• SEO対策
  •    

SEOコンテンツの質は何で決まる?8つのチェック項目と改善方法を公開!

昨今のSEOにおいて、コンテンツの質は非常に重要視される評価内容の1つです。「コンテンツの質がSEOに影響する理由は?」「どのようなコンテンツなら質が高いと評価される?」とお悩みのWeb担当者は多いでしょう。

この記事では、SEOに質が求められる背景やコンテンツの質を定める指標、またWeb担当者がコンテンツの品質管理を行う上で取り入れられる具体的な改善方法を詳説します。コンテンツの品質向上に活用できるガイドとして、ぜひ参考にしていただきたい内容です。

SEOコンテンツに質が求められるのはなぜ?

数あるWebマーケティング手法の中でも、SEOはユーザーのアクションが始点となるマーケティングです。SEOで成果を出すためには、ユーザー目線で満足度の高いコンテンツであることが求められます。

ユーザーは、知りたい情報や見たいものなどがあって「検索」というアクションを起こします。そのため、ユーザーの求めるものがないコンテンツは必要とされず、すぐに他の情報を求めてページから離脱されてしまいます。

近年の検索エンジンは、こうしたユーザーの行動をコンテンツの評価基準としています。ユーザーに読まれるページほど高く評価され、検索結果の上位に表示されやすくなります。

ユーザーにページを最後まで読み進めてもらうためには、コンテンツがユーザーの目的を果たすだけでなく、「続きをもっと読みたい」と思わせる内容であることが重要です。つまり、ユーザーの需要を満たし、付加価値を生むようなコンテンツであることが求められるのです。

このような背景から、本記事では質の高いSEOコンテンツ=ユーザーの満足度が高いコンテンツとして取り扱います。

質の高いSEOコンテンツに必要なこととは?8つのチェック項目

ユーザーの目的を果たし、満足感をもたらすコンテンツはどのように作ればよいのでしょうか。ここではSEOコンテンツの質の高め方について、Googleの発表している「質の高いサイトの作成方法についてのガイダンス」をもとに解説します。

SEOコンテンツに求められる品質は、以下の8項目にまとめられます。

  1. 信頼性が高くユーザーが安心できる内容であること
  2. 豊富な知識を持つ人物によって詳しく書かれていること
  3. 似たような記事を量産していないこと
  4. 語弊がなく読みやすい文章であること
  5. オリジナリティがあり競合のコンテンツと差別化されていること
  6. ユーザーニーズを満たし、価値のある情報を提供していること
  7. 過不足なく適切なボリュームで制作されていること
  8. ユーザーに不満や不快感をもたらす内容になっていないこと

順に詳しく見ていきましょう。

1.信頼性が高くユーザーが安心できる内容であること

ユーザーがSEOコンテンツに求める質として、まず挙げられるのが内容の信頼性です。何らかの情報を求めて検索しても、アクセスしたページに誤ったことが記載されていれば、ユーザーの目的を果たすことはできません。情報が正確であることはもちろん、公平な目線で書かれた内容であることも大切です。

また、コンテンツだけでなく、Webサイト全体の信頼性も重視されます。ユーザーに安心感を与えるサイト名であることや、個人情報・クレジットカード情報などを登録することに抵抗を覚えないセキュリティ性を有していることなど、ユーザーが安心して利用できるサイトとしましょう。

さらに、医療関連のコンテンツを取り扱う場合、Webサイトの信用性が重要です。次項で詳説する通り、発信するサイトそのものが順位に影響を及ぼすと考えられています。

いずれの場合においても、ユーザーにとって有益なコンテンツにするためには、情報の正確性は最低限必要といえるでしょう。

2.豊富な知識を持つ人物によって詳しく書かれていること

SEOコンテンツは、記事の内容について豊富な知識を持つ専門家や経験者、一般論だけでなく具体的な情報を持つ愛好家などによって書かれているのが望ましいでしょう。ライターの「生きた知識」によって執筆されたコンテンツは、ユーザーにとって学びがあり、かつ実用的です。

一方、ジャンルに対する知識や経験が乏しく、リサーチスキルも低いライターによって執筆されたコンテンツは、内容が薄く抽象的になってしまうことがあります。そうしたコンテンツを発信しても、ユーザーに満足感を与えることはできません。

また、昨今のSEOにおいては、コンテンツの内容とWebサイトで取り扱われる業務の関連性が検索順位に影響するといった見方もあります。コンテンツとサイトの親和性が高いほど検索エンジンに評価される可能性があるため、今後ますます「発信すべきコンテンツ」の見極めが重要になると考えられます。

3.似たような記事を量産していないこと

SEOコンテンツは、継続的にある程度の本数を発信することで上位表示の可能性が高まると考えるのが一般的です。しかし、既存コンテンツと同じ内容になるようなキーワードを選定し、言い回しを少し変えただけの重複コンテンツを量産することは、昨今のSEOにおいて得策ではありません。

