• SEO対策
  •    

SEOのよくある失敗例を公開!失敗しないための対策とは

 SEO対策はWEB集客やブログのアクセスアップなどに欠かせません。
しかし、どのようにすれば成功できるかわからない方も多いです。

成功者からSEOのノウハウを学ぶことも大切ですが、失敗例からでもSEOを成功に導く方法を習得できます。

この記事では、SEOのよくある失敗例をいくつか紹介し、失敗しないための対策について考えていきます。

SEOのよくある失敗 

SEOを成功させるには、良質なコンテンツを制作することが欠かせません。

しかし、いくら良質なコンテンツを制作してもキーワードの選定が間違っていたり、内部対策を疎かにしていると、最終的にSEOは失敗に終わってしまうでしょう。

SEOのよくある失敗はキーワードの選定やサイト設計に起因することが多いです。
コンテンツ以外の部分を見直すことで失敗を防げる可能性が高まります。

SEOのよくある失敗例を詳しく見ていきましょう。

KW選定ができていない

キーワードの選定ができていないと、SEOは失敗に終わってしまいます。

コンテンツSEOでは、コンテンツを制作する前に上位表示させたいキーワードを選定しておくことが必要です。
キーワードを選定しないでいきなりコンテンツを制作してもSEOの成功は望めません。

また、キーワードの選定を間違えてしまってもSEOは失敗します。
競合が強すぎて勝てないキーワードを選定しても、検索エンジンに上位表示される可能性は低下します。

ビッグキーワードと呼ばれる検索回数の多いキーワードを狙いすぎると、初めから勝てない勝負に挑んで消耗するだけです。

狙いたいキーワードがビッグキーワードの場合、検索上位は大手サイトが占めている可能性が高いので複数のスモールキーワードを組み合わせて対策する方が得策でしょう。

文章にKWがない

素晴らしい記事を書いたとしても、文章にキーワードがないとSEOは失敗してしまいます。
狙ったキーワードを記事中に使用することはSEO対策の基本です。

文字数が少ない記事は文章に盛り込まれるキーワードが少なくなるので、SEOでは不利になってしまいます。
例えば、文字数が少ない記事と文字数が多い記事を比べると、文字数が多い記事の方が文章に盛り込まれるキーワードの数は多くなります。

文字数が100文字の記事と1000文字の記事を比べると、1000文字の記事の方がSEOでは有利でしょう。
ただし、長文を書けばSEOに成功するとは限らず、対策キーワードを意識しながら独自性のあるコンテンツを制作するなどの工夫が必要です。

コンテンツの質が低い

コンテンツの質が低いと検索エンジンから評価されなくなり、検索順位の上位表示は見込めません。
内容の薄いアフィリエイトページや無断複製されたコンテンツは質の低いコンテンツと見なされ、掲載順位ダウンなどの処置の対象になる場合があります。

コンテンツの質が低いと、検索エンジンから評価されないだけでなく、わざわざサイトを訪問してくれたユーザーにも迷惑をかけてしまいます。
せっかくサイトを訪問したのに、内容が薄いとユーザーはすぐに離脱してしまい、二度とサイトを訪問することはないでしょう。

質の低いコンテンツを掲載すると、検索エンジンからもユーザーからも嫌われてしまうので、当然のことながらSEOは失敗してしまいます。

競合調査ができていない

インターネットの世界では、競合がひしめき合っています。
検索エンジンで上位表示を狙うには、競合サイトとの競争に勝たなければならず、競合調査をして競合サイトよりも上質なコンテンツを制作しなければなりません。

競合調査をしないと競合サイトの流入ワードなどがわからず、競合サイトよりも上質なコンテンツを制作するのは難しいでしょう。
競合調査をする際は、目視だけでなく必要に応じて分析ツールを使う必要があります。

競合分析のツールはahrefsMOZなどが有名です。

競合分析ツールを使って競合調査をすることで、どのようなキーワードを使うと上位表示ができるかや、ユーザーのニーズなども見えてきます。

内部リンクがない

サイトに内部リンクがないと、クローラーの巡回が少なくなりSEOに失敗してしまいます。

クローラーとは、検索順位を決定するためにサイトを巡回しているロボットのことです。

内部リンクは、自分のサイト内のページをつなぐリンクを指し、内部リンクが適切に張られているとクローラーはサイト内を巡回しやすくなります。

のクローラーはサイト内を巡回して、情報をのデーターベースにインデックスします。

インデックスされなければ検索エンジンの上位表示の可能性もありません。
内部リンクを適切に張って、クローラーが巡回しやすくすることがSEOでは重要です。

内部リンクを適切に張ることは、SEOの失敗を防ぐことにつながります。

外部リンクがない

外部リンクがないとSEOは失敗してしまいます。
外部リンクはユーザーが離脱する原因となりますが、ユーザーにとって有益がリンクであれば積極的に利用しましょう。

関連性のあるサイトに適度にリンクすることで、検索エンジンからの評価も高まります。

外部リンクとは、自分のサイトと外部のサイトとのリンクを指し、外部のサイトが自分のサイトにリンクを張ることを「被リンク」といいます。

外部リンクをするだけでなく、ほかのサイトからリンクをもらえるようなサイト作りも同時に意識しましょう。

SEOで失敗しない方法とは

SEOの失敗例を分析してみると、キーワードの選定やサイト設計などコンテンツ以外の部分に問題があることがわかります。

SEOで失敗しない方法はユーザーのニーズを的確に把握し、適切なキーワードを選定して、ユーザー目線のコンテンツを作ることに尽きます。

サイト設計を徹底し、PDCAサイクルを回して定期的に改善することも大切です。
ここからは、SEOで失敗しない方法を詳しく見ていきます。

ペルソナを絞る

マーケティング用語で、ユーザー像のことを「ペルソナ」といいます。
ペルソナを絞るとユーザーの気持ちになってコンテンツを制作できるようになり、SEOの失敗を防ぐことにつながります。

