• SEO対策

SEOに適した文字数とは?文字数決めの方法を完全解説!

「SEOで成果を出すためには、記事の文字数が重要」
「〇〇文字以上の記事に仕上げれば、上位表示させられる」

SEOに取り組む多くの人が、SEOと文字数の関係性について上記のような考えを持っています。「とにかく文字数の多い記事に仕上げることが重要」といった考えを持っている人は、多くの場合「質ももちろん重要だけど、量も重要」と思っているでしょう。

「量」が一切重要でないわけではありませんが、「質」のほうが圧倒的に重要です。SEOの記事作成において「とにかく文字数の多い記事に仕上げることが重要」と考えている人は、「質」にこだわれていない可能性があります。

本記事ではSEOと文字数の関係性について解説しています。

  • SEOに適した文字数って、どれくらい?
  • 文字数決めの方法にはどんなものがある?
  • どんなふうに記事を作れば、検索上位表示を獲得しやすいの?

このような疑問をお持ちであれば、ぜひ本記事をお読みください。

また「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEOと文字数の関係性


結論、文字数の多い記事に仕上げたからといってSEOで成果を出せる、つまり記事を上位表示させられるわけではありません。検索エンジンには、文字数の多い記事を優先的に上位表示させるアルゴリズムが存在しないため、記事を上位表示させるために必ずしも文字数の多い記事に仕上げる必要はないのです。

そもそも、さまざまなキーワードにおいて上位表示されているのは、記事形式のページだけではありません。会社のコーポレートサイトや通販サイトの商品ページ、採用サイトのページ、その他さまざまな形式のページも上位表示されています。

例えば「忖度 意味」のキーワードで検索すると、検索上位に用語の意味を解説する「コトバンク」というサイトのページが表示されます。ページを開くと、文字数が決して多いとはいえないページであることがわかります。


もし「文字数の多い記事(ページ)を作ることが上位表示獲得の秘訣」なのだとしたら、このような文字数の少ないページが上位表示されることはないでしょう。

「SEOで成果を出す秘訣は、文字数の多い記事を作ること」といった考えを持っているのであれば、その考えは捨てるべきです。SEOと文字数に直接の関係性はありません。このことはSEOで成果を出すために必ず理解しておきましょう。

SEOに適した記事の文字数

「SEOと文字数に直接の関係性はない」とはいえ、記事作成にあたり目安の文字数を決めておきたい場合もあるでしょう。当然ながら2,000文字の記事を作るか20,000文字の記事を作るかで、かかる工数は異なります。一つの記事作成に無限に時間を使えるわけではありませんから、だいたいの文字数の目安は知っておきたいところです。

大前提、「SEO記事に効果的な文字数は〇〇文字程度、もしくは〇〇文字以上」といった絶対的な基準は存在しません。しかし文字数の目安を決めてから記事作成に取り掛かりたい人もいるでしょうから、ここでは目安決めの方法や考え方を紹介します。

検索ニーズを満たすのに十分な文字数とする

記事の文字数は、検索ニーズを満たすのに必要十分と考えられる文字数にしましょう。検索ニーズを満たすことを第一に考えて、長すぎず短すぎず、検索ニーズを満たすために伝えるべきことをピンポイントで伝えることが重要です。

Googleなどの検索エンジンは、あるキーワードで検索したユーザーの検索ニーズ(検索意図)を満たすページを優先的に上位表示させます。

先ほど「忖度 意味」のキーワードで検索した際に、コトバンクの「言葉の意味を端的に記したページ」が上位表示されていることを伝えましたが、これは「忖度 意味」のキーワードで検索するユーザーの検索ニーズを満たすページであると、検索エンジンから評価された結果です。


「忖度 意味」のキーワードで検索するユーザーは、単純に「忖度の言葉の意味を知りたい」という検索ニーズを持っています。そのため文字数が少なくても、言葉の意味を端的に記したページが上位表示されているのです。

「検索ニーズを満たすのに十分な文字数」は、上位表示を狙うキーワードによって異なります。「忖度 意味」のキーワードの場合は、文字数が少ないページでも上位表示されていましたが、例えば「クレジットカード 選び方」や「ダイエット方法 おすすめ」といった悩み・課題解決系のキーワードにおいて、上位表示されている記事は軒並み文字数が多いです。

