コンテンツマーケティングに適したライターの特徴と探し方・選び方

コンテンツマーケティングは、企業がWeb集客を活性化させるために欠かせない手法の一つです。そしてコンテンツマーケティングに取り組むには、コンテンツを作成するライターが必要です。

社内でライターの確保ができず、外部のライターに依頼するケースは多いですが、その際に「コンテンツマーケティングに適したライター」の特徴を把握し、適切な方法でライターを探し、選ぶことが重要です。

コンテンツマーケティングで成果を出すために重要なのは、「質の高いコンテンツを継続的に作成すること」です。そして適した外部ライターに依頼することで、これを実現できます。

本記事では「コンテンツマーケティングに適したライター」の特徴と、ライターの探し方・選び方などを解説します。結論、「コンテンツマーケティングのライターは、個人よりも専門業者のほうが良い」です。

本記事を読めば、自社に合ったライター選びを自信を持ってできるようになります。

コンテンツマーケティングについて、以下の記事で基礎知識を網羅的に解説しているため、コンテンツマーケティングについて理解が浅いと感じている方はぜひお読みください。

コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

コンテンツマーケティングでライターが書く「記事」とは

コンテンツマーケティングに適したライターの特徴をお伝えする前に、まずはライターが書く「記事」についてお伝えします。

コンテンツマーケティングでは、「コンテンツ」を作成することが当然ながら重要です。コンテンツには、今開いているこのページのような記事形式のものもあれば、YouTube動画やメルマガなどさまざまなものがあります。

その中でも特に、コンテンツマーケティングで「コンテンツを作成する」といったときは、「記事形式」のものを指す場合がほとんどです。そしてこの「記事」は、質が高いものでないといけません。なぜなら、質が高い記事でないとGoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて上位表示を獲得できないからです。

作成した記事が検索エンジンで上位表示されれば、サイトに多くのアクセスを集められます。しかし質の高い記事を作成するのは簡単ではないですし、多くの時間を要するため、作成を外部のライターに依頼するのです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジン経由で、サイトに多くのアクセスを集めるために記事を作成することを「SEO」と呼びます。

もしまだSEOに十分に取り組めていなかったり、サイトへのアクセス数が少なく困っている場合は、コンテンツ作成を外部のライターに依頼してSEOに取り組みましょう。

コンテンツマーケティングに適したライターの特徴

「ライター」とは単純に「文章の書き手」です。実際のところほとんどの人が文章を書くことができるため、「私はライターです」と名乗ってさえしまえば、誰でもライターになれます。

しかし「コンテンツマーケティングに適したライター」とは、単なる「文章の書き手」ではありません。以下の5つの特徴を持つライターが、コンテンツマーケティングに適したライターです。

  • SEOライティングのスキルが高い
  • 特定分野における専門知識を持っている
  • ユーザーファーストな記事作成ができる
  • 情報収集・整理力が高い
  • 質の高い記事に仕上げるための努力を怠らない

記事作成を外部に依頼する際は、必ず「コンテンツマーケティングに適したライターかどうか」を確認しましょう。

5つの特徴について、順に解説します。

特徴1:SEOライティングのスキルが高い

「成果の出る」記事を作成するために、SEOライティングのスキルは欠かせません。

「成果の出る」記事とは、「検索エンジンの検索結果で上位表示され、サイトにアクセスを運んできてくれる記事」です。ただライティング力が高く、文脈的に意味がしっかり通っており、文法的に正しい綺麗な文章を書けたりするだけでは、成果の出る記事には仕上がりません。

もし文法的に正しく綺麗な文章を書けることが、コンテンツマーケティングにおける記事作成において最も重要なのだとしたら、学校の国語のテストで得点が高かった人、国立大学の文系学部に所属していたり、出身者のほとんどがコンテンツマーケティングに適したライターであるといえます。

もちろん、綺麗な文章を書けることが記事作成において重要なことは間違いないですが、「SEOライティングのスキル」はこれとは別です。

そもそもSEOライティングとは、「SEOに効果的なライティング」のことです。つまり記事を検索上位表示させるために効果的なライティングのことであり、これは「読者を最大限満足させるためのライティング」であるといえます。なぜなら読者を最大限満足させられる記事は、検索エンジンの検索結果で上位表示されやすいからです。

