• SEO対策

SEOで得られる効果とは?効果が出る期間と方法を徹底解説!

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、直訳すると「検索エンジン最適化」です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果でサイトを上位表示させ、アクセスを集めるためのWeb集客施策であり、「SEO対策」とも呼ばれます。

多くの企業が取り組んでいるSEOですが、まだSEOに取り組んでいない、もしくはこれから本格的に取り組もうと考えている方の中には、以下のような疑問を持つ方もいるでしょう。

  • SEOでどんな効果が得られるのか分からない
  • SEOに取り組んでから効果が出るまでに、どれくらいの期間がかかるか分からない
  • SEOで効果を出すための方法が知りたい

SEOは、Web集客を活性化させ、ビジネスを飛躍的に成長させるために重要な施策です。本記事を読めば、SEOで得られる効果や、効果が出るまでの期間、効果を出すための方法を理解できるため、自信を持ってSEOに取り組めるようになります。

SEOとは


「SEOの効果」について理解するためには、当然ながら「SEOとは、何か」が理解できていないといけません。まずはSEOがどういったものかをしっかり理解するところから始めましょう。

冒頭でもお伝えしましたが、SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジンにはGoogleやYahoo!、bingといったものがあり、検索エンジンのシェアの大半を占めるのはGoogleです。Yahoo!がGoogleの検索システムを使っていることもあり、「SEO対策 = Google対策」の認識で問題ありません。

SEOをより理解しやすいように一言でいうと、「サイトを検索エンジンの検索結果で上位表示させるための一連の取り組み」です。

Googleでは以下のように、あるキーワードを入力して検索すると、キーワードに合った検索結果が表示されます。


この検索結果において、サイトがより上位表示(上のほうに表示)されるほど、多くの人にクリックしてもらえます。その結果、多くの人にサイトにアクセスしてもらえます。

あなたも普段、Googleなどの検索エンジンで何か調べ物をすることがあるでしょう。Googleでは検索結果1ページにつき10件表示されますが、おそらく2ページ目以降を見ることはほとんどないかと思います。つまり、ある検索キーワードにおいてサイトが2ページ目以降に表示されていても、多くのアクセスが入ってくることはありません。

さまざまな検索キーワードにおいて、サイトが1ページ目に表示されること、また1ページ目の検索結果10件の中で、より上位に表示させてアクセスを集めることが、SEOでは重要です。

改めて、SEOとは「サイトを検索エンジンの検索結果で上位表示させるための一連の取り組み」です。SEOについては以下の記事でより詳しく網羅的に解説しているため、SEOの基礎理解を深めたい場合はぜひお読むください。

【2023年最新・完全版】SEO対策とは?初心者向けに「どこよりも」わかりやすく解説!

それでは次に、SEOで具体的にどのような効果が得られるかを解説します。

SEOで得られる「直接的」な効果

まずは、SEOに取り組むことで得られる「直接的」な効果をお伝えします。「直接的」な効果として得られるものは、以下の2つです。

  • 中長期的な集客力の獲得
  • ブランディングになる

それぞれ詳しく解説します。

中長期的な集客力の獲得

SEOに取り組むことで、中長期的な集客力を獲得できます。

Web集客を強化するための施策として、SEOとよく比較検討されるものに「広告」があります。広告は、費用さえ支払えばすぐに集客できるという点が大きなメリットですが、その効果は一過性です。広告費の支払いを止めると、広告経由での集客はストップします。

しかしSEOに取り組み、さまざまな検索キーワードにおいてサイトが上位表示されるようになれば、上位表示されている間はずっとサイトにアクセスが入り続けます。上位表示されている間、広告のように費用を支払い続ける必要がないため、中長期的な集客力を獲得できます。

当然ながら、中長期的な集客力を獲得できれば、ビジネスはどんどん成長していきます。そのためビジネスを成長させたいという意思がある場合は、可能な限りSEOに取り組むべきです。

