howto-avoid-excessive-SEO-TOP
  • SEO対策

過剰SEOを回避してサイトの価値を高めるためのポイントとは

多くの企業が自社サイトを検索結果の上位に表示させようと、SEO対策に力を入れています。しかし、あまりにSEO対策を追求しすぎると、Googleのガイドラインやポリシーに違反した「過剰SEO」とみなされて、逆効果になる恐れがあります

特に検索エンジンのアルゴリズムを欺くような施策や、検索結果を不正に操作しようとする試みは、Googleからペナルティを受ける可能性が高いので注意が必要です。

本記事では、過剰SEOの判断方法やGoogleのペナルティ、避けるべき手法などについて詳しく解説します。

過剰SEOとは

過剰SEOとは、検索エンジン最適化を過度に行った結果、Googleのランキングアルゴリズムに不自然な形で影響を与えていることからペナルティを受ける可能性が高い状態のことです。

具体的には、キーワードの過剰使用や不自然なリンクの生成、重複コンテンツの大量投稿などを行った場合が挙げられます。

過剰SEOによって検索順位が向上するケースもありますが、あくまでも一時的なものです。長期的なサイトの信頼性や評価には悪影響を及ぼしますので、回避する必要があります。

過剰SEOの危険性

過剰SEOによって引き起こされるデメリットはいくつかあります。順番に見ていきましょう。

コンテンツの品質を低下させる

検索結果に表示させることばかりを優先させた結果、複数のキーワードをいくつも盛り込んだわかりづらいコンテンツになる恐れがあります。過剰な量のキーワードの使用や不自然なリンク設定は、コンテンツの品質を低下させます

Googleの目的は、あくまでもユーザーに最適な検索結果を提供することです。ユーザーが求める情報や体験を理解し、それに基づいたコンテンツを検索結果の上位に表示していますので、コンテンツの質を下げる施策は避けるようにしましょう。

ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼす

SEO対策を行う上では、コンテンツを継続的に掲載し続けることも重要です。しかし、低品質なコンテンツばかり量産していても、ユーザーに有益な情報を提供できなければユーザーエクスペリエンスを損ないます

ユーザーにとって目的の情報を見つけにいWebサイトは、滞在時間や回遊率などの数値も悪くなるため、Googleからの信頼性も低下するでしょう。一時的に上位表示を狙うことはできても、「ユーザーにとって有益であること」を意識しなければ、恒常的な検索結果の上位は狙えません。

Googleからペナルティを受けるリスクがある

上記2項目でも触れたように、Googleは何より「ユーザーファースト」を重視しています。そのためユーザーファーストに違反したSEO対策には、厳しいペナルティが課せられます。ペナルティは、一時的なランキングの低下から検索結果の除外まで様々です。

こうしたペナルティによる影響の度合いは異なりますが、サイトの可視性とトラフィックの急激な減少は避けられないでしょう

いずれにしても、ユーザーの期待に応えることが、良質なSEOの基本と考えていいでしょう。ビジネスの成長につなげるためにも、過剰SEOは避け、持続可能なオンラインプレゼンスを確立することが大切です。

過剰SEO・スパムの判定基準

ここからは具体的に、過剰SEOやSEOスパムと判定される基準を詳しく見ていきましょう。

howto-avoid-excessive-SEO

キーワード系の過剰SEO

キーワード系でよく見られる過剰SEOは次の2種類です。

  • キーワードスタッフィング
  • 隠しテキスト

キーワードスタッフィング

キーワードスタッフィングとは、コンテンツとして成立しない形でキーワードを過剰に使用することです。Webページ内で同じ単語やフレーズを必要以上に何度も繰り返すと不自然で読みづらくなるため、ユーザーエクスペリエンスを損なう原因になります。

また数年前であれば、盛り込んだキーワードが検索結果でヒットするメリットがありましたが、検索エンジンのアルゴリズムは年々アップデートされています。最近の検索エンジンは文章の流れも理解するため、キーワードが不自然に詰め込まれたコンテンツは評価されなくなっています。

