中小企業こそコンテンツマーケティングに取り組むべき理由と成功事例、コツを解説

「中小企業とコンテンツマーケティングは相性がいいの?」
「中小企業がコンテンツマーケティングを成功させるコツは?」

中小企業のWeb担当者の多くが、このような疑問を持っています。結論、中小企業「こそ」コンテンツマーケティングに取り組むべきですし、適切な方法で取り組めば成功させられます。

コンテンツマーケティングを成功させられたら、広告費をかけずとも集客し続けられますし、ビジネスを飛躍的に成長させられます。しかしコンテンツマーケティングを成功させるためには、コツを理解し、中長期的に取り組み続ける必要があります。また適切なノウハウを持ち、十分に人手を割いて取り組むことも欠かせません。ただしノウハウやリソースが不足している場合でも、プロに外注すれば問題ありません。

本記事では中小企業がコンテンツマーケティングに取り組むべき理由や、中小企業のコンテンツマーケティング成功事例、また成功させるコツを解説します。本記事を読めば、中小企業がどのようにコンテンツマーケティングに取り組み、外注を活用しながら集客を成功させられるかがわかります。

コンテンツマーケティングとは

すでにご存知かもしれませんが、コンテンツマーケティングとは「コンテンツを用いたマーケティング手法」であり、より具体的に弊社では以下のように定義しています。

見込み客や顧客に価値ある情報(コンテンツ)を提供し、自社の利益につながる行動を起こしてもらうための一連のマーケティング手法

見込み客とは、自社の商品を購入してくれる可能性があるターゲットのことで、顧客とはすでに自社の商品を購入してくれている人のことです。一人でも多くの人に自社の利益につながる行動を起こしてもらうことが、ビジネスにおいては当然ながら重要です。

コンテンツマーケティングでは、情報(コンテンツ)を通じて自社もしくは商品を認知してもらい、興味関心を醸成して商品を購入してもらい、リピーター・優良顧客になってもらうことを目指します。顧客の購買段階は「認知→興味関心→比較検討→購入→リピート」と進んでいきますが、各購買段階において適切な情報(コンテンツ)を届けることで、購入やリピートのアクションを起こしてもらうことが重要です。

コンテンツマーケティングについては以下の記事で基礎から実践まで詳しく解説しているため、もしまだコンテンツマーケティングがどんなものか理解できていない場合は、ぜひお読みください。

コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

中小企業がコンテンツマーケティングに取り組むべき理由

まずお伝えしたいことは、コンテンツマーケティングは企業規模や業種関係なく、どんな企業であっても可能な限り取り組むべきものであるということです。

中小企業とコンテンツマーケティングの相性が気になる人もいるかもしれませんが、むしろ中小企業こそ、コンテンツマーケティングに取り組むべきです。ここではその理由を6点、お伝えします。

自由にスピーディーにコンテンツを発信できるから

例えば大企業がサイト上で何かページを作り、コンテンツを発信しようとすると、関連部署の承認を得たり上司のチェックを挟んだりするため、発信に時間がかかりますし、チェックに通るようなコンテンツを作る必要があります。

コンテンツマーケティングではコンテンツの発信が重要ですが、様々な企業がコンテンツを発信している中で自社の見込み客にコンテンツを届けるためには、見込み客が求めている情報を自由な発想で考え、発信していく必要があります。中小企業であれば自由にスピーディーにコンテンツを発信できるため、大企業と比べてフットワーク軽く見込み客にコンテンツを届けられます。

特にトレンドのコンテンツや、速報性が求められるコンテンツの場合はスピードが重要です。この点からも、中小企業はコンテンツマーケティングと相性が良いといえます。

低コストで始められるから

コンテンツマーケティングは、低コストで始められます。コンテンツにはブログ記事やSNSの投稿、メルマガなどさまざまな種類がありますが、ほとんどのコンテンツは作成にも、発信にもお金がかかりません。

そのため低コストで何かWeb集客の施策に取り組みたいのなら、コンテンツマーケティングが適しています。

強力なブランディングになるから

自社サイトでもSNSアカウントでもいいですが、見込み客にとって価値がある、充実したコンテンツをたくさん発信することで、強力なブランディングになります。

多くの中小企業のサイトはコンテンツ量が少ないですが、コンテンツ量の多いサイトに育てることで見込み客からの見え方が良くなります。またSNSアカウントにしても、コンテンツをたくさん発信してフォロワー数が増えれば、アカウントの見え方が良くなります。