集客とは、売上・利益の向上につながるものです。そして売上・利益の向上を実現するためには、最終的に問い合わせや商品購入といった、「成果」を意味する「コンバージョン」を獲得する必要があります。

ここでは、コンバージョン数を増やすための流れについて、以下の順に解説します。

  • 検索順位の上昇
  • クリック率の上昇
  • アクセス数の上昇
  • コンバージョン数の上昇

検索順位の上昇

まずは、Googleでサイトの検索順位を上げる必要があります。検索順位とは「検索結果で上から何番目に表示されているか」のことであり、検索結果1ページ目の一番上にサイトが表示されている場合は「1位」、一番下に表示されている場合は「10位」、2ページ目の一番上に表示されている場合は「11位」となります。

そして「サイトの検索順位を上げる」といったとき、「どのキーワードで検索された際に、サイトを上位表示させるのか」を決める必要があります。多くのキーワードでサイトを上位表示させられれば、その分サイトへのアクセス数が増えます。

さまざまなキーワードにおいて、検索上位表示を獲得すること」が、SEOで効果を出すための肝です。

クリック率の上昇

サイトがさまざまなキーワードで検索結果の上位に表示されるようになれば、多くのアクセスが集まります。これは、検索結果でサイトがより上位に表示されるほど「クリック率」が上がるためです。

ここでいうクリック率とは「あるキーワードでの検索回数のうち、検索結果に表示されたサイトのリンクがクリックされた割合」のことです。例えば「SEOとは」というキーワードについて、「aramakijake」というツールを活用してGoogleでの月間検索数を調べると、「17,760」でした(2023年4月時点)。

仮にこの「SEO対策とは」というキーワードで一ヶ月間サイトが一位に表示されて、クリック率が「20%」だった場合、サイトに「17,760 × 0.2 = 3,552件」のアクセスが入ってくることになります。

サイトがさまざまなキーワードでより検索上位に表示されるほど、クリック率は上がります。またページの「タイトル」や「説明文」を調整することで、よりクリック率を上げられます。

あるキーワードで検索した人に興味を持ってもらえるような「タイトル」と「説明文」にすることで、クリック率が上がります。上の画像の場合、「化粧水 おすすめ」というキーワードで検索した人に対して「化粧水のおすすめ商品・人気ランキング」というタイトルの記事が一位に表示されています。

このキーワードで検索する人には、「多くの人が使っている品質の良い化粧水が知りたい、欲しい」というニーズ(欲求)があるでしょう。検索者は「化粧水のおすすめ商品・人気ランキング」というタイトルを見て「自分のニーズを満たしてくれる記事だ!」と思い、クリックします。

このように検索上位表示を獲得するだけでなく、検索結果に表示される「タイトル」と「説明文」を、検索者の興味の引くものにすることでクリック率を上げられ、より多くのアクセスを獲得できます。

アクセス数の上昇

サイトがさまざまな検索キーワードで上位表示されるようになり、なおかつ「タイトル」と「説明文」が検索者の興味を引くものになっていれば、サイトに多くのアクセスが入ってくるようになります。

コンバージョン数の上昇

そしてサイトへのアクセス数が増えれば、それに比例してコンバージョン数も増えます。

コンバージョンとは「問い合わせや商品購入、資料請求、予約などの成果」のことであり、サイトの訪問者に起こしてほしい行動のことを指します。例えば弊社シンプリックが、サイトの訪問者に起こしてほしい行動(コンバージョン)は「問い合わせ」です。

「グローバルナビゲーション」と呼ばれる、サイトの上部に常に表示されるエリアに「お問い合わせ」のボタンを用意しており、サイト訪問者からの問い合わせをいただいてから直接サービス説明などを行います。

コンバージョンは、売上・利益に直結するものです。企業が売上・利益の向上を重視している以上、サイトへのアクセスを何とかしてコンバージョンにつなげなければいけません。

