コンテンツマーケティング記事の作成手順を解説 読了される文章の書き方とは?

コンテンツマーケティングを成功に導くには、ユーザーが求めている情報を記事コンテンツに盛りこみ、わかりやすく作成・提示する必要があります。闇雲にコンテンツを増やしてもユーザーの共感は得られず、検索エンジンの評価も上がりません。

そこで今回は、主に以下のポイントについて紹介していきます。

  • コンテンツの種類
  • 記事作成の手順
  • すぐれた文章の書き方
  • 記事作成の外注方法と注意点

コンテンツマーケティングの記事作成で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティング記事の種類

記事コンテンツには、目的に応じていくつかの種類があります。

  1. エデュケーショナルタイプ
  2. SEOコンテンツタイプ
  3. ネイティブアド(広告)タイプ
  4. ユニーク(面白)コンテンツタイプ

それぞれの特徴を理解して、自社に適したコンテンツを選択しましょう。

1.エデュケーショナルタイプ

商品を売り込む前に、ユーザーの疑問や悩みを解消する方法です。見込み度の高い顧客に対して商品の関連情報を提供したい場合などに効果があります。

たとえば、洗濯機を探しているユーザーなら、商品の購入前に「縦型とドラム式の違い」を知りたいと思うでしょう。暖房器具なら「商品別の電気代」が気になるはずです。このように、エデュケーショナルタイプのコンテンツは、商品に漠然としたイメージを抱いているユーザーの疑問を解決しながら、商品の購入をサポートしていきます。

商品の購入前に正しい知識を得たユーザーは、商品やサービスに対する満足度が高まります。口コミによる拡散も期待できるでしょう。なお、エデュケーショナルタイプのコンテンツは、同様の疑問や悩みを抱くユーザーがいる限り活用できる資産になります。

2.SEOコンテンツタイプ

エデュケーショナルタイプとは異なり、積極的に検索上位を目指す方法です。疑問の解決だけでなく、情報をアクティブに取得しようとしているユーザーに効果があります。

基本的な考え方はエデュケーショナルタイプと同じですが、購買プロセスにおける離脱防止が主目的ではありません。SEOコンテンツタイプは、何よりも検索順位を要視します。また、ロングテールキーワードを狙った軽めの情報を量産し、アクティブユーザーに対して幅広くアピールする戦略も採られます。

3.ネイティブアド(広告)タイプ

メディアに自然な形で広告を溶け込ませる手法のことを「ネイティブアド」と呼びます。商材にあわせた記事コンテンツを広告として用意し、掲載メディアの読者層に読ませることで成約を目指します。なお、ネイティブアドは以下6つの条件を満たす必要があります。

デザインネイティブアドは記事と同じデザインになっている
機能ネイティブアドを設置したページの機能が他ページと同じ
統合広告ユニットが他のコンテンツと同様に表示される
ターゲティング掲載箇所は全ページではなく、特定のページやセクションを指定できる
効果測定レスポンス広告のようなクリック率やコンバージョン率ではなく、エンゲージメントで計測する
開示広告であることを明記する

4.ユニーク(面白)コンテンツタイプ

ユニークなコンテンツを利用して、ユーザーの関心を惹きつける方法です。集客力の高い手法ですが、デメリットもあります。

  • 訪れたユーザーは高確率で見込み客ではない
  • 記事に対する自社コンテンツの関与度によって効果に差がでる

記事の面白さと商品情報を巧みにリンクさせれば、コンバージョン率の向上も期待できるでしょう。

コンテンツマーケティング記事作成の進め方

ユーザーに読まれる記事を作成しなければ、コンテンツマーケティングの効果は得られません。「読まれる記事」作成のポイントは、以下のステップを参考にしてください。

ステップ1:ユーザーの検索意図をツールを使って取得・把握する

検索意図の把握は、全工程のなかでも大変重要なポイントになります。検索意図とは「検索の理由」と「目的」です。なお、検索意図の把握には、いくつかの方法があります。

・検索上位サイトからユーザーのニーズを推測する

ターゲット検索クエリにおける上位表示ページの見出しで使用されているキーワードを確認しましょう。このキーワードを元に記事構成を考えることで、現在検索エンジンが評価している記事内容から大きく外れることはありません。ただし、上位表示ページと全く同じ構成ではコンテンツの存在意義がありませんので、自社独自の主張や意見を盛り込み、記事コンテンツを作成してください。

・共起語からユーザーのニーズを推測する

特定のキーワードと合わせて使われる共起語から、検索意図を推測する方法です。共起語を記事に含めるだけで上位表示されるわけではありませんが、共起語を把握しなければ検索意図から外れる可能性があります。なお、共起語検索は、キーワードを入力するだけで共起語を抽出できる「共起語検索ツール」の利用が便利です。

ステップ2:検索ユーザーの目をひくタイトルと構成を作成する

ユーザーは、求めているキーワードがタイトル含まれていない記事を読みません。なお、Googleの検索結果ではタイトルが長すぎると省略されるので、先頭から32文字以内にターゲットキーワードを設定しましょう。数字を入れたタイトルも効果的です。

