merits-of-seo-outsourcing
  • SEO対策

SEOアウトソーシングのメリットを最大限活用する方法を解説

起業したばかりの会社やまだ知名度の低い企業が、自社の認知度を高めるためにホームページを用意し、記事を掲載する。こうした施策はよく見られます。実際、掲載した記事が検索上位に表示されれば、多くの方の興味関心を惹きつけることができますし、記事を読もうとWebサイトに来訪する方も増えます。オンラインプレゼンスの構築やデジタルマーケティングの成功において、自社サイトを検索結果の上位に表示させるSEO対策は不可欠な要素となっています。

検索エンジンで調べた際に検索結果の上位に表示される記事は、ターゲットからのアクセスも多く、認知度も高まるため、企業の生存と成長に直結していると言ってもいいでしょう。

しかし、多くの企業が自社サイトの上位表示を狙ってSEO対策を行うようになった今、専門知識を持たないまま自社内でSEO対策を行い結果を出すのはかなり難しくなっています。検索結果の順位を決めるアルゴリズムが頻繁にアップデートされる点も悩ましい課題です。自社内での対応に限界を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOアウトソーシングの重要性やメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。効果的な外注先の選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

また「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

SEOアウトソーシングとは

SEOアウトソーシングとは、SEO対策を外部の専門家や企業に委託することです。自社内でのSEO対策が難しいときの有効な手段になります。

SEOアウトソーシングの主な目的は「企業のWebサイトを検索結果の高い順位に位置させること」です。以前は比較的シンプルな対策でも検索上位に表示させることができました。しかし検索エンジンが「ユーザーファースト(顧客や読者の満足度を最優先とする考え方)」の方針をとっているため、検索順位を決めるアルゴリズムは年々複雑化しているのが現状です。そのため、SEOに関する専門知識を持ったプロフェッショナルに各種施策をお任せする企業(SEOアウトソーシングをする企業)が増えているのです。

SEOアウトソーシングとインハウスSEOの違い

SEO対策を行う際に、インハウスSEO(自社内で行うSEO)とSEOアウトソーシング(外部に依託するSEO)のどちらを選択するのかは、企業が直面する大きな問題のひとつです。

自社運用の場合、内部の担当者がSEOの戦略を策定・実行する責任があります。一方、アウトソーシングは、外部の専門家や企業がその役割を果たします。

それぞれの主な違いを見ていきましょう。

リソースとコストの違い

・SEOアウトソーシング
外部の専門家に業務を委託するため内部リソースの節約が可能。費用はかかるが、効果が期待できる場合は「投資」と考えることもできる。

・インハウスSEO
内部の担当者がSEOを担当するため直接的なコントロールが効き、コストも抑えられる。ただし、SEOは継続的な取り組みやインプットが欠かせないため、他の業務に対する影響が出る恐れがある。

内部担当者のスキルや運営予算に余裕があるなら、インハウスSEOでも問題ないでしょう。意欲のあるメンバーであれば、インハウスSEOの経験を社内資産として残してくれる可能性もあります。

ただし、限られた予算やリソースで最大の効果を得たい場合は、アウトソーシングが有効です。外部の専門家に任せれば戦略的で迅速な結果を期待できます。

専門性とスキルの違い

・SEOアウトソーシング
専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルが担当するため、効果的な戦略が期待できる。ただし、信頼性のあるパートナーの選定が不可欠。

・インハウスSEO
自社のビジネスや強みを十分理解した内部の担当者によって、社内ニーズに合致した対応を行える。ただし、日々変化するトレンドやアルゴリズムの変更に対応するための継続的な学習が必要。

SEO対策を成功させるには、SEOの知識扱っているビジネスに対する理解の両方が必要です。自社のビジネスに特有の要件がある場合は、まず外部委託先に自社ビジネスを理解してもらう手間が必要になってしまいます。そのため、インハウスSEOのほうが適しているかもしれません。

