• SEO対策
  •    

SEOコンテンツの質は何で決まる?改善例を具体的に解説

自社サイトへの集客を効率的に行うためには、質の高いSEOコンテンツを作成することが大切です。適切なSEO対策を施したコンテンツは上位表示を獲得でき、そこから多くのユーザーが流入することが期待できます。

この記事では、質の高いSEOコンテンツを作成するためのポイントや改善例などについて詳しく解説していきます。

SEOのコンテンツの質は何で決まる?

SEOコンテンツの質を高めるためのポイントは、ユーザーファーストを第一に考えるということです。

かつてのSEO対策では、ユーザーよりも検索エンジンに気に入られることが重要とされていました。一方で、現在のSEO対策では、ユーザーが求めているものを提供することが第一という考え方です。ユーザーファーストの記事を公開することで、検索エンジンから評価されることが期待できるでしょう。ここでは、SEOのコンテンツの質を決める要因を解説します。

ユーザー行動

SEOコンテンツの質を決める1つ目の要因は、サイト内でのユーザー行動です。ユーザー行動の中で特に重要とされているのが以下の2点です。

  • サイト滞在時間
  • 直帰率

これらのデータはGoogleアナリティクスというツールで確認することができます。サイト滞在時間は、そのコンテンツがユーザーにとって有益なものかどうかを示す指標のひとつです。サイト滞在時間が長ければ長いほど、検索エンジンの評価が上がるといわれています。

直帰率はそのページを開いた後、同じサイト内の他のページへ遷移することなく離脱したユーザーの割合のことです。直帰率が低ければ低いほど、検索エンジンの評価が上がるといわれています。

上記2点を踏まえて、質の高いSEOコンテンツの条件を考えてみると、以下のようなことがいえるでしょう。

  • ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツを作る
  • サイト内の回遊率を上げるために内部リンクを活用する
  • サイト内のデザインや表示スピードを向上させる

上記の点に気をつけて、記事を作成していく必要があります。

網羅性

SEOコンテンツの質を決める2つ目の要因として、網羅性が挙げられます。網羅性とは、記事が検索キーワードに関するあらゆる情報を網羅しているかどうかということです。網羅性が満たされているコンテンツは、検索エンジンにEAT(専門性・権威性・信頼性)があると判断されます。

例えば「SEO」という検索キーワードで網羅性を満たすためには、SEOの基礎知識や具体的な対策方法など、あらゆる情報をコンテンツに盛り込む必要があります。

文字量

文字量もSEOコンテンツの質を高める上で重要な要因といえます。ただし、ただ単に文字量を増やせばよいというものではありません。コンテンツの文字量を決める際には、対策したいキーワードで実際に上位表示されている競合サイトの文字量を参考にします。

例えば「SEO」というキーワードでコラム記事を作成するケースで考えてみましょう。実際にSEOというキーワードで検索を行い、上位サイトの文字量を調べてその平均文字量を算出します。その文字量が当該キーワードで上位表示するために必要な文字量であると考えられます。

かつては、長文コンテンツを書くことがSEO対策とされていた時代がありました。対して現在では、長文の読みにくさがユーザーファーストを阻害する要因とされているため、それほど評価に影響しません。コンテンツを作成する際には、競合サイトの文字量を調査するようにしましょう。

キーワードの比率

コンテンツ内のキーワードの出現比率もコンテンツの質を高める要因のひとつですが、文字量と同様にキーワードの出現比率が高ければよいというものではありません。対策キーワードで実際に検索して、上位サイトの比率を参考にするのもひとつの方法といえるでしょう。キーワードの出現比率を調べられるツールもあるため、うまく活用することが大切です。

一方で、キーワードの出現比率が高すぎるとペナルティを受ける可能性がある点には注意が必要です。コンテンツの質は高いのに順位が上がらない場合は、キーワードの出現比率が高すぎていることが考えられます。

画像

画像はテキストでは伝わりにくい情報を直感的に伝えたり、コンテンツにメリハリを与えたりしてくれるものです。ユーザーの利便性を高めることは、コンテンツの質を高めることにつながります。また、画像自体が検索対象のひとつでもあるため、画像検索での上位表示を狙ってサイトへ集客することも可能です。

画像をコンテンツに使う際のポイントは、以下の通りです。

  • コンテンツに関係する画像のみ掲載する
  • 画質やサイズを最適化して表示スピードを高める
  • alt属性の設定をする

画像最適化による表示スピードの向上は、重要なSEO対策のひとつです。「PageSpeed Insights」といったツールを活用して、ページの表示速度をこまめに測るようにしましょう。

オリジナル要素

他のコンテンツにはないオリジナル要素を加えることで、SEOコンテンツの質を高めることができます。オリジナル要素をコンテンツに加える際には、一次情報を盛り込むことを意識してみましょう。

