freelance-editor-career-hack
  • 編集・校正

フリーランス編集者の仕事、スキルアップ、案件獲得方法を詳しく解説

電子書籍や動画コンテンツ、SNSなど、情報発信できる媒体が複数存在している今。企業のニーズやプロジェクトの進行方法の変化に伴い、フリーランスの編集者が活躍できる機会は確実に増えています。しかし一方で、デジタル技術や生成AIの進化によって編集作業の高レベルな自動化も浸透してきているため、競争力の維持がますます難しくなっているのも現状です。

そこで本記事では、フリーランスの編集者が成功するために必要なスキルや仕事を探す方法、未経験からフリーランス編集者を目指すために準備しておきたいことなどについて詳しく解説します

企業がフリーランスの編集者と契約する際の注意点や費用相場も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスの編集者とは

フリーランスの編集者とは、出版社や企業に所属することなく、個人事業主として編集の仕事を請け負う業態をとっている人のことです。

従来の編集者は出版社や企業に雇用されているケースが大半でした。しかし近年ではインターネットの普及によって、情報発信する人や企業も、情報発信できるプラットフォームも増えています。そのため、これに連動してフリーランスとして編集の仕事を得ることも比較的容易になってきました。

働き方

フリーランスの編集者は個人で契約を結び、納期に合わせて仕事を行います。交渉次第で自分のペースで作業できるため、時間的な拘束が少ないのが利点です。働く場所も柔軟に選べて、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど好きな場所で仕事をすることが可能です。

ただ自由度が高い一方で、雇用されて働く場合とは異なり、仕事の確保や収入の安定性が課題となります。また、納期の厳守やクライアントとの円滑なコミュニケーションなども欠かせません。

仕事内容

フリーランス編集者の主な仕事内容は、下記の通りです。

・コンテンツの企画
・構成の立案
・執筆のディレクション
・原稿の校正・校閲 など

編集を行う範囲は書籍、雑誌、ブログ記事、動画、広告など多岐にわたります。こうした幅広いコンテンツを全般的に請け負う編集者もいますが、自分の得意な媒体や興味のある分野、特定の工程に特化した編集者も存在します。

フリーランスの編集者に欠かせないスキル

フリーランスの編集者に必要なのは、文章の校正・校閲スキルだけではありません。情報発信者がコンテンツを通じて叶えたい目的によっては、SEO対策に関する知見やマーケティングの知識、分析力なども求められます。欠かせないスキルを詳しく見ていきましょう。

文章の校正能力

編集者には文章の正確性を確保する高い校正能力が求められます。文法や構文、用語の正しさを確認して誤字脱字を見逃さないことも大切です。

わかりやすい文章になるように表現を変更したり、難しい言葉を平易に言い換えたりするスキルも必要になります。校正作業は地道ですが、各種コンテンツの質を左右する重要な作業です

ライティングスキル

フリーランスの編集者には、単に原稿を編集するだけでなく、自ら文章を書く力も必要とされます。

書籍や記事の構成を立てたり、文章を書き足したりするケースも多いため、プロのライターに匹敵する執筆能力が求められるでしょう。

文章を読みやすく魅力的にするための技術と表現力があれば、仕事を獲得する際の大きなアドバンテージになります。

納期管理能力

フリーランスは複数の案件を抱えることも多いため、期限を守ることが重要になります。作業の優先順位をつけたり、作業時間を見積もったりするなど、効率的に作業を進める工夫も必要です。

予期せぬ問題が発生した場合には、早急にクライアントに連絡してトラブルの拡大を防ぐ努力も欠かせません。

分析力

書籍や記事の複雑な内容は簡潔にまとめ上げ、わかりやすい構成と文章に仕上げなければいけません。そのため、編集者には、様々な情報やデータを論理的に分析して本質を捉える分析力が求められます

特にWebコンテンツの場合はユーザーニーズを的確に読み取り、求められている情報を整理することが大切です。この意味で、Webマーケティングスキルも役立ちます。

インターネット上の情報を鵜呑みにせず、背景にある問題意識や目的を推し量ることで、質の高い編集ができるようになります。付加価値を生み出す編集を行うためにも、幅広い分析力が欠かせません。

