• SEO対策

SEOコンテンツで重要な「質」とは?質の高いコンテンツの作り方を完全公開!

本記事のようにSEOを目的として作成するコンテンツにおいて、「質」は間違いなく重要です。質の高いコンテンツを作ることで狙った検索キーワードでの上位表示を実現でき、その結果サイトに多くのアクセスを集められます。

しかしこれからSEOに取り組もうとしている方、またすでに取り組んでいるが成果が出ず悩んでいる方の多くは、以下のような悩みを持っています。

  • コンテンツの「質」とは具体的になにか、いまいちわからない
  • なぜSEOにおいてコンテンツの「質」が重要と言われているのかわからない

狙った検索キーワードで上位表示を実現し、サイトに多くのアクセスを集めるSEO成功の鍵は、コンテンツの「質」にあります。そのため質の重要性や、質を上げるための具体的な方法を理解したうえでSEOに取り組まなくてはいけません。

本記事ではSEOコンテンツの「質」とはなにか、また「質」の重要性と質の高いコンテンツを作るためのポイントを紹介します。そのため本記事を読めば、「SEOで成果を出すためには、必ず質の高いコンテンツを作り続ける必要がある」ということを理解でき、自信を持ってコンテンツ作成に取り組めるようになります。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEOコンテンツの「質」とは?


それではまず、SEOコンテンツの「質」とはなにかを解説します。実際のところ、本記事を読んでいる多くの方が「質の高いコンテンツを作らないと、成果を得られない」ということを「なんとなく」理解できているかと思います。

しかしコンテンツの「質」とはどんなものかが具体的にわかっていないと、質の高いコンテンツは作れません。

質の高いコンテンツとはなにかを一言でいうと、「検索ユーザー(読者)の満足度が高く、検索エンジンから評価されるコンテンツ」です。ここで「検索ユーザー」と「検索エンジン」という2つの対象が出てきました。特に重要なのは「検索ユーザー」であり、検索ユーザーの満足度が高いコンテンツを作成することで検索エンジンからの評価を上げられます。

しかし「検索エンジンから評価されやすいコンテンツに仕上げる」という観点も、忘れてはいけません。「検索ユーザー」と「検索エンジン」の双方から満足・評価されるコンテンツが、質の高いコンテンツです。この2つの対象について、それぞれ詳しく解説します。

検索ユーザー向けの「質」


検索ユーザーとは、「検索エンジン経由でコンテンツに訪れるユーザー」のことです。単純に「記事の読者」とも言い換えられますが、コンテンツを多くの人に読んでもらうためには「検索エンジン経由のユーザー」であることを強く意識する必要があります。

なぜならコンテンツに訪れる方のほとんどは、GoogleやYahoo、bingなどの検索エンジン経由で訪れるからです。そしてこの検索ユーザーに満足してもらえるコンテンツを作成することが、最も重要です。

検索ユーザーに満足してもらえるコンテンツとは、「検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツ」です。検索ユーザーが何かキーワードを入力して検索し、検索結果に表示されたページを開く際、その裏には必ず何かしらの「検索意図(検索した理由)」が存在します。

この検索意図を満たすコンテンツが「質の高いコンテンツ」です。逆にどれだけ文字数が多く、図表や装飾をたくさん使って読みやすくわかりやすく仕上げたとしても、それが検索ユーザーの検索意図を満たさないものであれば、質の高いコンテンツであるとはいえません。

検索意図について、例えば「iPhone 安く買う方法」というキーワードで検索するユーザーは、「iPhoneをできるだけ安く買う方法が知りたい」という検索意図を持っていると推測できます。また更に深堀って考えると、以下のような検索意図を持っているとも推測できます。

iPhoneをできるだけ安く買いたい。でも「安ければなんでもいい」というわけではなくて、品質が優れたiPhoneを買いたい。単純に「どの店舗で買うと安いか、どのキャリアのものを買うのがおすすめか」という情報だけではなくて、キャンペーンなど最新情報を盛り込んだ情報も知りたい。

