contents-marketing

集客につながるコンテンツとは?オウンドメディアの活用方法も解説

コンテンツの集客力はオンラインマーケティングの成否を左右する大きな要素です。ユーザーニーズに合致したコンテンツは興味・関心を引き、ブランドの価値や専門性を伝える大切な手段になります。

しかし、自社の商材やターゲットに適したコンテンツを作成するためには、ある程度の知識と配慮が必要です。

そこで本記事では、集客につながるコンテンツの種類や作成方法などについて詳しく解説します。

集客にコンテンツが重要な理由

オンラインにおける集客には、良質なコンテンツの作成が欠かせません。ユーザーにとって有益な情報を提供すれば、専門性と信頼性をアピールしながら検索結果の順位上昇にもつなげられます。

近年では検索エンジンの利用が一般的となっているため、上位表示されないコンテンツは存在していないのと同じと考えていいでしょう。

上位に表示されるような質の高いコンテンツは共有やリンクの機会を増やし、様々なチャネルからのトラフィックも増加させます。

集客にオンラインコンテンツを使う具体的なメリット

集客にオンラインコンテンツを使う具体的なメリットは、次の5つです。

  • ターゲットを絞りやすい
  • 従来型のメディアに比べてコストが抑えられる
  • 情報の更新が簡単である
  • データ分析が容易にできる
  • コンテンツが財産になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ターゲットを絞りやすい

デジタル広告やSNS広告は、地域・興味関心・年齢・性別といった細かい要素で配信対象を設定できます。特定のセグメントにピンポイントでターゲティングできるため、効果的なアプローチが可能です。

また、ブログ記事や自社メディアであれば、ユーザーの行動データを利用してコンテンツの内容を最適化できます。リーチとリターゲティングの両サイドから効果を最大化することも可能です。

従来型のメディアに比べてコストを抑えられる

ブログ記事やデジタル広告といったオンラインチャネルは、テレビ広告や印刷広告のような従来の広告手法と異なりターゲットを特定しやすいため、非効率的なリーチの発生を抑えることができます

コストを抑えながら効果的な集客ができるオンラインコンテンツなら、予算が限られている中小企業や個人事業主でも本格的なマーケティングを展開できます

情報の更新が簡単である

WebサイトやSNSなどのデジタルプラットフォームは、管理画面上でコンテンツの内容をリアルタイムで追加・修正できます。新しい情報の迅速な反映やキャンペーンの調整も可能です。

印刷物や従来の広告は更新の手間と費用がかかり、最新情報をスピーディーに届けるのが難しい一方で、オンラインコンテンツは追加コストをほとんどかけることなく最新の情報を提供できる点が大きなメリットです。

データ分析が容易にできる

オンラインコンテンツはデータの分析も容易に行えます。解析ツールや広告のプラットフォームを活用すれば、専門的な知見がなくてもアクセス数やクリック率、コンバージョン率などのデータをすぐに確認できます

従来のテレビ広告や印刷広告でのプロモーションから得られるデータは情報が限定的で、結果の評価も煩雑で遅めです。最新のデータを活用したアプローチと効率的なコンテンツの改善を望むなら、オンラインの集客を検討するほうが得策でしょう。

コンテンツが財産になる

SEOを意識したオンラインコンテンツの作成には時間がかかります。しかし、長期的な視点で取り組めば自然検索からのアクセスやソーシャルシェアが増加して、持続的な集客効果をもたらします。

また、オンライン上のコンテンツは、半永久的な財産になります。価値の高いコンテンツを作成すれば、ユーザーとの長期的な信頼関係も築けるでしょう。

集客に役立つオンラインコンテンツの種類

集客に役立つ主なコンテンツの種類は、次の6つです。

  • オウンドメディア
  • 動画
  • SNS
  • ホワイトペーパー
  • メールマガジン
  • プレスリリース

それぞれ詳しく見ていきましょう。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、Webサイトやブログ、SNSなど、自社で運営するメディアプラットフォームのことです。有益な情報や魅力的なコンテンツを通じて、ユーザーとの中長期的な関係と信頼を築きます。