試しに「クレジットカード 選び方」のキーワードで上位表示されている記事(検索結果の1ページ目に表示されている10件の記事)の文字数を確認すると、以下の結果となりました。

検索順位文字数見出し数記事タイトル
113,70643クレジットカードの選び方は?基準と目的・年代別おすすめカードの特徴|クレジットカードなら、JCB
222,75650クレジットカードの選び方、クレカの専門家が解説します!|クレジットカードの三井住友VISAカード
313,19745クレジットカードを選ぶ基準って?年代別で得するおすすめクレジットカードの選び方を解説-プレミアム金融コラム
425,56738クレジットカードの選び方を8つの観点から解説|あなたに最適なカードを選ぼう!-マネーグロース
519,83838クレジットカードの選び方と流れ!自分に合うカードを見つける4ステップ|株式会社モデル百貨
634,43765クレジットカードの選び方を解説。6つのポイントを押さえ賢いクレカ選びでお得に|マネ会byAmeba
79,17452クレジットカードの選び方、ポイントは5つ!役立つカード選びの基本を解説|イーデス
821,57252クレジットカードの選び方を10のポイントから解説!おすすめのカードも紹介【クレジットカードのことならCredictionary】
9155,589292クレジットカードおすすめランキング【2023最新】人気クレカを徹底比較
1016,98031クレジットカードの選び方を徹底解説|目的別おすすめカードはこれ!|旅とクレカの情報室|クレジットカード選びであなたの毎日をお得に、旅でハッピーに

「クレジットカード 選び方」のキーワードで検索する人には、「自分に合ったクレジットカードの選び方を知りたい」という検索ニーズがあると推測できます。そしてこの検索ニーズを網羅的に満たす記事が、上位表示されています。

ここで重要なのは、あるキーワードにおいて検索ニーズを「網羅的に」満たす記事が上位表示されやすいということです。上記表では文字数と合わせて見出し数も掲載していますが、各記事において非常に多い数の見出しが用意されていることがわかります。

見出しの数が多いということは、それだけさまざまなトピックに触れているということです。

「クレジットカード 選び方」のキーワードで検索する人は、単純に自分に合ったクレジットカードの選び方が知りたいという検索ニーズを持っているので、クレジットカードの選び方だけを端的に伝えた記事のほうが良いのでは?
それだけで検索ニーズを網羅的に満たすことになるのでは?

このように思うかもしれませんが、検索ニーズを網羅的に満たすためには「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」を考え、潜在ニーズまで満たす記事に仕上げることが重要です。ここでいう「顕在ニーズ」とは、「クレジットカード 選び方」のキーワードからすぐに推測できる、顕在化(表面化)しているニーズのことです。対して「潜在ニーズ」とは、ニーズが顕在化(表面化)しておらず、潜在的に抱えているであろうニーズのことです。

例えば「クレジットカード 選び方」で検索する人のニーズとして「自分に合ったクレジットカードの選び方を知りたい」というのは、顕在ニーズです。しかしこのキーワードで検索する人は、以下のような悩み・課題も持っていると推測できます。

  • クレジットカードを利用するメリットが知りたい
  • クレジットカードを利用する際の注意点が知りたい
  • はじめてのクレジットカード選びなので、クレジットカードに関する基礎知識を習得したい
  • おすすめのクレジットカードを紹介してほしい

これらは、検索キーワードから推測できる「潜在ニーズ」です。

さらに単純におすすめのクレジットカードを紹介するだけでなく、年代や働き方(会社員、個人事業主、経営者など)ごとにおすすめのクレジットカードと、おすすめの理由などを解説した記事に仕上げるのがいいでしょう。

このように検索ニーズを深堀り、顕在ニーズだけでなく潜在ニーズも含めて、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げることが上位表示獲得の秘訣です。検索ニーズを網羅的に満たすのに十分と考えられる文字数の記事に仕上げましょう。

実際のところ、重要なのは「検索ニーズを網羅的に満たすこと」であり、文字数ではありません。検索ニーズを深堀り、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げようと執筆を進めた結果として、最終的に文字数の多い記事となるのです。

「SEOと文字数に直接の関係性はないといっても、実際に上位表示されている記事のほとんどが文字数の多い記事ではないか」

このように思うかもしれませんが、文字数の多い記事が上位表示されているのは、文字数の多い記事に仕上げることを目的とした結果ではなく、あくまで検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げることを目的とした結果です。

