重要な理由と料金相場を解説

デジタル時代でビジネスを成功させるには、オンライン上での存在感を高めることが重要です。中心的な施策が、検索エンジンの上位に自社の記事を表示させることでブランディング効果や認知拡大、リード獲得を目指す「SEO対策」です。そしてSEO対策の成否を大きく左右するのがキーワードの選定です。

キーワードの選定には注意すべきポイントが多いため、「何を基準にキーワードを選べばいいのかわからない」「自社では適切なキーワードの選定ができない」といったご相談も目立ちます。

そこで今回は、キーワード選定の重要性や効果的な戦略、キーワード選定を外注する場合の料金相場などについて詳しく解説します。

また「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEO対策でキーワードの選定が重要な理由

SEO対策でキーワードの選定が重要な理由は次の5つです。

  1. 検索順位が上がる
  2. ターゲットにリーチしやすくなる
  3. コンテンツの品質が高まる
  4. 競合他社との差別化を図れる
  5. ROI(投資利益率))を最大化できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索順位が上がる

検索順位を上げるには、ユーザーニーズを満たすコンテンツを用意することが必要です。なぜならGoogleなどの検索エンジンは、ユーザーニーズとの関連性が高いコンテンツを高く評価するからです。言い換えれば、自社サイトを上位表示させるためには「ユーザーはどんなキーワードで検索するのか」「そのキーワードで検索する目的は何か」といった逆算的な考え方が必要になるということです。

そして適切なキーワードを選び、ユーザーがそのキーワードを検索することで得たい情報にマッチするコンテンツを用意すれば、検索順位が上がる可能性が高まります。

ただし、ニーズの異なるキーワードで上位表示されてもビジネスの成長に直結するわけではない点には注意が必要です。ユーザーのニーズを理解した上で、コンバージョンにつながるキーワードを選択しなければいけません。

ターゲットにリーチしやすくなる

適切なキーワードを選ぶことで、特定のターゲットにリーチしやすくなるというメリットもあります。

今やほとんどのユーザーは検索エンジンを通じて情報を取得するため、検索結果の表示機会を増やしてユーザーにリーチしやすくしなければいけません。

このとき、ビッグワードと呼ばれる汎用性が高く検索ボリュームの大きいキーワードで勝負しようとすると、上位表示の難易度が大きく上がり、機会損失につながる恐れが出てきます。ニーズが多いかどうか(検索ボリュームが大きいかどうか)だけでキーワードを選ぶと失敗するということです。

同じサービスや商品に関する情報検索でも、個々のニーズやフレーズは異なります。言い換えれば、情報を得たいのか(Knowクエリ)、行動を起こしたいのか(Doクエリ)、購入したいのか(Buyクエリ)、その場所に行きたいのか(Goクエリ)など、ユーザーがどんなキーワードで何を求めて検索を行うのかを想定した上でキーワード選定すれば、ターゲットにリーチしやすくなるということです。多様性を考慮するなら、ロングテールキーワード(複数の単語を組み合わせた、検索ボリュームの少ないキーワード)の選定を中心にして、ターゲットにリーチする機会を増やしたほうがいいでしょう。

コンテンツの品質が高まる

キーワード選定をしっかり行うことで、コンテンツの品質も向上します。

コンテンツ制作を行う際には、複数のメンバーが協業するケースも少なくありません。キーワード選定をする段階から「ユーザーがどんな情報を求めているのか」を共通イメージとして持っておくことで、メンバー間での認識のズレや、外注元と外周先との認識の齟齬が起きにくくなり、コンテンツ制作の方向性がズレるのを防げます。

適切なキーワードを選択して高品質で有益な情報を提供できれば、ユーザーの理解度が高まり、ユーザーエクスペリエンスが向上して、検索エンジンからの評価も高くなります

競合他社との差別化を図れる

自社のビジネスやサービスに近しいキーワードを活用することで、競争相手に先行してターゲットを惹きつけ、ブランドの個性を強調させることも可能です。

独自のブランドや強みに基づいたキーワード戦略を展開すれば、競合と明確な差別化が図れるでしょう。この際には、検索ボリュームの大きさを重視しがちですが、差別化を図るなら、意図的に検索ボリュームが少なめのロングテールキーワードに絞って戦略を行うほうが効果的です。