  • A:「女性のダイエットに効果がある○○」
  • B:「8割の女性がダイエットの効果を実感した○○」

どちらも「女性 ダイエット」を狙ったタイトルですが、AよりもBの方が記事の具体性が高まり、クリックされる確率も上がります。

全体的な構成は、下記を意識してください。

・リード文で記事全体の方向性を示す

方向性とは具体的に「記事を読んで得られる解決策」と「記事のゴール」です。リード文が曖昧で端的すぎると離脱率が高まります。方向性を示しながらリード文を一気に読ませることができれば「ここまで読んだのだから続きも見よう」という心理が働き、記事に目を通してもらえるでしょう。なお、このような心理は「サンクコストバイアス」と呼ばれます。コンテンツマーケティングにも役立つので、覚えておくといいでしょう。

・見出しを見ただけで内容がわかる

ネット検索から流入してくるユーザーは気が短く、知りたい情報だけを得ようとします。難解な見出しは、それだけで離脱の原因になるので注意しましょう。一方、わかりやすい見出しは記事内容の把握が容易になるため、精読率が上がります。

ステップ3:ユーザーファーストの記事を作成する

日本でもっとも利用されている検索エンジン「Google」は、ユーザーの利便性を最優先にした記事を評価すると明言しています。長文よりも1文で理解できる文章の方が利便性は高まるため、過不足のない表現を用いて可能な限り文章を削りましょう。

要点ごとに見出しを設けると、読みやすさがさらに向上します。すべての内容を読んでもらえなくても、フックになる見出しがあれば、そこから目を通してもらえるでしょう。

読了されやすい文章の書き方

コンテンツマーケティングでは、ユーザーの記事読了も目的の一つです。読了してもらうためには、検索意図に合った内容と読みやすさが重要になってきます。狙っているターゲットによって読了されやすい文章の定義は異なりますが、「読みやすさ」と「わかりやすさ」は不変です。

・読みやすい文章

読みやすい文章とは「ユーザーが無意識に読み進めてしまう文章」です。文章を読みやすくする工夫としては、「要所での改行」や「一文を短くする」などがあります。記事にエピソードや具体例を盛り込めば、読者の理解度も高まるでしょう。ただし、同じ文末の繰り返しには要注意です。体言止めや「~ます。~ます。」の連続は、文章の全体的なリズムを崩します。

・わかりやすい文章

わかすやすい文章とは「読者を意識して論理的に構成された文章」です。読者を意識しているかどうかによって、伝わりやすさは大きく異なります。以下を意識すれば、自然とわかりやすい文章が書けるでしょう。

読者が記事を読む
理由読者の知りたい情報
読者の解決したい悩み
読者のライフスタイル

ネット利用者は短時間で結論を得ようとするので、「結論ファースト」も心がけてください。具体的な構成の基本は以下です。

結論

なぜそうなるのか(理由)

具体的な内容(事例)

再度結論

伝えたい結論を繰り返しつつ理由と事例を示しているので、読者の理解度も高まります。

・読後感の設定

コンテンツの作成では「読後感の設定」も大切です。すぐれたコンテンツは、読者を設定した読後感に導き成約へと繋げます。

以下を意識すれば、読者が求めているゴールに辿り着ける、高品質な記事の執筆ができるでしょう。

  • 読後に得たもの(問題の解消)
  • 読後の感想(満足度の向上)
  • 読後の変化(日常生活などにおける具体的な変化)

コンテンツマーケティングの記事作成を外注するメリットと注意点

効率的にコンテンツマーケティングを運用するには、外注の活用も視野に入れたいところです。外注には主に2つのメリットがあります。

  • 専門性の高い記事を作成できる
  • 時間の節約になる

専門性の高い記事を作成できる

読みやすくわかりやすい文章の作成にはスキルが必要です。プロのライターに外注すれば、専門性が高くクオリティを維持した記事を確保できます。

時間の節約になる

コンテンツマーケティング運用には、記事コンテンツ作成だけではなく、効果測定や機能の追加や改善、コンテンツの企画など様々な業務が伴います。記事を社内で作成しているとこのような重要な業務に割ける時間が十分に確保できない可能性があります。

記事作成を外注するときの注意点

・料金だけで外注先を決めない

記事の外注を料金だけで選ぶと、納品後の校正や事実確認などに時間がかかります。あまりにも安価な会社に依頼した場合、社内チェックを行わずに納品される可能性もあるので注意しましょう。高品質な記事が納品される会社への依頼はコストがかかりますが、結果的には費用対効果が高くなります。

・依頼先のコンテンツをチェックする

依頼する会社のブログやメディアの運用状況は最適な判断基準です。メディアを運用していない会社や、コンテンツに問題がある会社は実力が把握できないので、依頼先としては不適格でしょう。

ケースにあった記事コンテンツを作成する

記事の作成では、コンテンツの種類や外注に対する理解が大変重要です。ユーザーファーストの視点は欠かせませんが、今回ご紹介したテクニックを活用すれば、集客効果の高いコンテンツマーケティングに近付けるでしょう。

関連記事

  1. BtoBにおけるコンテンツマーケティングの手法と成功事例5選を紹介

  2. コンテンツマーケティングのおすすめ本を紹介|SEOやライティングも学べ…

  3. コンテンツマーケティング導入のメリットとは?すぐできる始め方・やり方を…

  4. コンテンツマーケティングって記事の上位表示のこと?コンテンツSEOとの…

  5. コンテンツマーケティング運用の成功セオリー|どの業務をいくらで外注でき…

  6. コンテンツマーケティングのライターに必要なスキルと選考のポイント

PAGE TOP