上位表示されている記事を確認する


検索ニーズを網羅的に満たすために十分と考えられる文字数の記事に仕上げることが最も重要ですが、文字数決めにあたり上位表示されている記事を確認するのも良いでしょう。

ここでいう「上位表示されている記事」とは、上位表示を目指すキーワードにおいて検索結果の1ページ目、つまり上位10件に表示されている記事です。

先ほど「クレジットカード 選び方」のキーワードにおける検索上位10件の記事を紹介しましたが、上位表示されているということは検索エンジンから「この記事は検索ニーズを網羅的に満たした良質な記事である」と評価されているということです。

そのためSEOの記事作成にあたり、狙ったキーワードですでに上位表示されている記事(競合記事)の確認は必須です。上位表示を狙うキーワードにおいて、「検索ユーザーはどんな検索意図を持っているか」「何をどんな順番で伝えるか」、さらに「どれくらいの文字数に仕上げるのが妥当か」を決めるにあたり、すでに上位表示されている記事はさまざまな気づき・ヒントを与えてくれる宝の宝庫です。

例えば「クレジットカード 選び方」のキーワードで上位表示されている記事の文字数は、以下でした。

検索順位文字数
113,706
222,756
313,197
425,567
519,838
634,437
79,174
821,572
9155,589
1016,980

上位表示されている記事の文字数を確認することで、例えば「クレジットカード 選び方」のキーワードであれば「少なくとも10,000文字以上の記事に仕上げるべきだろう」と判断できます。

しかしすでにお伝えしている通り、文字数の多い記事に仕上げることが目的となってはいけません。文字数はあくまで検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げた結果として、多くなるものです。

ただし記事の作成前に目安の文字数を決めておきたいこともあるでしょうから、その際は上位表示されている記事の文字数を参考にしましょう。

上位表示されている記事の文字数チェックツール

文字数の目安を決めるにあたり、上位表示を狙うキーワードですでに上位表示されている記事の文字数を確認することは効果的です。

ここでは文字数の確認に使える便利な文字数チェックツールを紹介します。

文字数カウント

文字数カウント」は、フォームに文字を貼り付けてボタンを押すことで、簡単に文字数チェックができるツールです。


実際に上位表示を狙うキーワードで検索し、ページを開いたらタイトルから本文末尾までコピーし、フォームに貼り付けて「字数を数える」のボタンを押しましょう。「文字数(スペース無視)」の欄に表示された数字が、記事の文字数です。

検索結果の1ページ目に表示された上位10件について、一つずつタイトルから本文末尾までコピーするのは少し手間がかかりますが、記事の文字数を正確に測れます。

ラッコキーワード

「文字数カウント」を使えば記事の文字数を測定できますが、記事の内容を一つずつコピーしてフォームに貼り付けるのが面倒と感じるかもしれません。例えば「クレジットカード 選び方」のキーワードで上位表示されている記事はどれも非常に文字数の多いものですが、これを全てコピーするのには案外時間を要します。

さらに上位10件だけでなく、20件目まで文字数を確認したい場合は、より多くの時間を要することになります。記事の文字数について、「これくらいかな」とあくまで目安を知りたいだけなのに多くの時間を要することは避けたいでしょう。そこで便利なツールが、「ラッコキーワード」です。

「ラッコキーワード」は、あるキーワードにおいて上位表示されている記事の文字数チェックだけでなく、SEOを精度高く効率的に進めるためのさまざまな便利機能を搭載しています。文字数チェックの方法はシンプルで、まずラッコキーワードのサイトにアクセスして上位表示を狙うキーワードを入力します。

次にキーワード入力欄横の選択ボックスから「見出し抽出」を選択し、検索しましょう。


すると検索したキーワードにおける上位20件のページについて、タイトルや文字数、見出し数などが確認できます。


キーワードを入力して検索するだけで簡単に上位20件のサイトの文字数を確認できますが、この文字数は必ずしも正確であるとはいえません。ラッコキーワードは各記事について見出し単位で文字数をカウントします。そのため記事と関係ないサイト内のコンテンツまで文字数がカウントされ、実際の記事の文字数よりも多い文字数で表示されることが多いです。

ラッコキーワードでは各記事について見出しの一覧を確認できますが、例えば以下画像の赤枠で囲んだエリアは記事の内容とは関係ないにもかかわら図、記事の文字数としてカウントされます。