キーワードスタッフィングはもはや、検索順位を向上させる施策ではなく、ペナルティを受けるリスクを高めてしまう施策であると思っていいでしょう。

隠しテキスト

隠しテキストとは、ユーザーに見えないよう配置されたテキストのことです。以前はSEO対策の手法として広く用いられましたが、現在ではペナルティの対象となります。

避けるべき主な手法は次のとおりです。

・テキストを背景と同色にする
サイトの背景色と同じ色のテキストを使用することで、見えないようにする手法。

・CSSで非表示にする
Webサイトのデザインを設定するCSSで、テキスト部分を非表示にさせる方法。

・フォントサイズをゼロにする
フォントサイズをゼロに設定して見えないようにする手法。

これらの方法を使うと、検索エンジンのクローラーはテキストを取得できますが、モニターを見ているユーザーにはコンテンツとして認識されません。ユーザーエクスペリエンスそのものには影響しないのですが、SEOのアルゴリズムを惑わせる悪質な手法としてペナルティの対象になります。

適切なSEOの観点からも、このような手法に頼ることなく、ユーザーにとってわかりやすいコンテンツを提供するように心がけましょう。

リンク系の過剰SEO

リンク系で注意すべき過剰SEOは主に次の5種類です。

  • 隠しリンク
  • 不自然な被リンク
  • コメントスパム
  • リンクプログラムの参加
  • ウィジェットリンク

隠しリンク

隠しリンクとは、ユーザーには見えませんが、検索エンジンのクローラーは検知できるように配置されたリンクです。

ユーザーに提供されない情報や濫用リンクが検索エンジンに検知されると、ペナルティを課せられることがあります。

アンカーテキストを背景色と同色にしたり、CSSで非表示や画面外にずらしたりする方法も以前はよく使われていましたが、避けましょう。

不自然な被リンク

スパムサイトからのリンクや購入したリンクといった不自然な被リンクも過剰SEOと判断されます。

被リンクはページの価値を高める上で効果的な手法のひとつですが、評価が低いサイトからの被リンクは、むしろ自社サイトの価値も下げてしまいます。良質な他サイトからのオーガニックなリンクや、ソーシャルメディアからのシェアといった自然な被リンクを集めるためにも、質の高いコンテンツを作成することを心がけましょう。

コメントスパム

コメントスパムとは、Webサイトのコメントセクションやフォーラムに投稿される無関係なリンクです。外部サイトのコメント欄に、そのサイトと無関係なメッセージを自サイトへのリンク付きで書き込むと、コメントスパムになります

コメント内における過剰なキーワードの使用も、ペナルティの対象です。ボットや自動化ツールを使用した大量のコメントの投稿は検索エンジンに検知されやすいので避けましょう。

リンクプログラムの参加

リンクプログラムとは、他サイトとの相互リンクを目的とした仕組みのことです。

被リンクが多いとサイトの価値が高まるということで以前は一般的なSEO戦略として採用されていましたが、現在ではこうした意図的なリンクの確保はペナルティの対象となります。

リンクプログラムを使用した大量のリンク生成は悪質な行為と判断されやすくなるので、特に注意が必要です。

ウィジェットリンク

ウィジェットリンクとは、Webサイトのサイドバーなどに特定のコンテンツへのリンクを表示させる機能のことです。新着記事の紹介や人気記事ランキング、キーワード検索フォームなどで使われることが多く、本来はユーザーの利便性を高める便利な機能です。ただこのウィジェットリンクに、大量のキーワードを含んだリンクや隠しリンク、質の低いリンクがウィジェットに埋め込まれていると、過剰SEOと判断されてペナルティの対象になります。