ROI(投資利益率)を最大化できる

適切なキーワードを選定すると、ROI(Return On Investment,投資利益率)の最大化にもつながります。

具体的には、特定の検索キーワードで自社サイトに訪れたユーザーのコンバージョンが高かった場合に効果を発揮します。「検索キーワードA」に関連するトラフィック(Webサイトへの流入)がコンバージョンにつながりやすいとわかった場合は、そのキーワードでSEO対策に成功すれば、効果的なリターンを期待できるということです。

サイト内ではある程度網羅的なテーマでコンテンツを用意する必要がありますが、特定のキーワードが強いとわかった場合には、そのキーワードを中心としたコンテンツのバリエーションを増やすことも有効です。戦略的なキーワード選定によって、広告費やマーケティングコストも最適化でき、収益性を向上できるようになるのです。

SEOのキーワード対策を外注するメリット

キーワードの調査と選定は専門的な作業になります。そのため、知見を持った外部のプロフェッショナルに依頼したほうがビジネス面では大きなメリットがあります。以下、大きく2つのメリットについて解説します。

メリット1:成果につながりやすいキーワードを選定してもらえる

SEO対策を成功させるには、適切なキーワード選定と検索ニーズに合った良質なコンテンツの両方が必要です。キーワード選定を外注するということは、単にキーワードを決めてもらえるということだけでなく、どんなコンテンツを用意すれば効果的なのかを教えてもらえるということでもあるのです。

しかし、結果が出るまでにはある程度のボリュームの作業量と中長期的な取り組みが必要です。検索意図に適した質の高いコンテンツ制作を継続するのは容易ではないため、少しでも費用を抑えようと、「キーワード選定は自社で行い、コンテンツ制作だけを外注しよう」と考えるケースもあるでしょう。けれども正しいキーワード選定のプロセスを欠くと、予算を投じても望ましい成果を得るのが難しくなってしまいます。成果につながりやすいキーワード選定こそ、SEO施策の重要な要素であることを押さえておきましょう。

▶成果につながりやすいキーワードについて具体的に知りたい方は、「検索ボリュームの少ないキーワードでSEO対策をするべきか?」の記事も参考になります。

メリット2:トレンドの変化やアルゴリズムの変更にも迅速に対応してもらえる

SEO施策を成功させるには、制作したコンテンツのメンテナンスも重要です。外注を活用すれば、適切な手順と方法でSEOに取り組めるようになります。ユーザーがどんなことに興味関心を持っているのかという最新のトレンドや、不定期に行われる検索エンジンのアルゴリズム変更にも迅速にも対応できるため、戦略的なキーワードの選定とコンテンツの作成が可能です。

キーワード調査には多岐にわたるデータソースを利用しますが、専門会社に外注すれば市場調査や競合分析、トレンドの把握など、複数のデータを組み合わせた包括的なキーワード戦略を立案してもらえます

こうしたリサーチにかかる時間とリソースを大幅に節約できる点は外注のメリットです。キーワード対策には多くの時間と労力が求められますが、外注を活用すれば自社の主業務に集中できます。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

SEOのキーワード対策を外注した場合の料金相場

SEOのキーワード対策を外注した場合の料金相場は、料金体系によって異なります。

料金体系料金相場
固定費用型月額10万〜50万円
成果報酬型5万~20万円

それぞれ詳しく見ていきましょう。

固定費用型

固定費用型とは、対策内容や成果に関わらず毎月定額の料金を支払うタイプです。

キーワード対策の場合は、基本的には専任コンサルタントが効果的なSEO対策に向け、どのキーワードを狙うべきかを総合的にサポートします。SEO対策の目的やWebサイトの規模、施策内容によっても異なりますが、料金相場は月額10万〜50万円です。

