ravel-and-tourism-seo-TOP
  • SEO対策

旅行事業者がSEO対策をする際に押さえておくべきポイント

24時間いつでもどこからでもオンラインで旅行の予約ができる今。ユーザーにとっては非常に便利な反面、旅行代理店などの事業者側にとっては競争を勝ち抜いていく必要性が生じています。

「年末年始に家族旅行を計画したい」
「長期休みに友人と旅行に行きたい」

こうした際、ほとんどのユーザーはまずWeb検索を行います。情報収集がオンラインで手軽にできてしまうため、インターネット上での存在感を高められるかどうかが売上を左右する重要な要素になっています。

そこで本記事では、旅行事業者がSEO対策を始める際に知っておきたいポイントや具体的な戦略などについて、詳しく解説していきます。

「そもそもSEOについてあまり理解できていない」というは、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

旅行業界でSEO対策の必要性が高まっている背景

旅行業界でSEO対策の必要性が高まっている背景には、次のような事情があります。

  • オンラインでの顧客獲得競争が激化している
  • サービスの信頼性をアピールする必要がある

顧客獲得競争が激化しているため、検索結果の順位と信頼性の向上が求められています。詳しく見ていきましょう。

オンラインでの顧客獲得競争が激化している

旅行は、仕事かプライベートか、年齢・性別、時期を問わず、非常に需要の高い分野です。しかしターゲット層が広いとはいえ、楽天トラベルやエクスペディアなどの大手OTA(Online Travel Agent、実店舗を持たずオンラインのみで旅行商品の取引を完結する旅行代理店)や、個人運営の旅行レビューサイトなど、オンラインでも情報が溢れ、競合がひしめいているのが実情です。

サービスの信頼性をアピールする必要がある

ユーザーが旅行プランを申し込む際には、大半のケースで検索エンジンの利用が最初のステップとなります。そのため検索結果でサービスの信頼性を勝ち取る必要があります。

〈ユーザーの行動フロー〉

Web検索で必要な情報を入手する
→具体的な旅行プランを検索し比較検討する
→実際にプランを予約する

特に「国内旅行」「日帰り旅行」といったニーズの高い検索キーワードは競争も激しさを増しているため、企業は自社のWebサイトを少しでも検索上位に表示させて認知度を高めるためのSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)対策に力を入れる必要があります。

旅行業界で検索結果の上位表示が重要な理由

旅行業界において検索結果の上位表示が重要になる理由をもう少し詳しく見てみましょう。主なポイントは次の3つです。

  • ユーザー行動の変化
  • 順位によるクリック率の違い
  • 認知度の拡大

ユーザー行動の変化

コロナ禍や自然災害の発生、また情報やサービスが無数に溢れる中で、「失敗したくない」「速く安全に正解にたどり着きたい」というニーズが高まっていると言われています。「コスパ」「タイパ」といった費用や時間の効率性を求める傾向も強く、他のユーザーの評価や口コミ、ランキングの影響を受けやすいのが近年のユーザーの特徴です。

そのためWeb検索の際にも、「検索上位に表示されている記事は、みんなが読んでいる人気の高い記事。だから内容も間違いがないはず」と判断されがちです。内容を見る前の時点から、上位の記事ほど知りたい情報との関連性や信頼性が高い情報と認識されてしまうのです。

順位によるクリック率の違い

実際に検索結果のクリック率を見ると、順位と連動して低下していることがわかります。

〈日本における検索順位別の平均クリック率〉

検索結果の順位平均クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%

データ引用元:2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO

そのため自然検索からのトラフィックを増加させるには、少しでも上位に表示することが重要です。下落率は急激なカーブを描いていて、10位以降のサイトはほとんどクリックされませんので、最低でも10位以内、できれば5位以内が理想的です。

認知度の拡大

記事を用意しても、検索結果に表示されなければコンテンツがユーザーの目に留まることはありません。当然、サイトへのアクセスも促進できなくなってしまいます。検索エンジンでの上位表示は、サービスやブランドの認知度を高めるには必須の条件なのです。

また上位に表示されるコンテンツは業界におけるリーダーシップや信頼性をユーザーに印象づけ、ブランドの強化にも役立ちます。認知拡大から契約までを完結できるオウンドメディア(自社メディア)を運営する企業も増えてきています。

旅行業界向けの具体的なSEO戦略

ここからは、旅行業界向けの具体的なSEO戦略について詳しく紹介していきます。

キーワード戦略

旅行業界におけるSEO対策の主軸はキーワード戦略です。基本的には「ローカルSEO対策」と「ロングテールキーワードの活用」が中心となります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ローカルSEO対策

旅行業界は、地域との関連性が非常に強い業界です。ユーザーの居住地、旅行会社の所在地、希望する旅行先のエリアなどによって需要と検索キーワードが異なります。そのため、特定の地域をターゲットにしたローカルSEO対策が不可欠です