より具体的に、SEOライティングのスキルとは例えば以下のようなものです。

  • あるキーワードで検索したユーザーの、検索意図(検索理由)を深く考え、理解すること
  • 検索ユーザーを最大限満足させるための見出し・文章構成を作ること
  • 検索ユーザーの興味を引き、検索エンジンで上位表示されやすくなるタイトルを作ること
  • 記事の読者に、自社利益につながる行為(商品購入や問い合わせなど)を起こさせること

SEOライティング(Webライティング)の方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

Webライティング上達のための書き方とは?事前準備・書き順・内容の作り方を解説

特徴2:特定分野における専門知識を持っている

Webサイトなどのメディアのほとんどは、ある特定の「分野」に関する記事を発信しています。例えば本サイトを運営している弊社シンプリックは、SEOのサービス提供を行っている会社であり、本サイトでは問い合わせ獲得のためにSEOに関する記事を発信しています。

例えば弊社が記事作成を外部のライターに依頼する場合、そのライターは当然ながらSEOに関する専門知識を持っている必要があります。特典分野における専門知識を持っているライターは、「自社のコンテンツマーケティングにとって」適したライターであるといえます。

専門性の低い記事を、読者は好みません。例えば本記事は「コンテンツマーケティングに適したライターとはどんな人で、どうやって探し、選べば良いのか」を解説する記事です。本記事を作成するためにはコンテンツマーケティングやSEO、また外部ライターへの依頼について詳しくないといけません。これらの知識が浅い(専門性が低い)人が書いた記事を、読者が好まないことは容易に想像できるでしょう。

また専門性の低い記事は、検索エンジンの検索結果で上位表示を獲得しづらいです。特に金融や医療、法律、ITなどの、専門知識がないと有益な記事が書けない分野については、必ず専門知識を持っているライターに依頼しなくてはいけません。

特徴3:ユーザーファーストな記事作成ができる

「ユーザーファースト」の意識を常に持ち、記事作成ができるライターは、コンテンツマーケティングに適したライターであるといえます。

ここでいうユーザーファーストとは、「(検索エンジン経由で訪れた、検索エンジンの)ユーザーのことを第一(ファースト)に考える」ということです。

検索エンジンのユーザー(検索ユーザー)のことを第一に考えて記事を作成することで、検索ユーザーに最大限満足してもらえる記事に仕上げられます。そしてそのような記事は、検索エンジンの検索結果で上位表示されやすいです。

以下の点について深く考え、常に意識しながら記事作成を行えるライターは、ユーザーファーストな記事作成ができるライターであるといえます。

  • 検索ユーザーはどんな人か
  • 検索ユーザーはどんな検索意図を持って、そのキーワードで検索したか
  • 何をどんな順番で、どのように伝えれば、検索ユーザーの検索意図を最大限満たせるか

特徴4:情報収集・整理力が高い

検索ユーザーに満足してもらえる記事を作成するために「必要な情報を収集する力」と、「収集した情報を体系的に整理する力」が高いライターに依頼するべきです。

ある分野において専門知識を持っているライターでも、情報収集力が低い場合、例えばある主張をするにあたり、その根拠となる公的データ・統計データなどをうまく参照できません。他にも、自分の頭の中にある情報だけで記事作成を行ってしまうことにより、間違った情報を伝えてしまったり、検索ユーザーの検索意図を網羅的に満たす記事に仕上げられない可能性があります。

インターネットを中心に、世の中に存在する膨大な情報の中で、必要な情報にピンポイントでアクセスし、収集してきた情報をうまく体系的に整理する力があれば、仮に専門知識が豊富でなかったとしても質の高い記事を作成することは十分に可能です。

特徴5:質の高い記事に仕上げるための努力を怠らない

コンテンツマーケティングにおける記事作成では特に、ライターの「質の高い記事に仕上げるための努力」が重要です。これは経験が浅いライターであればもちろん、ベテランのライターにも求められることです。

