• SEO対策

SEO記事制作のおすすめ代行会社6選!会社選びのポイントや制作手順を解説

SEOで成果を出すためには「記事制作」が欠かせません。Googleは検索ユーザーが満足する質の高い記事を上位表示させるよう検索順位を常に調整しており、検索ユーザーを満足させられない質の低い記事が上位表示されることはほとんどありません。

しかしSEOで成果を出せる質の高い記事を制作するのは簡単ではないです。多くの企業がWebサイトへの流入を増やすために記事制作に取り組んでいますが、取り組み方が間違っていることが原因で期待した成果を得られていません。

また一つの記事を制作するだけでも多くの労力・時間を要するため、継続的に質の高い記事を制作できている企業はあまり多くありません。継続的な記事制作によりSEOで成果を出すためには「記事制作代行会社への外注」がおすすめです。記事制作にかかる自社リソースを抑えつつ、SEOの知見が豊富なプロに記事制作を任せることで期待した成果を得られる可能性が上がります。

この記事ではSEOで成果を出せる質の高い記事を制作する手順、また記事制作を外注するメリットや会社選びのポイント、費用相場などをお伝えします。最後におすすめの記事制作代行会社を5社紹介するため、SEOを成功させるために気になる会社がありましたらぜひ相談してみてください。

また「そもそもSEOについてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

このサイトを運営している弊社シンプリックは、「SEOで成果を出せる質の高い記事の制作」に強みを持っている会社です。豊富な実績と、それに裏付けされた人材レベルの高さを元に、プロフェッショナルが「熱意を持って」お客様のSEO成功を支援します。

SEO記事制作では「質」が最重要


改めて、SEOで成果を出すためには「記事制作」が欠かせません。サイト上で記事を制作することで記事の内容に興味がある人を惹き付け、アクセス数を増やします。アクセス数が増えればそのうちの一部の人が運営元の商品を購入してくれるかもしれません。

サイトへのアクセスやコンバージョン(商品購入や問い合わせなどの成果)を獲得するために、記事を制作してGoogleなどの検索エンジンで記事を検索結果の上位に表示させるための対策がSEOです。しかしここで気をつけなければいけないのは、制作する記事は「質が高いものでないと意味がない」ということです。記事制作においては「質」が最重要です。

SEOで成果を出せる質の高い記事の制作手順について解説する前に、まずは記事の「質」について詳しく理解しましょう。

なぜ「質」が最重要なのか

SEOにおいて質の高い記事を制作するのが重要なのは、すでにご存知かもしれません。それではなぜ「質」が最重要なのでしょうか。

Googleは検索ユーザーが満足する質の高い記事を検索結果の上位に表示させようとします。例えば「革靴 磨き方」というキーワードをGoogleの検索窓に入力して検索してみます。


このキーワードで検索するユーザーはおそらく「革靴を綺麗に磨く方法が知りたい」と思っているでしょう。このとき検索結果の上位にヒット「されるべき」記事は以下のうちどれでしょうか。

  • A:専門的な知識を有する人が、革靴を綺麗に磨く方法を画像などを使い丁寧に解説した記事
  • B:革靴をお得に購入する方法を解説した記事
  • C:渋谷区のおすすめのケーキ屋を紹介した記事

一目瞭然で「A」であることが分かるかと思います。「革靴 磨き方」というキーワードで検索したユーザーの知りたいことをピンポイントで伝えているため、「A」の記事を読んだ検索ユーザーはきっと満足するでしょう。

「B」の記事は革靴というジャンルではありますが、検索ユーザーを満足させられるものではありません。なぜなら「革靴の磨き方」を知れないからです。「C」の記事は論外ですね。

【「革靴 磨き方」の検索結果】


ところでGoogleが検索サービスを通じてどうやってお金を稼いでいるかご存知でしょうか。Googleは検索結果内に企業などの広告を表示させ、広告収益を得ています。例えば「パーソナルジム おすすめ」というキーワードで検索すると、検索結果は以下のようになります。


検索するキーワードによっては、このように「広告」の文字が付けられた広告枠が表示されます。Googleは多くの人に検索サービスを使ってもらえないと十分に広告収益を得られません。そして多くの人に検索サービスを使ってもらうためには、人々にとって検索サービスが「使いたい!」と思えるものでなくてはいけません

先ほど「A」「B」「C」の記事について説明しましたが、実は一昔前のGoogleの検索結果には「革靴 磨き方」と検索したときに「B」や「C」の記事が上位表示されることがありました。つまり検索ユーザーを満足させられない記事が上位表示されていたのです。

これでは多くの人から使いたいと思ってもらえないため、Googleは検索ユーザーを満足させる質の高い記事が上位表示されるように、検索結果を最適化しました。最適化を行なったのはGoogleの世界トップレベルの天才エンジニアたちです。

