オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアの違いとは?トリプルメディアについて解説

企業のWEBマーケティングで活用されるメディアは、大きく分けて「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」の3種類があります。
この3種類のメディアのことを「トリプルメディア」といいます。

本記事では、オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアの特徴を解説し、それぞれのメディアのメリット・デメリットを紹介します。
3種類のメディアの違いを知っておくことで、成果につながる効果的なメディア運用が可能になるでしょう。

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有するメディアを指します。
自社サイトや自社ブログ、自社が発行するメールマガジンなどがオウンドメディアに該当し、配信するコンテンツが企業の資産として蓄積される点が主なメリットです。

一方、効果が出るまでに時間がかかる点が主なデメリットであり、企業のWEBマーケティングでは、これから説明するペイドメディアやアーンドメディアと組み合わせて効果的に運用することが大切になってきます。

ペイドメディアとは

ペイドメディア(Paid Media)とは、企業がお金を支払って広告を掲載するメディアを指します。
WEB広告やテレビ・新聞・雑誌・ラジオを媒体にした4マス広告、WEB広告にも4マス広告にも該当しないSP広告などがペイドメディアに該当し、コストをかけて情報を配信することが特徴です。

コストがかかる反面、即効性が期待できる点がメリットであり、オウンドメディアのデメリットを補えます。
ここでは、代表的なペイドメディアであるWEB広告・4マス広告・SP広告の概要とペイドメディアのメリット・デメリットを見ていきましょう。

WEB広告 

WEB広告とは、WEB上に掲載する広告を指します。WEB広告はリスティング広告(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、SNS広告の3種類があり、インターネット広告代理店に依頼して広告を掲載するのが一般的です。

リスティング広告は、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告で、Google広告やYahoo!リスティング広告などがあります。
広告をユーザーがクリックすると料金が発生し、入札によるオークションでクリック単価が決まります。

ディスプレイ広告はWEBサイトの広告枠に表示される広告で、Googleディスプレイ広告(GDN)やYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDA)などが該当します。
SNS広告は、TwitterやFacebookなどのSNSの画面に表示される広告です。

4マス広告

4マス広告とは、新聞・雑誌・テレビ・ラジオという4大マスメディア(4マス)に掲載する広告を指します。
マスメディアを通じて一度に大勢の消費者にリーチできることが特徴で、即効性が期待できます。

ただし、多額の広告費がかかるケースが多いため、4マス広告を利用できるのは資金力がある一部の企業に限られます。
ターゲット顧客の母数が少ない場合は費用対効果が見合わず失敗に終わってしまうことがあるので、費用対効果を鑑みて検討することが大切です。

SP広告

SP広告(セールスプロモーション広告)とは、WEB広告と4マス広告を除くさまざまな広告の総称を指します。
ダイレクトメール(DM)や交通広告、折込広告、POP広告などがSP広告に該当し、ターゲットを絞ってアプローチしたい場合に有効です。

SP広告はペイドメディアの中では相対的に費用が安く、効果的な手法を選択すると高い費用対効果が期待できます。成果を出すには効果的な手法を選択することがポイントであり、選択を間違うと手間とコストがかかるだけで終わってしまうことがあるでしょう。

ペイドメディアのメリット

ペイドメディアはコストがかかる反面、即効性が期待できる点がメリットです。
また、ユーザーへのリーチ数が多く、不特定多数のユーザーに訴求できる点もメリットでしょう。

ここでは、ペイドメディアの主なメリットについて見ていきます。

ユーザーへのリーチ数が多い

ペイドメディアはユーザーへのリーチ数の多いことがメリットです。
インターネットやマスメディア、パブリックスペースなどを利用して不特定多数の消費者に訴求でき、自社商品やサービスの認知拡大に貢献します。

大勢の人に自社商品やサービスを知ってもらうことで潜在顧客や見込み客を発掘でき、自社サイトなどのオウンドメディアに誘導することで成果につながる可能性が広がります。
認知拡大に貢献することはペイドメディアの大きなメリットでしょう。

即効性が高い

即効性が高いこともペイドメディアの大きなメリットです。
自社ブログなどのオウンドメディアは、ある程度の量のコンテンツを掲載するまでに時間がかかりますが、ペイドメディアは広告を掲載するとすぐに大勢の人に訴求できます。

特に4マス広告は、マスメディアを通じて読者や視聴者にダイレクトに訴求できるので、即効性は絶大です。
ペイドメディアに掲載した広告がきっかけで、口コミで情報が拡散することもあり、大きな成功につながる場合もあるでしょう。

ペイドメディアのデメリット

ペイドメディアは認知拡大が図れる点と即効性の高さがメリットですが、広告費がかかり、一方的な情報伝達になってしまうなどのデメリットも存在します。
では次に、ペイドメディアのデメリットについて見ていきましょう。

広告費がかかる

ペイドメディアの大きなデメリットは、広告費がかかる点です。
リスティング広告やディスプレイ広告などのWEB広告は継続的に費用がかかり、テレビや新聞広告は相対的に高額な費用がかかります。

ダイレクトメール(DM)や交通広告などのSP広告も相応の費用がかかり、広告費が限られている企業では成果が出る前に予算オーバーになってしまうこともあるでしょう。
ペイドメディアに広告を掲載する際は、事前に費用対効果をしっかりと検証することが大切です。