実際に「iPhone 安く買う方法」というキーワードで検索すると、上記のような検索意図を満たすコンテンツが検索上位に表示されます。


上の画像で検索順位が1位の「iPhoneを安く買う5つの方法」というタイトルのページを開くと、以下のように図表や装飾がふんだんに使われており、知識の浅い検索ユーザー(読者)でも理解できるよう「読みやすくわかりやすい」コンテンツになっていることがわかります。


狙った検索キーワードでの上位表示を狙う「SEO」には、コンテンツを上位表示させるためのさまざまなテクニックが存在します。しかしそんなテクニックよりも重要なのが、「検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成する」ということです。

検索エンジンのシェアの大半を占めるGoogleも、どんなコンテンツを検索結果で上位表示させるかを示す「Googleが掲げる10の事実」というドキュメント上で、以下のように言及しています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

Googleが掲げる10の事実

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という一文が示しているのは、「検索ユーザーのことを第一に考えて、検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成することに注力すれば、SEOの細かいテクニックを使う必要はない」ということです。

またここまでは「ある一つのコンテンツ」についての話をしてきましたが、検索ユーザーの満足度を考えると「コンテンツの発信元であるサイト全体」の質も重要であるといえます。少しわかりづらいかと思いますので、順を追って説明します。

まず先ほど、「iPhone 安く買う方法」というキーワードで検索した際の上位表示コンテンツを紹介しましたが、これらのコンテンツは全て「iPhone周辺領域の膨大なコンテンツが掲載されているサイト」から発信されています。以下、検索結果の1ページ目に表示されている上位10個のコンテンツと、発信元のサイト情報をまとめました。

順位タイトル発信元サイトサイトの概要
1iPhoneを安く買う5つの方法【最新iPhone14も3万円代で買える】MOBA LIFEおすすめのWiFi・ポケット型WiFi・モバイルルーター・格安SIM・格安スマホ・ネット/光回線などを紹介する通信情報サイト
2【2023年5月】iPhoneを最も安く買う方法!最新価格を徹底比較 – iPhone14やSIMフリーは安い?Selectra格安SIMやiPhoneに関する情報を発信
3iPhoneを安く買う方法2023。今どこで買うべきかわかります正直スマホスマホに関する情報を発信
4【2023年5月】iPhoneを安く買う方法~新品・中古品等どこで買えば良いの?~BCN回線Wi-Fi、SIM、携帯、光回線などに関する情報を発信
5【2023年版】iPhoneを安く買う方法まとめ!SIMフリーのiPhone13/14を最安購入できる格安SIM劇場格安SIMに関する情報を発信
6【2023年5月】iPhoneを安く買う裏技6選!最新iPhone14は最安値4万円代?!新品・中古もお得に購入できる!すーちゃんモバイル比較格安SIMに関する情報を発信
7iPhoneを安く買う方法は5パターン!最新・型落ちモデルもお得に購入できる裏ワザを解説モバレコ毎日使うスマートフォン・ガジェット・インターネットをより快適に使うための情報を発信する通信ジャンルの総合メディアサイト
8iPhoneを一番安く買うには?型落ち・SIMフリーなど6つの方法を紹介くらべてネット回線、Wi-Fi、スマホなどに関する情報を発信
9iPhoneを安く買う方法・安い機種一覧!iPhoneはどこで買うのがお得?iPhone格安SIM通信スマホ・ネットを賢く選ぶための情報を発信
10iPhoneを安く買う5つの方法!SIMフリーiPhoneをオトクにゲットしようiPhone大陸携帯、SIM、回線などに関する情報を発信

上位表示されている全てのコンテンツが、「iPhone周辺領域の膨大なコンテンツが掲載されているサイト」から発信されていることがわかります。つまり「ある領域に特化したサイト内のコンテンツは、その領域に関連した検索キーワードで上位表示されやすい」ということです。

例えば弊社シンプリックはWebマーケティングの支援を行っている会社ですが、この運営サイトから「iPhoneを安く買う方法を徹底解説!」といったタイトルでコンテンツを作成するとします。しかし先ほど表で紹介した上位記事に引けを取らない質のコンテンツを作成したとしても、「iPhone 安く買う方法」のキーワードで上位表示される可能性はほとんどありません。