上質なコンテンツを制作するにはユーザー目線が大切であり、ユーザーになりきることで、より良いコンテンツを制作できるでしょう。

ペルソナを設定する際は、一人の架空の人物をイメージして、年齢や性別などの属性だけでなく、趣味や価値観、これまでの人生の歩みなどを詳細に設定することが重要です。

ペルソナを絞り込むほど、ユーザーのニーズを詳細に把握できるようになります。

サイト設計を徹底する

SEOの失敗を防ぐには、SEOに効果的なサイト設計をすることが必要です。
SEOに効果的なサイト設計をすることで、ユーザーの利便性とクローラーの回遊効率が高まり、検索順位の上位表示につながります。

SEOに効果的なサイトとは「検索エンジンに評価されやすいサイト」のことです。
検索エンジンに評価されやすいサイトにするには、ユーザークローラーを考慮してサイト設計を行うことがポイントです。

ユーザビリティ(ユーザーの利便性)を高めるには、内部リンクを正しく設置して、ユーザーが見たい情報に素早くアクセスできるように設計しましょう。
内部リンクを正しく設置することはクローラビリティの向上にもつながり、インデックスされやすくなります。

KW調査に時間をかける

ユーザーの気持ちになりきって、どのようなキーワードを検索エンジンに入力するのかを徹底的に考えましょう。

KW調査の時はペルソナを絞っておくと、ユーザーのニーズを詳細に把握できるようになりユーザー目線でキーワードを選定しやすくなります。

また、キーワードを選定する際はツールを使用し、キーワードの候補をたくさん出しておくことも大切です。
キーワードの候補の中から検索上位につながるキーワードを絞り込み、そのキーワードを文章に盛り込んでコンテンツを制作します。

なお、キーワードの選定に役立つSEOツールとして、Googleが提供しているキーワードプランナーGoogleトレンドなどがあり、他にもいろいろなツールがあります。

ユーザー目線のコンテンツを制作する

ユーザー目線のコンテンツを制作することは、SEOの失敗を防ぐうえで極めて重要です。
サイトに掲載するコンテンツはユーザーのためのものであり、ユーザーに満足してもらえるようなコンテンツを制作すると、必然的に検索順位もアップするでしょう。

ユーザーに満足してもらうには、上位表示させたいキーワードをはっきりと決め、そのキーワードで検索したユーザーに満足してもらえるような質の高いコンテンツを制作することが必要です。

質の高いコンテンツを制作するには、ユーザーの目線で、どのようなコンテンツだとユーザーに満足してもらえるかを絶えず意識して、ユーザーが知りたい情報をわかりやすく伝えることが重要になってくるでしょう。

定期的に改善する 

サイトはPDCAサイクルを回して定期的に改善することが必要です。
PDCAサイクルとは、計画を立て(Plan)、それを実行し(Do)、効果を検証・評価し(Check)、改善する(Action)一連の流れを指します。

コンテンツSEOだと、「キーワードを選定してコンテンツを制作し、SEO効果を検証して改善する」という流れになります。
PDCAを繰り返すことでより充実したサイトになり、検索順位も徐々に上がってくるでしょう。

SEO対策を施しても効果が出るまでには時間がかかるので、地道にPDCAサイクルを回していくことが大切です。

SEO対策に失敗しないためにコンテンツをプロに外注しよう

ここまで、SEOの失敗例を紹介し、失敗しないための対策を考察しましたが、適切なキーワードを選定して質の高いコンテンツを制作するのは簡単ではありません。

SEO対策の失敗を防ぎたい方は、コンテンツをプロに外注することをおすすめします。
プロに任せることでSEOの失敗を防ぎ、検索上位につながる質の高いコンテンツを制作できます。

シンプリックはSEO15年以上の実績とノウハウがあり、SEO対策に深く精通しています。

SEO対策に精通しているスタッフとライター、校正者、編集者が協力してコンテンツを制作しており、品質向上の要である「企画構成力」と「編集校正力」に強みがあります。

SEOで失敗しないためのコンテンツを制作したい方は、シンプリックにご相談ください。
検索上位につながる質の高いコンテンツを制作して、WEBマーケティングの成功をサポートいたします。


関連記事

  1. 握手するビジネスマン

    SEO対策を依頼できる会社とは?メリット・デメリットや会社の選び方を紹…

  2. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  3. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

  4. search-engine

    SEOとリスティング広告の違いや運用の判断基準。リスティング広告はSE…

  5. 記事のリライトとSEO|効果を上げるためのリライトのコツ、方法とは?

  6. disital-marketing

    ディスクリプションとは? SEO効果との関係性や記述方法・CTRを高め…

  7. web-search

    Google検索結果に表示されるタイトルはどのように生成される? 最新…

  8. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

PAGE TOP