天才エンジニアたちの取り組みにより、今では検索ユーザーを満足させらない記事が検索上位を獲得できることはほとんどなくなりました。

だからこそ記事を検索結果の上位に表示させて多くのアクセスを集めるSEOにおいて、検索ユーザーをいかに満足させるかという「質」が最重要なのです。

Googleの公式サイトでも、質の高い記事が上位表示されるということが明言されています。

Google の自動ランキングシステムは、検索エンジンでのランキングを上げることではなく、ユーザーにメリットをもたらすことを主な目的として作成された、有用で信頼できる情報を検索結果の上位に掲載できるように設計されています。

引用元:https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/creating-helpful-content?hl=ja

質の低い記事をいくら量産しても、検索結果で上位表示されないため制作にかけた労力・時間が無駄になります。SEOで記事制作に取り組むのなら、「必ず」質の高い記事を制作しなければいけないということを肝に銘じましょう。

「質の高い記事」とは、何か


SEOに本気で取り組んでいくにあたり、質の高い記事を継続的に制作することは欠かせません。それでは「質の高い記事」とは、何でしょうか。これを理解して自分の言葉で説明できないようであれば、SEOの取り組みが成功することはありません。

質の高い記事の特徴として重要なのは「検索ユーザー(読者)を第一に考えている」ということです。検索ユーザーを第一に考えた記事について、Googleが公式サイトでこのように明言しています。

ユーザーを第一に考えたコンテンツとは、主にユーザーのために作成されたコンテンツであり、検索エンジンのランキングを操作することを目的としたものではありません

引用元:https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/creating-helpful-content?hl=ja#focus-on-people-first-content

一昔前は、多くのサイト運営者が悪質な手法・テクニックを使い記事を上位表示させていました。しかし今では「検索エンジンのランキングを操作することを目的とした」記事、つまり悪質な手法・テクニックを使っている記事は上位表示されません。上位表示のために重要なのは、「ユーザーを第一に考えた記事を制作すること」です。

検索ユーザー(読者)を第一に考えることを前提として、「ユーザーの検索意図を最大限満たす記事」が質の高い記事です。ユーザーがGoogleで何かキーワードを入力して検索する際、そこには必ず検索意図(知りたい、したい、買いたいなど)が存在します。その検索意図を他のどの記事よりも満たす記事は、狙ったキーワードで上位表示されやすくなります

そのため質の高い記事を制作するためには、必ず以下の4点について深く考え、明確にする必要があります。

  • どのキーワードで上位表示を狙うか(検索キーワードには検索意図が詰まっている)
  • そのキーワードで検索するユーザーはどんな人か(誰の検索意図を満たすために記事を制作するか)
  • そのキーワードで検索するユーザーはどんな検索意図を持っているか
  • 記事を通じて何をどんな順番で伝えれば、検索ユーザーの検索意図を最大限満たせるか

質の高い記事とは何かを理解したうえで、これから紹介する質の高い記事の制作手順に沿って記事制作に取り組めば、SEOの成功確率を格段に上げられます。

【8ステップ】SEO記事制作の手順

多くの企業が記事制作の適切な手順を知らないまま間違った方法でSEOに取り組み、その結果期待した成果を得られずに取り組みを止めます。記事制作を社内のメンバーで行う場合でも、外注する場合でも、ここで紹介する質の高い記事を制作するための手順は必ず理解しておくべきです。

ここでは記事制作の手順を8ステップで順に解説します。


弊社シンプリックは、ここで紹介する8ステップに沿って、「成果の出る」質の高い記事制作を行っている会社です。SEOで成果を出し、サイトに多くのアクセスを集めたいとお考えであれば、ぜひお気軽にお声がけください。

ステップ1:ペルソナの設定


ペルソナとは、「自社の商品を購入・利用してくれる象徴的なある一人を具体的にイメージした人物像」です。ペルソナを設定することで、自社サイトから発信する情報を「誰に」届けるかが明確になります。

誰に向けて記事を制作していくかが明確になれば、より具体的で実用的な記事を制作できます。この「誰に」という部分が不明確な場合、記事の内容も一般的かつ抽象的なものになり、Googleで上位表示を獲得できる可能性が低くなります。

すでに設定済みの場合、このステップは不要です。しかし以下の質問に対して自信を持って「はい」と答えられないのであれば、改めてペルソナについて深く考え、適切に設定しましょう。

  • ペルソナは自社にとっての象徴的な人物像(顧客像)として適切ですか?
  • 設定したペルソナに対して記事を通じて情報を届けるにあたり、本当にそのペルソナで良いと断言できますか?
  • ペルソナがどのようにして自社と出会い、どのような過程を経て自社商品を購入するかイメージできますか?
  • ペルソナが抱えているニーズ(欲求)を具体的に説明できますか?

