digital-marketing

コンテンツマーケティングのおすすめ代行会社 5選!サポートを依頼するメリットも解説

コンテンツマーケティングは、戦略設計から運用まで正しく進めるのが難しい施策です。潜在顧客を育成できる施策として取り組もうとする企業は多いものの、成果が出ずに挫折してしまうこともあります。

コンテンツマーケティングの成功確率を上げるには、インハウス(内製、自社で運営すること)だけにこだわらず、代行会社のサポートを受けることもポイントです。そこで本記事では、コンテンツマーケティングのおすすめ代行会社を5つ紹介します。外注先選びの参考になれば幸いです。

コンテンツマーケティングに代行会社のサポートが必要な理由

まず、コンテンツマーケティングの概要と、その専門性について理解を深めておきましょう。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、コンテンツの発信によって潜在的な顧客にアプローチするマーケティング手法のことです。

ほかのマーケティング手法では一般的に、すでにニーズが顕在化している見込み顧客を顧客化させる施策がメインとなりますが、コンテンツマーケティングではより多くのユーザーにアプローチが可能です。なかでも「顧客を育てる」という点はコンテンツマーケティング独自の概念です。

コンテンツマーケティングでは潜在顧客との長期的な関わり合いを重視し、一般的な潜在顧客の接触からファン化まで、以下のようなプロセスをとります。

  1. サイトへの流入(認知・興味関心)
  2. サイト内の情報収集(情報収集・理解)
  3. 資料ダウンロード(比較・検討)
  4. お問い合わせ・成約
  5. 口コミ発信・事例記事への協力(ファン化)

コンテンツマーケティングを行う3つのメリット

コンテンツマーケティングを行うことで得られるメリットは以下の通りです。

メリット1:低予算で始められる

コンテンツマーケティングは、自社から発信する有益な情報やユーザーの興味を引く情報があれば始められるため、低予算で運用をスタートできます。

記事コンテンツやSNSコンテンツ、メルマガなどを自社で内製・配信すれば、マーケティング費用はほとんどかかりません。また、制作したコンテンツを広告運用しない場合、運用コストも抑えられるため、効果の高い方法で運用できれば費用対効果を高めやすい施策です。

メリット2:リード獲得時に成約しやすい

コンテンツマーケティングでは顧客の商品・サービスへの理解度を事前に高められるため、リード獲得時に成約しやすくなります。

古典的なプッシュ型のマーケティング施策と違い、コンテンツマーケティングは潜在顧客との長い関わりの末に問い合わせにつながります。潜在顧客は記事コンテンツやホワイトペーパー、YouTube動画などを通じて事前に商品・サービスへの理解を深めているため、商談時のミスマッチが起きにくくなるのです。

メリット3:顧客の第一想起を獲得できる

コンテンツマーケティングを行うことで、顧客の第一想起の獲得にも貢献します。

第一想起とは、顧客に特定のニーズや課題が生じたとき、最初に頭に浮かぶ解決方法、すなわち商品のことです。

例えば、日本で「コーラを飲みたい」と思った人の多くは日本コカ・コーラ社のコーラを頭に浮かべることでしょう。もちろん個人差はありますが、他のコーラが最初に頭に浮かぶ人は少数派だと考えられます。

これと同様に、コンテンツマーケティングがうまく機能していると、潜在顧客の記憶にある解決方法を自社の商品・サービスで占めることができ、いざニーズが顕在化した際に優先的に選ばれるようになるのです。

コンテンツマーケティングの難しさ

コンテンツマーケティングはメリットの大きい施策である一方で、効果を得られる運用を企業が独力で行うことは難しいといわれています。

まず、コンテンツマーケティングには継続的・長期的な運用が不可欠です。施策の方針を定めずに始めてしまうと、「発信したいコンテンツがすぐに尽きてしまう」「適切な頻度で更新できない」などの問題が発生します。

また、ユーザーをファン化させるコンテンツには、専門的なマーケティングスキルとコンテンツの企画力・編集力が求められます。社内に編集部が存在しない場合、これらをイチから学んで成果につなげるまでには大きなコストがかかります。

シンプリックでは、コンテンツマーケティングの中でも特に費用を抑えやすい「SEOコンテンツマーケティング」に特化し、必要なノウハウをお伝えするSEOコンテンツマーケティング内製化支援サービスを提供しております。上述のような問題の発生を未然に防ぎながら、社内にWebマーケティングに強い専門家チームを構築することが可能です。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

