women-typing
  • SEO対策
  •    

SEO記事制作のおすすめ代行会社8選!外注するメリット・デメリットや相場もあわせて解説

SEO記事制作を内製するのは大変です。社内リソースに余裕があり、ノウハウを持つ人材が充実している場合を除き、SEO記事制作は外注するのが賢い選択です。

しかし、SEO記事制作の代行はよいことだけではありません。SEO記事代行のデメリットを正しく理解し、どのような外注先があるのか事前に抑えておきましょう。

記事では、SEO記事を外注するメリット・デメリットや外注費用の相場、そしておすすめの外注先について解説します。社内でのSEO記事制作に負担を感じられている方は、ぜひチェックされてみてください。

SEO記事制作におけるボトルネック

SEO施策は検索エンジン経由から多くの顕在・潜在顧客を獲得できます。しかし、成功させるまでにはいくつかのボトルネックが存在します。ここでは大きく2つに分けてご紹介します。

継続して制作し続けることが難しい

SEO施策は多くの事業者にとって良質な流入を増加させるために有効なマーケティング施策です。しかし、SEOライティングに長けた人材が常に社内にいるというわけではありません。そのため、本業でライティングをしたことがない社員が別のメインの業務と並行しながら、SEO施策を進めなければならないという場面が多くあります。

しかし、SEO記事制作を一本制作するには、いくつかの工程を丁寧に行なう必要があり、慣れない社員が継続するのには負担を要します。そのうえ、定期的にGoogleアナリティクス等でデータ分析を行ない、SEO施策全体の調整をするのは幅広い知識とスキルが必要です。

よって、全てを社内で行なおうとするのではなく、SEOライティングは外注して社内の負担を減らさないとなかなか継続できません。

一生懸命書いたSEO記事が検索上位に入らない

SEOに精通したプロのライターが執筆を行なわない場合、苦労して書いたSEO記事がなかなか検索エンジンに評価されないというケースがよくあります。

また、自社の事業やサービスに適したSEOキーワード選びから誤っている可能性もあり、その誤りに気づかぬまま無駄なSEO記事を量産している場面もあります。

SEO記事制作の時間やコストを無駄にしないためにも、記事制作は社外のプロに依頼したほうがよいのです。

SEO記事制作の流れ

remote-work

SEO記事の制作は、SEO施策内の「コンテンツSEO施策」に含まれます。そして、SEO記事制作の流れは以下の通りです。

1. SEOキーワードの決定

2. 競合上位コンテンツの調査

3. 記事の構成作成

4. 記事の執筆

5. 記事の推敲(第三者による推敲)

6.  WordPress 等のCMSへの入稿および掲載

良質なSEO記事を安定して制作し続けるには、上記の工程を丁寧に進める必要があります。

SEO記事制作を外注するメリット・デメリット

では、SEO記事制作を外注するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。マイナスな面もしっかりと理解して外注を検討しましょう。

メリット

SEO記事制作を外注するメリットは、社内の記事制作の負担が減ることです。

SEO記事制作を行なうには、1記事ずつ文章を制作していかなければなりません。普段から文章の執筆に慣れているライターでも、コツコツと制作し続けるのは骨の折れる作業です。

ライターによって差はありますが、1記事の執筆には3時間から5時間ほどはかかります。社員が別の業務と並行しながら、SEO記事を書き続けることは非常に大変なのです。

デメリット

SEO記事制作を外注するデメリットは、外注先のライティングスキルによって質にムラができる恐れがあることです。

外注先のライターのスキルや意識が高ければ品質は高く維持されますが、そうではない場合、社内で制作するよりも品質が下がってしまう可能性があります。

そのため、求めるクオリティをその外注先がかたちにしてくれるかどうか、依頼前に過去のポートフォリオなどを含め制作能力やコミニケーションスキルを把握しておく必要があります。

SEO記事制作の外注先

desk-work

SEO記事の外注先には、大きく「制作会社・編集プロダクション」または「個人・クラウドソーシング」に分けることができます。以下に、それぞれの違いをご説明します。

制作会社・編集プロダクション

制作プロダクションや編集プロダクションはSEO記事制作を専門としている会社です。会社によってはSEO記事制作以外のコンテンツ制作またはWebマーケティングの支援全般を請けるケースもあります。

フリーランスに比べると、制作能力だけでなく納期に間に合わせる進捗管理体制も整っているため、安定したペースで記事掲載できます。

一方、法人として運営しているためライターやディレクターの人件費に加え、会社の利益分が費用に上乗せされるため全体の費用はやや高くなる傾向にあります。また、月予算5万円程度というような小額な案件には対応していないケースもあり、単発の記事制作には向いていません。

