Web集客のやり方を徹底解説!4つの集客方法と成功のポイントを理解しよう

現代では、あらゆる人々がインターネットを通じてWebサイトから情報収集を行っています。一般消費者だけでなく企業の担当者も、何か調べ物をしたり、物を購入したりする際にGoogleなどの検索エンジンを活用しています。そして2020年に流行した新型コロナウイルスは、人々のインターネット利用を加速させました。

今や、業界を問わずあらゆる企業にとって、ビジネスを成長させるためにWeb集客の取り組みは必須といえます。しかしWeb集客といっても抽象的で、具体的に何にどう取り組めばいいのかわからない人が多いでしょう。

Web集客には、さまざまな方法があります。その中で自社に合った集客方法を選び、成功のポイントを押さえて改善を繰り返しながら取り組むことで、Web集客の活性化によりビジネスを飛躍的に成長させられます。

本記事ではWeb集客の概要や、特に重要な4つの集客方法、またWeb集客成功のポイントを解説します。ただホームページを持っているだけでたくさん問い合わせが入ってきたり、SNSで適当に情報発信をするだけで多くのフォロワーを獲得できたりといったことは、基本的にありません。本記事を通じて、成果を出すためのWeb集客について理解を深めましょう。

Web集客とは


Web集客とはインターネット(Web)を活用して行う集客です。「オンライン集客」とも呼ばれますが、これの反対は「オフライン集客」です。

例えばチラシやティッシュ配り、店舗を構えて看板等でのアピール、展示会への出展や電車広告など、オフライン(リアル)で行う集客がオフライン集客です。

一方、ホームページからブログ記事を発信してGoogleやYahoo!などの検索エンジン経由で自社のことを見つけてもらったり、SNSで情報発信してフォロワー数を増やしたりといった集客がWeb(オンライン)集客です。

今見ているこの記事も、Web集客の一環で作成しています。この記事はWeb集客の方法に関するものなので、例えばGoogleで「Web集客 方法」といったキーワードで検索した際に、検索結果で上位表示されるかもしれません。上位表示されれば「Web集客 方法」で検索した人の多くがサイトに訪れてくれます。そして一部の人が弊社に問い合わせを行い、弊社のサービスを購入してくれるでしょう。

Web集客はインターネット経由でターゲットに自社のことを見つけてもらい、商品・サービスを購入してもらうために欠かせません。

Web集客に取り組むメリット


Web集客があらゆる企業にとって必須といえる理由は、以下5つのメリットがあるからです。

  • 日本中、世界中の人をターゲットにできる
  • すぐに無料で始められる
  • 24時間365日、インターネット上で営業活動ができる
  • 中長期的に安定した集客を実現できる
  • 施策の効果が数字で明確に出るため、分析・改善がしやすい

それぞれのメリットについて、順に解説します。

日本中、世界中の人をターゲットにできる

インターネットを通じて発信する情報は、世界中の誰でも閲覧できます。Web集客では日本中、世界中の人をターゲットにできるため、うまくいけば莫大な数の人に自社のことを知ってもらえ、商品を購入してもらえるかもしれません。

地方の田舎にある飲食店でも、中古自転車の販売店でも、日本中、世界中の人にリーチできる可能性があり、リアルの商圏から抜けて多くの見込み客にリーチできるため、「自分たちにはWebは関係ない」と思っている人たちこそ、Web集客に取り組むべきです。

すぐに無料で始められる

Web集客は、すぐに無料で始められます。例えばTwitter/XやInstagram、FacebookなどのSNSアカウントはすぐに開設して情報発信を始められますし、ホームページも今では無料で簡単に作れます。

チラシの配布や出店など、オフライン集客では多くのお金を要することがほとんどですので、すぐに無料で集客を始めたいのであればWeb集客に取り組みましょう。

24時間365日、インターネット上で営業活動ができる


ホームページやSNS、Web広告などから発信する情報は、24時間365日、常にインターネット上で誰かから見つけてもらえる可能性があります。これはつまり「24時間365日、インターネット上で営業活動ができる」ということです。

さらにいえばWeb集客に取り組むことで「オンライン上に営業マンを雇っている」ような状態を作れます。

中長期的に安定した集客を実現できる

Web集客で一度成果を出せれば、中長期的に安定した集客を実現できます。例えばホームページからブログ記事を発信し、Googleでさまざまな検索キーワードにおいてサイトが上位表示されれば、上位表示されている間は常にサイトに人が訪れます。

