• SEO対策

YMYL領域とは?対象ジャンルやサイトの質を高めるポイントを解説

YMYL(Your Money or Your Life)領域とは、人の健康や安全、経済的な状況に直接関わる情報のジャンルのことです。

こうしたジャンルに関する誤った情報が発信されると、ユーザーに大きな悪影響を与えかねません。そのためGoogleは、YMYL領域の情報を扱うWebサイトに高い品質と信頼性を求めています。Webサイトの作成や公開、SEO対策を実行する上で、YMYL領域における事前の調査と正確性は大変重要です。

そこで本記事では、YMYL領域の例やSEO対策で注意すべきポイントなどについて詳しく解説します。

「そもそもSEO対策についてあまり理解できていない」という方は、以下の記事も併せてお読みください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

YMYL領域とは

topics_of_YMYL

YMYL(Your Money or Your Life)とは、人の健康や安全、経済的な状況に直接関わる情報のことです。YMYL領域に関する誤った情報はユーザーの健康や安全に悪影響を与える可能性があるため、Googleは高い品質と信頼性を求めています。

YMYLがGoogleのガイドラインに追加されたのは、ユーザーの安全と信頼性を向上させる取り組みの一環のためです。YMYL領域の情報には専門的な知識や経験が必要なので、一般のユーザーにとっては判断が難しいケースも少なくありません。そのため、GoogleはガイドラインでYMYL領域の情報を提供する際の基準や指針を提供しているのです。

YMYLの概念はSEO対策においても必要不可欠な知識です。YMYL領域の情報に誤りがあるWebサイトは「低品質なコンテンツ」としてGoogleに評価を下げられてしまう恐れがあるので注意しましょう。

YMYLのジャンルと具体例

YMYL領域の具体例としては「医療、金融、法的情報」などが該当します。しかし、2022年7月28日に更新された「検索品質評価ガイドライン」ではジャンルの記載がなくなりました。

現在のガイドラインでは、横軸に「明確なYMYLトピック」「YMYLかどうかは半々」「YMYLとはほとんど関係ない」、縦軸に「情報」「行動に対するアドバイス」「個人的な意見」というスペクトラムで分類されています。


たとえば、「医療脱毛 効果」という検索ワードに該当するコンテンツは、高い信頼性と専門性が求められます。しかし、「医療脱毛 体験談」に該当するコンテンツの場合には、専門性は不要です。

どちらのコンテンツもジャンルとしては「医療」ですが、YMYL領域に該当するかどうかは、「トピックのタイプ」によって大きく異なるということになります。

YMYL領域のコンテンツ制作の難易度

YMYL領域の情報に関する内容は、誤った情報を発信してしまった場合に人の生活の質を損ねてしまうリスクがあります。Googleは「ユーザーの役に立つコンテンツであるかどうか」を評価基準にしているため、こうしたリスクを回避し高品質な情報を提供するには、専門家や実務家など専門知識のある人物による執筆・監修も必要です。

そもそも、YMYL領域は競争が激しく、専門家や信頼性の高い組織が多く存在します。「ユーザーニーズが高いジャンルが多いから」という理由でコンテンツ制作を始める場合は、信頼性のある情報源として認知されるまでにある程度の時間やコストが必要になると考えたほうがいいでしょう。

弊社シンプリックは、医療などYMYL領域におけるコンテンツ制作の実績が豊富にあり、これまでにあらゆる業界退数多くの企業のSEOを支援してきました。現在、SEOで成果を出したいWeb担当者様向けに「SEOの無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「SEOで成果を出すために重要なこと」などSEOのノウハウを伝授しますので、ぜひお気軽にお申込みください。

YMYLとE-E-A-T

E-E-A-Tとは、「Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trust(信頼)」を評価するための指標です。Googleは、信頼性の高い情報を提供するWebページやコンテンツを優先して表示するためにE-E-A-Tを重要視しています。

正確性と信頼性が重視されるYMYL領域では、特にE-E-A-Tが大切です。

なお、「E-E-A-T」は以前は「E-A-T」として広く認知されていました。しかし、2022年12月15日の検索品質評価ガイドライン更新時に「Experience(経験)」が追加されてE-E-A-Tに変わっています。「経験、専門性、権威性によって信頼が成り立つ」という点がポイントです。

引用:E-E-A-Tの構造図「General Guidelines

信頼性の高い高品質なコンテンツは、該当するトピックの経験と専門知識が豊富で、正確な情報源であると認知されている必要があります。この考え方はYMYL領域のコンテンツを作成する際に必要になるので、覚えておきましょう。

E-E-A-Tについては、以下の記事で詳しく解説しています。

E-E-A-Tとは?Googleの評価基準と評価の高め方を徹底解説!