サイトにアクセスしてきたユーザーのうち、コンバージョンの発生数の割合のことを「コンバージョン率」といいますが、例えばコンバージョン率が「1%」だとして、以下のようんみサイトにアクセスしてきたユーザーの数が増えるほど、コンバージョン数も増えます。

【ユーザー数「1,000」で、コンバージョン率が「1%」の場合】

1,000 × 0.01 = 10件(コンバージョン数)

【ユーザー数「10,000」で、コンバージョン率が「1%」の場合】

10,000 × 0.01 = 10件(コンバージョン数)

SEOに取り組みサイトに多くのアクセスが入ってくるようになれば、コンバージョン数が増えます。その結果、売上・利益が上がります。

ブランディングになる

あるキーワードで検索した際、上位表示されているサイトに対して、多くの検索者は無意識的に「信頼できる良質なサイトである」と認識します。

Googleは、あるキーワードで検索した際に表示される検索結果に、「検索者のニーズを満たす」サイトのページを表示させます。現在ではその検索精度は非常に高く、多くの人はGoogleで調べ物を行った際に上位表示されたサイトに書かれている情報を信頼します。

そのため、さまざまなキーワードにおいて検索上位表示を獲得できれば、「信頼できる良質なサイトである」と思われて、ブランディングになります。これはサイト自体もそうですし、サイト運営者に対してもそうです。

SEOで得られる「間接的」な効果

次に、SEOに取り組むことで得られる「間接的」な効果をお伝えします。「間接的」な効果として得られるものは、以下の4つです。

  • 広告費を削減できる
  • 採用力が強くなる
  • アウトバウンド型からインバウンド型の営業に切り替えられる
  • 集客が安定し、新たな取り組みにトライできるようになる

それぞれ詳しく解説します。

広告費を削減できる

SEOに取り組み、さまざまなキーワードにおいてサイトが検索上位表示を獲得するようになれば、多くのアクセスを得られます。検索上位表示を獲得してアクセスが入ってきている間、Googleに対して費用を支払う必要がないため、費用対効果が大幅にプラスになります。

広告は、費用を支払えばすぐに集客できるという「即効性」が強みですが、当然ながら集客のためには費用を支払い続ける必要があります。何らかの理由で広告費を支払えなくなると集客が止まり、場合によってはそのままビジネスが衰退していきます。

近年は広告費の高騰や、広告で十分な費用対効果を得ることが難しくなっている事情もあり、集客を広告に依存している状態というのは危険であるといえます。SEOで効果を出せれば、広告費を削減したり、広告依存の状態から抜け出せます。

SEO対策は自社で取り組むこともできますが、十分にリソースを割けない場合は外注を活用するのも一つの手です。以下の記事ではそれぞれ、「おすすめのSEO対策会社」と「SEO対策にかかる費用」を詳しく解説しています。

「自社に合った」SEO対策会社の選び方を徹底解説!費用相場とおすすめ会社も紹介

SEO対策の費用を徹底解説!外注時のポイントも紹介

採用力が強くなる

SEOによりサイトに多くのアクセスを集められて、検索上位表示によるブランディング効果を得られれば、採用力が強くなります。

企業がビジネスを成長させていくうえで、採用は非常に重要です。多くの企業が、求職者に対して自社の魅力をアピールする目的で「採用サイト」を持っていますが、この採用サイトへのアクセス数が増えれば、求人への応募者数も増えます。

例えば以下は、飲食店の集客支援を行っている株式会社ぐるなびの採用サイトです。

引用元:https://corporate.gnavi.co.jp/hr/fresh/

採用サイトがさまざまな検索キーワードで上位表示されるようにSEOに取り組むのも良いですし、自社でブログサイトやWebメディアを運営してアクセスを集め、サイト内の目立つところに採用サイトのリンクを張ってアクセスを流すのも良いでしょう。