なぜなら、弊社のこのサイトは「Webマーケティングに関するコンテンツに特化したサイト」だからです。先ほど検索順位1位として紹介したコンテンツの発信元である「MOBA LIFE」のように、「iPhone周辺領域に特化したサイト」ではありません。逆に「MOBA LIFE」がWebマーケティングに関するコンテンツを発信しても、検索上位表示は獲得できません。

このように、「コンテンツ単体」だけでなく「サイト全体」として検索ユーザーに満足してもらうことが重要です。「ある領域に特化したサイトから発信された、検索ユーザーの検索意図を満たす質の高いコンテンツが、上位表示を獲得しやすい」ということを覚えておきましょう。

検索ユーザー向けに質の高いコンテンツを作り、検索エンジンで上位表示させてアクセスを集めるSEOを「コンテンツSEO」といいます。SEOにおいて最も重要なコンテンツSEOについて、以下の記事で解説しているためぜひ併せてお読みください。

コンテンツSEOとは?メリットや手順を徹底解説!

検索エンジン向けの「質」

先ほどもお伝えしたように、コンテンツの質において特に重要なのは「検索ユーザー向け」のものです。検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成することが、SEOで成果を出す(検索上位表示を獲得する)ために最も重要です。

しかし質の高いコンテンツを作成するためには、「検索エンジン向け」の観点も忘れないほうがいいです。「検索ユーザーの検索意図を満たす」ということ以外にも、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示されるコンテンツにはいくつかの共通点があります。

例えば以下の要素を満たさないコンテンツは、「検索ユーザー向け」には質の高いコンテンツだったとしても、「検索エンジン向け」には質の高いコンテンツであるとはいえません。

  • 上位表示を狙うキーワードをタイトルに入れる
  • 上位表示を狙うキーワードを見出しや本文中で積極的に使う
  • HTMLタグを適切に活用する

「HTML」とはサイトを作るための言語であり、Google Chromeであれば画面上で右クリックして、「ページのソースを表示」をクリックすると表示できます。


HTMLについてここでは一切理解する必要はありませんが、Googleなどの検索エンジンがコンテンツの内容を確認する際は、このHTMLを確認しています。そして検索エンジンにコンテンツの内容を正確に評価してもらうためには、ルールに則ってHTMLが記述されている必要があります。

しかしほとんどの場合、HTMLは最初から検索エンジンに評価されやすい記述になっているため、あまり気にする必要はありません。それよりも重要なのは、「狙うキーワードをタイトルに入れる」ということです。また狙うキーワードを見出しや本文中で積極的に使うことも重要です。

例えば本記事は「SEO コンテンツ 質」というキーワードで検索された際に上位表示させることを目的に作成しています。タイトルや見出しをよく確認すると、「SEO コンテンツ 質」で上位表示を狙っていることがわかるかと思います。

●タイトル
SEOコンテンツで重要な「質」とは?質の高いコンテンツの作り方を完全公開!
●見出し(大見出しのみ表示)
SEOコンテンツの「質」とは?
SEOコンテンツの「質」はなぜ重要か?
SEOコンテンツにおいて「量」は重要なのか?
質の高いコンテンツを作るためのポイント8選
ポイントを押さえて、質の高いコンテンツを継続的に作ろう!

「HTMLタグを適切に活用する」や「狙うキーワードをタイトルに入れる」などは、検索ユーザーの満足度とは関係なく、あくまで「検索エンジン向け」のものです。検索エンジン向けの「質」を上げるために、他にもさまざまなテクニックが存在します。

しかしそれらのテクニックを網羅的に理解して活用する必要はありません。「狙うキーワードをタイトルに必ず入れて、見出しや本文中でも積極的に使う」ということだけは覚えておくと良いですが、あとは検索エンジン向けのことは考えすぎずに、検索ユーザーにとっての満足度を追求しましょう。

弊社シンプリックは、検索ユーザーの満足度を最大化する質の高い記事作成を得意としています。SEO記事制作サービスでは、弊社が20年以上かけて蓄積してきたSEOのノウハウを最大限駆使し、狙ったキーワードで記事を上位表示させます。プロのSEOコンサルタントがノウハウを伝授しますので、まずは資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

SEOコンテンツの「質」はなぜ重要か?