一次情報とは自社で集めたデータや経験、考えなどのことです。自分たちの力で生み出した一次情報は、他サイトにはまねすることができないオリジナル要素になるといえます。

また、検索意図について深く考えるのもオリジナル要素を見つける方法のひとつといえるでしょう。SEOコンテンツの質を高めるオリジナル要素とは、検索ユーザーの潜在ニーズを満たすものです。現在の検索上位記事では解決できない検索ユーザーの悩みを考えて、オリジナル要素を見つけていきましょう。

SEOコンテンツの改善例

ここまでSEOコンテンツの質を高める要因について解説してきました。それでは実際にユーザーファーストを意識してSEOコンテンツの質を高めるためには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。

ここでは、SEOコンテンツの質を高めるための具体的な改善例について解説します。どれも汎用性が高い例ですので、自社サイトのコンテンツを改善する際の参考にしてみてください。

答えを明確にする

SEOコンテンツの質を改善するために重要なことは、ユーザーの求めている答えを明確にすることです。ユーザーとは、検索ユーザーのことを指します。ユーザーが抱えている悩みを解決するコンテンツを作り、ユーザーの検索意図に応えることを目指します。

検索意図を明確にするためには、ユーザー視点に立ってコンテンツを作る必要があります。検索意図を明確にするためにも、ペルソナを設定することが大切です。

ペルソナとは、検索ユーザーの具体的な人物像のことです。年齢や職業だけでなく、価値観や性格、趣味、家族構成など、実在の人物であるかのように、具体的に設定します。ペルソナを設定することで、検索意図をより明確に分析することが可能です。

情報量を増やす

情報量を増やすこともSEOコンテンツの質を高める改善策のひとつです。自社コンテンツの検索順位が上がらない場合、単純に情報量が足りていない可能性があります。

一方で、記事単体の情報量はあるにもかかわらず検索順位が上がらないケースもあります。その場合は、サイト全体の情報量が少ないことが考えられるでしょう。記事単体の網羅性を意識することだけでなく、サイト全体の網羅性も意識しておく必要があります。

コンテンツを増やすことは、自社サイトへの入り口を増やすことにつながります。自社サイトのコンテンツが少ない場合は、他社サイトやサジェストキーワードを参考にして、コンテンツの量を増やしていきましょう。もちろん、質の高さを維持することが大切です。

リンクを充実させる

SEOコンテンツの内容を改善しても検索順位が上がらない場合、リンクを充実させることを意識してみましょう。適切に貼られたリンクはSEOコンテンツの質を高めてくれます。

リンクには以下の2種類があります。

  • 内部リンク
  • 外部リンク

内部リンクとは、自社サイト内の別のページへ遷移するリンクのことです。内部リンクを貼ることでサイト滞在時間を延ばすことができます。

対して外部リンクは、他サイトへ遷移するリンクのことです。外部リンクに関してはこちらから貼るだけではなく、他サイトから貼ってもらうことが重要といえます。

内部リンク・外部リンクともに、コンテンツの内容と関連のあるページへのリンクを貼ることが大切です。何となく貼るのではなく、関係性のあるリンクを貼るようにしましょう。

読みやすい文章にする

読みやすい文章を心がけるのもSEOコンテンツの質を高める改善方法です。読みやすい文章はユーザーの満足度を高め、サイト滞在時間を延ばしてくれます。

読みやすい文章を作るポイントとして、以下の点が挙げられます。

  • 結論を最初に書く
  • 1文を短くする。
  • 1文につき1つの情報のみ盛り込む
  • 語尾を変化させる
  • 難しい漢字を使用しない

また、文章を装飾することで読みやすくすることも可能です。具体的な方法としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 太字やマーカーを使用して強調する
  • 箇条書きを活用する
  • 文字の色や大きさを適切なものにする

SEOコンテンツの質を高めたいならプロに任せよう

SEOコンテンツの質を高めるためには、SEOに関する豊富な経験と知識が必要です。また、情報や対策方法は日々更新されていくものであり、かつて通用した手法が現在でも通用するとは限りません。そのため、適切なSEO対策を行うためには人材育成を行う必要があります。

しかし、会社によってはそこまで費用や時間を費やせない場合もあるでしょう。そのような場合には、SEO対策専門の業者に外注するのがおすすめです。

弊社シンプリックではコンテンツ制作を承っております。各分野の専門知識と経験が豊富なライターを多く抱えているため、各顧客に適したライターをアサインすることが可能です。コンテンツ制作を検討している企業様は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクにつ…

  2. search-engine

    SEOとリスティング広告の違いや運用の判断基準。リスティング広告はSE…

  3. ページ エクスペリエンスによってSEOのランキング方式が変更。21年8…

  4. man-pc

    【2021年最新】SEOで最適なタイトル(title)の文字数とSEO…

  5. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  6. SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解…

  7. women-typing

    SEO記事制作のおすすめ代行会社8選!外注するメリット・デメリットや相…

  8. web-search

    Google検索結果に表示されるタイトルはどのように生成される? 最新…

PAGE TOP