このようにSEOは、採用力を強化する施策としても適しています。

アウトバウンド型からインバウンド型の営業に切り替えられる

SEOに取り組むことで、営業の仕方を「アウトバウンド型」から「インバウンド型」に切り替えられます。

アウトバウンド型の営業とは、自社の見込み客に対して商品を売り込む形態であり、例えば飛び込み訪問や電話営業といったものが該当します。

対してインバウンド型の営業とは、問い合わせや資料請求など、自社に対しての能動的なアクションを起こした見込み客に対して営業を行う形態です。

アウトバウンド型の営業ではその性質上、どうしても自社に対して全く興味を持っていない人にもアプローチすることになります。場合によっては営業先から不快感を示されたり、罵声を浴びせられるようなこともあり、営業マンが精神的な辛さを感じることが多く、その結果離職につながる可能性があります。

しかしインバウンド型の営業では、自社に興味を示している見込み客に対してのみアプローチすることになるため、興味を示していない人に対してアプローチすることがほとんどなくなります。これにより営業コストが削減でき、営業マンの精神的な負担も軽減できます。その結果、離職率の低下につながる可能性があります。

このように、インバウンド型の営業には「営業コストの削減」と「営業にかかるストレスの軽減」というメリットがあります。効果を出すことでインバウンド型の営業に切り替えられるという点は、SEOに取り組む意味として大きいといえます。

集客が安定し、新たな取り組みにトライできるようになる

さまざまなキーワードでサイトが検索上位表示を獲得できている間、サイトにアクセスが入り続けます。このように安定的に集客できるようになれば、新たな取り組みにトライする余裕が生まれます。

新たな取り組みとは、例えばより幅広く顧客ニーズを満たすために新商品を開発したり、収益の柱を増やすために新規事業を立ち上げるといったようなことです。集客が安定している状態であれば、チャレンジングな取り組みにもトライしやすくなります。

既存事業の集客が安定していない状態であれば、集客のために多くのリソースを割く必要があるため、なかなか新たな取り組みを始めるのは難しいでしょう。

事業を成長させるためには、集客力の強化が欠かせません。これを実現するための強力な武器が、SEOです。弊社シンプリックは、これまでにあらゆる業界の数多くの企業のSEOを支援し、成果を出してきました。現在、SEO対策で成果を出したい企業のWeb担当者様向けに、SEOのプロのノウハウを伝授する「SEO無料相談」をオンラインで実施しております。ぜひお気軽にお申し込みください。

SEOで効果が出るまでの期間

SEOで得られる効果が分かったとしても、「効果が出るまでにどれくらいの期間がかかるのか」が分からないと、SEOの取り組みを始めるのは不安でしょう。

SEOで効果が出るまでの期間について、以下の2つを理解しておくべきです。

  • 状況によって異なるため、効果が出るまでの期間については断言できない
  • 「強いていうならば」早くて1ヶ月、通常は3ヶ月〜1年程度、場合によってはそれ以上の期間がかかる

SEOで効果が出るまでの期間は、主に以下のような要因によって大幅に変わります。

  • 上位表示を狙うキーワード
  • コンテンツ(ページ)の内容
  • サイト内のコンテンツ量
  • 被リンクの数

まずは「上位表示を狙うキーワード」と「コンテンツ(ページ)の内容」についてお伝えします。

SEOで効果を出すためには、「狙ったキーワードで検索上位表示を獲得すること」が重要です。例えば本記事では「SEO 効果」というキーワードでの上位表示獲得を狙っています。どのキーワードでの上位表示を狙うか決めないと、結果的にどのキーワードでも上位表示されない「意味のないコンテンツ」ができあがります。

そしてGoogleは、検索キーワードに対して検索者のニーズを満たすコンテンツを上位表示させます。そのため、キーワードが決まれば「そのキーワードで検索するユーザーにはどんなニーズがあるか」を推測することができ、推測したニーズを満たすコンテンツを作成することで、狙ったキーワードでの上位表示を実現します。