SEOに関する知識

Webコンテンツを扱う編集者には、SEO(検索エンジン最適化)の知識も必要です。検索エンジンの動向を常に把握して、ユーザーの動線を意識したコンテンツ作りが求められます。

階層構造の最適化や内部リンクの設計といったSEO対策の基本だけではなく、構造化データやスキーママークアップなど、最新のSEO手法についても学ぶ姿勢が大切です。

検索エンジンのアルゴリズムは常に進化しているため、技術的な変化にも機敏に対応する必要があります。SEOを無視したコンテンツはユーザーの目に留まらないため、編集の価値を発揮できません。

コミュニケーションスキル

クライアントの要望やコンセプトを正しく把握した上で、自身の考えを明確に伝えられるコミュニケーションスキルも重要です。Webミーティングや対面での打ち合わせでは、積極的に質問することで認識のズレを防げます。

説得力のある提案も求められるでしょう。クライアントに対して論理的かつわかりやすい説明を行い、編集方針の妥当性を示さなければいけません。意見の食い違いが生じた場合には建設的な議論を通じて調整する柔軟性も必要です

営業力

フリーランスの編集者は、自ら案件を獲得していく必要があります。そのため、編集力とクオリティの高さをアピールしてクライアントを獲得できる営業力は大変重要です。

また、既存クライアントとの関係構築にも注力して、リピート案件を獲得できるよう心がけます。案件数が収入に直結するフリーランスにとって、優れた営業力は事業の命運を左右すると言ってもいいでしょう。

フリーランス編集者の年収

フリーランス編集者の収入は、請け負う仕事の種類やボリューム、実績や経験年数などによって大きく異なるため、年収の相場は存在しません

なお、各種仕事の給与情報を独自算出している「求人ボックス給料 ナビ(2024年2月19日時点)」によると、編集者の給与については下記のようになっていました。

<雇用されている編集者の給与>
・アルバイト・パートの場合:平均時給1,194円
・派遣社員の場合:平均時給1,750円
・正社員の場合:平均年収約341万円

フリーランス編集者としてキャリアを積んでいく際のひとつの目安にすると良いでしょう。

フリーランス編集者が仕事を探す方法

フリーランスの編集者が仕事を探す方法は、主に次の3つです。

  • SNSで情報を発信する
  • 求人サイトを利用する
  • クラウドソーシングサービスを活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SNSで情報を発信する

フリーランス編集者にとって、SNSは重要な情報発信ツールです。X(旧Twitter)、Instagram、Facebookなどで自分の編集経験やスキルを紹介したり、編集の知見を発信したりすれば、信頼性と知名度を高められます。

SNSを活用する際には専門分野や強みを前面に出してわかりやすくアピールすることが大切です。編集の実例を掲載したり、ブログなどで編集作業の裏側を公開したりすれば、クライアントからの信頼を得やすくなるでしょう。

メディアプラットフォームの「note(ノート)」や、編集者・ライター専用ポートフォリオサービス「edireco(エディレコ)」などを使ってポートフォリオ(実績集、作品集)を用意し、SNSのプロフィール欄にリンクを貼っておくという方法もあります。

▲編集者・ライター専用ポートフォリオサービス「edireco(エディレコ)

ただし、投稿内容によっては発注側のニーズにマッチしないと判断されてしまう可能性もあります。利用する際は、慎重に活用する必要があります。

求人サイトを利用する

求人サイトを利用しても編集案件を見つけられる可能性があります。

編集案件だけでなく、ライティングも含めた幅広い案件を見つけやすいので、自分のスキルセットに合った仕事を受注したい場合は利用してみるといいでしょう。編集・ライター案件を探せる主なサービスの一例としては、「求人ボックス」や「Indeed(インディード」などがあります。

クラウドソーシングサービスを活用する

クラウドソーシングは、インターネットを介して業務を依頼するビジネス形態です。オンライン上で複数の案件に応募できます。主なサービスには「クラウドワークス」や「ランサーズ」があります。