SEOにおいて質の高いコンテンツとは、「検索ユーザー(読者)の満足度が高く、検索エンジンから評価されやすいコンテンツ」です。特に重要なのは「検索ユーザーの検索意図を満たすこと」であり、質の高いコンテンツを作ることはSEO成功の鍵といえます。

それではSEOのコンテンツにおいて「質」はなぜ重要なのでしょうか。質が低いコンテンツでは、なぜダメなのでしょうか。質が重要な理由は、以下の2点です。

  • 検索エンジンは、質の高いコンテンツを検索上位表示させる
  • 質の高いコンテンツは、お客様を作ってくれる

それぞれについて、詳しく解説します。

検索エンジンは、質の高いコンテンツを検索上位表示させる

コンテンツにおいて「質」が重要な理由として一番大きいのは、単純に質の高いコンテンツは検索エンジンで上位表示されやすいからです。逆に質の低いコンテンツをいくら量産しても、検索上位表示されず、アクセスが入らないため意味がありません。

狙ったキーワードでコンテンツが上位表示されれば、そのキーワードで検索した人のうち、多くの人にコンテンツを読んでもらえます。調査会社「seoClarity」の調査結果によると、あるキーワードにおいてGoogleで検索順位1位を獲得すると、検索者のうち「13.94%」の人がページにアクセスしてくれます。しかしこれが2位だと「7.52%」になり、10位だと「1.32%」まで下がります。

検索順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%
引用元:seoClarity「2021 CTR Research Study」


狙ったキーワードで検索上位表示を獲得し、多くの人にコンテンツを読んでもらうことで、読者の一定割合の人が問い合わせや資料請求などの「コンバージョン(売上に直結する成果)」のアクションを起こしてくれるかもしれません。

SEOの主目的である「狙ったキーワードでの検索上位表示の獲得」と「サイトにアクセスを集めてコンバージョンを獲得する」を実現するためにも、作成するコンテンツは質が高くないと意味がないのです。

「いや、別に質の低いコンテンツが上位表示されていることもあるでしょ!」

このように思う方がいるかもしれません。しかしある一定数以上、例えば月間で100回以上検索されているようなキーワードで、中身がペラペラの全く検索ユーザーの検索意図を満たしていないコンテンツが上位表示されることはほとんどありません。

例えば「カードローン おすすめ」というキーワードはたくさん検索されているキーワードであるため、このキーワードで上位表示されているコンテンツは軒並み質が高いです。


しかし「カードローン 中学生 即日 おすすめ 口コミ」という検索キーワードは誰からも検索されません。そのため検索結果を見ると、おそらくこのキーワードで検索した人の検索意図をピンポイントに満たすであろうコンテンツは、上位に表示されていません。


一昔前はGoogleの検索精度が低く、SEOのテクニックを施した中身がペラペラのコンテンツが上位表示されていることもありました。しかし今ではGoogleの検索精度が非常に高くなっており、上位表示されているコンテンツは軒並み質の高いコンテンツです。

また仮に質の低いコンテンツで「たまたま」上位表示されたとしても、それはほとんどの場合「一時的」なものです。中長期的に上位表示され続けることはほとんどないため、「質の低いコンテンツでも上位表示を獲得できるのでは?」という淡い期待は捨て去りましょう。コンテンツの作成時間が無駄です。

質の高いコンテンツは、お客様を作ってくれる

検索上位表示されることと関連していますが、質の高いコンテンツはお客様を作ってくれます。

ここでいうお客様とは「自社商品を購入したことのある方」を指します。検索ユーザーに対して検索意図を満たすコンテンツを届けて満足してもらえれば、検索ユーザー(読者)はコンテンツの発信元に対して愛着を持ちます。

コンテンツにより見込み客(自社の商品を将来購入してくれる可能性がある方)と「接触」し、検索意図を満たす情報提供、つまり価値提供を行うことにより、発信元の会社や取り扱っている商品に対して「興味」を持ってもらいます。そして興味を持ってくれている見込み客に対して自社商品を案内することで、「成約・購入」に結びつきやすくなります。

まず「接触」してから「興味」を持ってもらい、「購入・成約」につなげるというのはマーケティングの王道の流れです。コンテンツが検索上位表示されることにより「接触」できて、それが質の高いコンテンツであれば、「興味」や「購入・成約」の段階へと見込み客を導きやすくなります。

このように質の高いコンテンツはお客様を作ってくれる、つまり売上・利益をもたらしてくれるため、入念に時間をかけて作成するだけの価値があります。

SEOコンテンツにおいて「量」は重要なのか?