ペルソナを設定した後、ペルソナが抱えているニーズや自社商品を購入するまでの流れについて深く考えてみましょう。ペルソナを設定すること、ペルソナについて深く考えることが、次からのステップに大きく影響します。このステップを疎かにすると次からのステップの精度が落ちてしまい、SEOの成功確率が下がります。

ペルソナの設定方法について、以下の記事でより詳しく解説しているため興味があればぜひお読みください。

ペルソナの書き方をマスター!実例と活用方法で理解を深める

ステップ2:対策キーワードの調査・選定


ペルソナの設定ができたら、対策キーワードの調査・選定を行います。対策キーワードとは、「記事を上位表示させたい検索キーワード」のことです。対策キーワードが決まらないと、質の高い記事は絶対に制作できません。しかし多くの企業がSEOに取り組む際、対策キーワードを決めずに記事制作を行っています。多くの企業がSEOに失敗する原因は、ここにあります。

対策キーワードは、ペルソナがGoogleで検索しそうなキーワードを選びましょう。ペルソナが検索しなさそうなキーワードを選んでしまうと、そのキーワードで記事が上位表示されたとしても自社に興味を持ってもらえないため、商品販売につながりません。

例えば弊社シンプリックはSEO支援の会社ですが、「ダイエットにおすすめの健康食品10選」という内容の記事を制作しても、その記事を読んだ人が弊社のSEOサービスに興味を持って問い合わせを行う可能性は限りなく低いです。

どの対策キーワードを選ぶかは、記事制作において最重要といっても過言ではありません。以下の3つの要素を満たすキーワードを選ぶ必要があります。

  • そのキーワードで検索して記事に訪れたユーザーは、自社商品に興味を持ってくれる可能性が高い
  • そのキーワードで検索するユーザーが、一定数以上存在する
  • そのキーワードで上位表示されるよう制作した記事が、実際に上位表示される見込みが十分にある

誰も検索しないキーワードで記事が上位表示されても意味がありません。必ず一定数以上検索されているキーワードを選びましょう。キーワードの検索回数を調べられるツールに「aramakijake」があります。例えば「ダイエット方法」というキーワードの検索回数を調べると、Googleで月間「17,760回(推定)」検索されていることが分かります。


次に「ダイエット方法 自分に合った方法」というキーワードの検索回数を調べると、以下のように表示されました。


「aramakijake」では検索回数があまりにも少ないと、「データが見つかりませんでした」と表示されます。つまりこのキーワードを選んでしまうと、制作した記事が上位表示されてもアクセスが入ってこないというわけです。キーワードの検索回数を調べるツールには、他にも「Googleキーワードプランナー」や「Ubersuggest」などがあります。

また対策キーワードで実際に上位表示できそうかどうかも確認するべきです。サイトの運用年数やページ数などさまざまな要因によって、自社で制作する記事が、狙った対策キーワードで上位表示できる見込みがあるかは異なります。もしサイトへの流入数が少なく、これから本格的にSEOに取り組む段階であれば、「ロングテールキーワード」を選ぶのがおすすめです。

ロングテールキーワードとは、以下2つの条件を満たしたキーワードのことです。

  • 月間検索数が100〜1,000程度
  • 複数のキーワードから構成されるキーワード(「ダイエット方法 おすすめ」など)

例えばサイトを立ち上げて間もない場合、「ダイエット」というキーワードで検索上位を獲得することはほぼ不可能です。「ダイエット」のような単一語かつ検索回数が多いキーワードを「ビッグキーワード」と呼びます。

ビッグキーワードで記事が上位表示されれば多くの流入を見込めますが、多くのサイトが上位表示を狙っているキーワードであるため、上位表示の獲得は極めて難しいですそのため、まずは上位表示を獲得できそうなロングテールキーワードを狙うのがおすすめです。

キーワード調査・選定の具体的な方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

ステップ3:競合記事の調査


Googleで上位表示される記事を制作したいのなら、競合記事の調査は欠かせません。競合記事とは「対策キーワードですでに上位表示されている記事」のことです。対策キーワードにおいて、競合記事よりも検索ユーザーの検索意図を満たす質の高い記事を制作すれば、上位表示される可能性が高くなります

質の高い記事を制作する際は、「競合記事よりも」質の高い記事であることが重要です。検索順位は競合記事との相対評価で決まるため、競合記事よりも質の高い記事を制作するためにしっかり調査しましょう。

競合記事を調査することで、自社が制作する記事を上位表示させるための重要なヒントを得られます。なぜなら競合記事は、すでに対策キーワードにおいて「検索ユーザーの検索意図を満たす記事である」とGoogleに評価されているからです。競合記事には上位表示獲得のためのヒントが詰まっています

ただし競合記事のコピーコンテンツとならないように注意しましょう。あくまで参考程度に留め、自社独自のオリジナリティのある記事を制作する必要があります

競合記事の調査に有効なのが、「ラッコキーワード」という無料ツールです。例えば「革製品 おすすめ」というキーワードで記事を上位表示させるために競合調査を行うとします。その際、ラッコキーワードでキーワードを入力して検索すれば、競合に関するさまざまな情報を取得できます。


検索後、サイドバーの「見出し抽出(上位20サイト)」をクリックします。そうすれば、対策キーワードにおける競合記事のタイトルや見出し構造、文字数などを一覧で確認できます。


競合記事のタイトルや見出しを参考にすることで、検索ユーザーの興味を惹きつけるタイトル設定、また検索意図を満たす見出し設定がしやすくなります。

他にもサイドバーの「共起語(上位20サイト)」をクリックすれば、競合記事が対策キーワードと一緒に使う回数が多いキーワード(共起語)を調査できます。これにより、対策キーワードで上位表示を獲得するために、記事内で積極的に使うべきキーワードが分かります。