ポジティブなブランディング効果を得ることで、発信した情報がより見込み客に刺さりやすくなったり、自社に対しての信頼度・好感度が上がったりするため、他者との差別化が重要な中小企業にとってコンテンツマーケティングへの取り組みは欠かせません。

中長期的に費用対効果が高くなるから


コンテンツの発信を通じて顧客を獲得するコンテンツマーケティングでは、コンテンツを見込み客に見つけてもらい、興味関心を持ち他社との比較検討の末、商品を購入してもらえるようになるまでに時間がかかります。

しかしサイトにコンテンツが蓄積され、Googleでさまざまな検索キーワードでコンテンツが検索結果に表示されるようになれば、ほとんど何もしなくても24時間365日、サイトにアクセスが入り続けます。「ほとんど何もしなくてもアクセスが入り続ける」というのは費用対効果が高い状態であり、この状態を実現できれば集客が非常に楽になります。

お金を払って広告を出せば、あまり時間をかけずに見込み客にリーチできますが、集客を広告に依存してしまうと、広告をストップした際に集客もストップします。近年は広告費高騰の影響もあり、中小企業にとって継続的に広告を出し続けることは難しいかもしれません。そのため中長期的に高い費用対効果で集客をしたいのなら、コンテンツマーケティングに取り組むべきです。

顧客と濃い関係構築ができるから

人は感情的な生き物ですから、仮にA社よりB社のほうが価格が安く、商品の品質が高かったとしても、見込み客がA社に愛着を持っていれば、A社の商品を買う可能性は十分にあります。

大企業や他の中小企業ではなく、自社を選んでもらうためには、見込み客・顧客との関係性を強くすることが重要です。コンテンツマーケティングはまさにこの「関係構築」を強みとしており、価値あるコンテンツを届け続けることで自社や商品に愛着を持ってもらい、精度高く商品購入やリピートへとつなげられます。

予算が潤沢な大企業にも勝てる可能性があるから

コンテンツマーケティングでは、いかに見込み客にとって価値あるコンテンツ(情報)を届け、自社に愛着を持ってもらい、商品購入へとつなげるかが重要です。中小企業は大企業と比べて潤沢にマーケティング予算を持っておらず、例えば広告費による露出競争になると負けてしまいます。

しかしコンテンツマーケティングであれば、見込み客のことをよく理解し、価値あるコンテンツを企画して戦略的にコンテンツを発信することで、予算が潤沢な大企業に勝てる可能性が十分にあります。実際、コンテンツマーケティングに取り組みGoogleの検索結果でコンテンツがたくさん表示されるようにしたり、SNSのフォロワー数を増やしたりすることで、マーケティング予算が潤沢な大企業よりもWeb集客を成功させている企業は数多く存在します。

コンテンツマーケティングの中核は、SEO対策


コンテンツマーケティングにおいて発信するコンテンツ(情報)には、さまざまな種類があります。以下は、よく使われるコンテンツの一例です。

  • ブログ記事
  • 商品紹介ページ
  • SNSでの投稿
  • ホワイトペーパー
  • メルマガ
  • セミナー・イベント
  • プレスリリース
  • 動画
  • 音声コンテンツ
  • インフォグラフィックス

しかしコンテンツマーケティングの中核は、ブログ記事の発信をはじめとしたSEO対策です。Googleでサイトのコンテンツを検索結果の上位に表示させるSEO対策ですが、これがコンテンツマーケティングの中核である理由は主に以下の3点です。

  • 情報量の充実したコンテンツを発信できるから
  • さまざまなキーワードで検索上位表示されれば、サイトに莫大な数のアクセスを集められるから
  • 自社サイトが、あらゆるコンテンツの着地点だから

コンテンツマーケティングに取り組み、最終的に得たい成果は当然ながら売上・利益です。売上・利益を上げるためには、商品を購入してもらったり、その前段階の問い合わせや資料請求などのアクションを起こしてもらったりする必要があり、さらにその前段階として自社や商品のことを認知してもらう必要があります。

