スクール・教室のWeb集客方法を完全解説!成功のポイントを理解しよう

スクール・教室系のビジネスでは「いかに多くの人に見つけてもらい、お客様になってもらうか」という集客が重要です。特にWebを活用して行う集客(Web集客)に取り組むことで、莫大な数の人にスクールの存在を認知してもらい、お客様になってもらえる可能性があります。

しかしWeb集客は、適当に取り組んで成果を出せるものではありません。サッカーや野球などのスポーツ教室、ピアノ教室や受験対策スクールなど、スクール・教室は競合が多いです。その中でターゲットとする人に見つけてもらい、興味を持ってもらうためには、成功のポイントを押さえ、適切な方法でWeb集客に取り組む必要があります。

本記事ではスクールがWeb集客を成功させるためのポイントや、スクールが取り組むべきWeb集客方法などを解説しています。本記事の内容を理解し、運営スクールに合った集客方法を選んで実践することにより、Web集客の成功確率を大幅に上げられるでしょう。

スクールがWeb集客に本気で取り組むべき理由


教室や習い事などのスクールを運営している人の中には、Web集客の重要性を理解できていない人もいるでしょう。しかし結論、どんな形態のスクールを運営している場合でも、Web集客には本気で取り組むべきです。

当然ながら集客数が増えれば、売上・利益が増えます。スクール運営を継続させるためには利益がしっかり出てないといけませんから、そのためにも集客数を増やす必要があります。

店舗を構えているスクールなどで、近所に住む人をターゲットにしている場合、看板や既存客からの口コミだけである程度の集客ができているため、わざわざホームページを持ってWeb集客に取り組む必要はないのではと考えている人もいるでしょう。

しかしそのような商圏が狭いスクールでも、例えば近所に住む人にネットでスクールを見つけてもらい適切にスクールの強み・魅力を伝えたり、SNSなどでお客様とつながりコミュニケーションを取ったりすることで、「新規客の獲得」と「既存客のリピート促進」を実現できます。

さらにWeb集客が魅力的なのは、「日本中、世界中の人をターゲットにビジネスができる」ことです。例えば今まで自宅や店舗に来てくれた人のみにピアノのレッスンを提供していたピアノ教室であれば、オンラインレッスンを用意してネットで情報発信を行うことにより、日本中の人をターゲットにして集客ができます。

近所の人を対象に運営しているピアノ教室が商圏を広げ、例えば沖縄県で運営しているピアノ教室でも北海道の人をお客様にできる可能性があります。

商圏を広げてネット上で情報発信を行うことによる「莫大な数の新規客獲得」と、お客様とのコミュニケーションによる「既存客のリピート促進」を実現できるため、スモールに中長期的な継続運営がしたいスクールも、集客数を増やし拡大を考えているスクールも、Web集客には本気で取り組むべきです。

スクールがWeb集客を成功させるための5つのポイント

スクールが取り組むべきWeb集客方法を解説する前に、スクールならではのWeb集客を成功させるためのポイントを解説します。これから紹介する5つのポイントを理解することで、間違いなくスクールのWeb集客の成功確率を上げられます。

ポイント1:地域性を意識する

オンラインレッスンなど、オンライン上のサービスを用意することで全国各地の人をターゲットにしているスクールもありますが、ピアノ教室や書道教室、料理教室など、多くのスクールは基本的にローカルビジネスです。

ローカルビジネスの特徴として「地域の人をターゲットにしている」というものがあり、スクール以外に飲食店や美容院、クリニックなども基本的にはローカルビジネスです。

スクールはローカルビジネスであるからこそ、地域性を意識しなくてはいけません。例えば料理教室であれば、多くの場合お客様となるのは料理教室を運営している場所の近くに住んでいる人、職場が近い人などです。

スクールがWeb集客に取り組む場合、どうすればターゲットである近所の人、地域の人に見つけてもらえるか、興味を持ってもらえるかをよく考える必要があります。周辺地域を商圏としているにもかかわらず、周辺地域の人に見つけてもらうこと、興味を持ってもらうことに特化したWeb集客方法に取り組まない場合、施策効果は激減します。

ポイント2:商圏を広げられないか検討する


地域性を意識し、周辺地域の人に見つけてもらい、興味を持ってもらうためのWeb集客方法に取り組むのも重要ですが、Web集客の「インターネットを通じて、日本中、世界中の人をターゲットに情報を届けられる」という強みを活かすことも重要です。

