コンテンツマーケティングのライターに必要なスキルと選考のポイント

コンテンツマーケティングでは、記事の執筆を外部ライターに依頼するケースも多くります。

しかし、ライターのスキルを正確に把握できなければ、良質なコンンテンツの作成はかないませんし、コンテンツ公開を定期的に行うこともできません。

そこで本記事では、コンテンツマーケティングライターのスキルと選考ポイントについて解説します。コンテンツマーケティングに適したライターの特徴や、ライターの探し方なども紹介していますので、ライター探しで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングに適したライターの特徴

コンテンツの執筆を一任するなら、下記のような特徴のあるライターを選びたいところです。

  • メディアの目的とコンテンツの価値を理解している
  • 常にユーザーファーストの視点で執筆できる
  • SEOに強い
  • 専門分野の知見がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴1:メディアの目的やコンテンツの価値が理解できる

メディアの目的やコンテンツの価値が理解できなければ、検索ニーズに合ったライティングはできません。

理解度で重要なポイントは主に3つです。

  • 会社の概要
  • 商品、サービスの特徴
  • 競合他社との差別化

メディアの目的から逸脱しないためにも、依頼前にライターの理解度を確認してください。自社商品やサービスの詳細な情報をライターに提供して、目的や価値に対する具体性を高めるのもひとつの方法です。

特徴2:常にユーザーファーストの視点を持っている

ユーザーの状況や心理が想像できるライターの文章は、ユーザーの満足度と検索エンジンの評価を高めます。記事の内容が自己満足に終始しているライターも散見されますが、コンテンツの作成で求められるのは、ユーザーファーストな視点です。メディアやライター視点の情報ではありません。

特徴3:SEOに強いコンテンツ記事が書ける

検索エンジンを意識したコンテンツの作成能力も不可欠です。SEOに関する基本的な知識だけではなく、キーワードの設計やHTMLの構文知識も必要でしょう。どんなにすぐれた文章でも、上位表示されなければユーザーの目に止まりません。ユーザーに読まれる可能性の高い記事は、成約率にも大きな影響を与えます。

特徴4:専門分野に対する知見がある

専門分野に関する情報を探しているユーザーは曖昧な内容を嫌います。場合によってはメディア全体の信頼性に関わるので、具体的な情報を提供しなければいけません。とくに下記の分野は、専門知識を有するライターの確保が必須です。

  • 金融
  • 保険
  • 医療
  • 法律
  • IT専門分野(プログラミング、セキュリティなど)

ユーザーだけではなく、検索エンジンも専門性、権威性、信頼性を重視します。信憑性が低い記事は上位表示されにくいので、専門分野に関する記事のライター選びは慎重に行いましょう。

コンテンツライターの選考は「テストライティング」で必ずチェック

ライターの選考にテストライティングは欠かせません。求めているクオリティを満たさないライターにアサインすると、校正やリカバリーに多大な時間を要します。コンテンツを効率的に作成するためにも、ここでテスト記事のチェックポイントを確認しておきましょう。

テストライティングをチェックするときの4つのポイント

テストライティングで納品された記事のチェックポイントを4つご紹介します。

  • 独自性の高さ
  • 納期の厳守
  • 記事作成能力
  • リサーチ力

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント1:記事のオリジナリティ度

検索エンジンはオリジナリティが高い記事を評価するので、独自の着眼点や経験が記事に盛り込まれているかをチェックします。コピペは論外ですが、類似率の高い記事や引用の多い記事も評価されにくいので注意してください。

ポイント2:指定した納期までに納品されたか

記事の内容がすぐれていても、納期を守れなければ継続的な依頼が難しくなります。ライターとの取引や連絡はネットで完結させるケースも多いため、連絡なしの納期遅れが発生した場合の対処も困難です。円滑な取引のためにも、スケジュール管理能力のチェックは欠かせません。