競合記事は、自社で制作する記事を上位表示させるためのヒントが詰まっている宝の宝庫です。ツールを有効活用してしっかり調査しましょう。

ステップ4:検索意図の明確化


キーワード選定と競合調査ができたら、検索意図の明確化を行いましょう。おそらくここまでのステップで検索ユーザーの検索意図はある程度イメージできているはずです。このイメージを明確化することで、検索意図を満たすために「何をどんな順番でどのように伝えるべきか」を深く考えられます。

検索意図とは、検索の「目的」のことです。あるキーワードを入力して検索した際、検索ユーザーには必ず何か目的があります。例えば「革製品 おすすめ」と検索したユーザーには、「おすすめの革製品を知りたい」という検索意図があるでしょうし、「amazon」と検索したユーザーには「amazonの通販サイトに行きたい」という検索意図があるでしょう。

「対策キーワードで検索するユーザーは、どのような検索意図を持っているか?」

これを深く考えることで、次のステップからの精度が大幅に上がります。検索意図を考える際は、競合記事の調査結果が役立ちます。競合記事は対策キーワードにおいてすでにGoogleから評価を受けている、つまり検索ユーザーの検索意図を満たしている記事です。競合記事のタイトルや見出し構成、記事の内容を調査することで、「競合記事はこの情報を伝えているから、おそらく検索ユーザーはこのような検索意図を持っているだろう」と想像できます。

検索ユーザーの検索意図を考える際にも、先ほど紹介した「ラッコキーワード」が役立ちます。例えばキーワードを入力して検索した際に表示される「サジェストキーワード」からは多くのヒントを得られます。サジェストキーワードとは、「対策キーワードと関連性がある、また連想されるキーワード」のことです。


例えば「革製品 おすすめ」のサジェストキーワードには「革製品 おすすめ メンズ」や「革製品 おすすめ レディース」といったキーワードが存在するため、「メンズ(レディース)におすすめの革製品を知りたい」という検索意図がある可能性が高いです。

ツールなどを活用して検索意図を考えられるだけ洗い出し、検索意図を網羅的に満たす記事を制作できるようにこのステップでしっかり準備しましょう。

ステップ5:見出し案の作成


対策キーワードを決めて競合調査を行い、検索意図の明確化ができたら見出し案の作成を行いましょう。ここまでのステップにしっかり取り組んだ場合、見出し案の作成はスムーズに精度高く行えるはずです。

見出し案の作成とは、記事の骨格となる見出しを配置することです。例えば今読んでいるこの文章は「ステップ5:見出し案の作成」という見出しの中で書かれています。またこの見出しは「【8ステップ】SEO記事制作の手順」という見出しの中にあります。

見出し案の作成とは、つまり「何をどのような順番で伝えるかを決めること」です。対策キーワードを元に考えた検索意図を網羅的に満たす記事になるよう、見出し案を作成しましょう。見出し案の作成を適当に行ってしまうと、次のステップの記事執筆をどれだけ頑張っても、検索意図を網羅的に満たす質の高い記事にはなりません。

「なぜこの順番でこの情報を伝えるのか」を全て説明できるくらいに、見出し作成は念入りに考えて行いましょう

見出し案の作成については、以下の記事でより詳しく解説しています。

Webライティングの構成(見出し)の作り方を公開!ユーザーの理解から興味を引き出す6ステップ

ステップ6:記事の執筆


見出し案が作成できたら記事の執筆を行います。誰がどんな検索意図を持って検索を行い、検索意図を満たすために「何をどのような順番で伝えるか」が明確な状態ですので、記事の執筆はスムーズに進められるはずです。

記事執筆時のポイントは、以下5点です。

  • 競合記事のコピーコンテンツにならないよう、記事の独自性を意識する
  • 検索ユーザーにとっての読みやすさ・分かりやすさを意識する
  • 必要に応じて画像や図表などのビジュアル要素を挿入し、途中で離脱されないようにする
  • 対策キーワードや共起語を積極的に活用する
  • 検索ユーザー第一で、検索意図を最大限満たす記事になるよう意識する

書き手の自己満足の文章ではいけません。検索ユーザーが最大限満足できる記事になるよう終始心掛けましょう。

ステップ7:執筆記事のチェック・修正


記事の執筆が完了したら、執筆内容をチェックして必要に応じて修正しましょう。できれば執筆者と別の人がチェックを行うべきです。チェック項目としては、例えば以下のようなものがあります。

  • 誤字脱字がないか
  • 表記揺れがないか(「WEBサイト」「webサイト」など)
  • 冗長な表現がないか
  • 間違った情報を伝えていないか
  • 差別用語や不快な言葉を使っていないか
  • 読者の理解を助けるための工夫が十分にされているか
  • 執筆レギュレーション・ルールに沿って執筆されているか

「間違った情報を伝えていないか」を確認することを「ファクトチェック」といい、記事の質を高めるために重要な作業です。ファクトチェックの具体的な方法は以下の記事で詳しく解説しています。