周辺地域だけでなく、その他の地域の人たちにもスクールに足を運んでもらえるようWeb集客に取り組みましょう。また直接スクールに足を運んでもらう以外にも、オンラインレッスンなどを用意して、サービス提供をオンライン上で完結させるようにすれば、文字通り日本中、世界中の人をターゲットにビジネスを展開できます。

特に今まで商圏を絞り集客を行ってきたスクールが、Web集客に取り組み商圏を広げることで、莫大な数の新規客を獲得できる可能性があります。

ポイント3:ターゲットを明確にする

スクールがWeb集客を成功させるためには、ターゲットを明確にしなければいけません。ターゲットの明確化はスクールに限らず、どんなビジネスを行う場合でも必要不可欠です。

スクールを運営している事業者は、多くの競合がいることをよく理解しているかと思います。多くの競合がいる中でターゲットに選ばれるためには、ターゲットを絞るのが基本です。

例えば「プロの書道家を目指す子供向けの書道教室」と「子供から大人まで、レベル問わず誰でも参加可能な書道教室」があったとします。この場合、状況にもよりますが後者はターゲットが広く、多く存在する競合の中に埋もれてしまう可能性が高いです。しかし前者はターゲットが明確であるため、「プロの書道家を目指す子供」は後者ではなく前者のスクールを選ぶでしょう。

またターゲットが明確であれば、ターゲットに刺さるメッセージをホームページで打ち出して強い興味を引きつけたり、ブログやSNSなどでターゲットに役立つ情報を継続的に発信したりすることで、ターゲットにより見つけてもらいやすく、また興味を持ってもらいやすくなります。

ポイント4:強みを明確に打ち出す

ターゲットが明確になったら、競合との差別化を踏まえてスクールの強みを明確に打ち出しましょう。強みを考える際は「ターゲットはなぜ、自分のスクールを選ぶのか」といったように、ターゲットの目線に立つ必要があります。

また強みは、競合と比較してのものである必要があります。そのため競合のホームページなどを確認し、「競合にはないけど、自分のスクールにはあるもの」を洗い出しましょう。強みを明確に打ち出すことで、「家の近くにもスクールがあるけど、こっちのスクールに行こう」といったように、競合に打ち勝てる可能性が高くなります。

以下は、スクールが強みとしてアピールできる項目の一例です。

  • 先生の実績・知名度
  • 通いやすい場所にあること
  • 独自のカリキュラム・レッスン内容であること
  • 通えなかった生徒のために補修を用意していること
  • 期間限定で申込特典を実施していること

ポイント5:成約までの導線設計を適切に行う


これから紹介するWeb集客方法に取り組むにあたって、成約までの導線設計を適切に行うことが重要です。スクールにおける成約とは、基本的に「スクール・教室の申込」を指します。そして成約までの導線設計とは「ターゲットが自社のことを見つけ、興味を持ち、成約するまでのストーリーを考え、実践すること」を指します。

成約までのストーリーについて、栃木県で運営されている英会話教室を例に説明します。例えばこの英会話教室が子供向けに運営されている場合、情報発信のターゲットとなるのは「子供の親」です。このターゲットにGoogle検索などを通じてホームページを見つけてもらいます。

ターゲットはすでに子供を英会話教室に通わせることを検討している可能性が高いです。そのためホームページ上で他の教室との違いを元に自分たちの英会話教室の強みを伝えます。そして興味を持ってもらえたら、まずはオンライン、もしくはオフラインでの説明会に参加してもらいます。そのためには当然ながら、ホームページ上に説明会への参加申込用のフォームが必要です。

そして説明会に参加してもらい、英会話教室の説明を具体的に行います。仮にその場で強く興味を持ってもらえなかったとしても、その後定期的にキャンペーン情報などが掲載されたチラシを送付したり、説明会の際に登録してもらったメルマガで情報発信を行ったりして、コミュニケーションを取ります。

スクールがWeb集客に取り組む際は、このような成約までのストーリーを考えることが欠かせません。そしてストーリーを考えられたら、ホームページ上にボタンやフォームなど、次のステップに誘導するための要素を用意します。

成約までの導線設計を適切に行うためには、やはりターゲットを明確にすることが重要です。ターゲットが明確であればどのようにしてターゲットにスクール・教室を見つけてもらい、どんな情報をどんな言葉で伝えれば興味を持ってもらえるかなどを正確に考えられるからです。

スクールが必ず取り組むべき3つのWeb集客方法

Web集客方法にはさまざまなものがありますが、まずは特に重要なWeb集客方法を押さえておくべきです。ここではスクールが必ず取り組むべき、以下3つのWeb集客方法を順に紹介します。