YMYL領域のSEO対策

E-E-A-Tを踏まえ、YMYL領域のキーワードで上位表示を狙う際に意識したいSEO対策のポイントは、以下のとおりです。

  • 著者の情報を明記する
  • 情報の正確性を意識する
  • 外部の評価を意識する
  • 情報は定期的に更新する

著者の情報を明記する

YMYL領域のコンテンツを作成する際には、著者の情報を記載して発信者を明確にしましょう。特定分野の専門家であることや社会的な知名度など、あらゆる情報を掲載して信頼性を高めることが大切です。

記載すべき具体的な著者情報としては、以下のような項目が該当します。

  • 名前
  • 専門分野
  • 経歴
  • 資格
  • 所属組織  など

著者の情報が詳細に明記されていれば、ユーザーもコンテンツの信頼性や専門性を判断しやすくなります。信頼性を高める要素はすべて記載するようにしたいところです。YMYL領域以外のコンテンツにも著者の情報を掲載して、多角的な権威性の向上を目指しましょう。

情報の正確性を意識する

YMYL領域のコンテンツを作成する際には、情報の正確性を意識しましょう。YMYL領域は健康や安全、経済状況に関わる情報を提供するため、ユーザーはコンテンツの内容に基づいて重要な意思決定を行う可能性があります。

引用や出典をする際には、情報のソースや参照元が信頼できるかどうかを確認しましょう。企業の公式サイトや政府機関といった一次情報を利用し、まとめサイトなどに載っているような二次情報の利用は避けてください。

外部の評価を重視する

YMYL領域のコンテンツを作成する際には、外部の評価も重視しましょう。具体的には「自社のコンテンツが専門的な組織から評価を受けているか」「業界で権威の高いサイトに引用やリンクをされているか」などが判断材料になります。

金銭的な対価と引き換えに外部リンクを購入する行為はGoogleのガイドラインに違反します。ガイドライン違反が発覚するとペナルティの対象となり、サイトが検索結果に表示されなくなる恐れがあるので絶対に避けましょう。

ナチュラルリンクを獲得するためには、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツを作成する必要があります。SNSで拡散されやすいWebサイトを設計するのも、ひとつの方法です。

情報は定期的に更新する

医療技術や法律と深いつながりのあるYMYL領域の情報は、常に変化・更新されています。データの公表や法改正などのアップデート情報に注意を払い、常に最新の情報を提供するよう心がけましょう。

Googleは更新された情報や新しいコンテンツを評価する傾向にあります。そのため、コンテンツを定期的に見直し、必要な更新を行うことは、正確性と信頼性を維持し、検索結果の順位を向上する意味でも欠かせません。

またYMYL領域の最新情報だけではなく、Google品質ガイドラインそのものの更新内容も定期的にチェックすることが大切です。過去のガイドラインに基づいてコンテンツを作成しても、Googleには評価してもらえない可能性が高いです。

コンテンツの「内容」と評価基準である「ガイドライン」の両面からチェックすることを忘れないようにしましょう。

SEO対策にYMYL領域の知識は欠かせない

ユーザーの健康や安全、経済的な状況に直接関わるYMYL領域の情報を含むWebサイトやコンテンツに対し、Googleは高い品質と信頼性を求めています。

効果的なSEO対策を行うには、信頼性の高い情報源とバックリンクなどで関係性を築き、外部評価を高めることも大切です。正確で新しい情報の提供も意識しながら、専門性と権威性の高いWebサイトを作成していきましょう。

YMYL領域に関わるトピックは、ユーザーの興味を惹きやすいトピックでもあります。E-E-A-Tを意識してSEO対策上も効果の高いコンテンツを作りたいとお考えの方は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。お客様の現在抱えている課題や今後取り組もうとしていることなどをヒアリングしたうえで、弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

×

関連記事

  1. subdomain_seo

    【サブドメインにSEO効果は引き継げる?】サブディレクトリとの違いを解…

  2. SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

  3. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

  4. 「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会…

  5. SEOに効果的なURLとは?URL付けのポイント10選を徹底解説!

  6. ロングテールキーワード探し方

    ロングテールキーワードの探し方を解説|成果目標に合わせてどうキーワード…

  7. SEOに適したタイトルの文字数は?AIを活用した付け方も解説

  8. SEO内部対策とは?実践のポイントを完全解説!

PAGE TOP