ただ、今は小売から無形商材まで、あらゆる業種でSEO対策が行われています。自社ビジネスと同じもしくは近しい業界での支援実績があるアウトソーシング先を見つけることで、効果的なSEO戦略を構築するための専門性と経験が得られます。

時間面での違い

・SEOアウトソーシング
外部の専門家による迅速な業務が期待できる。ただし、適切なコミュニケーションをとったり内部プロセスとの調整をとったりする手間は必要。

・インハウスSEO
内部の担当者がビジネス特有の要件に素早く対応できる。ただ、SEOの実行には時間と手間がかかるため、他の業務に対する影響が出る可能性はある。

少しでも早く結果を出したいという場合には、テクニカル面でのサポートが期待できるSEOアウトソーシングが有益です。外部の専門家はSEO施策で欠けている部分を即座に判断し、戦略を実行してくれます。

SEOアウトソーシングのメリット

SEOアウトソーシングには、次のようなメリットがあります。

  • 専門家の知識と経験を活用できる
  • 客観的な戦略を立案できる
  • リソースを効率的に管理できる
  • 成果のモニタリングと的確な改善が行える
  • Googleのアップデートにも迅速に対応できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

専門家の知識と経験を活用できる

SEOアウトソーシングを活用すれば、自社内に専門的な知識を持つ人材がいなくても、エキスパートの知識と経験を利用できます。

効果的なキーワードの選定やコンテンツの最適化、サイト構造の改善といった戦略にも詳しいため、コンテンツの作成から公開・効果の測定までの依頼も可能です

専門家の的確な助言や見識を得られれば検索結果の順位向上も期待でき、自社サイトのパフォーマンスを大幅に高められます。

客観的な戦略を立案できる

自社内では見えなかった客観的な視点から効果的なSEO戦略を立案できるのもメリットです。

その会社独自の企業文化や業界の常識にとらわれず、市場全体の動向と競合分析から得られた客観的データを元に最適なアプローチを確立できます

実際のビジネスとSEO対策では、戦略が全く異なります。そのため、客観的な視点でのアプローチは大変重要です。

リソースを効率的に管理できる

SEOアウトソーシングには、内部リソースを戦略的に活用できるメリットもあります。

SEOの専門家は最適なリソースを割り当てるため、主業務に対応しながらキャンペーンの適切な管理と効果の最大化が可能です。

自社で不足するツールやリソースは外注先が保有しているため、新たに採用・導入する必要はありません。

成果のモニタリングと的確な改善が行える

今は多くの会社が日々コンテンツを発信している時代です。そのため一度検索順位で上位表示されたからといって安心していられるわけではありません。検索結果の順位は入れ替わりが激しいため、常に最良のパフォーマンスを発揮しなければいけません。これを自社で行うのは困難です。

SEOアウトソーシングを活用すれば専門家が効果を日々モニタリングし、データに基づいた改善を行ってくれます

新しいトレンドや顧客の行動変化にも柔軟に対応でき、必要に応じて戦略を修正することも可能です。競合他社との優劣もわかり、市場での競争力を維持・向上させられます。

Googleのアップデートにも迅速に対応できる

Googleは定期的に検索アルゴリズムを変更しています。アルゴリズムが変わるということは、コンテンツの価値を測る基準が変わるということですので、検索結果の順位は変動的になります。アルゴリズムの変更があったときに迅速な対応ができない場合は、Webサイトの検索ランキングが急に低下する可能性もあります。

SEOの専門家は、このような変更に敏感で即座に対応できます。スピード感のある施策で最新の検索トレンドやユーザーエクスペリエンスの基準を満たせられれば、質の高いWebサイトを継続して提供できるようになるでしょう。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

SEOアウトソーシングのデメリット

SEOアウトソーシングには、次のようなデメリットもあります。

  • コストが発生する
  • 自社にノウハウを蓄積できない
  • 信頼性と品質の確保が難しい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コストが発生する