ここまでコンテンツの「質」について解説してきましたが、コンテンツの「質」について気になっている方の多くは、「量」について以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

  • 「質」はもちろん重要だろうけど、「量」も重要なのでは?
  • 質が低くても、たくさんコンテンツを作ればサイトにアクセスが入ってくるようになるのでは?

よく個人が運営しているブログで、「とりあえず100記事作ろう!」といったような量が重要であることを伝えるコンテンツを見ます。一方、「量よりも質が重要」という情報もたくさん見かけます。このようにさまざまな情報があふれているため、SEOに詳しくない方からすると何を信じればいいかわからなくなるでしょう。

「量」の対象としては、大きく以下の2つがあります。

  • 文字数
  • 本数

「文字数は多いほうが良いのか」と疑問に思う方は多いでしょう。本記事は1万文字以上あり、文字数は多い部類に入ります。逆に文字数は多くしすぎず、情報量をコンパクトにまとめたほうが良いと考えている方もいるかもしれません。

また「コンテンツはたくさん作ったほうがいいのか」というように、「本数」が気になる方もいるでしょう。そのため「文字数」と「本数」のそれぞれについて、順に解説します。

「文字数」は多いほうがいいのか?


まず「文字数」についてですが、結論「検索ユーザーの検索意図を満たすのに適切な文字数」とするのが正解です。少なすぎず多すぎず、適切な文字数のコンテンツにすることで、検索ユーザーに最後まで読んでもらえて、検索エンジンから評価(上位表示)されやすくなります。

適切な文字数といっても、「もっと具体的な目安が知りたい」と思うかもしれません。しかしジャンルや狙うキーワード、コンテンツの目的などによって適切な文字数は異なるため、具体的な目安を提示するのは難しいです。

ただし100文字程度など文字数が少なすぎるコンテンツは、基本的にどのジャンルで狙うキーワードがどんなものであっても、上位表示される可能性は低いです。なぜなら、文字数が少なすぎるコンテンツでは検索ユーザーの検索意図を十分に満たせない場合がほとんどからです。

例えば本記事は「SEO コンテンツ 質」という検索キーワードでの上位表示を狙っていますが、検索意図を「SEOにおけるコンテンツの質の重要性について知りたい」と推測して、以下のように100文字程度のコンテンツを作っても、ほぼ確実に上位表示されません。

SEOにおいて、コンテンツの「質」は重要です。なぜなら、質の高いコンテンツは検索エンジンで検索上位表示を獲得しやすいからです。そのため、コンテンツ作成においては必ず「質」にこだわりましょう。

一見検索意図を満たしているコンテンツのように思うかもしれませんが、検索上位表示されるコンテンツとは「網羅的に」検索意図を満たすものです。そのため本記事は、検索ユーザーの検索意図を「網羅的に」満たすために「何をどんな順番で、どのように伝えるべきか」をよく考えたうえで作成しています。

逆に「じゃあ文字数が多ければ多いほどいいのか」というと、それも違います。あくまで「検索ユーザーの検索意図を満たすのに適切な文字数」とするのが正解なのです。文字数において共通の目安は存在しませんが、最も参考になるのは「すでに上位表示されているコンテンツの文字数」です。

すでに上位表示されているコンテンツというのは、検索エンジンから「検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツである」と評価されているコンテンツであるため、これらのコンテンツの文字数を目安とするのがいいでしょう。

すでに上位表示されているコンテンツの文字数は、手動でも調べられますが、「ラッコキーワード」というツールを活用すると手間や時間をあまりかけずに調べられます。例えば「カードローン おすすめ」というキーワードについて、上位表示コンテンツの文字数を調べてみます。

まずサイトにアクセスするとキーワードの入力ボックスが表示されるため、「カードローン おすすめ」と入力して検索します。


次にサイドバーの「見出し抽出(上位20サイト)」のタブをクリックしましょう。すると、「カードローン おすすめ」というキーワードでGoogle検索した際の上位20サイトの情報が一覧表示されます。「文字数」の列で、各コンテンツの文字数を確認できます。


