オウンドメディアのライターに必要な4つのスキルとは?外注のメリットと費用感も解説

記事の質は、オウンドメディア運用の成功を左右します。クオリティを維持するためにも、専門知識とスキルがあるライターの確保は必須です。しかし、社内での記事作成が難しく、外注を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、主に下記について詳しく解説します。

  • オウンドメディアのライターに必要なスキル
  • ライターの探し方
  • 外注のメリット
  • 外注の費用感

オウンドメディア運営を担当している方に参考にして頂けると幸いです。

オウンドメディアライターに求めたい4つのスキル

オウンドメディアの記事作成には、以下のようなスキルが必要です。

  • ペルソナを意識した構成
  • ユーザーを惹きつけるタイトルや見出しの作成
  • SEOの知識
  • ライティング技術

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

条件1|ペルソナを意識したテーマで構成できる

オウンドメディアの記事作成では、「誰に」「何を伝えるか」を的確に盛り込む必要があります。そこで、性別や年齢だけではなく、「ユーザーの悩み」や「ユーザーの現状」を細かく設定する「ペルソナ」を意識した構成ができるライターを確保しなければいけません。キーワードだけに注目した構成では、ユーザーが求めている正確なテーマを見誤る可能性があります。

条件2|ユーザーを惹きつけるタイトルや見出しのコピーが作成できる

アクセス数を増やすためには、ユーザーが「抱えている問題を解消できそうだ」と感じる魅力的なタイトルと見出しの作成は欠かせません。

なお、読みたくなるタイトルには、以下のような特徴があります。

具体的な数値を入れる

◯良い例: 新型に搭載された驚きの新機能とは!? 利用者の75.7%が効果を実感
▲悪い例: 新型に搭載された驚きの新機能とは!?多くの利用者がその効果を実感

解決できる課題がすぐわかる

◯良い例: 人材不足に悩むマーケティング担当者が読むべき書籍5選
▲悪い例: マーケティング担当者が読むべき書籍を紹介

ただし、タイトルと記事の内容に整合性がない場合はユーザーの信頼を失います。煽りすぎには注意が必要です。

条件3|SEOの知識を記事に反映できる

検索エンジンは高品質な記事を評価するため、「記事の質」を正確に理解しているライターが必要です。SEO対策に欠かせない質の基準を具体的に見てみましょう。

独自性の高さ

他の記事と同じような内容の記事は、Googleに低品質と判断される可能性があります。ただし、単にオリジナリティの高い記事を作成するだけではGoogleに評価されません。オウンドメディアを成功させるには、「記事のテーマに沿いながら検索クエリとの関連性を意識して文章に落とし込む」スキルが必要です。

専門的な内容

専門的な内容が多く含まれている記事は、Googleに高く評価されます。専門性の高い記事の特徴は以下です。

  • 特定の分野や事象を多角的に捉えている
  • 必要な知識量に応じたボリュームがある
  • 専門的な用語や表現で説明ができる
  • 希少性の高い単語が頻出している

条件4|ユーザーに「読まれる」ライティング技術

「記事の読みやすさ」もオウンドメディアのライターに求められる技術です。知識やスキルがあっても、難解な内容の記事をユーザーは読みません。

ユーザーに「読まれる」ライティングの技術を具体的に見てみましょう。

「5W1H」を意識する

5W1Hとは以下を指します。

いつ(When)
どこで(Where)
誰が(Who)
何を(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

5W1Hを意識した文章は具体性が増すため、誤解や疑問を減らせるというメリットがあります。

トンマナの統一

トンマナで注意したいポイントは以下です。

語尾の統一

文中に「だ」「である」といと「です」「ます」が混在していると、読み手に違和感を与えます。

表記の統一

「彼」と「カレ」や「あなた」と「貴方」の混用は、ユーザーの理解度を低下させます。

文体の統一

「ご覧いただければ幸いです」と「参考になりますね!!」といった文章の混在は不自然です。

段落と改行の統一

段落のボリュームや改行の頻度に差があると読みにくくなります。適度な長さで段落を分けたり、見出しを立てたりするなどした「読みやすい構成」が大切です。

数字を効果的に使う

「満足度100%!」よりも「満足度97.2%!」と記載した方が説得力は増します。「約60%」や「およそ100個」などの大雑把な数字は信頼性の低下を招き、ユーザーの離脱率を高めるので注意が必要です。

信頼性の裏付け

記事は取材を基に作成するだけではなく、文献やウェブサイトなどの「二次情報」を参考に執筆するケースもあります。二次情報を基にした記事の質が低くなるわけではありませんが、信頼性を担保できない個人のサイトを参考にした執筆は避けるべきです。論拠と根拠は記事の質を大きく左右します。