この時、上位表示を狙うキーワードが「上位表示させづらいキーワード」だった場合、どれだけ「コンテンツ(ページ)の内容」が検索者のニーズを満たすものだったとしても、上位表示されません。この「上位表示させづらいキーワード」については、後ほど「狙ったキーワードで上位表示させるための必須要素をおさえる」のパートで解説します。

そのため、どのキーワードを選ぶか、また選んだキーワードについて、検索する人のニーズを満たすコンテンツを作成できるかが上位表示獲得の鍵です。上位表示されなければ、当然ながらサイトに多くのアクセスが入ってくることはありません。

また「サイト内のコンテンツ量」も重要です。サイト内にコンテンツ(ページ)があまりにも少ない場合、Googleから質が高いサイトであると評価されず、サイト内のページが上位表示されづらくなります。そのほかに「被リンクの数」もSEOで効果が出るまでの期間に影響してきますが、これについては「長くサイトを運用する」のパートで解説します。

あるキーワードでの上位表示を狙って作成したコンテンツが実際に上位表示されるまでの期間は、そのコンテンツの内容だけでなく、サイトの運用暦やコンテンツ量といった「サイト全体」のGoogleからの評価によっても異なります。

このように要因が多く、効果が出るまでの期間が断言できないSEOですが、「強いていうならば」早くて1ヶ月、通常は3ヶ月〜1年程度、場合によってはそれ以上の期間がかかります。

SEOは短期的に効果が出る施策ではないですが、中長期的に取り組むことでさまざまなキーワードでサイト内のページが検索上位に表示されるようになり、大きな費用対効果を得られます。そのため、腰を据えて中長期的にじっくり取り組む必要があることを理解しておきましょう。

SEOで効果を出すための方法

ここまで、SEOで得られる効果と、効果が出るまでの期間についてお伝えしました。次に気になるのは、「SEOでさまざまな効果が得られることは分かったけど、効果を出すために具体的にどうすればいいのか」というところでしょう。

ここでは、SEOで効果を出すための方法を3つお伝えします。

質の高いコンテンツを継続的に作成する

SEOで効果を出すために最も重要なのは、「質の高いコンテンツ」を「継続的に」作成することです。

質の高いコンテンツとは、あるキーワードで検索した人のニーズを満たすコンテンツのことです。Googleは検索者のニーズを満たすコンテンツをより上位に表示させるため、検索者のニーズを満たすコンテンツを作成すれば上位表示を獲得しやすくなります。

質の高いコンテンツを作成するためには、以下の3点が重要です。

  • そもそもどの検索キーワードでの上位表示を狙うか決める
  • 決めたキーワードで検索する人がどんなニーズを持っているか深く考える
  • 検索者のニーズを満たすために、必要な情報を適切な順番で伝える

例えば本記事では、「SEO 効果」というキーワードでの上位表示を狙っています。そしてこのキーワードで検索する人には「SEOに取り組むと、どれくらいの期間でどのような効果を得られるのか。また効果を出すために何に取り組むべきか知りたい」というニーズがあると推測し、ニーズを満たすコンテンツとなるよう設計しています。

このようなニーズを持つ人は間違いなくSEO初心者であるため、専門用語を極力使わず、Webマーケティングに精通していない人でも読みやすく、理解しやすい内容にしています。

また質の高いコンテンツとは、「読者にとって読みやすく分かりやすい」コンテンツです。そのため以下のような要素を満たしていることも重要です。

  • 誤字脱字がなく、文脈が通っていない箇所がない
  • 一文が長すぎない
  • 内容の理解を促進するためにビジュアル要素(画像や動画など)を挿入している
  • 読者が理解できないような専門用語を使っていない
  • 適切な順番で情報を伝えており、論理的に理解しやすい

SEOは広告のように即効性のある施策ではないため、質の高いコンテンツを継続的に作成することで、ある程度期間が経ってから効果が出てきます。

質の高いコンテンツの作成方法については、以下の記事でより詳しく解説しています。

SEOコンテンツで重要な「質」とは?質の高いコンテンツの作り方を完全公開!