  • ホームページの作成
  • SEO対策
  • MEO対策

ホームページの作成


スクールは必ず、ホームページを作るべきです。実際のところ、多くの集客を実現しているスクールはどこもホームページを持っています。

スクールがホームページを作るべき理由は、主に以下の2つです。

  • Googleなど検索エンジン経由で集客するため
  • スクールに関する情報の集積地とするため

どんなスクールを運営するにしても、ターゲットの多くは何か調べ物をする際にインターネットを活用するでしょう。SNSなどで情報収集する人も増えていますが、依然としてGoogleなどの検索エンジンが最もスタンダードなネットでの情報収集方法です。

検索エンジンのユーザーは、Googleの検索欄にキーワードを入力して調べ物をしますが、検索者は必ず何かしらのニーズを持っています。例えば「スクール Web集客 方法」と検索する人は「スクールのWeb集客方法が知りたい」といったニーズを持っているでしょう。ホームページを持っていれば、ターゲットが検索するであろうキーワードで検索結果にホームページを表示させ、スクールを見つけてもらえます。

仮に東京都の世田谷区でピアノ教室を運営している場合、「ピアノ教室 世田谷区」など地域性のあるキーワードで検索された際にホームページを検索結果にヒットさせられれば、多くの新規客を獲得できるでしょう。

またホームページからは、スクールの魅力を伝えるためにさまざまな情報を自由に発信できます。サービス内容、価格、どんな人におすすめかなど、ターゲットに選んでもらえる理由となる情報を発信することで、興味を引きつけ、お客様になってもらいやすくなります。

ターゲットにしっかり魅力が伝わるホームページであれば、SNSやWeb上の広告を活用して集客に取り組む場合でも、最終的にターゲットをホームページに誘導することで、伝えるべき情報を確実に伝えられます。ホームページはこのように「情報の集積地」として機能するため、どんなWeb集客方法に取り組む場合でも必ず持っておくべきです。

「ホームページを作るなんてできない」と思うかもしれませんが、多くの人が利用しているホームページ作成ツールを使えば、Webに詳しくない人でも驚くほど簡単にホームページを作れます。以下が代表的なホームページ作成ツールです。

ツール名作成可能ページ数
※無料プラン
広告表示
※無料プラン
独自ドメイン
※無料プラン
Wix(ウイックス)100ありなし
ペライチ1ありなし
Jimdo5ありなし

無料でホームページ作成を始められますが、無料プランはかなり機能制限が多いです。そのため本格的にホームページを運用していきたい場合は、基本的に有料プランに申し込む必要があります。

またスクールが必ず取り組むべきWeb集客方法の一つであるSEO対策について、これから紹介するホームページ作成ツールは完璧に対策されているわけではありません。

専門的なノウハウを持っていない状態で運営しても、なかなかGoogleなどの検索エンジンで露出させるのは難しいでしょう。さらにデザイン性について、豊富なデザインテンプレートの中から好きなデザインを選べますが、「完全に自分好みのデザイン」のホームページは基本的には作れません。

そのためSEO対策に強く、自分好みのデザインのホームページを作り本格的にホームページ運営を行っていきたい場合は、Web制作会社への外注も検討しましょう。弊社ではデザイン性の高いホームページの制作ができますので、ぜひお声がけください。

それでは、多くの人が利用している代表的なホームページの作成ツール3つについて、順に紹介します。

Wix(ウイックス)


Wix(ウイックス)はホームページ作成ツールの中でも特に利用者数が多く、世界で2億人以上、日本だけでも300万人以上が利用しています。

「ホームページを作る」といった時に、もしかしたら以下のようなソースコード画面をイメージするかもしれません。


しかしWixなどのホームページ作成ツールでは、HTMLやCSSといったコンピュータ用の言語を使わずとも、PowerPointを操作する感覚で、ドラッグ&ドロップによりデザイン要素や文字を配置し、ホームページを作れます。

デザインテンプレートも豊富で、デザインに自信がない人でも好みのテンプレートを選んで画像や文字を置き換えるだけで、魅力的なホームページに仕上げられます。

基本的には無料で使えますが、作成したホームページ上にWixの広告が表示されたり、使用できるデータ容量が500MBと少なかったり、好きなドメイン名(URL)を使えなかったりといったところが難点です。

広告を消して好きなドメインを使えるようにするためには月額900円の有料プランに申し込む必要がありますが、まずは無料で操作感を確かめてから有料プランへの申し込みを検討するといいでしょう。