そのため完全に正確な文字数を確認したい場合は、各記事について手動でコピーし、「文字数カウント」のフォームに貼り付けて測定するべきです。しかし完全に正確な文字数を確認するべき場面はあまりないでしょう。なぜなら上位表示されている記事の文字数チェックは、あくまで「このキーワードで上位表示されている記事の文字数はだいたいこれくらいなんだな」と参考程度に行うものだからです。

ラッコキーワードでカウントされる文字数もほとんどの場合、大きく外れたものではないため、記事の文字数チェックにおいて基本的にはラッコキーワードを使うべきです。

SEO記事において文字数が重要な要素

SEOを成功させるためには、作成した記事をいかに狙ったキーワードで上位表示させられるかが鍵です。作成する記事において文字数が検索順位に直接影響することはありませんが、「文字数が重要な要素」というのも存在します。

記事の「本文」については、文字数を考慮しなくていいです。しかし以下2つの要素については、文字数を考慮する必要があります。

  • タイトル
  • ディスクリプション

それぞれについて、順に解説します。

タイトル

検索結果に表示される「タイトル」は、文字数を考慮して付ける必要があります。なぜなら、検索結果に表示されるタイトルの文字数には制限があるからです。結論、タイトルの文字数は30文字程度としましょう。

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、PCとスマホ、またブラウザによっても異なります。タイトルの文字数が30文字程度であれば、基本的にどの端末・ブラウザを使っても全て表示されます。

例えば「クレジットカード 選び方」のキーワードで検索した際、一番上に表示される記事は文字数が「27」であり、全て表示されています。


ちなみに本記事のタイトルは「SEOに適した文字数とは?文字数決めの方法を完全解説!」ですが、これも27文字です。

タイトルを30文字程度にすることで、検索結果に記事ページがヒットした際に全て表示され、どんな内容の記事であるかを推測してもらいやすくなります。また一目見た際に一瞬でタイトルを読み切れるため、クリックされやすくなります。

さらにタイトルの文字数が長いと、上位表示を目指すキーワード以外のキーワードが多く含まれることになり、結果的に上位表示されづらくなる可能性があるため注意しましょう。上の画像に表示されている「クレジットカードの選び方、クレカの専門家が解説します!」という記事タイトルですが、「クレジットカード 選び方」のキーワードで上位表示を獲得するために余計なキーワードがほとんど含まれていないため、キーワードと記事の関係性を検索エンジンに正確に伝えられます。

狙ったキーワードで上位表示を獲得するためのタイトルの付け方は、以下の記事で詳しく解説しています。AIを活用した効果的なタイトルの付け方も紹介しているため、興味がある方はぜひお読みください。

SEOに適したタイトルの文字数は?AIを活用した付け方も解説

ディスクリプション

記事の「ディスクリプション」とは、検索結果画面の以下エリアに表示される文言のことです。


タイトルと一緒に検索結果に表示されるため、クリック率を上げてサイトに多くの流入を集めるために重要な要素です。そしてこのディスクリプションの文字数ですが、使っている端末・ブラウザによって表示文字数が大きく異なります。

例えばPCからGoogle ChromeのブラウザでGoogleの検索結果を見た際、70〜90文字程度までしか表示されません。スマホであれば表示文字数は50文字程度となり、それ以降は省略されます。

このように端末・ブラウザによって表示文字数に制限があることを前提に、基本的にはPCに最適化してディスクリプションは100〜120文字程度で付けるといいでしょう。検索結果上で無理に全文を表示させようと70文字以内に納める必要はありません。なぜなら、70文字程度に収めようとすると伝えられる情報がかなり限られるからです。

実際のところ、検索順位やクリック率を上げるためにディスクリプションはそこまで重要ではありません。そのため一部省略されることを前提に、100〜120文字程度で簡潔にディスクリプションを付けましょう。

またディスクリプションを付ける際は、検索結果で省略されない前半部分で記事の内容を簡潔に一文で伝えるといいです。また上位表示を狙うキーワードを入れましょう。こうすることで、検索結果においてタイトルを捕捉する形で記事の内容を伝えられますし、キーワードが太字になるため、よりクリックされやすくなる傾向にあります。

ディスクリプションの付け方については、以下の記事で詳しく解説しています。

ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高める書き方を解説!