SEO対策に取り組み、サイトから発信したコンテンツがGoogleでさまざまな検索キーワードにおいて上位表示されれば、潜在顧客から顕在顧客まで、多くの人にサイトに訪問してもらえます。Googleは検索ユーザーにとって価値がある、情報量が充実したサイトを積極的に検索結果の上位に表示させる傾向にあるため、SEO対策に取り組みコンテンツを発信することにより、検索エンジン経由で多くの集客ができます。

さらに自社サイトというのは、あらゆるコンテンツの着地点です。例えばSNSで何か情報発信を行う場合、最終的にはサイトに誘導して商品紹介ページなどを見てもらい、購入検討をしてもらうことが多いです。またメルマガでコンテンツを発信するにしても、プレスリリースを出すにしても、最終的には自社サイトに誘導することがほとんどです。

あらゆるコンテンツの着地点である自社サイトが、コンテンツ量が充実しており魅力的なものとなっていれば、サイトに訪れた多くの人に商品購入や問い合わせなどのアクションを起こしてもらいやすくなります。

検索ユーザーにとって価値があるコンテンツを発信し、Googleでさまざまな検索キーワードで上位表示の獲得を狙う施策を「コンテンツSEO」といいますが、コンテンツマーケティングを理解するためにはコンテンツSEOの理解が欠かせません。

以下の記事でコンテンツSEOについて詳しく解説しているため、コンテンツマーケティングの実施を検討している場合はぜひお読みください。

コンテンツSEOとは?メリットや手順を徹底解説!

また弊社シンプリックでは現在、コンテンツSEOを成功させたいWeb担当者様向けに「SEOの無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「成果の出るSEO記事の作り方」や「SEOで成果を出すためのポイント」を伝授しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

中小企業のコンテンツマーケティング成功事例

中小企業がコンテンツマーケティングで成果を出すためには、「コンテンツマーケティングで成果を出している中小企業が、どのような取り組みをしているか」を理解する必要があります。成功事例に触れることで、成果を出すために重要なポイントがわかるでしょう。

ここでは「株式会社クラシコム」と「山福水産株式会社」の2社について、成功事例を紹介します。

株式会社クラシコム「北欧、暮らしの道具店」

株式会社クラシコムは「北欧、暮らしの道具店」というメディアを運営しています。


北欧のライフスタイルの本質を自分たちらしく表現することがコンセプトのメディアで、ネットショップとWebメディアとしての機能を持っています。

このメディアが集客の軸としているのは、やはりSEOです。北欧に関連した膨大な種類の製品を取り揃えており、各商品ごとに充実した内容のページを用意することで、さまざまな検索キーワードにおいて検索結果で上位表示されています。

また発信している記事は単なるお役立ちコンテンツにとどまらず、読者をメディアのファンにさせられるよう、北欧のライフスタイルへの共感を引き出すような楽しさを感じるコンテンツとなっています。これによりまだ購買意欲が高くない状態で記事を読んだ人が、スムーズに同じサイト内で商品ページにアクセスし、購買行動を起こします。

コンテンツマーケティングではいかにして自社サイトの露出・認知を増やし、コンテンツに触れた人の興味・関心を引き起こせられるかが重要です。「北欧、暮らしの道具店」は「北欧」という少しニッチなジャンルにおいて膨大な数のページを作っているからこそ、北欧のグッズにまつわるキーワードで検索した際に軒並みコンテンツが上位表示されます。

北欧、暮らしの道具店の成功事例からわかるコンテンツマーケティングのポイントは、以下の3点です。

  • 競合サイトよりも検索上位表示を獲得できるキーワードを選び、コンテンツを作ること
  • さまざまな検索キーワードで引っかかるよう、大量のコンテンツを作ること
  • 単なる認知で終わらせず、興味・関心を引き起こせるようなコンテンツを作り、ファン化させること

さらにメディアへの集客導線として、SNS運用にかなり力を入れて取り組んでいるのも特徴です。2023年8月現在、「北欧、暮らしの道具店」のTwitterフォロワー数は5.3万人、Instagramのフォロワー数は129.3万人、YouTubeのチャンネル登録者数は57.3万人です。