質の高い記事に仕上げるためには、検索ユーザーはどんな人で、どんな検索意図で指定のキーワードで検索したのかを深く考える必要があります。例えばこの時、「自分の経験上、多分検索ユーザーはこんな感じの人で、こんな感じの検索意図を持っているだろう」と1分ぐらいでさっと考えて、すぐに執筆を始めてしまう人は、質の高い記事に仕上げるための努力を怠っているといえます。

検索ユーザーがどんな人か、またどんな検索意図を持って検索したのかは、記事を上位表示させるための最重要事項であるといっても過言ではありません。そのためすでに上位表示されている他の記事を参考にしたり、ターゲット読者のリアルな声・インサイトを把握するためにQ&AサイトやSNSをチェックするなど、さまざまな工夫を施すことが重要です。

質の高い記事に仕上げるための努力さえしっかりできれば、SEOライティングのスキルが乏しかったとしても、カバーできます。

そのため記事作成をライターに依頼する際は、そのライターが過去に作成してきた記事を見せてもらい、質の高い記事に仕上げるためにどのような努力を施したのかを聞いてみると良いでしょう。その際、適当に作成しているように感じられた場合は、そのライターに依頼するべきではありません。

コンテンツマーケティングライターの選考には「テストライティング」が必須

コンテンツマーケティングに適したライターであるかどうかを判断するためには、「テストライティング」を行うことが欠かせません。

ここではテストライティングの定義と、テストライティングが必須な理由、またチェックするべきポイントを解説します。

テストライティングとは

まずテストライティングとは、「テストで試しに記事作成を依頼すること」です。本格的に契約を結ぶ前にテストを実施することで、自社が求める品質レベルを満たす、コンテンツマーケティングに適したライターであるかどうかを判断できます。

テストライティングを行うことで「このライターであれば間違いない!」と判断できれば、本格的に契約を結びます。逆に「このライターだと、今後が不安」といったように、依頼するにあたり懸念があれば、依頼するべきではありません。

テストライティングでチェックするべきポイント

テストライティングが必須な理由は、「自社に合った、コンテンツマーケティングに適したライターであるかどうかを判断するため」です。

そしてそのようなライターであるかどうかを判断するためには、以下5つのポイントをチェックする必要があります。

  • 期待通りの品質に仕上げてくれるか
  • 執筆ルールなどを守ってくれるか
  • 納期までに納品してくれるか
  • コミュニケーションが取りやすいか
  • 見出し構成と文章の作成能力が高いか

順に解説します。

期待通りの品質に仕上げてくれるか

当然ながら、期待通りの品質に仕上げてくれるかを確認しましょう。

テストライティングの段階で期待通りの品質に仕上げてくれなかった場合、主に以下のような原因が考えられます。

  • ライターの能力不足
  • ライターの努力不足
  • 短い納期で依頼してしまい、ライターが対応のための十分な時間を確保できなかった
  • 発注側とライターの間でうまくコミュニケーションが取れていなかった
  • 曖昧な状態で要望を伝えてしまい、ライターが求められているものを十分に理解できなかった
  • 依頼した価格のわりに、発注者の期待が高すぎた

テストライティングのみならず、本格的に契約を結び記事作成を依頼した際でも、求める品質レベルを下回る記事が納品される可能性は十分にあります。その際、「なぜ求める品質レベルを下回る記事が納品されたのか」をしっかり考える必要があります。

一番に考えられるのは、「ライターの能力不足・努力不足」です。依頼したライターがSEOライティングのスキルを十分に持っていなかったり、記事作成に必要な専門知識を持っていなかったりする場合は、質の低い記事が納品される可能性が高いです。また実際は十分なスキルを持っているにもかかわらず、他の案件と同時並行で進めている兼ね合いで、質を高めきれていない状態で納品される可能性もあります。

また質の低い記事が納品されたのには、発注側に問題があるかもしれません。そもそも納期が短すぎたり、どんな質に仕上げてほしいかという要望を伝えられていなかったり、十分にコミュニケーションが取れていないような場合は、どれだけライターの質が高くても、質の低い記事が納品される可能性があります。

さらにテストライティングの依頼を無料で行う会社もありますが、無料だとライターのモチベーションが低下し、適当に対応されることがあります。

しかし実際のところ、テストライティングで質の低い記事が納品された場合、ライターに問題がある場合がほとんどです。何でもかんでもライターのせいにしてはいけませんが、納期が短かったり価格が低い場合はライターがしっかり伝えるべきですし、発注側が十分に求める品質レベルを伝えなかった場合、ライターがヒアリングするべきです。