自社でメッセージを発信できるため、自由度と柔軟性の高い集客も可能です。インターネットの利用が日常となっている近年では、認知度の向上と専門性のアピールに欠かせないメディアになっています。

オウンドメディアを運営して多くのサイトアクセスを獲得するためには、「SEO」への取り組みが欠かせません。特に重要なのは、オウンドメディアから「質の高い記事を」を発信することです。弊社シンプリックのSEO記事制作サービスでは、プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがお客様のサイトの記事を「プロ基準の高品質」に仕上げます。プロのノウハウを伝授しますので、ぜひまずは資料をご確認ください。

SEO記事制作サービス
プロのSEOコンサルタント・ディレクター・ライターがタッグを組み、お客様のSEOを成功に導きます

動画

動画は視覚的な効果の高いコンテンツです。イメージや雰囲気など言語化しにくい情報を伝えられるだけでなく、感情やストーリーも直感的に伝わるため、効果的な集客が見込めます。短尺のティザー動画(あえて情報を小出しにしてユーザーの興味関心を引き付ける動画)から長尺の動画まで、多様な形式の動画を駆使してターゲットの関心を引けば、大きな集客効果を得られるでしょう。

SNSでシェアされやすいのも動画コンテンツの特徴です。質の高い動画を作成すればバイラル効果(口コミ効果により情報が次々と拡散されていく効果)を生み出す可能性もあります。また、動画コンテンツは検索結果の順位向上にも役立ちます。

SNS

SNSでは、ユーザーとの双方向コミュニケーションを通じて興味・関心とエンゲージメントを高められるコンテンツを発信できます。拡散によって新たなユーザー層にリーチできるのもSNSのメリットです。

定期的な投稿と合わせてターゲットの興味関心に寄り添った広告を配信すれば、具体的なアクションまで効率的に誘導することもできます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、特定の分野やテーマに関する詳細な情報や専門知識を提供するコンテンツです。ターゲットに説得力のある情報を提供できれば、専門性と信頼性を高めながら集客とコンバージョンにつなげられるでしょう。

ダウンロードの際に個人情報の提供を必須とすることでリードを収集でき、顧客の関心に基づいたマーケティングの展開にも活用できます。

メールマガジン

メールマガジンは以前からある手法ですが、既存顧客との継続的な関係を構築するだけではなく、新規顧客を集客する場合の有効な方法としても活用できます。ユーザーをセグメンテーションし、登録者限定で有益な情報発信をするようなパーソナライズされたメールマガジンは、Webサイトへの誘導にも効果的です。

基本的には自ら登録してくれたユーザーに対して発信するため、関心度の高いユーザーに対してダイレクトに情報を届けられます。顧客ロイヤルティを高めながらリピート購買や口コミ投稿を促進することも可能です。

プレスリリース

プレスリリースは、メディアや業界関係者に向けて新製品、新サービス、イベントなどを公表するツールです。ニュースポータルや業界関連のWebサイトで取り上げられ、情報が拡散される可能性もあります。

近年では、本来の目的である業界関係者への告知という目的よりも、メディアで取り上げられることによる集客効果を狙って利用されるケースも少なくありません。関連キーワードやリンクを含めればSEO対策にも有効です。

集客コンテンツの具体例

前章では、代表的なオンラインコンテンツの手法をご紹介しました。それぞれ集客に有効な手段ですが、実際に発信するコンテンツ内容によって、ユーザーの反応は変わります。

ここでは、具体例なコンテンツ内容を詳しく見ていきましょう。4つに分類しています。

1.情報系コンテンツ

情報系コンテンツでは、ユーザーに有益な価値を提供し、専門性や信頼性を高めて集客につなげます。

情報系コンテンツの種類主な内容
ブログ記事、コラム記事トピックに関する深い洞察や解説を提供する記事
インフォグラフィック表やイラストなど視覚的なデザインを用いてデータや情報を伝える手法
ホワイトペーパー専門的なトピックについて詳細な情報や解析を提供するドキュメント
ケーススタディ実際の成功事例や失敗事例
チュートリアル、ガイド特定のスキルや作業の手順をステップバイステップで解説
トレンドレポート最新の業界トレンドや市場動向に関する情報
ニュースレター定期的に配信されるメールマガジン