「カードローン おすすめ」というキーワードに対してコンテンツを作成する場合は、かなり多い文字数でないと検索ユーザーの検索意図を網羅的に満たせなさそうだなと判断できます。

  • 文字数は少なすぎても多すぎてもいけない。検索ユーザーの検索意図を満たすのに適切な文字数にする。正解はない
  • すでに上位表示されているコンテンツの文字数を目安にするといい

この2点はしっかり覚えておきましょう。

SEOと文字数の関係性については、以下の記事でも詳しく解説しています。

SEOに適した文字数とは?文字数決めの方法を完全解説!

「本数」は多いほうがいいのか?


次は「本数」、つまり「コンテンツの数」についてです。結論、本数は多いに越したことはありません。しかし一つ注意点があります。それは「質の高いコンテンツであることが前提」ということです。

以下の2点を肝に銘じ、コンテンツ作成に取り組みましょう。

  • 質の低いコンテンツをいくら量産しても、上位表示されずアクセスが入らないため、何の意味もない
  • 質の高いコンテンツをいかに増やしていくかが重要

質の高いコンテンツの作成には、多くの時間と手間がかかります。例えば本記事を作成するのにはほぼ終日時間がかかっており、コンテンツの内容によっては3日〜5日、それ以上の時間を要することもあります。

しかしコンテンツの「質」に妥協してはいけません。質の高いコンテンツを作成してもすぐに目に見える成果が出るわけではありませんが、中長期的には検索上位表示を獲得し、アクセスを集めるコンテンツとなる可能性が十分にあります。

また「質の高いコンテンツと低いコンテンツを両方増やしていくことで、とにかくサイト内のコンテンツ量を増やす」という方法をとっている企業もありますが、これはおすすめしません。なぜなら、質の低いコンテンツはそれ単体で効果をもたらさないだけでなく、サイト全体の検索エンジンからの評価を下げる可能性があるからです。

いくら質の高いコンテンツとはいえ、サイト内のコンテンツ数が1〜3個など少ない場合は上位表示されづらいのも事実です。またコンテンツ数が少ないと上位表示を獲得できる検索キーワード数も少なくなります。

以下のメリットを得るために、質の高いコンテンツを増やすことに注力しましょう。

  • サイト全体の評価を上げ、サイト内のあらゆるコンテンツが上位表示されやすいようにする
  • 狙ったキーワードでの上位表示を獲得する
  • 多くのキーワードで上位表示を獲得することにより、莫大な数のアクセスを集める

SEOと記事本数の関係性については、以下の記事でも詳しく解説しています。

SEOと記事数は関係ある?SEO効果の高い記事の増やし方も解説

質の高いコンテンツを作るためのポイント8選

ここまで、質の高いコンテンツとは何か、また「質」と「量」の重要性について解説しました。次に「質の高いコンテンツを作るためのポイント8選」を、Googleが公式に発表している「質の高いサイトの作成方法についてのガイダンス」を元に紹介します。

検索ユーザーの検索意図を満たす質の高いコンテンツを作るために、特に重要なポイントに絞って紹介しているため、ぜひガイドラインとして活用していただければと思います。

また弊社シンプリックでは現在、質の高いSEO記事を作り集客を成功させたいWeb担当者様向けに「SEO対策の無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「成果の出るSEO記事の作り方」や「SEOで成果を出すためのポイント」を伝授しますので、ぜひお申し込みください。

ポイント1:信頼性が高くユーザーが安心できる内容であること

検索ユーザーがコンテンツに求めるものとして、まず挙げられるのが「内容の信頼性」です。検索してたどり着いたコンテンツに間違った情報が載っている場合、どれだけ情報量が充実していたとしても、そのコンテンツは信頼性が低いコンテンツとみなされます。

情報の正確性はもちろん、主観をまるで事実かのように述べるようなことも避けましょう。あくまで「検索ユーザーの検索意図を満たすこと」を第一に考えて、公平・公正な視点で情報を発信しなくてはいけません。

またコンテンツ単体だけでなく、サイト全体の信頼性も重要です。仮にサイト上で個人情報・クレジットカード情報などを登録しても違和感・抵抗がないような、安心できるサイト作りを行いましょう。