コンテンツマーケティングに適した「プロの」ライターであれば、納期が短かかったり、価格が低かったり、発注側が十分に要件を伝えてくれなかったりしたからといって、適当に質の低い記事を納品するなんてことは絶対にしません。

執筆ルールなどを守ってくれるか

ライターに依頼する際は、「執筆レギュレーション」や「執筆ガイドライン」といったようなものを渡して、求める品質レベルや執筆ルールなどを共有しておくべきです。

そして納品された記事について、執筆ルールが守られているかを確認しましょう。執筆ルールが守られておらず発注側が修正する場合、発注側がリソースを割くことになります。発注側が求めていることは「できるだけリソースをかけずに質の高い記事を継続的に作成すること」であるため、ライターが執筆ルールを守ってくれないがために発注側がリソースを割く状況というのは、当然ながら好ましくありません。

執筆ルールは、記事の発信元であるメディアの特性や、発注側の意向などによってさまざまですが、例えば以下のようなものがあります。

  • 「である」調ではなく、「ですます」調で統一する
  • 語尾の「です」や「ます」について、三文以上連続して同じ語尾にしてはいけない
  • 一文を長くしすぎない。一文の中で伝えたいことを一つに絞る
  • 二文以上連続して同じ接続詞から始めない
  • 表記揺れに気をつける(「例えば」「たとえば」など)

納期までに納品してくれるか

どれだけ質の高い記事を作成してくれたとしても、それが指定した納期までに納品されなければ、依頼するべきではありません。どんな事情があるにせよ、「納期は絶対」です。特に事前連絡なしで納期を過ぎて納品された場合は、一発アウトにするべきです。

「納期までに絶対に納品しなければいけない」という意識が薄いからこそ、納期遅れが発生するわけです。そして一度納期を過ぎて納品するようなライターは、その後も何かしらの理由をつけて納期を守らない可能性があります。そのようなライターに依頼してしまうと、記事作成の予定がずれてしまいます。

ライターが納期までに納品できない可能性としては、例えば以下のようなものが考えられます。

  • そもそも納期までに絶対納品しなければいけないという意識が薄い
  • 納期を遅れてしまったとしても、何かしらの理由をつけて誤魔化そうとする意識がある
  • 依頼された仕事を完遂するまでにどれくらい時間がかかるかの、工数見積もりの能力が低い
  • 多くの案件に同時並行で対応しており、非常に忙しい

ライターの立場で考えると、テストライティングは今後継続的に発注をもらえるかの試験です。そんな重要な試験において納期までに納品できないという失敗をしてしまうライターには、継続的な発注をするべきではありません。

コミュニケーションが取りやすいか

「コミュニケーションが取りやすいか」も、テストライティングの段階でしっかり確認しておきましょう。コミュニケーションが取りづらいライターに依頼してしまうと、要件を十分に伝えられなかったり、コミュニケーションに時間がかかってしまい発注側のリソースを割くことになってしまいます。

そうなると、質の高い記事を継続的に作成することが難しくなります。

コミュニケーションが取りづらい原因としては、例えば以下のようなものがあります。

  • 返信が遅い
  • テキストコミュニケーションの能力が低い。質問に対しての回答が的外れである
  • 過去のテキストコミュニケーションのやり取りの履歴や、資料を見ればすぐにわかることを細かく質問してくる
  • 高圧的・攻撃的である

「高圧的・攻撃的である」は論外ですが、「返信が遅い」というのも大きな問題です。毎回一つメッセージを送るたびに、返信が次の日になるといったようなことが続けば、コミュニケーションに多くのリソースを割くことになります。また急ぎで対応してほしい件があった場合でも対応してもらえないため、発注側が大きなストレスを抱えることになります。

見出し構成と文章の作成能力が高いか

品質に含まれる部分ですが、見出し構成と文章の作成能力について確認しましょう。

見出しとは「本の目次」のようなものであり、見出し構成は検索ユーザー(読者)の検索意図を満たせるかに大きく影響します。「何を、どんな順番で伝えるか」を示す見出し構成の作成には、一定のスキルが必要です。

例えば本記事の見出し構成は以下のようになっていますが、この見出しの順番にしているのには全て理由があります。

※大見出しのみ記載

コンテンツマーケティングでライターが書く「記事」とは
コンテンツマーケティングに適したライターの特徴
コンテンツマーケティングライターの選考には「テストライティング」が必須
コンテンツマーケティングライターの探し方と依頼方法
ライターの費用相場
自社に合った良い会社に依頼して、コンテンツマーケティングを成功させよう!