検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げる方法

狙ったキーワードで記事を検索上位に表示させるためには、文字数の多い記事に仕上げることを目的とせず、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げることが重要です。検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げようと執筆を行った結果として、文字数が多くなります。

例えば本記事は「SEO 文字数」のキーワードで上位表示されることを目標に作成していますが、文字数はほとんど気にしていません。「”SEO 文字数”のキーワードで検索する人は、どんな検索ニーズを持っているだろう」と検索ニーズを考え、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げた結果として、だいたいこれくらいの文字数になるだろうなという推測があるぐらいです。

ここでは検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げるための方法を3つ紹介するため、ぜひ今後記事作成を行う際に参考にしてみてください。

また弊社シンプリックでは現在、検索ニーズを網羅的に見たす質の高いSEO記事を作り集客を成功させたいWeb担当者様向けに「SEO対策の無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「成果の出るSEO記事の作り方」や「SEOで成果を出すためのポイント」を伝授しますので、ぜひお申し込みください。

執筆前に構成案を作成する

検索ニーズを網羅的に満たすためには、まず上位表示を目指すキーワードで検索する人の検索ニーズを深堀る必要があります。また検索ニーズを深堀るためには、そもそも検索者がどんな人かを考えなければいけません。

そして検索ニーズを網羅的に満たすために、「何をどんな順番で伝えて、読者の検索ニーズを満たした結果、どんな状態になってほしいか」を決めてから執筆を行うのが良いです。ここで作成するべきなのが、「構成案」です。

構成案は「見出し案」ともいえます。執筆前に見出しから先に作ることで、検索ニーズを網羅的に満たすために、伝えるべき情報を適切な順番で抜け漏れなく伝えられます。

「百聞は一見に如かず」ということで、本記事の執筆を始める前に深堀り、作成した構成案(見出し案)を紹介します。

●構成案(見出し案)

SEOと文字数の関係性
SEOに適した記事の文字数
 検索ニーズを満たすのに十分な文字数とする
 上位表示されている記事を確認する
SEO記事において文字数が重要な要素
 タイトル
 ディスクリプション
上位表示されている記事の文字数チェックツール
 文字数カウント
 ラッコキーワード
検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げる方法
 執筆前に構成案を作成する
 上位表示されている記事をしっかり確認する
 ジャンルに関する専門知識を身につける
絶対に作ってはいけないSEO記事
 文字数稼ぎの低品質な記事
 検索ニーズを無視した記事
 上位表示を狙うキーワードが決まっていない記事
「文字数が多いとSEOに有利」は間違い!検索ニーズを満たすことが全て

【検索ターゲット】

  • 企業のWeb担当者
  • SEO初心者
  • これからSEOに本格的に取り組もうとしている、もしくはすでにSEOに取り組んでいるが成果が出ず悩んでいる

【検索ニーズ(顕在ニーズ)】

  • SEOにおいて、文字数が重要なのか知りたい
  • 作成する記事の文字数の目安が知りたい
  • 記事の文字数の目安決めの方法が知りたい

【検索ニーズ(潜在ニーズ)】

  • 検索上位表示させるために、どのようにして記事を作れば良いか知りたい
  • SEOで成果を出すための、記事作成時の注意点が知りたい

【記事読了後の理想の状態】

  • SEOと文字数に直接の関係性はなく、目安となる文字数の絶対的な基準は存在しないと理解している
  • SEO記事においては文字数よりも何よりも、検索ユーザーのニーズを網羅的に満たすことが重要であると理解している
  • 次の記事作成において文字数の目安決めのために、すでに上位表示されている記事の文字数をラッコキーワードを使って確認できるようになっている

このように、「誰がどんなニーズを持ってこのキーワードで検索するのか、また検索ニーズを満たした結果として記事読了後どんな状態になってほしいか、そのために何をどんな順番で伝えるべきか」を決めてから記事の執筆を行うことで、記事の質を飛躍的に上げられます。

本記事では上位表示を目指すキーワードの選定をすでに行っている前提で解説していますが、キーワード選定から執筆までの一連の流れについて詳しく理解したい方はぜひ以下の記事をお読みください。

SEO記事の書き方を【7ステップ】で完全解説!