多様な仕事が提供されているため、自分のスキルや興味に合った仕事を選択することが可能です。仕事の時間と場所にも柔軟性があり、自分の都合に合わせて仕事を行えます。

ただし、多くのフリーランスが登録しているため競争率は高めです。また、一部の仕事は単価が低く、報酬の総額が不十分なこともあります。

編集未経験者向けの準備

編集業務が未経験の場合でも、フリーランスとして活躍することはできます。ただし、事前の準備とスキルの習得は欠かせません。どのような準備をすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

基礎知識の習得

編集の仕事に就く前に、文章の構造や書き方のルール、言語的な正しさなど、基本的な知識を習得・理解する必要があります。文法、語彙、表記ルールも学び、わかりやすい文章を書くコツを掴みましょう。

様々な分野の編集作業を知ることも重要です。書籍、雑誌、Webコンテンツ、企業広告など、編集の現場は多岐にわたります。それぞれの特性を把握して興味関心のある分野を決めてもいいでしょう。

Webコンテンツの編集を行いたい場合には、各種オンラインツールの基本操作や、マークアップ言語のHTMLなどの知識も役立ちます。編集の実務に備え、できる範囲から基礎的なスキルを身に付けておきましょう。

編集業界のトレンドや市場の理解

編集業界の動向や雇用市場についても理解を深めておく必要があります。コンテンツのデジタル化の波やWebメディアの影響度など、近年の業界変化をキャッチアップしておきましょう。

また「ChatGPT」をはじめとした生成AIの台頭などによって、編集者に求められるスキルも変化の渦中にあることを認識する必要があります。併せて、仕事の実態や給与水準なども事前に調べておきたいところです。

特に電子書籍やブログ記事の需要が高まっていることを押さえ、自身のキャリアプランに取り入れるべきでしょう。

オンラインリソースやコミュニティの活用

インターネット上には、編集に関する学習リソースが豊富に存在します。Webで公開されている編集の参考書や実践的なチュートリアル動画を積極的に活用しましょう。低コストでも質の高い学習ができます。

編集者のコミュニティに参加するのもおすすめです。SNSのグループや掲示板などでは、現役編集者とつながり、質問や情報交換をできます。業界の実情と求められるスキルについてリアルな意見を聞くことも可能です。

▶その他、編集・構成に関するコラムは「編集・校正に関する記事一覧|株式会社シンプリック」からもお読みいただけます。

フリーランスの編集者として成功するためのポイント

フリーランスの編集者として成功するためには、次のようなポイントを意識することが大切です。

  • 継続的にスキルアップと学習をする
  • 複数のスキルを習得する

それぞれ詳しく見ていきます。

継続的にスキルアップと学習をする

フリーランスの編集者として成功するためには、継続的なスキルアップと学習が重要です。

コンテンツ制作の分野は常に変化しています。新しい技術やツールの登場、トレンドの変化、ニーズの変化などに対応するためにも、主体的にスキルアップを継続して競争力を維持していくことが重要です。

また、クライアントの要求とニーズも多様化しています。幅広い編集技術や知識、新しい編集ツールやソフトウェアの習得も継続する必要があるでしょう。

複数のスキルを習得する

近年はAIの登場により編集作業が自動化されている部分もあります。特に校正のレベルは高く、作業も短時間で完了します。AIに代用されない編集者になるためには、編集のスキルに加えてそれ以外の隣接領域に関するスキルを習得することが重要です。

コンテンツの制作、デジタルマーケティング、図版の作成、Web広告の運用など、複数のスキルを身につければ競争力も高められます。

AIの得意分野とは異なる人間の得意領域にフォーカスすることも大切です。具体的には倫理的な判断や価値観の適用などが該当するでしょう。AIはデータやルールに基づいて意思決定を行いますが、複雑な倫理的問題や価値観の適用には人間の洞察力が必要です。

「検索上位の記事に書いてあるから正しい」といった安易な判断をしているようでは、すぐに信用を失ってしまいます。強調スニペットに表示された記事の内容が誤っているケースも少なくありません。

いずれにしても、これからは「編集に特化している人」ではなく「幅広くいろいろなこともできる人」や「様々な知見も持っている人」が生き残る時代になるのは間違いないでしょう。