見出し構成の作成能力が高い人は、「なぜ、この順番で見出しを配置しているのですか?」と聞かれた時に適切な理由を答えられます。

そして各見出しについて「読みやすさとわかりやすさ」を意識して、文章を組み立てていきます。このような見出し構成と文章の作成能力については、しっかり確認しましょう。

コンテンツマーケティングライターの探し方と依頼方法

ここまで、コンテンツマーケティングに適したライターの特徴と、選考のためにテストライティングを実施し、その際にチェックするべきポイントをお伝えしました。

ここでは、自社のコンテンツマーケティングに適したライターの探し方・依頼方法をお伝えします。これには大きく「専門業者に依頼する方法」と「個人に依頼する方法」があります。

結論、専門業者に依頼する方法がおすすめです。

それぞれについて、順に解説します。

専門業者への依頼

専門業者とは、「コンテンツマーケティングに適したライターを抱えている、SEOに強い会社」のことです。個人に直接依頼する場合と比べて費用は高くなりますが、可能であれば専門業者に依頼するべきです。なぜなら専門業者に依頼することで、検索エンジンで上位表示される記事を作成できる可能性を大幅に上げられるからです。

上位表示される記事とは「検索ユーザーの検索意図を最大限満たす記事」ですが、専門業者は上位表示される記事を作成するプロであるため、安心して依頼できます。

専門業者にはさまざまな種類がありますが、ここでは「コンテンツマーケティング会社」と「編集プロダクション」の2つを紹介します。

コンテンツマーケティング会社

コンテンツマーケティングの支援に特化した会社のほとんどが、検索上位表示を獲得するための記事作成に対応しています。ライターを自社で抱えていたり、外部のライターネットワークを保有しているため、自社の分野についての専門知識を持つ適したライターに記事作成を対応してもらえます。

コンテンツマーケティング会社は記事作成のみならず、コンテンツマーケティングにかかわる施策について幅広く対応してくれる場合がほとんどです。実際のところ、質の高い記事を一つ仕上げるだけでも以下のような工程が発生します。

  • 目的・目標設定
  • ペルソナ設定
  • キーワード選定
  • 検索意図の明確化
  • 競合記事の調査
  • 構成案の作成
  • ライティング
  • 校正・校閲
  • 公開

自社でSEOのノウハウを持っておらず、記事作成のために十分なリソースを割けない場合は、コンテンツマーケティング会社に記事作成にかかわるあらゆる作業を依頼できます。

検索上位表示を獲得するための記事作成の手順・方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEO対策のやり方を徹底解説!基本を網羅的に理解しよう!

編集プロダクション

編集プロダクションは大規模なライターネットワークを保有している場合が多く、記事作成を依頼すると質の高い適切なライターを手配してくれます。

また編集プロダクションの多くは、Webコンテンツだけでなく本や雑誌の編集業務にも対応しているため、非常に高度で専門的なライティングスキルを保有しているライターが在籍しています。本ページのようなコラム記事だけでなく、取材・インタビュー記事や商品・サービスの紹介記事、他社商品との比較・ランキング記事など、さまざまな形式の記事に対応してくれます。

弊社シンプリックはコンテンツマーケティングに強い編集プロダクションであり、「リーズナブルな価格 × 高品質」な記事作成を強みとしています。記事作成に限らず、Web集客全般における支援が可能です。現在、プロのSEOコンサルタントによる無料相談を受付中ですので、少しでもご興味があればまずはサービス資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

個人への依頼

記事作成を外部のライターに依頼するにあたり、専門業者ではなく「個人」に直接依頼する方法もあります。

個人への直接依頼については、知り合いなどに直接声をかけて依頼する方法と、ツールを活用して依頼する方法などがありますが、ここでは「ツールを活用して依頼する方法」を3つお伝えします。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • ネット検索