オウンドメディアに適したライターの探し方

ライターの探し方には、いくつかの方法があります。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングサービスでは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などが知られています。専門性の高いライターも登録しているので、オウンドメディアのライター探しにも活用できるでしょう。なお、優秀なライターでも、クラウドソーシングの開始直後は受注実績がほとんどありません。クラウドソーシングサービスでライターを探す場合には、実績数だけではなく、ライターのプロフィールも参照してみましょう。

ネットで探す

ネットで探す場合には、キーワードを「ライター」にして検索するのではなく、以下の手順がおすすめです。

作成したい記事のキーワードで検索する

      ↓

ヒットした記事の内容が良ければライターをチェックする 

      ↓

署名の記事の場合はライター名で検索する

      ↓

ライターのブログやTwitterがあればコンタクトを取る

Twitterで探す

ライターがTwitterをやっている場合は、Twitterからコンタクトが取れます。フォロワー数の多いライターなら、記事の拡散も期待できるでしょう。

良いライターの探し方については、こちらの記事もご覧ください。

ライターのスキルを判断する大切なステップ

ライター自身のプロフィールだけでは実力の判別が難しいので、以下のステップでスキルを判断していきましょう。

ステップ1:職務経歴書の確認

ライターになる前/なった後の経歴を確認します。

ステップ2:本人が執筆した実績記事を確認

過去に執筆した記事を実際にチェックします。

ステップ3:テストライティングの実施

実際に「テスト記事」を執筆してもらいます。

ステップ4:「テスト記事の品質」と「面談」

テスト記事では以下の点を確認しましょう。

  • 基本的な文章力
  • SEOを意識した記事の執筆
  • 適切なリサーチ力
  • 得意分野の有無

雇用形態によっては面談も有効です。なお、面談では素質の確認やスキルチェック、報酬の交渉などを行います。

ライティングを外注するメリットと費用相場

ここからは、外注の具体的なメリットと費用の相場について詳しくご紹介します。

外注化で得られる大きなメリット

コスト削減

自社内で人員を確保する場合には、永続的な人件費やスキルアップのための教育費がかかります。外注にも費用は発生しますが、突発的な集中作業や不定期作業にかかる費用が主になるので、恒常的な支出の削減が可能です。

コア業務に集中できる

人的リソースの不足も大きな課題です。コア業務の時間を記事の作成で削られたのでは、効率的な運営が難しくなるでしょう。外注を利用すれば、執筆作業にかかる時間を他の業務に充当することができます。

高品質な記事の確保

スキルのない自社社員が作成する記事は、クオリティが低くなりがちです。外注では経験豊富なプロが記事を作成してくれるので、クオリティの高い記事を確保することができます。

外注ライターの費用相場

オウンドメディアのライターに依頼する費用は、記事の分野や専門性、SEO対策の有無などによって異なります。なお、執筆料は文字単価で決められるのが普通です。一般的な案件では1文字2〜3円、専門的な知識が必要になる場合は8〜10円前後となるでしょう。

また、以下のような要素も文字単価を左右します。

文字数

文字数が多くなると単価が高くなる傾向にあります。

校正

ライターとは別の校正担当にチェックを依頼すると校正費用が追加されます。なお、執筆から校正までを一任できる「パックプラン」が設定された企業もあるので、自社内で校正担当を確保できない場合は利用してみましょう。

納期

即日納品などを希望するときには「特急料金」が加算されることもあります。

なお、初めて外注を利用する場合は複数社に依頼し、各社の見積もりや対応、希望分野に対する知識の深さをチェックするといいでしょう。最初の数記事は「テスト」という気持ちで利用したうえで、自社に適した会社やライターに継続依頼をするのがベストです。なお、文字単価と記事の質は、決してイコールではありません。記事の質は単価ではなく、ライターによって大きく異なります。

単価の相場と外注先選定のチェック方法については、こちらもご覧ください。

オウンドメディア記事の質は信頼に直結する

オウンドメディアメディア記事を効率的に作成するためには、外注の利用も選択肢に入ります。リソース不足による低品質な記事の公開は、絶対に避けたいところです。レベルの高いライターへの外注は費用もかかりますが、中長期的なSEO対策という観点から見れば、むしろコスパの高い方法といえるでしょう。

関連記事

  1. オウンドメディアの運営に欠かせない4つの業務と求められるスキルとは

  2. オウンドメディアの集客方法を解説|集客力アップには外注の検討も

  3. 集客できるオウンドメディア記事作成に必要な5ステップ【2020最新版】…

PAGE TOP