ペライチ


ペライチは日本の会社が提供しているホームページ作成ツールで、Wixとはまた違ったデザイン性のページが作れます。デザインパーツを組み合わせて初心者でも魅力的なオリジナルデザインを作りやすく、決済機能などの複雑なシステムも簡単に導入できます。

ただし無料プランで作成できるページ数は1ページのみとかなり限られており、複数ページを持つホームページを作ろうとすると有料プランに申し込む必要があります。Wixは無料プランでも100ページまで作れるため、無料プランのままホームページを作る際の利便性は劣ります。

また一番安い月額1,465円のライトプランでも3ページしか作れないため、本格的にホームページを作り運営していく場合は月額3,940円のビジネスプランに申し込む必要があります。

ペライチは有料プランを1ヶ月間無料で使えるため、豊富なデザインパーツを組み合わせたオリジナルデザイン制作の利便性を確かめたい人は、まず無料で利用してみましょう。1ヶ月間経って利便性の高さを肌で感じられたら、ビジネスプランに申し込むといいです。

Jimdo(ジンドゥー)


Jimdo(ジンドゥー)ではバランス感のあるちょうど良いデザインのホームページが作れるため、デザインに自信がなく時間を使いたくない人でも迷わず簡単に使えます。

無料プランで作れるページ数は5ページまでで、好きなドメインを持てずホームページ上に広告が表示されるといった制限があるのはWixやペライチと同じです。

また無料プランでは180日以上ログインしなかったらホームページが自動で削除されてしまうため、注意が必要です。

Jimdoは、SNSとの連携機能が強いです。ホームページを作ったら流入動線を確保するためにSNSと連携するのが効果的ですが、Jimdoでは18種類のSNSと連携できます。

SEO対策

競合が多く存在する中で、ただホームページを持っているだけでは、多くの集客を実現することは難しいです。実際のところ、スクールに限らずあらゆる事業者がホームページを持っており、今の時代は「事業者がホームページを持っているのは当たり前」の時代です。

このような状況の中でホームページに多くの人に訪問してもらうためには、SEO対策が欠かせません。SEO対策とは「Googleなどの検索エンジンの検索結果で、サイトを上位表示させるための施策」です。例えば「栃木県 ピアノ教室」というキーワードでGoogle検索すると、検索結果が以下のように表示されます。


画像の赤線は「栃木県 ピアノ教室」で検索した際の、検索結果1位のサイトです。栃木県でピアノ教室を探している人の中で、このキーワードで検索する人は多そうですが、検索結果の一番上に表示されると、検索者のうち5〜20%程度の人がサイトを訪問してくれます。

栃木県でピアノ教室を運営している場合、「栃木県 ピアノ教室」で検索上位表示を獲得することは、集客において非常に重要と考えられます。また他にもさまざまなキーワードで上位表示を獲得できれば、多くの人にサイトを訪問してもらえるでしょう。

SEO対策では「ホームページからたくさんの情報を継続的に発信すること」と「サイト内部をGoogleから評価されやすいように調整すること(ソースコードのコーディングなど)」が重要です。後者は多少テクニカルな要素が大きいですが、特に重要なのは前者です。ホームページからたくさんの情報を継続的に発信することで、複数のページが検索結果で表示されるようになり、多くのアクセスを獲得できる可能性があります。

SEO対策は奥が深く、基礎知識を解説するだけでもかなりのボリュームとなります。しかしスクールのWeb集客において間違いなく重要であるため、ぜひ以下の記事を読んでSEO対策の基礎知識をインプットしてもらえればと思います。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

弊社シンプリックは、SEOのスペシャリスト集団です。SEOコンサルティングサービスでは、サイトから発信する記事を検索結果で上位表示させ、莫大な数の流入を獲得するご支援を行います。現在、プロのSEOコンサルタントによる無料相談を受け付けておりますので、興味があればまずはぜひ資料をダウンロードしてサービス内容をご確認ください。

SEOコンサルティングサービス
20年以上のSEO経験により培ってきたノウハウ・成功法則を
駆使して、お客様のSEOを成功に導きます

MEO対策

スクールにとって、検索エンジン経由での集客は欠かせません。検索結果でサイトを上位表示させる施策であるSEO対策を紹介しましたが、検索エンジン経由での集客においてもう一つ重要なのが「MEO対策」です。