順に解説します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に業務を依頼することです。不特定多数の人を示す「crowd」と、業務委託を示す「sourcing」を合わせた造語であり、個人に直接依頼するにあたり「クラウドソーシングサービス」を活用するのが一般的です。

クラウドソーシングサービスには、「仕事を依頼したい人」と「仕事を受けたい人」が大量に登録しています。仕事を依頼したい人が「これぐらいの金額で、誰か記事作成を対応してくれませんか!」と、不特定多数のサービス登録者に対して依頼を出し、仕事を受けたい人が依頼内容を見て、対応できそうであれば申し込み、マッチングが成立します。

マッチングが成立したらサービス上で主にチャットなどでやり取りをし、具体的な指示を出して、ライターに記事作成を進めてもらいます。

クラウドソーシングサービスで個人のライターに依頼する場合、システム手数料がかかります。代表的なサービスは「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

【クラウドワークス】

引用元:https://crowdworks.jp/

【ランサーズ】

引用元:https://www.lancers.jp/

注意点として、クラウドソーシングサービスに登録しているライターのレベルにはかなり上下差があります。誰でも無料で気軽に登録できるため、学生や主婦、副業で取り組んでいるサラリーマン、また専業のプロライターまでさまざまな人が登録しています。

クラウドソーシングサービスでは、ライターの実績やクライアントからの評価などが見れるようになっているため、特に外部ライターへの依頼に慣れてないうちは、実績・評価が高いライターを選ぶべきです。そうしないと、途中で連絡が取れなくなったり、明らかに質の低い記事を納品される可能性があります。

SNS

SNSの投稿やDM(ダイレクトメッセージ)を活用して、個人ライターに依頼する方法もあります。「Twitter」や「Instagram」、「Facebook」などが活用できる主なSNSですが、特に「Twitter」を活用するのがおすすめです。

仕事獲得目的でTwitterアカウントを運用しているライターは多く、アカウント名やプロフィール欄にライターとしての経歴や得意分野、仕事を受ける際の価格帯などを記載している場合が多いため、自社に合ったライターを見つけやすいです。

Twitterを活用して個人のライターに依頼する方法としては、主に以下のようなものがあります。

  • ある程度のフォロワー数がいるアカウントから、ライター募集の投稿をする
  • 「#Webライター」などのハッシュタグをつけて投稿する
  • 直接DMする
  • ライターのアカウントをフォローしたり、投稿にいいねをつけて自社のことを知ってもらう

日頃から継続的に情報を発信したり、フォローやいいねなどのアクションを積極的に行い、自社アカウントのフォロワーを増やすことが重要です。フォロワーが多いアカウントからライター募集の投稿をすれば、多くの人の目につきやすくなるため、応募が入りやすくなります。

またライター募集の投稿を見つけてもらうために、Twitterのハッシュタグの機能を活用したり、検索してライターのアカウントを見つけてDMを送るといった方法も効果的です。

SNSで見つけたライターにDMしたり、ライターが運営しているブログサイトから問い合わせを送るなどして直接契約を結ぶことで、クラウドソーシングサービスのようにシステム手数料を引かれないため、より費用を抑えて依頼できます。

ネット検索

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、自社と同じ分野のWebサイトの記事を見つけて、記載されているライター名で検索して探すという方法があります。

クラウドソーシングやSNSと比べて多少難易度は高いですが、自社と同じ分野において検索エンジンで上位表示を獲得している、実績のあるライターに依頼できるため、費用を抑えつつ質の高い記事に仕上げられる可能性があります。

ライター名で検索すると、そのライターが運営しているTwitterアカウントやブログサイトなどが見つかるかもしれません。TwitterでDMを送ったり、ブログサイトから問い合わせるなどして、記事作成に対応してもらえるか聞いてみましょう。