個人・クラウドソーシング

個人とはフリーランスまたは副業で活動しているSEOライターのことです。クラウドソーシングとはフリーランスのマッチングをサポートするプラットフォームのことで、構造はフリーランスへの発注と同じです。

フリーライターへの発注は小額から依頼することができ、ライターにもよりますが記事一本から依頼をすることができます。また制作会社や編集プロダクションと違い個人事業主のため、フリーライターの方が安価に依頼できる傾向にあります。

ただし、フリーランスをマネジメントする人はいないため「個人によっては品質にムラがある」または「スケジュール通り制作が進まない」などといったジレンマが発生する可能性もあります。

SEO記事の外注費用の相場

SEO記事の外注費用は安いものからそうでないものまで、やや幅があります。しかし、適切ではない相場の場合、低クオリティのSEO記事に繋がる可能性が高いので、ここでは健全な相場をお伝えします。SEO記事制作の外注相場は以下の通りです。

一般的なSEO記事(構成から執筆まで)文字単価5円以上
専門知識を有するSEO記事(構成から執筆まで / 資格を有する情報や医療・金融に関する記事など)文字単価7円以上

SEOキーワードにもよりますが、SEO記事は1記事3,000文字から10,000文字程度が一般的ですので、1記事の単価は15,000円から70,000円ほどが相場だと考えられます。

SEO記事制作を代行する制作会社・編集プロダクション

それでは、SEO記事制作を代行するおすすめの制作会社・編集プロダクションをご紹介します。ご紹介するのは、全6社です。

1. 株式会社シンプリック

simplique

株式会社シンプリックは、Webマーケティングに強い編集プロダクションです。特にSEO施策に関しては、SEO業界歴15年の代表を中心に質の高いソリューションを提供しています。得意ジャンルやスキル別に約300名のライターを抱えており、顧客の執筆ニーズに合わせて、適切な制作体制をつくることができます。

また、検索上位獲得の再現性が高い「企画・構成ノウハウ」「編集・校正ノウハウ」を確立しているため、SEO記事制作の本数と継続期間に応じて、Web集客力の向上が可能です。現在は、オフィスを都内から熊本市に移し、地方から顧客の支援を行なっています。

特徴・SEO業界歴15年の代表をはじめ、プロフェッショナルが記事制作を担当
・検索上位獲得の再現性が高い制作ノウハウを確立している
・多くのライターとネットワークを構築しているので様々なジャンルに対応できる
価格・文字単価5円以上から

2. 株式会社リファイド

leafhide

株式会社リファイドは、SEO業界歴10年以上のオウンドメディア運営や記事制作代行を専門とする会社です。「自社のオウンドメディアを活性化させたい」「新規でメディアを立ち上げスピーディーにSEO効果を出したい」などのニーズを抱えた顧客に支持されています。

ライターには、元新聞記者やその他の媒体で活躍中の方も多く在籍しており、ライターの採用合格率は10%です。高品質なニュース記事や集客を目的としたコラム記事など顧客のニーズに合わせての記事制作が可能です。

特徴・コンテンツに不備があれば、修正回数 無制限でリライトに対応
・採用合格率10%の厳選されたライターが在籍
・速報性が求められるニュース記事または集客を狙ったコラム記事が得意
価格・資料請求による確認が必要

3. 株式会社Bridge

bridge

株式会社Bridgeは、インターネット広告代理事業やコンテンツマーケティング事業を手がける会社です。当社を創業した代表は元サイバーエージェント社の社員であり、Webマーケティング関する高い知見を持って企業の課題解決に当たると評判です。

株式会社Bridgeが手がけるSEO記事制作の代行は、構成からライティングまで一気通貫で対応。最新のSEOアルゴリズムに沿ったライティングを行ないます。費用は構成から執筆までのSEO記事制作で文字単価5円以上から。撮影付きの取材記事制作にも対応しています。

特徴・SEOだけでなくWebマーケティング全般に高い知見を持った会社
・SEO記事制作を構成から執筆まで一気通貫で対応
・ひと月に「SEO記事200本」という大量制作が可能
価格・文字単価5円以上(構成から執筆・入稿まで)

4. 株式会社グリーゼ

gliese

株式会社グリーゼは、2000年設立のコンテンツマーケティングを専門とする会社です。サービスにはコンテンツマーケティングの導入パックやお客様の担当者を育成するパック等、制作だけでなく育成も含めた支援を行なっています。

導入支援サービスではコンテンツマーケティングの戦略立案から分析までトータルにサポート。SEO記事制作だけではなく、Web集客全体の視点から施策を動かしていくことができます。記事制作もSEO記事だけでなく、インタビュー記事や調査レポートやダウンロード資料の作成等にも対応可能です。