【ファクトチェックのやり方とは?】アプリやツールの使い方も解説

執筆者と別の人がチェックを行った場合、「必ず」改善点が見つかります。公開前に修正し、記事の質を高めることに最後まで努めましょう。

ステップ8:公開作業


最後は公開作業です。公開ボタンを押すと制作した記事が世界中に公開されるため、ミスがないよう作業を行いましょう。以下、公開作業時にチェックするべきポイントの一例です。

  • メタディスクリプションやアイキャッチ画像の設定忘れはないか
  • 記事のURLは適切か
  • 記事のカテゴリーは適切か
  • スマホ画面で見た時に表示崩れなどは発生していないか

ここまでのステップを経て制作した記事は、検索ユーザーの検索意図を最大限満たす質の高い記事に仕上がっているはずです。

弊社シンプリックでは現在、社数限定で”SEO/Web集客の無料相談“を実施中です。
プロのコンサルタントが、確実に価値ある情報をご提供いたします。
>>無料相談をしてみる

サイトの訪問者数やコンバージョン率を増やす方法、ライティングやキーワード選定、内部対策、効果測定の方法など、少しでも気になること・知りたいことがあれば何でもお気軽にご相談ください。

SEO記事制作を外注するメリット

質の高い記事を制作するための手順を紹介しましたが、SEOで成果を出すための記事制作には多くの労力・時間がかかります。社内だけで継続的に記事制作を行うのは難しく、SEOに真剣に取り組んでいる多くの企業は、記事制作の外注を活用しています

まだ記事制作を外注したことがない場合は、「外注よりも社内のメンバーで記事制作を行ったほうが良いのではないか」と考えているかもしれません。もちろん自社の商品や業界のことをよく理解している社内のメンバーだからこそ、制作できる記事もあります。しかしそれでも外注を活用することには大きなメリットがあります

ここでは記事制作を外注するメリットを3つ紹介します。

質の高い記事の制作ができる

プロに外注することで、質の高い記事の制作ができます。記事制作を本業として取り組んでいる実績豊富な会社は、制作した記事をGoogleの検索結果で上位表示させるための専門的な知識・スキルを持っています。

先ほど「記事制作の8ステップ」を紹介しましたが、各ステップに精度高く取り組むことは簡単ではありません。社内にSEOの知見豊富なメンバーが複数名在籍しており、ある程度コア業務を抑えながら多くのリソースを記事制作に充てられるのなら良いですが、そのような状況でない会社がほとんどでしょう。

「餅は餅屋に」任せるべきです。成果の出る記事制作はプロに任せましょう

継続的に一定本数の記事を制作できる

記事制作を外注することで継続的に一定本数の記事を制作できます。

Googleは更新頻度が低いサイトよりも、更新頻度が高いサイトをより高く評価します。継続的に新しい情報を発信しているサイトのほうが情報の最新性が高く、訪問者をより満足させられると判断するためです。

そのためSEOで成果を出すためには、記事を継続的に制作することが欠かせません。しかし社内のメンバーだけで取り組む場合、記事制作よりも優先的に取り組むべきタスクの発生などが理由で、継続的な記事制作ができなくなる可能性が高いです。コア業務に追われ、気づいたらSEOの取り組みが中途半端に終わってしまっていたというケースは少なくありません。

だからこそ外注を活用し、「確実に」一定本数の記事を継続的に制作するのがおすすめです。

自社リソースに依存せずSEOに取り組める

記事制作を外注すれば、自社リソースに依存せずSEOに取り組めます。社内のメンバーだけで記事制作を行う場合、記事の「質」は社内のメンバーのSEOに関する知識・スキル、ライティング力や熱量に左右されます。また制作する記事の「数」も、社内のメンバーで対応できる範囲内となります。

SEOで成果を出すために一番重要なのは、記事の「質」です。社内メンバーの知識・スキルに質が依存してしまうのはあまり好ましくありません。だからこそプロに記事制作を外注するべきです。

プロに外注すれば自社リソースに依存せず、SEOで成果が出る質の高い記事を制作できます。また記事の「数」についても自社リソースに依存せず増やしていけます。

記事数はむやみやたらに増やせば良いわけではありませんが、適切なキーワード選定の元、質の高い記事の数を増やせばアクセス数やコンバージョン数の増加が期待できます

SEOと記事数の関係性については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOと記事数は関係ある?SEO効果の高い記事の増やし方も解説

SEO記事制作は「記事制作代行会社」に外注するのがおすすめ!