固定費用型の場合はコンサルティング要素が強いため、自社と外注先とが課題感などについてコミュニケーションをとりながらSEO対策を進めていきます。そのため外注とはいえ社内にもSEOに関するノウハウがたまりやすく、将来的に自社対応を目指す上での準備になるというメリットもあります。また、毎月の費用が固定なため予算の管理も容易です。

中長期的なSEO対策には固定費用型の外注先が適しているでしょう。

成果報酬型

成果報酬型とは、「指定のキーワードで上位表示された日数」など、施策の成果に応じて料金が発生するタイプです。

例えば「10位以内にランクインした日数」で料金が発生するようなメニューが一般的です。ただ、キーワードの種類によって上位表示させるための難易度は大きく変わりますので、料金もその難易度と連動して大きく変動します。料金相場は5万~20万円です。

成果報酬型の場合、成果が発生しなければ料金がかからないので一見合理的にも思われます。しかし実際は、上位表示された日数が多いことがビジネスの成長に直結するわけではありません。むしろ、まったくリード獲得や成約につながらない場合も、「上位表示の期間が長いから」ということで費用が発生し、料金が高額になっていくパターンにもなりがちです。

成果報酬型は、施策によって発生するコストと成果のバランスがすぐには確認できない点や、費用管理が変動しやすいため管理が難しいというデメリットがあります。そのため、外注する際にはある程度の期間を見越した上で、固定報酬型を検討したほうがいいでしょう

SEOのキーワード選定がその他の施策とセットで行われた場合の料金相場

ひと口に「SEO対策」と言っても、その内容は多岐にわたります。SEO対策を外注する際は、「どこまで頼むのか」「どのくらいの費用を使うか」「どの程度の成果を望むか」といったバランスも重要です。ここでは、SEOのキーワード選定単体を外注した場合と、その他施策とのセットで外注した場合との違いを比較します。

対策内容料金相場
キーワード選定1.5万~10万円
内部対策10万〜50万円
外部対策15万円前後
コンテンツSEO5万~30万円
SEOコンサルティング月額10万〜50万円

それぞれ料金が大きく異なるため、自社に効果的な方法を比較・検討することが大切です。詳しく見ていきましょう。

キーワード選定

キーワード選定のみをスポットで外注する場合の相場は、難易度の低いキーワードの場合は1.5万円程度、難易度の高いキーワードの場合は10万円程度と幅があります。

キーワード選定は一見誰にでもできそうな工程に感じられるかもしれません。しかし、自社サイトに掲載するコンテンツの要となる重要な部分です。プロの目線で選定してもらうことでより効果が高まります。

ただ実際は、スポットでキーワード選定のみを依頼して大幅な効果の改善を見込むのはなかなか難しいでしょう。予算を確保する余裕がある場合には、内外対策なども含めて総合的にSEO対策に取り組むのが効果的です。

内部対策

SEOの内部対策とは、対象キーワードに沿ったWebサイトの構造やタグなどの最適化を行う戦略です。サイト内の様々な要素を改善して検索エンジンが理解しやすくなるWebサイトを構築していきます。

料金の相場は10万円から50万円と幅が広めです。なお、キーワードの選定や全面リライトなどが含まれると高額になる傾向にあります。

規模の大きなサイトの場合、半年程度のプロジェクトに発展すると100万円を超えるので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

モバイルファーストインデックスやサイトの表示スピード向上といったテクニカルSEOが含まれる場合も料金は高額になります。

▶内部SEO対策の詳細は「内部SEO対策の費用相場と具体的施策を解説」の記事でも解説しています。

外部対策

外部対策とは、他のサイトから被リンクを獲得するための戦略です。

対象となるキーワードによって料金は異なりますが、15万円前後が相場と考えていいでしょう。なお、良質な被リンクを獲得するにはコンテンツの質を上げる以外に、SNSでの情報発信なども重要です。外部対策は総合的に取り組む必要があるため、料金体系は月額固定となるのが一般的です。