狙ったキーワードで上位表示させるための必須要素をおさえる

これまでに何度もお伝えしている通り、あるコンテンツ(ページ)を作成して検索上位表示を獲得するためには、そもそもどのキーワードで上位表示させるかを決める必要があります。

そして狙ったキーワードで上位表示させるためには、以下の必須要素をおさえる必要があります。

  • 適切なキーワードを選ぶ
  • キーワードをタイトルや見出しに含める

順に解説します。

適切なキーワードを選ぶ

まず、適切なキーワードを選ぶことが重要です。以下3つの要素を満たすキーワードが、適切なキーワードであるといえます。

  • 上位表示を獲得できる可能性が十分にある
  • 上位表示された結果、サイトに一定数以上のアクセスが入ってくる
  • 自社の見込み客が検索するキーワードである

選ぶキーワードは、上位表示を獲得できる可能性が十分にあるものでないといけません。キーワードには「上位表示しやすいもの」と「上位表示しにくいもの」があります。上位表示しにくいキーワードとは、例えば以下のようなものです。

  • 検索されている回数が非常に多い
  • 上位表示されているサイトが「強い」
  • 単一語

例えば「ダイエット」というキーワードの月間検索回数を、検索数予測ツールの「aramakijake」で調べてみると、Googleで「800,000回」検索されていることがわかりました。一方、「ダイエット 食事 おすすめ」というキーワードはGoogleで「384回」検索されています(2023年4月現在)。

「ダイエット」のように検索されている回数が非常に多いキーワードは、多くのサイトが上位表示を狙って対策を行っているため上位表示させづらいです。つまり「競合性が高いキーワード」であり、特にSEOをこれから始める段階だったり、始めて間もない場合に狙うキーワードとしては適していません。

また検索数がそれほど多くなくても、上位表示されているサイトが「強い」キーワードも上位表示させづらいです。強いサイトとは、コンテンツ量が非常に多く、他にもさまざまなキーワードで上位表示されているようなサイトのことです。

さらに、「化粧水」といったような単一語も比較的、上位表示の難易度が高いキーワードです。「化粧水 おすすめ」のような2語以上からなるキーワードを複合語といいますが、まだ十分にSEOで効果を出せていない段階では複合語を選ぶべきです。

適切なキーワードを選ぶことは、上位表示獲得のために最重要といっても過言ではありません。不適切なキーワードを選んでしまうと、どれだけ質の高いコンテンツを作っても上位表示される可能性は限りなく低いです。

キーワード選定については以下の記事でより詳しく解説しているため、ぜひお読みください。

SEOキーワードの選定方法をどこよりもわかりやすく解説!

キーワードをタイトルや見出しに含める

適切なキーワードを選んだら、そのキーワードをタイトルや見出しに含めることも重要です。

これにより、キーワードとの関連性をGoogleに伝えられます。例えば本記事では「SEO 効果」というキーワードでの上位表示を狙っていますが、以下のようにタイトルと見出しにキーワードを含めています。

【タイトル】

SEOで得られる効果とは?効果が出る期間と方法を徹底解説!