そうしたペナルティを回避する方法は次の2つです。

1.ウィジェットリンクに 「rel=”nofollow” 」属性を追加する
2.ウィジェットからリンクを削除する

コンテンツ系の過剰SEO

コンテンツ系で行われる主な過剰SEOは次の3種類です。

  • ユーザーを欺くコンテンツ
  • クローキング
  • 構造化データマークアップの悪用

ユーザーを欺くコンテンツ

ユーザーを欺くコンテンツは、悪意のあるスパムSEOと判断されます。具体的な事例は下記のとおりです。

・意図せず広告部をクリックしてしまうようなレイアウトを採用している
・同意なくファイルがダウンロードされる
など

クローキング

クローキングは、検索エンジンが認識したコンテンツとは別のコンテンツをユーザーに表示する行為です。

ユーザーには無関係なコンテンツを表示してアクセス数の増加を狙います。

構造化データマークアップの悪用

構造化データマークアップの悪用も過剰SEOの一種です。

構造化データは本来、検索エンジンに対してコンテンツの内容や形式を理解しやすくするために使用されるものです。そのためこれを不正に使うと、ペナルティを受ける可能性があります。

不自然な評価やレビューにも注意しましょう。ユーザーを誤導して信頼性を低下させる可能性があります。

Googleのポリシーを理解することも大切

Googleのポリシーに準拠していない過剰なSEO手法は絶対に避けましょう。

SEO対策をする前には、「Google検索の基本事項」と「Googleが掲げる10の事実」 は必ず確認しておきたいところです。

Google検索の基本事項

意図していない過剰SEOを避けるためにも、「Google検索の基本事項(旧Webマスター向けガイドライン)」の内容を確認して順守しましょう。

Google検索の基本事項は最適化の原則を明確にし、Webマスターやデジタルマーケターに対して規則に沿った行動を促しています

内容は定期的に更新されるため、最新の情報を確認した上で準拠したサイトを作成することが重要です。

Googleが掲げる10の事実

Googleが掲げる10の事実」は、Googleが提供するサービスやプロダクトの原則を反映した理念です。Webサイトの運営にも欠かせないので、必ずチェックしておきましょう。

summary-of-google-philosophy

Googleは、何よりもユーザーの利便性を重視しています。内容を理解していれば過剰SEOや不正な手法から遠ざかり、持続可能なオンラインプレゼンスを構築できるようになります。

過剰SEOを判断する方法

過去にSEO対策をまるごと外注していたという場合などは、自社サイトの内容が過剰SEOになっているのかどうか判断がつかないこともあるでしょう。そうした場合には、次のような方法で判断することができます。

  • リンク構造を確認する
  • コンテンツの質をチェックする
  • ユーザーニーズを意識する
  • ツールを使用する
  • 競合サイトと比較する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リンク構造を確認する

リンク構造の確認は過剰SEOを判断する重要な手段のひとつです。健全なSEO戦略はリンク構造が自然で、ユーザーエクスペリエンスを向上させる役割も果たします

特に確認したいポイントは、次の2つです。

・関連するコンテンツへのリンクが適切か
・ユーザーが簡単に関連ページへアクセスできるか

ユーザーに不親切なリンクがあれば、速やかに改善しましょう。

リンクテキストに過剰なほどキーワードを盛り込むことも避けてください。自然でわかりやすく、コンテンツに関連していればOKです。自然で適切なリンク構造を維持できれば、検索エンジンに価値のあるサイトと見なされるようになります。

不自然な外部リンクも検索エンジンのペナルティを受ける恐れがあるので、内部リンクと合わせてチェックしておきましょう。

コンテンツの質をチェックする

質の低いコンテンツは、一般的なSEO対策においても不利になります。検索エンジンはユーザーにとって有益な情報を提供するサイトを評価しています。そのため、テクニックに走るのではなく、事実に基づいた、信頼性と専門性の高い情報を提供できているかチェックすることが大切です。

乱雑なコンテンツや一貫性の欠如はユーザーエクスペリエンスを損ないます。ユーザーを欺くコンテンツは論外です。

他のサイトからのコピー&ペーストや、自サイト内での重複コンテンツも避けましょう。価値が高く、独自性の高いコンテンツの作成が何よりも重要です

ユーザーニーズを意識する

コンテンツ制作の際は、検索エンジンに最適化するのではなく、あくまでもユーザーニーズに最適化することを意識しましょう。検索ニーズと合致していないコンテンツは、過剰SEOではなくても検索結果の順位は上がりません。