コンテンツマーケティングではSEOと、SNSなど他の媒体も組み合わせることで相乗効果により、大きな成果を生み出せます。

山福水産株式会社「KATSUO LIFE HACK」

静岡県にある山福水産株式会社は、自社商品であるカツオにまつわる情報を発信する「KATSUO LIFE HACK」というWebメディアを運営しています。


カツオにまつわる情報のみを発信しているのがこのメディアの特徴で、レシピや健康面など、さまざまなテーマにおいて社員が持ち回りで記事を制作しています。

「EAT・STUDY・LIFE・WORK・NEWS」の5つのカテゴリに分けて情報発信をしており、カツオに関するお役立ち情報だけでなく、工場での職人の仕事ぶりなど読者のファン化を促進するようなコンテンツも発信しています。

社員の想いなども積極的に発信することで採用にも役立っており、まさに中小企業がコンテンツマーケティングに取り組むメリットを最大限享受しているといえます。

中小企業がコンテンツマーケティングを実践するにあたり課題となるのは、コンテンツ制作にかかるリソースの不足です。当社では広報担当だけでなく、社長や栄養士資格を持つ社員、また料理が得意な社員などが各テーマごとに持ち回りで記事を制作しているため、さまざまな切り口から個性のあるコンテンツが継続的に生み出されています。

山福水産株式会社の成功事例からわかるコンテンツマーケティングのポイントは、以下の3点です。

  • 会社一丸となってコンテンツマーケティングに取り組むことで、継続的に楽しくて個性のあるコンテンツが制作できる
  • 単なるお役立ち情報だけでなく、社員の思いや職人の仕事ぶりなど親近感のあるコンテンツを発信することで、ファンを作れる
  • 独自性のあるテーマで情報発信を行うことにより、他社との競合を防げる

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、ためになる、もしくは楽しくて面白いコンテンツを継続的に発信し、ファンを作ることが重要です。ファンになってもらえれば商品を購入してもらえたり、優良顧客になって何度もリピートしてくれたり、周りの人に紹介してくれたりします。

「自社で行う情報発信は、ファンを作れるようなものになっているか」という点を意識することでより成果を出しやすくなるでしょう。

中小企業がコンテンツマーケティングで外注を活用するべき理由


コンテンツマーケティングで集客を成功させるためには、長く継続して質の高いコンテンツを作り続ける必要があります。しかし多くの中小企業にとって、質の高いコンテンツを作り続けることは簡単ではないでしょう。

まず第一に、多くの中小企業は質の高いコンテンツを作るためのノウハウを持っていません。質の高いコンテンツを作るためには、「Googleでどのキーワードで検索された際に記事を上位表示させるか」というキーワード選定や、「選定したキーワードで検索した人がどんな人で、どんな検索ニーズを持っているか」を明確にするペルソナ設定、また構成案の作成やライティング、校正、記事のアップロードといった作業が一般的に発生します。

本記事もこの流れで作っていますが、今までSEO対策における質の高いコンテンツ作りに取り組んだことがない場合、最初から質の高いコンテンツを作るのは相当難しいです。加えて、コンテンツマーケティングでは戦略構築が重要であり、どの情報媒体からどんなコンテンツをどれくらいの頻度で誰が作るかといった、戦略構築・プロジェクトマネジメント力が欠かせません。

さらに、多くの中小企業は質の高い記事を作り続けるための人手・リソースを持っていません。このようなノウハウ・リソース不足を補えるのが、コンテンツマーケティングのプロへの外注です。

例えば弊社シンプリックは、企業向けに長年にわたりコンテンツマーケティングの支援を行っているSEO対策のスペシャリスト集団です。質の高いコンテンツを作り続けるために膨大なライター・ディレクターネットワークと、適切な戦略を構築する力を持っています。

中小企業がコンテンツマーケティングに取り組み失敗する原因のほとんどは、質の高いコンテンツ作りを継続できないことにあります。プロの知見を借りてノウハウ不足を補い、自社のリソース不足を補うためにも、ぜひ外注の活用を検討してみてください。

中小企業がコンテンツマーケティングを成功させるコツ

ここまでお読みいただいた人ならわかる通り、コンテンツマーケティングは適当になんとなく取り組んで成功させられるものではありません。これから紹介する成功のための3つのコツを理解して実践することで、間違いなく成功確率を上げられます。