またSNSアカウントから情報発信を行い、フォロワー数が増えれば、発信した情報を多くの人に見てもらえるようになります。SNSを通じて自社に強い好意を持つファンを作れれば、ファンが自社に多くの利益をもたらしてくれるでしょう。

施策の効果が数字で明確に出るため、分析・改善がしやすい

インターネット上のユーザーの動きは、ほとんど全て追跡可能です。例えば本記事に今月何人の人が訪れたかだったり、Googleでどんなキーワードで検索した人が本サイトに訪れたか、そのうち何人の人が弊社の問い合わせページにアクセスしたかだったりなど、あらゆるデータが明確に数値として表れます。

「Web集客においてこの施策を行った結果、サイトの訪問者数が先月と比べて〇%増えて、滞在時間が〇%減って、問い合わせ数が〇件増えた」といったように、施策の効果が明確に数字として表れるため、分析・改善がしやすいです。

Web集客成功の鍵である「集客→教育→販売」について


Web集客で特に重要なのは、ホームページの訪問者数を増やすことでも、SNSのフォロワー数を増やすことでもなく、売上・利益を上げることです。

そしてWeb集客に取り組み売上・利益を上げるためには、Web集客成功の鍵である「集客→教育→販売」の流れを理解しなくてはいけません。この流れが理解できていない状態でWeb集客に取り組んでも、大きな成果を出すことは難しいでしょう。

  • 第1ステップ:集客
  • 第2ステップ:教育
  • 第3ステップ:販売

まず第1ステップの「集客」についてですが、これは「自社を見つけてもらい、リスト化すること」です。ここでいうリスト化とは「自社から能動的に情報を届けられる、自社商品の購入可能性がある見込み客を作ること」です。

Web集客に取り組む際は必ず、リスト化のための導線を用意しましょう。例えば弊社シンプリックでは、Web集客に興味がある人に向けてお役立ち資料を無料で提供していますが、ダウンロードにあたり会社名やメールアドレスを入力してもらっています。


通常リスト化にあたっては、見込み客にとって価値がある情報を提供し、その代わりにメールアドレスを入力してもらいます。これにより弊社から資料ダウンロードを行った人に対して能動的にメールで情報を届けられるようになります。

当然ながら、問い合わせフォームから問合せをいただく際にもメールアドレスを入力してもらうため、問い合わせ後にすぐ自社のサービスを購入しない場合でも、継続的に情報を届けられます。

集客ができたら、次は第2ステップの「教育」です。このステップの目的は「自社や商品への愛着を高め、商品への欲求を喚起し、購入しやすい状態にすること」です。一度は何かのメールマガジンに登録した経験があると思いますが、その際に商品の案内だけでなく、お役立ち情報も届いていたはずです。

メールアドレスを登録した見込み客に対して、価値となるお役立ち情報を届けることで、自社への愛着を高められます。また何度も会社名や商品名を目にすることで、単純接触効果により自然と愛着が高まります。

このように愛着が高まり、現在抱えている悩み・課題の存在を強く認識してもらった状態で「自社の商品を購入することで、その悩み・課題を根本から解決できます!」といって「販売」を行うことで、喜んで商品を購入してもらえる可能性が高くなります。さらに最後の一押しとして期間や人数限定での割引など特別なサービスを受けられる旨を伝えれば、より強い行動喚起になるでしょう。

Web集客では、自社のことを見つけてもらってから商品を案内し、購入してもらうまでに段階を踏みます。いきなり「うちの商品を買ってください!」といっても嫌がられるだけなので、少しずつ関係性を構築し、自社の商品を購入してもらいやすい状態を作り、適切なタイミングで商品の案内を行うことが重要です。

「集客→教育→販売」の流れについて、いきなり完璧に理解して適切に戦略を立て、Web集客の取り組みを行うのは難しく感じるかもしれません。しかし「いきなり焦って商品を売りこまず、まずはリスト化して関係性を構築することが重要である」といったようなシンプルな法則ですので、Web集客の戦略を考える際にぜひ意識してもらえればと思います。

4つのWeb集客方法

Web集客の重要性がわかり、いざWeb集客に取り組もうと思っても、さまざまな集客方法があるため何に取り組めばいいかわからないという人は多いです。

ここでは代表的な4つのWeb集客方法について、概要やどんな企業に適しているかなどを解説します。それぞれの集客方法の特徴を理解し、自社に合った集客方法を選びましょう。