【見出し(大見出しのみ)】

SEOとは
SEOで得られる「直接的」な効果
SEOで得られる「間接的」な効果
SEO効果が出るまでの期間
SEO効果を出すための方法
SEO効果を出すためのツール
SEO効果を出すためには「正しく」取り組むことが重要

まず、タイトルにキーワードを含めることは「必須」です。絶対に含めなくてはいけません。見出しには必ずしもキーワードを含める必要はないですが、不自然にならない程度に可能な限り含めることで、よりキーワードとの関連性をGoogleに伝えられます。本記事では見出しにキーワードを多く含めていますが、ここまで多く含めることは必須ではありません。しかしできれば、大見出しに少なくとも1つはキーワードを含めるといいでしょう。

選定したキーワードの使い方については、以下の記事でより詳しく解説しています。

SEO検索キーワードの設定方法を解説!「入れ方」と「選び方」を理解しよう

長くサイトを運用する

SEOで効果を出すためには、長くサイトを運用することも重要です。Googleはこちらの動画で、「長くサイトを運用しているからといって、Googleから高く評価されるわけではない」ことを明言しています。しかし実際のところ、さまざまなキーワードにおいて上位表示されているサイトのほとんどは、長く運用されているサイトです。

長く運用されているサイトの多くはコンテンツ量が豊富であるため、その要素が関係している可能性が高いといえます。しかし立ち上げたばかりのサイト内で作成したコンテンツ(ページ)が、いきなり「ダイエット」のような検索数が多く、競合が多いキーワードで上位表示を獲得できるようなことは基本的にありません。

そのため、特にサイトをこれから立ち上げる、また立ち上げて間もない(1年未満など)場合は、長くサイトを運用することを前提に、中長期的な効果の獲得を目指してSEOに取り組むようにしましょう。

SEOで効果を出すためのツール

SEOに取り組む際は、ツールの活用が「必須」です。SEOで効果を出すためにはまずサイトの現状を分析し、課題を明確にしたうえで適切な施策を実施する必要があります。この際、ツールを活用しないと適切な施策を実施することができません。

ここでは無料で使える3つのツールを紹介しますが、特に「Google Analytics」と「Google Search Console」を活用することが重要です。

また有料ツールを活用すれば、無料ツールではできないこともできたりしますが、有料ツールでできることのほとんどが無料ツールでもできるため、基本的には複数の無料ツールを組み合わせて活用する方法で問題ありません。

有料ツールで代表的なのは、「Arefs」や「MIERUCA」、「SimilarWeb」などです。興味があればぜひ調べてみてください。

Google Analytics

Google Analytics(グーグルアナリティクス)」とは、Googleが提供しているサイト分析ツールです。サイト分析に関するあらゆることができますが、以下はSEOに取り組み始めてから特に見るべきポイントの一例です。

  • 訪問者数(ユーザー数)
  • PV数(アクセス数)
  • サイトの滞在時間(どれくらい長くサイト内のコンテンツを見てくれていたか)

【訪問者数(ユーザー数)】

【サイトの滞在時間】

Google Analyticsを活用することで、訪問者数(ユーザー数)の推移が見れます。これにより、ある施策を実施した結果が良かったのか悪かったのかが分かります。施策の実施結果が悪かった場合、なぜ悪かったのかという原因を分析して改善施策を練り、再度実施します。

Google Analyticsを活用することで、このように施策の実施結果を元にした改善施策を打ち続けられるため、結果的にSEOの成功確率を上げられます。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」も、Google Analyticsと同じくGoogleが提供しているサイト分析ツールです。Google Analyticsでできることと似ている部分も多いですが、もちろんGoogle Search Consoleならではの機能が豊富に存在します。

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleはセットで使うのが一般的であり、実際にSEO対策に取り組んでいるほとんどの企業で活用されています。

Google Search Consoleならではの機能として、例えば以下のようなものがあります。

  • アクセスが入ってきているキーワード
  • キーワードごとの検索順位
  • ページごとの表示回数とクリック率
  • 他のサイトから自社サイトに対して張られているリンク(被リンク)の数と内容
  • サイト内の不具合チェック

SEOで得られる「直接的」な効果についてのパートで紹介した「中長期的な集客力の獲得」において、コンバージョン数を増やすための流れとして「検索順位を上げて、クリック率を上げて、アクセス数を上げる」ということをお伝えしました。