ポイント3:構成/タイトル/文章の作成能力

記事の構成と文章は、主に下記をチェックします。

  • 読みやすくシンプルな文章によっているか
  • 接続詞の多用はないか
  • 多角的な考察はできているか
  • 情報の整理能力はあるか
  • 見出しが構造的になっているか

SEO対策を意識したキャッチーなタイトルの考案も重要です。ただし、日本語として不自然なタイトルは読者に敬遠されがちなので、自然で効果的なタイトルになっているかどうかを確認してください。

ポイント4:キーワードに関する知識や情報のリサーチ力

記事のテーマや分野に応じた多角的なリサーチが行なわれているかをチェックします。情報源の偏った記事は内容が他記事と酷似するため、読者は新しい情報を入手できません。情報根拠が増えればボリュームのあるコンテツンに仕上がり、ユーザーや検索エンジンの評価も高まります。

コンテンツライターの探し方と依頼方法

コンテンツライターの探し方と依頼方法には、主に4つの方法があります。

  • コンテンツマーケティング会社に依頼する
  • 編集プロダクションに依頼する
  • クラウドソーシングで依頼する
  • ネット検索で探す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.コンテンツマーケティング会社に依頼する

コンテンツマーケティングを専門に扱う会社では、ライティングの依頼にも応じています。コンテンツマーケティングの戦略立案とライティングを合わせて引き受けているケースが一般的です。新規に立ち上げたメディアで、戦略の立案からライティングまで一任したい場合は、コンテンツマーケティング会社に依頼してみましょう。

2.編集プロダクションに依頼する

複数人のライターをマネージメントしている「編集プロダクション」に依頼する方法です。記事の執筆だけでも発注に応じてくれるので、比較的依頼しやすいでしょう。専門性の高い出版系のプロダクションなら、クオリティを重視した文章も期待できます。取材やインタビューを含めた独自性の高い記事を依頼する際にもおすすめです。

3.クラウドソーシングで依頼する

ネット上で仕事の発注や取引が完結するサービスです。「ランサーズ」や「クラウドワークス」、「ココナラ」などが知られています。登録しているライター数が多く、費用を比較的低く抑えられるのが特徴です。ただし、初心者や未経験者も含まれているので、依頼相手の選別から始める必要があります。ライターへの執筆指示やクオリティの判断ができる体制が整っている場合は、選択肢に入れてもいいでしょう。

4.ネット検索で探す

定番の方法ですが、探し方にはコツがあります。

1.まずは作成したい記事のキーワードで検索

2.ヒットした記事を読み、内容が良ければライター名をチェック

3.署名記事ならライター名で検索

4.ライターのブログやTwitterからコンタクトを取る

ライターの名前で検索すれば、過去に書いている記事の内容や種類もわかります。求めている分野の執筆数が多いライターを選べば、専門性の高い記事も期待できるでしょう。

初めからTwitterを使って検索する方法もおすすめです。ほとんどのライターは専門分野をプロフィールに明記しているので、得意としている記事もすぐにわかります。Twitterのフォロワー数が多ければ、記事の拡散によるアクセスアップも期待できるでしょう。

良いライターとのパートナーシップがコンテンツマーケ成功の秘訣

質の高いコンテンツを効率的に作成するためには、能力の高いライターとの連携が欠かせません。しかし、発注側の工夫で解決できるポイントが多いのも事実です。ライター探しや選考時のチェックポイントといった「発注スキル」と「ライターの能力」が両輪となってこそ、質の高いコンテンツの提供ができるでしょう。

関連記事

  1. コンテンツマーケティング運用の成功セオリー|どの業務をいくらで外注でき…

  2. BtoBにおけるコンテンツマーケティングの手法と成功事例5選を紹介

  3. コンテンツマーケティング記事の作成手順を解説 読了される文章の書き方と…

  4. コンテンツマーケティングって記事の上位表示のこと?コンテンツSEOとの…

  5. コンテンツマーケティングのおすすめ本を紹介|SEOやライティングも学べ…

  6. コンテンツマーケティング導入のメリットとは?すぐできる始め方・やり方を…

PAGE TOP