「○○の観光ガイド」や「××市のホテル予約」など、特定の地域名を入れたキーワード戦略も必須となります。

ロングテールキーワードの活用

競争の激しい旅行業界のSEO対策では、「国内旅行」「日帰り旅行」といったビッグワード(検索エンジンで多く検索されるキーワード)単体で検索上位に表示されるのは相当難易度が高いでしょう。そのため、複数の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード」を積極的に活用します。キーワードが複数組み合わされることでユーザーのニーズも見えやすくなりますし、具体的でニッチな検索クエリに対応するコンテンツを用意すれば、ターゲットとなるユーザーからのトラフィックも獲得しやすくなります

〈旅行業界のローカルSEOに役立つロングテールキーワードの例〉

・新宿 旅行会社
・新宿発 バスツアー

・東北 温泉旅行
・東北 スキー場

・ヨーロッパ 新婚旅行
・ヨーロッパ 人気ホテル  など

ロングテールキーワードは一般的なキーワードよりも検索の目的が具体的であるため、特定の旅行プランやニーズに焦点を当てることもできます。

コンテンツ戦略

旅行業界に特化したコンテンツ戦略についても確認しておきましょう。

ユーザー層の意識

提供すべき情報はユーザーのニーズによって全く異なります。コンテンツ制作の際は、ユーザー層を意識して必要な情報を盛り込んだ魅力的な内容にしましょう。

制作に取り掛かる前に、ターゲットを仮想的な人物像に落とし込んだ「ペルソナ」を作成すると、ユーザー層を意識しやすくなります。

コンテンツ企画に役立つペルソナの書き方はこちらをチェック:「ペルソナの書き方をマスター!実例と活用方法で理解を深める

グルメ情報の網羅

旅先ではグルメも楽しみのひとつです。名物料理からマニアックなB級グルメまで、広い範囲の情報を網羅して充実度の高いコンテンツを制作しましょう。

その地域に詳しいライターを起用して「地元の人しか知らないグルメ」や「地元で有名な食材」などを提供するのもひとつの方法です。

写真や文章と併せてアクセスマップも掲載すれば、旅先でも役立つ質の高いコンテンツが完成します。

独自性の高い情報の提供

最近は気軽に旅行情報をシェアできるようになったため、ありきたりな内容ではユーザーニーズに応えられません。

独自性を高めるためにも、読者が観光スポットを追体験できるテキストと写真を積極的に活用してコンテンツを構成しましょう

旅行先の特集記事や現地の文化、観光スポットに関する詳細情報などを充実させれば、記事の独自性が高まり検索エンジンにも評価されやすくなります。

旅行先のアクティビティに関する情報の充実

アクティビティに関する情報が充実しているサイトは、他の競合サイトと比較して観光地の特徴を魅力的に伝えられます。旅先の選別にも役立ち、訪れる価値があると感じさせることも可能です。

地域の自然環境や文化といった情報をコンテンツに反映させれば、ローカルSEO対策にもなります。ちょっとした豆知識が載っている記事は、SNSで共有されやすくなるというメリットもあるでしょう。

SNSの運用

SNSで企業アカウントを運用すれば、企業とユーザーが直接交流でき、ユーザーエンゲージメントも向上します。ユーザーからのコメントやシェア、いいね、などが蓄積されれば、間接的に検索エンジンのランキングに好影響を与える可能性も高まるでしょう。

旅行に行き「こんな体験が楽しかった」「こんな料理がおいしかった」といった感想をSNSに投稿したり、友人のそうした投稿にいいねやコメントをしたりするユーザーは多くいます。SNSはたくさんのユーザーが利用するプラットフォームであるため、企業アカウントを活用してサービスやブランドの可視性を向上する大きなチャンスです。

成果の測定と改善

コンテンツの公開後も、効果をモニタリングして柔軟に対応する必要があります。SEO対策の成果を評価するには「Google Analytics」のような分析ツールを活用すると便利です。PV数(Page View、見られたページの数)、ユーザー数(ページを見に来たユーザーの数)、コンバージョン率(記事を通じて目的を達成した率)などの変化はチェックしておきたいところです。

また、検索結果の順位変動と競合他社とのコンテンツ比較も必ず行いましょう。デジタル環境の変化は速く、検索エンジンのアルゴリズムも不定期に変更されますので、継続的に測定と改善を行うことが重要です。

成果が出ていない施策や課題が見つかったときには改善策を立て、実行しましょう。場合によっては記事のリライトも行います。

記事のリライト方法についてはこちらもチェック:「【具体例有】ブログ記事のリライトのやり方を徹底解説

旅行業界のSEO対策が難しい場合は外注がおすすめ

このように、旅行業界は競争が激しく、SEO対策の難易度も高くなっています。常に変化するアルゴリズムやトレンドへの迅速な対応も求められるため、専門的な知識と経験が必要です。

旅行業界のSEO対策には、コンテンツの質やキーワードの選定、外部リンクの取得など多岐にわたる要素が絡み合うため、専門的な知識を熟知していなければ効果的な対策は講じられません。自社内だけで無理にSEO対策を行うと逆効果になる恐れもあるので注意しましょう