上位表示されている記事をしっかり確認する


SEOに適した記事の文字数のパートで「上位表示されている記事を確認する」でもお伝えしましたがすでに上位表示されている記事(競合記事)は、これから作成する記事を上位表示させるための気づき・ヒントの宝庫です。

すでに上位表示されているということは、検索エンジンから「検索ユーザーのニーズを満たす良質な記事である」と評価されているということです。競合記事を参考にすることで構成案の質が上がり、結果的に検索上位表示を獲得できる可能性が高い記事に仕上げられます。

本記事を作成するにあたっても、「SEO 文字数」のキーワードで上位表示されている記事を全て読み込んでいます。競合記事を確認することで、「このキーワードで検索する人はおそらくこのようなニーズを持っているのだろう」と検索ニーズを精度高く推測できるからです。また見出しを確認することで、検索ニーズを満たすために競合記事ではどんなトピックを扱っているかわかるため、作成する記事に活かせます。

上位表示されている記事の確認にあたり、実際にキーワード検索して一つ一つ記事を目視で確認するのも良いですが、ここでも先ほど紹介した「ラッコキーワード」が役立ちます。

ラッコキーワードでキーワード検索を行うことで、検索結果上位20件のページについてタイトルや文字数、見出し数を確認できるとお伝えしましたが、タイトル右横の矢印ボタンをクリックすることで、記事内の見出し一覧を確認できます。


見出しは、記事内で扱う各トピックのタイトルです。見出しの一覧を確認することで「何をどんな順番で伝えるべきか」を推測できるため、必ず確認しましょう。構成案の作成に間違いなく役立ちます。

ジャンルに関する専門知識を身につける


あるキーワードで検索した人の検索ニーズを網羅的に満たすためには、作成する記事のジャンルやトピックに関する専門知識を身につける必要があります。

そもそも記事のジャンルにおける専門知識がないと、検索ユーザーのニーズを満たして検索上位表示されるに値する記事に仕上げられないでしょう。例えば本記事は「SEO 文字数」のキーワードで上位表示を目指していますが、筆者はSEOのスペシャリストであり、業界内で長年の経験・実績があります。

「クレジットカード 選び方」のキーワードで記事を作成するにしても、クレジットカードならびに金融分野における専門知識を持っている必要があります。金融分野に詳しくなく、そもそもクレジットカードを自分で作ったり使ったりした経験のない人が執筆した記事なんて、誰も読みたいと思いません。

GoogleはSEOにおいて「専門性」が重要であると公式に発表しています。

Google の自動システムは、さまざまな要因に基づいて優れたコンテンツをランク付けするように設計されています。関連するコンテンツを特定した後、最も役に立つと判断されたコンテンツに高い優先順位を付けます。そのために、どのコンテンツが、エクスペリエンス(Experience)、高い専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)、すなわち E-E-A-T の面で優れているかを判断するための要素の組み合わせを特定します。

引用元:https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/creating-helpful-content?hl=ja#eat

SEOのプロがふんだんにSEOのテクニックを施して記事を作成したとしても、筆者がジャンルに関する専門知識を持っておらず、専門性の低い内容の記事であれば検索上位表示の獲得は難しいです。また一時的に上位表示されたとしても、中長期的に上位表示され続けることはほとんどありません。

SEOで本当に成果を出したいのであれば、ジャンルに関する専門知識はもちろん、記事のトピックに関する専門知識を身につけたうえで記事作成に取り組みましょう。ここでいう「記事のトピックに関する専門知識」とは、「上位表示を狙うキーワードで検索する人の検索ニーズを満たすために必要な知識」のことです。これは書籍やYouTubeなどの動画サイトによりインプットするのも一つですし、すでに上位表示されている記事を読み込むことでも身につけられます。

ジャンルに関する専門知識と、新たに身につけた記事のトピックに関する専門知識を組み合わせて、記事作成を行うようにしましょう。

絶対に作ってはいけないSEO記事

検索ニーズを網羅的に満たす記事を作ることが、SEOで成果を出す秘訣です。検索ニーズを網羅的に満たす記事を作る方法として「執筆前に構成案を作成する」「上位表示されている記事をしっかり確認する」「ジャンルに関する専門知識を身につける」の3点をお伝えしました。

これに加えて「絶対に作ってはいけないSEO記事」がどんなものかを知っておくことで、SEOにおける「アンチパターン(陥りがちな悪い典型例)」を避け、本質的なSEO記事が作れるようになるでしょう。