2.娯楽系コンテンツ

娯楽系コンテンツでは、ユーザーに楽しみとエンターテインメントを提供して興味・関心を引きます。

娯楽系コンテンツの種類主な内容
動画視覚と音声でユーザーの興味・関心を引く動画コンテンツ
ポッドキャストトークショー、インタビュー、ストーリーテリングなどの音声コンテンツ
SNSユニークな話題を取り上げてユーザーの興味を引く
クイズ、トリビアクイズ、トリビアゲーム、パズルなどゲーム感覚でユーザーの知識や興味を刺激

3.コミュニティコンテンツ

コミュニティコンテンツでは、ユーザーとの双方向による交流や共有から集客に結び付けます。

コミュニティコンテンツの種類主な内容
フォーラム、掲示板特定のトピックや興味関心に基づいたディスカッションを提供
オンラインイベントウェビナーやライブストリームなどによるリアルタイムコミュニケーション
メンバーシップサイト有料または無料のサブスクリプションモデルで提供されるコミュニティ

4.商品紹介系コンテンツ

商品紹介系コンテンツでは、ユーザーに製品の特徴や価値を伝えて購買意欲を喚起します。有益で信頼度の高い情報の提供と視覚的な要素を活用すれば、顧客の意思決定をサポートできるでしょう。

商品紹介系コンテンツの種類主な内容
製品ページWebサイト上で製品の詳細な説明、仕様、価格、メリットなどを提供
デモ動画製品の使用方法や機能を実際にデモンストレーションする動画コンテンツ
カタログ製品の写真や説明文をまとめたオンラインカタログ
ユーザーレビュー製品を購入・使用した経験を共有するコンテンツ
比較記事自社製品と競合他社の製品を比較して利点や違いを説明

コンテンツ配信のためには自社サイトかSNSが必要

前章でさまざまな集客コンテンツの選択肢があることが確認できたかと思います。
いずれのコンテンツも発信する際のプラットフォームを用意する必要があります。

プラットフォームの選択肢は、「オウンドメディア(自社サイト)」もしくは「SNS(自社アカウント)」のいずれかになります。

Webサイト制作が不要な”SNSによるコンテンツ配信”は、手軽に始められるという利点があります。ただし、配信できる内容やコンテンツの選択肢は各SNSの仕様に制限を受けます。また、配信したコンテンツを見てもらうためには、地道にフォロワーやチャネル登録者を増やしていく必要があります。

代表的なSNS:Facebook、X(Twitter)、Instagram、YouTube、TikTok、LinkedIn

オウンドメディア(自社サイト)を活用すれば、前章で紹介した集客コンテンツのすべてを配信することができます。

オウンドメディアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

オウンドメディアの記事コンテンツには集客に高い効果がある

弊社の得意分野であるオウンドメディアでの記事コンテンツ配信は、文章をベースとしているため、自社サイトにブログ機能があれば、すぐに始められ、集客に高い効果があります。具体的な集客効果を詳しく見ていきましょう。

見込み客へのアプローチ

有益な情報や解決策を提供する記事は、ユーザーが抱えている興味や問題にアプローチできます。ニーズが具現化していないユーザーをナーチャリング(育成)すれば、中長期的な関係を築くこともでき、リピーターも増やせるでしょう。

SEOを意識して作成した高品質な記事は検索結果で上位表示され、自然な方法で見込み客にリーチできる可能性を高めます。

継続的な集客力

高品質な記事は、長期間にわたって自然検索からのトラフィックを獲得できます。広告宣伝費をかけず継続的に集客できるのは、記事コンテンツの大きなメリットです。

オウンドメディアであれば記事の更新や新しいトピックの提供も行いやすいので、読者の興味を持続させながらコンテンツの価値も高められます。

ブランディング効果

記事を通じて専門性や価値観を伝えられるため、読者に対する信頼感を高められます。統一されたトーンやテイストをキープすればブランドの個性と独自性も強調できるでしょう。