特徴・コンテンツマーケティング業界で歴史のある会社
・SEO支援だけでなくコンテンツマーケティング全体から戦略立案が可能
・各種マーケティングオートメーションの実装にも対応可能
価格・費用は要相談

5. 株式会社エストリンクス

estlinks

株式会社エストリンクスは、静岡県にあるデジタルマーケティングカンパニーです。2012年の創業以来、月間1,000記事以上の制作、約150社の企業様の対応などSEOコンサルティングを中心に事業展開してきました。

SEOの記事制作だけではなく、キーワードの選定からサイトの内部施策まで対応。これまでの経験で培われたナレッジが社内には蓄積しており、再現性の高いSEO支援を行なっています。SEO記事制作に関しては、ジャンルごとに適切なライターをアサイン。社内外のライターをマネジメントし、大量の記事制作に対応しています。

特徴・数字につながるSEO支援のノウハウが確立している
・お客様の課題に寄り添うSEOコンサルタントが在籍
・人と検索エンジンの双方が価値を感じるコンテンツ制作を実現
価格・費用は要相談

6. 株式会社YOSCA

yosca

株式会社YOSCAは、元書店員の代表が創業したライター育成に実績のある編集プロダクションです。SEOライティングだけでなく、取材ライティングやリサーチ記事制作など幅広いライティング業務を手掛けています。

当社では「フリーライターのよりどころ」というライター向けのプラットフォームも運営。会社ホームページには、『表現力よりも思考力を持つライターを重視している』と記載されているように、商業ライティングの質を高める組織づくりを強く意識しています。

また、会社ホームページでは各業務ごとの費用を細かく公開しており、SEOライティングついても記事ジャンルや工程ごとの細かい費用感を事前に知ることができます。

特徴・商業文の品質にこだわった育成システムが確立している
・検索エンジンだけではなく人が読んでも読み応えのあるコンテンツ制作が可能
・ホームページに各業務の費用を全て公開しているので発注時に安心できる
価格・文字単価5円以上から

SEO記事制作を代行してくれるクラウドソーシングサービス

SEO記事制作を代行してくれるおすすめのクラウドソーシングサービスをご紹介します。ご紹介するのは、以下の2つのサービスです。

1. ランサーズ

lancers

ランサーズは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。2008年にリリースされ、国内初のクラウドソーシングサービスとして知られています。

ランサーズには数多くのSEOライターが登録しており、ユーザ検索機能を使って自社にあったライターをすぐに見つけることができます。案件を作成し多くのライターを集めることや、特定のライターに個別に仕事の相談をすることも可能です。ランサーズでは「認定ランサー」の認証制度などもあり、誰がどれ程度の実績があるかが一目でわかります。

特徴・国内初のクラウドソーシングサービスである
・多くのSEOライターが在籍しており、個別にすぐ相談できる
・過去の実績や評価が一目でわかるため、スキルのあるライターを選別しやすい
価格・文字単価5円以上から(厳密にはライターの見積もりによる)

2. クラウドワークス

crowdworks

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサービスです。大枠の機能はランサーズとさほど変わりませんが、登録ライター数はクラウドワークスの方が多いです。こちらもSEOライターのこれまでの実績や評価・ポートフォリオを一目で確認することが可能で、自社の事業に適したライターに相談することができます。

特徴・得意ジャンルごとのフリーランスにすぐ仕事の相談ができる
・ランサーズよりも登録ライター数が多い
・フリーランスごとに報酬の微調整がしやすい
価格・文字単価5円以上から(厳密にはライターの見積もりによる)

自社の体制や課題にあわせた外注先選びを

記事でも触れたように、SEO記事制作を全て自社内で行なうのは大変です。キーワード選定などの上流工程は社内で進め、SEOライティングはアウトソースするなどして、無理のない運用体制をつくるのがコンテンツSEO施策のポイントです。
事業主によって、SEO施策の目的や社内の体制は異なるかと思いますので、自社内の状態にあわせて適した外注先を選ぶようにしてください。そのときに、この記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事

  1. graph-hands

    SEO対策のメリット・デメリットとは?Web集客において、なぜ重要であ…

  2. 【2021年最新】SEO対策とは? SEOの歴史から内部施策・コンテン…

  3. 記事のリライトとSEO|効果を上げるためのリライトのコツ、方法とは?

  4. seo-brock

    サイトの更新頻度はSEO評価に関係する? 検索順位を上げるために更新頻…

  5. 【事例有り】コンテンツSEOとは?記事を継続して公開し集客資産をつくる…

  6. SEO施策の見積もり依頼時のチェックリスト。良い発注のために意識すべき…

  7. 強調スニペットとは? 強調スニペットの種類と表示されやすくなるための4…

  8. ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクにつ…

PAGE TOP