実績あるコンテンツマーケティング代行会社5選

ここからは、シンプリックがおすすめするコンテンツマーケティングの代行会社を紹介します。コンテンツマーケティングが盛んになった2015年ごろから長年実績を積み上げてきた会社をピックアップしました。

1. 株式会社イノーバ

イノーバは「コンテンツマーケティングの企画・制作・運用」「オウンドメディアの企画・制作・運用支援」などを手掛ける会社です。『個人と企業にイノベーションの力を与える』をミッションに掲げる同社は、BtoB向けのマーケティング支援を得意としています。

イノーバは、全体の戦略立案から実行までをクライアントと伴走する形で企業のコンテンツマーケティングを支援し、SEO記事やホワイトペーパー・メルマガなどのコンテンツ制作にも対応しています。ダウンロード資料によると、提供プランは「A. リード育成プラン」「B. リード獲得プラン」「C. 集客プラン」「D.ライトプラン」の4つに分かれています。

2022年現在、各プランの料金は出ていませんが、参考までに2021年11月時点のA〜Cの料金体系をご紹介します。

プラン名年間料金支援内容
A. リード育成プラン960万円(月額80万円×12カ月)・現状分析
・戦略設計
・集客(SEOコンテンツ月4本×10カ月=40本)
・リード獲得(ebook×3本、インタビュー記事×3本)
・リード育成(メルマガコンテンツ×8本、HTMLテンプレート1種)
・伴走支援(定期MTG/レポート)
・年間プラン策定
B. リード獲得プラン600万円(月額50万円×12カ月)・現状分析
・戦略設計
・集客(SEOコンテンツ月4本×10カ月=40本)
・リード獲得(ebook×3本、インタビュー記事×2本)
・伴走支援(定期MTG/レポート)
・年間プラン策定
C. 集客プラン360万円(月額30万円×12カ月)・現状分析
・戦略設計
・集客(SEOコンテンツ月4本×10カ月=40本)
・伴走支援(定期MTG/レポート)
・年間プラン策定

そのほか、独自のMA/CMSツール「CloudCMO」をセットで導入することで、社内に運用コストの低いマーケティング体制をつくることができます。

2. 株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)

Faber Company(ファベルカンパニー)は、SEO施策を中心とした「コンサルティング事業」に取り組み、自社サービス「MIERUCA(ミエルカ)事業」を提供する会社です。SEO施策に関心のある方であれば、SEO分析ツール「MIERUCA(ミエルカ)」やユーザー行動分析ツール「ミエルカヒートマップ」の存在を知っている人は多いのではないでしょうか。

同社のコンテンツマーケティングの最大の強みは、他社をしのぐSEOのノウハウです。同社はSEO業界のスペシャリストをパートナーとして迎えており、最先端のSEOノウハウを蓄積しています。

Faber Companyのコンテンツマーケティング支援にかかる費用は現在、問い合わせ後に商談をし見積もりが提示される流れで、正確な金額は不明です。参考程度に、SEO分析ツールの「MIERUCA」のオプションプラン料金をご紹介します※。

※ コンテンツマーケティングの支援に内容が近いと判断されるため。料金は2021年11月時点。

プラン名プラン概要期間費用
SEO内部施策支援サイトのSEO内部施策の課題を抽出。さらに施策内容の実装まで支援スポット or 3カ月〜初期分析:50万円〜
月次支援:20万円/月
コンテンツコンサル/制作コンテンツ施策のKW設計〜構成案作成〜執筆〜効果測定の各プロセスにおいてトレーニング・支援を実施。担当者育成を進め、インハウス化を推進3〜12カ月ほど月額:30万円/月〜コンテンツ制作:要見積
デキルカ(オーダーメイド研修)自社のデジタルシフト/DX化に向けて顧客に応じてカスタマイズした研修を提供12カ月勉強会費用:50万円/回〜
月額:5万円/月〜
ミエルカコネクト(マーケター派遣)リソースやノウハウの足りない企業に即戦力マーケターを派遣。SEOやPPC、コンテンツマーケのマーケターをマッチングする3カ月〜月額:20万円/月〜