ただし、中には目に見える成果だけを重視して、Googleのガイドラインを無視する業者も存在します。Googleはリンクの購入を禁止しているため、Googleからペナルティを受けるような施策にまで手を出すような業者には依頼しないよう、十分注意しましょう

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを継続的に発信して検索エンジンからの集客を狙う戦略です。

コンテンツ制作の料金は5万円〜30万円と幅が広く、キーワードの競合度に比例して料金も上がります。継続した取り組みが必要な施策のため、場合によっては総額100万円以上の費用が発生するので事前の確認は必須です。

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングだけを依頼する場合の料金は月額10万円〜50万円が相場です。

SEOコンサルティングでは、Webサイトやホームページの現状を詳細にヒアリングし、競合他社の状況や市場動向も踏まえた上で問題と原因を特定し、的確な施策を提案してくれます。

実際のコンテンツ制作や改善実行といった手を動かす作業までは必要ないという場合や、全体的な課題感を掴んでおきたい場合におすすめです。キーワードの選定を中心に依頼したいという場合も、SEOコンサルティングを依頼するといいでしょう。

SEO対策は、施策内容によって料金が大きく異なりますので、相場はあくまでも「目安」として考えましょう。料金の詳細を知りたい場合は、複数社に相見積もりを依頼して内容を比較するのがおすすめです。

SEO対策を成功させるにはキーワード選定も含めた総合的な施策が必要

SEO対策では、「どの検索キーワードを選定するか」「選んだキーワードをコンテンツ制作にどう活用するか」「そのキーワードをきっかけに自社サイトへたどり着いたユーザーをどう成果につなげるか」というステップが重要です。

2016年に公開されたSearch Engine Landの記事(Google now handles at least 2 trillion searches per year)では、世界でGoogle検索が行われる回数は「年に2兆回」、「1日に55億回」を超えているとも発表されています。自社のビジネスはどんな検索キーワードと親和性が高いのかをしっかりと見極め、その先のコンテンツ制作や内外対策などを総合的に行う必要があります。

とはいえSEO対策には総合的な戦略が必要です。キーワードの選定だけでなく、高品質で有益なコンテンツの作成が非常に重要になります。モバイル検索の重要性が高まっている近年では、モバイルフレンドリーなサイトの構築も欠かせません。定期的に変化する検索エンジンのアルゴリズムに対応する技術も求められます。

ページの表示速度最適化も重要な施策のひとつです。読み込み速度が遅いとユーザーエクスペリエンスが悪化して検索結果の順位に悪影響を与えます。

SEO対策はキーワードの選定だけではなく、中長期的な運営を意識する必要があるのです。

SEOで成果を出したいならキーワード対策から外注するのがおすすめ

SEOで効果的な成果を得るためには、適切なキーワードの選定と対策が不可欠です。

しかし、それだけではビジネスの成長にはつながりません。十分な効果を得るには、内外部対策を含めた総合的なSEO施策を展開する必要があります

キーワードを選定した後の各種施策を自社で行うのが難しい場合は、SEOコンサルティングからコンテンツ制作、モニタリングまで、必要な施策を一通りすべて外注するのがおすすめです。外注を活用すればWebサイトの最適化や検索結果の順位向上を効率的に実現できます。その分のコストは発生しますが、中長期的な視点で見れば対価に見合った成果が得られるでしょう。

「成約につながるキーワード選定を含め、プロの目線でSEOサポートをお願いしたい」とお考えの方は、ぜひ一度経験と実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

×

関連記事

  1. search-query

    検索クエリとは?調べ方と活用方法を徹底解説

  2. SEOで得られる効果とは?効果が出る期間と方法を徹底解説!

  3. 「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会…

  4. Search Console Insights(サーチコンソールインサ…

  5. 被リンクの獲得方法とは?獲得のメリットや効果的な被リンクについても解説…

  6. measures-of-Internal-SEO

    内部SEO対策の費用相場と具体的施策を解説

  7. SEOで失敗する原因を徹底解説!正しい対策方法も紹介

  8. SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

PAGE TOP