Google Search Consoleでは、サイトにどのキーワードからどれくらいのアクセスが入ってきているかや、どのキーワードで上位表示を獲得できているか、またページごとのクリック率などを確認できます。これらのデータを確認して、狙ったキーワードで上位表示を獲得し、十分な数のアクセスを獲得できていないのであれば、改善施策を実施する必要があると判断できます。

【上位表示を獲得できているキーワードの一部】

また他のサイトから自社のサイトに対して貼られているリンク(被リンク)の数や内容を確認できます。被リンク数が増えるほどサイトが上位表示されやすくなります。これは、Googleが「被リンク数が多いということは、他のサイトからたくさん紹介・引用されているということであり、そのようなサイトは質が高いのだろう」と評価するからです。

またGoogle Search Consoleでは、サイト内に発生している不具合をチェックすることもできます。不具合が発生している場合はGoogleのロボットが検知して、知らせてくれます。不具合を放置しておくと検索順位が下落する可能性が高いため、この不具合検知の機能は非常に便利です。

SEOチェキ

SEOチェキ」は、あるページについて各種キーワードでの「現在の」検索順位などが確認できるツールです。検索順位の確認はSEOに取り組むにあたり欠かせないため、多くのサイト運営者がこのツールを活用しています。

使い方ですが、まずサイトにアクセスするとサイトURLの入力欄が表示されるため、検索順位を確認したいURLを入力して「チェック」を押します。

そして、指定のキーワードを最大3つまで入力し、「チェック」を押して各キーワードにおける現在の検索順位を確認します。

Google Search Consoleでも現在の検索順位を確認することは可能ですが、SEOチェキを使うことでより見やすい形式で現在の検索順位を確認できます。操作性が非常にシンプルであり、はじめてSEOに取り組んで検索順位を確認する場合でも迷いなく活用できるのが、SEOチェキの強みといえます。

SEOで効果を出すためには「正しく」取り組むことが重要

本記事では、SEOで得られる効果や、効果が出るまでの期間、また効果を出すための方法などを解説しました。本記事の内容を理解できれば、自信を持ってSEOに取り組めるでしょう。

SEOは、「正しい」方法で「継続的に」取り組まないと効果を出せない施策です。SEOで効果を出すために押さえておくべきポイントはそこまで多くはありませんが、正しい方法で継続的に取り組むのにはある程度の「ノウハウ」が必要なだけでなく、多くの「リソース」が必要です。ほとんどの企業がノウハウとリソース不足が原因で、質の高いSEO施策に取り組めていません。

ノウハウとリソース不足の問題は、外注を活用してプロの力を借りることで解決できます。

弊社シンプリックは、SEOで効果を出すために必要なノウハウとリソースを備えている、SEOのプロ集団です。

  • SEOで効果を出すための方法を、もっと具体的に知りたい
  • SEOを成功させて、中長期的に安定した集客を実現したい
  • 具体的な費用感や施策内容を詳しく知りたい

このような悩み・要望をお持ちではないでしょうか。現時点で少しでもSEOについてプロの力を借りることに興味がある、また聞いてみたいことがあるという場合は、ぜひ「お気軽に」弊社にご相談ください。

関連記事

  1. construction-and-realestate-seo-TOP

    建設・不動産業界のSEO対策とコンテンツ制作のポイント

  2. 格安SEO対策会社に依頼する際のガイドライン | 費用相場や注意点を解…

  3. アクセスアップに欠かせないSEO対策で見直したい7つの項目

  4. images-for-seo

    画像を活用したSEO対策でアクセスを増やす方法9選

  5. search-engine

    SEOとリスティング広告の違い | 自社に合った選び方を解説

  6. SEO記事制作のおすすめ代行会社6選!会社選びのポイントや制作手順を解…

  7. 被リンクを効率よく調べる方法|無料で使えるチェックツールも紹介

  8. ページ エクスペリエンスによってSEOのランキング方式が変更。21年8…

PAGE TOP