一方的な情報伝達になる

一方的な情報伝達になってしまうこともペイドメディアのデメリットでしょう。
ペイドメディアは企業側から一方的に情報を配信するだけであり、広告を見たユーザーとコミュニケーションを取るのは困難です。

ユーザーとコミュニケーションを取れないと信頼関係を構築するのは難しく、購買などの最後の一歩を踏み出せないユーザーもいるでしょう。
これを回避するには、オウンドメディアやアーンドメディアに誘導し、コミュニケーションを図れる方法を考えましょう。

情報量に制限がある

ペイドメディアは、掲載する情報量に制限があることもデメリットです。
自社サイトや自社ブログなどのオウンドメディアは掲載する情報量を自由に決められますが、ペイドメディアは媒体によってそれぞれ情報量に制限があります。

例えば、テレビCMは最短が15秒であり、新聞広告は広告枠の範囲内しか広告を掲載できません。
掲載する情報量が増えるほど費用が高額になり、情報量によっては広告予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。

アーンドメディアとは

アーンドメディア(Earned Media)とは、自社商品のユーザーなどの第三者が配信するSNSなどのメディアを指します。
企業が配信する情報は信憑性などに疑念を抱かれることがありますが、第三者が配信することで情報の信憑性を高めることに貢献します。

例えば、自社商品を愛用しているユーザーがTwitterで「この商品はとてもいいよ!」とツイートしてくれると、ユーザーのフォロワーにも自社商品を効果的に宣伝できます。個人ブログやYouTubeなどのメディアでも同様です。

特に、フォロワー数やチャンネル登録者が数万人を超える影響力のあるインフルエンサーに宣伝してもらえると信用や評判を獲得でき、売上アップにつながる可能性があります。
広い範囲に情報が拡散すると、ヒット商品につながることもあるでしょう。

このように、口コミを活用するWEBマーケティングの手法がアーンドメディアであり、信用性の獲得と情報の拡散につながることが特徴です。

アーンドメディアのメリット

アーンドメディアは、信用性の獲得と情報の拡散につながる点がメリットで、ユーザーとコミュニケーションが取れるなどのメリットも存在します。
ここでは、アーンドメディアのメリットについて見ていきましょう。

拡散力が高い

アーンドメディアは、情報の拡散力の高いことが大きなメリットです。
Twitterはリツイート機能があるので、フォロワー数の多いインフルエンサーが配信した情報は瞬時に世界中に拡散することもあります。

これはいわゆる「バズる」と呼ばれる現象ですが、自社サイトなどのオウンドメディアでは、バズらせることは困難です。
また、アーンドメディアはペイドメディアのように露骨な宣伝とは思われにくく、信用力を獲得しながら拡散できることもメリットでしょう。

ユーザーとコミュニケーションができる

ユーザーとコミュニケーションが取れることも、アーンドメディアのメリットです。
SNS上だと見知らぬ人ともフランクにコミュニケーションができるので、親しみを抱いてもらいやすく成果につながりやすいでしょう。

また、実際に自社商品を使用しているユーザーからの情報が得られるため、ユーザーの声を商品開発などに活かせます。
ユーザーの声を基に商品を改良したり、新商品を販売したりすると、ユーザーの声をしっかり聞いてくれる企業として評判もアップするでしょう。

アーンドメディアのデメリット

アーンドメディアは、信用性の獲得と情報の拡散につながるというメリットがある一方、情報をコントロールできないというデメリットも存在します。
では次に、アーンドメディアのデメリットについて見ていきましょう。

情報をコントロールできない 

アーンドメディアは、情報をコントロールできないことがデメリットです。
アーンドメディアはバズることがありますが、反対に炎上することもあり、SNSで炎上すると企業イメージの大幅ダウンにつながります。

アーンドメディアは第三者が情報を配信するため、企業は第三者が配信した情報をコントロールすることはできません。
その結果、炎上がなかなか鎮火せず、深刻なダメージを被る恐れがあります。
アーンドメディアを運営する場合は、炎上対策をしっかりと行うことが大切です。

まとめ

この記事では、トリプルメディアと呼ばれる「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」について解説しました。
WEBマーケティングで成果を出すには、3種類のトリプルメディアを効果的に組み合わせて運用することがポイントです。

特にオウンドメディアはWEBマーケティングの中核となるメディアであり、成果につなげるには、オウンドメディアに上質なコンテンツを継続的に掲載することが欠かせません。

株式会社シンプリックは記事制作によるコンテンツマーケティングの支援を行っており、集客アップにつながる上質な記事を制作いたします。
トリプルメディアを活用して集客アップなどの成果につなげたい方はお気軽にご相談ください。

オウンドメディアの運用について問い合わせる


関連記事

  1. オウンドメディアを活用した集客方法とは?6つのポイントを解説!

  2. オウンドメディアの運営に欠かせない4つの業務と求められるスキルとは

  3. オウンドメディアの集客方法を解説|集客力アップには外注の検討も

  4. オウンドメディアの運営体制はどうする?便利な運営ツールも紹介!

  5. オウンドメディアはKPIの設定が重要!中間目標を設定し最終ゴールを目指…

  6. オウンドメディアリクルーティングにはコツがある?成功に導くポイントを紹…

  7. オウンドメディアのライターに必要な4つのスキルとは?外注のメリットと費…

  8. オウンドメディアをマネタイズするには?収益化の具体的な方法を紹介!

PAGE TOP