ユーザーは記事コンテンツから有益な情報を収集しながら、ブランドに対する肯定的なイメージを抱いて良好な関係を築ける可能性も高まります。

ただし、継続的なブランディング効果を得るためには、コンスタントな記事の制作と適切な戦略の展開は欠かせません。

オウンドメディアの集客力を高めるポイント

オウンドメディアの集客力を高めるポイントは、次の3つです。

  • ペルソナを明確にする
  • 適切なキーワードを選定する
  • 興味を引くタイトルやサムネイルを用意する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ペルソナを明確にする

まずは誰に向けたコンテンツなのかを明確にして、興味関心やニーズを考慮しましょう。ペルソナが明確にならなければ、関連性の高いコンテンツは作成できません。

ペルソナを決めることで、ターゲットの検索意図を理解し、どの段階のファネルなのかを意識すれば、集客につながるコンテンツを作ることができるようになります。

適切なキーワードを選定する

コンテンツを作る際は、ターゲットのニーズに合わせた適切なキーワードを選定するのも大切です。キーワードの選定は、検索結果の表示順位を向上させてターゲットにアプローチするための重要なポイントです。関連性の高いキーワードを組み込むことによって、特定のトピックや問題に関心があるユーザーを誘導しやすくなります。

例えば「就職活動中の学生」をターゲットとする場合は、次のようなキーワードが効果的と考えられるでしょう。

・就職活動
・履歴書の書き方
・面接対策
・企業選び
・インターンシップ
・エントリーシート
・新卒採用
       など

競合の少ないロングテールキーワード(2語以上のキーワードから成る、検索ボリュームが比較的少ないキーワード)を選ぶと、特定のニッチなオーディエンスをターゲットにできる可能性もあります。

なお、キーワードを選定する際は、Googleキーワードプランナーのようなリサーチツールを活用すると便利です。

興味を引くタイトルやサムネイルを用意する

タイトルとサムネイルはユーザーの注意を引き、コンテンツへの興味を刺激する大切な要素です。魅力的なタイトルは検索結果におけるクリック率も向上させます。

例えばキーワードが「履歴書の書き方」であれば、次のようなタイトルが考えられるでしょう。

・「履歴書の書き方|知らないと不採用になる重要なポイントとは?」
・「自分をブランディングする!効果的な履歴書の書き方を解説」
・「履歴書の書き方と採用担当者が期待する項目を徹底解説」

タイトルを決めたら、ユーザーが興味を引くサムネイルを作成して集客率を高めます。

コンテンツの公開後も、アクセスやランキングの変動をモニタリングしましょう。場合によってはタイトルやサムネイルを変更する必要もあります。

オウンドメディアの集客を成功させる方法については、以下の記事でより詳しく解説しています。「オウンドメディア集客の【8ステップ】」は特におすすめです。

集客率の向上にはオウンドメディアの記事コンテンツがおすすめ

集客率の向上には、オウンドメディアの記事コンテンツがコストや効率性の面で有利です。

自社メディアを通じて情報発信できるため自由度が高く、予算が限られている中小企業でも気軽に取り組むことができます。そして高品質な記事コンテンツを作成すれば検索結果の上位に表示されるため、半永久的な集客も期待できます。

「集客のために記事コンテンツを活用してみたいけれど、社内にノウハウがない」とお悩みの方は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングのコンバージョン数を増やす方法を徹底解説!

  2. importance-of-customerjourneymap

    カスタマージャーニーマップの目的と効果的な作成方法

  3. digital-marketing

    コンテンツマーケティングの代行会社8選!会社選びのポイントを徹底解説

  4. コンテンツマーケティング記事作成のコツ・手順を徹底解説!外注メリットも…

  5. なぜインバウンドマーケティングに力を入れるべきか|コンテンツマーケティ…

  6. ways-for-topic-selection

    コラム記事のネタ切れ回避と成果につながる話題選びのポイント

  7. pillarpage-writing

    まとめ記事の書き方を基礎から実践まで解説

  8. advantage-of-whitepapaers

    ホワイトペーパーの効果を最大化!作成・配布方法で差をつけるマーケティン…

PAGE TOP