先ほど「栃木県 ピアノ教室」のキーワードの検索結果をお見せしましたが、実は画像の検索結果の上に以下のような地図検索結果が表示されていました。


地図検索結果の一番上に「すずきピアノ教室」が表示されていますが、すずきピアノ教室のホームページは先ほど紹介した検索結果(自然検索結果)の中には表示されていませんでした。地図検索結果は、上位3番までがGoogleの検索結果において1ページ目に表示されます。

つまり、自然検索結果にホームページを表示させられなくても、地図検索結果の上位3番以内に表示されれば、多くの人にホームページを見てもらえる可能性があるということです。地図検索結果で上位表示を獲得するために行う施策がMEO対策であり、MEO対策はスクールなどのローカルビジネスにおいて欠かせないWeb集客方法です。

実際のところ、SEO対策に取り組み、地域性のある検索キーワードで上位表示を獲得するのは簡単ではありません。上位表示を獲得できるまでに1年以上かかることも多いです。しかしMEO対策に取り組み、地図検索結果で上位3番以内を獲得するのは、キーワードにもよりますが3ヶ月以内などの短期間で実現できる可能性が十分にあります。

MEO対策に取り組む上で、まず行うのがGoogleビジネスプロフィールへの登録です。

登録方法は簡単で、Googleアカウントにログイン後、プロフィールの作成ページを開きます。


任意のビジネスの名前を入力すると以下の画面に切り替わるため、ビジネスカテゴリ(業種)を選択して「次へ」をクリックします。


その後、画面の案内に沿って会社もしくはお店の住所を入力し、電話番号や住所などを登録していきます。最終的に以下の画面が表示され、これでGoogleビジネスプロフィールへの登録が完了です。


任意で営業時間や、地図検索結果に表示されるメッセージなどを入力すると、Googleの検索結果画面にどのように表示されるかのプレビュー画面が表示されます。

早ければ3分ほどで登録が完了するため、特に店舗を構えてビジネスを行っているにもかかわらずまだGoogleビジネスプロフィールへの登録ができていない場合は、早めに登録を済ませておきましょう。

MEO対策では、登録したプロフィール情報を地図検索結果の上位に表示されるよう、以下のような施策に取り組みます。

  • 口コミの件数を増やすための仕掛けづくり
  • 口コミに対してこまめに返信する
  • 写真を充実させ、常に最新情報に更新する

Web集客に取り組み、ビジネスを活性化させよう!

本記事では、スクールがWeb集客を成功させるためのポイントや、スクールが取り組むべきWeb集客方法などを解説しました。スクールにとってWeb集客の取り組みは必須です。

商圏を広げて多くの人にスクールを認知してもらい、興味を持ってもらうことで「莫大な数の新規客獲得」と「既存客のリピート促進」を実現できます。改めて、Web集客を成功させるための以下5つのポイントを押さえ、必ず取り組むべき3つのWeb集客方法を実践しましょう。

【Web集客を成功させるための5つのポイント】

  • 地域性を意識する
  • 商圏を広げられないか検討する
  • ターゲットを明確にする
  • 強みを明確に打ち出す
  • 成約までの導線設計を適切に行う

【必ず取り組むべき3つのWeb集客方法】

  • ホームページの作成
  • SEO対策
  • MEO対策

弊社シンプリックは、検索エンジン経由での集客をサポートする、SEO対策のスペシャリスト集団です。お客様のホームページの現状の課題を分析し、適切な戦略を構築し、莫大な数の新規客獲得のためにWeb集客をサポートいたします。

長年に渡るさまざまな業界・企業へのサポート実績と、実績に裏付けされた高度で専門的なスキル・知見を元に、お客様のWeb集客を成功に導きます。無料オンライン相談も実施中ですので、ぜひお気軽にお声がけください。

×

関連記事

  1. Webマーケティング代行会社を利用するメリットや選び方を解説!おすすめ…

  2. Googleで企業情報をナレッジパネルに表示させるための手続きとは?

  3. conversion-rate

    コンバージョン率の平均値とは?ビジネス成功の指標を理解しよう

  4. way-to-reduce-bounce-rate-TOP

    直帰率を改善するために押さえておきたいポイントを解説

  5. howtostart-digitalmarketing

    【初心者必見】Webマーケティングの始め方と成果を上げる方法

  6. インバウンドセールスとは | メリットや成功させるコツを徹底解説!

  7. howto-attract-people-to-sportevent

    スポーツイベントのWeb集客術を事例をもとに解説

  8. デジタルマーケティングとSEOの関係性とは?SEOのメリットや実践ポイ…

PAGE TOP