ライターの費用相場

外部のライターに依頼するにあたり、費用相場を知っておきましょう。費用相場は、専門業者に依頼する場合と、個人に直接依頼する場合で大幅に異なります。

まず専門業者に依頼する場合ですが、当然ながら個人に直接依頼する場合と比べて費用は高くなります。なぜなら質の高い記事を継続的に作成するために、入念にヒアリングを行ったうえで自社に適したライターを手配してくれたり、検索ユーザーに最大限満足してもらえるよう構成案の作成や執筆、校正(チェック)などに十分に時間をかけて取り組んでくれるからです。

またそれらの対応を行うのは、実績豊富なプロのライターやディレクターです。質の高い記事を継続的に作成しないと検索結果で上位表示を獲得できないため、多少費用が高くても可能であれば専門業者に依頼しましょう。

本題に戻りまして、専門業者に依頼したい場合は最低でも「文字単価10円〜」となります。法律や医療、金融など専門性が高く、入念なファクトチェックや監修などが必要な場合は、さらに文字単価が高くなります。

文字単価とは「1文字何円か」を意味し、例えば文字単価10円で5,000文字の記事作成を依頼した場合、かかる費用は以下となります。

5,000文字(文字数)× 10円(文字単価)= 50,000円(記事単価)

一方、質の高い記事の作成を個人に依頼する場合は、通常「文字単価2円〜」である場合が多いです。専門性の高い分野だと「文字単価3〜5円」となり、ライターのレベルによっては個人に直接依頼する場合でも「文字単価10円」となることもあります。

作成する記事の分野が、食事や旅行などの専門性が低いものであれば「文字単価0.5〜1.5円」程度である場合も多いです。しかしあまりにも文字単価が低すぎる場合、対応するライターのレベルも低いことが多いため、十分に注意しましょう。

自社に合った良い会社に依頼して、コンテンツマーケティングを成功させよう!

本記事では「コンテンツマーケティングに適したライター」の特徴と、ライターの探し方・選び方などを解説しました。

ライターとは単純に「文章の書き手」であり、「私はライターです!」と名乗れば誰でもライターになれてしまうものですが、「コンテンツマーケティングに適したライター」は以下5つの特徴を持っています。

  • SEOライティングのスキルが高い
  • 特定分野における専門知識を持っている
  • ユーザーファーストな記事作成ができる
  • 情報収集・整理力が高い
  • 質の高い記事に仕上げるための努力を怠らない

これらの特徴を持ったライターに依頼することで、検索エンジンで上位表示を獲得できる質の高い記事に仕上げられます。

また費用は多少高くなりますが、可能な限り個人のライターに直接依頼するよりも、専門業者に依頼したほうが良いです。なぜなら、専門業者は「質の高い記事を継続的に、確実に作成してくれるから」です。

自社の分野に強みを持つ専門業者に依頼することが、コンテンツマーケティング成功の鍵です。しかし「とはいっても、どの専門業者に依頼すれば良いかわからない」と悩む方がほとんどでしょう。

専門業者選びに悩む場合は、ぜひ弊社シンプリックにご相談ください。弊社はSEOに強みを持っている編集プロダクションであり、ご依頼いただいたクライアント様の分野に合ったライターを、膨大なライターネットワークの中から適切に手配できます。

  • まずはどんなサービス内容かだけでも、話を聞いてみたい
  • 本記事の内容について、より詳しく聞きたいことがある
  • 社内にSEOのノウハウがないため、専門業者に依頼したい

このような要望をお持ちであれば、ぜひ弊社にご相談ください。検索上位表示を獲得するために具体的にどのようにして記事作成を行うか、また必要に応じて弊社サービスについてもご説明させていただきます。

関連記事

  1. importance-of-customerjourneymap

    カスタマージャーニーマップの目的と効果的な作成方法

  2. コンテンツマーケティングの運用手順・ポイントを徹底解説!

  3. 中小企業こそコンテンツマーケティングに取り組むべき理由と成功事例、コツ…

  4. コンテンツマーケティングのコンバージョン数を増やす方法を徹底解説!

  5. コンテンツマーケティングの本24選!ジャンル別に基本から実践まで

  6. webmarketing_with_webcontents

    Webマーケティングのコンテンツ活用事例と作成方法を解説

  7. contents-marketing

    集客につながるコンテンツとは?オウンドメディアの活用方法も解説

  8. ホームページのアクセス数を増やす改善策とは?Web担当者がすぐに取り組…

PAGE TOP