Webサイト内で重複するコンテンツは、SEOにおいて以下のようなデメリットをもたらします。

  • ユーザーがどのページを読むべきか分からなくなる
  • 検索エンジンがキーワードに対しどのページを表示すべきか迷う

また、アクセスしたユーザーがサイト内の複数のコンテンツを参照したとき、どのページを見ても同じような情報しか得られなければ、すぐに離脱してしまうでしょう。こういったユーザー行動も検索順位に影響します。

4.語弊がなく読みやすい文章であること

誤字や脱字、スペルミス、言葉の使い方の誤りなどは、些細なミスであってもユーザーにストレスを与え、コンテンツの信頼性を失う要素になり得ます。そのため、SEOコンテンツ制作に際しては、適切な編集と品質管理が必要です。

また、情報はユーザーに過不足なく伝わってこそ正確性を持ちます。文章の読みやすさ・伝わりやすさはSEOコンテンツの質を高めるために欠かせない要素です。

正しい情報であっても、わずかな言い回しや語順の違いで語弊を生むことがあります。また、日本語には単体で複数の意味を持つ言葉が多いため、言葉の選び方によっては読み違えやすい・紛らわしい表現になってしまうことにも注意が必要です。

文章の読みやすさには「受け入れやすさ」という視点もあります。例えば、初心者向けの記事で難しい専門用語を多用した場合、ユーザーはその記事を読むだけでは知りたい情報を理解できず、ページから離脱してしまうでしょう。さらに、差別的な表現や不快な表現など、ユーザーの心情に負担をかける文章もコンテンツの質に影響します。

コンテンツを発信する際は、そのページを訪れてほしいユーザーに対し、伝わりやすく受け入れられやすい文章を心がけましょう。

5.オリジナリティがあり競合のコンテンツと差別化されていること

高度な専門性を持たないジャンルのコンテンツの場合、ユーザーの求める情報を盛り込んで制作すると、競合となるコンテンツの内容と似通ってしまうことが多々あります。しかし、すでに存在しているコンテンツはユーザーにとって目新しさがなく、注目を集めることは難しいでしょう。

このようなケースでは、コンテンツと関連する独自情報を取り入れることが有効です。例えば、自社で行っている調査や分析などのレポートを共有すれば、他にない魅力的なコンテンツとして評価を高められる可能性があります。

また、情報自体は競合と同じでも、独自のノウハウや見解を織り交ぜたり、自社で取り扱った過去の事例を挙げて紹介したりと、オリジナリティを出す工夫にはさまざまな方法があります。

6.ユーザーニーズを満たし、価値のある情報を提供していること

SEOにおいて最も重要なことは、ユーザーの求めていることに応え、読んだ人に価値をもたらすコンテンツを制作することです。上位表示を意識するあまり、ユーザーの期待を裏切るような品質の低いコンテンツになってしまうことは避けなければなりません。

検索エンジンがコンテンツの価値を決定する指標の1つとして、他サイトからの自然な被リンクが有効であることは周知の通りです。また、近年ではSNSによるシェア数も順位に影響している可能性があるといわれています。

こうした「拡散」の力を味方に付けるためには、これまで以上にユーザーの納得感や共感を生むコンテンツの制作が必須になるでしょう。ユーザーの求める価値とは何か、キーワードごとに深く考察して制作にあたる必要があります。

7.過不足なく適切なボリュームで制作されていること

一般的に、情報量が豊富なコンテンツは上位表示されやすいと考えられています。実際、コンテンツ制作時に上位サイトの文字数を調査し、それらを上回る文字数のコンテンツを作ろうと考える人は多いでしょう。

しかし、近年のSEOにおいては、単純な文字数の多さは検索エンジンにとって重要な評価基準でなくなっている可能性があります。

Googleのコアアルゴリズムは、すでにユーザー行動を詳細に読み取れるようになっています。そのため、「ページが読了されている」「他のページも読まれている」といったコンテンツの有用性が、より重要な指標として置き換わっていると考えられるのです。

ユーザーの検索意図から逸れるような情報や、冗長な表現によって文字数を増やしたコンテンツでは、かえってユーザー行動を悪化させるかもしれません。

キーワードに対し必須の情報は網羅的に提供し、ユーザーにとって有用な情報や興味深い情報を盛り込んだコンテンツであれば、競合ページより少ない文字数でも上位表示できる可能性が十分にあるといえます。

8.ユーザーに不満や不快感をもたらす内容になっていないこと

先述の7項目を意識していれば、ユーザーの満足度が高い良質なSEOコンテンツを制作できるでしょう。しかし、制作後はあらためてユーザーに不満や不快感を与える部分がないか確認することが大切です。

例えば、ユーザーが注意を逸らされてしまうほど大量、あるいは大きな広告が表示されるようでは、いくら質の高いコンテンツを提供していてもユーザーが不満を感じる原因となります。また、情報や用語解説の不足、読み込みの遅さ、不自然なほど多いページ分割などもユーザーの不満につながります。