企業がフリーランス編集者に依頼する際の注意点

企業がフリーランス編集者に仕事を依頼する際には、次のような点に注意する必要があります。

  • レギュレーションを作成する
  • 納期と発注内容を明確に伝える
  • フィードバックと評価をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レギュレーションを作成する

フリーランス編集者を活用する際は、編集の方針、スタイルガイド、フォーマットなどの指針を明確に定めたレギュレーションを作成・共有しておく必要があります。

著作権の取り扱いや守秘義務、納品物の所有権など、法的な側面からのルール作りも重要です。知的財産の流出リスクを抑えるためにも、契約時の秘密保持条項は確実に設けましょう。

編集作業のワークフローも事前に明示しておきます。編集から納品に至る一連の流れを可視化して、齟齬のないよう徹底します。

納期と発注内容を明確に伝える

フリーランスの編集者に発注する際は、納期を明確に伝えておきましょう。また発注する内容についてもしっかり伝えておくと、納品物のクオリティを担保できます。ベンチマークとなるコンテンツを見本として共有するのもひとつの方法です

納期設定に際しては、双方のスケジュールや仕事内容を踏まえて事前に認識のすり合わせを行い、状況に応じて十分な余裕を持たせるなど柔軟な対応も必要です。

なお、個人で仕事を請け負うフリーランスの場合は、専門会社を利用する場合よりも納期管理が緩くなりがちな恐れもあります。そのため、遅延リスクを勘案し、自社の本来の希望スケジュールよりも前倒しして伝えておくのも安心です。

フィードバックと評価をする

フリーランス編集者に良質な成果物を求めるなら、適切なフィードバックと評価は欠かせません。納品物に対してだけでなく、編集の過程でも、こまめにフィードバックとアドバイスを行いましょう。

フィードバックに際しては、具体的な指摘とともに建設的な提案を心がけます。単なる批判にならないよう十分に注意を払い、編集者のモチベーションを下げずに改善点を示しましょう。

成果物の評価は公平かつ丁寧に行います。編集の質だけでなく期限の遵守、コミュニケーション力なども含めた総合評価とし、別案件への活用を見据えましょう

優れた編集者には「報酬アップ」や「再起用」といった適切なインセンティブを設けることも大切です。

円滑なコミュニケーションを心がける

フリーランスとの仕事はリモートワークが前提となるため、コミュニケーションの円滑さも重要になります。定期的に作業報告や質疑応答の機会を設けてスムーズな意思疎通を図りましょう。

Webミーティングツールやチャットツールなど、コミュニケーションインフラの整備も欠かせません。フリーランスが適切なタイミングで質問ができるような環境を用意しましょう。

フリーランス側の事情を理解して協力的な姿勢を示すことも大切です。相互の信頼関係を構築しておけば、不測の事態が発生した際の調整も容易になります

フリーランスの編集者としてキャリアを積むには継続的な学習とスキルの習得が重要

フリーランス編集者として成功するためには、常にスキルの向上に努める必要があります。適切な価格設定や顧客満足度の維持に加え、仕事の獲得方法やキャリアの発展も意識したいところです。自己投資を積極的に行えば、収入の増加や新しいチャンスを見つけることができます

企業がフリーランスの編集者を採用する際には、レギュレーションを作成してトラブルを未然に防ぐようにしましょう。自社採用で悩んでいる場合は、コンテンツ制作の専門会社に業務委託するのもひとつの方法です。

「編集の外注を検討している」という方は、ぜひ一度実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

Webコンテンツ診断サービス
300サイト以上の集客改善経験を駆使し、SEO視点でサイトの課題を洗い出してWeb戦略を構築します

関連記事

  1. 編集作業を代行してくれる外注先はドコ?依頼先による特徴や外注費用を解説…

  2. fact-checking

    【ファクトチェックのやり方とは?】アプリやツールの使い方も解説

  3. 文章の校正と校閲の違いとは?依頼できる外注先の種類や費用相場について

  4. 校正を外注する際の相場とは? 校閲との違いや編集・翻訳・執筆の相場もあ…

  5. Web特化型編集プロダクションに記事制作を依頼するメリットとは?

PAGE TOP