ポイント2:豊富な知識を持つ人物によって詳しく書かれていること

SEOにおけるコンテンツは、豊富な知識を持つ専門家など、一般論だけでなく具体的な情報提供が可能な人が作成するべきです。ライターの「生きた知識」を元に執筆されたコンテンツは、ユーザーにとって学びが多く、実用的なものになります。

一方、執筆コンテンツのジャンルに関する知識や経験が乏しいライターによって執筆されたコンテンツは、内容が薄く抽象的なものになってしまいます。そのようなコンテンツでは、検索ユーザーを十分に満足させられません。

またコンテンツと発信元サイトの親和性・関連性が高いほど、検索エンジンにより高く評価される傾向があります。そのためサイトから発信するコンテンツのジャンルに精通している人が、専門性の高いコンテンツを作成することが望ましいです。

ポイント3:似たような記事を量産していないこと


コンテンツを「継続的に」発信することで、サイトの検索エンジンからの評価が高まります。しかしすでに発信したものと内容が同じようなコンテンツ(重複コンテンツ)を作成すると、どちらのコンテンツも上位表示されなくなる可能性が高いです。

重複コンテンツには、以下のようなデメリットがあります。

  • 検索ユーザーが自らの検索意図を満たすために、どちらのコンテンツを読むべきかわからなくなる
  • 狙った検索キーワードにおいて、検索エンジンがどちらのコンテンツを上位表示させるか迷い、結果的にどちらも上位表示されなくなる

また重複コンテンツが多いと、検索ユーザーから「このサイトは同じような内容のコンテンツばかり発信している」と思われ、サイトに再訪問してくれなかったり、すぐにサイトから離脱されたりといったことが増えます。このようなユーザー行動は、サイトの検索エンジンからの評価を下げることにつながります。

ポイント4:語弊がなく読みやすい文章であること

誤字脱字、スペルミス、言葉の使い方の誤りなどは、些細なミスであってもユーザーにストレスを与え、コンテンツの信頼性を失う要因になります。そのためSEOコンテンツの作成に際しては、語弊がなく読みやすい文章とすることが重要です。

正しい情報であっても、少しの言い回しや語順の違いで語弊を生むことがあります。また日本語には単体で複数の意味を持つ言葉が多いため、言葉の選び方によっては読み違えやすい・紛らわしい表現になってしまう可能性があることにも注意が必要です。

文章の読みやすさには「受け入れやすさ」という点も重要です。例えば初心者向けの記事であるにもかかわらず難しい専門用語を多用した場合、検索ユーザーはそのコンテンツを読むだけでは内容が理解できないため検索意図を満たせず、ページから離脱するでしょう。

そのためコンテンツを作成する際は、検索ユーザーに「伝わりやすく受け入れられやすい」文章にすることを心掛けるべきです。

ポイント5:オリジナリティがあり競合のコンテンツと差別化されていること

すでに上位表示されているコンテンツ(競合コンテンツ)を参考にしてコンテンツ作成を行う場合、競合コンテンツと似通った内容になることがあります。しかしそのような競合コンテンツと似通ったコンテンツは、検索ユーザーにとって目新しさがなく、「他のコンテンツで知れる情報しか載ってないから、有益でない」と思われるかもしれません。

競合コンテンツを参考にすることは非常に効果的ですが、必ず自社独自のオリジナリティを入れるようにしましょう。自社で行っている独自調査・分析レポートなどを発信すれば、競合にはない魅力的なコンテンツとして評価を高められるかもしれません。

また情報自体は競合と同じでも、独自のノウハウや見解を織り交ぜたり、自社で取り扱った過去の事例を挙げて紹介したりなど、オリジナリティを出すのにはさまざまな方法があります。

ポイント6:ユーザーニーズを満たし、価値のある情報を提供していること

SEOで成果を出すために最も重要なことは、検索ユーザーの検索意図を満たし、価値をもたらすコンテンツを作成することです。検索ユーザーの期待を裏切るような質の低いコンテンツになってしまうようなことは避けなければなりません。