自社にノウハウがない場合は、外部のSEO専門会社に依頼するのもひとつの解決策になります。

外注を活用すれば最新のトレンドやベストプラクティスに精通した専門家が戦略を展開するため、的確で迅速なSEO対策が可能です。

旅行業界のSEO対策を外注するメリット

旅行業界のSEO対策を外注するメリットは、次のとおりです。

  • 外部専門家の知識を活用できる
  • 自社のリソースを節約できる
  • 最新のSEOツールやテクノロジーを利用できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

外部専門家の知識を活用できる

旅行業界のホームページを最適化するには、デジタルマーケティングやSEOの専門知識が求められます。これを自社内で完結させるのはかなり困難でしょう。

しかし、外部の専門に依頼すれば、業界の最新トレンドや検索エンジンの変化にも迅速に対応できます。競争の激しいデジタル環境における優位性も確保でき、競合他社との差別化も図れるようになります。

自社のリソースを節約できる

SEOの戦略的な立案や実行には時間と手間が必要ですが、リソース不足に悩む企業は少なくありません。

そのような場合に外注を活用すれば、自社のリソースを本来の業務に集中させられます。近年ではコストの関係でリソースが限られている企業も多いですが、人件費と外注費のバランスや一人当たりの生産性を見ても、外注の活用は大きなメリットになるでしょう。

最新のSEOツールやテクノロジーを利用できる

SEOの専門会社に依頼すれば最新のテクノロジーを利用でき、変化の速いデジタル環境でも効果的な戦略を展開できます。

一時的に検索上位に載ったとしても、Webサイトを最新の要件に適合させ続けなければ、検索順位を維持・向上は期待できません。SEOの専門会社は検索エンジンのアルゴリズムを常にモニタリングしているため、最新のアップデートに合わせて迅速に対応することが可能です。

また、高度な分析ツールを駆使してトラフィックやユーザーの行動データを詳細に解析し、適切な戦略を立案・実行してくれます。

旅行業界のSEO対策の成功事例

弊社シンプリックも、SEOの専門会社として旅行業界のメディアをサポートした実績があります。

事例1:リクルート様

「旅行」というビッグワード単体でも検索上位に表示されている旅行プラン・宿泊予約サイトのじゃらん様。そのメディアサイト『じゃらんニュース』で、「地名×観光系キーワード」での自然検索経由の集客や、宿泊施設への送客を目的としたSEOサポートを行いました。

ヒアリングの際に「ユーザーに役立つ情報を提供したい」というご要望があったことから、女性ディレクターによる読者視点の企画および現地取材に基づく詳細な情報提供を実施。月5本のコンテンツ制作を継続した結果、50%の記事で検索結果のトップ10入りを達成し、検索流入増加に貢献しました。

事例2:海外都市の旅行情報紹介メディア様

新規メディアの開設をサポートした事例です。「ロンドンのおすすめ観光地」など、月間の検索回数が一桁台のスモールキーワードを狙って記事制作を行うことで、着実に上位表示記事を生み出した実績になります。

月間10~20記事を半年間定期的に公開した結果、執筆記事の70%が「都市名×◯◯」にて検索結果のトップ10にランクインという成果を出しました。

競合の多い分野では、ユーザーニーズを探し出し、そのニーズに丁寧に応えるWebコンテンツを用意することが非常に重要です。

今回ご紹介した2つの例では、コンテンツ作りの方針やキーワードの選定方法が成果につながったポイントになっています。

旅行業界では柔軟で効果的なSEO戦略の展開が重要

旅行業界の激しい競争を勝ち抜いて新たなユーザーを獲得するためには、SEO対策が欠かせません

デジタル環境は変化し続けており、これからも新たなトレンドやテクノロジーが登場するものと予想されます。そのため、検索エンジンのアルゴリズム変更やユーザーの行動パターンの変化にも敏感に対応し、柔軟で効果的なSEO戦略を展開する必要があります。

自社での対応も可能ですが、期待している成果が得られず悩んでいる企業も多いのが現状です。そのような場合に外注を活用すれば、豊富なノウハウに基づいたさまざまなアプローチが実現します。

旅行業界のSEO対策でお悩みの方は、ぜひ一度経験と実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

×

関連記事

  1. BtoB企業がSEOに取り組むべき理由を解説!ポイントを理解してSEO…

  2. SEO対策の費用を徹底解説!外注時のポイントも紹介

  3. 被リンクを効率よく調べる方法|無料で使えるチェックツールも紹介

  4. search_word

    【関連キーワードの調べ方と活用術】代表的な3つのツールをご紹介

  5. 「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会…

  6. SEO記事制作のおすすめ代行会社6選!会社選びのポイントや制作手順を解…

  7. construction-and-realestate-seo-TOP

    建設・不動産業界のSEO対策とコンテンツ制作のポイント

  8. コンテンツSEOとは?メリットや手順を徹底解説!

PAGE TOP