コンテンツを作成する前には、ユーザーインタビューやターゲットに近い層へのアンケートを実施して情報収集し、ユーザーが求めているものを理解した上で企画を立てることも大切です。

またコンテンツの公開後にも、ソーシャルメディアのコメントや投稿をモニタリングすることで、リアルタイムにユーザーのフィードバックや感情を把握できます。

ツールを使用する

過剰SEOを確認できる主なツールは、次の2種類です。

Google Search Console

自社サイトに関する様々な情報を把握できるツールです。検索パフォーマンスやインデックスの状況、検索クエリなども確認できます。不正な活動や問題に対する警告も表示されるため、サイトの健全性を確認したいときにも有用です。

Google Analytics

Webサイトのトラフィックやユーザー行動に関するデータを確認できるツールです。滞在時間とページ間の遷移を分析すれば、過剰なトラフィックや不自然な活動も検出できます。

競合サイトと比較する

競合サイトとの比較を通じて、SEO戦略の適切性を把握することもできます。比較する際にチェックしておきたいポイントは次のとおりです。

・キーワード

競合サイトが使用しているキーワードと出現率を調査します。

・リンク構造

競合サイトのリンクをチェックして自社サイトの健全性を確認します。過剰なリンクの生成や低品質なリンクがないかどうかも見ておきましょう。

・検索結果

共通のキーワードで競合サイトのほうが上位に表示されている場合は、その理由を考察します。

比較分析は、競合環境における自サイトの位置を理解し、適切なアクションを取るためにも重要です。ただし、競合サイトの手法が自社サイトにも適しているとは限りません。戦略は目標に応じて調整する必要があります。

ここまで、過剰SEOと判定されてしまう具体的なケースや、押さえておきたいGoogleの考え方、過剰SEOの判断方法などについて解説してきました。

SEO対策によってビジネスの成長を目指すには、目先のテクニックに頼るのではなく、ユーザーニーズにしっかりと向き合ったコンテンツを用意することが最も大切なことだとお分かりいただけたのではないでしょうか。改めてSEO対策の基本を押さえておきたいという場合には、「【SEO対策に取り組もう!】問い合わせを増やすための原則と方法」の記事もぜひ参考にしてみてください。

過剰SEOを避けるにはユーザーファーストを意識したコンテンツの作成が重要

SEOはWebサイトの可視性を向上させ、トラフィックを増加させるための重要な施策です。しかし、ユーザーニーズを無視した過剰なSEOは逆効果となります。

過剰SEOを回避するためには、ユーザーファーストのアプローチを重視して持続可能な戦略を構築することが大切です

ユーザーに有益で魅力的なコンテンツを作成すれば、特別な施策を講じなくても検索結果のランキングが上がり、長期的な成功につながります。
「過剰SEOを回避しつつ、ターゲット層にしっかり届くWebサイト運営をサポートしてもらいたい」とお考えの方は、ぜひ一度弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様にとっての最善策についてご説明させていただきます。

Webコンテンツ診断サービス
300サイト以上の集客改善経験を駆使し、SEO視点でサイトの課題を洗い出してWeb戦略を構築します

関連記事

  1. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

  2. traffic-and-seo

    トラフィックとSEOの関係性を押さえトラフィックを伸ばす方法とは?

  3. organic-research

    オーガニック検索の仕組みとアクセスを増やす3つの方法を解説

  4. Googleサーチコンソールの使い方を初心者にも分かりやすく解説

  5. number-of-SEOkeywords

    SEO対策の成果とキーワード数の関係性を解説

  6. SEOにおける検索意図の重要性|キーワード選定からUX最適化まで詳しく…

  7. SEOで失敗する原因を徹底解説!正しい対策方法も紹介

  8. SEO外部対策とは?実践方法をどこよりもわかりやすく解説!

PAGE TOP