記事制作の外注先には「記事制作代行会社」と「個人」があります。質の高い記事を継続的に制作してSEOで成果を出したいのなら、「記事制作代行会社」に外注するのがおすすめです。

個人に外注する方法としては「クラウドソーシングサービス」の活用があります。クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチングするサービスで、主婦や学生、専業ライターなど様々なライターが登録しています。「この仕事誰か受けてくれませんか?」とサービス上で募集を出し、ライターからの応募を受けて仕事にマッチするライターに外注します。

クラウドソーシングサービスで代表的なのは、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

【クラウドワークス】

引用元:https://crowdworks.jp/

【ランサーズ】

引用元:https://www.lancers.jp/

記事制作の外注でクラウドソーシングサービスを活用している会社もありますが、依頼先が個人であるため納期を守らなかったり、求める品質レベルに大きく満たない記事を制作されたりなどする可能性があります。また継続的な記事制作に対応してくれるとは限らず、ライターによっては音信不通になるなどの事態・トラブルが発生するかもしれません

ここまでに何度も説明した通り、SEOで成果を出すためには記事の「質」が最重要です。また「継続的な記事制作」も欠かせません。個人のほうが会社よりも安価に外注できますが、その分サービスレベルは低いことが多いです。そのため質を求めるのなら記事制作代行会社に外注しましょう

弊社シンプリックは、「質の高い」記事制作が強みの記事制作代行会社です。質の高い記事を継続的に作成し、SEOで成果を出せる確率を少しでも高めたいとお考えであれば、ぜひ弊社にお声がけください。SEOで成果を出してお客様のビジネスを成長させるために、全力で支援いたします。

SEO記事制作の外注費用相場

記事制作代行会社へのSEO記事の外注費用は、会社によって大きく幅があります。質の高い記事を制作するには多くの労力・時間を要しますが、費用が安すぎる会社に外注すると質の低い記事が納品される可能性が高いです。

そのためここでは質の高い記事を制作してくれる代行会社の外注費用相場をお伝えします。

一般的なSEO記事(構成から執筆まで)文字単価5円以上
専門知識を有するSEO記事(構成から執筆まで / 医療・金融・法律に関する記事など)文字単価7円以上

費用は多くの場合、「文字単価」をベースに計算されます。文字単価とは「1文字あたりの費用」であり、記事単価は「文字単価 x 文字数」で決まります。

記事単価 = 文字単価 × 文字数

食べ物や運動など、多くの人にとって馴染みのある一般的なテーマの記事であれば文字単価5円以上が相場です。医療や金融、法律など専門知識が必要な記事であれば、文字単価は7円以上が相場です。

対策キーワードにもよりますが、記事は3,000〜10,000文字程度が一般的です。そのため記事単価の相場は15,000〜70,000円程度となります。

SEO記事制作の会社選びのポイント

記事制作代行会社に記事制作を外注するにあたり、「どこの会社に外注するか」が最重要です。質の低い会社だったり自社と相性が悪い会社に外注してしまうと、せっかく費用を払ったにもかかわらず全く成果が出ないという事態になる可能性が高いです。

ここで紹介する会社選びの3つのポイントを参考に、自社と相性が良い質の高い会社に外注しましょう。

SEO記事制作の会社選びを迷う場合は、まず弊社シンプリックにお声がけください。弊社は実績が豊富であり、高品質な記事をお客様の会社の一員になったつもりで熱力高く制作します。プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げますので、ぜひまずは資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

実績が豊富な会社を選ぶ

外注先には必ず実績豊富な会社を選びましょう。実績は質の高い記事を制作するための専門的な知識・スキルを有している証であり、記事の質を高めるための体制構築が適切にできている可能性が高いです。信頼して外注するために、実績の豊富さは最も重要です。

実績をホームページ上に掲載している会社は多いですが、直接問い合わせて確認することをおすすめします。その際、以下の5点について確認しましょう。

  • 自社と同じ、もしくは近しい業界で検索上位を獲得できている記事、またその記事への流入数
  • 検索上位(1位〜5位)を獲得できたキーワード例
  • 実績として特に見せたい渾身の記事
  • 今までに制作してきた記事の本数
  • 成果を出すためにどのような工夫を行ったか

自社と同じ、もしくは近しい業界での実績は特に重要です。各会社ごとに必ず得意な業界が存在するため、そこで自社との相性の良さを確認できます。

また検索上位を実現し多くの流入を獲得した記事について、成果を出すためにどのような工夫を行ったか確認しましょう。工夫の内容が「検索ユーザーを第一に考え、検索意図を満たすために最大限の努力を行っている」と感じるものであれば、その会社はきっと質の高い記事を制作してくれるでしょう。

求める品質レベルを満たしてくれる会社を選ぶ

記事制作を外注するにあたり、「これくらいの品質の記事を制作してほしい」というイメージがなんとなくあるかと思います。外注先には、求める品質レベルを満たしてくれる会社を選ぶべきです。

全ての記事制作代行会社が、求める品質レベルを満たす記事を制作してくれるとは限りません。制作実績を確認し、求める品質レベルを満たせる会社かどうか必ず確認しましょう。

「費用はリーズナブルで良いけど、品質はちょっとな。」という会社には、外注するべきではありません。多少費用をかけてでも「質」を重視するべきです。

高い熱量で取り組んでくれる会社を選ぶ

SEOを成功させるために、高い熱量で記事制作に取り組んでくれる会社を選びましょう。ここでいう熱意とは、「検索ユーザーの検索意図を満たすことに対する強い気持ち」のことです。記事の制作本数や制作スピードにおける熱意も重要ですが、何よりも質の高い記事を制作するために検索ユーザーの検索意図を満たすために努力してくれるが重要です。