サイトを訪れたユーザーにとって親切なコンテンツ・Webサイトになっているかどうか、注意深く確認することが大切です。

SEOコンテンツの質を高めるための具体的な改善方法

続いて、既存のSEOコンテンツの質を高めるために取り入れたい施策を紹介します。

ペルソナを洗い直す

既存のSEOコンテンツで思うように集客が行えていない場合、制作時のペルソナ設計に課題があるケースが考えられます。

まずは、記事を読んでもらいたい人物像をあらためて明確にしましょう。伝えるべき相手がはっきりしない状態で書かれた記事は、誰の心にも響かない表面的なものになりがちです。特に、自社の商品やサービスへ誘導するコンテンツの場合、購入・利用の決裁権がある人に向けた言葉の調整が必要です。

また、対策キーワードで現在上位表示されているページが、想定するペルソナに向けた内容であるかどうかも確認しましょう。上位サイトからは実際のユーザー層が読み取れます。自社のペルソナと実際のユーザー層にイメージの乖離が発生している場合、キーワードから見直さなければなりません。

対策キーワードに対する答えを明確にする

ユーザーの満足度が低いSEOコンテンツの代表例として、ユーザーの検索意図に対し明確な答えを出せていない、あるいは伝えられていないものが挙げられます。

答えを明確化し、ユーザーに対し適切に伝えるためには、コンテンツの構成を見直すことが有効です。まず、対策キーワードに対する答えや結論となる情報は、コンテンツの前半で取り上げましょう。

アクセスしてきたユーザーの疑問や悩みを速やかに解決することで、そのページが有用であることをユーザーに示せます。明確な答えを出した上で伝えたい話題を展開すると、スムーズに読み進めてもらえる可能性が高まるでしょう。

また、一貫性のある文章になっているかどうかも確認が必要です。特に「重要なことは何か」「どうすればよいか」といった主張や提案がぶれると、ユーザーは混乱してしまいます。

キーワードに対する回答を主軸とした構成・文章になるよう改善すれば、解決力のある良質なコンテンツとして発信することが可能です。

有識者による解説や独自要素を盛り込む

既存コンテンツの情報量を増やして順位向上を狙う場合、単純な文字数の増量が有効かどうかはよく精査したいポイントです。誰でも知っているようなことや他のページで紹介している情報を追加するだけでは、ユーザーの満足度を高めることにつながらず、リライトの効果が出にくくなる可能性があります。

情報を追加するときは、他社との差別化を図る施策を同時に取り入れるのがよいでしょう。有識者による解説や自社ならではの情報などを追加することで、ユーザーに対し新たな価値を提供できます。

<h3>文章を読みやすくする</h3>

既存コンテンツを改善するには、全体のリライトが有効です。ユーザーに伝わりづらい表現を調整し、情報の順序を見直すことで文章を読みやすくしましょう。内容を理解しやすいコンテンツはユーザーがストレスなく読了できるため、Googleの評価を高められる可能性もあります。

また、近年のSEOでは情報の更新性が1つの指標とされており、定期的にリライトされるコンテンツは評価を受けやすい傾向にあります。

文章のブラッシュアップはもちろん、古い情報の更新や内部リンクの追加など、コンテンツのリライトで行えることは多岐にわたります。定期的にコンテンツの品質を高め、最新のユーザーニーズに沿った情報発信を心がけましょう。

SEOの効果を引き出すためには高品質なコンテンツ制作を!

SEOコンテンツは、ユーザー行動によって評価されています。そのため、質を高めて多くのユーザーに必要とされるコンテンツを発信することが、SEOで成功するための近道ともいえるのです。

新規コンテンツの質にこだわって制作することはもちろん、既存コンテンツも定期的に更新し、サイト全体で品質管理を行いましょう。

シンプリックは、質の高いコンテンツ制作にこだわりと実績を持つ、SEOに強いWeb編集プロダクションです。新規コンテンツ制作から既存コンテンツのリライトまで、「ユーザーに届くこと」を目的としたご支援を承っております。SEOコンテンツの品質管理にお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. man-pc

    【2021年最新】SEOで最適なタイトル(title)の文字数とSEO…

  2. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  3. seo-number-of-articles

    SEOと記事数は関係ある?SEO効果の高い記事の増やし方も解説

  4. ロングテールキーワード探し方

    ロングテールキーワードの探し方を解説|成果目標に合わせてどうキーワード…

  5. seo-brock

    サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 更新頻度だけを重要視するリス…

  6. search-engine

    SEOとリスティング広告の違いや運用の判断基準。リスティング広告はSE…

  7. PCの前で悩むビジネスマン

    SEO対策の費用対効果は?SEO対策の種類や料金体系についても解説

  8. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

PAGE TOP