SEO対策

SEO対策とは「GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、サイトを検索結果の上位に表示させるための施策」です。検索エンジンのシェアの大半を占めているのはGoogleであり、Googleでさまざまな検索キーワードにおいてサイトが上位表示されれば、多くのアクセスを集められます。

サイトに多くのアクセスを集めて、問い合わせの獲得や商品の販売を達成することがWeb集客の基本ですので、上位表示により莫大な数のアクセスが見込めるSEO対策は、業種問わずあらゆる企業にとって欠かせない施策です。

例えば「コンテンツマーケティング ライター」というキーワードでGoogle検索すると、弊社の記事が検索結果の一番上に表示されます。


なぜ一番上に表示されているかというと、弊社の作成した記事が「コンテンツマーケティング ライター」で検索した人のニーズを最も満たした記事であると、Googleから評価されているからです。検索者は何かしらのニーズを持ち、わざわざキーワードを入力して検索するわけですが、Googleは検索キーワードに対して最もニーズを満たすページから順に検索結果に表示させます。

つまりSEO対策で成果を出すためには、「上位表示を狙うキーワードを定め、ニーズを満たす記事を作ること」が重要です。

SEO対策については以下の記事で基礎知識を網羅的に解説しているため、実施を検討している場合はぜひお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

また弊社シンプリックでは現在、SEO対策で成果を出したいWeb担当者様向けに「SEO対策の無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「SEO対策で成果を出すために重要なこと」などSEOのノウハウを伝授しますので、ぜひお気軽にお申込みください。

MEO対策

MEO対策とは、地図検索で上位表示させるための施策です。地域性のあるキーワードで検索すると、以下のように地図検索結果が表示されます。


上の画像は「表参道 ランチ」と検索した際の検索結果ですが、通常の検索結果に地図検索結果が差し込まれています。上位3件までが表示されますが、地域性のあるキーワードで検索する多くの人が地図検索結果を参考にするため、このエリアに表示されれば多くのWeb集客が見込めます。

特に飲食店や美容院、クリニックなど、店舗を構えるビジネスを行っている事業者にとってMEO対策は非常に重要です。例えば「表参道 ランチ」といった、多くの人が検索するキーワードでSEO対策に取り組み上位表示させるのは簡単ではないですが、MEO対策に取り組めば地図検索結果で上位表示される可能性は十分にあります。

地図検索結果で上位表示させるためには、Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録し、プロフィール情報を充実させたり、画像を頻繁に投稿したり、口コミ数を増やして、口コミに対してこまめに返信したりなどの取り組みが必要です。

SNS運用

Twitter/XやInstagram、FacebookなどのSNS運用は、すぐに無料で始められます。プロフィール欄や固定投稿に自社サイトへのリンクを張り、プロフィールページに訪れたユーザーをサイトに誘導しましょう。

SNSは媒体ごとにビジネス活用の特徴が異なります。例えばTwitter/Xでは「バズ」と呼ばれる拡散を起こせれば莫大な数の人にリーチできますが、尖った発言をして炎上が起きるリスクに気をつける必要があります。企業が運用する場合は個人運用と比べてより慎重さが求められるでしょう。

Instagramは画像/写真の「映え」が重要で、飲食店がシズル感(食欲や五感を刺激する感覚)のある写真を使ったり、ファッションや観光、美容系などが自社サービスに関係する写真を使ったりなどしてユーザーをファンにし、フォロワー獲得やサイトへの誘導のために活用しています。

どのSNSでも、主に以下のような指標が重要です。各指標の数値を上げることでサイトへの誘導数を増やしたり、SNS上でより多くの人にリーチできたりするようになります。

  • フォロワー数
  • いいね数
  • リツイート数
  • コメント数
  • エンゲージメント率(インプレッション数(投稿が目に入った数)のうち、いいねやフォロー、プロフィール閲覧など何らかの行動を起こした数の割合)

Web集客におけるSNSの活用については、以下の記事で詳しく解説しています。

オウンドメディア集客にSNSを活用する際のポイントを徹底解説!