ある検索キーワードにおいて、そのキーワードで検索する人はどんな検索意図を持っており、検索意図を満たすために「何をどんな順番で、どのように伝えるのが最適か」を深く考えてコンテンツ作成に取り組むことが重要です。

ポイント7:過不足なく適切なボリュームで制作されていること


一般的に、情報量が豊富なコンテンツは上位表示されやすい傾向にあります。実際、コンテンツ作成時に上位サイトの文字数を調査し、それらを上回る文字数のコンテンツを作ろうと考える方は多いでしょう。

しかし近年のSEOにおいては、単純な文字数の多さは検索エンジンにとって重要な評価基準でなくなっている可能性があります。

Googleのコアアルゴリズムは、すでにユーザー行動を詳細に読み取れるようになっています。そのため「ページが読了されている」「他のページも読まれている」といったコンテンツの有用性が、より重要な指標として置き換わっていると考えられます。

検索ユーザーの検索意図から逸れるような情報や、冗長な表現によって文字数を増やしたコンテンツでは、かえってユーザー行動を悪化させるかもしれません。

キーワードに対し必須の情報は網羅的に提供し、検索ユーザーにとって有用な情報や興味深い情報を盛り込んだコンテンツであれば、競合ページより少ない文字数でも上位表示できる可能性が十分にあります。

ポイント8:ユーザーに不満や不快感をもたらす内容になっていないこと

ここまでに紹介した7つのポイントを意識していれば、検索ユーザーの満足度が高い良質なSEOコンテンツを作成できるでしょう。しかし作成後にあらためて、ユーザーに不満や不快感を与える表現がないか確認するべきです。

例えば、ユーザーがコンテンツを読む際に注意を逸らされてしまうほど大量、あるいは大きな広告が表示されている場合、いくらコンテンツの質が高くても不快感を与えてしまいます。また情報や用語解説の不足、読み込みの遅さ、不自然なほど多いページ分割などもユーザーの不満につながります。

サイトを訪れたユーザーにとって親切なコンテンツ・サイトになっているかどうかを、注意深く確認することが重要です。

ポイントを押さえて、質の高いコンテンツを継続的に作ろう!

本記事ではSEOコンテンツの「質」とはなにか、また「質」の重要性と質の高いコンテンツを作るためのポイントを紹介しました。作成するコンテンツにおいて「質」は最重要であり、質の低いコンテンツを量産するなんてことは論外です。

しかし「質の高いコンテンツを作成するべき」と頭でわかってはいても、いざコンテンツ作成に取り組むとなかなか検索ユーザーの検索意図を明確に捉えられなかったり、検索意図を満たすための構成を考えられなかったりします。

また単純に質の高いコンテンツの作成には時間と手間がかかるため、面倒に感じてしまい、手抜きでコンテンツ作成を進めた結果、最終的に質の低いコンテンツに仕上がる可能性もあります。コンテンツ作成にかけた時間が無駄になってしまうため、このような事態は「絶対に」避けなければなりません。

もし自社内だけで質の高いコンテンツを継続的に作成するのが難しそうであれば、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。弊社はコンテンツ作成のプロ集団であり、検索ユーザーの検索意図を深く考え、検索意図を網羅的に満たす構成を考え、高精度のライティング技術を活用して「成果の出る」コンテンツ作成ができます。

  • 質の高いコンテンツを作成できるか、不安
  • プロの力を借りて、SEOの成功確率を上げたい
  • SEOの戦略について、一緒に考えてほしい

このような悩み・要望をお持ちであれば、ぜひ弊社にお声がけください。お客様のSEO成功のために、全力で支援いたします!

関連記事

  1. 重複コンテンツのリスクと解決策|SEO対策におけるポイントを解説

  2. merits-of-seo-outsourcing

    SEOアウトソーシングのメリットを最大限活用する方法を解説

  3. SEOキーワードの選び方を9ステップで解説!効果的な選定方法とは

  4. SEOで失敗する原因を徹底解説!正しい対策方法も紹介

  5. seo-for-beautysalon-business-TOP

    美容室経営を成功に導くSEO対策のポイント

  6. subpage-for-seo

    下層ページをSEO対策に活かすポイントを解説!

  7. SEO対策の費用を徹底解説!外注時のポイントも紹介

  8. 「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会…

PAGE TOP