外部の専門家やエージェンシーを利用する際には、当然、サービスに対して料金がかかります。中小企業や予算の限られたビジネスを行う者にとって、これは重要な課題となり得るでしょう。利用する前には、費用対効果を考慮した慎重な検討が必要です。

SEO対策の業務は多岐にわたるため、依頼の内容によっては金額も大きくなります。上位表示を維持するための継続的な業務に対する費用も不可欠です。

SEOアウトソーシングの具体的な費用については、以下の記事で解説しています。

SEO対策の費用を徹底解説!外注時のポイントも紹介

自社にノウハウを蓄積できない

SEOアウトソーシングを利用すれば、多くの対策を外部の専門家に依存することになります。そのため、自社内でSEOに関するノウハウを蓄積する機会が減少し、将来的な自社運営が難しくなります

継続的に発生する費用を抑えるためには、業界の変化や新しいトレンドに対応できるノウハウを内部に蓄積しなければいけません。依頼する際も丸投げせず、施策の一部だけでも社内知識として残しておくのがいいでしょう。

信頼性と品質の確保が難しい

外部のSEOサービスを利用する際には、アウトソース先の信頼性と品質の確保も課題となります

市場には様々なレベルのエージェンシーや専門家が存在するため、中には効果的でない手法を用いられるケースもあり得るのです。しかし、信頼性の高いパートナーの選定は簡単ではなく、選択に失敗した場合はその分の時間と予算の損失が発生してしまいます。

SEOアウトソーシングの利用シナリオ

SEOアウトソーシングの利用シナリオとして考えられるのは、次のようなケースです。

  • 中小企業のスケール化
  • 時間の制約があるプロジェクト
  • 長期的な戦略の一環

それぞれ詳しく見ていきましょう。

中小企業のスケール化

中小企業は限られた予算とリソースでの成長が求められます。そのため、SEOアウトソーシングは、リソースの少ない中小企業が専門的な知見を手軽に利用し、競争力を高める手段になるのです。

近年では、「 Google Analytics」や「Google Search Console」などの無料ツールを使ったSEO対策の実践方法に関する記事も多く出回っています。しかし、ビジネスを取り巻く状況は個々の会社によって異なるため、それらの記事で解説されている方法をそのまま実践するだけで成果が出るとは限りません。適切なキーワード調査や高品質なコンテンツの作成にも専門的な技術と経験が必要です。このような問題を中小企業が自社で解決するのは困難です。

しかし、外部の専門家にSEO対策を委託すれば、限られたリソースでも最大限の効果を期待でき、多くの成果を得られます。大手企業にも劣らない存在感のあるオウンドメディアの構築も可能です

時間の制約があるプロジェクト

SEOアウトソーシングは、スピードが重視される状況で迅速な結果を得る手段にもなります。

一般的に、SEO対策の効果が現れるまでには半年以上の時間がかかります。しかし特定のプロジェクトやキャンペーンでは、短い期間で効果が求められるケースもあるでしょう。

そんなとき、短期集中で大量のコンテンツを作成すれば、効果が現れるまでの時間を短縮させることが可能です。アウトソーシングを活用すれば外部のエキスパートが効果的な戦略を立てて迅速に実行するため、短期間で目標を達成しやすくなります。

自社内のリソースでは、作成できるコンテンツに限りがあるでしょう。そのような場合にアウトソーシングを活用して多くのコンテンツを作成すれば、スピーディーな施策が実現します。

長期的な戦略の一環

企業がオンラインプレゼンスを強化して持続的な結果を追求する場合には、SEOアウトソーシングが長期的な戦略の一部として採用されます。

SEO対策の目的は、検索結果の上位表示だけではありません。上位のコンテンツが下落しないように定期的な効果の測定と改善や、企業の信頼を失墜させないようなコンテンツの作成も重要な施策です

