オウンドメディアの成功はSNSの活用が鍵!集客アップにつながる具体的な方法を紹介

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有・運営するメディアを指します。
自社の公式サイトや自社ブログ、自社が発行するメールマガジンなどがオウンドメディアに該当し、WEBマーケティングにおける中核的な役割を果たします。

本記事では、オウンドメディアとSNSとの連携で集客アップにつながる具体的な方法を紹介します

オウンドメディア集客はSNSが重要

オウンドメディア集客はSNSが重要です。
その理由として、消費者の購買プロセスが変化しており、SNSで情報を収集してから購入や問い合わせなどのアクションを起こす消費者が増えていることなどが挙げられます。

また、SEO主体のオウンドメディアは情報の拡散力が弱く、SNSの拡散力を活用することで、オウンドメディアへのアクセス数を増やすことにも貢献します。
さらに、SNSはユーザーとコミュニケーションを取ることもでき、信用性の獲得にも貢献するでしょう。

オウンドメディア集客はSEOだけでなくSNSが重要になってきますが、オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアからなる「トリプルメディア」を効果的に組み合わせることがWEB集客では重要です。

トリプルメディア活用

企業のWEBマーケティングで活用されるメディアは、大きく分けて「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」の3種類があります。
この3種類のメディアのことを「トリプルメディア」といいます。

オウンドメディアは、自社サイトや自社ブログなど、自社が所有・運営するメディアを指します。

ペイドメディアは企業がお金を支払って広告を掲載するメディアを指し、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などの4マス広告やWEB広告などがペイドメディアに該当します。

アーンドメディアは自社商品のユーザーなどの第三者が配信するSNSや口コミサイトなどのメディアを指し、企業のWEBマーケティングでは、これら3種類のトリプルメディアを効果的に組み合わせて情報を配信することが大切です。

オウンドメディア集客にSNSが効果的である理由

TwitterやInstagram、LINEなどのSNSの普及により、オウンドメディア集客ではSNSの活用の影響力が増しています。
ここでは、オウンドメディア集客にSNSが効果的である理由をいくつか紹介します。

SEOの難易度が上がったため

自社サイトや自社ブログなどのオウンドメディアは、SEO対策を施すことでアクセスアップにつながる可能性を高められます。
しかし、最近はSEOの難易度が高まっており、従前のSEO対策だけでオウンドメディアへのアクセスアップを図るのは難しくなっています。

SEO対策は検索エンジンからの流入を増やすための施策ですが、オウンドメディアに参入する企業の増加によりその難易度は年々増す一方です。

しかし、最近はSNSを通じてオウンドメディアに流入するケースも増えており、SNSを活用することでオウンドメディアへのアクセス数の向上につながる可能性を高められます。

特に若年層はSNSでの口コミなどを参考にすることが多く、SNSを活用すると検索エンジンからの流入以外のアクセスアップを図ることに貢献します。

購買プロセスの変化

最近は消費者の購買プロセスが変化しており、SNSで情報を収集する消費者が増えています。
SNSが普及する前は、検索エンジンで情報を収集するケースが一般的でしたが、現在はSNSで口コミを確認してから購買などの行動を起こすケースが顕著に見られます。

オウンドメディアやマスメディアなどのペイドメディアで発信される情報は、企業側からの一方的な情報であり、消費者は企業側からの一方的な情報に対して不信感を抱くこともあります。

対して、SNSで配信される口コミなどの情報は実際に商品を購入した人やサービスを利用した人の正直な感想です。
SNSで良い口コミが拡散すると、企業の商品やサービスに対する信用性が高まり、集客アップなどにつながります。

拡散力が高い

自社サイトや自社ブログなどのオウンドメディアは拡散力が弱く、オウンドメディアだけで、いわゆる「バズる」現象を起こさせるのは難しいでしょう。
対してSNSは拡散力が強く、広範囲に情報を拡散させてバズらせることが可能です。

Twitterはリツイート機能、Instagramにはリポスト機能があり、連鎖すると世界中に情報が拡散します。
SNSを活用することでオウンドメディアの弱点である拡散力を強化でき、認知拡大に大きく貢献するでしょう。

SEOにも良い影響がある

SNSを活用すると、SEOにも良い影響を与えられます。
SNSで情報が拡散されると被リンク数が増えるというわけではありませんが、サイテーションによるSEO効果が期待できます。
サイテーションとは、第三者によるサイト名や固有名(商品の名称など)の言及を指します。

SNSで情報が拡散されるとサイト名や企業名、商品名などの認知拡大につながり、サイテーションを獲得できます。サイテーションを獲得できると被リンク数の増加と同じようなSEOの効果が期待でき、集客アップにつながるでしょう。

また、SNSで情報が拡散されたことがきっかけで、オウンドメディアにリンクを貼るユーザーが増える可能性もあり、SNSを活用することで間接的にSEOに良い影響を与えられます。

情報の伝達が速い

SNSは情報の伝達が速く、大多数のユーザーに対してスピーディーに情報を伝えられます。
特に期間限定のキャンペーンの実施など、時間の制約がある新鮮な情報を消費者に伝達するのにSNSは最適です。