3. ナイル株式会社

ナイルは、「デジタルマーケティング事業」「メディアテクノロジー事業」などを手掛ける会社です。コンテンツマーケティング支援に関しては、「ナイルのコンテンツ相談室」というサービス内でノウハウを提供しています。

ナイルのコンテンツマーケティング支援の特徴は、高品質なコンテンツを制作し続け社内体制にあります。コンテンツに誤字脱字が発生しないように最低3回の校正・校閲を実施。コンテンツの編集者は、紙媒体出身で10年以上の経験者のみとしています。

もちろん、コンテンツ全体の戦略立案や掲載後の分析業務、リライトなどによる最適化の実力も確かです。気になる費用感はダウンロード資料含め公開されておらず、問い合わせ・商談後の見積もりで判断する必要があります。

4. 株式会社バリューエージェント

バリューエージェントは、Webマーケティングによる集客支援を軸とした会社です。「提案・実践力」「運用力」「成果へのこだわり」の3つを強みとし、Web制作からコンテンツマーケティング、広告運用までを一貫して取り扱うことが可能です。

他社との違いは、ホームページ制作、SEO、広告代理、Webコンサルティングのノウハウを活かし、多角的な視点から総合的にホームページの運用をサポートできるところでしょう。

限られた予算のなかから最適なプランを提案し、サイト完成後の運用や改善、コンバージョンの向上までを行い、受注へと結びつけるための支援を徹底的に行う会社です。

プラン名概要期間費用
バイウルホームページを分析し、TOPページや主要ページ4〜5ページを改善、問い合わせ獲得率をあげるサービス4ヵ月~120万円~
サイトSEO設計ユーザー・競合・自社のマーケティング調査と分析を行い、ホームページの土台を設計2ヵ月~100万円~
SEOコンサルティング具体的な指示書を作成し、SEOの効果を最大に高めるアドバイスを提供3ヵ月~月額:15万円~
コンテンツ マーケティングキーワード設計の上、記事ごとに取材をし専任ライターが記事を執筆6ヵ月~初期:15万円~ 月額:16万円~

5. 株式会社エイト

エイトは、SEOやSNSによる集客など、WEBマーケティングを中心とした会社です。特にSEOの分野では、自社メディアでの高い運用実績が強みです。自社メディアの運用実績をもとにした、SEOで「勝てる」記事の提供を行っています。また、3名でのチェック体制によって高品質の記事の提供を実現しています。

キーワードごとに徹底した競合調査を行い、厳しい社内基準を満たしたライターが執筆するため、コンテンツマーケティングの知識がなくても安心して任せられるでしょう。

コンテンツ制作プランは3つあり、要望や予算に合わせて選択できるようになっています。全プラン1記事から発注できるため、継続・お試しの両方で利用できるのもポイントです。

コンテンツマーケティング代行会社は予算や課題別に選ぼう

コンテンツマーケティングは、企業が独力で行うことが難しい施策です。本記事で紹介した代行会社を参考に、自社にとって最もよいプランを提供してくれる会社を選びましょう。

多くの代行会社から外注先を選ぶのは大変ですが、「自社の業界や商材を得意としているか」「戦略設計から実行までの実績があるか」「費用は許容できるか」といった視点で選定することで、満足のいく施策を行えます。

なお、シンプリックはコンテンツマーケティング施策のうち「SEO記事制作」に特化して代行を承っております。SEO業界歴15年の代表をはじめ、ジャンルごとに多くの有識者ライターと関係を築いているため、Web集客を加速させる良質なコンテンツ制作が可能です。SEO記事制作の外注をご検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. コンテンツマーケティング導入のメリットとは?すぐできる始め方・やり方を…

  2. コンテンツマーケティングのコンバージョンとは?向上させる方法も併せて解…

  3. コンテンツマーケティング運用の成功セオリー|どの業務をいくらで外注でき…

  4. コンテンツマーケティングって記事の上位表示のこと?コンテンツSEOとの…

  5. ホームページのアクセス数を増やす改善策とは?Web担当者がすぐに取り組…

  6. コンテンツマーケティングのおすすめ本を紹介|SEOやライティングも学べ…

  7. SEOコンテンツの作成手順。そもそもコンテンツとは何を意味し、なぜマー…

  8. なぜインバウンドマーケティングに力を入れるべきか|コンテンツマーケティ…

PAGE TOP