高い熱量で取り組んでくれる会社かどうか判断するためのポイントは、以下の2点です。

  • 自社の事業内容や扱っている商品、業界や顧客に関することを根掘り葉掘りヒアリングしてくれる
  • 検索意図を満たすための記事制作の工夫を聞いたときに、具体的な回答をしてくれる

SEO記事制作の代行会社6選

サービスの品質レベルが低い、もしくは自社に合っていない記事制作代行会社に依頼してしまうと、成果の出る確率は大幅に下がります。そのため「どの会社を選ぶか」はSEOに取り組むにあたり、特に注意するべきポイントです。

そこでここでは、質の高い記事制作を行ってくれるおすすめの記事制作代行会社5選を紹介します。「どの会社を選べばいいかどうしても迷う」という場合は、まずはぜひ弊社シンプリックにお声がけください。SEO記事制作の正しい方法・手順をお伝えするとともに、お客様のお悩みに合わせた最適なソリューションのプランをご提案いたします。

1. 株式会社シンプリック


まず紹介するのは、弊社「株式会社シンプリック」です。弊社は「質の高い記事(検索ユーザーの検索意図を最大限満たす記事)」の制作に心血を注いでいます。

当然ながら、本記事で紹介した「SEO記事制作の会社選びのポイント」を全て満たしており、「【8ステップ】SEO記事制作の手順」に沿って記事制作を行います。

【SEO記事制作の会社選びのポイント】

  • 実績が豊富な会社を選ぶ
  • 求める品質レベルを満たしてくれる会社を選ぶ
  • 高い熱量で取り組んでくれる会社を選ぶ

弊社には15年以上のSEO実績とノウハウがあります。質の高い記事を制作するためには「質の高い最終チェック」が必要ですが、この最終チェックを担当するのは、紙からWebまで25年以上の編集経験がある「編集を極めたプロフェッショナル」です。

他にもSEOに精通したプロフェッショナルが多数在籍しており、お客様のビジネスを成長させるために「成果の出る」SEO記事の制作に本気で取り組みます。

また「専門家を含む経験5年以上のライター300名」と「経験豊富な編集者30名」を抱えていたり、質の高い記事を制作するための徹底した制作体制・チェック体制を持っている弊社ですが、他社と比べて特に自信を持っているのが「熱量」です。正直、どれだけ実績が豊富で有名な会社だったとしても、この「熱量」が不足している会社にはSEO記事の制作を依頼するべきではありません。

「熱量」とは、「成果に対しての熱量」です。SEOの記事制作を外部に依頼するにあたり、不安なことも多いかと思います。だからこそ、弊社の「成果に対しての熱量」を感じ取っていただくとともに、外部への依頼について不安な点を解消するためにも、ぜひお声掛けください。

お客様の課題や実現したいことをヒアリングしたうえで、「お客様に合った」最適なご提案をさせていただきます。

特徴・SEO業界歴15年以上の代表を中心に、プロフェッショナルが記事制作を担当
・25年以上の編集経験がある「編集を極めたプロフェッショナル」が、最終チェックを担当
・実績が豊富であり、成果を出すための要所をつかんでいる
・検索上位獲得のための再現性が高い制作ノウハウを確立している
・多くのライター・編集者とネットワークを構築しており、あらゆるジャンルに対応できる
SEO記事制作において「成果に対しての熱量」が高く、安心してご依頼いただける
価格文字単価5円以上から
HPhttps://simplique.jp/

2. 株式会社STSデジタル

引用元:https://sts-d.com/

株式会社STSデジタルはコンテンツマーケティングを主軸としたWebマーケティング事業を専門とする会社です。SEO記事制作だけでなく、オウンドメディアの立ち上げやその後の運用、戦略立案を行うSEOコンサルティングにも対応しています。

自社メディアで成果を出しており、蓄積されたノウハウを活用したSEO特化型の高品質な記事制作を強みとしています。 また、SEO記事、インタビュー記事、コラム記事など月間300本以上を企画制作しており、各業界の実績も豊富にあるため専門性の高いジャンルでも対応が可能です。

特徴・実績が豊富でSEOに特化した記事の制作が得意
・各業界の元従事者や専門資格を保有したライターが多数在籍している
・コンテンツマーケティングの戦略立案から対応可能
価格文字単価5円以上から
HPhttps://sts-d.com/

3. 株式会社エイト

引用元:https://eight-media.co.jp/writing/

「株式会社エイトの記事作成代行」は、SEO記事作成をプロに依頼することで自社内のWeb集客のリソースを利用せずに専門家に丸投げできるサービスです。

自社メディアでの運用実績も豊富で、厳しい社内基準をクリアしたライターが高品質な記事を作成。また、ライター、ディレクター、統括ディレクターのトリプルチェック体制を徹底しており、高品質な記事を仕上げます。

市場調査から記事納品までワンストップで依頼できるため、SEO記事にはそれほど詳しくないという人にも安心感があります。また、株式会社エイトは文字数にもこだわっており、狙うメインKWによって最適化された文字数で記事制作を行うため、お見積りは文字単価ではなく1記事単価という点も魅力です。