バーゲンセールやお得なキャンペーンなどの情報は、消費者にとってもメリットがあるため拡散されやすく、多くのユーザーに対してスピーディーに情報を伝達できます。
新規顧客獲得につながる場合もあり、集客アップに大きく貢献するでしょう。

潜在顧客の発掘ができる

SNSで情報が拡散されると潜在顧客や見込み客を発掘でき、新規顧客獲得に貢献します。
SNSのユーザー属性は多岐にわたり、老若男女を問わずさまざまな属性のユーザーに対してアプローチできることはSNSの大きなメリットです。

基本的に検索エンジンで流入するユーザーはある程度購買意欲のある顕在層であり、潜在的に関心のあるユーザーにもリーチできるSNSとは性質が異なります。

また、SNSを通じて成果につながった場合にユーザー属性を調べると、思いもしなかったユーザー層が関心を示していることもあり、新たなユーザー層の開拓にもつながります。

オウンドメディアに活用したいSNS

ここまで説明してきたように、自社サイトや自社ブログなどのオウンドメディアとSNSを連携させることで、集客アップなどの成果につながる可能性を高められます。
ここからは、オウンドメディアに活用したいSNSを見ていきましょう。

なお、SNSは第三者が配信するアーンドメディアだけでなく、自社アカウントを開設するとオウンドメディアと同じように活用することが可能です。
ここでは、自社アカウントを開設して運用するのに最適なSNSを紹介します。

Twitter

Twitterは140文字までの短文のテキストを配信でき、画像やGIF画像、動画をテキストに追加して投稿することも可能です。
Twitterはリツイート機能を搭載しており、情報の拡散力に優れていることが大きなメリットでしょう。

特にフォロワーの多いインフルエンサーがリツイートすると、数万人以上のユーザーに瞬時に情報が拡散されます。また、ハッシュタグを付けて投稿すると、アカウントの認知拡大やフォロワー獲得につながる場合があり、認知度アップにも最適です。

Instagram

Instagramは、写真や画像の共有をメインとするSNSです。
幅広いユーザー層が利用していますが、特に10~30代の女性の利用者が多く、若い女性向けの商品やサービスを取り扱っている企業には最適でしょう。

Instagramには、投稿した写真や画像にタグを付けるとECサイトで購入できる「ShopNow」という機能があり、InstagramからECサイトに流入させることで、集客アップや売上アップなどにつながります。

YouTube

YouTubeは動画を共有できるオンライン動画共有プラットフォームです。
コメント機能やアンケート機能を使うと他のSNSと同じようにユーザーと交流でき、生ライブを配信することでもチャットでユーザーと交流できます。

自社のYouTubeチャンネルを開設すると、チャンネル登録者に対して継続的に動画で情報を伝えることが可能です。また、おすすめチャンネルに掲載されると、不特定多数のユーザーに対しても情報を伝えられます。

LINE

LINEは日本では大勢のユーザーが利用しているモバイルメッセンジャーアプリであり、企業が「LINE公式アカウント」を開設すると、登録者に対して情報を一斉配信できます。
チャット機能もあり、ユーザーと個別にコミュニケーションを取ることも可能です。

LINE公式アカウントから一斉配信した場合、メルマガよりも開封率が高いことがわかっています。
また、クーポン券を発行することもでき、新規顧客獲得やリピートにつなげられます。

Facebook

Facebookは実名で登録しているユーザーが多く、他のSNSと比べると炎上するリスクの低いことが特徴です。
企業のFacebookページで「いいね!」をクリックしてもらうとファン化ができます。

投稿に「いいね!」をクリックしてもらえると企業イメージの向上につながり、コメント欄でユーザーと交流することも可能です。
拡散力はTwitterと比べると弱いものの、ユーザーのリアルな友人に拡散できることで成果につながりやすいでしょう。

SNSの活用はお任せください

本記事では、オウンドメディア集客はSNSの活用が鍵であることを説明し、オウンドメディア集客に役立つ代表的なSNSを紹介しました。
オウンドメディアとSNSを連携させることでオウンドメディアへの流入を増やすことができ、集客アップなどにつながります。

オウンドメディアとSNSを連携させることは集客アップに貢献しますが、オウンドメディアに掲載するコンテンツの質が低いと、流入数が増えても成果につながるとは限りません。

企業のWEBマーケティングの中核となるオウンドメディアには、上質なコンテンツ(記事)を掲載することが不可欠です。

株式会社シンプリックは、コンテンツ制作を通して企業のWEBマーケティングを支援しています。
オウンドメディアに上質なコンテンツを掲載し、SNSを活用して集客アップにつなげたい方は、お気軽にお問い合わせください。



関連記事

  1. オウンドメディアのライターに必要な4つのスキルとは?外注のメリットと費…

  2. オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアの違いとは?トリプル…

  3. オウンドメディアを活用した集客方法とは?6つのポイントを解説!

  4. オウンドメディアをマネタイズするには?収益化の具体的な方法を紹介!

  5. オウンドメディアの運営に欠かせない4つの業務と求められるスキルとは

  6. オウンドメディアリクルーティングにはコツがある?成功に導くポイントを紹…

  7. オウンドメディアはKPIの設定が重要!中間目標を設定し最終ゴールを目指…

  8. オウンドメディアの集客方法を解説|集客力アップには外注の検討も

PAGE TOP