文字数稼ぎの低品質な記事

「記事の文字数を多くすることで、検索上位表示を獲得しやすくなる」という間違った考えを持っている人が作りがちなのが、文字数稼ぎの低品質な記事です。

例えば本来検索ニーズを満たすために8,000文字ぐらいで良いかなというところを、無理に文字数稼ぎを行い20,000文字に仕上げたとしても、何の意味もありません。検索ニーズを網羅的に満たすことを目的に20,000文字の記事に仕上げることは問題ないですが、文字数を多くすることを目的に、むやみやたらに文字数の多い記事に仕上げるのは問題です。

文字数稼ぎの低品質な記事を作ると、「直帰率(サイトの1ページ目を開いて、そのままサイトから離れた割合)」や「離脱率(そのページを最後にサイトから離れた割合)」といった、検索順位に影響を及ぼす指標の数値が悪くなり、逆効果となります。

検索ニーズを無視した記事

自分の伝えたいことをだけを伝えた、検索ニーズを無視した記事が狙ったキーワードで検索上位表示を獲得できる可能性は極めて低いです。よくあるのが日記形式の記事ですが、その日あったことや感じたことなどを、自らの主観のみで書き記した記事を多くの人に読んでもらえるのは、基本的に有名人や影響力のある人たちだけです。

またいくら綺麗な文章で「質が高く見える記事」を作ったとしても、検索ニーズを無視して作ったのであれば検索ニーズを満たせないため、検索上位表示されません。

記事の執筆前に「このキーワードで検索する人には、どんなニーズ(悩み・課題・知りたいことなど)があるか」といったことを深く考え、検索ニーズを満たすために長すぎず短すぎず、必要十分と考えられる文字数の記事を作成することが重要です。

上位表示を狙うキーワードが決まっていない記事

本記事では上位表示を狙うキーワードがすでに決まっている前提で解説していますが、SEOに取り組む多くの人がキーワード選びの方法を理解しておらず、また上位表示を狙うキーワードを決めずに記事作成に取り掛かっています。

しかし、キーワード選びをせずに記事を作成するのは「論外」です。キーワードが決まってはじめて検索ニーズの深堀りができますし、質の高い記事に仕上げられます。また多く検索されているキーワードで上位表示を獲得できないと、アクセスはほとんど集まりません。

キーワード選びについては以下の記事で詳しく解説しているため、キーワード選びの方法がわからない人は必ず読んで理解するべきです。

SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

「文字数が多いとSEOに有利」は間違い!検索ニーズを満たすことが全て

本記事では、SEOと文字数の関係性や目安となる文字数の決め方、また検索ニーズを網羅的に満たす記事の作成方法などを解説しました。「文字数が多いとSEOに有利」という考えは、間違いです。実際にさまざまなキーワードにおいて上位表示されている記事の文字数が多いのは、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げた結果です。

タイトルやディスクリプションなど文字数を考慮するべき要素もありますが、記事の内容については文字数をあまり気にせず、検索ニーズを満たすことを一番に考えましょう。

改めて、検索ニーズを網羅的に満たす記事に仕上げる方法は、以下の3点です。

●執筆前に構成案を作成する
●上位表示されている記事をしっかり確認する
●ジャンルに関する専門知識を身につける

弊社シンプリックはSEO記事作成のプロ集団であり、今までにさまざまな業界の数多くの企業に対して記事作成・SEO・Webマーケティングの支援を行ってきました。

もし自社でSEOに効果的な記事作成を行うのが難しいと考えている、あるいはSEOの成功確率を上げたい場合は、ぜひ弊社にお声がけください。SEO記事作成についてすぐの外注を考えておらず、まずは軽く相談だけしたいという場合でも、長年の経験・実績を持つSEOのプロがお客様の疑問にお答えします。

関連記事

  1. SEOのキーワード難易度を競合ページ数を元に整理する方法

  2. 被リンクを効率よく調べる方法|無料で使えるチェックツールも紹介

  3. 「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会…

  4. リライトでSEOを強化する!リライトの手順・ポイントを徹底解説

  5. outline-of-SEO-outsourcing

    SEO対策を業務委託する際のポイントや成果指標、費用相場を解説!

  6. traffic-and-seo

    トラフィックとSEOの関係性を押さえトラフィックを伸ばす方法とは?

  7. 【一問一答】Googleのコアアルゴリズムアップデートを解説

  8. 「検索流入が増えない」ときの対処法|適切なキーワード選定と記事内容の深…

PAGE TOP