料金は1記事単位で発注可能、契約期間の縛り、初期費用等もないため気軽に発注できる点も強みな制作会社です。

特徴・SEO記事の作成業務を効率化できる
・予算に合わせて1記事から気軽に利用できる
・自社メディアも運用しておりSEOノウハウは常に最新
・3者のトリプルチェックで高品質な記事を作成
価格1記事15,000円〜
HPhttps://eight-media.co.jp/

4. 株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)

引用元:https://www.fabercompany.co.jp/

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)は、Webマーケティングにおける幅広い領域でサービスを展開している会社です。

SEOで成果を出している多くの会社が導入している、日本国内の代表的なSEOツール「ミエルカ(MIERUCA)」や、記事制作を含むSEO全般のコンサルティング、またWebマーケティングに精通したプロ人材を会社とマッチングする「ミエルカコネクト」などのサービスを提供しています。

SEOの世界はトレンドの移り変わりが激しく、成果を出すためには常に最新情報をキャッチアップする必要があります。当社はそのために、年に数回海外遠征を実施していたり、SEOにおける研究を行い社内でノウハウ共有を行ったりなど、サービス品質向上のための「人材育成」に力を入れています。

特徴・大人気SEOツール「ミエルカ(MIERUCA)」を提供しており、SEOに関する研究に熱心
・「職人」と呼ばれる、各専門領域のプロフェッショナルが在籍している
・Webマーケティングにおける幅広い領域において、支援が可能である
価格費用は要相談
HPhttps://www.fabercompany.co.jp/

5. ナイル株式会社

引用元:https://nyle.co.jp/

ナイル株式会社は、SEOを中心としたデジタルマーケティング支援を行っている会社です。

運営している「ナイルのSEO相談室」や「ナイルのコンテンツ相談室」は、SEO初心者だけでなく、熟練者にも役立つSEOのノウハウを提供しているWebメディアです。このWebメディア経由で多くの問い合わせを獲得しており、Webメディア運営で培ったノウハウを、自社の実績を元にお客様に伝えられるというのは大きな強みといえるでしょう。

倍率の高い厳しい社内試験に合格したコンサルタントと、経歴10年以上の熟練編集者がタッグを組み、ビジネスの成長を支援するために質の高い記事制作を行っています。

特徴・自社でWebメディアの運営を成功させており、SEOのノウハウが蓄積されている
・実績・経験豊富なプロフェッショナルが、記事制作を行っている
・SEOの内製化支援も行っている
価格費用は要相談
HPhttps://nyle.co.jp/

6. テクロ株式会社

引用元:https://techro.co.jp/

テクロ株式会社は、BtoB企業に特化して伴走型のマーケティング支援を行っている会社です。
SEOの専門家が、KW選定など戦略の部分からSEO記事制作、ホワイトペーパーの制作まで、オウンドメディア運用をすべて代行するサービスを提供しています。

運営メディアでは、BtoB企業のWebマーケティングに関するお役立ち情報を多数掲載しています。PV数を伸ばすだけで終わらず、問い合わせや資料請求など、リードを獲得するためのSEO記事制作が強みです。

「自社ブログの運用をしているが、リソース不足で記事の更新が難しい」
「オウンドメディアを外注しているが、CVにつながらない」
というようなお悩みがあるBtoB企業の方は相談しやすいサービスといえるでしょう。

特徴・BtoBに特化した40社以上の支援実績
・コンサルティングだけでなく、オウンドメディア運用をまるっと代行
・BtoBマーケティングに関する各種ウェビナーも開催
価格月50万円~(要相談)
HPhttps://techro.co.jp/service/marketing/

質の高い記事を制作してくれる会社に外注しよう!

この記事ではSEOで成果を出せる質の高い記事を制作する手順、また記事制作を外注するメリットや会社選びのポイント、費用相場などをお伝えしました。最後におすすめの記事制作代行会社を5社紹介したため、この中から自社と相性が良い外注先を選ぶのが良いでしょう。

検索上位を獲得できる質の高い記事を制作したいのなら、弊社シンプリックにご相談ください。弊社は「SEOで成果の出る質の高い記事制作」を得意としています。すぐの依頼を検討していないご相談の段階からでも弊社が培ってきた経験・ノウハウを惜しみなくご提供いたします。

弊社一同、ご相談・ご依頼を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. SEO対策の費用対効果について徹底解説!費用相場や会社選びのポイントま…

  2. construction-and-realestate-seo-TOP

    建設・不動産業界のSEO対策とコンテンツ制作のポイント

  3. seo-consulting-cost

    SEOコンサルティングの費用相場と効果を解説

  4. utilize-smallwords

    検索ボリュームの少ないキーワードでSEO対策をするべきか?

  5. 無料・有料のSEOキーワード調査ツール11選!中でも特におすすめのツー…

  6. images-for-seo

    画像を活用したSEO対策でアクセスを増やす方法9選

  7. benefits-of-seo-outsourcing-TOP

    コンテンツSEOを外注する意義と成功のポイント

  8. ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクにつ…

PAGE TOP