Web広告

お金を払うことでWeb上に出稿できるWeb広告は、即効性があり高確率でターゲットにリーチできます。

リスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告、SNS広告などさまざまな種類の広告が存在するため、それぞれの特徴を理解し、自社に合ったWeb広告を出稿することが重要です。

また広告を出した後は効果測定を行い、必要に応じて広告クリエイティブを改善したり、別の広告手法を試すなどして成功確率を上げるための努力が欠かせません。

Web集客成功のポイント3選

Web集客は、適当に取り組んでも多くの場合成果が出ません。どの企業もWeb集客の重要性に気づいており、施策を講じているため、基本的にはどの業界でも多くの競合が存在します。その中で競合よりも大きな成果を出すためには、成功のポイントを押さえ、やるべきことを確実にやりきることが重要です。

ここではWeb集客成功のポイントを3つ紹介しますので、ポイントを押さえてWeb集客に取り組みましょう。

ポイント1:効果測定を行い、改善を繰り返す

Web集客では、サイトの訪問者数や狙ったキーワードでの検索順位、SNSのフォロワー数や投稿への平均いいね数など、あらゆるデータが数字で明確に出ます。これらの数字を活用しない手はありません。

サイトの分析・効果測定はGoogleアナリティクスサーチコンソールといった無料ツールで簡単に行えますし、SNSの効果測定にも専用のツールが存在します。

Web集客において「こうすれば絶対に成果を出せる!」といった正解はありません。「こうすれば良いのでは」といった仮説を立てて、施策を実行し、効果測定の結果を元に必要に応じて改善を繰り返しましょう。これを行わずして、Web集客を成功させられることはありません。

ポイント2:質の高いコンテンツを作り続ける


SEO対策、MEO対策、SNS運用、Web広告のどの集客方法に取り組むにしても、質の高いコンテンツを作り続けることが重要です。特にSEO対策では、狙ったキーワードで検索上位表示を獲得するために、検索者のニーズを満たすコンテンツを作る必要があります。

SNS運用でも、ターゲットにとってためになる、もしくは楽しんでもらえるコンテンツを作らないとフォロワー数は増えませんし、Web広告でもせっかくお金を払っているにもかかわらず、ターゲットの行動を喚起させるコンテンツになっていなければ売上・利益には結びつきません。

SEO対策で質の高いコンテンツを作るには、専門知識が必要です。具体的な作り方は以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

SEO記事の書き方を【7ステップ】で完全解説!

ポイント3:自社に合ったWeb集客方法を選ぶ

店舗を構えていない事業者がMEO対策に取り組んだり、お金をほとんどかけられないにもかかわらずWeb広告を出したりしても、あまり意味がありません。

自社がかけられるリソースやWeb集客に取り組む目的、いつまでに成果を出す必要があるかなど、さまざまな要素を加味して自社に合ったWeb集客方法を選びましょう。

成功のポイントを押さえ、自社に合ったWeb集客方法に取り組もう

本記事ではWeb集客の概要や、特に重要な4つの集客方法、またWeb集客成功のポイントを解説しました。自社に合ったWeb集客方法を選び、効果測定と改善を繰り返しながら施策の質を上げていくことが、Web集客成功には欠かせません。

さまざまな集客方法がある中で、あらゆる業界の企業にとって重要なのは、莫大な数のサイトへのアクセスと中長期的に安定した集客が実現できる、SEO対策です。しかしSEO対策に取り組み成果を出すためには、専門的な知識やスキルが必要になりますし、多くのリソースをかける必要があります。

SEO対策について専門的なノウハウを持っておらず、十分なリソースを確保できない場合は、ぜひ弊社シンプリックにお声がけください。SEO歴15年の代表谷口を中心に、高い専門性と経験を武器に、お客様のサイトを強力な自動集客装置に育て上げます。

すぐにSEO対策への取り組みを検討していない場合でも、相談の段階から無料で対応いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。お客様のサイトの課題を明確にし、必要な施策をプロの目線からアドバイスいたします。

関連記事

  1. howtostart-digitalmarketing

    【初心者必見】Webマーケティングの始め方と成果を上げる方法

  2. Googleで企業情報をナレッジパネルに表示させるための手続きとは?

  3. 記事LPとは?成果の出るLPの作り方を7ステップで解説!

  4. Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び…

  5. Webマーケティングは何から始めたら良いのか?初心者向けの手順や方法を…

  6. 未経験からフリーランスのWebライターになる方法|高収入も狙える!

  7. Googleタグマネージャー(GTM)の使い方-GA4の設定も解説

  8. インバウンドセールスとは | メリットや成功させるコツを徹底解説!

PAGE TOP