中小企業でこれからコンテンツマーケティングに取り組む場合は、ぜひ実践してみてください。

質の高いコンテンツを作り続ける

ここまで何度もお伝えしている通り、コンテンツマーケティングを成功させるためには質の高いコンテンツを作り続ける必要があります。

質の高いコンテンツとは「自社のターゲットにとって価値があるコンテンツ」のことです。どれだけ文字数が多く、見栄えの良い画像が挿入されていたり、専門性の高いコンテンツだったりしても、自社のターゲットである読者にとって価値がないコンテンツであれば、質が高いコンテンツとはいえません。

以下の記事で質の高いコンテンツの作り方を詳しく解説しているため、今後コンテンツ作りに取り組む予定の場合はぜひお読みください。

SEOライティング基礎 | 初心者が最高の一記事を作り上げるために

コンテンツ作りのための体制を作り、長く取り組む

質の高いコンテンツを作り続けるためには、そのための体制構築が欠かせません。いつまでにどれくらいの量のコンテンツを作るか、どんな内容・ボリューム感のコンテンツを作るか、またいつまでに誰がコンテンツを作るかなどを決め、対応できる体制を作りましょう。

もし自社のみでコンテンツ作りに対応するのが難しければ、外注を活用するべきです。コンテンツマーケティングは長く取り組まないと意味がないため、いきなり見切り発車で始めずに、まずは入念に時間をかけて体制構築をするべきです。

効果測定を行い、改善し続ける

コンテンツマーケティングに限った話ではないですが、Web集客の施策に取り組むにあたっては必ず効果測定を行い、PDCAを回す必要があります。

効果測定とは「実行した結果、どれくらいの効果があったかを測定すること」です。例えばSEO対策に取り組みブログ記事等のコンテンツを発信する場合は、狙ったキーワードで検索順位が何位だったか、どれくらいのアクセス数が入り、記事経由でどれくらいのコンバージョンを獲得できたかなどを測定します。

この効果測定の結果を元に、改善施策を打ちます。例えばどれだけコンテンツを作っても一向に上位表示されないのであれば、上位表示を狙うキーワードが間違っているかもしれませんし、ライティングの質が低いのかもしれません。効果測定の結果は数値で明確に表れるため、数値が悪いのであれば、それが市場からの評価です。何を改善するべきか原因を特定し、改善しましょう。

中小企業こそ、コンテンツマーケティングに取り組もう

本記事では、中小企業がコンテンツマーケティングに取り組むべき理由や、中小企業のコンテンツマーケティング成功事例、また成功させるコツを解説しました。中小企業「こそ」コンテンツマーケティングに取り組むべきであり、成果を出せれば中長期的に高い費用対効果を実現でき、ビジネスを飛躍的に成長させられます。

実際、ビジネスを順調に伸ばし続けている中小企業のほとんどが、コンテンツマーケティングを実践しています。しかしノウハウ・リソース不足が原因で質高くコンテンツマーケティングに取り組み続けるのが難しい企業も多いでしょう。

弊社シンプリックは、企業のコンテンツマーケティングを支援するSEO対策のスペシャリスト集団です。長年にわたってあらゆる業種の企業のコンテンツマーケティングを成功に導き、実績に裏付けされた高度なノウハウを武器に、お客様のコンテンツマーケティングを支援いたします。

「SEO対策についてプロから詳しく聞きたい」「SEO対策の実践方法を相談したい」など、まだ弊社のSEO対策サービスを検討していない段階でもお気軽にご連絡ください。無料オンライン相談を実施しておりますので、お客様の悩み・知りたいことに対して弊社のSEO対策のプロが全力で向き合います。

関連記事

  1. importance-of-customerjourneymap

    カスタマージャーニーマップの目的と効果的な作成方法

  2. コンテンツマーケティングの本24選!ジャンル別に基本から実践まで

  3. ways-for-topic-selection

    コラム記事のネタ切れ回避と成果につながる話題選びのポイント

  4. コンテンツマーケティングとは?基礎から実践までわかりやすく解説

  5. なぜインバウンドマーケティングに力を入れるべきか|コンテンツマーケティ…

  6. pillarpage-writing

    まとめ記事の書き方を基礎から実践まで解説

  7. コンテンツマーケティングに適したライターの特徴と探し方・選び方

  8. digital-marketing

    コンテンツマーケティングの代行会社5選!会社選びのポイントを徹底解説

PAGE TOP