このような戦略を続けることによって、企業のWebサイトは価値と存在感を増していきます。中長期的な戦略が成功すれば、自社のサイトがインターネット上の資産として半永久的に効果を上げてくれるでしょう。

SEOアウトソーシング先の選び方

SEOアウトソーシング先を選ぶ際には、次のようなポイントに注意することが大切です。

  • 専門性と実績を確認する
  • 費用を比較する
  • 契約条件の詳細を見る
  • 業者サイト自体のSEO対策を調べる
  • コミュニケーションレベルを事前にチェックする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

専門性と実績を確認する

SEOアウトソーシング先を選ぶ際には、専門性と実績を事前に確認しましょう。成功事例やクライアントのレビューも欠かさずチェックしておきたいところです。

ただし、過去の実績は業者が発表している内容を鵜呑みにしないようにすることが大切です。成果を偽ったり濁したりしている業者も多いので、不明な点があれば事前に詳細を確認しておきましょう。

費用を比較する

SEOアウトソーシングの費用は業者によって大きく異なります。相場を知るためにも、複数の業者の費用を比較したほうが賢明です。

費用の安さだけでなく、提供されるサービスと成果を総合的に評価する必要もあります。複数社の見積もりを依頼してサービスの詳細を確認し、予算と目標に適したアウトソーシング先を選びましょう。

▶SEO対策関連の外注費用について知りたいという方は「SEOコンサルティングの費用相場と効果を解説」の記事も参考にしてみてください。

契約条件の詳細を見る

後々のトラブル回避や円滑な作業進行のためにも、契約条件の詳細を確認しておきましょう。具体的な支払い条件や納品の方法など、契約に関わる全ての条件を明確に理解した上で依頼するようにしてください。

業者サイト自体のSEO対策を調べる

SEOアウトソーシング先を検討する際には「その業者自身のWebサイト」にSEO対策が行われているかどうかも確認するべきです。自社のサイトが検索結果の下位に表示されるようなSEO対策専門会社への依頼は避けたほうが無難でしょう。

コミュニケーションレベルを事前にチェックする

コミュニケーションのスタイルや頻度を事前に確認して、相互理解が得られるかどうかを見極めましょう。

コミュニケーションがうまくいかない場合、ビジネスの独自のニーズや目標を正しく理解してもらえない可能性があります。誤解やミスの多発は時間とリソースの無駄につながるので注意が必要です。

強力なオンラインプレゼンスの構築にはSEOアウトソーシングの利用がおすすめ

世の中のニーズが変化するスピードが上がっている中、多くの企業にとって、自社ビジネスをブラッシュアップさせることと、デジタルマーケティングのトレンドにも遅れることなくキャッチアップしていくことの両方を叶えるのはなかなか難しいのが現状です。

特に中小企業や予算が限られてるプロジェクトに関しては、適切なSEOアウトソーシングパートナーを見つけて戦略的なアクションを起こしたほうが、結果的に費用対効果も高くなります。

ただし、SEOアウトソーシングは、効果的な戦略と適切なパートナーシップによって強力な成果をもたらします。依頼する前に業者の実績や対応レベルを確認しておきましょう。

社内にはSEO対策を行うリソースがなさそうだとお困りの方は、ぜひ一度経験と実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. SEO対策の費用を徹底解説!外注時のポイントも紹介

  2. 海外SEO対策を成功させるためのポイントを徹底解説!言語別・国別のアプ…

  3. リライトでSEOを強化する!リライトの手順・ポイントを徹底解説

  4. seo-consulting-cost

    SEOコンサルティングの費用相場と効果を解説

  5. SEOコンテンツで重要な「質」とは?質の高いコンテンツの作り方を完全公…

  6. ways-of-SEO-on-LP

    LPのSEO対策を効果的に進めるためのポイント

  7. search-engine

    SEOとリスティング広告の違い | 自社に合った選び方を解説

  8. web-search

    Google検索結果に表示されるタイトルはどのように生成される? 最新…

PAGE TOP